野良猫偏執者は例外なく狂人であるー2 "Diejenigen, die streunende Katze ungewöhnlich klammern" ist ein Verrückter, ohne Ausnahme.





inländisch

 野良猫偏執者の狂気について、他の事例も紹介します。私と情報提供頂いた方の身の安全を守るために、特定の個人、団体名、地名、数値などを一部伏せるなどしています。しかし全くの事実で、私の捏造はありません。無許可地域猫?を咎められたことを逆恨みし、暴行や器物損壊にまで及んだ野良猫狂人の事例です。


 H県の都市部にほど近い自然公園では、20年以上過激に野良猫に餌やりをする中年男性Xがいました。その者は「地域猫活動」と名乗っていました。地域猫活動ということで餌やりを正当化するために、不妊去勢未実施の猫の耳先を切断すらしていたようです。なぜならば、耳先をカットされた猫が、複数妊娠していることが判明したからです。
 近隣は、野良猫の餌やりには反対していました。また餌やり場の公園は、条令で野良猫に餌をやることを禁じており、自治体からも当該公園での、野良猫への餌やりは認めていません。
 その中年男性Xは、全国規模で活動している哀願狂怪という大手の愛誤団体の、H県支部の中年女性Yを協力者としていました。XとYは、二人で自然公園での餌やりを続けました。餌の量は尋常ではなく、また自然公園のいたるところに猫ハウスを設置し、餌容器の放置、残り餌が腐敗するなどして、衛生被害も看過できない状況になりました。その上、立ち入りが禁止されている水道設備の敷地にまで、フェンスを乗り越えて違法に侵入して餌やりをしました。

 近隣に住む男性Z氏は、その状況を見かねて、自治体に何度も「餌やりを禁じて欲しい」と申し入れました。男性Z氏の尽力により、自治体によって「野良猫への餌やりを禁止します」との看板が自然公園に設置されました。また自治体職員により、違法に設置された猫ハウスや、放置された猫餌容器などが廃棄されました。
 それを逆恨みしたX、Yは彼らをブログで支援している者に、男性Z氏がリードを付けて犬を散歩させているにもかかわらず、「犬をけしかけて猫を虐待した」との誹謗中傷をネット上で流させました。しかし、リードをつけている犬に近づく野良猫の方が悪いでしょう。
 それに飽き足らず今年にXとYの協力者が複数、Z氏宅に押し入りました。彼らは、Z氏宅にあるものを壊し、Z氏の妻に暴行しました。Z氏は、暴行や器物損壊に及んだ者たちを、暴行罪や器物損壊罪で告訴し、また民事訴訟も提起しました。それに対して、XとYの協力者は、逆にZ氏を虚偽告訴罪で告訴しました。
 
 以下は、Z氏から頂いたメールです。なお、地名、固有名詞、数値などは一部伏せるなどしてありますが、その他の内容は改ざんしていません。


その後、色々ありまして、私共はXYの協力者である、暴行などの容疑者らから虚偽告訴で告訴されました。
昨日、検察に呼ばれ告訴されてる事を検事から聞き、此方も被疑者となったわけです。
最初は唖然としましたが、我々は真実を警察・検察に言ってますので、同日、夫婦別々に調書を取られましたが
辻褄が合わない事は無いと確信しております。
勿論、私共が被害者であり愛誤からの不退去行為・暴行・強要・器物破損の内容が事実です。
弁護士曰く、所謂、彼らからすれば、このまま判決が出るのを妨害しようとする為の行動みたいです。
虚偽告訴は親告罪ではなく、公判扱いらしいですが、検察も告訴が有れば一応は受け入れるそうです。
そしてXYと容疑者らは相変わらず吠えています!
しかし、此方に関しては着々と刑事・民事告訴の準備進行中です。
刑事告訴は随分重い刑罰になるとの事です。
名誉毀損罪・侮辱罪・傷害罪・業務妨害罪・著作権の侵害(複製権の侵害・公衆送信権の侵害)・その他、幇助罪
などで、現在も捜査中です。
容疑者らは、名誉毀損だけで告訴されていると思っているようですが、、、
そして年内中には民事裁判が出来るよう、此方も進行中です。
民事の場合は、本刑事事件の容疑者らの不法行為に対しての慰謝料請求○○○万 及び家内の治療費・通院費・損害賠償請求で○○○万、弁護士費用・裁判費用・印紙代金などで約500万円あまりの民事訴訟となります。
私共は単なるペット好きな庶民並の家庭でした・・・(2013年11月)



 上記のメールを下さったZ氏は、野良猫狂人により平穏な生活が破壊されました。野良猫の餌やりの迷惑に対して正義感から自治体に申し入れ、尽力されたのに、大変お気の毒です。
 なお、問題となった野良猫の餌やり場の自然公園ですが、自治体の条例では、野良猫の餌やりを禁じると解釈できる記述が明らかにあります。私も本自治体に「この公園での野良猫の餌やりは、条令で禁じていると解釈できます。自治体側としても、その解釈で間違いないですね?」と直接電話で問い合わせしました。返答は「自治体もそのように理解している。本自然公園では、野良猫の餌やりを禁じているし、ここでの餌やりは地域猫ではない」です。
 
 しかしこの事件が発生した後に、哀願狂怪のH県支部長が自治体を訪れ、問題の自然公園での野良猫餌やり禁止発言を撤回させました。「本自然公園では野良猫への餌やりを禁じていないし、自治体としてそのような発言をした事実もない」と。Z氏が聞いています。では、なぜ自治体が「餌やり禁止看板」を立てたのでしょうか(その後撤去されたと聞きました)。また猫の餌容器や猫ハウスを自治体職員が廃棄したのでしょうか。自治体と、大手愛誤団体の哀願狂怪との癒着は疑惑だらけです。
 なお、暴行や器物損壊などの暴力行為を働いた野良猫狂人XとYは、私を告訴し続けている公疫呆人のシンパであり、公疫呆人もXとYを支援していると私は推測しています。XとYの逆告訴にも、公疫呆人が関わっているのかもしれません。野良猫狂人XとYの餌場である自然公園には、条例で禁止されているにもかかわらず、公疫呆人のポスターがXとYにより大量に貼られているからです。


(画像)

 アセトアミノフェン100%の鎮痛解熱剤、タイレノール。アメリカでは、アセトアミノフェンがタイレノールという製品名で呼ばれるほどよく売られている製品です。アセトアミノフェンは、安価で広く用いられる副作用の極めて少ない安全な医薬品です。鎮痛、解熱などに効果があります。多くの頭痛薬や風邪薬に処方されています。
 アセトアミノフェンは人間には安全ですが、猫には極めて危険で致死毒になります。人の一回の服用量でも、ほぼ確実に死に至ります。愛猫家の方々は、くれぐれも飼い猫が風邪をひいた時には、アセトアミノフェンが含まれる人用の風邪薬を服用させないようにしてください。また猫の放し飼いにも気をつけましょう。誰か親切で、猫ちゃんの風邪を治そうと思って、この薬を与えるかもしれません。

yjimage.jpg


(追記)

 なお、本記事のコメントでは「固有名詞」および特定の団体・個人を強く推測できる表現があった場合は、削除させていただきます。誠に申し訳ありません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

野良猫保護団体はテロ組織です。

私は野良猫保護をうたう団体でまともなものを聞いた事も見た事もありません、物理法則に反するエサがなくても野良猫が増えるから餌やりが必要だとか意味のわからない事をいう人間ばかりが野良猫保護を訴えています。

無論ですが野良猫保護家は餌やりを反対する人間に対しては悪質な嫌がらせや違法行為も迷わず断行します。

完全に社会不適合者しか野良猫保護など考えません、実際には社会常識もなく猫の生態すら理解していない頭の悪い猫好きが無節操に餌やりをしたいという欲求だけで集まった集団が野良猫愛護団体です。

Re: 野良猫保護団体はテロ組織です。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 野良猫保護をうたう団体でまともなものを聞いた事も見た事もありません、

私もです。
野良猫保護団体に限れば。


>物理法則に反するエサがなくても野良猫が増えるから餌やりが必要だとか意味のわからない、

限界生息数は、その食餌量により決定されます。
これは学術的にも当然のこととされています。
海外のtnr学術研究でも、箕面のサルの実証でも裏付けられています。


>社会不適合者しか野良猫保護など考えません、実際には社会常識もなく猫の生態すら理解していない頭の悪い猫好きが無節操に餌やりをしたいという欲求だけで集まった集団が野良猫愛護団体です。

野良猫に偏執すること自体、狂人である十分条件でしょう。
彼らは反社会テロリストです。
大阪府保健所職員を、「野良猫を引き取った、餌やり禁止ポスターを掲示した」ことで、動物愛護管理法違反で執拗に告発し続け、相手にされなければ弁護士に委任してまで行った、三重県の死路の家という既知外団体もあります。
(大阪は受難でした。この既知外団体は保健所職員の実名を「犯罪者、猫殺し」とネット上で晒し、大手新聞社に報道するようにねじ込みました。この事件を受任する弁護士や愛誤のいいなり報道をした新聞社も異常です)。
栃木県で無許可地域猫に迷惑した人が、野良猫を保健所に届け、それを逆恨みして関係者を暴行して暴行罪で有罪になった女もいます。
この女は「日本にもアニマルポリスを設置しろ」と主張していますが、日本の愛誤が思い描いているようなアニマルポリスは、私が調べた限りありません。
ドイツ、スイスでそのような名称の組織はありますが、犬の押収と殺処分命令、犬の咬傷事故を起こした飼い主などの動物に関わる犯罪捜査、犬税脱税や飼育禁止犬種の摘発などが主な仕事です。
なお、蛇足。
NHKの番組で、ドイツの獣医局が犬の愛護違反で摘発というシーンがありましたが、これは主な目的が犬税無登録の摘発です。
多分、日本語の吹き替えで(原語がよく聞き取れませんが)、都合の良いところばかりを抜き出していまます。

猫狂犬病が日本で確認されたり
蔓延等しなければ猫問題を国は
真剣に対策しないかもですね。

猫狂犬病が日本で流行ったら
愛誤はどうするのでしょうね?。
それでも地域猫を続けるのですかね?。

Re: タイトルなし

地球人様、コメントありがとうございます。

> 猫狂犬病が日本で流行ったら
> 愛誤はどうするのでしょうね?。
> それでも地域猫を続けるのですかね?。

狂犬病予防法では、常態時と、狂犬病発生時の対策を分けて規定しています。
狂犬病が発生した場合は、首長の判断により、犬と同様の対策を行うことげできます。
つまり野良猫外猫の、自治体職員による捕獲収容殺処分、キニーネによる毒餌による殺処分などです。
今の日本で狂犬病が拡大するとしたら、例外的な地域を抜いて、野良猫や外猫、ネズミが感染拡大の原因となると思います。
その場合は、地域猫は、有無を言わさず捕獲~殺処分になると思います。
地域猫活動家は、そのようなリスクも考えておくべきだと思います。

事実

通りがかりの一般市民が事実を知ることは大切です。

Z氏だけでなく本来自治体が法的手段を取るべき。

自然公園に行うごみの破棄と告訴も可能だと思います。

Re: 事実

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> Z氏だけでなく本来自治体が法的手段を取るべき。

公園管理者は、違法に公園で餌やりをする者に対して、告訴権があります。
ましてや、ほとんどの自治体では、公園での餌やりを禁じる条例が制定されており、過料を科すとしています。
「公園の無許可占有、汚損、破損」は禁止事項です。
また「その他公園管理者が禁じる行為」と条例であり、公園に「猫への餌やりを禁じる」という看板が掲示されていれば、餌やりは公園条例違反になります。
全く効果がないどころか、デメリットだけの地域猫を大多数の人が支持していないのに一部の猫狂人のいいなりになって導入する自治体が増えていることを懸念します。
「地域猫だから正当な行為」と、トチ狂った無許可地域猫の狂人が、市民に暴行し、有罪になった事件もあるのです。
自治体は、市民の生命の安全、良好な住環境、財産を守る責務があるのです。
一部の野良猫狂人のいいなりになって、それらを脅かすような自治体が市民税を取るなんて、暴力団のぼったくりに等しいです。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR