「ヨーロッパでのペスト大流行は、魔女狩りで猫を大量に殺したことが原因」は大嘘





Domestic/inländisch

 しばしば野良猫の温存や猫の放し飼い(地域猫なども含めて)を正当化する理由として、「猫はネズミを捕獲するので感染症予防になる。その証拠に、ヨーロッパのペスト大流行は、魔女狩りで猫を大量に殺したことが原因だ」と主張する野良猫愛誤がいます。しかしそれは全く史実に反する大嘘です。


 「ヨーロッパでのペスト大流行は、魔女狩りで猫を大量に殺したため、ネズミが大発生したことが原因」。そのように主張し、それを理由に「野良猫放し飼い猫(地域猫なども含めて)がネズミ駆除~感染症予防になる」とし、それを正当化する愛誤が多いです。以下に例示します。


・ねこだすけHP、[Neko-Dasukeとは]

ヨーロッパでは、14世紀に魔女狩りが始まり、ねこをたくさん殺したのでペストが大流行し、約2500万人が死にました。

・NPO法人 自然と動物を考える市民会議HP、西欧の猫と動物愛護

一五〇〇年から一七〇〇年の間その嵐は吹きまくり、処刑された人は二十万人とも三百万人とも云われ判然としない。
猫たちはそれ以上処刑されたに違いない。
そのため北ヨーロッパでは猫が激減しネズミが大発生し穀物は荒らされ伝染病のペストが大流行し住民の1/3が病死したと言われている。



 しかし、「ヨーロッパでは魔女狩りにより、猫を大量に殺した。そのためにネズミが増えてペストが大流行した」は全く史実に反します。
 ヨーロッパでペストが大流行したのは14世紀であり、14世紀にはほぼ収束しました(その後の流行は散発的なものです)。対して魔女狩りが行われたのは15世紀から17世紀にかけてであり、ペストがほぼ収束してから100年も後のことです。また魔女狩りでは、ことさら猫だけを大量に殺したわけではなく、魔女の使いとされる動物は他にも多くありました。カラス、ヤギなどもそうです。
 ヨーロッパでの魔女狩りは、先に起きた感染症の大流行による社会不安と、人々の不安・不満を解消させるためのスケープゴートを求めたことが発生の原因と言われています。つまり、愛誤の主張、「魔女狩りにより猫を大量殺害したことが、ヨーロッパでのペスト大流行の原因」は、原因と結果が逆なのです。


 魔女狩りについての、ウィキペディアの記述を引用します。魔女


15世紀から17世紀にかけてのヨーロッパ諸国において、多くの人々が魔女の嫌疑をかけられ、世俗の裁判や宗教裁判によって処断された。
「魔女狩りにより猫を殺し過ぎたために天敵のいなくなった鼠の数が増え、これがペスト流行の一因となった」といわれるがこれは誤りである。



 ヨーロッパでのペスト流行についてのウィキペディアの記述も引用します。ヨーロッパでのペスト大流行は14世紀であり、魔女狩りが行われる100も前のことです。さらに、非キリスト教圏のイスラム諸国にもペストは流行しました(魔女裁判はキリスト教圏のみ行われました)。
 そのことは、「猫を大量に殺害したことによりペストが流行した」では説明がつきません。ペスト


14世紀には全ヨーロッパにまたがるペストの大流行が発生した。
14世紀末まで3回の大流行と多くの小流行を繰り返し、猛威を振るった。
ペストはヨーロッパへ上陸する前後にイスラーム世界にも広がった。



 さらには近年、ヨーロッパのペスト流行は、「実はペスト以外の感染症であった」という学術論文が相次いで発表されています。公益社団法人 日本獣医学会HPより。 霊長類フォーラム:人獣共通感染症(第159回)9/2/2004 中世の黒死病はペストではなくウイルス出血熱


英国リバプール大学動物学名誉教授のクリストファー・ダンカン(Christopher Duncan)と社会歴史学の専門家スーザン・スコット(Susan Scott)は教会の古い記録、遺言、日記などを詳細に調べて「黒死病の再来」(Return of the Black Death , Wiley, 2004)を出版しました。
彼らの結論では、黒死病はペスト菌ではなく出血熱ウイルスによる。
1656年から57年にローマとナポリでの解剖例では、腺ペストとはまったく異なっています。
著者らはこれらがエボラ出血熱、マールブルグ病などウイルス性出血熱にきわめて似ているという意見です。



 中世ヨーロッパにおけるペストとされている感染症は、実はウイルス性の出血熱であった可能性が高いのです。ウイルス性出血熱の、エボラ出血熱やマールブルグ病は比較的新しく発見された感染症であるため、かつては14世紀に大流行した感染症は既知のペストとされたのです。
 仮に14世紀に大流行した感染症がエボラ出血熱などのウイルス性出血熱であったならば、感染は、患者(人)の血液、分泌物、排泄物や、唾液などの飛沫などからです。また死亡した患者からも感染しますので、遺体処理の際に感染したこともあるでしょう。主にネズミに寄生するノミが感染源ではありません。

 もし14世紀のヨーロッパで大流行した感染症がペストではなく、ウイルス性出血熱であったのならば、「猫の減少~ネズミの増加~ネズミにつく(ペスト)菌が拡散され(ペスト)が大流行した」という因果関係はありえません。まさに「愛誤は息をするように嘘をつく」。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愛誤はこの手の嘘が多すぎますね。1から10まで嘘ばっかりで、誤りを訂正する側のさんかくさんはもううんざりでしょう。都合の良い似非科学を引っ張って来て、いつまでも使い続けるから愛誤なんて不名誉な呼称をつけられるんでしょうに。
魔女狩り→ネコ減→ネズミ増→ペスト流行の説明はもっともらしいので知らずに最初は信じても不思議は無いです。しかし、この手の嘘は騙された側が気づいた時の反動が大きく、不信感を芽生えさせ一気に敵対者を増やす危険なやり方だと思います。
愛誤の行う地域猫などの嘘まみれな動物愛護理論と、自虐史観的な教育の反動から一気に嫌○ムードが高まった構図が似ているように思えてなりません。嘘によって相手を加害者にして自説を押し通す→正義を振りかざし反論を抑える→嘘がバレる→一気に不満の噴出、敵対者を増やす。以前に見たさんかくさんの指摘通り、やってる側の人間が被ってるからでしょうか?
嘘による言論統制は一片の真実や善行すら無にする危険なやり方です。動物愛護家は自浄作用を取り戻して欲しいものですが(まとも言われる動物愛護家ですら愛誤の誤りを指摘しない。)、見る限り無理なんでしょうね。愛誤は最初からバカな人だけが愛誤になる。そう痛感します。

愛誤は

愛誤って嘘で生きているのですね。
いつもこのように嘘で人を騙しているのが愛誤。

Re: タイトルなし

きつね様、コメントありがとうございます。

> 愛誤はこの手の嘘が多すぎますね。

私は以前に書いています。
「愛誤の嘘を指摘するだけで、毎日記事を書いても10年ブログネタには困らない」。


>都合の良い似非科学を引っ張って来て、

私は海外情報では、ほぼ全てが嘘と書いていますが、学術分野でもほぼ全てが嘘なんでしょうね。


> この手の嘘は騙された側が気づいた時の反動が大きく、不信感を芽生えさせ一気に敵対者を増やす危険なやり方だと思います。

それは「ドイツ殺処分ゼロ」「ドイツでは犬のノーリードが認められている」「ヨーロッパ先進国では生体販売ペットショップがない」「アメリカなどでは、tnrの公的補助が厚い(公的補助を行っている自治体を知りません。もしあればご指摘ください)」「アメリカでは野良猫は殺処分しなくて、tnr一択(無許可tnr餌やりは懲役刑に課せられる犯罪です)」でも同様です。
これだけ大嘘ばかりたれながした挙句、「地域猫について賛同してください。その根拠は~」と言われても、聞く耳持ちませんよね。


> 嘘によって相手を加害者にして自説を押し通す→正義を振りかざし反論を抑える→嘘がバレる→一気に不満の噴出、敵対者を増やす。

仰るとおりです。
これだけ嘘がバレているのに、ツラッとして「では、動物愛護について議論しましょう。地域猫は動物愛護に適う~」では、もう相手にできません。


> 嘘による言論統制は一片の真実や善行すら無にする危険なやり方です。

マスメディアまで巻き込んだ嘘プロパガンダの拡散です。
それに乗るマスメディアもどうかと思います。
最近の大手掲示板にしても、マスメディアにしても、私は動物愛護に関しては「言論統制はある」と感じています。


>愛誤は最初からバカな人だけが愛誤になる。

私は以前も書いていますよ。
「愛誤であるということはバカである十分条件である」。
正常な知能があれば、愛誤にはなりません。

Re: 愛誤は

フェイル様、コメントありがとうございます。

> 愛誤って嘘で生きているのですね。
> いつもこのように嘘で人を騙しているのが愛誤。

愛誤さん方で、本当のことを言っている人がいますか。
私は、少なくとも海外情報、学術分野(動物学とか公衆衛生)、法律で愛誤がブログなどで提供している真実の情報を見たことがありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 今日は鍵コメです。Wikipediaリベンジ

鍵コメ様、コメントありがとうございます

> 以前、Wikipediaに「地域猫には統計的成功事例がない」と書き込んだら
> 「証拠の出展がない」と突っ込まれましたww。

でも検索して、学術的に耐えられる評価で成功事例がゼロということは、成功事例がないということじゃないですかね。
テキサス大学の広汎囲な学術研究があります。
いつか記事にしたいと思っていますが、pdfの大量の資料で、読みにくい英語ですので放っています。
多くのTNR活動現場を10年以上にわたり、追跡調査をしたものです。
研究の結論として、「TNRの成功例はない」です。
これを一部の愛誤が「TNRは成功する」と引用しています。
研究論文では、「あるコロニーで、初年度に猫を安楽死と飼い猫化で75%減少させたが、数年後には元の数を回復した」とあるのを、「短期間で75%の野良猫の減少に成功した」と紹介しています。
この嘘も、本当にひどいと思います。

ソースがWikipediaてw
中学生レベルだな

「ソースは俺」の連中に言われても

そもそもウィキだってどこかの文献を引用して(きちんと出典先を明示してないと消される)記事を書いてるんだから問題ないでしょ。後は各人がその出典先の文献を見て判断すればいいんだから。

Re: 「ソースは俺」の連中に言われても

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> そもそもウィキだってどこかの文献を引用して(きちんと出典先を明示してないと消される)記事を書いてるんだから問題ないでしょ。後は各人がその出典先の文献を見て判断すればいいんだから。

ええ、ウィキでも出典を示さなければ投稿できません。
私はたまにウィキを引用することもありますが、その国の法律の条文や政府文書統計、学術論文などを引用することが多いです。
ウィキでも、全く出典を示さない愛誤ブログなどに比べたら、100倍信ぴょう性があります。

さる山のさるの戯言は、いかに愛誤の反論がバカであるかの証明のために、あえて削除しておりません。
猿山のさるに餌を与えれば狂喜して、更に餌をクレクレとうるさくなるので無視しましょう。
最近サルがこちらに湧いてきた理由は、私が参加しているFBのページがありまして、私に対する中傷がひどかったのか、そこの管理人さんにブロックされた人が大量に出たのです。

あまりにもウザくなってほかの方のコメントが見づらくなればまとめてクズコメントを削除し、クズコメントを投稿したホストをアクセス禁止にします。
数秒でいつでもできることですので。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR