ティアハイムというビジネスモデル~ティアハイムが利益にならない野良猫犬の保護をする理由






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Warum Groß Tierheim ist, ob eine streunende Katze streunenden Hund unterbringen?
Es kann nicht der Gewinn sein.
Es ist Teil der Marketingstrategie.
Um den streunenden Hund streunende Katze zu akzeptieren ist "Lockvogel"(Lockvogel marketing strategie).


 記事、ティアハイムというビジネスモデル~原則、再販売できる動物しか仕入れ(引取り)ません、の続きです。本記事では、ティアハイムは原則再販売の見込みのある動物しか引き取らないことを書きました。再販売できなければ、営利団体としてのティアハイムの事業が成り立たないからです。しかし最も「商業的に」成功している、ドイツで最も大規模なベルリンティアハイムは、一事業部門として野良猫の保護~一般への販売を行っています。おそらく、野良猫保護~販売は赤字でしょう。なぜ、商売上手なベルリンティアハイムが赤字部門を抱えているのでしょうか。それはマーケティングミックス戦略です。


 多くの場合、極めて大規模なティアハイムは、全事業をカバーしています。日本でも有名なベルリンティアハイムはその筆頭でしょう。ベルリンティアハイムは、野良猫の保護~収容~一般販売も一事業部門として行っています。しかしそれを持って、「ドイツのティアハイムは野良猫犬なども全て保護収容する」との、日本で流布されている情報は大嘘です。ドイツ国内で、ティアハイムに保護~収容される野良犬猫は、ごくごく一部です。
 ティアハイムにとっては、野良猫野良犬の保護収容=一般販売はおそらく赤字です(寄付金に依存する小規模な野良犬野良猫の保護に特化したティアハイムは除く)。大規模ティアハイムが赤字の事業部門を抱える理由は、一種のロスリーダーとも言える、マーケティング手法の採用です。

 スーパーなどで、客寄せのために赤字で商品を販売することがあります。例えば1パック10円の卵とかです。また、企業が赤字の社会貢献活動を行う事業部門を持つ場合があります。これは企業のイメージを向上させ、ひいては本業の利益が出ている事業の売上拡大を目的としたものです。
 その事業部門単体では赤字であったとしても、客寄せ効果や、企業のイメージアップに貢献することによる広告効果が期待できます。あえてそのような赤字部門を持つことにより、企業全体の利益向上を目指すマーケティング戦略が、「ロスリーダー」と言われる手法です。

 スーパーが、全ての商品を赤字で提供しているわけではありません。営利を目的とする事業会社が、非営利の社会活動だけを行っているわけではありません。なぜあえて赤字となる「ロスリーダー」を持つのは、営利を目的とする企業の、冷徹なマーケティング戦略です。
 ベルリンティアハイムなどの大規模ティアハイムでは、野良猫の保護収容~一般譲渡も一部門として行っています。それも同様です。「野良猫も保護する~動物愛護活動に熱心であるとの一般の評価が高まる~イメージアップにより寄付金が増える、販売画像大する」する効果を狙ったものです。

 それをもって、「ドイツでは、ティアハイムが全ての動物、野良犬でも猫でも、保護収容する」は大嘘です。ティアハイムに保護収容される野良猫犬は、ドイツ全体では極めて例外です。そもそも、ドイツ全体の野良猫野良犬を収容するキャパシティは、ティアハイムにはありません。
 しかし日本の愛誤は、例えばベルリンティアハイムに、「野良猫保護~一般販売」を行っていることを挙げて、「ドイツでは野良猫野良犬も全てティアハイムが保護して終生飼育する」という、「嘘」を創作します。まさに事実の抜き書きがすぎれば、それが嘘となる典型的な愛誤の手法です。

 このような頭が沸いた団体があります。TOKYO ZERO キャンペーン(団体の趣旨は、「東京オリンピックまでに殺処分ゼロ(野良や飼育放棄された犬猫すべてという意味でしょう)を目指す。殺処分ゼロ、終生飼育を行うドイツのティアハイムのような施設を、公的な動物愛護センターの代わりに設立すること」です。
 彼らは、ドイツのティアハイムの実情を分かってこのような主張をしているのでしょうか。もとよりティアハイムは、民間営利性の高い団体です。基本的には、一般に販売して利益が得られる見込みのある動物しか引き取りません。ドイツ全体の野良猫野良犬や、飼育放棄された犬猫の全てを収容するキャパシティはもとよりありません。

 公費で手厚く、元野良犬野良猫や、飼い主が飼育を放棄した犬猫などをすべて保護収容し、手厚く終生飼育し、殺処分を全く行っていない国は世界で皆無です。実際は、ドイツでは所有者のない野良猫野良犬(飼い主があるものであっても、占有を離れたものは飼い主がないものとして狩猟駆除の対象となります)は民間人ハンターにより、年間数十万頭が狩猟駆除されています。ティアハイムに引取りを拒まれたペットは多くの場合、飼い主が獣医師に安楽死を依頼します。
 TOKYO ZEROキャンペーンの彼らは、彼らが主張している「ドイツのティアハイムでは~」が、真実と信じているのでしょうか。そうであれば絶望的に無知蒙昧です。もし嘘と知っていたのであれば、詐欺師です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

猫は四足ですので。

なにやらやたらと猫を擬人化したがる狂人が多いのですが、猫には自前で自分達の生息数や繁殖制限をする知能などありません。
餌を与えれば与えただけ繁殖して数を増やしますし、それを行なっているのはクソみたいな倫理観と知性しかないくせに人権だけは人並みにあるクソ愛誤です。

当然ですが無制限にクソ愛誤が哀誤動物を増やすことに対応した施設など存在できません、哀誤動物を生かすにも金がかかるからです。

よく愛誤が「猫〈犬)は悪くない」とわめきますが、その通りであって悪いのは「猫(犬)は悪くない」と言っている当人達ですね。
犬や猫が糾弾されているのではなく自分達が糾弾されているのに、まるで自分達は第三者で犬や猫の擁護者みたいな顔をされても鬱陶しいだけです。

まったく何がTOKYOZEROキャンペーンだかと思いますが、やりたきゃ勝手に自分達の金で好きにやればいい。
それこそ自分達が無責任に繁殖させた動物の面倒をみるだけなんで当たり前の話であって宣伝する事でもなんでもない。

Re: 猫は四足ですので。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 猫には自前で自分達の生息数や繁殖制限をする知能などありません。

だからこそ、人が管理して繁殖制限を確実にして、無駄な殺される命が生まれるのを防ぐことが必要なのです。
それは管理飼育化しかありません。


> 人権だけは人並みにあるクソ愛誤です。

犬猫にまで、人権ならぬ犬権猫権を付与すべきという、危険な思想の持ち主も少なくありませんからね。
でも考えてみてください。
犬や猫に権利があれば、人が勝手に生殖機能を除去することなんてできません。


> 無制限にクソ愛誤が哀誤動物を増やすことに対応した施設など存在できません、哀誤動物を生かすにも金がかかるからです。

そのような施設がある先進国(以外でも)は皆無です。
あるのは、愛誤の脳内だけです。


> よく愛誤が「猫〈犬)は悪くない」とわめきますが、その通りであって悪いのは「猫(犬)は悪くない」と言っている当人達ですね。

仰るとおりです。


> 何がTOKYOZEROキャンペーンだかと思いますが、やりたきゃ勝手に自分達の金で好きにやればいい。

このTOKYO ZEROキャンペーンですが、趣意書を見ても一体何を目的としている団体かよく理解できません。
文面からすれば、公費で野良猫野良犬も含めて、すべての犬猫を公費(もしくは非常に公的助成を厚くした)で終生飼育する施設を作れという要求をしている団体とも取れます。
しかし彼らが、その」根拠としている施設であるドイツのティアハイムは、公費で終生飼育をする機関ではありません。
全く異なります。
ましてや、日本の愛誤が信奉しているベルリンティアハイムは、公費助成を受けていません。
そんなに殺処分ゼロ、終生飼育するべきというのならば、彼らが勝手に自費でやればいいだけです。


> それこそ自分達が無責任に繁殖させた動物の面倒をみるだけなんで当たり前の話であって宣伝する事でもなんでもない。

この団体がNPO(?)法人の登記が住んでいるのか、マスメディアの報道も定かではありませんが、趣意書に記載されている内容で、「ドイツのティアハイムは殺処分ゼロで、すべての動物を終生飼育する。そのような施設を作ることを目的とする」という名目で寄付を募るのならば、詐欺に近いですよ。
そもそも、すべての犬猫を引取り終生飼育することは不可能ですし、ドイツのティアハイムはそのような施設ではありません。

ぶっちゃけ

犬猫を飼うのを禁止したらどうですかね。殺処分がそんなに嫌なら。
原則、警察犬、軍用犬、盲導犬、聴導犬、あとは狩猟犬以外は飼育禁止で。
犬種という意味でなく、用途という意味で。飼育者は官憲や福祉団体の類、
あとは専業の猟師くらいになりますが、別に困る人はいないと思います。
犬猫の命を貪る不届き者くらいなものでしょ。困るのは。願ったり叶ったりでしょ。

私自身は田舎でイヌやらタヌキやらと一緒に育って良い思い出がありますが、
今現在、都会で犬も猫も鳥も飼わずに暮らしていますが、なんの不便もないです。
私の人生に良い影響はありましたが、なかったらないで、それに替わるものもあったろうと思います。
幸福追求権もあり微妙ですが、犬猫(特に猫)の飼育ってしないといけないものですかね。
猫なんて実験と三味線くらいしか用途もなさそうですし。田舎では猫を穀入れ(コメ倉)に
ずーっと閉じ込めて買っていましたが、それは駄目なんですよね。

保健所が処分を遂行せざるをえないのは、そもそもが、
無責任でおまけに十分な資力もない者にも飼育行為を開放していることの代償、
社会全体でトレードオフしているってことですかと。
だから保健所を責めても筋違い、ペットショップを責めるにしても何か変。
国会に犬猫飼育の原則禁止を実現すべく嘆願するのが筋ってもんでしょ。

Re: ぶっちゃけ

虫様、コメントありがとうございます。

> 犬猫を飼うのを禁止したらどうですかね。殺処分がそんなに嫌なら。

それは私もコメントレスで何度か述べたことがあります。
ペットで犬猫を飼うことを禁止すれば、ペット用途の犬猫の殺処分はゼロになります。


> 原則、警察犬、軍用犬、盲導犬、聴導犬、あとは狩猟犬以外は飼育禁止で。

そのほか軍用犬や麻薬感知犬などの使役犬もありますね。
そのような使役犬が存在するのならば、殺処分はゼロにはなりません。
ペットで飼育することを禁じれば、もともと障害をもつもの、使役に向かない個体や、現役を引退した個体を終生飼育することはありえないでしょうから。


> 別に困る人はいないと思います。

ペットの飼育は、選択的消費です。
なくても困るものではありませんし、権利として主張出来るかどうかも疑問です。


> 私の人生に良い影響はありましたが、なかったらないで、それに替わるものもあったろうと思います。

同感です。
ペットが生きがい、それに癒されることは否定しません。
しかしペットを飼うことが基本的な権利かどうかは疑問です。

私がかつてコメントレスで書いたことですが。
ペットの飼育も、「動物を消費する」行為です。
動物の消費は、食肉、皮革や毛皮、競馬などのを楽しむことなどがありますが、ペットの飼育もそれと変わりありません。
肉食動物を飼育するということは、他の動物の命を消費することでもあるのですよ。
消費財であるからには、歩留まりで不良品が出れば廃棄せざるを得ないですし(先天的な障害などで売り物にならない犬猫の処分)、不良在庫の処分(売れ残りの処分)、耐用年数が残っていても、陳腐化すれば廃棄(高齢ペットの安楽死処分。欧米では普通に行われています)は当然起こりえます。
動物の消費という点では、病畜の殺処分や、引退した競走馬の安楽死は日常行われています。
なぜ犬猫に限って、殺処分がいけないのか理解できません。
ペット用途の犬猫の殺処分ゼロを求めるのならば、ペットで犬猫の飼育(の消費)をゼロにするしかないでしょう。
競走馬の殺処分に反対するのであれば、競馬そのものを禁じれば達成できます。
しかし肉を食べたい、皮革や毛皮を着たい、競馬を楽しみたいなどの人の欲求を制限することは、自由主義経済下では難しいです。
ペットの飼育という、動物の消費も同様です。
ペットの飼育という娯楽を享受しながら、背叛する欲求をすることはできません。


> 保健所が処分を遂行せざるをえないのは、そもそもが、
> 無責任でおまけに十分な資力もない者にも飼育行為を開放していることの代償、
> 社会全体でトレードオフしているってことですかと。

それはあります。
私が疑問に思うのは、保健所の殺処分を声高に反対する人に限って、犬猫飼育に対する規制の強化に反対することです。
例えば、マイクロチップの義務化に反対したり、猫の登録制や不妊去勢義務化を唱える人はほぼ皆無です。


> だから保健所を責めても筋違い、ペットショップを責めるにしても何か変。

同感ですね。



> 国会に犬猫飼育の原則禁止を実現すべく嘆願するのが筋ってもんでしょ。

禁止は実現がほぼ不可能としても、なぜマイクロチップの義務化や猫の登録制や不妊去勢義務化を求めないのでしょうか、むしろ反対します。
だから「ノーキル」を唱える犬猫愛護(誤)は信用できないのですよ。
言うことが矛盾していますし、トレードオフを平気で言います。

個人の愛玩嗜好品に税金を使っている場合でありません。

日本は国が「税金が足りないので増税したい」としているのに、どうして個人の愛玩嗜好品に税金をつぎ込まねばならないのか?

私は疑問に感じています。

愛誤の連中は税金にたかるのはやめろよ!

一方、私は営利で「猫カフェ」を営業して、自分たちの責任で猫を保護や譲渡を行う事には賛成です。

行政に税金をたかっていないし、利益が出れば税金を払います。
職員を雇えば社会保険に入るでしょうし、職員からも税金を納めます。

誰にも迷惑を掛けず国家に貢献していると考えるからです。

Re: 個人の愛玩嗜好品に税金を使っている場合でありません。

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 日本は国が「税金が足りないので増税したい」としているのに、どうして個人の愛玩嗜好品に税金をつぎ込まねばならないのか?

愛誤団体の多くが主張している、「公費で飼い主のない犬猫の終生飼育をしろ」は全く必要ありません。
「日本もドイツのティアハイムのような施設を作り、犬猫の終生飼育をしろ」と主張している輩の主張を居れば、ドイツのティアハイムが公的機関、もしくは極めて公的助成が厚いと誤解しているようです。
しかし何かと愛誤が引き合いに出すベルリンティアハイムは、補助金を全く受け取っていません(その分経営の自由度を確保し、ほかのティアハイムが破綻している中でも商業的には成功しています)。
ティアハイムは営利性の強い団体で、飼い主が飼育を放棄したペットや野良を終生飼育することはありません。
もし終生飼育するとすれば、元飼い主が高額な飼育料を払い続けるケースです。
「公費でドイツのティアハイムのように、飼い主のない犬猫を終生飼育しろ」と大衆を煽り立てて要求するのは、もはやテロです。


> 愛誤の連中は税金にたかるのはやめろよ!

全く同感です。
政治家や行政は、愛誤の戯言など、一顧だにする必要はありません。


> 一方、私は営利で「猫カフェ」を営業して、自分たちの責任で猫を保護や譲渡を行う事には賛成です。
> 行政に税金をたかっていないし、利益が出れば税金を払います。

はい。
でも深夜営業で、当初は規制がかかりましたよね。
それとペットショップは、いわゆる猫ボラ犬ボラより社会に貢献しています。
税金も払うし人も雇用します。
それと、営業時間規制がある国って、日本以外ではどこがあるのですか。
イギリス、ドイツ、アメリカでは法律ではありません。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR