アメリカ最大のTNR推進団体、Alley Cat Allies「野良猫連合」の真実~ワシントンポスト誌は同団体のワシントンDCのTNR活動を完全否定した





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Summary)
This is the face of free-roaming cat management in Washington DC.
The Washington Humane Society has embarked on an ambitious plan to end cat euthanasia in its two shelters,2004.
But now in 2014, the number of feral cats is not reduced.
In spite of doing TNR budget enormous every year.
First of all, people who have done TNR activity has been negative (decrease of feral cats) effect of TNR.


 アメリカ最大のTNR推進団体、Alley Cat Allies「野良猫連合」は日本のTNR活動家らの多くが信奉しており、まさに狂信とも言えます。前回記事ではこの団体は、無許可TNRにより逮捕有罪となるメンバーが続出している、アメリカ本国では狂信的で危険な団体との認識であることを書きました。また同団体の活動を、学術団体、自然保護団体の多くが否定しています。またワシントンポスト誌はそれらを引用し、同団体のワシントンDCでのTNRを完全に否定しました。


 前回記事、アメリカ最大のTNR推進団体、Alley Cat Allies「野良猫連合」の真実~実は、違法TNRの犯罪者集団、の続きです。前回記事と同様に、Alley Cat Allies「野良猫連合」のTNR活動を絶賛する日本の愛誤団体のHPの記述を引用します。
 animalsというサイトから引用します。海外の動物愛護活動から学ぶ TNRとは 海外の動物愛護活動から学ぶ Alley Cat Allies


野良猫問題に専門に取り組むアメリカの団体 Alley Cat Allies は、ワシントンDCなどでTNRの素晴らしい成功例を挙げています。
Alley Cat Allies アリー・キャット・アライズ。
アメリカで唯一の野良猫の為の全米権利擁護団体。
野良猫に関する正しい知識を広める為、各地で教育プログラムを展開。
また、TNRを実践し過去にも素晴らしい成果を上げている。



 animalsのHPの記述ですが、具体的にAlley Cat Allies「野良猫連合」のTNR活動がどのように素晴らしいのか、具体的には全く述べられていません。この文章を書かれた方はボキャブラリーが貧困なのでしょうか。このワシントンDCでの、Alley Cat Allies「野良猫連合」のTNR活動ですが、ワシントンポスト誌が多くの学術機関や公的機関、自然保護団体などの研究結果などを多数引用して完全否定しました。ワシントンポスト誌は、読者層は高学歴で、ややリベラルよりであるとされている硬派なメディアです。
 以下に、その記事を引用します。Is it more humane to kill stray cats, or let them fend alone?「それが(TNR)が野良猫を殺すより人道的ならば、それより彼ら(Alley Cat Allies)だけに野良猫を飼育させればいいのでは?」。2014年2月6日。


That philosophy appalls other animal welfare organizations that believe cats belong indoors.
People for the Ethical Treatment of Animals,says euthanizing outdoor cats is more humane.
They won’t die comfortably in someone’s arms; they will die badly,” says Ingrid Newkirk, PETA’s president.
"It’s no kindness; it’s because people feel uncomfortable with euthanasia. ”
The American Bird Conservancy, the Wildlife Society and several veterinarians who have studied outdoor cats make many of the same arguments — although not every group advocates euthanasia.
Free-roaming cats kill too many birds, they say.
Trap, neuter and release programs haven't proved effective at reducing cats’ numbers.
Caregivers risk rabies and toxoplasmosis.
These cats are not wanted by society.
“A lot of our solutions are imperfect.” says Lisa LaFontaine, WHS president.
We can’t use population reduction and population management as a technique is antithetical to 100 years of wildlife management.
There’s a misguided notion that euthanasia of cats is somehow immoral.
It’s not immoral — it’s just a sad and necessary fact.

その哲学(Alley Cat Allies「野良猫連合」のTNR至上主義)は、猫は屋内で飼育すべきだと信じている、他の動物愛護団体をぞっとさせます 。
動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)は、屋外の猫を安楽死させることは、(TNR)より人道的だと主張しています 。
「屋外の猫たちは、誰かの(飼い主)腕の中で、穏やかに死ぬことはありません、彼らはひどい状態で死ぬでしょう」とPETAの代表者、イングリッド・ニューカークは述べています。
「それ(TNR)は優しくはありません。(TNRをする理由は)単に人々は安楽死を不快に感じるからです」。
アメリカのバードコンサーバンシー(野鳥保護団体)、野生動物協会、屋外の猫を研究しているいくつかの獣医師らは、同じ議論を何度も重ねましたが - しかし例外なくすべての団体は(屋外猫の)安楽死を提唱しています。
自由に徘徊する猫があまりにも多くの鳥を殺す、と彼らは言います。トラップ、不妊去勢とリリースのプログラムは、猫の数を減らす効果が証明されてません。
屋外猫を世話する人たちは、狂犬病やトキソプラズマ症の危険を社会にもたらします。
これらの猫は、社会が望まないものです。
「私たちが行っている問題解決方法(TNR)の多くが不完全です」とWHS(ワシントンDCの不妊去勢を実施している団体)の代表者、リサ・ラ・フォンテーヌ氏は言います。
私たちは、野生動物管理の技術100年の歴史に全く反する技術、すなわち猫の個体数の減少と個体数管理を行うことは不可能としています。
猫を安楽死させることには、どういうわけか不道徳であるとの誤った思い込みがあります。
それは不道徳ではありません - それは悲しいことですが必要なことなのです。



 少し長くなりましたので、このワシントンポスト誌の記事の紹介は次回以降の記事でします。ワシントンポスト誌は、次の理由でワシントンDCでのTNRに反対しています。その理由の根拠は、最大手動物愛護団体PETA、野生動物保護団体、獣医師らによるものですが。

1、屋外で猫を飼育するTNRは、猫にとっても反人道的で、安楽死の方が人道的です。
2、TNRは、野生動物に対して被害をもたらします。
3、TNRは、感染症の危険をもたらします。
4、屋外猫の存在は、社会が望んではいません。
5、(屋外で自由に徘徊する)猫の個体数を減少させ個体数管理を行うことは、野生動物管理の技術の歴史を鑑みれば不可能です。


 次回の記事では、ワシントンポスト誌の記事で、ワシントンDCでのTNR活動を現場で行っている活動家自身が、TNRの効果(野良猫を減少させること)を否定していることを紹介します。ワシントンDCでは、TNR活動開始以降野良猫の数は減っていません。当のAlley Cat Allies「野良猫連合」自身が、TNRによる猫の減少効果を否定しています。
 日本の愛誤団体が、Alley Cat Allies「野良猫連合」のTNR活動を絶賛していますが、現地アメリカでの評価は、それとは随分異なるようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、捨て猫について調べていてこちらのプログにきました。
動物愛誤による野良猫被害が多くて驚きました。

私の感想は動物愛誤の餌やりが、野良猫文化と人の情を壊しているとおもいました。
ここにいらっしゃる被害者の方は、野良猫のことも可哀想だと思っている人が多いですね。
多くの人間が助けられはしないけれど、被害が無ければ捕まえない、おもしろ半分で虐待しない、お目こぼしでゴミを漁るくらい許しているくらいだと思います。
これくらいが健全な人間社会、野良猫文化では無いでしょうか。

餌やりの人は卑怯ですね。戦っている人は大変だと思います。
全国規模で起こっている事ですから、被害者の方が経験を公にして
餌やり反対をすれば、変わるかもしれませんよ。

Re: No title

いち様、コメントありがとうございます。

> 動物愛誤による野良猫被害が多くて驚きました。

実際被害を経験されていない方は「たかが野良猫への餌やり」と思われます。
しかし事業をされている方などは、かなり深刻なケースもあります。


> ここにいらっしゃる被害者の方は、野良猫のことも可哀想だと思っている人が多いですね。

無責任な餌やりで栄養状態だけはよく、年に4回も出産して、ボロボロになって2年年くらいで死んでしまうメス猫は不憫に思います。

> 助けられはしないけれど、被害が無ければ捕まえない、おもしろ半分で虐待しない、お目こぼしでゴミを漁るくらい許しているくらいだと思います。

そのように大多数の人のように、責任が持てないのならば、中途半端にかかわらない方がまだ良いと思います。


> 全国規模で起こっている事ですから、被害者の方が経験を公にして
> 餌やり反対をすれば、変わるかもしれませんよ。

私は「野良猫被害者側も組織化する時期に来ている」とのメッセージを頂いています。
動物愛護(誤)は、一部の熱狂的な愛護(誤)と少数の被害者、そして大多数の無関心層から成り立ちます。
無関心層は、自分たちが実際被害に遭わなかれば、動物愛護(誤)問題なんて取るに足らないことです。
それを良いことに、愛誤はわがままを通しすぎました。
愛誤も「やりすぎ」で被害者が増えれば、手痛いしっぺ返しを食うのが近いと思います。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR