デンマークのヘンリック殿下(現国王、マルグレーテ二世の夫君)の好物は犬肉です






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Ich werde aus "Nahrungstabu Deutsch wikipedia "zitieren .
"Im Mai 2006 erregte ein Interview von Prinz Henrik von Dänemark Aufsehen, das in einer dänischen Zeitschrift erschien und in dem er offen äußerte, dass er sowohl ein Liebhaber lebender Hunde als auch von Hundefleisch sei, denn zum Verzehr bestimmte Hunde würden eigens dafür gezüchtet, das sei also vergleichbar mit Hühnern. Der Geschmack von Hunden erinnere an Kalbfleisch ."
Ich war überrascht!\(◎o◎)/!


 デンマーク現国王、マルグレーテ二世の夫君であるヘンリック殿下の好物は「犬肉」です。これはかつてマスメディアに対して殿下自身が告白した事実です。ヨーロッパのメディアは、しばしばこの事実を取り上げてきました。特にスイスのメディアは、周辺諸国から自国の犬猫食を批判されるたびに、ムキになってこの話題を蒸し返します。


 私はかつて、スイスの犬肉食の習慣を記事にした時に、このようなスイスのマスメディアの記事を引用しました。Gegrilltes Hündchen als Delikatesse 「犬肉のバーベキューは美味」。2013年1月15日。  
 これは、スイスがヨーロッパの周辺諸国から、犬猫食の習慣を批判されることに対しての反論とも言える記事です。この記事では、「1986年までドイツでは犬食が合法で、普通に犬肉屋があった」「イギリスでも犬肉が食べられていた」などの史実を挙げています。
 そして、デンマーク現国王のマルグレーテ二世の夫君であるヘンリック殿下の好物が犬肉であることや、アメリカのオバマ大統領がインドネシアに住んでいた当時犬肉を食べていたという、大統領選挙時のネガティヴキャンペーンも取り上げています。今回は、デンマークのヘンリック殿下の犬食について紹介します。


Seit dem Wahlkampf um die US-Präsidentschaft wissen wir zudem, dass auch Barack Obama während seiner Kindheit in Indonesien schon einmal Hund verzehrte und das Fleisch zäh fand.
Und Prinz Henrik von Dänemark, Ehemann von Königin Margrethe II., gestand der Illustrierten «Se&Hør», dass er gerne Hundefleisch verspeise.

アメリカの大統領選の選挙運動以来、私たちはまた、バラク·オバマ氏でさえ、インドネシアの少年時代にがっつりと犬肉を食べていたことを知っています。
デンマーク国王であるマルグレーテ二世の夫君であるヘンリック殿下は、雑誌「S&Hør」に、彼が犬の肉が好物であることを告白しました。



 少し古い記事ですが、ドイツの最大手メディアのシュピーゲル紙も、ヘンリック殿下が犬肉が好物であることを報じています。Schock für Tierfreunde:Dänischer Prinz mag Hundefleisch 「動物愛好家にとってはショック:デンマークのヘンリック殿下にとっては、ほかの肉と犬の肉は同じです」。2006年1月6日。


Prinz Henrik ist auf den Hund gekommen: Zum Entsetzen vieler Tierfreunde gestand der Ehemann von Königin Margrethe, gerne Hundefleisch zu verspeisen.
Pikant: Der Prinz ist Ehrenpräsident des dänischen Dackelclubs.
Prinz Henrik (71), Ehemann von Königin Margrethe II. (66), hat sich zum Verspeisen von Hundefleisch bekannt.
"Die Hunde, die man essen kann, sind ja in der Regel gezüchtet. Das ist genauso wie mit Hühnchen."
Der Prinz, der aus Frankreich in den Kopenhagener Hof einheiratete, ließ sich in dem Interview detailliert über den Geschmack von Hundefleisch aus, das er als "recht trocken" einstufte und mit Kalbfleisch verglich.

ヘンリック殿下は犬肉を召し上がりました。
多くの動物愛好家の友人を持つデンマーク国王、マルグレーテ二世の夫君は、犬の肉が好物であることを告白しました。
皮肉なことに、殿下は、デンマークのダックスフント愛好家クラブの名誉会長です。
ヘンリック殿下(71歳)は、犬の肉を食べることで知られています。
「犬肉、それは(食肉用に犬が)実際に普通に飼育され、あなたがたも食べることができます。 犬肉は普通の鶏肉のようなものです」。
殿下はパネリストからの犬の味のインタビューに、「それは仔牛の肉に比べてパサパサした食感です」と応えています。



 ヘンリック殿下の犬肉嗜好は、ドイツ版ウィキペディアにも記述があります。Nahrungstabu 「食のタブー(禁忌)」。王族の方々などは、メディアの注目度が高いから大変ですね。お疲れ様。


(動画)

 デンマーク国王、マルグレーテ二世と夫君のヘンリック殿下。殿下は、ダックスフントを可愛がっておられます。やんごとなきデンマークのロイヤルファミリーのご様子。
 昔はハンサムだったヘンリック殿下も、太めのおじいちゃんになるのね(犬肉の食べ過ぎ?じゃなかった、汗)。この方もヨーロッパのメディアからは「女王の影(日本語で言えば「金魚の●」といったニュアンス)」と書かれたり、お気の毒という気もします。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

結局猫ボラの行く末は

http://aichicat.catfood.jp/meijyoukouen/nishiku/tatou.html

こういうことになるんですよね。元猫ボラの結果。
猫の保護をやり続けると、多頭崩壊。
処分しないと、一時的には救われたように、見えても、結末はこれです。
いま、団体がやってることって、結末はこれなのに、何故同じことをするのか、殺処分には怒り狂うのに。
やはり、余剰外来種は駆除すべきですね。
これは、シビアでもなんでもなく、自然の摂理です。
しかも、また、里親探しをするという。そこも、いずれは、こんなになりますよ。
もともと、猫を保護して、全頭飼おうなんて、どんだけ、おかしいのか、考えれば分かるのに、それをしない。
いい加減、元の元凶が誰なのか、自分たちであることを気づくべきですよね。猫ボラも。

Re: 結局猫ボラの行く末は

ピナ様、コメントありがとうございます。

> こういうことになるんですよね。元猫ボラの結果。
> 猫の保護をやり続けると、多頭崩壊。

お決まりのコースです。
ボラと言いつつ、精神疾患であり、(海外では動物虐待という犯罪)のアニマルホーダーの連鎖そのものではないですか。


> 団体がやってることって、結末はこれなのに、何故同じことをするのか、殺処分には怒り狂うのに。

アニマルホーダーという精神疾患は、ご本人のためにも動物のためにもありません。


> 里親探しをするという。そこも、いずれは、こんなになりますよ。

最初に崩壊した男性が、里親探しをして譲渡率ゼロだったんでしょ。
雑種の猫はそんなものです(アメショ柄のブロッチドタビーの個体がいますが、片目が潰れているようです)。
そもそも余剰ペットが適正飼育者の数をはるかに上回る状況では、ノーキルは不可能です。
それと最初に崩壊した男性は、付近去勢せず仔猫を産ませていたのでしょう。
ただのアニマルホーダーの不適正飼育者です。


> 猫を保護して、全頭飼おうなんて、どんだけ、おかしいのか、考えれば分かるのに、それをしない。

そのほうがまだ善意が垣間見られます。
雑種猫を繁殖させて「かわいそうな保護猫」と偽り、譲渡先からぼったくりをしていた猫ボラもいるようですから。
野良猫をかき集めてくるより、自家繁殖させたほうが商品の調達は楽ですね。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR