続々・アメリカ最大のTNR推進団体、Alley Cat Allies「野良猫連合」の真実~ワシントンポスト誌は同団体のワシントンDCのTNR活動を完全否定した





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Summary)
This is the face of free-roaming cat management in Washington DC.
The Washington Humane Society has embarked on an ambitious plan to end cat euthanasia in its two shelters,2004.
But now in 2014, the number of feral cats is not reduced.
In spite of doing TNR budget enormous every year.
First of all, people who have done TNR activity has been negative (decrease of feral cats) effect of TNR.
TNR,it’s like emptying the ocean with a spoon.
It’s not stopping the number of cats outside.
Therefore, TNR brings only negative effects, such as damage to wildlife and the risk of infection.


 記事、
アメリカ最大のTNR推進団体、Alley Cat Allies「野良猫連合」の真実~ワシントンポスト誌は同団体のワシントンDCのTNR活動を完全否定した
続・アメリカ最大のTNR推進団体、Alley Cat Allies「野良猫連合」の真実~ワシントンポスト誌は同団体のワシントンDCのTNR活動を完全否定した
の続きです。TNRが野良猫を減少させる効果については、Alley Cat Allies「野良猫連合」のTNR活動を行っている活動家や、団体自身が否定していることをワシントンポスト誌は報じています。つまりTNRは野良猫を減らす効果はなく、マイナス効果のみをもたらすということです。ワシントンポスト誌は、TNRのマイナス効果についても述べています。



 TNRのマイナス効果は、人間社会と、野生動物に対するものがあります。ワシントンポスト誌における、TNRのそれらのマイナス面についての記述を引用します。
 Is it more humane to kill stray cats, or let them fend alone?「それが(TNR)が野良猫を殺すより人道的ならば、それより彼ら(Alley Cat Allies)だけに野良猫を飼育させればいいのでは?」。2014年2月6日。


The American Bird Conservancy points to the Smithsonian Conservation Biology Institute’s 2013 review of previously published studies that estimated free-roaming cats kill 1.3 billion to 4 billion birds a year.
The conservancy also says free-roaming cats spread rabies.
2011 study in the Journal of the American Veterinary Medical Association found that in 2010, four times as many rabid cats (303) were reported as rabid dogs (69).
Cat feces in outdoor recreational areas can be a source of toxoplasmosis, which can lead to neurological impairment, blindness and birth defects.

アメリカ・バードコンサーバンシー(野鳥保護団体)は、自由に徘徊する猫が、年間13億から40億もの野鳥を殺すと推定される、2013年に発表された研究のスミソニアン保全生物学研究所(スミソニアン博物館付属の大変権威ある研究機関)の研究結果を指摘しています。
アメリカ・バード・コンサーバンシーはまた、自由に徘徊する猫は、狂犬病感染を拡大させたと言います。
米国獣医師会ジャーナルの2011年調査では、2010年には、多くの狂犬病感染猫(303匹)が報告され、その数は犬(69頭)の4倍であると報告されていることが知られています。
屋外の、市民の憩いの場での猫の糞は、神経障害、失明や出生異常を発症させる可能性のあるトキソプラズマ症の原因となることがあります。



 TNRのマイナス面は、記事、アメリカ最大のTNR推進団体、Alley Cat Allies「野良猫連合」の真実~ワシントンポスト誌は同団体のワシントンDCのTNR活動を完全否定した、で紹介したとおり、「1、猫に対して非人道的である」ことをワシントンポスト誌は述べています。TNRが猫にとって非人道的であるために反対するとの声明を、世界最大の動物愛護団体PETAが行っています。
 その他のTNRのマイナス面は、「2、野生動物への被害」「3、人への感染症などをもたらすなどの被害」が挙げられます。それはワシントンポスト誌が指摘しているとおりです。

 なお海外では、TNRの有害性として、「2、野生動物への被害」は必ず指摘されます。対して日本では、その指摘はほぼ皆無です。この事実は、日本が動物愛護に遅れているという証左ではないでしょうか。
 日本の動物愛護の特殊性、後進性として「異常に特定の愛玩動物に偏っている」ことが指摘されています。動物愛護とは、家畜や野生動物までを広く網羅した概念だと思います。特定の愛玩動物種に偏った、狂信的な自称動物愛護団体の要求ばかりが、学術的な検証や民主主義のプロセスを経ずに公に通ってしまう(地域猫制度など)日本は、まさに動物愛護後進国です。

 TNRは、まず第一に「・猫を減らす効果がない」のです。そして「・多大なコストと手間」がかかります。その上、「野良猫の存在は社会が望んでいない」のです。それなのに、もたらすマイナス効果は深刻なのです。
 TNR(地域猫)を存続する意義がありますか。TNRを存続させている理由は、「無責任に野良猫に餌をやりたい」という、非論理的で感情的な、動物愛護にも反する、ただの野良猫餌やり依存症患者のわがままを満たすためだけです。そのようなくだらない理由のために、多大な犠牲を払って、TNR(地域猫)を存続させる必要は全くありません。次回は、同ワシントンポスト誌の記事の、TNRが野良猫の個体数抑制効果がないと言う学術研究の引用を紹介します(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ

昨夜comicoの方に問い合わせしました。書いていてげんなりしてきました。なぜって、そもそも、誤った猫活動をして、公園にリリースして、放ち、公園を猫の活動の舞台にしている公開された漫画に問い合わせしているのですから。
編集も同じように、猫が公園を徘徊するのを認めているようなものです。公園の野良猫被害はなくならないわけだ。
それと、ある愛護のブログで猫は行政の奴らが年に3回も4回も発情期を迎えて出産しまくるとか言って保健所に連れていくけど、それは違い、1回多くとも2回です、とか書いていて、猫は野外の過酷な状況に生きられず、生まれてすぐにほとんど死にます、だから、保健所に連れていくこと自体誤り、って書いてたんですが。
そのわりに、猫島の猫ってうじゃうじゃいますよね。
多くの愛護が公園で活動しているみたいです。ひどい人だと、勝手に猫用の小屋を立てたり、傘をたててきたり、行政が設置した猫への注意書きの看板を引っこ抜いたり、壊したり、と。
あと、愛護は自分では育てずにある程度の大きさになると、すぐに、里親とかに譲渡とか言い出しますよね。それ自体が無責任な気がします。里親が今多頭崩壊していってますが、だって、そんなに、猫ほしがる人なんていないから、限られた家にしか、猫は譲渡されないので、次から次に猫をもらい、愛護が渡した里親が崩壊するのです、そして、公園や道に捨てる、それを拾った愛護が、また育てて、里親へと。
ずっと、ループしてます。そうして、多頭崩壊した里親や愛護が、別の愛護に罵られる。
共食いですね、笑。
しかも、それに、気がつかない、里親掲示板なんて、以前貰い受けた猫の捨て場所ですよ。
里親になったけど、飼えません、以前どこかの誰かがその人に渡して安堵してんでしょうね。そうして、また、捨てられる。
毎回見て、この人たちって、なにやってんだろう、と思います。

さんかくさんには、日本の里親ループと、猫のたらい回し、里親の多頭崩壊、についても、是非書いてもらいたいです。
今里親に迎えられた家の猫もまた、数年後に捨てられるのでしょうね。
原因のひとつに、長生きのし過ぎと、誰かが書いてました。数年なら、面倒みれるが、20年前後生きてくると、人の生活って変わりますから、それで、ほとんど、掲示板に載ってるんですがね。野良猫の寿命程度が猫には丁度いいような気がします。長生きするから、子猫がきても、先住猫がいてかえないわけですかね。
あと、愛護が気持ち悪いのは、皮膚病で治らなかったり、人に移る病気の猫を、里親に募集するのは、どうかと思いますね。顔とかぐちゃぐちゃになってるし、足もなかったり、毎日点滴うたなきゃいきれないのとか、逆に猫が可哀想な気もしますが、愛護は満足なんでしょうけど。そういう猫は、やはり、掲示板にものってますからね、案の定、面倒みれなくて、里親も放棄するんですよね、自分が、飼えないのを人に押し付けるなと、言いたいですね。
言葉は、もっといい里親さんに、と書いたりしながら、腹のなかじゃ、面倒が大変だから、ていのいい、厄介払いですからね。


Re: こんにちわ

ピナ様、コメントありがとうございます。

> comicoの方に問い合わせしました。
> 編集も同じように、猫が公園を徘徊するのを認めているようなものです。公園の野良猫被害はなくならないわけだ。

携帯のアプリのサイトどころか、最大手のメスメディアも明らかに誤った報道をして、無許可地域猫(ただの迷惑餌やりです)を賛美、推進している状態です。
例えば、私は朝日新聞が山形市の霞城公園での違法餌やりのことを「市民から愛されている地域猫」と報道したことについて記事にしています。
霞城公園は餌やりを禁じており、公園管理者が餌やりの放置容器や猫ハウスを廃棄しています。
それを朝日新聞が「地域猫を妨害された」と抗議する論調で記事を書いています。
そもそも山形市では、地域猫制度はありません。


> ある愛護のブログで猫は行政の奴らが年に3回も4回も発情期を迎えて出産しまくるとか言って保健所に連れていくけど、それは違い、1回多くとも2回です、とか書いていて、

年一回は、原種のリビア山猫か、生存環境の厳しい野猫でしょう。
栄養状態の良い給餌を受けている野良猫は、年4回の出産も普通です。
http://allabout.co.jp/gm/gc/31825/2/


>猫は野外の過酷な状況に生きられず、生まれてすぐにほとんど死にます、だから、保健所に連れていくこと自体誤り。

二酸化炭素死は安楽死とされています。
過酷な死に方をするよりましなんじゃないですか。
また、路上死猫の方が、施設による殺処分より一匹あたりの処分費がかかります。
それと猫の死体が市中に放置されることは、衛生上もよくありません。


> そのわりに、猫島の猫ってうじゃうじゃいますよね。

過激に死亡率が高くても、それ以上にうじゃうじゃ生まれるからでしょう。
まさに大量出産、大量死。


> 多くの愛護が公園で活動しているみたいです。ひどい人だと、勝手に猫用の小屋を立てたり、傘をたててきたり、行政が設置した猫への注意書きの看板を引っこ抜いたり、壊したり、と。

そんなこと、驚きませんよ。
野良猫へのえさやりを注意したり、餌やり禁止看板の設置を行政に働きかけた人は、自宅に猫愛誤が押しかけてきて暴行を受けました。


> 愛護は自分では育てずにある程度の大きさになると、すぐに、里親とかに譲渡とか言い出しますよね。里親が今多頭崩壊していってますが、だって、そんなに、猫ほしがる人なんていないから、限られた家にしか、猫は譲渡されないので、次から次に猫をもらい、愛護が渡した里親が崩壊するのです、そして、公園や道に捨てる、それを拾った愛護が、また育てて、里親へと。

アメリカでTNRに反対している市民が陳情書で「TNRは、捨て猫のサイクルを助長するだけだ」と書いています。
どこの国でも、野良猫愛誤のやることは同じです。


> 毎回見て、この人たちって、なにやってんだろう、と思います。

野良猫(雑種猫)は、欲しい人<<<<<生まれる数、なのです。
その構造的な問題を解決しない限り、猫のたらい回しも捨て猫のサイクルも永遠に続きます。
野良猫愛誤さんたちって、このことがわかっていないのかな?


> さんかくさんには、日本の里親ループと、猫のたらい回し、里親の多頭崩壊、についても、是非書いてもらいたいです。

自称猫犬ボラの多頭飼育崩壊は、記事にしました。
「アニマルホーダー」で検索すれば該当する記事がヒットします。
譲渡先も、多頭飼育で崩壊するケースが多いとは聞いています。
良いソースが見つかれば、記事にしたい案件です。
譲渡元も譲渡先も、病的なアニマルホーダーなんでしょうね。


> 原因のひとつに長生きのし過ぎと、誰かが書いてました。数年なら、面倒みれるが、20年前後生きてくると、人の生活って変わりますから。

それはありまもしれません。
犬猫は、栄養状態の向上と医療技術の発達により、20年も生きる個体は珍しくなくなりました。
無駄な命が生まれることを防げなければ、節度ある殺処分はやむを得ないです。
ノーキルなどと非現実的なことを言っていれば、現実的なベターな解決も遠のきます。


> 愛護が気持ち悪いのは、皮膚病で治らなかったり、人に移る病気の猫を、里親に募集するのは、どうかと思いますね。

また皮膚病とか障害が目に見えるほうがマシです。
猫エイズやウイルス性白血病キャリアであることを伏せて譲渡する場合もあります。
そのようなトラブルも、いずれ記事にしたいと思います。


>面倒みれなくて、里親も放棄するんですよね、自分が、飼えないのを人に押し付けるなと、言いたいですね。

それがノーキルの限界です。
自称猫ボラは、自己満足のために、ほかの人に迷惑をかけるなと言いたいです。

やはり

猫の出産に関しては、愛護は勝手な思い込みで、そう記事にしてるんですね。

なんだが、ゴキブリなみに、繁殖力が高いですね。
ただし、ゴキブリは見た目があんまりだから、可愛がらないんですよね。あくまでも、猫の容姿や声なんですよね。気持ちの悪い容姿で、触覚とか、針とか、見た目がひどいと猫は今日まで社会問題になるまでは、生きてこれなかったでしょうね。
猫は頭が悪いわりに、餌をもらう時には、猫なで声をだしますから、それが、彼らのやり方なのでしょう。

最近の愛護のブログなどは、子猫をつれた母猫の子猫のみを保護し、可愛がり、母猫などは、リリースしてますからね。
偏ってるなあ、と。

結局、道端で子供が、拾ってくるのも、子猫だし、大人猫は需要が少ないらしく、ぽいっと、リリースするのでしょう。

どこの愛護施設も子猫まみれで、都合のいい愛護団体は、いつまでに、誰か〈責任の放り投げ〉が里親になってくれないと、この子はまた保健所戻りです。もらって下さいと、書いてるとこもありました。
保健所から、殺処分を免れたラッキー猫、福猫です、とか。

それは、ラッキーじゃなく、保健所で処分するところを勝手に拾ってきたんでしょーが?って思いました。

保健所から、わざわざ、もらってきて、いつまでに里親が見つからなけばまた保健所なんですよ?って、貴方が面倒みなさいよって思いますけどね。


あと、猫の保護団体の大勢の猫のいる施設が写真に載ってますが、ものすごい、猫の毛です、カーペットやら、床に散乱してる。何故、猫を大勢飼育している家って、毎回あんな風になるのでしょうね。
あんな中で生活できるのが、ものすごいと思ってしまいます 。

昔の日本は猫を紐で繋いで、外で飼って居たって、ネットの記事でみましたが、犬は紐で繋ぐのに、猫だけ野放しなんでしょう?疑問です。

飼育している人のサイトをみますと、炊飯器の釜の中に入って、寝てるとか、パソコンの画面を壊されたとか、植木やられた、とか、嘔吐した、噛まれたとか、書かれてて、よく我慢できるなと、逆に感心してしまいます笑

猫の毛まみれご飯を食べてニヤニヤしてるわけですからね。

私なら、紐でくくって、室内でも、徘徊させませんけどね、猫のいいなりになってるのがよく理解できませんね。
愛護は、犬は躾けるものだ、猫は自由にストレスなくさせなくちゃだめ、ストレスと環境に弱いんだからって、そんな軟弱な生き物が20年前後も生きないような気が。
どちらかというと、狡猾な計算高い生き物だと感じられますが。

Re: やはり

ピナ様、コメントありがとうございます。

> 愛護は勝手な思い込みで、そう記事にしてるんですね。

猫の出産に限らず愛誤が主張することは、自分たちにとって都合の良い勝手な思い込みや事実の歪曲・拡大と、都合の悪いことは分かっていても伏せます。


> 猫の容姿や声なんですよね。
> 猫は頭が悪いわりに、餌をもらう時には、猫なで声をだしますから、それが、彼らのやり方なのでしょう。

野良猫愛誤が猫に偏執するのは、あくまでも彼らの主観的な好みです。
科学的根拠はありません。
では、外見が気味の悪いコウモリは絶滅させていいのかということになります。
在来種のコウモリで、猫に捕食されて絶滅寸前になったものもあります。
オガサワラオオコウモリなどです。
野良猫愛誤は、希少なオガサワラオオコウモリには一顧だにせず、野良猫の保護のみを強硬に求めました。
彼らは狂人で、動物愛護家でもなんでもない。


> 愛護のブログなどは、子猫をつれた母猫の子猫のみを保護し、可愛がり、母猫などは、リリースしてますからね。

地域猫?で、なぜ子猫が生まれるのですかね?
地域猫の失敗の証左ではありませんか。
まさに公共の場を放牧地にして劣悪な環境で猫繁殖をして、売りつける悪徳商人じゃないですか。
パピーミルを批判できません。
キティーミル以前の問題でしょうが。
パピーミルは、無関係な人に迷惑をかけていませんし、カネもたかりません。


> どこの愛護施設も子猫まみれで、

繰り返しますが、不妊去勢の効果があって、繁殖制限に成功していたら、子猫なんて存在しませんって。


> それは、ラッキーじゃなく、保健所で処分するところを勝手に拾ってきたんでしょーが?って思いました。

無責任に関わるくらいならば、保健所で殺処分する方がはるかに良いです。


> 保健所から、わざわざ、もらってきて、いつまでに里親が見つからなけばまた保健所なんですよ?って、貴方が面倒みなさいよって思いますけどね。

一時期、保健所では、猫に限り一般譲渡をやめていました。
過去に、自称猫ボラが大量に保健所から収容猫を引き出しては一般に怪しげな譲渡を行い、売れ残ったものは「地域猫」wとして公園などにリリースした事件が多発したからです。
近年は、環境省の指針もあり、猫の一般譲渡を再開している保健所も増えていますが、保健所管轄内で譲渡は一人一匹に限るなどの制限を設けているところが多いです。


> 猫の保護団体の大勢の猫のいる施設が写真に載ってますが、ものすごい、猫の毛です、カーペットやら、床に散乱してる。何故、猫を大勢飼育している家って、毎回あんな風になるのでしょうね。

極端に飼育密度が高く数が多ければ、衛生管理が難しくなるのは当たり前です。


> 昔の日本は猫を紐で繋いで、外で飼って居たって、ネットの記事でみましたが、犬は紐で繋ぐのに、猫だけ野放しなんでしょう?

私も記事にしています。
猫は、かつては貴重なペットで、上流階級しか飼えませんでした。
盗まれないように、紐でつないで室内飼いしていました。
綱吉が生類憐れみの令で、猫の係留を禁じて以降、猫は爆発的に増えました。
猫を放し飼いする習慣は、歴史的に見て比較的新しいのです。


> 猫は自由にストレスなくさせなくちゃだめ、ストレスと環境に弱いんだからって、そんな軟弱な生き物が20年前後も生きないような気が。

猫(イエネコ=原種、リビアヤマネコ)ほど、生息域を広げ、繁殖力旺盛で個体数を増やした種は、ドバト(カワラバト)くらいでしょう。
熱帯の砂漠に近いところから、酷寒のヘルシンキの街中まで野良(野生化)猫がいます。
クマネズミやドブネズミ、ハツカネズミなどのネズミ類より、環境適応力があり、生息域を広げています。
上記のネズミ類は、乾燥地帯では生息できません。
このような生物を、保護する理由はありません。

日本の行政は

科学的な根拠に基づいたルール作りをして下さい。

Re: 日本の行政は

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 科学的な根拠に基づいたルール作りをして下さい。

仰るとおりです。
TNRで先行したアメリカでは、連邦政府機関、学術機関はもとより、TNR推進団体も全てで野良猫の減少効果を否定しています。
いまだに「野良猫を減らす~ゼロ化」なんて言っているのは世界中で多分、日本の環境省と自治体、愛誤団体だけです(EUではそもそも屋外猫は法定保護の対象ではないとの指針が出ています。ですからTNRをする環境ではなく、おそらくドイツでは公的TNR制度は皆無のはずです)。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR