福島みずほ氏の無知蒙昧があまりにもひどすぎる。「イギリスなどは、犬猫の売買を禁止している」「イギリスやドイツなどが、殺処分ゼロを目指しているか実現しています。ドイツは殺処分ゼロ」~まとめ





Domestic/inländisch

 記事、
福島みずほ氏の無知蒙昧があまりにもひどすぎる。「イギリスなどは、犬猫の売買を禁止している」「イギリスやドイツなどが、殺処分ゼロを目指しているか実現しています。ドイツは殺処分ゼロ」~真実は「イギリスでは多数の犬猫が銃により殺処分されています」
続・福島みずほ氏の無知蒙昧があまりにもひどすぎる。「イギリスなどは、犬猫の売買を禁止している」「イギリスやドイツなどが、殺処分ゼロを目指しているか実現しています。ドイツは殺処分ゼロ」~真実は「イギリスでは多数の犬猫が銃により殺処分されています」
続々・福島みずほ氏の無知蒙昧があまりにもひどすぎる。「イギリスなどは、犬猫の売買を禁止している」「イギリスやドイツなどが、殺処分ゼロを目指しているか実現しています。ドイツは殺処分ゼロ」~真実は「イギリスでは多数の犬猫が銃により殺処分されています」
の続きです。福島みずほ氏は自らブログで、「イギリスなどは、犬猫の売買を禁止している。イギリスやドイツなどが、殺処分ゼロを目指しているか実現しています。ドイツは殺処分ゼロ」と記述し、国会でも「ドイツは殺処分ゼロ」と質問しています。しかしそれらは全てが大嘘誤りです。



 福島みずほ氏の問題のブログの記述を引用します。福島みずほのどきどき日記 犬・猫殺処分ゼロを目指して。2014年4月1日。


①イギリスなどは、犬猫の売買を禁止していることから学ぶべき。
②愛護センターを殺処分のための施設ではなく、里親を探すための施設に転換すべき。
③イギリスやドイツなどが、殺処分ゼロを目指しているか、実現しています。
ドイツは殺処分ゼロ。
一足飛びにドイツやイギリスのようになれなくても、努力を続けること、で殺処分ゼロを目指すことができると考えています。



 以上は全て大嘘誤りです。その根拠は、私のブログでドイツ、イギリスなどの当該国の原語での法律、国自治体のHP、公的統計、マスメディアの記事など疑いの余地の無い資料を示しています。興味のある方は、ブログ内検索をしてください。簡単に解説をしておきます。


①イギリスなどは、犬猫の売買を禁止

 イギリスで犬猫の販売を禁じる法律はありません。イギリスでの犬猫などのペットの扱いを規定した法律は、
Pet Animals Act 1951、です。この中では、ペットショップが生体展示販売して良い動物として犬猫が条文で明記されています。なお、イギリスではペットの店頭販売の営業時間規制はありません。展示ケージの大きさの規制はありますが、ミニマムが展示動物の肩の高さの2倍というゆるい基準です。
 イギリスでは、ロンドンなどの大都市では、多数の展示生体販売を行うペットショップがあります。今年まで、老舗百貨店のハロッズの4階フロアー全てが生体展示販売を行うペットショップでした(今年撤退しましたが、あくまでも経営上の理由です)。
 「犬猫の販売を禁じる法律がある」は、「生体展示販売のみならず販売すべてを禁じる」としか解釈できない記述ですが、これを本気で思っているとは狂気の沙汰です。日本は、イギリスから相当数のペット需要の犬猫の生体を輸入しています。少し古い統計ですが、2000年の日本の犬生体の輸入相手国は、イギリスは第5位です。図表7.犬の輸入量(相手国別、2000 年)(失笑)。
 福島みずほ氏は、東大法学部出身で弁護士資格をお持ちです。自由経済下にある国では、特定の業種業態を法律で禁じることは、自由競争上まず不可能であることをご理解できないのでしょうか。日本では憲法22条と独占禁止法で営業の自由が保障されています。国の法律で、犬猫の売買を禁じている西側先進国を一つでも例示していただきたいものです(嘲笑)。アメリカでは、極めて例外的に犬の店頭生体販売を禁じる条例はあります(しかし連邦法に違反する可能性があります)。犬猫の売買そのものを法律(国法)で禁じる国を、私はただのひとつも知りません。

②(公的機関である)愛護センターを殺処分のための施設ではなく、里親を探すための施設に転換すべき。

 長期終生飼育をし、再譲渡を目的とした公的なペット収容機関を持つ国を私は知りません(アメリカは、官民協同型の譲渡を目的としたアニマルシェルターはあります。しかしペットの世話や譲渡の業務を行っているのは民間人です)。例示していただきたいです(苦笑)。
 なお、よく引き合いに出されるドイツのティアハイムは完全民営です。引き取ったペットの再譲渡により利益を得ることを目的とした営利団体で、再譲渡の見込みのない動物はまず引き取りませんし、殺処分も日常的に行われています。

③イギリスやドイツなどが、殺処分ゼロを目指しているか、実現しています。

 ドイツは、2000年中頃までに、飼育を禁止する犬種を定めたドイツ連邦法の制定を受けて、すべての州が犬の殺処分強化の根拠となる州法を制定しました。法律で、飼育を禁じる犬種やその雑種、咬傷事故を起こした犬、行動が危険と判定された犬などは、行政が押収して強制的に殺処分できる権限を付与しました。一例としてBerlin Hundegesetz 「ベルリン州 犬法」を挙げます。概ね、ドイツ全州で同様の規定を設けています。ドイツでの公的殺処分はむしろ強化~増加の傾向です(公的統計があります)。
 イギリスでは、民間人が私的に拳銃を用いて、飼い犬を殺処分することを禁じていません。そのためにアニマルシェルターやレースドッグ飼育場で毎年多数の犬猫が拳銃で殺処分されています。人口比ではイギリスは、はるかに日本より殺処分数が多いです。私的に拳銃で犬猫などを殺処分することを法律で禁じるための運動がイギリスでは長く続けられていますが、今のところ法改正の動きはありません。日本であれば、銃で私的に飼い犬猫を殺せば、動物愛護管理法違反になるかもしれませんね(爆笑)。


 また福島みずほ氏は、同じブログで、参議院で質問を行った議事録もアップしています。福島みずほのどきどき日記 3月20日参院予算委で犬猫殺処分、カジノ問題について質問。2014年3月27日


ドイツは殺処分ゼロを目指して実現したとも報道されています。
自治体が行う競馬、競輪はなぜ賭博罪に、賭博開帳罪、ならないんでしょうか。
公営で公益性ということが理由立て、三十五条で正当行為、違法性阻却されるわけです。
カジノは完全民営です。
民営で正当行為として違法性阻却されるんでしょうか。
正当行為として違法性阻却できないですよ、公益性と言えないですもん。
金もうけが公益性があるという、賭博開帳図利罪を違法性阻却することはできないというふうに考えます。



 「ドイツは殺処分ゼロを目指して実現した」と言う嘘誤りを真偽も確かめもせず、いやしくも国会の場で発言するとは、国会議員の資質に問題があるでしょう。このような方が党首を務めてきた社会民主党の衰退も、必然であると感じます。

 福島みずほ氏はカジノにも反対されているようです。それは、イギリスの動物愛護を目指すことと矛盾しませんか?私が一連の記事で、イギリスのドッグレースにおける、レースドッグの現状を書きました。イギリスのドッグレースは、ドッグレース運営そのものは公営ですが、私営のブックメーカーが犬券を販売しています。つまり目指しているイギリスでは、ドッグレースで私営賭博が公然と行われ、レースドッグが毎年、万単位で銃などにより殺処分されています。
 わずか数年前までは、レースドッグという、ごく限られた使役犬の殺処分だけで2万頭に達し、その数は、人口比で日本の公的犬殺処分数に匹敵する数です。

 このような事実を知りつつ、国会でカジノに反対し、「日本は動物愛護でドイツやイギリスを見習え」と発言しているのでしょうか。事実を知っているとすれば、貴重な質問時間を使って、国会で下手なブラックジョークを披露するつもりだったのですかね。
 国会の議場で真顔で質問している光景が目に浮かびます。嗚呼。福島みずほ氏の経歴は、「東京大学法学部卒業。大学受験時代は全国模試で1位を取ったこともある。1987年弁護士登録」とのことです。これも三流の漫才に思えてきます。大丈夫ですか、東大(大笑)。


(動画)

 これがイギリスにおけるドッグレースの現状。ドッグレースの賭けでカネをスってしまったブラウンさん。犬券を販売しているブックメーカーは私営です。イギリスでは、競馬は上流階級のもので、中流以下の市民は敷居が高いため、ドッグレースに足を運びます。深夜でも開催していますし、日本で言えば地方競馬か競輪競艇といった感じです。
 イギリスでは、用済みのレースドッグは最近まで年間2万頭も銃などで殺処分されてきました。カジノに反対し、犬猫の殺処分ゼロを目指し、イギリスのようになりたいという福島みずほさん、頭はダイジョーブですか???




Derren Brown collects cash for losing tickets at a dog track.

デレン・ブラウンは、ドッグレースで外れ犬券(馬券みたいなものですね)を買うために、カネをかき集めているのさ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どきどきバカ日記

せめて国会で発言する内容なら裏とってから発言しようよとしか思えませんが、保健所を里親機関にするなら世話をする人間の人件費やエサ代をどうするのかという問題も出てきますね。
一部の人間が無責任に繁殖させた犬猫の為に税金から捻出するなど論外ですし、蛇口が全開のままで放出を制限したらダムは決壊しますね。

なんにせよ実例があるならまだしも実例として語っている内容が事実無根の妄想では話になりません。
犬猫についても殺さないで済むなら殺さないにこした事はありませんが、それを実現するには無責任に繁殖させている自称猫ボラとか言ってるクズ共等を始末するしかありませんwww

国会議員だし無駄に殺される犬猫の供給源を始末する法律でも立案してくれるのだろうか?
だったら迷わず1票を投じますが?www

福島みずほ氏にはぜひとも自らを始末する法律を立案していただきたいものです、哀れな犬猫を生み出しているのは福島みずほ氏の様な現実と妄想の区別のつかない人間達なのですから。

Re: どきどきバカ日記

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> せめて国会で発言する内容なら裏とってから発言しようよとしか思えません。

そうです。
国会議事録は、半永久的に記録がのころのですから、発言は慎重にされたほうが良いと思います。
折しも、今日は国会図書館から11回のアクセスがありました(ホスト名: ns5.ndl.go.jp)。


>保健所を里親機関にするなら世話をする人間の人件費やエサ代をどうするのかという問題も出てきますね。

当然です。
かなりの予算が必要ですし、さらに「殺処分ゼロ」でそれらの犬を公費で終生飼育するとなれば、不要犬猫の供給源となる不適正飼育を放置したままでは、予算は青天、日本の国土は犬猫飼育施設で埋め尽くされてしまいます。


> 一部の人間が無責任に繁殖させた犬猫の為に税金から捻出するなど論外ですし、蛇口が全開のままで放出を制限したらダムは決壊しますね。

私が知る限り、西側先進国では、公費で不要犬猫の長期飼育と再譲渡を全て公費で行っている国は皆無です。
また殺処分ゼロの先進国も皆無です。


> 実例として語っている内容が事実無根の妄想では話になりません。

国会は、妄想を垂れ流したり、漫才をする場所ではないはずです。


> 犬猫についても殺さないで済むなら殺さないにこした事はありませんが、それを実現するには無責任に繁殖させている自称猫ボラとか言ってるクズ共等を始末するしかありませんwww

殺処分ゼロを言うより先に、不適正飼育をなくすことが先です。
しかし国会議員でも、殺処分ゼロを唱える方はいますが、不適正飼育対策を提案する議員はほぼいません。


> 福島みずほ氏にはぜひとも自らを始末する法律を立案していただきたいものです、哀れな犬猫を生み出しているのは福島みずほ氏の様な現実と妄想の区別のつかない人間達なのですから。

無責任に妄想を垂れ流し、不適正飼育の横行という現実を放置してよしとするような発言を行うような国会議員は議員としての資質はないと判断せざるを得ません。
それにしても「イギリスでは犬猫の売買が禁止」とはぶったまげました。
もう狂人の領域ですね。

現実なんて見なくていいんじゃ・・・

国会議員は国会での発言について誰にも責任を負いませんし、
不逮捕特権も持っています。大した能力がなくても任期中は
「先生」と呼ばれるわけですし、放言しがちなのも無理からぬかと。
次の選挙での落選という形で責めに任ずるのが本来ですが、
あいにく日本には陶片追放のようなマイナス票がありません。
一旦当選してしまうと、惰性でズルズルと前任者が再任されると…

で、なぜ選挙における浄化作用(アホを落選させる)が働かないか。
それは多分、実際の(動物)被害者が少数派だからではないでしょうか。
例えば猫被害、これ大概は都会で庭付きの敷地に住んでいるのが殆どでしょう。
それと、魚や家禽を養うのが趣味の人。大体がこの辺に限られて、
一般的な集合住宅、ましてやマンション住まいの方々には猫糞問題は縁遠いでしょう。
アホみたいに野良猫が集積していれば別でしょうが。
被害者の多寡や比較の問題です。

それと犬の場合、そもそも犬が保健所に引き取られて問題はあまり表面化しません。
自分が犬で悔しい思いをしたとなれば、それを表明することは、
 自分が躾すらまともに入れられない未熟者であること
 さらには犬種特性すら考慮せずに飼育に失敗した愚か者であること
 あるいは怠慢で酷薄な性格の持ち主であること
 後先考えずに(contingency plan 無しとか)衝動買いしたこと
などを開陳することになりかねません。やはり恥ずかしいでしょう。

そんなこんなで声が上がらないので、暴論・暴挙が罷り通ってしまうのでは。
金にも時間にも余裕が無い、動物の獣性と向き合える技量もない…
そんな奴は動物を飼うな(特に都会では)というのが正解なんでしょうけど、
癒やしだ可愛いだのしか受け入れられないのが現実。…なんですかね。

Re: 現実なんて見なくていいんじゃ・・・

虫様、コメントあいがとうございます。

> 国会議員は国会での発言について誰にも責任を負いませんし、

国会証人喚問での偽証は刑事罰になるのですから、議員の国会でのあからさまな嘘も何らかの処罰が必要かもしれません。
まあ、福島議員の国会での質問では「報道機関ではドイツは殺処分ゼロと報道している」とありますから、「ドイツは殺処分ゼロ」と報道している報道機関があったのは事実なんですが(NHKなど)。
微妙に逃げを売っているのかもしれませんね。
「ドイツ殺処分ゼロ」が嘘であることを知りつつ、それを誤認させるような発言をしていたのならば、より悪質です。
それと報道機関のあからさまな嘘も、倫理だけでに自浄は期待できず、何らかのペナルティを科す必要があるかもしれません。
朝日新聞の従軍慰安婦や東電、太田匡彦記者の海外動物愛護の嘘報道など酷過ぎます。


> 次の選挙での落選という形で責めに任ずるのが本来ですが、

福島議員は、すべて比例区名簿一位で当選してきたのではないですか。
その福島氏が落選するということは、社民党が瓦解するということですよ。


> なぜ選挙における浄化作用(アホを落選させる)が働かないか。
> それは多分、実際の(動物)被害者が少数派だからではないでしょうか。

国政選挙では、動物愛護は一般には取るに足らないもだいですから、ほかの政策面で評価されるおでしょう。
しかし昨年の参議院選での社民党の衰退はひどかったです。
福島氏離れもあるのかもしれません。



> 猫被害、これ大概は都会で庭付きの敷地に住んでいるのが殆どでしょう。
> それと、魚や家禽を養うのが趣味の人。大体がこの辺に限られて、
> 一般的な集合住宅、ましてやマンション住まいの方々には猫糞問題は縁遠いでしょう。

マンションでも、エントランス付近での糞尿は、結構被害がひどいのですけどね。
しかし上層階の人は、気にならないかもしれません。


> それと犬の場合、そもそも犬が保健所に引き取られて問題はあまり表面化しません。

犬の場合は狂犬病予防法もあり、また条例でも自治体の引取りを定めている場合が多いですから、引取り拒否がまずなく、それに伴もなうトラブルが目立たないだけかもしれません。


> そんなこんなで声が上がらないので、暴論・暴挙が罷り通ってしまうのでは。
> 金にも時間にも余裕が無い、動物の獣性と向き合える技量もない…
> そんな奴は動物を飼うな(特に都会では)というのが正解なんでしょうけど、
> 癒やしだ可愛いだのしか受け入れられないのが現実。…なんですかね。

本来、動物を飼う資格のない人が飼うことが問題なのです。
しかし犬猫を購入した、しかし飼いきれなくなって保健所に引き取ってもらったという人の方が、まだマシかもしれないです。
野良猫に気が向いたときに餌をやる、死体の処理もしない、獣医師にも診せない、ワクチンなどしない、糞尿処理もしないのは、究極の無責任不適正飼育です。
これほど無責任不適正飼育でも、ペットを飼育する娯楽はできるわけです。
それを自治体が地域猫などといって、推奨しています。
きちんと責任もって適正飼育出来る人や、不適正無責任飼育者により被害を被る人より、無責任不適正飼育する人、したい人の方が多いですから、悪弊が通ってしまうのです。
多数決の民主主義の欠点です。

No title

>ドイツでの公的殺処分はむしろ強化~増加の傾向です(公的統計があります)。

恐れ入りますが、その公的統計のリンクを貼って頂けませんでしょうか。私も見てみたいので。
よろしくお願いします。

Re: No title

ティム様、コメントありがとうございます。

> >ドイツでの公的殺処分はむしろ強化~増加の傾向です(公的統計があります)。
>
> 恐れ入りますが、その公的統計のリンクを貼って頂けませんでしょうか。

まず、ベルリン州上院議会の、犬の安楽死とその予算についての議事録抜粋です。
http://www.stiftung-naturschutz.de/fileadmin/img/pdf/Kleine_Anfragen/ka16-12520.pdf

ヘッセン州では、犬安楽死統計を公表(紙媒体)しています。
その数値を引用したサイトです。
http://www.hundesport-ostermeier.homepage.t-online.de/html/stellungnahmen.html

以上は、私のブログ内で既に引用した資料だと記憶しています。
私は、コメントで述べていることもすべてブログで引用した資料など根拠に基づいています。
まずブログ内検索で調べてください。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR