ジェンダーと牝馬




Domestic/inländisch

 私はこのブログで度々私が馬好きであることを述べてきました。乗馬の心得があり、最近は一時期不調だった体調も回復し、時折乗馬クラブで騎乗しています。また私は競走馬のファンです。しかし馬券は買ったことがありません。少しは競走馬たちの飼葉代に貢献したほうが良いかもしれません。不定期に、好きな馬のことも記事にしようと思います。 


 日本では長らく「牝馬は牡馬より走らない」と言われてきました。競走馬のせりでも牝馬は牡馬に比べて安めの落札価格になることが多かったのです。しかし近年の牝馬の活躍は目を見張るものがあります。日本の最高峰レースと言われるジャパンカップで、牝馬ジェンテルドンナは、2012年、2013年の史上初の連覇を成し遂げました。2011年の勝者ブエナビスタ、2009年の勝者も牝馬のウオッカでした。
 しかし重賞レースを牝馬が制するのは、海外では珍しいことではありません。10月5日に行われた、世界最高峰と言われる凱旋門賞では、フランス産駒の4歳牝馬、トレヴ昨年に続いて連覇を成し遂げました。実はこの凱旋門賞では牝馬の優勝は珍しいことではありません。最近の4年間は牝馬の優勝が続いています。


(動画)

 2014年凱旋門賞、優勝の4歳牝馬トレヴは事前のレースが不調であったため、6番人気でした。一番人気は英国の産駒の3歳牝馬、タグルーダでした。タグルーダは3着でした。日本産駒は、3歳牝馬のハープスターが6着、5歳牡馬のジャスタウェイが8着、5歳牡馬のゴールドシップが14着でした。
 私は、昨年3番人気だったトレヴの優勝を的中させました。今年は、私はタグルーダの優勝を予想していました。まさかトレヴが連覇するとは思いませんでしたね。トレヴ、強すぎます。下の一覧は、最近4年間の凱旋門賞の優勝馬です。




・2014年
トレヴ 仏 牝4

・2013年
トレヴ 仏 牝3

・2012年
ソレミア 仏 牝4

・2011年
デインドリーム 独 牝3


 牝馬の優勝が際立って少ないのは、日本の競馬の特徴とも言えました。それはおそらく日本では、ジェンダーの意識が強く、それが競走馬の育成や調教にまで影響を与えているのではないかと勘ぐっています。
 「牝馬は走らない」という先入観から、十分な育成や調教が行われず、それがレースでも良い結果を出せなかったのではないでしょうか。日本でも、ジェンダーの意識が薄れるに連れて、牝馬も台頭してきたという感じがします。私はこれからも牝馬に期待します。

 実は長い世界競馬の歴史をへても、未だに破られていない、驚異の54戦無敗記録を持つ馬は牝馬でした。この歴史的名牝はハンガリーの産駒で、名前をキンチェム(ハンガリー語で「大切な人」という意味)と言いました。
 この馬は、数々の興味深い、もはや伝説とも言えるエピソードを多く残した個性的な馬でもありました。ハンガリーの競馬場は、この馬の偉業をたたえるために、「キンチェム競馬場」と改名されています。ハンガリー国内には、多くのキンチェムの銅像が立てられています。主要駅には、キンチェムが使った馬具などの遺品が展示されています。
 亡くなった時は、国の多くの公共機関がこぞって反旗を掲げ、教会はは追悼の鐘を鳴らしました。まさに「人以外では最も偉大な動物」だと言えましょう。

 日本でも、最多無敗記録11戦11勝記録を持つ馬は牝馬です。その馬は、牝馬として日本競馬史上唯一のクラシック競走3勝を挙げたクリフジです。
 クリフジは、前述のキンチェムほどは個性的ではなかったようで、伝説的なエピソードはあまり残っていません。ただ「顔が大きくてブサイクな馬。でも性格は温厚ですこぶる良い」と場主が親しみを込めて言っていたとか、「体格がゴツクて牡馬みたいだ」との言い伝えがあります。その他には「あまりにも強すぎてレースが面白くない」とも。
 歴史的名牝キンチェムとクリフジについては、折々紹介します。


(追記)

 西宮市にある、甲山乗馬クラブ。HPはこちら。甲山乗馬クラブ。拙宅の近くといえば近くです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今年のトレヴも一昨年のソレミアも58キロ背負って勝ってますもんね。
僕がやり始めた90年代は、2000m以上で牡馬に通用してたのは、エアグルーヴとヒシアマゾンだけで、他の実績ある牝馬は牡馬に混じったら、全然ダメでした。
だから、2000m過ぎたら牡と牝の体力差が出ると思ってたんですが、ウオッカ以降の牝馬の活躍を見てると、調教の差かなと思ったりします。
ただ、今でも牝馬同士で強くても、混合戦ではダメな馬も多いから、全体的なレベルアップより、1年か2年に一頭クラスの牝馬が通用しやすくなったのではないかな?と、考えたりします。

Re: タイトルなし

人間山脈様、コメントありがとうございます。

> 今年のトレヴも一昨年のソレミアも58キロ背負って勝ってますもんね。

凱旋門賞は、斤量の関係から3歳牝馬が有利だとも言われています。
でも、ジャパンカップでも、牝馬は2キロ減で、条件的に変わりないと思います。


> 僕がやり始めた90年代は、2000m以上で牡馬に通用してたのは、エアグルーヴとヒシアマゾンだけで、他の実績ある牝馬は牡馬に混じったら、全然ダメでした。

私はエアグルーヴの引退レースの有馬記念のラジオ放送を、マラソンを終えたあとに聞いていました。
大変残念な思いをしました。
ずいぶん古い思い出です。
その当時からすれば、重賞レースで勝つ牝馬は格段に増えていると思います。
牝馬牡馬混合戦になると走らない牝馬が多いのは、馬の本能もあるでしょう。
野生では、馬は群れを作りそのリーダーはオスです。
野生状態でリーダーを差し置いて、メスが群れの先頭を切って走ることはないと思います。


> 1年か2年に一頭クラスの牝馬が通用しやすくなったのではないかな?と、考えたりします。

ずば抜けた能力を持つ馬は、牝馬という先入観なく良い調教を受けるようになったということだと思います。

いきなり話代わりますが

ドイツの狩猟法が改正されるらしいんですが、この件の詳細分かりますか?http://www.afpbb.com/articles/-/3028733

Re: いきなり話代わりますが

人間山脈様、情報提供ありがとうございます。

> ドイツの狩猟法が改正されるらしいんですが、この件の詳細分かりますか?http://www.afpbb.com/articles/-/3028733

リンクの記事を読みました。
この元の情報に該当する記事がこれです。
http://www.derwesten.de/politik/neues-jagdgesetz-verbietet-jaegern-streunende-katzen-zu-toeten-id9830469.html
「Neues Jagdgesetz verbietet Jägern, streunende Katzen zu töten」。
新しい狩猟法は、ハンターに野良猫を殺すことを禁じる。2014年9月13日。

Das NRW-Kabinett hat den ersten Entwurf eines neuen Jagdgesetzes beschlossen.
ノルトラインヴェストファーレン州の内閣は、州狩猟法改正案の最初の草稿を承認した。

9月24日にノルトラインヴェストファーレン州の州法、狩猟改正法は、州議会により可決されました。

改正点はこちらです。
https://recht.nrw.de/lmi/owa/br_bes_text?anw_nr=2&gld_nr=7&ugl_nr=792&bes_id=3848&aufgehoben=N&menu=1&sg=0
http://nrw.nabu.de/themen/jagd/landesjagdgesetz/

2015年に施行予定です。
改正後は、あらたにテン、ヤマネコ(Wildkatze 原文のまま)、カラス、白鳥、シギは、狩猟しても良い種から外されたとあります。
Ferner sollen Marder, Wildkatze, Rabenvögel, Schwäne und Schnepfen von der Liste jagdbarer Arten gestrichen sowie,

Wildkatzeがいわゆるヤマネコ(在来種の野生猫)なのか、イエネコ種なのかということですが、ドイツ語で一般的にイエネコ種が野良、野猫化したものは、streunende Katze と表記します。
ヨーロッパヤマネコという、在来の野生種猫もヨーロッパ大陸には生息しており、これは一般にWildkatzeヤマネコと表記されます。

ヨーロッパヤマネコ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B3

ノルトラインヴェストファーレン州の狩猟法改正で、新たに狩猟が禁じられたWildkatzeは、私は多分、在来のヤマネコ類だと思います(日本で言えばイリオモテヤマネコのような存在)。
イエネコが野良野生化したものではないと思います。
なぜならば、犬の狩猟は相変わらず禁じていないからです。

ドイツでは、犬猫の狩猟に関しては、頻繁に犬猫狩猟の廃止、禁止を求める改正案の草案が起草されては、議会提出前に廃案になったという歴史を繰り返しています。

ドイツでの、犬(イエ)猫の狩猟の根拠は、ドイツ連邦法であるJagdgesetz「連邦狩猟法」です。
本法での犬猫狩猟の規定は、「犬猫を狩猟しても良い」という許可ではなく、「ハンターは犬猫を狩猟する責務がある」との義務に近いものです。
したがって、連邦法の下位法である州法が、連邦法に反する規定を設けるとは思えません。

追記

http://nrw.nabu.de/themen/jagd/beutegreifer/06992.html

ノルトラインヴェストファーレン州の改正狩猟法では、改正後もイエネコ種は変わらず民家から200メートル離れていれば狩猟対象です。
同法では、イエネコ種を、wildernde Katzen 野生化した猫=Hauskatzen と表記し、Wildkatze と明確に区別しています。

Wildernde Katzen im Landesjagdgesetz (NRW) Nach §25 des Landesjagdgesetzes sind jagdschutzberechtigte Personen befugt, wildernde Katzen abzuschießen.
州法第25~、狩猟法(NRW州法)でのイエネコ種猫は、狩猟を許可された者は、射殺し狩猟する権限が与えられている(狩猟法改正の解説のタイトルではHauskatzen としています。しかし本文ではwildernde Katzen 野生化した猫=ノネコ、です。Wildkatze 「ヤマネコ」は在来の野生猫で、wildernde Katzen「野生化した猫、ノネコ」は、Hauskatzen 「イエネコ種」が野生化したものです)。

私の推測ですが。
ノルトラインヴェストファーレン州、狩猟法の改正時期に際し、猫愛誤が「狩猟法からイエネコ種(野良猫、ノネコ)を狩猟対象から外せ」という運動が起きていました。

ドイツにも、愛誤政治家は存在します。
その「イエネコ種」を狩猟対象から外す」という草案が内閣に提出されたのは事実です。
しかしそれは議会提出もされず、ボツになりました。
それと混同した日本のメディアのドイツ語にうとい記者が、Wildkatze 「ヤマネコ」とHauskatzen 「イエネコ種。いわゆる野良猫、ノネコ」と混同し、法改正で、(イエ)猫=つまり野良猫、ノネコの狩猟を禁じたと報道したものと思われます。

結論。
ノルトラインヴェストファーレン州では、現在もイエネコ種(いわゆる野良猫、ノネコ)の狩猟は、民家から200メートル離れていれば許可されています。
リンクいただいた記事を書いた記者もバカならば、それを鬼の首を取ったように騒ぐ愛誤もバカ。
というより、ドイツ人記者も、ヤマネコとイエネコ種、野生化したイエネコ種の区別がついていないです。

NRW州 狩猟法改正に関するHPから

Dass Katzen, nur weil sie sich 200 Meter vom nächsten Haus entfernt befinden, erschossen werden dürfen.

イエネコ種は、最寄りの家から200メートルに位置していれば、イエネコ種というだけの理由で、射殺されるべきなのです(つまり「所有者の有無など関係なく、浮遊状態であればイエネコ種であれば、ハンターは射殺するべきだ」との意)。


でも、ここでは、Katzen 「猫」としか表記されていないのですよね。
紛らわしい。

ドイツ人記者も馬鹿

NRW州の、狩猟法改正の記事で、ドイツのメディアでも、「改正後はイエネコ種の狩猟が禁じられるようになった」という記事がいくつかありました。

ドイツ人記者も、Wildkatze 「=ヤマネコ。ヨーロッパの在来種の野生猫」と、Hauskatzen 「イエネコ種。いわゆる猫で、原種がリビア山猫」、wildernde Katzen 「再野生化したイエネコ種。日本でいうノネコ。種としてはHauskatzen と同じ」の区別がついていません。
NRW狩猟法改正で、新たに狩猟が禁じられるようになったのは、Wildkatze 「=ヤマネコ。ヨーロッパの在来種の野生猫」だけです。
Hauskatzen 「イエネコ種。いわゆる猫で、原種がリビア山猫」、wildernde Katzen 「再野生化したイエネコ種。日本でいうノネコ。種としてはHauskatzen と同じ」は、引き続き狩猟対象です。

それとドイツ人の記者は、Entwurf wurde im Kabinett gebilligt「草案は内閣に承認された」と、Gesetzentwurf wurde vom Parlament verabschiedet「法案は議会で可決された」と混同している人がいるみたいです。
遠い島国の日本人から指摘されちゃあ、世話ないです。
Hauskatzen 「イエネコ種。いわゆる猫で、原種がリビア山猫」、とwildernde Katzen 「再野生化したイエネコ種。日本でいうノネコ。種としてはHauskatzen と同じ」の狩猟禁止を求める改正案草案は内閣に承認されましたが、議案提出されずボツになりました。
つまり引き続き、狩猟対象。
Wildkatze 「=ヤマネコ。ヨーロッパの在来種の野生猫」の狩猟禁止は議案提出され、可決2015年から施行予定です。

改正後の、NRW狩猟法を確認したところ、そういうことです。

早速、確認頂いてありかとうございます!

日本のメディアの海外や動物のニュースは、いつも何処かズレてるので、今回も違和感感じてたんですが、さんかく様に聞いて良かったです!
ヤマネコですか。単純に今までの駆除数からして、それこそ日本並の殺処分場を作るとか、よっぽどの対案がないと難しいと思ってたんで、ヤマネコだけなら納得です。
しかしさんかく様がいてなかったら、この記事も「今までの情報は違ったかもしれないが、ドイツは努力を始めた。日本も見習うべきだ」とか、またおかしなドイツ賛美に利用されてたかもしれないですね・・・。

Re: 早速、確認頂いてありかとうございます!

人間山脈様

お役にたてて嬉しいです。

> この記事も「今までの情報は違ったかもしれないが、ドイツは努力を始めた。日本も見習うべきだ」とか、またおかしなドイツ賛美に利用されてたかもしれないですね・・・。

日本の愛誤だけではなく、ドイツのメディアの記者も勘違いしている人が多いです。
「Katze(Hauskatzen、いわゆる猫、イエネコ。原種がリビア山猫のことを言ってるのでしょう」はNRW州狩猟法改正後は狩猟できなくなったという報道があります。
でも、改正後の法律条文を読めば、イエネコ種と犬(いわゆる猫)は引き続き狩猟対象です。
新たに狩猟禁止になったのは、ヤマネコやテン、シギ、白鳥などです。
日本でも、ツシマヤマネコなどのヤマネコ類が本州にもたくさん生息していれば、混乱を招くかもしれません。

事後承諾になりますが

ここでのやり取り、Twitterで載せさせてもらいました。Twitterでの名前は超獣だけの横道です。問題があれば削除しますm(__)m

Re: 事後承諾になりますが

人間山脈様

> ここでのやり取り、Twitterで載せさせてもらいました。

どうぞ、正確な情報を広めてください。
ドイツNRW州の、「猫を狩猟対象から外した」は、「在来のヤマネコの狩猟を2015年から禁じる。いわゆる猫(ペットの猫、それが野良野生化したものは従来通り、民家から200メートル離れていれば狩猟を推奨する対象である」が正しいです。
ドイツのメディアでさえ「ペットの猫の狩猟を禁じた」と誤った報道をしているものもあります。
これらの記事を反証で出してきたとしても、先にリンクした、NRW州の、狩猟法改正に関するHPのリンクを示してください。

それとSNSですが、「ドイツでは動物はものではない=権利を守られた存在」という誤った情報が定着しています。
これはドイツ民法90条aの規定ですが、「動物は民法で定めるもの(つまり民法で定める所有権などが制限される)ではない」という意味です。
Sache=もの、は私有財産権、所有権の意味があります。
つまり法律に基づいて警察官が犬を射殺したり、行政が犬を強制的に殺処分したりしても、飼い主は損害賠償を請求できないという意味です(民法上の財物ではないのだから)。
不適正飼い主から強制的に押収する場合も、この条文が根拠です。
それとドイツ法で単に、tier(動物」とある場合は、脊椎動物全般を指します。

私はブログだけでていっぱいなので、よろしければ正確な情報を広めてください。
超獣~さんのツイートは、たまに拝見しています。

ありがとうございます!

さんかく様の記事は、普段から使わせてもらってるんですが、今回は記事ではなく会話なんで確認させてもらいました。
ソース、有り難く使わせてもらいます。
Twitterでは、幸い、まともに活動されてたり犬猫を飼ってる人は、ドイツの話を信用してない人が多いんですが、まだまだドイツ信仰の愛誤や、愛誤の話を鵜呑みにしてるライト層の人が多いですね。
まぁ、ライト層の人はこちらの反証ソースを見せたら理解してくれる人が多いですが。
こちらでは郷に入れば郷に従えという事で、丁寧に書かせてもらってるんですが、Twitterではアホな事ばっかり書いてます(^_^;)

Re: ありがとうございます!

人間山脈様

> ソース、有り難く使わせてもらいます。

ドイツ語のソースが必要ならば、またおっしゃってください。


> Twitterでは、幸い、まともに活動されてたり犬猫を飼ってる人は、ドイツの話を信用してない人が多いんですが、まだまだドイツ信仰の愛誤や、愛誤の話を鵜呑みにしてるライト層の人が多いですね。

今日も、保護猫(だったかな)をきちんと飼っておられた方と記憶していますが、「女性自身の『ドイツ殺処分ゼロの記事がひどい』とのコメントをされています。

http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/social/10555
ですが、あまりのひどい嘘の羅列に絶句します。
そして複数のメディアに配信していますね。
おそらく、大物愛誤団体のAが、ガセネタソースをメディアに持ち込んだものと思います。
それと、かつてAの代表であった故人と「盟友関係」の、脳内ドイツ獣医学博士サマです。
なぜこれほど、ドイツの嘘動物愛護情報を日本で広めたいのか、理解に苦しみます。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR