仔猫の殺し方。「壁に投げつける」「溺死させる」「生きたまま動物の飼料に加工する」・・・・・・・・・・ドイツの場合





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Tierheim-Rottach-Egern Reiz.
”Liebe Katzenbesitzer,auch in diesem Frühling werden wieder Tausende von Katzenbabies geboren. Und so werden leider immer noch tausende von kleinen Kätzchen – zum Teil sehr grausam - getötet. möchten wir ein Ende setzen. Glücklicherweise gibt es aber auch immer mehr Katzenbesitzer, die einsichtig sind und ihre Katzen mittlerweile kastrieren lassen."
Japanische denke schon, "Katze in Deutschland hat die meisten kastriert. Katzen getötet Also Null ist".
Es ist ein Missverständnis.
Das Problem ist, unsachgemäße Zucht von Katzen, auch in Deutschland.


 ドイツでは、日本と同じく余剰な仔猫が生まれます。そのために、残酷な方法で毎年大量に殺されています。ドイツのあるティアハイムでは、余剰な仔猫が生まれるのを防ぐために、猫の飼い主に不妊去勢を行うことを訴えています。日本で喧伝されている「ティアハイムはすべての余剰ペットを引き取り終生飼育する」は大嘘です。ドイツのティアハイムは、雑種の猫、特に元野良はまず引き取りません。ティアハイムは原則として、再譲渡の見込みがある動物しか引き取らないからです。ドイツでも元野良の雑種猫は、貰い手が絶対的に不足しています。


 ドイツのバイエルン州にあるティアハイム ロタッハ・エガーンは、ドイツ国内で毎年莫大な数の仔猫が生まれて、残酷な方法で殺されていることを憂慮しています。それを防止するために、猫の飼い主に飼い猫の不妊去勢を呼びかけています。しかしドイツでは、案外猫の飼育はいい加減で徹底できていないのが実情です。
 ティアハイム ロタッハ・エガーンのHPから引用します。Aktion gegen das Töten tausender Babykatzen mitten in Deutschland!「ドイツ国内での、何千もの仔猫の殺害に対して訴えます」。


Liebe Katzenbesitzer,auch in diesem Frühling werden wieder Tausende von Katzenbabies geboren.
Es versteht sich von selbst, dass nicht alle Katzen verschenkt oder verkauft werden können und ein neues, gutes Zuhause bekommen können.
Und so werden leider immer noch tausende von kleinen Kätzchen – zum Teil sehr grausam -
getötet.
das schlimmste, die meisten glauben auch noch, dass das Töten von unerwünschten Katzenkindern das normalste auf der Welt sei!
Manche sagen sogar, es wäre normal, das kleine Kätzchen an die Wand geworfen, ertränkt, lebendig in Futtersilos entsorgt oder in einer Plastiktüte an den Auspuff eines Fahrzeugs gehängt werden, um dann elendig vergast zu werdenEs handelt sich um hilflose Lebewesen, die aus Kostengründen auf brutalste Art und Weise unbemerkt getötet und entsogt(entsorgtが正しいと思われる) werden .
Mit dieser Aktion möchten wir "alle" Katzenbesitzer dazu bewegen, ihre Katzen kastrieren zu lassen und unverzüglich das Töten von jungen und neugeborenen Katzen einzustellen!

親愛なる猫の飼い主様へ。
毎年春には、(ドイツでは)数千もの仔猫が生まれます。
それらの猫の全てを(ティアハイムが)新しい飼い主に販売(有償譲渡)し、仔猫たちの全てが、新しい良い家庭を得ることができないことを理解していただけるでしょう。
それゆえに残念ながら、まだ幼い数千の仔猫は、ー 時には非常に残酷に、ー 殺されるのです。
最悪なことに不要な仔猫の殺害は、世間では、ごく当たり前だとほとんどの人が信じていることです!
一部では、それはごく普通のことだと言われています。
仔猫を壁に投げつけて殺す、溺死させる、生きたまま動物の飼料加工設備で処分する、または仔猫をビニール袋に入れて自動車の排気口に取り付けて無残にガス処刑すること(これは日本では聞かない方法ですね!)。
仔猫はコスト上の理由から、本当に残忍な方法の殺害が見過ごされ処分されてきた、無力な生きものです。
この運動で私たちは、「すべての」猫の飼い主を変えたいのです、 彼らが彼らの飼猫を去勢し、すぐにでも若い猫や生まれたばかりの仔猫の殺害を止めることを!



 これらの記述により、ドイツは案外猫の飼育はいい加減で、飼い猫でも不妊去勢率は、それほどではないということがお分かりいただけると思います。また、ティアハイムは営利組織で、原則有償譲渡(販売=verkauft。コンビニで弁当を売るのと同じです。「販売、売却」としか訳せません) 出来る可能性がある動物しか引き取りません。雑種猫、ましてや野良猫はまず引き取りません。
 日本で流布されている「ティアハイムはすべての余剰動物を引き取る」「終生飼育する」「殺処分は行わない」はすべて大嘘です。誤った知識を元に、日本の動物愛護行政などに要求を突きつけるのは、もはやテロ行為です。

 長野県で起きた、猫を水没させようとした事件での、被告発者の厳罰を求める署名嘆願サイト、川に猫を沈め殺した犯人に厳罰を!Urging a severe punishment of a man who killed a cat by drowningにも、このような署名人のコメントがあります。


宮口健市
日本の動物も、ドイツのTierheimのような施設があると良い。

佐々木章子
動物の扱いでその国の品性がわかるものです。



 上記の佐々木章子さんのコメントはどう言う意味ですか?私はドイツの文化を高く評価しています。特に法制度は、近代日本の黎明期は、ワイマール法に倣い整備されました。ドイツの法制度は日本より、合理的で客観性があります。日本の動物愛護管理法のように、一部の動物愛誤家が、限なく拡大歪曲解釈する余地はありません。
 事実に基づく抗議行動や世論に訴える活動は、それなりに意義はあると思います。しかし本サイトのように、多くの署名人が嘘、誤りのコメントを書き連ねています。嘘誤りを根拠とする抗議活動、世論に訴える行為は、ネットを悪用したテロです。まさに、この署名嘆願サイトは、ネットテロです。
 上記のコメンントは、「日本にドイツのようなティアハイムがあれば、野良猫は全て引き取られ、殺されることが無い」という趣旨でしょう。私は、余剰ペットを全て引き取り、終生飼育している国はドイツのみならず、皆無であると断言します。


(蛇足)

 ティアハイム ロタッハ・エガーンがある、ドイツバイエルン州テーゲルンゼー地方とは、このようなところです。テーゲルンゼー 旅行ガイド
 ドイツアルプスの山麓に位置し、高級リゾート地です。日本で例えれば、諏訪湖畔の高級別荘地やホテルがあるエリアと言ったところです。したがって治安がよく、物価も高いところです。それでも猫の殺害や遺棄に悩んでいるのですね。旧東ドイツのザクセンの、もとゲットーがあったような低所得者層が多く住むエリアは、推して知るべしといったところです。日本人はほとんど行かないところです。私も行ったことはありませんが。風光明媚で、レストランもよいところがあるようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

動物を生かすには資本が必要です

牛や豚や鳥なら屠殺して肉を売る事で資本の回収ができます、血統書などのついた犬猫も売り物になるものは資本回収が可能でしょう。

それでは街中にいる雑種の野良猫はどうでしょうか?
街中に普通にいるうえに保健所でも費用をかけて処分しているくらい供給があるので需要があれば街中になど存在しませんね。

社会は需要と供給の関係で成り立っているので供給過多になればどんどん値崩れをおこして価値があるものでもゴミ同然に扱われるようになります、昔人気のあったものが捨て値でディスカウントショップに並んでいるのは誰しもが見た事があると思います。
それを行なっているのが野良猫愛誤のバカ共で、地域猫などという上っ面だけ取り繕った事実上の青空飼育のエサやりで無責任に繁殖させて供給過多にさせた挙句に一部だけ虚勢し事実上の販売行為をし、残りは路上で車に轢かせたり次の野良猫を産ませる母体にしたりしている訳です。

そんな状況なので地域猫で猫が減るわけもないし実質的な繁殖を促している連中が責任を負う気もない言い訳の地域猫なので責任を負う気もない。
そういう猫を税金でエサをあたえようという試みが日本のティアハイムという事でしょう、税金で無責任にペットを飼いたいと一部のバカが我侭を押し通したいだけの話です。

何の利益も出さない一部のバカが勝手に増やし続けている野良猫のエサ代や飼育施設の運営費用なんて税金で負担できる訳ないのが理解できないのが悲しいですね。

大田区の猫29匹毒殺事件

やはり調べた通り、餌やりトラブルや不完全な地域猫問題があったみたいです。
http://www.asahi.com/sp/articles/ASG8T7R2NG8TUTIL03N.html
それに加えて、飼い主の引越しによる大量の猫置き去りも、餌やりトラブルに拍車を掛けたみたいです。
毒殺という手法からも、どう考えても精神異常者の犯行ではなく、駆除目的でしょう。
あくまで推測ですが、いきなりやった訳ではなく、事前に餌やりへのクレーム、自治体への相談等はあったと思います。
愛護が一般市民の被害を軽視し、餌やりをし続ける限り、こういう事件は無くならないでしょうね。

Re: 動物を生かすには資本が必要です

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうごうざいます。

> 街中にいる雑種の野良猫はどうでしょうか?
> 街中に普通にいるうえに保健所でも費用をかけて処分しているくらい供給があるので需要があれば街中になど存在しませんね。

日本でのティアハイムの紹介のされ方は、事実とあまりにも異なります。
ティアハイムは、不要ペットの転売益で成り立っている営利団体です。
ですから転売益が見込めないものは引き取りしませんし、売れ残りは殺処分します。
勿論純粋な寄付もありますが、収益の多くは不要ペットの引取りの際の手数料(それも寄付と称している)と、譲渡(販売)収入です。
ケチで合理的なドイツ人が、「犬ちゃん猫ちゃんかわいそう」と言うだけで、莫大な寄付が集まりますか。
それと限なく、捨てられたり不要に繁殖した犬猫を引き取って終生飼育などすればドイツ全土の土地をすべてティアハイムにしても足りなくなります。
それぐらいの想像力も愛誤さんはないのでしょう。
おとぎ話の世界ではなのですからね。


> 社会は需要と供給の関係で成り立っているので供給過多になればどんどん値崩れをおこして価値があるものでもゴミ同然に扱われるようになります。

ですから、無価値の雑種猫、ましてや元野良猫は、営利団体であるティアハイムはまず引き取りません。


> それを行なっているのが野良猫愛誤のバカ共で、

譲渡する際には、譲渡先の属性をやたらと厳しくチェックしたり、結構高額な値段をつけて売っています。
反面、供給過剰に拍車をかけることをしているのだから、はっきり言って馬鹿でしょ。


> そういう猫を税金でエサをあたえようという試みが日本のティアハイムという事でしょう、税金で無責任にペットを飼いたいと一部のバカが我侭を押し通したいだけの話です。

最近では流石に少なくなりましたけれど、かつては「日本も公費で引取り手のない犬猫を公費で飼育する、ドイツのティアハイムのような施設を作るべきだ」と主張していた愛誤が多いです。
ドイツのティアハイムは完全民営です。
補助金も、行政が押収した犬の一時委託などした時しか出ません。
朝日新聞の太田ナニガシという記者は、ドイツのティアハイムのよな施設(すべての余剰ペットを引き取り、終生飼育する)を公費で作れ」と論説で述べています。
まさか動物愛護のプロのジャーナリストでありながら、事実を知らないとは思えませんけれど。
その太田氏の論説を元に、「日本もドイツティアハイムのような施設を公費で作れ」というバカどもが湧いてきているわけだから、全くのテロの片棒担ぎです。

Re: 大田区の猫29匹毒殺事件

人間山脈様、コメントありがとうございます。

> 餌やりトラブルや不完全な地域猫問題があったみたいです。

こちらは朝日新聞の記事ですね。
ニュースはすぐに削除されますので、魚拓を貼って置きます。

猫29匹不審死 餌に有害物質、不安広がる 東京・大田
 東京都大田区の住宅地で、4月から今月にかけて猫の不審死が相次ぎ、住民が不安がっている。区の把握では計29匹。死体は口から泡を吹き、付近では餌に混ぜた有害物質が見つかった。不妊・去勢手術を施したうえで住民らが世話をする「地域猫」もいたが、野良猫への餌やりをめぐり住民間に不和もある。
 今月15日、大田区蒲田2丁目の一軒家の庭先に、白と灰色の模様の野良猫がうずくまっていた。住人の女性(77)が言う。
 「雨戸を開けて大きな音がしたのに、まったく動かないのでおかしいと思ったら、死んでいました」。よく見かける猫だった。
 数日後、近所でさらに2匹が死んでいるのが見つかった。以前から周りでは野良猫が多く、庭の通路に砂利を敷く女性宅も猫のふん害に悩まされていた。「でも生き物を殺すなんて信じられない。エスカレートするのではないかと思うと本当に怖い」
 猫の不審死が続いているのは蒲田2丁目と大森西6丁目の半径約400メートルの範囲内。京浜急行梅屋敷駅から続く商店街を挟んで家々が軒を連ねる。

このような事件で、警察に動物愛護管理法で過激に捜査するよう働きかけたり、マスメディアが報道するように持ち込んだりするのは、いわゆる愛誤さんです。
アメリカやドイツなどの海外でも同様だと思います。
警察は他の重要事件に人員を割きたいので、動物愛護管理法違反は積極的には取り上げたくはないでしょう。
ですから少し前は、愛誤の言い分だけがメディアで報じられました。
すなわち、「動物愛護管理法違反で厳しく捜査しろ。こんな小動物を殺すなんてけしからん。そのうち変質者の犯人は、人に危害を加える、ムキーッ!!!」です。
私は、かねてよりこのたぐいの事件での、マスメディアの中立を保つように訴えてきました。
その効果も少しは現れてきたかなと思います。
次に、産経新聞の報道をコピペします。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140818/crm14081820050011-n1.htm
猫の不審死相次ぐ 毒殺?動物愛護法違反で捜査 警視庁
2014.8.18 20:05
 東京都大田区で4月以降、猫の不審死が25件相次いでいたことが18日、警視庁や大田区保健所などへの取材で分かった。警視庁は猫が毒殺された可能性が高いとみて、動物愛護法違反容疑で捜査している。
 同保健所によると、4月~今月15日、同区大森西6丁目と隣接する蒲田2丁目の両地区で、民家の軒下などで猫計25匹が死んでいるのを住民らが発見。いずれも野良猫とみられ、外傷はなく、口から泡を吐いたり、よだれを垂らしたりしていた。警視庁は毒殺の可能性が高いとみて、うち2匹の吐いた物や胃の内容物を鑑定している。
 同保健所には「乾燥したキャットフードがあった」「錠剤が地面に置いてあった」などという情報が寄せられており、警視庁が関連を調べている。
 同保健所では動物愛護の観点から原則として野良猫の殺処分を行わず、民間の動物愛護団体による不妊治療を支援している。昨年末には大森西6丁目で、住民が置き去りにした野良猫約20匹の引取先をめぐってトラブルも起きている。

こちらでは、保健所の引取りがゼロであることも暗に批判しています。
かつての愛誤の主張が全面の報道とは、かなり改善しています。


> 毒殺という手法からも、どう考えても精神異常者の犯行ではなく、駆除目的でしょう。

即効性のある毒物のようですので、カーバメート系農薬ではないかと思います。
公の場で、毒劇物を放置することは犯罪です。
行為者が猫被害に耐え兼ねてこのような行為に及んだとすれば、このような現状を憂慮します。
保健所が所有者不明猫を引き取るのが正しいのです。


> 愛護が一般市民の被害を軽視し、餌やりをし続ける限り、こういう事件は無くならないでしょうね。

各自治体は、地域猫について、考え直していただきたい。
地域猫は、当初は自治会が賛同し、資金を拠出しても結局野良猫は減らず、さらに「餌やりは良いこと」という誤解を招きます。
その結果自治会の不妊去勢の資金拠出は打ち切られ、猫が増えますますひどい猫被害がまん延し、深刻な住民対立を生じさせています。
もう、地域猫というシステムは破綻、もしくは破綻寸前です。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR