公の場で捕獲器を無免許で使用するのは鳥獣保護法狩猟適正化法違反です。地域猫活動家を刑事告発しましょう





Domestic/inländisch

 狩猟免許がないものが「1、地域猫活動でTNRを行うために、捕獲器を用いて公有地で所有者不明猫を捕獲すること」と、「2、柵などで囲われた私有地内で野良猫被害を防止するために捕獲器を設置し、捕獲した野良猫を保健所に届けるもしくは獣医師に安楽死を依頼する」を行った場合、どちらが違法でしょうか。答えは「1、」です。「2、」は猟期などを守れば合法です。


「1、地域猫活動でTNRを行うために、捕獲器を用いて公有地で所有者不明猫を捕獲すること」。
「2、柵などで囲われた私有地内で野良猫被害を防止するために捕獲器を設置し、捕獲した野良猫を保健所に届けるもしくは獣医師に安楽死を依頼すること」。
 以上のうち、どちらも狩猟免許をもたない者が行った場合、違法なのはどちらでその根拠は?回答は、違法なのは「1、」です。根拠は鳥獣保護法狩猟適正化法です。

 猫(イエネコ種 学名:Felis silvestris catus))は、動物愛護管理法で定める愛護動物以外に、鳥獣保護法狩猟適正化法・環境省令で定める「ノネコ」という面もあります。ノエコは、環境省令で定める狩猟鳥獣です。環境省 狩猟制度の概要
 ノネコは、飼い猫、野良猫とともに、分類学上は同一種です。ノネコ、飼い猫、野良猫を厳然と区別することは不可能です。したがってその猫をノネコと仮定すればそうなります。


 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行規則では、はこわな(捕獲器)の使用を、免許を受けた者のみ許可しています。
 一般に市販され、地域猫活動家らが使用しているはこわな(捕獲器)は、これに該当します。


(法第二条第二項の環境省令で定める銃器、網又はわな) 
第二条  法第二条第二項の環境省令で定める銃器、網又はわなは、それぞれ次に掲げるものとする。
三  わな くくりわな、はこわな、はこおとし及び囲いわな。
第五十三条  狩猟免許の種別 わな猟免許



 さらに鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律では、無免許ではこわな(捕獲器)使用したときの、刑事罰について定めています。


第三十九条  狩猟をしようとする者は、都道府県知事の免許(以下「狩猟免許」という)を受けなければならない。
2  狩猟免許は、網猟免許、わな猟免許、第一種銃猟免許及び第二種銃猟免許に区分する。
第八十三条  次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
五  第五十五条第一項の規定に違反して登録を受けないで狩猟をした者。



 はこわな(捕獲器)は、鳥獣保護法狩猟適正化法で規定する、わな免許がなければ公の場では使用できません。ですから、鳥獣保護法狩猟適正化法に基づく、罠免許を持っていない地域猫活動家らが、公園などの公有地で捕獲器を使用するのは鳥獣保護法狩猟適正化法違反となります。
 さらに公の場で捕獲器(はこわな)を使用するには、猟期に限ります。猟期外でかつ、無免許で捕獲器(はこわな)を使用しるのは、二重三重に鳥獣保護法狩猟適正化法に違反します。本規定は、地域猫(TNR)の例外規定を設けていません。

 一方で、はこわな(捕獲器)の使用に際しては、鳥獣保護法狩猟適正化法では例外規定を設けています。柵などで囲われた私有地内などで、土地所有者や管理者の許可を受けて使用する場合は、狩猟期内でありかつ狩猟可能区域内であれば、狩猟免許を持たなくても使用してもよいのです。鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律


第十一条  次に掲げる場合には、「狩猟可能区域」において、狩猟期間内に限り、環境大臣又は都道府県知事の許可を受けないで、狩猟鳥獣の捕獲等をすることができる。
イ 法定猟法以外の猟法による狩猟鳥獣の捕獲等。
ロ 垣、さくその他これに類するもので囲まれた住宅の敷地内において銃器を使用しないでする狩猟鳥獣の捕獲等。



 したがって、猫による被害を防止するために、捕獲器(はこわな)を、柵などで囲われた私有地内で用いて捕獲するのは合法です。その猫を保健所に届けるないし、獣医師に依頼して安楽死させるのはもちろん合法です。それどころか、その猫がノネコであれば、棍棒で撲殺したり槍で突き刺したりして殺害するのも合法です。
 通常は、猫被害者が猫を捕獲する場合は、私有地内に限りますよね。ですから下記のブログに書かれていることは真逆の大嘘です。だまされないでください。TNR目的で、無免許で公有地で捕獲器(はこわな)を使用することは、鳥獣保護法狩猟適正化法違反で、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の犯罪です。


トラップケージ・キャッツプロテクションケージは地域ねこ計画専用の器具です。

●捕獲器は動管法(改正動物愛護法)・鳥獣保護狩猟適正化法などの規定及びねこの所有に関わるそのほかの法規定などがあり「地域ねこ計画やTNRプログラム」の保護救済目的以外には使えません。

地域猫に関する事項は、動物愛護管理法では一切規定がありません。
また鳥獣保護法狩猟適正化法にもありません。
それどころか地域猫について規定した法律は現在皆無です、嘘ばっかり。


●地域行政がねこの駆除処分目的で捕獲器を貸し出すこともできません。

これも大嘘です。
根拠法を示していただきたいですね。


●安楽死処分の仲介などを目的にした使用もできません。

さらにこれも大嘘です。
環境省は、「被害防止を目的として捕獲器を使用した猫の捕獲は合法である。保健所は例外なく引き取らなければならない」との指針を示しています。



 (認可無認可問わず)地域猫活動で被害を被っている方は、公有地で捕獲器で猫を捕獲している様子を写真撮影やビデオ録画して証拠を集め、地域猫活動家らを鳥獣保護法狩猟適正化法違反で刑事告発するのも戦術として良いかもしれません。その猫が仮にノネコでなかったとしても、捕獲器(はこわな)を柵で囲われた私有地など以外で、かつ無免許や狩猟可能区域外、猟期外で使用することは違法です。
 明白に犯罪ですから、警察や検察は受理せざるを得ないでしょう。


(画像)

 公道上で、このような捕獲器(はこわな)を使用している光景を見かけたら、猟期外や狩猟可能区域外ならば、写真やビデオに撮って、刑事告発しましょう。

捕獲器
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リリースも含めて違法行為を重ねないと成り立たない活動だったんですね。何故か自分達だけお咎め無しと主張してのは自覚なしなのか知ってて押し切るつもりなのか、もうよくわかりません。

Re: タイトルなし

きつね様、コメントありがとうございます。

> リリースも含めて違法行為を重ねないと成り立たない活動だったんですね。

東海警察署員が届けられた捨て猫をリリースして愛誤団体から告発されていた事件では不起訴にはなりました。
しかしリリース(地域猫の場合でも)が遺棄罪になる可能性は否定できません。
アメリカフロリダ州のTNRを制度化している自治体は、フロリダ州法の動物の遺棄罪にTNRが抵触する可能性があるとの法曹家の指摘をうけて、新規のTNR認可を停止しています。

箱罠は、無免許の人が公の場で使用すれば例外なく鳥獣保護法狩猟適正化法違反になります。
免許を持たない人でも、柵などで囲われた私有地では猟期などを守れば使用できます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%B1%E7%BD%A0

リリースすることや、はこわなを公の場で使うことなど、違法である、違法の可能性がある行為を前提としていますから、法律で定めることはできません。
ねこだすけは、相変わらず嘘が多すぎますね。
地域猫を規定した法律は、日本では一つもありません。
ブロ友さんがアップした愛誤動画でも、「動物愛護管理法で地域猫は義務付けられている」とい愛誤の説明があり、びっくり仰天したことがあります。


>何故か自分達だけお咎め無しと主張してのは自覚なしなのか知ってて押し切るつもりなのか、もうよくわかりません。

「私がルールブック」ですね、愛誤はもう病気。

No title

確かに許可なく猟期でもない、私有地以外で罠しかけるのは密猟ですね。
そんなこともわからない人がトラばさみ持ってるだけで犯罪とか騒いでたのか…

Re: No title

THEO様、コメントありがとうございます。

> 確かに許可なく猟期でもない、私有地以外で罠しかけるのは密猟ですね。
> そんなこともわからない人がトラばさみ持ってるだけで犯罪とか騒いでたのか…

トラバサミを禁止猟具に指定した時に、ネズミ、モグラ類の駆除に限り、トラバサミは農家に使用を認める例外規定を設けました。
https://www.env.go.jp/nature/choju/capture/capture2-1.pdf
ですから今でも通販とかホームセンターにはトラバサミが売られています。
それについて大騒ぎしたのが愛誤です。
いつものことながら、愛誤のダブルスタンダードの厚かましさには呆れます。

No title

>さらに公の場で捕獲器(はこわな)を使用するには、猟期に限ります。

都道府県知事の許可を得た『許可捕獲』であれば、通年可能で捕獲の方法も問われませんが、愛誤は許可なんか得てないでしょうね。
そもそも狩猟免許も持って無いだろうし。

http://www.env.go.jp/nature/choju/capture/capture1.html

以前に私も愛誤に勝手な捕獲は違法行為だと突っ込んだ事がありますが、保護を目的とした捕獲は認められているとかなんとか言っていたような気がします。
猫ボラさんはそんな法的根拠があるというなら提示してみてください。

No title

さんかくたまごさん 返信ありがとうございます。

>地域行政がねこの駆除処分目的で捕獲器を貸し出すこともできません。
というのもなんかもう…
私の曾祖母は兵庫にいますが、畑荒らすアライグマ退治の目的で行政からハコ罠の捕獲機借りてましたし(´・ω・`)

また地域猫の捕獲機で検索かけたら行動や公園に設置された標識つけてないハコわな写真もまあまあ見つかりますね…
こないだ受けた狩猟免許講習では
「罠に標識つけるのは絶対守れ、公園では狩りするなよ(飼い犬や子供が事故るから)」とまで言われたのに。箱罠で手はさんだら痛いですし。
これじゃあ猟期内で許可とってても問題ありそうです。

もしかしてTNR団体の中では「殺すのが目的の捕獲=狩猟」で保護(笑)のための捕獲は狩猟じゃないとか考えてそうですね。
そこまで考えてないか。


はじめましてなのに長々とすみませんでした。
いつも興味深く読ませていただいています。

No title

興味深いサイトなので、ここに寄せられる主張・反論はわかりやすいものであってほしいです。

両者の説得力向上のため、
「論理的思考力と論理的な討論 議論 ディベート ディスカッション」の
下記の項目をぜひ確認してほしいです。

・論理的な主張の仕方
・論理的な反論の仕方
・詭弁・強弁・誤謬とは?

http://ronri2.web.fc2.com/index.html

なお、私は上記サイトの作者とは無関係です。

Re: No title

名無しさん@13周年様、コメントありがとうございます。

> 勝手な捕獲は違法行為だと突っ込んだ事がありますが、保護を目的とした捕獲は認められているとかなんとか言っていたような気がします。

この愛誤の主張は、大変多く見られます。
しかし現行法で、猫の保護だとか地域猫に関して規定した法律は皆無です。
愛誤は勝手に脳内で法律を作ってしまうとか、脳内変換させてしまいます。
もう、ビョーキ。

Re: No title

THEO様

> >地域行政がねこの駆除処分目的で捕獲器を貸し出すこともできません。
> というのもなんかもう…

かつては、野良猫駆除の駆除目的で、はこわなを貸し出す自治体が多かったです。
厳密に言えば、私有地内でも猟期外や狩猟が禁じられる区域であれば鳥獣保護法狩猟適正化法に反しますが、対象を野良猫に限るということで大目に見ているのでしょう。


> 私の曾祖母は兵庫にいますが、畑荒らすアライグマ退治の目的で行政からハコ罠の捕獲機借りてましたし(´・ω・`)

西宮市でも、アライグマ捕獲のために貸出をしています。
アライグマを目的に使用し、野良猫がかかった場合、それを保健所に届けるのは合法と解釈できます。


> こないだ受けた狩猟免許講習では
> 「罠に標識つけるのは絶対守れ、公園では狩りするなよ(飼い犬や子供が事故るから)」とまで言われたのに。

私は狩猟免許はありませんが、外来生物法での許可を受けており、通年はこわなを設置できます。
アライグマ捕獲が目的ですが、かかるのは野良猫がほとんどです。
もちろん許可証をはこわなに取り付けています。


> TNR団体の中では「殺すのが目的の捕獲=狩猟」で保護(笑)のための捕獲は狩猟じゃないとか考えてそうですね。

そう考えていますね。
自分たちにとって都合のいいように、勝手に法律などを脳内で作ってしまい、それを真実として垂れ流すのが愛誤の特徴です。
妄想は、自分の頭の中だけでしていただきたいですね。
ほとんどビョーキな人たちです。

Re: No title

ー様、コメントありがとうございます。

> ここに寄せられる主張・反論はわかりやすいものであってほしいです。

いわゆる「愛誤さん」以外は、概ね下記サイトの項目を守られていますよ。


> 下記の項目をぜひ確認してほしいです。
> http://ronri2.web.fc2.com/index.html

いわゆる愛誤さんとは議論にならないと思ったことは、過去に何度もあります。
上記のサイトで示されたことそのものです。
ざっと言えば。

「言葉の定義が明確ではない。その時の都合でいくらでも変えてしまう。
例えば「殺処分」の定義です。
「殺処分は二酸化炭素施設で行うもののみを指す。だからドイツは殺処分ゼロである」。
といった矢先に、猫ボラが崩壊して獣医師に保護猫を安楽死させれば「私的に殺処分させた」と大騒ぎします。

「根拠と意見を混同」もしくは根拠は口だけ。
「野良猫を保健所に届ける目的で捕獲することは犯罪です。○という自治体の職員の人が言っています」。

「相手の根拠を崩さない」。
「環境被害を防止するために野良猫を捕獲し保健所に届けるのは合法であり、保健所は例外なく人切らなければならないという指針を出している。また保健所に届ける目的で所有者不明猫を捕獲してはならないという法律はない」という根拠に反する反証(根拠)を出しません。

「十分・必要条件の小学生の算数からやり直せ」と私は愛誤に何度も書いたことがあります。

「価値観」と「意見」を混同する。

「藁人形」。
議論とは別に、相手の人格攻撃などで、自分の正当性を主張してすり替える。
例えば「さんかくたまごはネコウヨでねらーだから言うことが信用できない」。
まあ、私がネトウヨ、ねらーだったとしても、議論とどこが関係があるのですかね。
私がネトウヨ、ねらーだというのも飛躍がありますが、ネトウヨ、ねらーの主張はすべて否定すべきであるというのも飛躍しすぎです。
これはいろいろなところで書かれていますが、私は思想的にはかなりリベラルよりです。
例えば、私は夫婦別姓を強く支持します。
ネッ友さんには、かなり右寄りの方もいますけどね。
しかし、ここでは政治思想について論じる場ではありません。
またこのところ数ヶ月以上は2ちゃんを見ていません。
そのような関係のないところで批判(難)して、私の知らないところで勝利宣言をする愛誤は馬鹿です。

私の文章の書き方で、もしご意見がありましたならば、具体的な箇所を示してください。
歓迎します。

刑事告発いいですね!

愛誤の連中は大嘘つきばかりですね。

法令や環境省令、告示など原文を調べれば、一発で分かるというのに人を騙すのに罪悪感は無いのでしょうか?
省にも文書をもって確認すると、引取拒否は動物愛護管理法違反の可能性があると奈良保健所に回答しています。

しかし、文書とは別に口頭で引取り拒否を勧める職員が環境省には存在するようです。

このあたりは、調査して実名公開していきたいと考えていますが、いかんせん手が回らなくて。。。

本日のバカ愛誤を刑事告発する記事も秀逸です。

県営大高緑地で130匹以上の猫を地域猫すると暗躍していた痴遺棄猫がYoutubeにアップされていましたが、証拠隠滅が図られています。

公園HPには活動が記載されず、近隣住民に隠れてやっていたので暗躍という表現しか当てはまらない状態でした。

あの動画を保存していたら、インチキ社団法人野良猫応援団代表やおーぶ地域猫代表、公園管理者など一斉に刑事告発できたのに惜しいことです。

まあ、逮捕されようが宗教戦争しそうな連中ですけどね。

話は変わりますが、昨日私のブログに愛誤の呪縛から溶けた方の登録がありました。

さんかく様のブログを絶賛です。

良かれと思い込んで正しい知識の無かったのは仕方が無いと思います。

私は、過去を一切責めず歓迎したい思います。
失敗は誰にでもあることです。
気づいた時からやり直せる事が大切だと思います。

悔い改めてくださる方が現れれば、ブログを書いている甲斐がございますね。

Re: 刑事告発いいですね!


猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 愛誤の連中は大嘘つきばかりですね。

よくもまあ、これだけ次から次へと嘘ばかり垂れ流せるものだと感心します。


> 法令や環境省令、告示など原文を調べれば、一発で分かるというのに人を騙すのに罪悪感は無いのでしょうか?

そこのところの神経が理解できません。
日本の法令等でも平気で嘘をつうわけですから、海外事情はほぼ100%嘘でも当然という気がします。


> 省にも文書をもって確認すると、引取拒否は動物愛護管理法違反の可能性があると奈良保健所に回答しています。
> 文書とは別に口頭で引取り拒否を勧める職員が環境省には存在するようです。

民間の愛誤より、下っ端役人愛誤の方が、紙一重賢いようです。
証拠に残るようなことはしません。


> 県営大高緑地で130匹以上の猫を地域猫すると暗躍していた痴遺棄猫がYoutubeにアップされていましたが、証拠隠滅が図られています。

youtubeが削除されたのですか。、


> 昨日私のブログに愛誤の呪縛から溶けた方の登録がありました。

この方は、大変丁寧なコメントを頂いています。
恐縮です。


> 良かれと思い込んで正しい知識の無かったのは仕方が無いと思います。

私がブログをはじめる前は、特に海外の事情をその国のソースを根拠にして、愛誤の嘘を指摘する人は皆無に近かったですから。
数の上では、圧倒的に愛誤の嘘情報がまさります。
騙されても仕方がない面もあります。
私は、客観的な、真実の情報をコツコツ紹介していくだけですね。
私が提供する情報を参考にしてくれる人が少しでも増えてくれればいいと思っています。

>ノネコ、飼い猫、野良猫を厳然と区別することは不可能

飼い猫はマイクロチップや首輪がありますので、識別不可能ではありません。嘘を書くのはやめましょう。


くだらん言いがかり

>飼い猫はマイクロチップや首輪がありますので、識別不可能ではありません。

「首輪やマイクロチップが無ければ」って事でしょ。きちんと住所を明記した首輪をして放し飼いしてる人がどのくらいいますかねえ。マイクロチップはさらに少ないでしょ。
結局大抵の外に居る猫は(「分類学上同一種である以上)ノネコか飼い猫か野良猫かの識別は不可能、さんかくたまごさんのおっしゃる通りだと思いますけど。

Re: くだらん言いがかり

サンジュ様

> 「首輪やマイクロチップが無ければ」って事でしょ。きちんと住所を明記した首輪をして放し飼いしてる人がどのくらいいますかねえ。

私は「所有者不明猫は捕獲して保険jとに届ければ良い」と記述しています。

小雨社名時ですが、遺失物法改正時に、警視庁が「遁走した家畜(犬も猫も家畜です)」の所有者明示の要件のガイドラインを示しています。
「所有者名、連絡先を明示することを要する」。
つまり首輪をしている、衣服を着せられている、などでは、所有者明示とはなりません。


> 結局大抵の外に居る猫は(「分類学上同一種である以上)ノネコか飼い猫か野良猫かの識別は不可能。

話が本論から外れてすいませんでした。
首輪などをしていなかれば、ノネコと野良猫、飼い猫との識別は不可能です。

姑息な愛ゴ

私が「くだらん言いがかり」と言ったのは上の書き逃げ名無しに対してです、念のため。
くだらん言いがかりであっても「さんかくたまごは嘘つき」と言うログを残しておけばそれを見た一見さんの印象操作ができるかもしれないという姑息な考えなんでしょうかね?しかも反論されにくいようちょっと前の記事にやるところがまた姑息

Re: 姑息な愛ゴ

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> 私が「くだらん言いがかり」と言ったのは上の書き逃げ名無しに対してです、念のため。

名無し名無しさんですね。
わかっていますから、お気になさらないでください。


> くだらん言いがかりであっても「さんかくたまごは嘘つき」と言うログを残しておけばそれを見た一見さんの印象操作ができるかもしれないという姑息な考えなんでしょうかね?

それはあるでしょうね。
記事のURLも貼らずに「さんかくたまごはソースもつけないで嘘を書いている」とどこかで拡散している輩と同じです。
私ほど、動物愛護関係のブログでは、ちゃんと根拠を示している人はいないと思います。

>外に居る猫はノネコか飼い猫か野良猫かの識別は不可能、さんかくたまごさんのおっしゃる通り


飼い猫はマイクロチップや首輪で識別できますのでさんかくたまごさんが間違いです。

>さんかくたまごはソースもつけないで嘘を書いている

飼い猫は識別可能ですから「飼い猫と野良猫とノネコを区別するのは不可能」という意見は明らかに間違いです。

警察も行政も状況を鑑みて判断しますので、そのような詭弁は通用しません。

また「罠を使用したら違法」というのも誤った解釈です。

実際には罠を使用した状況や結果で判断されますので「ノネコと区別つかない云々」という話にはなりません。

そもそも捕獲器使用が違法であることを証明したいのであれば、無責任に刑事告発を煽るのではなく、自らが地域猫活動家を告発すればよい話です。

他人を煽るだけでは無責任な愛護活動家と同じレベルです。







Re: タイトルなし

ー様、コメントありがとうございます。
先のコメントで、HNを付けてくださいと申し上げたはずですが?

また藁人形さんが湧いてきました!
私は本記事で、生物学的な区別を述べています。
生物学的には、ノネコ、野良猫、飼い猫は同一種であるため区別できません。
論点外しの、典型的な藁人形論法です。


> 飼い猫はマイクロチップや首輪で識別できますのでさんかくたまごさんが間違いです。

そうですか。
では首輪、マイクロチップがなければ飼い猫ではないと判断して良いのですね。
全国のみなさーん!
首輪がなければ(マイクロチップリーダーを一般人が所持する義務はない)、=飼い猫ではないそうですよ。
首輪のない猫は、捕獲してどしどし保健所に届けましょう!
遠慮なく、保健所が引き取らなければ獣医師に殺処分を依頼しましょう。
猟期、狩猟期間内ならば、槍で突き殺しましょう!
タモ網で捕獲して水没して殺しましょう!
棍棒で撲殺しましょう!
それらの行為は全て合法です。

これで愛誤さんの主張、「猫を捕獲して保健所に届けるのは違法である。その猫に飼い主がいるかもしれないから」は、完全に否定されました!
ありがとうございます。
今後、引用させていただきます。
もとより、法律上、学説上、所有者明示なく、占有していない動産については所有権は第三者に対抗できないとされていますがね。

Re: タイトルなし

ー様

ハンドルネームをつけなければコメントを削除しますと警告しました。
よって削除しました。

>生物学的には、ノネコ、野良猫、飼い猫は同一種であるため区別できません。

飼い猫については所有者明示やその他の状況で明確に区別が可能です。

よって「区別が不可能だから法律違反」というのは誤りです。

間違いなく違法だと仰るのであればご自分で告発されればよろしい話です。

地域猫活動を潰せるチャンスですよ?

さんかくたまごさんの告発をお待ちしております。


>では首輪、マイクロチップがなければ飼い猫ではないと判断して良いのですね。

それは行政が判断することです。

>マイクロチップリーダーを一般人が所持する義務はない

飼い猫であれば所有者明示が必要です。

また、一般人がリーダーを使用してもデータベースへアクセスできません


>首輪のない猫は、捕獲してどしどし保健所に届けましょう!

飼い主がいる可能性がありますので、首輪の有無に関係なく行政に届けて、職員の判断に従って下さい。

Re: タイトルなし

ご自分で告発されたら?様、コメントありがとうございます。
プロキシを換えてまでの意味不明なコメントをご苦労様です。

> >生物学的には、ノネコ、野良猫、飼い猫は同一種であるため区別できません。

繰り返しますが、貴方は相当馬鹿です。
本記事では、生物学的に区別することが不可能と何度も書いているではありませんか。
生物学的に異なる種なんですか。
何度も同じことを書かせないでください。


> 間違いなく違法だと仰るのであればご自分で告発されればよろしい話です。

ノネコ、野良猫、飼い猫の区分に関して、現在告発出来る案件を知りません。
どのような案件がありますか。
具体例で、法律学説上耐えられる回答をしていただけなければ、今後はコメントをご遠慮下さい。
過去の動物愛護管理法の有罪事件では、既に確定しています。
長野県の事件では、起訴される可能性も低いでしょうが、ノネコ、野良猫の区分を問題にするのであれば、起訴後に弁護側が主張すべきことです。
もう少し、法律を勉強してからコメントしてください。


> 地域猫活動を潰せるチャンスですよ?

ノネコ、野良猫の区分に関することで、告発するとはどういうケースですか。
具体的に、法律上、学説上耐えられるケースをコメントしてください。
それがなければ、今後のコメントは削除させていただきます。


> それは行政が判断することです。
> 飼い猫であれば所有者明示が必要です。

それは何度も、私が過去記事で、遺失物法改正時の警察庁ガイドライン(遁走した家畜=可犬sがいる動物か否か)を示しています。
所有者明示がなければ飼い主ないと判断する=遺失物ではない。
所有者明示は、首輪をしているとか衣類を着せられているだけでは満たされず、「所有者の氏名、連絡先」を明示することが必要。
私は、本記事では、聖遺物学的な区分は、ノネコ、野良猫、飼い猫の区分は不可能と述べています。
何度も同じことを繰り返させないでください。
では、首輪などがなければ、区別できないということですね。
何度もフォローをありがとうございます。


ですから、
> >首輪のない猫は、捕獲してどしどし保健所に届けましょう!


> 飼い主がいる可能性がありますので、首輪の有無に関係なく行政に届けて、職員の判断に従って下さい。

ですから、> >首輪のない猫は、捕獲してどしどし保健所に届けましょう!
と書いているではありませんか。
フォローありがとうございます。
認可地域猫であっても、所有権は認められません。
ですから地域猫は、片っ端から捕獲して保健所に届けましょう。
引き取りは、35条3項により自治体の義務です。
もとより地域猫は、法的根拠はありません。
不妊去勢や耳カットは、所有権を表示するのもではなく、地域猫はもとより所有権はありません。
ですから保健所は引き取り、譲渡先がなければ殺処分する義務があります。

>生物学的に区別することが不可能と何度も書いている

それが何か?

要は「猫はノネコと野良猫と飼い猫を生物学的に区別することが不可能なので、捕獲器を無免許で使用するのは鳥獣保護法狩猟適正化法違反になる」ということですよね?

それなら日本中の地域猫が違反だらけですので、ご自分で告発したらどうですか?と申しているのですが。

捕獲器設置が違法だという趣旨ならご自分で告発されるのが一番早いですよ。

Re: タイトルなし

論点外しと詭弁、そして知能が低くて議論にならない愛誤コメントの典型例として残しておきます。
しかし先のコメントのとおり、今後はあなたのこめんとは削除します。

> >生物学的に区別することが不可能と何度も書いている
>
> それが何か?
>
> 要は「猫はノネコと野良猫と飼い猫を生物学的に区別することが不可能なので、捕獲器を無免許で使用するのは鳥獣保護法狩猟適正化法違反になる」ということですよね?
>
> それなら日本中の地域猫が違反だらけですので、ご自分で告発したらどうですか?と申しているのですが。
>
> 捕獲器設置が違法だという趣旨ならご自分で告発されるのが一番早いですよ。

通りすがりですいません。
自分で告発すれば?さん。
相当に心配な位に
支離滅裂な発言してますが
大丈夫?
支援施設か汐の宮温泉病院へ
行かれた方が良いのでは。
さんかくたまご様。
いきなり 通りすがりの
コメントすいませんでした。

Re: タイトルなし

R.I様、コメントありがとうございます。

「自分で告発すれば」様のコメントを見直してみました。

>首輪のない猫は、捕獲してどしどし保健所に届けましょう!
飼い主がいる可能性がありますので、首輪の有無に関係なく行政に届けて、職員の判断に従って下さい。

う~んという感じですかね。
だから「所有者不明猫」を捕獲して、保健所(行政)に届けて、行政に飼い主の有無を判断してもらっているだけですよ。
もし捕獲者が首輪や飼い主明示の鑑識を見落として保健所に届ければ、保健所職員は、それを元に届けられた飼い主に返還します。
放し飼いしないようにという指導とか、保管料が発生しますので、飼い猫であっても、捕獲して保健所に届けるのは適正飼育を進める上で意味があると思っています。

なおはこ罠ですが、鳥獣保護狩猟適正化法によれば、本来わな免許が必要です。
地域猫活動での使用は違法ですが、摘発例がないのは「お目こぼし」です。
お目おぼしと、合法とは異なります。
たとえば立ち小便は、軽犯罪法違反で違法です。
でも、警察官の目の前で立ち小便をしても、逮捕拘留されることはないでしょう。

対して、はこ罠を狩猟可能区域で猟期内で、柵に囲われた私有地内で獣害を受けていれば、わな免許がなくても使用は合法です。
ですから、私有地内でそのように野良猫(ノネコ)を捕獲して保健所に届けるのは全く合法です。

愛誤さんが主張することは、意味不明です。
例えば「ドイツでは犬のノーリードが認められている」という主張ですが、根拠は「ドイツでは犬はノーリードが多いから」です。
「認められているか否か」は、法令がどう規定しているかでしょう。
では、日本は「立ち小便が合法的で認められている」のですか。
なお、ドイツ連邦共和国では、特例地域を抜いて犬はリード義務です。
日本より刑罰が厳しいですし、監視員が巡回して反則金を徴収しています。

返事ありがとうございます。
ちょいちょい愛誤と思わしき
サイトを除くと。
表現や発想が小学生並みで
どれを見ても失笑してしまいます。
ドイツの絡みも余り法律は
分かりませんが、ゲルマン系の人は
合理主義者が多いから、
動物に優先する様なノーキルや
無償で終生飼育などの非合理的な
事は絶対にしないやろって疑問に
感じてましたので、さんかくたまごさんの
サイトに辿り着いた時は、只々
有難いサイトだと思いました。


Re: タイトルなし

R.I様、コメントありがとうございます。

> 愛誤と思わしき
> サイトを除くと。
> 表現や発想が小学生並みで
> どれを見ても失笑してしまいます。

小学生並みの表現や発想はさておき、あからさまな嘘はダメでしょう。


> ゲルマン系の人は
> 合理主義者が多いから(というよりいい意味でケチ)、
> 動物に優先する様なノーキルや
> 無償で終生飼育などの非合理的な
> 事は絶対にしないやろって疑問に
> 感じてましたので、

そのような健全な批判精神をお持ちの方が増えることを期待します。
何事も盲信せず、疑問を持つことは大切です。

さて、愛誤の主張ですが、ドイツでは野良犬猫も一匹も殺すことなく、ティアハイムが引き取り、貰い手がなければ終生飼育するというものです。
犬は広々とした運動場付き個室で床暖房付き。
費用は寄付金で賄われる(もしくは公費補助が厚い、ティアハイムが公営施設という愛誤の主張もありますが)、それと潤沢な補助金。
ドイツですが、東西ドイツが統合した当時は、統合の負担から経済が失速し、若者の失業や貧困化が大問題になりました。
旧東ドイツの元ゲットーがあった場所は、今も貧困街で貧しい移民が暮らしています。
ホームレスもいます。
そのような社会情勢で、野良犬を寄付と公費で、贅沢な飼育をすると思いますか。
それに賛同する人が多数いて、カネが集まりますか。
正常な感覚であれば、寄付をする人は、もっと人の福祉に有益なお金の使い方をすると思います。
また公費で元野良犬猫の贅沢な飼育をすれば、絶対有権者の反対にあいます。
つまりベルリンティアハイムのような「広々とした個室で運動場付き床暖房の犬舎」で飼育される犬は、もと飼い主が何らなの事情で買えなくなったけれど、高額の飼育費を払っているか、なくなった人が犬の飼育を遺言したなどです。
さるティアハイムでは、個室でなくても、犬の飼育委託費は一日当たり12ユーロ=約1600円ですから。
ベルリンティアハイムの床暖房、運動場付き個室犬舎の飼育料の高さは推して知るべし。
正常な感覚をお持ちならば、愛誤の嘘がすぐに見抜けますね。

No title

おめーこそいい加減な犯罪を誘う文章かくな。
助長してるな、おめーがそっち方面で
動物の虐待事件おこしてるんじゃねーのか?疑うよ。
合法とかいってよ。 いい加減なこというな。

ノネコの意味をしらねーなら顔ごしごしあらってちょ♪
TNRは国ぐるみでとりくんでるんだから、んなわけねーじゃねーか。
あほらし!野良ネコはの猫じゃないのよ、そのへんふらふらしてのはノネコとは言わん、残念ながら。

通報

はじめまして。
あなたのブログは動物に対して慈悲もかけらもない、粗捜しをして単に猫が保護されんのが面白くない個人的見解に過ぎないと思います
悪法も法なり、という言葉をご存知でしょうか?
このブログを見た者が虐待に繋がる行為に走る可能性もありますから、警視庁のしかるべき場へ通報いたします。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR