続・朝日新聞は狂気の動物愛誤メディア~太田匡彦氏は「犬や猫の生体販売を行うのは欧米先進国では極めてまれ」の根拠を示せ





Domestic/inländisch

 記事、朝日新聞は狂気の動物愛誤メディア~太田匡彦氏は「犬や猫の生体販売を行うのは欧米先進国では極めてまれ」の根拠を示せ、の続きです。太田匡彦氏による、「朝日新聞デジタル」の論説、Opinion 太田匡彦の暮らしの中の動愛法2 首都東京は動物愛護先進都市になれるか、で氏が述べている、「犬や猫の生体販売を行うのは欧米先進国では極めてまれ」が偏向ないし誤りであることを、さらに具体例を挙げて反証します。


 前回記事では、主にイギリスでの犬猫等の生体販売が法律で認められており、一般的に行われていることの具体例を挙げました。イギリスでの犬猫展示生体販売については、こちらの記事でも紹介しています。「イギリスは犬猫の店頭生体販売は禁じる法律があるため皆無である」は大嘘ー1「イギリスは犬猫の店頭生体販売は禁じる法律があるため皆無である」は大嘘ー2
 その他、ドイツにおける巨大生体販売ペットショップやポーランドでの生体展示販売を例示しています。今回は、その他の先進国各国でも、犬猫等の展示生体販売が行われていることを、いくつか例示します。

 スペインの例を挙げます。私のブロ友、三二一閣下様のブログ記事より引用します。彼はスペインに出張中に、バルセロナ市内でごく当たり前に、犬猫などの生体が展示販売されている様子に遭遇しました。以下が、そのブログ記事です。
 びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店 動物愛護関連のトピックスをとりあげ、真の動物愛護とは何かを問いかけていくブログです EUに生体展示販売のペットショップがないというのは大ウソです(証拠画像あり)。2012年6月27日。


(画像)

 バルセロナ市内の犬猫の生体販売を行うペットショップの様子。

DSC_0218.jpg


 その他にも、you tubeにアップされている欧米の生体販売ペットショップの動画をアップします。まずイタリアの生体販売ペットショップです。「イタリアでは犬猫の展示生体販売が法律で禁じられているから、生体販売を行うペットショップはない」と言う愛誤ブログがありましたが?




 次は、アメリカの犬猫生体販売ペットショップをいくつか取り上げます。上)ニューヨーク、アッパーイーストサイド。中)ニュージャージー州。下)ハワイ州ホノルル。








 最後に、ブルガリアのペットショップです。以上は、英語検索でヒットしたものです。ドイツ語検索では、東欧や旧ソ連邦構成国、ドイツ語圏のペットショップの動画が多数ヒットします。限がないので、この辺で止めておきます。




 それにしても、三二一閣下さんのブログ記事のリンクにあった、マルコ・ブルーノ氏へのインタビュー、の回答の内容は酷すぎます。
 マルコ・ ブルーノ氏はオーストリア出身です。EUの事情が分かっているはずなのに、なぜ見え透いた嘘を平気で垂れ流すのでしょう。私は本ブログで、氏の意図的なドイツ語文献の、愛誤誤訳を何度か指摘しています。


Q.EU諸国にはペットショップはないのですか?
A.存在しますが、無責任や衝動買いをする人を無くす為、生体の販売は一切無く、グッズやフードの販売に限られています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

是非、指導して下さい

こんにちは

早速ですが、地域猫同盟はご存じと思います。
すでに現在は正気を失ってます。

先日、餌やりの被害に遭われたフェ●ル様の事も
ネットで誹謗中傷。
そして各位、全く根拠もない、でっち上げの作り話を平然とネットに公開
内容は、滅茶苦茶であり
投稿は全て、嘘、嘘、嘘、・・・

参考URL
https://plus.google.com/118231212113323564785#118231212113323564785/posts

その反面、重度の小心者で精神的不安定な被害妄想癖。
常に誰かからハッキングされてると思いこむ精神的異常者。

お願いします。
どうか狂気する地域猫同盟にご指導してやって下さい。
典型的な狂気的愛誤です。

Re: 是非、指導して下さい

地域猫反対派様、コメントありがとうございます。

> 早速ですが、地域猫同盟はご存じと思います。
> すでに現在は正気を失ってます。

ブログ内検索して頂ければ、私が「地域猫同盟」について書いた記事がいくつかありますよ。
この団体(?)については、被害者の方から情報提供していただいているので、よく存じています。


>餌やりの被害に遭われたフェ●ル様の事も
> ネットで誹謗中傷。

私も、愛誤からいろんなところで誹謗中傷されていますからね。


> 全く根拠もない、でっち上げの作り話を平然とネットに公開
> 内容は、滅茶苦茶であり
> 投稿は全て、嘘、嘘、嘘、・・・

私の場合も、同様です。
これほど例外なく信頼できるソースを挙げているのに、「大嘘ブログ」とかね。
ドイツの犬猫狩猟駆除については、「検索したら、さんかくたまごの記事だけだ。だから大嘘」。
このようなことを書く人は白痴確定です。
日本語検索すればそうなります。
ドイツ語で、ドイツグーグルで検索すれば、50万件くらいヒットします。
ドイツ語で、ドイツグーグルで「保健所 犬猫殺処分 日本」ではヒットゼロでした。
ほんの一例です。


> 重度の小心者で精神的不安定な被害妄想癖。
> 常に誰かからハッキングされてると思いこむ精神的異常者。

野良猫偏執者は、例外なくプシです。


> どうか狂気する地域猫同盟にご指導してやって下さい。

地域猫同盟の被害者の方から情報提供をいただき、これはひどいケースだと思い、追求するつもりでした。
しかしこの団体(?)は、強靭で有名な公疫呆人と関係があるようです。
この公疫呆人は、些細なことで自分を批判するブロガーなどを名誉毀損で刑事告訴を行い、民事訴訟で数千万単位で損害賠償訴訟を起こしています。
私は刑事、民事とも、アウトになることはしていませんがね、嫌がらせの告訴を数回出されています。
強靭には関わりたくないというのが本心です。
被害者の方も、自宅に押しかけられて暴行までされていますし。
強靭に関わると、夜道を歩いている時に、後ろからブスリとやられかねません。
大変申し訳ないです。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR