違法な「仔犬仔猫の青空市場」を報じた、ドイツTVドキュメンタリー





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Seit seiner Eröffnung im November 2004, war Zoo Zajac in Duisburg , eine Tierhandlung bereits der weltweit größte Tierhandlung.
Die Zoo Zajac mit seinen über 9.000 qm Verkaufsfläche offiziell als größtes Zoofachgeschäft der Welt auszeichnet.

Tierrechtsorganisation hat diese riesige Tierhandlung(Zoo Zajac) verurteilt.
Der Grund dafür ist der Verkauf von einem Hund von Zoo Zajac.
Aber Tierschutzgruppen sind falsch.
sie sagen, " Zoo Zajac ist schlecht".
Zoo Zajac, sie sind in Übereinstimmung mit den Gesetzen von Deutschland.
Person der Schmuggel von Welpen aus Osteuropa ist ernstes Problem, als die.


 記事、
ドイツの巨大生体販売ペットショップを攻撃する、ドイツの愛誤団体の愚かさ
東ヨーロッパから違法な仔犬輸入が急増しているドイツ
ドイツ、ポーランド国境付近の違法な仔犬の青空市
の関連記事です。ぜひ併せてお読みください。ドイツ、ポーランド国境付近では、東ヨーロッパのパピーミル(仔犬工場)で生産された仔犬が、違法に安く売られています。まさに「青空市場」です。この問題にいち早く報道したドイツのTVニュースを紹介します。



 問題のドイツTV番組の録画です。2009年11月2日。Iillegaler Welpenhandel in Slubice「スロビッツでの違法な仔犬の貿易」。2009年11月2日。




(概要)

Direkt am Eingang des großen Marktgeländes stehen 8 Tierhändler.
Ihre Ware, Hunde- und Katzenwelpen, präsentieren sie in einfachen Pappkartons.
Die Händlerinformationen zu den Tieren sind spärlich,
Ein Hund für 50 Euro vom Polenmarkt ist folglich mit Sicherheit nicht geimpft.
aktion tier schätzt, dass über 50% der auf den Polenmärkten erstandenen Hundewelpen dem Tod geweiht ist.
Die meisten der Babys erkranken nach kurzer Zeit an Parvovirose, einer hoch ansteckenden und meist tödlich verlaufenden Infektionskrankheit.
Wer etwa aus Unwissenheit ein jüngeres Tier ersteht, handelt ordnungswidrig.
Außerdem müssen gemäß den geltenden Bestimmungen auch Hundewelpen unter 3 Monaten bei der Einreise nach Deutschland mittels Microchip oder Tattoo gekennzeichnet sein sowie über eine EU- Heimtierpass verfügen.
Hunde der Rassen Pit-Bullterrier, American Staffordshire-Terrier, Staffordshire-Bullterrier, Bullterrier sowie deren Kreuzungen dürfen überhaupt nicht nach Deutschland eingeführt werden.

大きな犬猫市場の入り口には、8つの犬猫販売店があります。
商品の仔犬や仔猫は、簡単な段ボール箱に入れられて展示されます。
犬猫販売店の情報は書類が不備、もしくはありません、またはワクチン接種証明書がありません。
犬にはがワクチンが接種されていると主張されていますが、偽物です。
ポーランドから、市場に持ち込まれた50ユーロの価格の犬は、ワクチンが接種されていないので安全ではありません。
アクティオンティアー(動物愛護団体)は、極端な場合、このような市場の仔犬は、買われてから50%以上が死亡する運命にあると推定しています。
仔犬仔猫のほとんどは、多くの場合、パルボウイルスなどの伝染性の高い、致命的な感染症ですぐに病気になるのです。
このように、無知で幼すぎる犬猫を買った人は、行政犯罪になります。
仔犬には規則が適用され、ドイツに入国する場合、マイクロチップまたはタトゥーを使用してドイツへ入国する生後3ヶ月までに認識される必要があり、EUのペットのパスポートを持っている必要があります。
以下の犬種、ピット·ブル·テリア、アメリカン·スタッフォードシャー·テリア、スタッフォードシャー·ブル·テリア、ブル·テリアとその雑種は、ドイツに輸入できません。



 この様な、*違法なドイツへの仔犬仔猫の供給元は、ポーランドが最も多いようです。ヨーロッパ大手の動物愛護団体、Pfotenhilfe-Europa「=肉球を助けるーヨーロッパ。本部はハンガリー」のHPのレポートにもそのような記述があります。Pfotenhilfe-Europa Polen「肉球を助けるーヨーロッパ ポーランド」(ドイツ語)、から引用します。
 この記述は、動物愛護団体の誇張が、ややあるかもしれません。しかし、ポーランドにおいては、このような劣悪なパピーミル(仔犬工場)ばかりではなく、優れたブリーダーも台頭してきています。優秀なブリーダーにより生産された仔犬(一部仔猫)は、ドイツの巨大ペットショップの供給元です。さらには、ショードッグレベルのブリーダーも存在し、ドイツ以外の西ヨーロッパ先進国にも供給しています。ポーランドでは、仔犬仔猫生産は、国の主力産業になりつつあります。


Welpenfabriken
Die Welpen sind oftmals bereits so krank, dass diese nicht einmal eine Woche in ihrer neuen Heimat überleben können.
Überzählige - nicht rechtzeitig verkaufte - Welpen werden achtlos weggeworfen, landen allzu oft in den ohnehin überfüllten Tierheimen oder werden vor Ort auf grausame Weise erschlagen.

パピーミル(仔犬工場)
仔犬は多くの場合、新しい飼い主の家で、一週間を生き残ることができないほど、既に病気にかかっています。
余剰な - その時点で売れ残った - 仔犬はあまりにも多くの場合、過密なティアハイムで死んでしまうか、残酷な方法でその場で殺され、捨てられます。



*「違法な青空仔犬市場」と記述しましたが、もしのこの犬猫の露店がポーランド国内であれば、ドイツ法により取り締まることはできません。ポーランドの法律で、このような形態の犬猫販売方法を禁じていなければ合法です。ポーランド法は確認していませんが。


・なお、ドイツの超巨大ペットショップとポーランド国境付近での違法仔犬マーケットは、こちらでも詳しいです。

■ 動物ジャーナル83 2013 秋 先進国って何? (八) ドイツ篇 その二巨大ペットショップと激安フリーマーケット、そこで売られる仔犬たち 青島 啓子
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どっちも同じレベルです

愛誤のやってる近親交配や無責任繁殖の下請け施設であるティアハイムもパピーミルも同じレベルで害悪ですよ。
仔犬の青空市の方が嘘と詭弁の綺麗事で寄付などつのらないのでまだ害が少ないのでは?

ティアハイムは使役動物の保護が減少した時点で役目を終えた施設ですよ、現在は日本の保健所と同じくバカ愛誤の尻拭いが役目になってるだけですし必要とされないから淘汰されかけているだけです。

青空市にしてもドイツ国内でまともなペットショップが台頭しているのであれば質の悪いペットを扱っていればティアハイム同様に遠からず淘汰されます、淘汰されない為には質を上げるしかないので質が上がればそれはそれで問題ないのでは?

Re: どっちも同じレベルです

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 愛誤のやってる近親交配や無責任繁殖の下請け施設であるティアハイムもパピーミルも同じレベルで害悪ですよ。

なぜティハイム(イギリスなどはアニマルシェルター)がこれほどまで絶賛されるかわかりません。
民間の営利施設です。
いわば古物商で、不用品を仕入れて転売益を得ています。
もちろん殺処分は日常的に行なわれています(私はティアハイムの元所長の、殺処分の告発ブログを記事にしました。HPで公に「安楽死を行っている」ことを明らかにしているところもあります。近々記事にします)。
ティアハイムから犬猫の譲渡を受けるには、200~300ユーロが相場と言われています。
計画繁殖の新品仔犬猫を売るペットショップと、無計画繁殖や不用品を仕入れて売るティアハイムと、倫理的にどれほど違うのでしょうかね。
ある面、ティアハイムの存在は、ペットの不法投棄や不適正飼育を後押ししているとも言えなくもないです。
なお、イギリスの名門アニマルシェルターが、寄付金をガンガン受け付け保護動物を受け付けておきながら、その年は譲渡実績ゼロで、片っ端から保護動物を銃殺していたという、マスメディア記事を私は紹介しています。
ベルリンティアハイムは、かつて寄付金が集まりすぎて、女性所長が横領して贅沢三昧をしていた事件もあります(ドイツ語で検索してください。あちらでは周知の事実です)。


> 仔犬の青空市の方が嘘と詭弁の綺麗事で寄付などつのらないのでまだ害が少ないのでは?

寄付を募らないところは、日本の自称猫ボラ犬ボラよりマシでしょう。
自称猫ボラが、ワクチン接種証明や検査証明をコピーして使いまわしていたなんてザラです。


> ティアハイムは使役動物の保護が減少した時点で役目を終えた施設ですよ、現在は日本の保健所と同じくバカ愛誤の尻拭いが役目になってるだけですし必要とされないから淘汰されかけているだけです。

仰るとおりです。
ドイツも、遺棄動物の増加で、ティアハイムで再譲渡を促すより、獣医局で直接安楽死の方針です。
ドイツ国内では、年間9千もの犬などの動物が警察官に射殺されています(私はドイツのマスメディアによる記事を紹介しています。警察統計で1単位まで明らかにされています)。


> 青空市にしてもドイツ国内でまともなペットショップが台頭しているのであれば質の悪いペットを扱っていればティアハイム同様に遠からず淘汰されます、淘汰されない為には質を上げるしかないので質が上がればそれはそれで問題ないのでは?

ドイツ、ポーランド国境付近の犬猫青空市は、国境検問所が廃止された直後から問題となっていましたし、今でも廃れるどころか、ますます活況のようです。
つまりドイツのマスメディアが報道するほど、犬猫の質は悪くはないのではないかと想像します。
供給側で規制できなければ、需要側で行うしかないです。
今までは、ドイツの犬税登録も有名無実化していますし、ペットの遺棄は年間50万匹(日本は20万匹)と推定があります。
犬猫飼育免許、登録の厳格化、罰則強化、遺棄の取締罰則強化、殺処分強化などしかないでしょう。
現にドイツは、その方針です。
一部犬種に対する超重税、無登録の厳罰化(10,000ユーロの罰金など)、殺処分の許容を広げる(昨年の動物保護法と狩猟法の改正など)です。
同様の問題は、日本も抱えていると言えます。
海外を参考にするのならば、正しく現実を認識する必要があります。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR