続・福島みずほ氏の無知蒙昧があまりにもひどすぎる。「イギリスなどは、犬猫の売買を禁止している」「イギリスやドイツなどが、殺処分ゼロを目指しているか実現しています。ドイツは殺処分ゼロ」~真実は「イギリスでは多数の犬猫が銃により殺処分されています」





Domestic/inländisch

 前回記事、福島みずほ氏の無知蒙昧があまりにもひどすぎる。「イギリスなどは、犬猫の売買を禁止している」「イギリスやドイツなどが、殺処分ゼロを目指しているか実現しています。ドイツは殺処分ゼロ」~真実は「イギリスでは多数の犬猫が銃により殺処分されています」、の続きです。今回はイギリスでの、犬猫の殺処分の実情を紹介します。イギリスでの犬猫の殺処分は、民間では家畜屠殺用拳銃が多く使用されています。


 社会民主党の党首を長年務めた参議院議員である福島みずほ氏のブログですが、海外の動物愛護事情についての無知蒙昧があまりにひどすぎます。福島みずほ氏が自らのブログ、福島みずほのどきどき日記 犬・猫殺処分ゼロを目指してで書かれている、「イギリスなどは、犬猫の売買を禁止している」「イギリスやドイツなどが、殺処分ゼロを目指しているか実現しています。ドイツは殺処分ゼロ」が大嘘誤りであることは、私のブログの読者様はご存知でしょう。
 今回は、イギリスでは犬などの殺処分では家畜屠殺用拳銃が一般に用いられ、殺処分の実数が大変多いことを裏付けるイギリスの資料を紹介します。

 「イギリスでは日本と比べて犬猫の殺処分数が極めて少ない」と指摘する愛誤が多数存在します。しかしその根拠として挙げているのは、イギリスの公的殺処分統計です。その数値は、民間シェルターでの殺処分数が含まれていませんので、イギリス全体の殺処分数の実数を表しているものではありません。
 イギリスは、公的シェルターに収容した犬猫は1週間しか保管しません。その間に殺処分を行うのは、怪我や病気の状態がひどいものや、凶暴なものに限られます。1週間後は、収容された犬猫は全て民間シェルターに移譲されます。移譲先の民間シェルターでは、シェルターによってはほとんどの犬猫が殺処分されます。民間での殺処分数は、公的統計には現れません。「イギリスは日本に比べて極めて殺処分数が少ない」という情報を流布させている人は、そのような背景を知りつつも嘘偏向を承知で日本に流布させているか、無知蒙昧かのどちらかです。


 Mayhew International LEGISLATION AND STATISTICAL INFORMATION REGARDING EUTHANASIA OF STRAY DOGS IN THEUK 「メイヒューインターナショナル イギリスの野良犬の安楽死に関する法律と統計情報」から引用します。
 イギリスの公的殺処分数統計に現れるのは、下記の引用での、公的シェルターでの保管期間の1週間以内に殺処分された例外のみです。


The two main pieces of legislation concerning the collection and disposal of stray dogs are the Dogs Act 1906 and the Environmental Protection Act 1990.
Responsibilities for dealing with stray dogs, originally assigned to the police , now lie with the local authorities.
The law requires that a stray dog must be held for seven days after seizure by the police or local authorities before disposal.
If unclaimed by its owner after seven days, the dog may be (1) sold or given away to a new owner, (2) sold or given away to a welfare organisation or (3) destroyed humanely .
3 The law also authorises euthanasia before the expiry of the seven days where necessary “to avoid suffering”.

法律、犬法(Dogs Act1906年)環境保護法(Environmental Protection Act1990年)に基づき、野良犬は殺処分前に、警察や地方自治体による捕獲の後7日間、保護されなければならないと定められています。
もともと法律では、野良犬の対処する責任は警察が管轄でした。
現在では地方自治体が行なっています。
法律で野良犬は、7日間は殺処分されずに保護されなければなりません。
7日後に犬の飼い主が返還を求めてこなかった場合は、犬は(1)売却または新しい所有者に譲渡し、(2)売却や福祉団体(民間のレスキューシェルター)に引き渡されます。または(3)人道的に殺処分されることがあります。
法律はまた、必要な「苦しみを回避するためならば」7日以内であっても犬を安楽死することを許可しています。



 民間のアニマルシェルターに移譲された後の犬猫は、高位推計で、殺処分率が約半数です。人口比では、イギリスは民間シェルターだけでも、日本の公的殺処分数の2倍もの犬猫を殺処分していることになります。
 アニマルシェルターの中でも別格とも言える、大変権威ある、王立愛護団体のRSPCAも例外ではなく、単に収容スペース不足という理由だけで、約半数の犬猫を殺処分していました。さらに殺処分は、家畜屠殺用拳銃が多用されました。なお犬などの殺処分で家畜屠殺用拳銃が用いられるのは、イギリスでは一般的です。ドイツのように、食用目的の屠殺などの例外を除いて、温血動物の殺処分は麻酔下で行わなければならないという、法的規制がないからです。

 前述RSPCAが、犬などの殺処分で、家畜屠殺用拳銃が一般に用いられる根拠をあげましょう。日本語でのRSPCAを紹介するサイトがあります。http://www.knots.or.jp/info/overseas/rspca/rspca.htm。日本人が、RSPCAのインスペクターの研修を受けた体験記が記述されています。
 なお、「イギリスのアニマルポリス」として紹介し、RSPCAのインスペクターを警察官と誤解するような情報がありますが、RSPCAのインスペクターは民間人です。イギリスに、動物犯罪を専門に扱う、独立した警察機関はありません。


RSPCAが認めている安楽死方法は、中型動物については銃を使用することがある、大動物については銃である。
RSPCAでは保護した猫についてFIVが陽性であったものは全て安楽死の措置を取っているとのことであった。
インスペクタートレーニングコースでは、安楽死及びと殺を行う実施研修があり、全ての生徒たちが自ら手を下し動物の命を絶つことを経験する
安楽死については非常に大きなテーマであり、インスペクターになるためにはここを避けては通れない。
犬猫については、時には銃という方法になるようである。
動物福祉を進めるにあたっては安楽死方法の見直しは外せない。



 さらに、ワールドプレス(wordpress)の、2014年9月1日のインターネット版記事でも、RSPCAが収容動物を家畜屠殺用拳銃のみならず、通常の拳銃により、多くの収容動物の殺処分を行っていたことを報じています。RSPCA Killing Healthy/Treatable Pets with Bolt Guns and Bulletsより引用します。本記事によれば、2011年には、RSPCAが5万3,000もの健康で治療可能な収容動物を殺処分していたことが明らかになりました。


RSPCA Killing Healthy/Treatable Pets with Bolt Guns and Bullets.
The Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals in the UK reportedly killed 53,000 animals in 2011, many of them healthy or treatable.
The RSPCA’s 44% kill rate can not be blamed on an open admission status.
The RSPCA, which routinely kills animals with a bolt gun, also shoots healthy/treatable pets to death as a form of “euthanasia” according to a whistleblower who worked for the organization for 2 years.

家畜屠殺用拳銃や実弾(通常の拳銃)で、健康で治療可能なペットを殺し続けているRSPCA。
イギリスの、動物虐待防止のための王立協会(RSPCA)は、2011年の報告によると、健康もしくは治療可能な5万3千もの多くの動物を殺しました。
RSPCAの44%もの殺処分率は、広く動物を引き受け収容していたことを理由にすることはできません。
日常的に、家畜屠殺用拳銃で動物を殺しているRSPCAはまた、2年間、組織の中で働いいていた者の内部告発によれば、健康で治療可能なペットを、「安楽死」の一類型として銃による射殺を行っています。



 以上のようにイギリスのアニマルシェルターでは、極めて多数の犬猫を拳銃などで殺処分をしています。さらにイギリスでは、アニマルシェルターに収容された犬猫のみならず、レースドッグなどの使役犬の殺処分も多く、殺処分には多くが家畜屠殺用拳銃(通常の銃も)が用いられています。
 イギリスでは、ドイツのように食肉用屠殺などの例外を除いて、温血動物を殺すときは麻酔を用いることを法律で義務付けていないからです。しかし銃による殺処分は、全米獣医学会や日本の環境省も、安楽死とは認めていません。

 福島みずほ氏の、「イギリスやドイツなどが、殺処分ゼロを目指しているか実現しています」とし、日本は残酷な方法で、かつ犬猫殺処分数が多いため、イギリスなどに比べて動物愛護に劣っている」との指摘は誤りもしくは嘘です。
 イギリスでは、度々、犬などを家畜屠殺用拳銃(通常の銃も含む)で殺処分することを禁止する法制化運動が行われてきましたが、イギリスでは法改正の動きはないようです。次回は、イギリスでの、レースドッグの殺処分で拳銃を用いることを禁止する法制化運動について紹介します(続く)。


(動画)

 家畜屠殺用拳銃による家畜の屠殺。家畜の屠殺の場合は、食肉の安全性のために薬殺(安楽死)は行えないという事情はありますが、家畜で許される殺害方法が犬猫に限り、残虐で動物愛護に反するという理屈も矛盾します。
 イギリスでは犬猫などのペットの殺処分で拳銃を用いることを法律で禁止することを求める運動が続けられています。しかし今のところ、イギリスではペットの銃による殺処分を禁じる法改正の動きはありません。rspca bolt gun video.wmv 「RSPCAは家畜屠殺用拳銃で犬を殺処分する」。2009年12月1日。
 たまたまウェールズで10頭のジャーマンシェパードが拳銃で殺処分されたことが発覚しただけです。まさに氷山の一角。RSPCAは、年間数千頭の犬猫を同様の方法で殺処分しています。



A video showing use of captive bolt gun and pithing to slaughter livestock, the same method used by the R.S.P.C.A. to 'euthanise' ten German Shepherd dogs rescued by them in Wales.

このビデオは、家畜屠殺用拳銃を使用して、家畜を屠殺している様子を示しています。
R.S.P.C.A.(イギリスで最も権威ある動物愛護団体)は、この拳銃を使用するのと同じ方法(射殺)で、ウェールズで10頭のジャーマンシェパードを「安楽死」という名目で救済しました。



(追記)

・RSPCAとは

英国動物虐待防止協会

・RSPCAのインスペクターとは。

日本では、「イギリスのアニマルポリス」と警察官と誤認されるようなを紹介されています。
しかしRSPCAは民間団体であり、その専従従業員であるインスペクターももちろん民間人です。
したがって、直接の捜査逮捕権限はありません。
■ 動物ジャーナル79 2012 秋   先進国って何? (四) 英国篇 その四 青島 啓子
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

バカすぎてドキドキする日記ですね。

先進国じゃなくインドみたいな宗教観が現実を駆逐しちゃってる地域を除いたら、人より動物を優先するなどありえません。
どっかの宗教の楽園みたく飢える事も病気になる事もない地域がありゃ別でしょうけど現状の人間にゃそんな余裕はありませんし、どこの社会も動物がどうのというより優先して解決しなければならない人間の問題を抱えています。

いっつも思うのですが動物愛誤の連中はなんで人間の問題を置き去りにして動物の事しか見えないのですかね?
二言目には地球は人間だけのものじゃないとか人間なんて害になるだけとか人類を憎んでいる様な発言ばかりします。
そんなに人間でいるのが嫌ならさっさと自殺してくれりゃいいのにと思います。

そもそも食肉用の牛だの豚だの鶏だのに生命倫理を持ち込む方がどうかしてますよ、そんなもん飼育して屠殺してる農家さんがとっくに超越した問題ですし自分で屠殺もしないで肉だけ食ってる奴等が偉そうに言うことじゃありません。

だいたい肉だってダラダラ殺してたら質が悪くなって売れなくなるんだし直接収入に影響する畜産農家さんが真っ先に考えてる事ですから横から口出してどうすんだよとしか思いませんね。

なんで動物の愛誤をうたう輩ってバカしかいないんですかね?

Re: バカすぎてドキドキする日記ですね。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

福島みずほ氏のブログがバカすぎてドキドキするのは同感です。


> 先進国じゃなくインドみたいな宗教観が現実を駆逐しちゃってる地域を除いたら、人より動物を優先するなどありえません。

西側先進国の価値観からすればそれらの諸国では、日本の愛誤が主張している「ドイツ、イギリスでは犬猫は殺処分ゼロ、犬の権利が認められている」なんてありえません。
愛誤の価値観では、「犬猫に限りひたすら殺さない。犬猫に限り人並みの権利を有する」のが理想なんでしょうが。
実現できる最高峰が「理想」、それを超えるものは「空想」、空想と現実の区別がつかなくなり、空想を現実世界に持ち出してくるものを「妄想」。
妄想が常態化している人を狂人といいます。
愛誤は狂人。


> 地球は人間だけのものじゃないとか人間なんて害になるだけとか人類を憎んでいる様な発言ばかりします。
> そんなに人間でいるのが嫌ならさっさと自殺してくれりゃいいのにと思います。

「先ず隗より始めよ」と言いますね。
言い出した人が、率先して自殺すればいいのです。


> 食肉用の牛だの豚だの鶏だのに生命倫理を持ち込む方がどうかしてます。

福島みずほ氏のブログでは、家畜については全く言及していませんが?
ひたすらお犬様お猫様の愛玩動物に特化した愛誤論しかぶっていません。

私は過去にもしばしば書いていますが、使役食肉や工業原料にする家畜の扱いについては、経済性などのためならばどのような残酷な扱いをしても良いとは思っていません。
人の便益のために命を奪わざるを得ないとしても、生きているあいだは飼育環境はある程度の配慮をし、屠殺でもできるだけ苦痛を軽減した方法でしていただきたいと思います。
Animal welfareを、「動物福祉」ではなく「家畜福祉」と訳すことが多いのは、日本では動物福祉、動物愛護といえば、犬猫に限ることと誤解する人が多いからです。
犬猫などの一部の愛玩動物をただひたすら殺さないことが、動物愛護に適うとは思いません。
私は、動物愛護は、広く使役動物、野生動物も含めた、動物の命の尊厳に配慮すること(生命倫理)だと思っています。
私は、そのような意味での動物愛護は否定しません。
人が動物の命を奪うのはやむを得ませんが、ある程度の生命倫理は必要だと思います。
そして愛玩動物のみならず、使役動物、野生動物などすべての動物を包含した、コモンセンスがあってこそ、正しい動物愛護だと思っています。

イギリスでは、犬猫の殺処分で、家畜屠殺用拳銃を用いることに対して反対運動が続けられていますが、愛玩動物に限り、それが残酷で動物愛護に反するというのもおかしな話です。
イギリスでは今のところ、飼い主が私的に銃を用いて、犬猫などの愛玩動物を殺処分することが合法で、それを禁じる法改正の動きはありません。
その点については、本記事から論点が外れますのでが。

いずれにしても、日本の愛誤が喧伝する、「欧米先進国、特にドイツ、イギリスでは、お犬様お猫様はひたすら殺さない。そして権利(゚o゚;;が認められた存在である」は大きな誤りです。
また、「犬猫のみひたすら殺さない、異常なほど偏重するのが動物愛護である」も、欧米のメジャーな、Animal welfare、ではありません。
福島みずほ氏の動物愛護(誤)の考え方は、典型的な日本の愛誤そのものです。

そういえば

euthanise は 英国式の綴りで正しいと思います(euthanize は米国式)。
それはともかく、
少し前九州で口蹄疫が発生した時に末期の際に牛豚に餌を遣った酪農家だけで私としては精神的にお腹一杯であると感じます。
畜産業者としては、太らせてもなんの利益にもならないし、
給餌するだけ損失の増すのみだったはず(餌も焼却処分したかもしれませんけど)。
動物への施しとしてこれ以上何を望めようか…目一杯と思います。
こういった日本の風土では、禍根は殺処分でなくて、
 飼育者(管理者)の無責任、無知、管理不徹底、
 公的機関の指導力不足、
 飼育者(管理者)を管理統制するための法制度の不備
などに存在するでしょう。

Re: そういえば

虫様、コメントありがとうございます。

> euthanise は 英国式の綴りで正しいと思います(euthanize は米国式)。

ありがとうございます。
私は米語ですので。
記事を訂正しておきます。


> 少し前九州で口蹄疫が発生した時に末期の際に牛豚に餌を遣った酪農家だけで私としては精神的にお腹一杯であると感じます。

同感です。
口蹄疫の時に、家畜を「家族同様」と言った畜産家を「殺して食べる動物に対して家族同様なんていうバカ」と畜産家を蔑んだ愛誤がいます。
しかし私は、最後まで殺処分が決まった家畜に給餌した畜産家の行為の方が、野良猫餌やり狂人よりよほど動物愛護を感じます。


> 動物への施しとしてこれ以上何を望めようか…目一杯と思います。

畜産家の心情を察するにあまりあります。
宮崎大学農学部では、口蹄疫の感染拡大の一因として、放し飼い猫野良猫も挙げています。
また、海外の学術研究では、鳥インフルエンザの感染原因として、野良猫放し飼い猫が確定しています。
口蹄疫の悲劇の再来などを少しでも防ぐために、愛玩動物は飼い主が責任もって管理飼育していただきたいと思います。
また感染症予防のためにも、行政は野良猫の温存や地域猫のリスクを再考した上で改めて評価していただきたいと思います。


> こういった日本の風土では、禍根は殺処分でなくて、
>  飼育者(管理者)の無責任、無知、管理不徹底、
>  公的機関の指導力不足、
>  飼育者(管理者)を管理統制するための法制度の不備
> などに存在するでしょう。

全く同感です。
日本での動物愛護が遅れているのは、殺処分ではなく(殺処分の「実数」は、日本は世界で最も少ない国であると思います)、管理飼育の不徹底です。
殺処分をなくす、日本の殺処分数が多い(これは嘘誤りですが)ことのみをことさら問題視するのは、本質から外れていると思います。

反日捏造議員福島みずほ

捏造記事連発で話題になっている朝日新聞と共に日本を貶める捏造をして国連まで巻き込んだ日本の敵だと思います。

私は左翼が日本を弱体化させる為に動物愛護を利用していると疑っています。

どうして次々と嘘が平気で吐けるのか、不思議でなりません。

Re: 反日捏造議員福島みずほ

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 捏造記事連発で話題になっている朝日新聞と共に日本を貶める捏造をして国連まで巻き込んだ日本の敵だと思います。

確かに朝日新聞の、最近相次いで明らかになった捏造報道はひどいです。
この朝日新聞の体質は、会社ぐるみなのでしょうね。
太田匡彦記者が、朝日新聞資本の「アエラ」で書いた記事では、すでにドイツで世界最大の犬猫も展示生体販売を行うペットショップが大盛況で連日TVニュースで報道されているのに、「ドイツではペットショップは皆無である」と言い切っています。
これも近々記事にします。
こんなこと、ネットで調べれば数分で分かることです。
それなのに、平気で大嘘記事をツラッと書ける神経には恐れ入ります。
嘘と知りつつ書いているのか、真実を確かめず憶測で書いたのかは知りませんが、一種の精神障害者か、プロ記者としての資質が全くないかでしょう。
これだけ、嘘捏造報道ばかり続けば、朝日新聞前者の体質として判断せざるを得ないです。

それと過去には、「ギリシャが殺処分ゼロ」とか、山形市の公園で、違法に野良猫に餌やりをしていたグループがおいた猫ハウスを市の公園管理者が撤去したのを、「愛されている地域猫を妨害された」と卒倒するような嘘報道をしていますし。


> 私は左翼が日本を弱体化させる為に動物愛護を利用していると疑っています。

左翼が動物愛護(誤)を利用しているというというより、反社会勢力が、左翼や動物愛護の看板を掲げているのです。
目的は反社会テロですが、本来の目的を隠すために掲げる看板は右翼、宗教、同和アイヌ解放差別撤廃、在日の人権擁護、ホームレスなどの社会弱者の救済など色々です。
反社会勢力などで、その時々で、掲げる看板を付け替えます。


>どうして次々と嘘が平気で吐けるのか、不思議でなりません。

そもそも反社会テロが本来の目的で、それを糊塗して多くの大衆の支持を得なければならないわけですから、嘘は必然です。
一見正義で一般大衆の支持を得やすい、例えば愛国、人権、平等や精神的救済などのオブラートで包んで、より多くの大衆を反社会テロに巻き込むのが目的です。
動物愛護も、一見正義で優しそう。
そして一般大衆が飛びつきやすく、危険な臭はしませんね。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR