愛誤の嘘プロパガンダの生成・拡散・定着のメカニズム~朝日新聞の大嘘「ギリシャは殺処分ゼロ」ー2





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Große Lüge Artikel von 朝日新聞(=Asahi Shimbun,Japans größte Zeitung).
"Die Zahl der Hunde und Katzen in Griechenland getötet Null ist."
Aber griechische Medien berichtet,"Mit einem Gesetzesvorschlag sollen in Griechenland die Kriterien elastischer werden, um ein streunendes Tier (wobei es meistens um Hunde geht) der Euthanasie zuzuführen, was wiederum heftige Reaktionen der Tierschutzorganisation hervorgerufen hat".
Weiter, die Tierschutzorganisationen in Deutschland berichtet, " Griechenland ist Tier quälerei Nation ".


 前回記事、愛誤の嘘プロパガンダの生成・拡散・定着のメカニズム~朝日新聞の大嘘「ギリシャは殺処分ゼロ」ー1、の続きです。今回はヨーロッパの大手動物愛護団体による、ギリシャの動物愛護の現状のレポートを紹介します。これを読めば、あまりにも朝日新聞が報じた内容と異なることに驚愕します。


 問題のレポートです。ハンガリーに本部を置く、ヨーロッパ大手の動物愛護団体、Pfotenhilfe-Europa「=肉球を助けるーヨーロッパ」HPより、記事、Griechenland Tierquälerei ohne Folgen「ギリシャでの動物虐待廃止を支持してください(ドイツ語)」(2009年~)を引用します。


Griechenland und sein Tierschutzgesetz,Soweit die Theorie - und die Realität?
Das gravierendste in Bezug auf die Situation in Griechenland ist das bestehende Überangebot an Tieren.
Aus Profitgier werden vollkommen unkontrolliert vor allem Hunde verpaart und veräußert.
Entsprechend werden sie behandelt.
Ein anderes Problem sind die unzähligen Streuner – Hunde und Katzen!
Die Zahl der streunenden Hunde wird auf 300.000 geschätzt.
Die Tiere gnadenlos verfolgt und ermordet.
Dass Tiere zuhauf aufs Meer gefahren und dort einfach über Bord geworfen werden.
Es gibt zahllose Vergiftungsaktionen, Hunde und Katzen werden erschossen, in Schnappfallen verstümmelt und dergleichen mehr.
Es gibt zahllose Vergiftungsaktionen, Hunde und Katzen werden erschossen, in Schnappfallen verstümmelt und dergleichen mehr.
Auch Hunde, die mit Dutzenden von Schrotkugeln im Körper aufgegriffen werden, sind keine Seltenheit:
Aufgefundene Tierkadaver mit Zeichen brutalster menschlicher Grausamkeiten, die qualvoll verendet sind.
・Verhungerte, erstickte, erwürgte, erschossene oder vergiftete Tiere,
・Erhängte Hunde.
・Abgeschnittene Gliedmaßen.
・Mit Säure übergossene Körper.
・Regelrecht zerstückelte Tiere.
・Leichen mit zahlreichen Frakturen und schlimmsten Verletzungen aller Art,
・Welpen-, jämmerlich verhungern und verdursten.
Das geltende Tierschutzgesetz wird einfach nicht praktisch umgesetzt.

ギリシャと動物保護法?理論ではそうですが、では、現実は?
ギリシャの動物愛護の状況において最も深刻な点は、既に動物が供給過剰であるということです。
特に犬は営利目的で繁殖させられて、繁殖は完全にコントロールされずに販売されています。
したがって余剰な犬たちは殺処分されます。
犬や猫のもうひとつの問題は、迷子(野良犬猫)たちです。
ギリシャの野良犬の数は、30万頭と推測されます。
動物たち(犬猫)は、迫害され容赦なく殺害されます。
動物たちが大量に、単に船から海に投げ捨てられているという事実。
犬や猫たちは数え切れないほど毒殺され、銃で射殺され、罠で捉えられて殺されます。
体内で、散弾銃の弾が数十個も採取される犬は、珍しいことではありません。
(ギリシャでは)残酷な人間の残虐行為の痕が見られる、苦痛の末に死んだ動物の死体を発見します。
・飢餓、毒殺、射殺、または首を絞めたことによる窒息死の動物の死体。
・絞首殺された犬。
・切り捨てられた手足。
・強酸を体にかけられたもの。
・バラバラにされた動物。
・多くの骨折や、あらゆる種類の最悪の傷跡が体にあるもの。
・子犬は無残に飢えと渇きで死にます。
動物保護法の効力は、単に、実際には機能していません。



 ギリシャの動物愛護事情は、前回記事、で引用した、朝日新聞の「ギリシャは犬猫殺処分ゼロで、野良であっても殺していい命など一つもない」と言う報道の「ギリシャは犬猫パラダダイス」とは随分事情が異なるようです。朝日新聞の件の記事は、前回記事で魚拓を取ってあります。
 ところで、私は、英語、ドイツ語、ロシア語(私はロシア語も少しわかります。なお、ギリシャとスラブ系東ヨーロッパからロシアにかけての国々は文化が近く、源語も共通のキリル語であり似ています。ギリシャ金融危機の際に、旧ソ連や旧共産圏の東ヨーロッパの新興富裕層達が、多額の預金をギリシャの銀行にしていたことが明らかになりました。ギリシャの情報は、案外ロシア語でも収集できるのです)で、「ギリシャ殺処分ゼロ」「ギリシャでは犬猫を一匹も殺していない」との関連ワードで検索しました。しかし、それを裏付ける情報はゼロでした。「ギリシャ殺処分ゼロ」の情報は、朝日新聞関係と、日本の愛誤のブログだけです。

 対して、「ギリシャは動物虐待国家である」「ギリシャは経済危機以降、捨て犬が増えて咬傷事故が増加している。そのためにギリシャ政府は犬の殺処分を強化しつつある」と言った情報は多数見つかりました。
 今回引用した、ヨーロッパの大手動物愛護団体、Pfotenhilfe-Europa「=肉球を助けるーヨーロッパ」のレポートは、寄付金や署名集めのために、多少の誇張はあるかもしれません。しかし朝日新聞の「ギリシャは犬猫殺処分ゼロである」と言う報道は、明らかに「誤り」「嘘」です。
 今回引用したレポートでは、ギリシャの私的な犬猫の殺処分について主に述べられています。その他にもギリシャでは犬の公的殺処分は行われていますし、一定数があります。他の西ヨーロッパ諸国などと同様に飼育を禁止する犬種が法律で定められており、それらの犬や危険な犬を強制的に殺処分することも行われています。その根拠となる法律も整備されています。


(画像)

 画像は、リンクの記事に掲載されているものです。「グロ画像を貼るな」というお叱りを受けましたが、文章の方が残虐じゃないですか?そういう事実があるということは仕方がないことです。

・絞首殺された犬。クレタ島。

sitia_2009_01.jpg


・私的殺処分(?)されて、ゴミとして捨てられた犬。

chania_2009.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>「グロ画像を貼るな」というお叱りを受けましたが、文章の方が残虐じゃないですか?そういう事実があるということは仕方がないことです。

確かに、人によっては嫌悪感を抱いたりする事はあるでしょうが、「現実」はいくら目を逸らしても曲げられません。
見なければいい・見えなければいいではなく、現実を直視する勇気もまた、必要かと思います。
物事は、現実を理解した上で語らねば、ただのファンタジーです。

Re: No title

迷惑餌やり反対派様、コメントありがとうございます。

> 人によっては嫌悪感を抱いたりする事はあるでしょうが、「現実」はいくら目を逸らしても曲げられません。
>現実を直視する勇気もまた、必要かと思います。
> 物事は、現実を理解した上で語らねば、ただのファンタジーです。

ファンタジーでは、素晴らしい理想をいくらでも捏造できます。
正直言って、日本で褒めそやされている海外の動物愛護事情はファンタジーです。
それらは意図的に、背後に何らかの利権が絡んだ大物愛誤が、流布した嘘プロパガンダです。
日本の動物愛護を「現実的に」改善していこうとすれば、参考とする海外事情も「現実」を直視する必要があります。
「現実では、海外ではこのような点では殺処分の減少にはいたらなかった」という、科学的、客観的、理性的な分析判断こそ必要です。
ファンタジーに憧れているだけでは、我が国の目標とする動物愛護も、いつまでたってもファンタジーのままです。

言いがかりも大概にして欲しい

同感です。
こういった画像や動画などネット上にいくらでも転がっているだろうに、
殊更さんかくさんのブログだけをあげつらう意図が理解出来ません。

彼らの主張は「ゲームをやってると暴力や殺人を犯す」と同レベルの荒唐無稽さですね。

Re: 言いがかりも大概にして欲しい

ー様、コメントありがとうございます。

> こういった画像や動画などネット上にいくらでも転がっているだろうに、

むしろ、日本でのインターネット上での犬猫殺害死体の画像や動画は少ないです。
例えば、ドイツYahoo!でKatze erschossen「猫 射殺」で画像検索すればこうなります。
http://de.images.search.yahoo.com/search/images;_ylt=AwrSbl3E6fZSkDEA0xQzCQx.?p=Katze+erschossen&fr=yfp-t-911&fr2=piv-web
ネットで普通に拾えば、毎日のようにドイツで「警察官がアニマルホーダーの犬を10頭その場で射殺した」とか「スイスの警察官が高速道路に迷い込んだ飼い犬を射殺した」なんて海外ニュースを紹介できます。
でも、「ドイツやスイスは犬猫の殺処分ゼロ」の根拠となる情報は、今まで日本以外では、ひとつも見たことがありません。
誰か、ドイツやスイスで「殺処分ゼロ」の根拠を、ドイツ語原文で根拠を出してくださいよ。


> 彼らの主張は「ゲームをやってると暴力や殺人を犯す」と同レベルの荒唐無稽さですね。

彼らの思考は、いずれにしても現実から乖離しています。
現実社会に妄想を持ち出さないで欲しい。
日本のリアル動物愛護行政で「どこそこの国は殺処分ゼロでー」とか。

No title

まあ、それでもお花畑な脳にはダメなんでしょうね、愛誤達。
どこまで現実を見ないのか。
ファンタジーはファンタジーとして映倫でもビデ倫でもなんでも通すべきでしょうね。もうやっていられません。
今だに我が家を監視している方々、そうそう家の犬達は連れ出せませんよ、と言いたい気分です。家の犬達は他人からの餌は飼い主がいない限り貰いません。今雪が降っているので足跡が丸分り、もう馬鹿共です。

それはそうとして、首くくりは万国共通の発想でしょうね。以前家の犬同士二頭が大げんかした時、家族が一方をユンボで吊って殺すと言っていましたから。たまたま殺すと言っていた犬が迎えるまでに非常に金のかかった犬(軽く新車のリッターカーが買える金額)だったのでお金を惜しんで行いませんでしたが。この辺り金のかかった犬猫は中々捨てないの理論通りですね。
実際原因になったのは家族が猫可愛がりしている秋田犬の方でしたが、喧嘩をした以上片方を殺すならもう片方も殺さなくては釣り合いが取れませんので、殺すと言った犬を絞首刑にするなら私はもう一方の当事者の秋田犬を刺し殺すつもりでした。子供の頃から最悪の時は飼い主である自分自身で犬を処分するように教えられていますので。

ギリシアも私的殺処分が多いのは飼い犬の場合単に自分で不要犬を処分しているだけの事でしょうね。それがどういうやり方かの事だけで。野良犬猫も正直不要犬猫でしょう、飼い主不在の家畜家禽は処分の対象だと思いますし。

Re: No title

昇汞様、コメントありがとうございます。

> それでもお花畑な脳にはダメなんでしょうね、愛誤達。

天下のNHKや朝日新聞が、動物愛護に限って(かしら?)、率先して大嘘情報を流すから無理もないです。
ファンタジーが、現実として認識されても仕方がないです。
マスメディアの嘘偏向を指摘するのも、一種のボランティアというか市民の義務です。


> そうそう家の犬達は連れ出せませんよ、と言いたい気分です。家の犬達は他人からの餌は飼い主がいない限り貰いません。今雪が降っているので足跡が丸分り、もう馬鹿共です。

お宅の犬を盗もうとする輩がいるのですか。
信じられませんが、犬泥棒っています。
実家では、ボルゾイとダルメシアンが盗まれました。
あんな大きな犬ですよ。
私のかつてのブロ友さんは、犬の愛誤団体に入っていましたが、その団体は外で飼われている犬を「虐待から救う」と言って盗んで、一般に有償譲渡していたそうです。
阪神の地震の時は、芦屋市などで、飼い主が避難中に犬が盗まれる事件が多発しました。
決まって純血種の高価な犬です。
ほどなくして、「地震での迷い犬を保護した」と称して、犬を一般に有償譲渡する団体がワラワラと湧いてきました。


> 首くくりは万国共通の発想でしょうね。

以前、読者さんからリンクを頂いた、グレイハウンドのレースドッグ殺処分の情報サイトでも、首吊りをしていました。
グレイハウンド犬は体重が軽いから、なかなか窒息死しないと思います。
かわいそうなことです。


>この辺り金のかかった犬猫は中々捨てないの理論通りですね。

そんなことは日本共通ですし、猫でもそうです。
ペットショップで買った犬猫は捨てられるどころか、盗むヤツの方が多いでしょうよ。


>子供の頃から最悪の時は飼い主である自分自身で犬を処分するように教えられていますので。

その方が正常な感覚なのではないでしょうか。
日本のように、重大な咬傷事故を起こした犬でも、殺処分に反対する愛誤がいて、法律で殺処分を強制できない方が異常です。


> ギリシアも私的殺処分が多いのは飼い犬の場合単に自分で不要犬を処分しているだけの事でしょうね。それがどういうやり方かの事だけで。

ギリシャはまだ貧しい国ですから、獣医師に安楽死を依頼しないのでしょう。
飼い主が不要になった犬猫などのペットを獣医師に依頼して安楽死を行うのは、アメリカ、イギリス、ドイツなどではごく日常的なことです。

鶏腿肉のザンギは美味い

おばんです。

>「グロ画像を貼るな」というお叱りを受けましたが、

こういうのでしょうか。
http://veganism.exblog.jp/888046/
http://www.all-creatures.org/ha/saveDolphins/saveWhaleDolphin.html#photo
http://www.all-creatures.org/ha/korea/dogslaughter.html
http://ameblo.jp/no---fur/entry-10507910174.html
http://www.no-fur.org/about/azarashi/detail/azarashi.html#.UvdouhOCipo

グロ画像でしたら、哀誤の方が豊富です。
まだまだあります。

タイトルは何の事ない、「揚げ脚鶏」って事です。

Re: 鶏腿肉のザンギは美味い

オキキリムイ様、コメントありがとうございます。

> グロ画像でしたら、哀誤の方が豊富です。

それはもう、絶対。
愛誤ブログに限れば。

ところで「ヘルプアニマルズ」(に限りませんが)の「ドイツでは犬にリードを付けるのは虐待」という大嘘はやめていただきたい。
繰り返しますが、犬のリード規則は、ドイツの方が日本よりはるかに厳しいですし、犬禁止の場所もはるかに多いです。
ミュンヘン市は「バ飼い主のノーリードの犬に対しては、CS催涙ガスを用いよ」と、催涙ガスによる犬からの護身を勧めています。
ドイツの犬による咬傷事故発生率は、犬飼育数比で日本の倍で、バ飼い主のノーリードが社会問題になっています。
これも近々記事にします。
日本で、ノーリードといえども、飼い犬に催涙スプレーを吹き付けたら多分愛誤が大騒ぎして「動物愛護管理違反で重罪にしろ」とテロが起きます。

残酷っていうなら・・・

犬猫を根本的に管理飼育できる以上に繁殖させて放置してる馬鹿共が一番残酷でしょうに、犬猫愛誤の夢みる無責任な青空飼育が犬猫にとっては一番残酷な結末しか待っていないと思いますね。

愛誤連中にとってはノーリードだの野良猫に餌やり放題だのといった飼育動物に対する責任を負わないで済む社会構造がいいのだろうけど、そんなもんは愛護でもなんでもありませんし無条件にただ酷いだけの行為でしかありません。

さんかくさんの記事になってる朝日だのNHKだのの犬猫天国は無責任で馬鹿な飼育者にとっての天国であって犬猫にとっては殺処分よりはるかに悲惨な地獄です。
なんせ無責任飼育なんてもんは馬鹿飼育者にとっては楽だし天国かもしれませんが、馬鹿飼育者の居住する地域の住民や飼われてる犬猫にとっても迷惑でしかありません。
必然的に迷惑になっている犬猫に住民の怒りは向かいますから結果としてさんかくさんの記事に出てくる犬や猫の死体ができあがる訳です。

人間の心理なんてもんは地球上の地域が違っても大差ある訳でなし、犬猫が悲惨な憂き目にあうのは全て馬鹿飼育者が原因です。

愛誤のプロパガンダを報道してるマスゴミは動物の悲惨な死の片棒をかついでいる訳ですし、それが日本の国営放送では動物虐待国家の面目躍如ですねw

日本の動物愛護が遅れてるって?
そりゃ愛誤のプロパガンダ放送を国営放送でやっちゃう始末だし間違いなく遅れてますよ。

Re: 残酷っていうなら・・・

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 犬猫愛誤の夢みる無責任な青空飼育が犬猫にとっては一番残酷な結末しか待っていないと思いますね。

その最たるおのがTNR(地域猫)です。
世界最大の動物愛護団体PETAも、TNR(地域猫)は、猫にとっては最も残酷な虐待だと、TNRを完全否定しています。


> 愛誤連中にとってはノーリードだの野良猫に餌やり放題だのといった飼育動物に対する責任を負わないで済む社会構造がいいのだろうけど、そんなもんは愛護でもなんでもありません。

なぜ愛誤がドイツの動物愛護の先進性を「犬はノーリードで首輪なし(これは大嘘です。ドイツでは各州で市街地ではリードの長さを1m以内、特定の犬種や公共交通機関では口輪の装着を義務付けています。また首輪も義務で、飼い主の氏名などを明記し、犬税納付済の鑑識をつけなければなりません。違反者は罰金が科せられます)」で「犬をどこにでも連れて行ける(これも大嘘です。ドイツ全土でほぼ100%児童公園は犬全面禁止、墓地や動物園、大規模公園、リゾートビーチでも犬全面禁止のところが多いです。反面、犬専用公園はあります)」根拠にするのかわかりません。
国民全てが犬好きとは限りませんし、アレルギーの人もいます。
どんなにしつけても咬傷事故のリスクがあります(ドイツは犬の咬傷事故は多い)。
犬の無管理を国が認めるとは、私は動物愛護的にも先進国とは思えません。
仮に銀座の繁華街で、ドーベルマンなどの大型犬がリードなし首輪なしでウロウロして、歩行者が怯えて小さくなっているような国が先進国ですか(実際、毎年ドイツでは犬による死亡咬傷事故があります)。
ましてや、ドイツでは、犬の飼育数が少ない国で、犬の飼育者は少数派です(飼育数500万頭台。日本は1,200万頭)。
少数派のキチガイのわがままだけが通る、ドイツは、そんな後進国ではありません。
「ドイツが犬はノーリード首輪無しが権利だから動物愛護先進国」と言っているのは、頭に血が昇ったキチガイ愛誤か病的虚言者(精神科医に診てもらえ)です(NHKの番組制作者も然り)。


> 記事になってる朝日だのNHKだのの犬猫天国は無責任で馬鹿な飼育者にとっての天国であって犬猫にとっては殺処分よりはるかに悲惨な地獄です。

ドイツでは、軽い咬傷事故でも、まず強制殺処分ですし、ノーリードでウロウロしていたら犬種や状況によっては警察官に射殺されます。
それは犬にとっても不幸でしょう。
猫でも同様です。
放し飼い猫は、ドイツその他の先進国では、駆除されて当たり前です。
また、無管理状態で犬猫の被害に遭う無関係な人にとっても不幸です。


> 必然的に迷惑になっている犬猫に住民の怒りは向かいますから結果としてさんかくさんの記事に出てくる犬や猫の死体ができあがる訳です。

日本は、特定の愛護動物は、飼育されていない状態でも法律の保護が及びます。
それは国際的には例外中の例外です。
だから「どこそこの国ではノーリード、首輪無しが当たり前。猫はTNR(地域猫)が当たり前」という大嘘を平気で言う人がいますし、信じる馬鹿がいるのです。
海外では、犬がリード首輪なしでウロウロしていたら射殺されても文句を言えませんし、猫は駆除されます。


> 愛誤のプロパガンダを報道してるマスゴミは動物の悲惨な死の片棒をかついでいる訳ですし、それが日本の国営放送では動物虐待国家の面目躍如ですねw

それは全く、120%同意します。
NHKしかり、朝日新聞しかり。


> そりゃ愛誤のプロパガンダ放送を国営放送でやっちゃう始末だし間違いなく遅れてますよ。

それも全く同意。
愛誤の嘘プロパガンダの片棒を平気で担ぐマスメディアが存在し、嘘を垂れながして放送上倫理の罪の意識の欠片もない。
動物愛護後進国どころか、動物愛誤キチガイ国家です。

アクセス御礼

昨日は、総アクセス数のレコードを更新しました。
ありがとうございました。

2月9日の総アクセス数 2845

マスコミへ苦情を言う時の電話番号!&連絡先!!全社!一覧!

マスコミへ苦情を言う時の電話番号!&連絡先!!全社!一覧!
http://d.hatena.ne.jp/masukomihaaho/

嘘つき新聞

朝日新聞って嘘ばかりの新聞ですね。

ネットが普及して朝日新聞の左巻きぶりが
周知の事実になったと思います。

さて、本日のコメントで行政の引取り拒否を論破し
真っ当に引取りを実現させたと感謝のコメントを頂きました。

記事の骨太さでは、さんかく様には叶いませんので
被害者救済の情報リンク集化は正解だったと思います。

更新頻度は少ないですがさらに充実させていきます。

後は、愛誤を刑事告発しブタ箱にぶち込む方法を充実させたいです。

Re: 嘘つき新聞

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 朝日新聞って嘘ばかりの新聞ですね。

特に動物愛護情報は、私が知る限り全て嘘です。
山形市の「地域に愛されている地域猫が迫害された」記事なども嘘です。
山形市は当時(今でもそうかもしれませんが)地域猫制度はなく、当該公園では猫の餌やりを禁じており、市の公園管理者が餌容器や猫ハウスを廃棄したのです。
山形市はHPで「(猫ハウスなど)物を放置するのは迷惑なので廃棄します」と述べています。
この件も、私は記事にしています。


> 本日のコメントで行政の引取り拒否を論破し
> 真っ当に引取りを実現させたと感謝のコメントを頂きました。

拝見しました。
猫糞被害者様の、ブログ記事が効果を上げているようで、喜ばしいです。


> 被害者救済の情報リンク集化は正解だったと思います。

それぞれ得意分野で特色を出して、多くの反愛護ブログが続くことを期待します。
何しろ、以前の非公開コメントの通り、私に対する愛誤の妨害は尋常ではないので、国内問題私は取り上げづらいです。


> 後は、愛誤を刑事告発しブタ箱にぶち込む方法を充実させたいです。

現行法でも十分可能なケースは多いと思います。
でも刑事告訴・告発までする根性のある被害者がいないだけです。
ですから大阪府の保健所職員を、野良猫を引き取ったことで、動物愛護管理法違反で何度も刑事告発する愛誤などのキチガイぶりが際立ちます。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR