アニマルホーダーの女は自分の飼い犬11頭を射殺し、拳銃自殺をしました~ドイツ、クローナッハ





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Weil eine Frau im Kronacher Stadtteil Friesen ihre 13 Hunde angeblich nicht artgerecht gehalten hatte, sollten ihr einige Tiere vom Landratsamt weggenommen werden.
Als die Mitarbeiter mit drei Polizisten bei der Frau in Friesen eintrafen, erschoss die 49-Jährige zehn Hunde und sich selbst. Das teilte die Polizei am Dienstag mit.
Es ist die Kritik gegen diesen Akt der Polizeibeamte.
Der Kronacher Landrat Oswald Marr sagte.
Anderseits sei er aber auch Chef der Sicherheitsbehörde, die dafür sorgen müsse, dass die Gesetze eingehalten würden.


 2013年2月。ドイツ、バイエルン州クローナッハの49歳の女性アニマルホーダーの自宅に、警察官らがアニマルホーダーが飼育している犬13頭を押収するために訪れました。女は11頭の犬を射殺しました。そして自らも拳銃自殺を遂げました。

 ドイツ、バイエルン州コーブルクの、ローカルニュースサイトの記事から引用します。Neue Presse-coburg「ノイエプレスコーブルク」より。Frau erschießt ihre Hunde und sich selbst「女は、自分の飼い犬たちを射殺した後に拳銃自殺しました」。2013年2月12日。


Tragödie im Kronacher Stadtteil Friesen:
Eine Frau hat erst einige ihrer Hunde und dann sich selbst erschossen.
Weil eine Frau im Kronacher Stadtteil Friesen ihre 13 Hunde angeblich nicht artgerecht gehalten hatte, sollten ihr einige Tiere vom Landratsamt weggenommen werden.
Als die Mitarbeiter mit drei Polizisten bei der Frau in Friesen eintrafen, erschoss die 49-Jährige zehn Hunde und sich selbst. Das teilte die Polizei am Dienstag mit.
Ein weiteres Tier starb später, zwei überlebten das Drama und wurden tierärztlich versorgt.
Nach einem kurzen Gespräch der Landratsamt-Mitarbeiter mit der Frau an der Haustür hatte sie nach Polizeiangaben unvermittelt die Türe geschlossen.
Dann fielen Schüsse.
Die Polizisten dringen in das Haus ein, fanden im Erdgeschoss drei tote Hunde .
Das SEK verschaffte sich Zugang zu den weiteren Räumen und fand den Angaben zufolge sieben weitere leblose Hunde sowie deren Halterin - ebenfalls tot.

フリーセンクローナッハ地区での悲劇。
女は、自分の飼い犬の一部だけを残して、飼い犬たちと自分自身を射殺しました。
クローナッハフリーセンの女が、13頭の飼い犬を適正に飼育していないとの通報があり、女は何頭かの犬を手放す必要があり、そのために地区の警察官が押収に行きました。
3人の担当警察官がその49歳の女の家に到着したとき、女は、10頭の犬と自分自身を射殺しました。
そのように警察は明らかにしています。
残りの1頭はその後死に、残りの2頭は悲劇を生き残りましたが重傷を負いました。
警察によれば、警察官との短い会話の後、彼らが立っていた正面玄関のドアを、突然女が閉めたのです。
その後、拳銃が発射されました。
警察官は家に突入し、一階で3頭の死んだ犬を見つけました。
報告によれば、警察官は他の部屋へも立ち入り、7頭の動かない犬と、すでに死んだその飼い主を発見しました。



 事件を担当している警察署と検察庁は、女のリボルバー拳銃の入手経路と犯行動機の解明を捜査しています。しかし「死人に口無し」です。このようなアニマルホーダー狂人を相手にしなければならない警察官も命懸けです。
 一方では、このような悲劇を招いた、警察官の行為(強制的な犬の押収)に批判もあります。それに対して、クローナッハ警察署長のオズワルド・マー(Oswald Marr )氏は、「法律は尊重されなければならない」と述べています。

 ところでドイツは、アメリカほどではないにしても、銃はかなり普及しています。ドイツでは、16歳から軽量銃と狩猟免許が取得できます。ドイツの銃免許の年齢引き上げについてはしばしば議論されますが、法改正には至っていません。
 若年層の銃と狩猟免許取得は、環境保護に資するというのが賛成派の意見です。この議論は、犬猫の狩猟駆除に対して反対する人と、害獣(アライグマなどの悪性外来種や野良犬猫)の駆除に賛成する環境保護擁護派の人とで、しばしば先鋭的に行われます。


(画像)

 アニマルホーダーの女が11頭の犬を射殺、2頭の犬に重傷を負わせ、自らも拳銃自殺した犯行現場。クローナッハは、古い町並みが美しい、日本人観光客もよく訪れる場所です。普通の民家で、もし大型犬ならば、13頭を室内で飼育するのはやはり無理があるでしょうね。

2238150_1_DSCF1161.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

室内で13頭くらいは無理ではないかと?

自殺したホーダー女性の家がどのくらいのサイズかは知りませんが、海外からウサギ小屋と言われる日本住宅を想像すると13頭は無理かもしれませんが海外の住宅で200平米くらいあるものはザラなので犬の10匹や20匹くらいいけそうな気がします。

さんかくさんの記事を読む限りだとペットに重課税のあるドイツでは厳しそうではありますが、アメリカなどでは広大な庭と呆れる様な広さの家がかなり低価格で販売されています。
田舎すぎて庭にセスナの自家用空港があるくらい田舎ですが・・・。

それはともかくとしても愛誤は何がしたいのか理解できませんね、ペットを取り上げられるくらいで自殺とか意味がわかりません。
日本の愛誤もドイツのホーダー女性の様にどんどん自殺してくれると犬猫の為にも社会の為にも良いのですが、日本の愛誤は厚顔無恥ですし無理ですかね?

Re: 室内で13頭くらいは無理ではないかと?

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 自殺したホーダー女性の家がどのくらいのサイズかは知りませんが、

写真に写っている家が、アニマルホーダーの女の家でしょう。
日本でも、少し町並みの良い新興住宅といった感じでしょうか。


> (犬)に重課税のあるドイツでは厳しそうではありますが、
>ペットを取り上げられるくらいで自殺とか意味がわかりません。

場合によっては、かなり深刻です。
この現場はバイエルン州です。
バイエルン州は、禁止する犬種の犬税が想像を絶するくらい高額で、無許可飼育の罰則も厳しいです。
禁止犬種無許可飼育は、罰金1万ユーロ(140万円/一頭)です。
また、禁止犬種の種類も多いです。
私は、過去に、バイエルン州の自治体では、禁止犬種の犬税が2,000ユーロ(28万円)という記事を書いています。
そのほかに、対人賠償保険の未納もあります。
飼育頭数が増えれば、犬税は累進的に高くなります。
また、犬税務登録が発覚すれば、最大過去4年までさかのぼって課税されます。
また、犬は禁止犬種やその雑種であれば、ほぼ強制的に殺処分されます。
また、飼い主に対する刑事罰も厳しいです。
昨年ベルリンで野良犬124頭などを、使われなくなった公共建物内で飼育していた女は、執行猶予がつきましたが懲役1年の判決が確定していますし、犬のほぼ全てが殺処分されました。

下手したら、クローナッハのアニマルホーダー女は破産状態、犬は全て押収の上殺処分、自身も刑事罰を受ける可能性大です。
動物犯罪は、ドイツやアメリカは、日本と比べ物にならないぐらい厳しいですから。
ドイツで犬を押収するケースは、大概犬税無登録です。
愛誤さんがいうような、犬の虐待はむしろ理由としては少ないと思います。
このようなケースで、警察が犬の押収をするきっかけは、近所の通報です。
バイエルン州警察は、警察hpに禁止犬種の写真を掲載し、一般からの通報を奨励しています。


>日本の愛誤は厚顔無恥ですし無理ですかね?

日本の場合は、アニマルホーダーに対しては、本件のように下手したら数千万円の罰金と課税があるわけではなく、犬を取り上げられて殺処分されるわけでもないし、自身も刑事罰に問われることはないです。
日本は、ペットの不適正飼育者天国ですから、自殺する理由がありません。

No title

>このようなアニマルホーダー狂人を相手にしなければならない警察官も命懸けです。

相手がトチ狂っていきなりズドンもあり得ますから、外国の警察官は正に命がけです。
対して我が国では拳銃の入手そのものが困難ですが、身近な凶器としては刃物があります。
狂人は前触れなしにいきなりヤリますから、我が国の警察官も愛誤を相手にする際は細心の注意が必要だと思います。

>一方では、このような悲劇を招いた、警察官の行為(強制的な犬の押収)に批判もあります。
>それに対して、クローナッハ警察署長のオズワルド・マー(Oswald Marr )氏は、「法律は尊重されなければならない」と述べています。

法の番人たる警察官として至極真っ当な答えです。
それに、警察に言ったところで彼らには法・条例の制定権も何もないのですから、何も変わりはしませんし無意味です。
愛誤のムダな事や迷惑行為に全力を出す**っぷりと、ショートした思考回路は世界共通ですね。
**と言えば、こういう**共にまんまと乗せられる一部の首長・行政は愛誤以下、**ですらないって思いますね。
情けない限りです。

Re: No title

迷惑餌やり反対派様、コメントありがとうございます。

> 対して我が国では拳銃の入手そのものが困難ですが、身近な凶器としては刃物があります。

最近は、警察官は、防刃ベストを着用している場合が多いですね。


> 法の番人たる警察官として至極真っ当な答えです。

近年は、犬の不適正飼育者に対しては、ドイツでは、厳格に対処しているようです。
飼育禁止犬種や多頭飼い、犬税無登録などは、ガンガン押収して、殺処分数も増えています。
その背景には、犬による人身事故の激増があります。
ベルリンでは、発生率が日本の9倍!で、幼い子供が放し飼いの犬に殺されたり悲惨な例が続いています。


> 愛誤のムダな事や迷惑行為に全力を出す**っぷりと、ショートした思考回路は世界共通ですね。
> **と言えば、こういう**共にまんまと乗せられる一部の首長・行政は愛誤以下、**ですらないって思いますね。

まさにそうです。
tnrにしても、アメリカは場令で例外的に許可している自治体はありますが、金まで出すオンブにダッコはおそらくないと思います。
私が知る限り、資金の拠出は民間です。
ドイツは、おそらく公的なtnr制度は皆無です。
それでなぜ、日本の愛誤が外国を引き合いに出して、自治体に野良猫飼育趣味の金までたかるのか理解できません。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR