ドイツ、ポーランド国境付近の違法な仔犬の青空市





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Seit seiner Eröffnung im November 2004, war Zoo Zajac in Duisburg , eine Tierhandlung bereits der weltweit größte Tierhandlung.
Die Zoo Zajac mit seinen über 9.000 qm Verkaufsfläche offiziell als größtes Zoofachgeschäft der Welt auszeichnet.

Tierrechtsorganisation hat diese riesige Tierhandlung(Zoo Zajac) verurteilt.
Der Grund dafür ist der Verkauf von einem Hund von Zoo Zajac.
Aber Tierschutzgruppen sind falsch.
sie sagen, " Zoo Zajac ist schlecht".
Zoo Zajac, sie sind in Übereinstimmung mit den Gesetzen von Deutschland.
Person der Schmuggel von Welpen aus Osteuropa ist ernstes Problem, als die.


 記事、
ドイツの巨大生体販売ペットショップを攻撃する、ドイツの愛誤団体の愚かさ
東ヨーロッパから違法な仔犬輸入が急増しているドイツ
の続きです。こられの記事では、現在ドイツでは、東ヨーロッパから違法合法を問わず、ペット用仔犬が輸入されていることを述べました。違法な仔犬の販売は、多くはドイツ、ポーランドの国境付近で行なわれています。今回は、その実態を紹介します。



 以下の動画は、ドイツ大手の動物愛護団体、aktion-tier「アクティオンーティアー。行動をー動物たちへ」が作成したものです。ドイツ、ポーランドの国境付近で開催されている、違法な仔犬の青空市の様子が納められています。2012年6月18日。




(概要)

Hundebabys, verstaut in Gitterkäfigen, Kartons oder Einkaufstüten.
Sind diese verdeckt gedrehten Aufnahmen auf einem Hundemarkt an der deutsch-polnischen Grenze.
Kauft man ein solches Wunschtier beim Züchter, so kostet es meist viele hundert Euro.
Auf den Märkten an der deutsch-polnischen Grenze sind die Hunde dagegen deutlich günstiger.
Schon für 50 Euro bekommt man einen angeblich reinrassigen Boxer oder Husky.
über 50% der aus dem östlichen Europa stammenden Welpen sind dem Tod geweiht.
Sie sterben entweder an massivem Parasitenbefall oder ein einer der oft tödlich verlaufenden Viruserkrankungen wie beispielsweise Parvovirose.
So ist es gemäß dem deutschen Tierschutzgesetz verboten, einen Hundewelpen, der jünger als acht Wochen ist, von der Mutter zu trennen.
Hunde der Rassen Pit-Bullterrier, American Staffordshire-Terrier, Staffordshire-Bullterrier, Bullterrier sowie deren Kreuzungen werden zwar in großen Mengen auf den Polenmärkten angeboten.

子犬はメッシュのケージ、箱やショッピングバッグに入れられます。
ドイツ、ポーランド国境の犬の市場には、このような隠された歪んだ記録があります。
あなたがブリーダーで同程度の仔犬を購入する場合、通常は数百ユーロです。
しかし、ドイツ、ポーランド国境での(闇)市場では、犬ははるかに安いです。
50ユーロ(約7千円)を払えば、あなたはおそらく、純血種のボクサーやハスキーを買えます。
しかし東ヨーロッパから、そのように輸入されたの子犬の50%以上が死んでしまう運命(私は、愛護団体の誇張はある程度あると思います)です。
多分、そのような仔犬は、大量の寄生虫の感染か、または多くの場合パルボウイルスのような、致命的なウイルス性疾患の一種のどちらかで死んでしまいます。
だからこそ、仔犬は母親から8週齡よりも若いうちに分離することを、ドイツの動物保護法は禁じているのです(8週齡未満であると、母乳による免疫が十分にできないから。またワクチン接種はある程度の週齡にならなければできないため。しかしこのような違法な犬市場では、8週齡にはるかに満たない仔犬が売られています)。
極端な場合、(ドイツでは飼育が禁じられている)ピット·ブル·テリア、アメリカン·スタッフォードシャー·テリア、スタッフォードシャー·ブル·テリア、ブル·テリアとそれらの雑種も市場に大量に売られています。



 このようにドイツ、ポーランド国境付近では*違法な仔犬の青空市場が発生し、定着しています。その理由は、より安い純血種の仔犬を求めるドイツ人消費者と、現金収入を得たい東ヨーロッパの貧しい農民の需給が存在することが第一の原因です。それを後押しするのが、2007年に、ドイツとポーランドの国境検問所が原則廃止されたことです。
 そのために、ほぼノーチェックでポーランド経由でドイツに犬を持ち込むことが可能になったのです。需給があり、取締ができなければ、このような違法な仔犬の青空市が発生しない方が不思議でしょう。本記事で紹介した、ドイツ動物愛護団体、aktion-tier「アクティオンティアー」のビデオレポートの制作は2012年6月18日ですが、違法な仔犬の青空市は、ドイツ、ポーランド国境検問所廃止直後から開催されるようになりました。2009年には、既にTV局がこの問題を報じています。

 illegaler Welpenhandel in Slubice「スロビッツでの違法な仔犬の貿易」。2009年11月2日。




 ご要望があれば、内容の概要を訳して次回記事で紹介しますが?(本記事のアクセス数が多ければそうします)。概ね、先に紹介した動画と同じ内容です。いずれにしても、愛誤さん達が主張している「ドイツでは店頭で犬猫などの生体販売を行うことは法律で禁じられている。だから生体販売ペットショップは皆無である」は大嘘です。
 ドイツは、店頭でのペットの生体販売を禁じる法律はありません。また私は、動物愛護に反するものでもないと思います。世界最大のペットショップは、ドイツにあります。さらに違法な、動物たち(仔犬)にとって劣悪な環境での、青空市場が開催されているのが実情です。その方がはるかに問題です。


*「違法な青空仔犬市場」と記述しましたが、もしのこの犬猫の露店がポーランド国内であれば、ドイツ法により取り締まることはできません。ポーランドの法律で、このような形態の犬猫販売方法を禁じていなければ合法です。ポーランド法は確認していませんが。


・なお、ドイツの超巨大ペットショップとポーランド国境付近での違法仔犬マーケットは、こちらでも詳しいです。

■ 動物ジャーナル83 2013 秋 先進国って何? (八) ドイツ篇 その二巨大ペットショップと激安フリーマーケット、そこで売られる仔犬たち 青島 啓子
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

物事は

通常は経済の原理原則に収束されていくものです。

安い純血種が欲しいとなれば、
隣国産であっても安い方が
購入者は集まりますよね。

自然な事です。

Re: 物事は

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 通常は経済の原理原則に収束されていくものです。

まったくそのとおりです。
愛誤たちは、国際的な政治経済の動きや、法律の初歩の初歩すら理解していません。
EU統合で、ヒトモノカネがEU域内で自由に移動できるようになり、非関税障壁も撤廃されつつあるとすれば、生産コストの安い東欧から、ドイツの仔犬仔猫の輸入が増えるのは当たり前です。
事実、最古最大の一角の名門ティアハイムも破綻しています。
ドイツのかつての、ティアハイムによる、ペットの再譲渡システムは破綻しつつあります。
ドイツマスメディアの記事によれば、ほぼ全てのティアハイムも過剰収容で赤字です。
EU統合前の、20年以上前とは、状況が一変しています。
バカな愛誤は理解できませんけどね。

ところで、ポーランド領内であれば、仔犬仔猫の青空市は、現行法での取締はドイツでは不可能です。
私はこれを、illegal(英語でもillegal。意味はほぼ同じ)を、スッキリするほかの訳語がないので、違法と訳しました。
しかし明確に法律に違反するという意味であれば、ungesetzlich(英語=Unlawful)でしょう。
illegalは「ルール違反」など、ungesetzlichより幅広い意味で用いられます。
仔犬子猫が生後3ヶ月未満であれば、いわゆるEUのペットパスポートの登録は必要ありません。
ドイツ人の客がドイツに持ち帰る数が5匹未満であれば、商業取引の規制を逃れられます。

その影響は少なからず出てきていると思います。
最近のニュースは、犬などの公的殺処分のハードルがドイツでは随分低くなったなという感じがします。
昨年、野良犬125匹に餌やりをしている女がベルリンで逮捕されましたが、それ等の犬はほぼ全てが殺処分されました。
最近も、アニマルホーダーを警察が強制捜査し、その場で犬10頭ほどを射殺しました。

私は、ドイツの反愛誤、動物愛護のフォーラムやBBSに参加しています。
少し前に、「日本の殺処分システム(動画がアップされていました)をドイツでも取り入れるべき」というフォーラムが立ちました(こちらで記事にしようと思いましたが、今探しても見つかりません。Dat落ちしたと思われます)。
その中で「このシステムは将来ドイツが取り入れるべき」「技術的には制作は難しいものではないから」という意見でした。
ご参考までに。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR