警察署に届けられた猫を警察官が射殺~ドイツ、ヴッパータール





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Ein Wuppertaler hat eine vermisste Katze in einem Plastikbeutel gefunden und an die Polizei übergeben.
Das Tier wurde von den Polizisten erschossen.
In Nordrhein-Westfalen Polizeirecht, gibt es eine solche Bestimmung.
Verletzte oder kranke Tiere dürfen erschossen werden,
wenn die Befürchtung besteht, dass sie sonst unter Qualen verenden würden .(VVPolG NRW Ziff. 63.13)
Act von Polizei legal ist.
Auch so, die Katze erbärmlich.


 ドイツの警察法では(それぞれ州により州法が定められていますが)、危険な犬などの動物を緊急に射殺することを認めています(というか職務規定です)。その他に、衰弱して瀕死状態の動物を、警察官が判断して射殺することも職務として求められています。ノルトライン=ヴェストファーレン州のヴッパータール警察署に届けられた猫を、警察官が射殺しました。

 問題のニュースを引用します。WWZ newslineと言う、ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州のローカルニュースサイトから。Katze getötet: Tierschützer beschweren sich über Wuppertaler Polizisten「『猫殺し』動物愛護活動家は、ヴッパータール警察署に文句たらたら」。2012年1月5日。


Ein Wuppertaler hat eine vermisste Katze in einem Plastikbeutel gefunden und an die Polizei übergeben: Das Tier wurde von den Polizisten erschossen.
Jämmerlich geschrien habe die Katze im Plastikbeutel, sagt Stefan Heke.
Der 41 Jahre alte Wuppertaler hatte das Tier Heiligabend gegen 22 Uhr an der Bushaltestelle Klingelholl in Barmen entdeckt und sofort die Polizei verständigt, wie er berichtet: „Die kam um 22.30 Uhr und hat mir das Tier abgenommen.“
Verängstigt, aber äußerlich unversehrt habe die Katze gewirkt.
Die von der Polizei als zwingend notwendig erachtete 'Erlösung' der 'schwer verletzten und total abgemagerten' Katze und deren anschließende Entsorgung ist für uns völlig unverständlich und war nicht notwendig“.

ヴッパータールで、ビニール袋に入れられた飼い主不明の猫が発見され、警察署に届けられました。
しかし猫は、警察官によって射殺されました。
ビニール袋の中で、哀れな猫が鳴いていました、とステファン・ヘケさん(猫を届けた人)は言います。
41歳の、ヴッパータールの住民(ステファン・ヘケさん)は、クリスマスイブの22時に、バルメンのクリンゲルホールのバス停で猫を発見し、すぐに警察署に届け出ました。
彼の報告によれば、22時30分に警察に来たのですが、警察は彼が届けた猫を射殺しました。
おびえていましたが、猫は外見上無傷で動いていました。
警察は(猫の射殺は)職務であり、必要に応じて行ったとしています。
ひどく負傷し、完全に衰弱した猫の飼い主への返還は、その後に起きることを(放っておいても衰弱死するだろうから)思えば私たちは全く理解できないし、必要でもありませんでした。



 この記事は、掲載されてからかなり時間が経っています。しかし最近も、多くのコメントが寄せられています。賛否両論があり、意見が対立しています。警察官が、猫を射殺したことに対する批判ばかりではありません。警察官の行為を支持するコメントも、数多く見られます。 
 ドイツでの、警察官が犬猫などの動物を射殺する権限ですが、ノルトライン=ヴェストファーレン州の警察法に規定があります。警察官が動物を警察官の判断により射殺して良い場合は、1、危険防止のために必要である場合(例えば大型犬が市街地で徘徊して飼い主が付近に見当たらない、飼い主が制御できない場合など)、があります。それと、2、怪我や病気にかかっている動物で、射殺しなければ、より大きな苦しみが生じる恐れがある場合、です。

 Polizeiliches Grundlagenwissen für Studium und Praxis PolG NRW「研究と実践のための警察の基礎知識 ノルトライン=ヴェストファーレン警察法」から引用します。


Schwer verletzte Tiere
Verletzte oder kranke Tiere dürfen erschossen werden, wenn die Befürchtung besteht, dass sie sonst unter Qualen verenden würden.(VVPolG NRW Ziff. 63.13).

重症の動物
もしその動物が怪我をしていたり病気にかかっていて、射殺されなければより大きな苦しみで死ぬおそれがある場合は、その動物を射殺しなければなりません。(ノルトライン=ヴェストファーレン州警察法63条13項)



 この事件で、ノルトライン=ヴェストファーレン州の、ヴッパータール警察署が届けられた猫を射殺したのは、ノルトライン=ヴェストファーレン州警察法に則った正当な行為(重症の動物の射殺)です。寒い時期に、まだ生きている弱った猫をビニール袋に入れて、バス停付近に捨てるとは、随分ひどいことをする人がいるものです。さらに届けられた警察署で射殺されるとは、猫が哀れです。
 それは殺処分そのものですよね?「ドイツは殺処分ゼロ」って、一体どういうことなんですか???


(画像)

 警察官に射殺された猫。私だって、可哀想だと思います。

onlineImage.jpg




(準備中)

ご質問についてですが、個人情報の観点上回答が得られるかどうかわかりません
が、下記に問い合わせ先を記しますので、直接お問い合わせください。

1、ドイツ連邦での獣医師免許登録者を調べる方法はありますか。
連邦獣医師会議所_
Bundestierärztekammer e. V_
vertreten durch: Prof. Dr. Theodor Mantel (Präsident)
http://www.bundestieraerztekammer.de/
Französische Strasse 53
10117 Berlin
Fon +49 (0) 30 201 43 38 - 0
Fax +49 (0) 30 201 43 38 - 88
それぞれの州のTieraerztekammerがありますので、住所がわかっているのであれ
ば、最寄の州のTieraerztekammerにお問い合わせされるのがいいかと思います。

2、Freie Universität Berlinでの、その方の卒業に事実を調べることができま
すか。
ベルリン自由大学獣医学部事務室
fbverwaltung@vetmed.fu-berlin.de
ベルリン自由大学獣医学部図書館(卒業名簿等を保管していると思われます。)
info-vetlibrary@fu-berlin.de

早々

大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館
広報 ****
〒531-6035 大阪市北区大淀中1-1-88-3501
梅田スカイビル タワーイースト 35F
Tel.:06-6440-5070
FAX:06-6440-5080
**********@diplo.de
www.japan.diplo.de
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全然愛護先進国じゃない

ドイツ、警官が保護猫を撃ち殺したんですね。
日本では考えられないくらい処分、とんでもない愛護「後進」国ですね。

合理的というかドライというか。

日本人の感覚が愛誤に毒されている。

日本人の考える動物愛護は何がなんでも動物を生かすという愛誤に毒されたものです、思慮の欠片もない感情論でなく理性で動物愛護を行っているドイツは間違いなく愛護先進国であると個人的には思います。

放っておけば死に至り公金で野良猫の治療など論外なのは普通の考えです、ならば苦しみを長引かせないように処分してやるのが妥当です。
過去の日本でも武士が切腹をする際に首を落とすのは苦しみを長引かせない為です。

日本人の思い描くお花畑の動物愛護がおかしいだけです、一部の公共放送で報道される問題点は無視し綺麗に見える所だけ強調した動物愛護が全ての元凶ですね。

Re: 全然愛護先進国じゃない

no name糾弾者様、コメントありがとうございます。

> ドイツ、警官が保護猫を撃ち殺したんですね。

この事件は、たまたま届け出た人や動物愛護(誤)団体が騒いだためニュースになっただけです。
ドイツ全体での、年間の警察官による犬などの動物の射殺は、私が過去記事で書いたとおり約1万頭です。
その他、内務省統計での、行政による犬の強制殺処分が例えばヘッセン州では500頭前後、ベルリン州では700頭前後です。


> 日本では考えられない。

ドイツでは、二酸化炭素による殺処分施設がありませんから。
日本でも、警察にこのように届けられた猫は、保健所に警察から届けられるでしょう。
いずれも殺処分されるわけですが、保健所の場合は若干数でも譲渡実績がありますし、射殺より安楽死だと思います。

Re: 日本人の感覚が愛誤に毒されている。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 日本人の考える動物愛護は何がなんでも動物を生かすという愛誤に毒されたものです、思慮の欠片もない感情論でなく理性で動物愛護を行っているドイツは間違いなく愛護先進国であると個人的には思います。

実数では、はるかにドイツの方が殺処分数が多いのです。
ただ複数の殺処分方法があり、それぞれ別々の統計、推計値を出しているので、日本のように二酸化炭素施設で一局集中して殺処分を行う国と異なり、総数が分かりにくいだけです。
愛護とは、管理と必ず表裏一体であると私は思います。
日本だけの特殊な価値観(所有者のない野良猫まで法律の保護が及ぶ)の国では、諸外国のことは理解しづらいかもしれません。
ドイツでの動物愛護は、管理から離れたものに対しては法の保護が及びません。
飼い犬であったも、飼い主の管理から離れたもの(遁走、放し飼い)は射殺されます。
日本の動物愛護の方が、よほど動物に権利の主体を認めています。
かつて、無知で嘘つきな愛誤が「ヨーロッパの先進国では、愛玩動物に限って動物に主体となる権利を認めている」と100コメ位してきました。
愛誤は、自分のその場の思いつきを勝手に真実としてベラベラ大嘘を垂れ流すことをなんとも思わない、病的虚言者です。


> 放っておけば死に至り公金で野良猫の治療など論外なのは普通の考えです。

この記事に寄せられたコメントのうち、それと同じ意見をわざわざ掲載しています。
それとか「警察に届けるより、動物保護施設や発見者が自費で獣医師に届けるべきだろう」「野良猫を駆除するのは感染症対策だ」などとも。


> 日本人の思い描くお花畑の動物愛護がおかしいだけです、一部の公共放送で報道される問題点は無視し綺麗に見える所だけ強調した動物愛護が全ての元凶ですね。

動物愛護は実学です。
子供が喜ぶおとぎばなしではありません。
しかしドイツが、二酸化炭素死の殺処分施設がないというただそれだけの事実で、よくもまあ、これだけ真実を捻じ曲げることができるものだと感心します。
HNKの職員も知能が足りませんね。
「ドイツがどんな大型犬でもノーリードで愛犬、動物愛護先進国」とは(なお、ベルリン州では、市街地では犬は全てリードは1m以内、特定犬種は口輪義務です。かのバカ番組に掲載されている大型犬がリードなしで写っている画像は違法行為です)。
獰猛な大型犬でも「ノーリード」を権利として国が認め、それにより犬の咬傷事故が起きれば、国の法的責任が生じます。
実際、ドイツでは犬による年数件の死亡事故、4~5千件の傷害事故が起きています。
それぐらいかのバカ国有放送はわからないのですかね。
それとドイツでは、日本よりはるかに犬の飼育数が少ないです。
その少数派の権利のために、他の人の権利の侵害を国家が推進するわけがないです。
小さな子供を持つ親は、どこでもリードなしで獰猛な大型犬がウロウロするのは怖いと思うはずです。また犬を怖いと思う、嫌だと思うのは、個人個人の権利です。
ドイツは、特定の偏った価値観を押し付ける言論統制国家ではありません(過去のファッショの反省があります)。
「野良猫駆除協会」に対して、司法によらない言論統制を行ったおかしな日本とは違います。
生ドイツ人は、日本での偏向した「動物愛護先進国ドイツ」に対して怒っています。
それは本当です(私は生ドイツ人とコミュニケートしていますから)。
バカNHKは、他国に関する報道で、正しく伝えるという良識の欠片もないのか。

To Americans Dear

This site has recorded 200 access from the United States yesterday.
The language used is English.
Thank you for your access.
Animal welfare of the United States is also going to report, because access from the United States is because often.
Please give information if it is good.

(FC2事務局様へ。アルファベットのみのコメント受付拒否設定を解除できるようにしてください)。

警察も困ってしまいますね‥

日本なら 警察に届けられた猫を最終的には保健所に送りますがドイツでは、それが出来ないなら 警官が射殺も必然ですね。警官が餌をやって公費で猫を飼育なんて できないし ティアハイムも成猫は引き取り拒否ですよね。警察には 他の人命を守るとかすべき事が沢山あります。ドライに言うと 猫一匹の為にごちゃごちゃしてる時間はねえ~なんでしょうね。
愛誤の言うのは (猫だって 生きている 同じ 命だ!)こればっかり 。守るべき 命の優先順位て ありませんか 消防士は火事があれば 自分の命が犠牲になろうとも 消火活動に全力を尽くすんですよ。
同じ命だって いいながら 牛は家畜だから いいのよと ステーキ食べまくったりするんですよね‥

Re: 警察も困ってしまいますね‥

ニャーニャ様、コメントありがとうございます。

> 日本なら 警察に届けられた猫を最終的には保健所に送りますがドイツでは、それが出来ないなら 警官が射殺も必然ですね。

私は、所有者不明犬猫の扱いを保健所に集中して行う日本の方式は悪くないと思います。
責任の所在が明確ですから、このようなトラブルは起きません。


>警察には 他の人命を守るとかすべき事が沢山あります。ドライに言うと 猫一匹の為にごちゃごちゃしてる時間はねえ~なんでしょうね。

この記事では200以上のコメントが寄せられていますが、同様の意見もあります。
ヴッパータール警察署での猫の射殺が報道されたのは、拾得者と愛誤が騒いで、警察官の懲戒請求を行ったからです(事後記事を調べましたが処分はないもよう)。
ドイツでは、犬などの動物を警察官が射殺する数は年間9,000頭を超えますから珍しいことではないです。
実は、この記事では、どちらかといえば警察の行為に対して肯定的です。
まあ、メディアの意見としては「警察は正当な職務行為を行っただけだろう」です。
この記事の続編やコメントも紹介しましょうかね?


> 守るべき 命の優先順位て ありませんか。 消防士は火事があれば 自分の命が犠牲になろうとも 消火活動に全力を尽くすんですよ。

クリスマスシーズンです。
欧米では、警察が一番忙しい時期です。
そういう時期に、ゴミ袋に入れられた瀕死の猫を届けられたら、警察官も泣きますわ。

日本語は2%

ネット上で行き交う情報のうち日本語は2%くらいのはずです。

外国の情報を偏向して取り出して嘘を垂れ流すのが愛誤ですね。

反論するなら信頼に値するソースをつけるべきです。

つけたソースが「愛誤ブログ」ではお話になりません。

>動物愛護は実学です。
子供が喜ぶおとぎばなしではありません。

全くその通りです。

Re: 日本語は2%

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> ネット上で行き交う情報のうち日本語は2%くらいのはずです。

近年は、もう少しシェアが上がっていると思います。
しかし言語シェア以前に、日本のインターネット上の情報は、外国に見られていない、つまり交流がないと思います。


> 外国の情報を偏向して取り出して嘘を垂れ流すのが愛誤ですね。

それもごくごくごく一部です。
その0,5%の部分w0200%にしてしまうのが愛誤のやり方です。


> つけたソースが「愛誤ブログ」ではお話になりません。

それを「嘘の使い回し」と私は言っています。
まさにそうでしょ。


> 子供が喜ぶおとぎばなしではありません。

冷静になって考えれば、人口8,300万人の大国で、犬猫を殺すのがゼロということはありえないでしょう。
中には、人を殺した凶暴な犬もいますし、sのような犬を殺処分しないのは遺族の心情として許せますか。
緊急避難的に殺さなければならないこともあるでしょう。
また、「どんな大型犬でもどこでもノーリード」でも、ありえないでしょう。
小さな子供を持つ親にとって、凶暴なドーベルマンがノーリードでウロウロしていたら心配です。
それが許される社会って考えられますか。
なお、ドイツベルリン州では、公園の犬全面禁止化(違反者には罰金)を進めています。
つまり公園には、一切犬を入れてはいけないということ。
メディアの世論調査では、48%が賛成しています。
おりおり記事にします。
かのNHKの「ベルリンでは、大型犬でもどこでもノーリードが許される」と赤恥大嘘番組を放映しています。
見ている方が赤面します。

どうせ生ゴミなんだから

半生でいるより肉片にしたほうが扱いやすいと思ったのでしょうね。
何の道、虹の橋行きなんだから面倒は嫌ですもの・・・。
「それでボーナス増える訳でもなし」

こういう合理性は大いに「特に日本の行政は」見習うべきです。

Re: どうせ生ゴミなんだから

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> 半生でいるより肉片にしたほうが扱いやすいと思ったのでしょうね。

警察も、忙しい時期に、瀕死状態でゴミ袋に入れられた猫を届けられても持て余します。
8千300万人もの人口を擁する大国ですから、こう言うケースもあるでしょうよ。
その点、日本の保健所での所有者不明犬猫の引取り義務は良い制度です。
ティアハイムは民間機関ですから、引取り義務はありません。
事実、再譲渡できる個体しか引き受けません。
そのような状態で、警察がこの猫を射殺するのを責めることはできないでしょう。


> こういう合理性は大いに「特に日本の行政は」見習うべきです。

合理的と言えば、ね。
大規模な殺処分施設の設備投資や維持費がかかりませんから。
ところで「虹の橋を渡る」って、もともとは欧米の言い回しなんでしょうね。
ドイツ語文献でも頻繁に出てきます。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR