続・「フィリピンのセブでは犬猫の殺処分はない」。確かに公的殺処分はないかもしれませんね(笑)





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

Edible slaughter of dogs in the Philippines.
Essbare Schlachtung von Hunden in den Philippinen.
Hundefleisch: Die verbotene Delikatesse

 前回記事、「フィリピンのセブでは犬猫の殺処分はない」。確かに公的殺処分はないかもしれませんね(笑)、では、フィリピンでは2007年に人の食用目的に犬を屠殺することが禁じられたにもかかわらず、今でも年間29万盗もの犬が食用目的で屠殺されていることを紹介しました。この事実を報じたのは、ドイツのマスメディアです。今回はこの記事に寄せられた、ドイツ人読者のコメントを紹介します。


 これが問題の記事です。私は、ドイツでの報道記事に対する一般読者さんのコメントを見て思うことは、有意義な議論となるコメントが多いということです。今回の記事に対しても同様です。
 Hundefleisch: Die verbotene Delikatesse 「犬肉:禁断の珍味」。2011年8月11日。コメントを以下に引用します。


Klaus
Heuchlerei
Ich warte auf den Tag, an dem eine Milliarde Inder gegen den deutschen Rindfleischkonsum protestieren - unterstützt von ein paar hundert Millionen Moslems, die gegen den deutschen Schweinefleischkonsum wettern.
Wer gegen den Konsum von Hundefleisch ist, sollte entweder Veganer sein, oder seine selbstgerechten Urteile ausschließlich in der eigenen Küche anwenden.

クラウス
偽善
私はドイツで牛肉を食べることに対して、10億人のインド人が抗議しードイツでの豚肉食用消費に対する怒りの声が、数億人のイスラム教徒に支持されることを日々待っています。
誰かが犬肉を食べることに反対すれば、その人は菜食主義者である必要があります。
もしくはその人の独善的な判断は、その人のキッチンの中でのみすればいいのです。


Georg Westerholz
Viele offene Fragen
Warum ist Hundefleisch auf der Verbotsliste.
Warum in Deutschland, warum erst seit kurzem auf den Phillipinen.
In der DDR gab es meines Wissens - wenn auch nur einige - Restaurants, in denen Hundefleisch angeboten wurde.
In der Schweiz, so meine ich, gibt es die heute noch.
Warum scheint es uns voellig normal, Rinder, Schweine, Gefluegel, Fische, ja sogar immer noch hier und dort Pferde "abzuschlachten", wie es so plakativ im Artikel im Artikel heisst?
Weil Hunde unsere Haustiere sind und uns so treu anschauen?
Das tun Rinder, Schweine auch.

ゲオルク·ヴェスターホルツ
多くの未解決の問題
なぜ犬肉は、禁止リストに乗っているのですか。
なぜドイツで、なぜ、ごく最近のフィリピンで。
東ドイツでは、私の知る限りーごく少数ではありますがー犬の肉を提供するレストランが存在していました。
スイスでは 今日でも、犬肉を提供するレストランがあることを私は知っています。
なぜそれ(犬肉の食用屠殺を禁じること。犬の食用屠殺を非難すること)が完全に正常と思われるのですか。
では、牛、豚、鶏肉、魚、さらには「馬の虐殺」という単語は、記事の中ではそれほどインパクトを与えるでしょうか?
犬は私たちのペットであり、私たちにとって、とても忠実に見えるから?
牛、豚も(犬と)同様です。



 私が、今回の記事を書く発端となったのは、日本人のブログ、トルコ 猫にとって住みやすい国 です。こちらの管理人さんは、「特定のペット(犬、猫)」ただひたすら殺さないこと」が、動物愛護に適うとお考えのようです。しかし特定の動物種を殺さないことだけが、動物愛護なのかどうか、これらのコメントは課題を投げかけてくれています。
 「犬猫だけを優越し、ひたすら殺さないノーキル至上主義者」は、目標は単純明快です。ある意味では、悩みがなく幸せな人たちかもしれません。私は、動物愛護活動ほど、コモンセンスが求められる分野はないと思います。人社会と動物との関係のありかた、愛誤とある面では対峙する管理との兼ね合いなど。絶対解がないからです。

 愛誤さんが理想としている国家は、ドイツなど欧米先進国ではなくインドが近いかもしれません。インドは、人が占有していない(牛が有名ですが、飼い主のない無管理状態の野犬なども含まれます)特定の動物種の殺害を法律で禁じている、国際的にも例外的な国です。そのためにインドでの狂犬病感染死者数は、高位推計で年3万人以上と、全世界の感染死者数の半数以上です。また野犬が人を遅い殺すことも頻繁に置きます。
 インドでは、法律で禁じられているにもかかわらず、狂犬病や犬の襲撃の恐怖により、多くの犬が殺害されています。現実には、「ノーキル」の法律が機能していない状態です。機会があれば、インドの状況も紹介します。


(画像)

 ドイツ、ベルリンの日本料理店「はな毛」。この店のオーナーは日本人なのかそうではないのか、「はな毛」の意味がわかっていて店の名前にしたのか気になります。

はな毛
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうでしょうね…

>愛誤さんが理想としている国家は、ドイツなど欧米先進国ではなくインドが近いかもしれません。
私もそう考えています。しかしあれは宗教、文化的な背景に根ざしたものであり、他国では到底受け入れられないでしょうね(受け入れられたらむしろ…正直言って怖いですよ。)

それにしても本当に有意義なコメントが多いですね。道徳の教科化の話題に対してむしろディベートや法律を教えた方がいいと仰っていた方がいましたが、私はその通りだと思います。きちんと考え、議論ができることは重要です。

ついでに
http://matome.naver.jp/odai/2139565204563184601

http://matome.naver.jp/odai/2140091460831026601
愛誤の捏造ツイートが発覚したようです。

それと、言い忘れてしまっていたのですが、twitterでのフォローありがとうございました。

ところで…はな毛ですかw服のデザインでは適当な漢字を持ってくることも多いようですが…(アルファベット表記も然りw)どうなんでしょうねw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: そうでしょうね…

kai様、コメントあrがとうございます。

> >愛誤さんが理想としている国家は、ドイツなど欧米先進国ではなくインドが近いかもしれません。
> 私もそう考えています。しかしあれは宗教、文化的な背景に根ざしたものであり、他国では到底受け入れられないでしょうね。

インドの狂犬病による死者数は、資料によって1万5千~3万3千もの幅があります。
倍以上です。
経済成長が著しく、国際的なプレゼンスが増してきたインドですが、実態はこれが物語っていると思います。
行為推計で、狂犬病による死者を年間3万人とすれば、人口比で同じ狂犬病による死者数は、日本では3千人近くです。
ありえないでしょう。


> 有意義なコメントが多いですね。ディベートや法律を教えた方がいいと仰っていた方がいました。

アメリカでは、大学やハイスクールでの正規のカリキュラムに入っていたと記憶しています。
日本人が弱いところが、「理論的に考え、議論できる」能力です。
日本のマスメディアでも、何らかの事件に対して読者のコメントを募る記事がありますが、同様の記事では、アメリカ、ドイツ、イギリスの方が、実のある議論が出来ていると感じます。


> http://matome.naver.jp/odai/2139565204563184601
> http://matome.naver.jp/odai/2140091460831026601
> 愛誤の捏造ツイートが発覚したようです。

驚きませんね。
それよりひどい愛誤の嘘捏造を、私は過去に多く取り上げています。
愛誤という人種は、嘘を嘘でこり固めたような人たちです。


> twitterでのフォローありがとうございました。

ツイッターの方は、ほとんど参加していません。
フォロワーの方には申し訳なく思っています。


> はな毛ですかw服のデザインでは適当な漢字を持ってくることも多いようですが…(アルファベット表記も然りw)どうなんでしょうねw

Tシャツにプリントされた英文(?)は、むちゃくちゃで全く意味が通じないものが多いですね。
特に中国製ですが、日本製のものも少なからずあります。
それと商品名も「あちゃー」と思うものが多々あります。
例えば、ベビー用トイレタリー製品のシリーズで、Skin a babyというものがあります。
どう解釈しても「赤ちゃんの皮を剥げ」という意味になります。
ネイティヴアメリカンも指摘していました。
私は、20年以上前にメーカーに意見しましたが、その後もこのネーミングを使い続けています。

はな毛ってwww

これで経営者が日本人だったらある意味凄い事です。

日本人でないとすると文化や言語が違うとそういう誤解が生まれるという事例だと思います。

モスリムは豚を忌み嫌う事で有名ですが、犬も忌み嫌う動物のはずです。

同じ忌み嫌うのでも犬は人を襲う事もあれば狂犬病のリスクもあり、恐ろしい動物だと感じるようです。

これはマレーシアで聞いたので他の国では違うかもしれません。

バリは野良犬が沢山うろついていますが、そういう所は野良猫をあまり見ないですね。

バンコクも犬が多いので猫はあんまり見かけません。

香港は鶏屋の籠の端の方に囲われた中の見えない籠があって
ニャーニャーと聞こえてきました。
食べるのかも知れません。
でも謎です。

アジア紀行終わりです。(笑)。

まぁインドは強姦の加害者と被害者を裁判所が結婚させる国ですしね。

他国の文化を悪くいいたくはないですがインドは裁判所が強姦の被害者に加害者と結婚しろというようなお国柄です、結局その被害者は自殺したそうで現在インドでも大問題になってます。

そういうお国柄で年間数万人も狂犬病で人が亡くなったところでさして気にもならんのでしょうが・・・・日本が同じ様な状況になるのは冗談でもかんべんしてもらいたい話ですね。

あとはな毛ですがマークを見ると花華とかソッチ系の意味なんでは?

Re: はな毛ってwww

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 日本人でないとすると文化や言語が違うとそういう誤解が生まれるという事例だと思います。

そうです。
ですから伝聞で、ドイツなどの動物愛護の状況をわかったようにブログで書いてしまう愛誤さんの神経には呆れます。


> モスリムは豚を忌み嫌う事で有名ですが、犬も忌み嫌う動物のはずです。

触れるだけでも不浄とされます。
ところで内戦の続くシリアでは、食糧難により緊急的に犬猫を食用として良いとのファトワ(イスラム聖職者の御布令)が出されたようです。
そのように犬を嫌うムスリムですが、ドイツでは人口の2割近くがムスリムなんですよね。

ところで、「飼い主のいない犬猫などは、すべてティアハイムが引き取り終生飼育する」ですが、ドイツは日本と異なり、地続きで他国と国境を接しています。
東隣のポーランドやチェコは、狂犬病の多発地帯です。
そのような国から、野犬は自由に国境を越えてドイツに入っています。
そのような犬まで、すべて保護して終生飼育するのですかね。
ドイツ統合以前からポーランドとドイツとの国境は、粗末な鉄条網か、全く遮蔽物がないところも多いです。
仮にいくらドイツ国内で犬猫の繁殖制限が成功していても(これは嘘ですが)、外国からいくらでも野良犬猫が流入してくれば意味がないでしょう。
このような妄想は、外国と陸で接していない日本では信じる人もいるかもしれませんが、現在のEU(国境検問所すらない。人もクルマも往来自由)の事情を知る人のとっては、狂人の戯言です。


> バリは野良犬が沢山うろついていますが、そういう所は野良猫をあまり見ないですね。
> バンコクも犬が多いので猫はあんまり見かけません。

犬が猫を餌として襲うのかもしれません。


> 香港は鶏屋の籠の端の方に囲われた中の見えない籠があって
> ニャーニャーと聞こえてきました。
> 食べるのかも知れません。

香港は、英国当地の影響があって、法律上は犬猫の食用屠殺は禁止されています。
しかし自家用屠殺は自由にしているようですし、犬猫肉料理屋もあるみたいです。

Re: まぁインドは強姦の加害者と被害者を裁判所が結婚させる国ですしね。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> インドは裁判所が強姦の被害者に加害者と結婚しろというようなお国柄です。

裁判所がねー。
それよりインドは農村地域などは司法が及ばず、村の長老の采配で私刑が事実上容認されているような国です。
他集落への報復的な集団強姦を長老が指示したという実例も、最近ニュースでありました。
今でも、未亡人のあと追い自殺を強要するなどあるようです。
人を殺したベンガルトラの駆除もできないとか。
どこかで「動物愛護は人権軽視につながる。動物愛誤は人命軽視につながる」とありました。
それがまさにインドです。


> そういうお国柄で年間数万人も狂犬病で人が亡くなったところでさして気にもならんのでしょうが・・・・日本が同じ様な状況になるのは冗談でもかんべんしてもらいたい話ですね。

人口比で言えば、日本で3000人も狂犬病で死んでいるということです。
それが愛誤さんが言う、ガンジーの「動物の扱いによって~その国の偉大さがわかる」の実態です。
ガンジーは偉大な方かもしれませんが、活躍したのが100年も前です。
当時のインドは、牛の糞が貧困層の燃料であり、有益物だったのです。
クルマもほとんどなかったですから、牛による交通障害も事故もまずありませんでした。
今では牛糞は衛生上大変な問題です。
また牛による交通渋滞や事故、ビニールゴミを食べることにより死んだ牛が問題になっています。
野良猫をとことん殺さず無管理であれば、狂犬病が一度発生すれば、日本でも千人単位で死者が出るかもしれません。
また猫糞や死体による衛生被害は甚大でしょう。


> あとはな毛ですがマークを見ると花華とかソッチ系の意味なんでは?

多分そうだと思います。
花餉とか、花宴とかですね。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR