「TNR活動家は無知で人間不信者の狂人」と言う論説ーニュージーランド





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Summary)
A recent socio-psychological survey of people involved in the care of feral cat colonies and TNR programs,Peterson, M.N., et al. (2012) Opinions from the front lines of cat colony management conflict. PLoS One 7, found their attitudes and motivations to be “rooted in lack of knowledge and mistrust”.
It seems we should also question whether those that conduct them are rational and reasonable people.
People involved in the care of feral cat colonies and TNR programs,they are mad, quite mad.
The evidence is in.
Dr. Gareth Morgan is right to point the finger at the SPCA for supporting TNR of cats.


 カナダ、ビクトリア大学の生物学教授が運営する、politecol scienceと言う学術論文投稿サイトがあります。この中で、ニュージーランドの生物学者であるウェイン・リンクレーター氏は、前回記事、ニュージーランドの著名経済学者は、野良猫根絶運動を立ち上げたで紹介したG・モーガン博士の、ニュージーランドの野良猫根絶運動にいち早く賛同する論説を寄稿しています。


 問題の投稿論説から引用します。 Trap-neuter-release or Trap-kill-$5?Science, evidence, policy and good government » SPCA’s cruelty to cats and other animals – Are they mad? -「TNR、それとも罠で捕らえて5ドルを得ますか?科学に基づく証拠による政策は良い政府です。動物愛誤団体は、猫のみならず他の動物も虐待しています – 彼らは狂っているでしょう?-」2013年1月30日。


Trapped, neutered and released stray and feral cats continue to inflict pain and suffering on native wildlife and people.
Why does the Society for the Prevention of Cruelty to Animals not care about preventing cruelty in other animals, only cats?
TNR also inflicts pain and suffering on cats… yes cats!
Stray cats are diseased, full of parasites, and often malnourished towards suffering, pain and death.
The life span of feral cats is estimated to be 5 times shorter than owned cats and death rates as high as 80%.
Moreover, de-sexed cats are less aggressive and less likely to defend themselves.
A broader more robust assessment of animal welfare would not support TNR programs for cats in New Zealand.
Yes – they are mad
A recent socio-psychological survey of people involved in the care of feral cat colonies and TNR programs found their attitudes and motivations to be “rooted in lack of knowledge and mistrust”.
I doubt the ‘sanity’ of TNR programs and it seems we should also question whether those that conduct them are rational and reasonable people.
They are mad, quite mad.


TNRされた野良猫や野猫は、痛みや苦痛を野生動物や人間に与え続けています。
なぜ動物愛誤団体は、猫だけで、他の動物の虐待の防止を考慮しないでしょうか。
TNRはまた、猫にも痛みや苦しみを負わせるのです...ええ、猫にですよ!
野良猫は病気や寄生虫感染がまん延し、ほとんどの場合は苦しみ、痛みや致死的な栄養不良です。
野良猫の寿命は飼い猫の5分の1で、その上死亡率は80%の高率であると推定されます。
また去勢された猫は、あまり攻撃的ではなく、自分自身を守る可能性が低くなります(未去勢猫により駆逐される率が高くなります)。
より普遍的で確定した動物愛護上の評価によれば、ニュージーランドでは猫のTNRプログラムを支持していません。
はい、TNR支持者たちは狂っています。
TNRプログラムで野良猫の群れを世話することに関わる人々の最近の社会心理学的調査では、彼らの姿勢や動機は「無知と人間不信に根ざしている」ことが判明しました。
私は、TNRプログラムの「正気」を疑いますし、そしてそれは、TNRを行っている彼らの行為が合理的なのか、かつ彼らが合理的な人たちであるかどうかを疑問視すべきだと思われます。
TNR活動家、支持者らは狂っています、完全な狂人です。

(注)原意に忠実に訳しています。

*の根拠として、以下の社会心理学的調査を挙げています。
・Peterson, M.N., et al. (2012) Opinions from the front lines of cat colony management conflict. PLoS One 7
ピーターソン、M.N.、ほか猫のコロニー管理対立の最前線からの世論。PLoS 1 7(2012年)


 その上で本論説の寄稿者、ウェイン・リンクレーター氏は、G・モーガン博士の、野良猫根絶運動を支持しています。また、「野良猫を捕獲し、殺処分(安楽死)させた場合に5ドルを私費提供する」ことを高く評価しています。
 猫TNRは、先行したアメリカなどでは既に否定されています。無許可でTNRと猫保護~譲渡を行っていた人(日本で言う「自称猫ボラ」そのものです)が逮捕され、有罪になった事例も多数あります。ニュージーランドも、在来種の哺乳類はコウモリ類しか存在しない(ヘビも存在しない)という特異な生態系を持つ国という特殊性が背景にありますが、野良猫野猫の根絶が国の方針でもあり、多くの世論が支持しています。

 日本での、野良猫偏執愛誤が提供している「動物愛護先進国の海外では、野良猫数のコントロールはTNR一択」「野良猫であってもノーキル」という情報は大嘘です。
 これほど海外では既に否定されているTNR(地域猫)に未だに執着し、さらに新たに地域猫制度を導入する自治体すらある日本は、国際的に見ても例外です。自治体の担当者の方々は、野良猫偏執愛誤の嘘情報にだまされないでください。動物愛護先進国の多くでは、猫TNRは犯罪です。また環境破壊行為であり動物愛護にも反し、国によっては、TNR支持者は無知、人間不信者の「狂人」とさえ言われています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

> 記事に同意します。TNRは全く意味がないばかりか環境破壊を起こしています。

都市部の、比較的野生動物が少ないところでのTNRであればまだ理解できなくもないです。
それでもアメリカやドイツの一部自治体では、刑事罰でもって禁止されています。
ましてや、絶滅が危惧される希少生物の生息地でTNR(地域猫)を勝手にする輩がいて、それを「ボランティア」と自称して通ってしまう日本は狂気です。
そのようなお猫様、超愛誤先進国は日本だけでしょう。

親戚の方も、鍵コメ様も、害獣駆除をされてまさにボランティアです。
オーストラリアやニュージーランドでは、害獣駆除こそボランティアで、TNR活動家は狂人です。

オキキリムイ様

ご指摘を受けて、本文の方も訂正してきました。
あれだけの広さがあるのに、ニュージーランドに地上性の哺乳類がいなかったなんて知りませんでした。
小型の有袋類くらいはいると思っていました。
ブログをしていると、いろいろと勉強になりますね。

常識的にせめて希少種のいる地域や自然保護区なんかでの地域猫は止めるべきですが、動物愛誤の連中は絶対にそうは言い出さないでしょう。
もし地域猫をしていい地域と駄目な地域を設定するして、駄目な場所の定義を決めてしまうと、ほとんどの地域に当てはまってしまうからです。
地域猫の効果の有り無しの評価は本来やってる自分達ですべきなんですが、あらゆる事象との整合性をとろうとすれば破綻する地域猫なんて出来ない。故に地域猫を絶対視して聞く耳を持たないようにしなければ、論理の破綻が明らかになってしまう。
自然保護と妥協点を見いだせず、相容れないのは地域猫が普遍的でない誤った考えだからです。

Re: タイトルなし

きつね様、コメントありがとうございます。

> 常識的に、せめて希少種のいる地域や自然保護区なんかでの地域猫は止めるべき。

常識があれば、そもそも地域猫などという発想はでてこないでしょう。


> 地域猫をしていい地域と駄目な地域を設定するして、駄目な場所の定義を決めてしまうと、ほとんどの地域に当てはまってしまうからです。

しかし私は、せめて猫の捕食対象になる天然記念物の生息地では地域猫は禁じて欲しいし、環境省ガイドラインでも 、在来生物への猫による被害に触れていただきたかったです。
日本以外の先進国では、TNRでは公的資料では、必ず在来生物への被害が述べられています。
しかし日本では、環境省のガイドラインをはじめ、それに触れているものは皆無です。
日本が動物愛護後進国であり、かつ環境対策後進国である現れです。
自治体の良識に期待するしかないです。
北海道天売島では、数十年の試行錯誤を経て、やっと野良猫への餌やり禁止、島外排除に至りました。
しかしそれに対してネットテロで妨害する野良猫愛誤がいます。
海外では希少生物生息地では、TNRどころか、野良猫は狩猟駆除、わなで捕獲、毒餌などで殺害駆除がスタンダードです。


> あらゆる事象との整合性をとろうとすれば破綻する地域猫なんて出来ない。故に地域猫を絶対視して聞く耳を持たないようにしなければ、論理の破綻が明らかになってしまう。

そういうことです。
第三者、中立客観的評価を得ようとすれば、地域猫は否定されるからです。
地域猫活動家らがいくら無知で狂人であっても、本能的にそれは分かっているのではないでしょうか。


> 自然保護と妥協点を見いだせず、相容れないのは地域猫が普遍的でない誤った考えだからです。

愛誤が主張している、「海外の動物愛護先進国は野良猫でもノーキル。野良猫対策はTNR一択」は真逆の大嘘です。
希望的観測というよりは、狂人の妄想レベルですよ。
彼らは「動物愛護先進国」では、野良猫の餌やりさんは「地域住民から尊敬されるボランティア」で、彼らが地域住民を仕切り、餌やりに無理やりにでも協力させ、文句も言わせない。
そのように法律も整備されていると思い込んでいるようですし、実際ブログなどでそのように主張している愛誤もいます。
「野良猫の餌やりを妨害する行為は重罪になる」とかね。
あまりにひどい大嘘の垂れ流しを是正するためにも、私のサイトは公益性があると自負しています。

繰り返しますが、TNRは海外では多くの場合、犯罪となります。
アメリカ、ドイツではそのように条例化が進んでいます。
実際、逮捕有罪となるケースも多数あります。
愛誤が、「TNRTシャツ」などを作って販売していますが、いきがって海外に着て行かない方が良いでしょう。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR