ネコは、撲殺しても、槍で刺殺しても、水没殺しても違法ではないー4





Domestic/inländisch

 記事、
ネコは、撲殺しても、槍で刺殺しても、水没殺しても違法ではないー1
ネコは、撲殺しても、槍で刺殺しても、水没殺しても違法ではないー2
ネコは、撲殺しても、槍で刺殺しても、水没殺しても違法ではないー3、の続きです。ネコ(「イエネコ種」。学名Felis silvestris catus)に対する規定がある法律は、鳥獣保護狩猟適正化法と、動物愛護管理法があります。前者では、(ノ)ネコは狩猟鳥獣ですが、後者では飼い主がないものも、ねこは法律の保護の対象としています。両法律の規定は相反します。このような場合は、一般法に対して特別法が優越されます。つまり本件では、特別法である鳥獣保護狩猟適正化法が優越すると考えられます。



 まず一般法と特別法の定義から述べます。ウィキペディア一般法・特別法、から引用します。


一般法(いっぱんほう)とは、適用対象がより広い法のことを、特別法(とくべつほう)とは、適用対象がより特定されている法のことをいう。
両者の区別は相対的である。
一般法とはその分野に対して一般的に適用される法であり、特別法がない限りその法律は適用される。
特別法は一般法に優先する。一般法と特別法とで法が異なった規律を定めている場合、特別法の適用を受ける事象は一般法の規律が排除され、特別法の規律が適用される。



 一般法と特別法が相反する規定があるのは珍しいことではありません。例を挙げれば、建築業界でしばしば紛争の原因になった、建物建築に際しての、隣地との境界後退義務があります。
 民法234条では、「建物を築造するには、境界線から五十センチメートル以上の距離を保たなければならない」と規定しています。しかし建築基準法65条では、「防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる(つまり境界後退は必要ない)」としています。

 民法234条で定める境界からの50センチ後退をせずに鉄骨造の建物の新築に着手した隣人に対して、民法本条の規定を根拠に、その建物の収去を求める裁判を提起した人がいます。しかし最高裁判所は、建築基準法65条を根拠とし、原告の請求を棄却しました。最高裁判所判決  昭和58(オ)1413  建物収去等請求事件
 この判例についての解説では、法学上の原則=「特別法は一般法に優越する」を、最高裁が支持したとしています。

 さて、猫を殺害した場合ですが、・殺害した時期が猟期内であり、・狩猟可能区域内であり、・かつ法律に違反しない猟法と仮定します。この猫の殺害という行為ですが、鳥獣保護狩猟適正化法を援用すれば、全く合法的な行為です。しかし動物愛護管理法では、44条1項「みだりな愛護動物の殺傷」違反になる可能性があります。
 では、どちらの法律が優越するのでしょうか。前述したとおり、学説では、特別法である鳥獣保護狩猟適正化法が優越し、この場合の猫の殺害は合法であり、処罰できないということになります。

 前回記事、ネコは、撲殺しても、槍で刺殺しても、水没殺しても違法ではないー3、では、猫を殺傷した者を動物愛護管理法違反で起訴するのであれば、刑事訴訟法上、その猫が完全に動物愛護管理法上の愛護動物である「ねこ」であることの立証責任は、検察が負うことを書きました。
 その猫が、鳥獣保護狩猟適正化法上の狩猟鳥獣である「ノネコ」であれば(愛護動物である「ねこ」である証明ができなければ)、その者は無罪となるべきです。

 今回述べた、特別法である鳥獣保護狩猟適正化法が、一般法である動物愛護管理法に優越するという、法学上の原則からしても、殺傷された猫が明らかに動物愛護管理法上の「ねこ」でない限り(鳥獣保護狩猟適正化法上の狩猟鳥獣である「ノネコ」である可能性がわずかでもある限り)、猫を殺傷した者は無罪であるのが正しいのです。
 猫を殺傷して、動物愛護管理法で有罪になった事件はいくつかありますが、その多くは無罪、もしくは鳥獣保護狩猟適正化法違反(動物愛護管理法違反より最高刑が軽い)であった可能性があります。猫を殺傷した犯人側についた弁護人も動物愛護管理法や鳥獣保護狩猟適正化法に疎かったと思われます。

 猫の殺傷事件は、多くの場合、愛誤が「動物愛護管理法違反」と大騒ぎして起訴に至りました。愛誤の大騒ぎがなければ起訴以前に、起訴猶予程度で収まった事件も多いと思われます。起訴後も、適切な審議(既に述べた通り、その猫がノネコの可能性がなかったかなど)が行われたかは甚だ疑問です。
 日本は、野良猫愛誤の妄言が行政を左右する、狂気の愛誤国家です。司法まで愛誤の圧力が及び、適切な審議を阻害しているとなれば、日本は世界に冠たる狂気のお猫様国家、超愛誤先進国です。

 次回は、動物愛護先進国ドイツの猫駆除についてご紹介します。ドイツでは、連邦狩猟法(=Jagdgesetz)では、犬猫(飼い主のない、と思われる)は、狩猟対象で、その駆除はむしろハンターの責務とされています。ドイツでは、「連邦狩猟法(=Jagdgesetz)が動物保護法(Tierschutzgesetz)に優越する」と、動物保護法(Tierschutzgesetz)の条文に明記されています。また、「フリーローミング(自由に外を徘徊している)猫は、狩猟対象である」との判例が確立しています。さらには、動物保護法(Tierschutzgesetz)の保護対象は、現に人に飼育されている動物のみであり、人の管理外の飼育動物種や野生動物は本法の適用外です。
 日本は、動物愛護管理法では、特定の愛護動物は人に占有されていなくても保護の対象です。人に管理されていなければ、動物はいくらでも被害をもたらします。そのような動物まで保護の対象としている国は、先進国ではおそらく日本だけでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回のシリーズを読んで

わな猟免許を取得しようかと考えています。

http://www.choujuhigai-blog.com/archives/652

法的にクリアな状態で捕獲し駆除できるならそれに越したことはありません。

私は行政が真っ当に引取り業務を実施するとともに適正飼育の条例化で猫被害を減らしながら殺処分を減少に持っていくべきと思います。

話はそれますが泉佐野の犬税のニュースで断念した一つの理由は
きちんと登録している犬は実質飼育数の半分程度だったという
衝撃の内容です。

この報道から野良犬が無くなった原因は登録・鑑札制度によるものよりも狂犬病予防法の駆除規定が効果を発揮したと考えざるを得ません。
http://www.zeiri4.com/topics/63/

私は、適正飼育の効果がもっとあるかと考えていましたが
適正駆除の方が効果があるのですね。

あ、野良猫発見!よし。餌買いにコンビニいくべ!わらう

Re: 今回のシリーズを読んで

猫糞被害者@名古屋様

> わな猟免許を取得しようかと考えています。

わな免許は、比較的簡単に取れるようですし、むしろ推奨しています。
なぜかといえば、銃免許保持者が激減しており、将来有害鳥獣駆除の担い手が不足する懸念があるからです。


> 法的にクリアな状態で捕獲し駆除できるならそれに越したことはありません。

しかし、柵などで囲われた私有地内ではこわなで捕獲するのは免許がなくとも合法です。
私有地外、私有地内とも、猟期内でなければなりません(地域によって差がありますが、5ヶ月ほどです)。
野良猫被害者は、私有地外で猫を捕獲することはまずありませんので、それほどわな免許は必要かなとも思います。
また狩猟可能区域内という成約も受けます。
むしろ自治体によっては、特別外来生物法(アライグマなど)の捕獲ボランティアや被害を受けている事業者などに対して、特例としてはこわなの使用を認めています。
届けでか、一日講習で許可が得られます。
そのほうが実用的です。
通年合法的にはこ罠を使用できますし、誤捕獲すれば野生鳥獣は放さなければなりませんが、猫はこの場合野良猫として保健所に届ければいいのです。


> 私は行政が真っ当に引取り業務を実施するとともに適正飼育の条例化で猫被害を減らしながら殺処分を減少に持っていくべきと思います。

ベルギー、スイス、オーストリアは国の法律で猫の適正飼育化(室内飼い、不妊去勢、個体識別、登録、餌やりの例外ない禁止)を国の法律で定め、ドイツは昨年動物保護法で州に規定を設けよと条文が加えられました。
また、これらの国では、通年猫は狩猟駆除対象です(=殺処分)。


> きちんと登録している犬は実質飼育数の半分程度だったという
> 衝撃の内容です。

以前から、日本の畜犬登録は、6割程度との推計があります。


> この報道から野良犬が無くなった原因は登録・鑑札制度によるものよりも狂犬病予防法の駆除規定が効果を発揮したと考えざるを得ません。

犬の場合は、野犬の捕獲と殺処分が野犬が減る=殺処分が減った、大きな要因だと思います。
ただ猫の場合は、犬に比べて年数回出産するとか、餌やりが多いとか、捕獲が困難など、自然繁殖や不適正飼育による繁殖もあり、適正飼育化が犬より効果があると思います。
しかし不適正飼育に対するペナルティとして、行政が外で徘徊する猫を捕獲することや、市民が捕獲した所有者不明猫の引取りを厳格に行うことは両輪とも言え、必要です。

Re: タイトルなし

犬はうるさくてかなわない様、コメントありがとうございます。

> あ、野良猫発見!よし。餌買いにコンビニいくべ!わらう

餌やりさんですか、害獣駆除ボランティアさんですか。
後者でお願いします。

兎に角!!
言葉を使って気持ちを伝えられないもの、
抵抗が出来ないもの

それを良いことに自分の悪の心の犠牲にする人間は、人間ではない!!

人間は誰しもが心の奥に悪魔が潜んで居ます。

それを普通はモラルであったり、常識力でコントロールしている。

それが壊れると、悪魔に支配される
一度支配されると、それは無限に巨大化して行く!!

ナチス、日本のマルタ~ 他多数の信じられない残虐な行為

他人事ではない!!全ての人間の中にある!!自分の中にも存在していることを知るべきである!!

Re: タイトルなし

吉田けいこ様、わざわざ東京立川市からご来訪ありがとうございます。

> 言葉を使って気持ちを伝えられないもの、
> 抵抗が出来ないもの
> それを良いことに自分の悪の心の犠牲にする人間は、人間ではない!!

まったく仰るとおりです。
小笠原諸島や石垣島でまで、行政無認可の地域猫を強行している狂った団体があります。
これらの地域では、絶滅が危惧されるような在来生物が生息しています。
言葉も言えず、抵抗もできない希少な在来生物は、自己満足の動物愛護ごっこ=環境破壊の悪人の犠牲になり、種の絶滅という深刻な状況に瀕しています。


> 人間は誰しもが心の奥に悪魔が潜んで居ます。
> それを普通はモラルであったり、常識力でコントロールしている。

まさの野良猫の餌付け狂人は、その悪魔をコントロールできない狂人です。
在来生物のみならず、餌付けしている猫にまで虐待をしています。


> それが壊れると、悪魔に支配される
> 一度支配されると、それは無限に巨大化して行く!!

まさに狂気の野良猫愛誤活動はそれですね!


> ナチス、

先のメモは、愛誤の大嘘プロパガンダの手法について記事にしようと思ってメモしただけです。
日本の愛誤がドイツに学んだことは、ナチスドイツのゲッベルス広報大臣だけです。

"Eine Lüge muss nur oft genug wiederholt werden. Dann wird sie geglaubt."
「嘘だけは、何度も十分な頻度で繰り返されなければならないのです。そうすれば、大衆は嘘でもそれを信じるようになります」。

日本の愛誤がたれながしている情報の大嘘ぶりは、もう目を覆うばかり。
それを真実として誤認させるまで拡散させ、メディアまで利用した力には恐れ入ります。
しかしなぜそこまでして、大嘘プロパガンダまで用いて、動物虐待、環境破壊までしなければならないのか私は理解不能です。


> 他人事ではない!!全ての人間の中にある!!自分の中にも存在していることを知るべきである!!

愛誤の狂気を、他山の石として内省してみます。

Re2:今回のシリーズを読んで

さんかく様
ご教示ありがとうございます。

>特別外来生物法(アライグマなど)の捕獲ボランティアや被害を受けている事業者などに対して、特例としてはこわなの使用を認めています。 届けでか、一日講習で許可が得られます。

はい、シリーズを読むとそういうことですね。
それも並行しつつ狩猟免許を取ることでわな猟に対する造詣も深まる事が目的です。

今まで猫駆除で不当に告発され有罪判決を受けた事例は、告発を受けた側が関係各法に疎く防衛できなかった可能性を感じます。

より関係各法に詳しくなり、被害者の方々へ救いとなる情報を提供したいですね!

Re: Re2:今回のシリーズを読んで

猫糞被害者@名古屋様

> >特別外来生物法(アライグマなど)の捕獲ボランティアや被害を受けている事業者などに対して、特例としてはこわなの使用を認めています。 届けでか、一日講習で許可が得られます。
> それも並行しつつ狩猟免許を取ることでわな猟に対する造詣も深まる事が目的です。

例えば、こちら神戸阪神では、西宮市では特定外来生物の特例で、わな免許がなくてもはこわなの使用が許可されますが、神戸市ではアライグマなどの特定外来生物の駆除は免許がなければ一般市民はできません。
自治体により異なります。
半日の講習ですが、特定外来生物と在来生物の見分け方や、狩猟法のイロハなどごく簡単な内容です。


> 今まで猫駆除で不当に告発され有罪判決を受けた事例は、告発を受けた側が関係各法に疎く防衛できなかった可能性を感じます。

まず略式起訴ですが、検察の言い分が100%通ります。
弁護人がつかないので、例えば「鳥獣保護狩猟適正化法上のノネコだった」という反論はできなかったという面があります。
それとか猫ボラから詐取した猫を虐待死させた事件などでは、かなりの期間を人に飼われていた猫ということで動物愛護管理上の愛護動物である「ねこ」であることに反論するのが難しかった例もあるでしょう。


> より関係各法に詳しくなり、被害者の方々へ救いとなる情報を提供したいですね!

例えば長野県大町の事件などは、その猫が鳥獣保護狩猟適正化法の「ノネコだ」と主張すれば、検察はそれを否定する証明責任を負います。
動物愛護や狩猟などについては、弁護士も疎い人が多いと思います。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR