「イギリスは犬猫の店頭生体販売は禁じる法律があるため皆無である」は大嘘ー1





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Summary)
Animal charities in England, want legislation barring the sale of dogs in retail premises over welfare and 'impulse buying' concerns.
“Dogs Trust is opposed to the sale of puppies through pet shops and other retail outlets, as they can encourage impulse buying,” they said .
The question is: should it be?
The British Parliament lacks the courage to bring in an out right ban on third party businesses selling puppies in England.
No-one believes it will be easy to stamp out the puppy farm trade.


 朝日新聞は狂気の動物愛誤メディア~太田匡彦氏、「朝日新聞デジタル」の論説朝日新聞は狂気の動物愛誤メディア~太田匡彦氏は「犬や猫の生体販売を行うのは欧米先進国では極めてまれ」の根拠を示せ、の関連記事です。それらの記事では、「イギリスでは店頭での犬猫などの店頭生体販売を禁じる法律があるため、そのようなペットショップは皆無である」との情報が日本で流布されていますが、全くの大嘘であることを述べました。老舗百貨店ハロッズの主力フロアは全面が生体販売も行うペットショップでしたし、イギリス国内には普通に生体販売を行うペットショップが存在します。


 「イギリスでは店頭での犬猫などの店頭生体販売を禁じる法律があるため、そのようなペットショップは皆無である」と主張している愛護団体などのブログを例示します。よくここまで無責任で、口から出まかせの嘘を平気で公に垂れ流すことができるものだと感心します。


・ヘルプアニマルズ~ヘルプアニマルズ - ペットショップを考える
「イギリスでは 生体を展示販売する事は虐待とされ、生体を扱うペットショップはない」。

・犬が好き~ 2.動物愛護先進国の現状
「(イギリスでは)生体の展示販売は禁止されています」。

・yahoo!知恵袋ペットショップでの生体展示販売の問題点 、でのベストアンサー
「イギリスのように展示販売を全面禁止にする国もあります」(もう、絶句)。


 記事、朝日新聞は狂気の動物愛誤メディア~太田匡彦氏、「朝日新聞デジタル」の論説朝日新聞は狂気の動物愛誤メディア~太田匡彦氏は「犬や猫の生体販売を行うのは欧米先進国では極めてまれ」の根拠を示せ、では、イギリスでは老舗百貨店ハロッズの主力フロアが生体販売も行うペットショップだったことを述べました。今年閉鎖されましたが、あくまでも経営上の理由です。
 では、イギリスの犬猫などの生体販売の状況はどうなのでしょうか。ハロッズのペットショップ以外のマスメディアの、イギリスのペットショップ事情に関する報道を引用します。Daily mirror紙のインターネット版記事から。Is it time for the Government to ban the sale of puppies from pet shop cages?「国がペットショップの、ケージでの仔犬の展示生体販売を禁止する時期に来ているのでしょうか?」。2013年10月24日。


Animal charities want legislation barring the sale of dogs in retail premises over welfare and 'impulse buying' concerns
There’s no suggestion that what follows is illegal.
What you are seeing here are pictures of puppies being kept in glass-fronted cages in a pet shop - something I was surprised to find still happening in this country.
The shop is Jumanji Pets in Kilburn, North London.
Jumanji is not the only shop keeping puppies in-store.
 
動物愛護団体は、動物愛護上から、「衝動買い」の懸念のある店舗での犬販売を禁止する法律を求めています。
以下は、違法であるとは示されていません。
あなたがここで見ているのは、ペットショップのガラス張りのケージで飼育されている仔犬の写真です - 私はまだこの国でこのようなことが行われていることが驚きです。
その店はロンドン北部のキルバーンの、ジュマンジペットです。
店内で仔犬の生体販売をしている店は、ジュマンジだけではありません。



(画像)

 ペットショップ、ジュマンジでの子犬の生体販売。ガラス張りのケージの大きさも、日本の生体販売ペットショップと大差が無いように思えます。

Dogs-kept-in-small-tanks-at-Jumanji-Pet-Shop-in-Kilburn-North-London-2484783.jpg


 このようなサイトもあります。イギリス国内の、ペットショップによる犬猫の生体販売を禁じることを求めている動物愛護団体のHPです。puppylovecampaigns。以下に引用します。


The British Parliament lacks the courage to bring in an outright ban on third party businesses selling puppies in England.
No-one believes it will be easy to stamp out the puppy farm trade.
But new regulations covering all potential retail sales channels
and placing strong conditions would be another large nail in its coffin.

イギリス議会は、イギリスでの仔犬を販売する第三者の事業を全面禁止にする勇気を欠いています。
誰もが、仔犬農場取引が根絶しやすいだろうとは考えていません。
しかし、すべての潜在的な小売販売ルートをカバーする新たな規制と、厳しい条件を課すことは、それ(犬猫の商業的生産と店頭生体販売)の根絶を早める大きなものになります(nail in its coffin~それの根絶、破滅を早めるものという意味の慣用句)。



 以上より、イギリスでは店頭での犬猫等の生体販売が法律で禁じられているわけではなく、また店頭での生体販売を行っている店が普通に存在していることがご理解いただけたと思います。しかしなぜ愛誤は、調べればすぐわかる大嘘を平気で付くのでしょうか。
 次回は現在のイギリスのペットショップの生体販売に対する規定を定めた法律、The Pet Animals Actについて解説します。本法では、ペットを店頭で展示販売する際の、最低限のケージの広さなどを規定しています。つまりイギリスでは、基準を満たせばペットの生体店頭販売をしても良いということで、犬猫等のペットの店頭での生体販売を禁じる法律はありません(続く)。


(追記)

 イギリスの、店頭生体販売ペットショップの事情については、こちらでも詳しいです。こちらの記事は、よく調べられて真実を書かれています。日本の動物愛護に関する評論の中では、珍しく良質の記事です。

動物虐待防止会 ■ 動物ジャーナル79 2012 秋   先進国って何? (四) 英国篇 その四  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このブログは愛護団体を否定するためのブログですか?
趣旨は何でしょうか?

Re: No title

ー様、コメントありがとうございます。

> このブログは愛護団体を否定するためのブログですか?
> 趣旨は何でしょうか?

客観的事実(真実)を伝えることを趣旨としています。
客観的事実(真実)と、主観的な主張を分けて理解してください。
この記事(その他の記事もですが)は、私の主張はほとんど書かれていません。
「愛護団体を否定する」とは、主観的な主張です。
私は、多くの方に客観的事実(真実)を伝えることにより、愛護団体や日本の動物愛護に対しての判断材料を提供することを趣旨としています。
前提となる判断材料に嘘偏向があれば、正しい判断ができません。
マスメディアや愛誤団体が提供する情報は、あまりにも無知嘘偏向が多すぎます。
それを正すためです。
特に、マスメディアの無知嘘偏向を正すのは、市民の義務であると思っています。

無知嘘偏向情報でも、愛誤団体のとって都合の良い情報を、指摘することを非難するのはそれこそおかしなことです。
情報は客観的に、嘘偏向なく伝えられ、それに基づいて多くの人たちが判断するのが、民主主義の根幹です。
私は、日本はメディアなどに対しての言論統制があると感じていますし、言論の自由が完全に担保された国であるとは思えません。
ドイツの方が進んでいるでしょう。

ご来訪ありがとうございます

1 jp 日本 1,463 94.8%
2 com 不明 (米国営利組織) 55 3.6%
3 de ドイツ 22 1.4%
4 li リヒテンシュタイン 1 0.1%
5 kr 韓国 1 0.1%
6 net 不明 (ネットワーク組織) 1 0.1%
(*全てのアクセスが解析できているわけではありません。実際のアクセス数はもっと多いです)。

昨日は、珍しいリヒテンシュタインの方からアクセス頂きました。
過去にはキルギス、ツバル、エストニア、ソロモン群島(串刺しと思われる)、モロッコ、ナイジェリア、ルーマニア、ハンガリー、アイスランド、ギリシャ、チリ、コロンビア、ペルーなどからも。
大概、アジア以外のドイツ語・英語圏以外の国からは、日本の方からのアクセスです(使用言語=日本語)。
西ヨーロッパのほとんど、北米、オセアニアのすべての国からアクセスいただいています。
最近、外国からのアクセスが減ってきましたので、チャットフォーラムやBBSに参加して、営業活動をしてこなければと思っています。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR