愛誤は例外なくストローマン(straw man)である





Domestic

 まずストローマン(straw man)の定義から説明します。ウィキペディアより、ストローマン。「ストローマンは、議論において対抗する者の意見を正しく引用しなかったり、歪められた内容に基づいて反論するという誤った論法、あるいはその歪められた架空の意見そのものを指す」。愛誤と言われる人たちの反論は、ほぼ例外なくストローマンです。


 さらにウィキペディアの記述を引用します。


相手の意見を誤解してみせたり、正しく引用することなく歪める、または誇大に解釈すれば、その意見に反論することは容易になる。
この場合、第三者からみれば一見すると反論が妥当であるように思われるため、人々を説得する際に有効なテクニックとして用いられることがある。
手順
1、相手の意見の歪めた説明を相手が提示したものとして引用する。
2、これに対する自らの反論を示し、論破されたものと扱う。
3、相手の意見に同調する不完全な擁護意見を持ち出し、充分な主張・再反論がされたようにみせかける。
4、批判されて当然である(本来無関係でも一見関係のありそうな)問題や考え方を創造し、さも相手側の意見はこれを象徴するものとして強く非難する。



 しばらく前に私のブログに異常に粘着して、ほかの読者様から「ストローマンだ」と指摘された人がいました。あだ名は「藁人形君」。まさにウィキペディアの定義通り、典型的な「ストローマン」でした。1、私の記事で記述していないことを勝手に捏造しては、2、それに反論し、さらには3、同類の愛誤の同調を呼び込み、4、本論とは無関係な人格批判を行いました。
 それと全く同じ「ストローマン(ウーマンか)」が出現しています。以下に例示します。犬と生きる社会


チッチ | 2013年09月23日 14時50分
1、tunafishermann様、German hunters under fire for killing domestic catsは23 Oct 2005日付で古い記事です。
4、兵庫のさんかくたまごさんは典型的な2チャンネラーで、「在特会」もどき。
1、上記の記事も8年以上も前に、反愛護板の2チャンネルで出回ったソースのようです。
2、さんかくさんのソースはそういうものが多く、リアルタイムの時事について時系列に沿った理解はしていません。
3、発信情報の間違いを指摘しても学ぶ姿勢がないので、相手にするだけ時間の無駄です。
最初に自己主張ありきで、都合の良い部分だけを都合の良いように誤解釈しています。
不正確なので信頼出来るサイトではありません。



 上記のコメントでは、私のドイツの犬猫狩猟駆除に関するソースが古い、だから記述は信用できないと述べられています。確かに私は、イギリスtelegraph紙の、2005年のインターネット版記事も引用しています。しかしこの記事を引用したのは、ドイツでの狩猟駆除が外国でも批判されていること、及び日本人は独語より英語の方がわかりやすいであろうという理由です
 この記事を引用したのは、2013年4月3日です。イギリスのメディアが動物愛護問題で名指しにした国とは?ー1私は、可能な限り、引用するソースは最新のものを用いており、なおかつ重要な事項については信頼できる複数の資料を用いています。2005年のtelegraph紙の記事を引用したのは例外で、理由は述べた通りです。

 telegraph紙の記事を引用する以前、以後にも私は、度々ドイツでの犬猫狩猟駆除を取り上げており、複数のドイツの信頼できる統計及び大手メディアの最も新しい数字を用いています。telegraph紙の記事を引用する前は、ヨーロッパで最大部数を誇るドイツの猫愛好家向け雑誌、geliebte-katzのインターネット版の2012年の記事を引用しています。
 その中では、ドイツにおける犬猫の狩猟駆除数は猫40万匹、犬6万頭とされています。公的殺処分を行っている日本は動物愛護後進国なのかー2。2012年11月。

 その後の記事で引用したドイツの犬猫狩猟駆除数は、2012年の推計値で猫40万匹、犬6万5千頭です。最も新しい推計値です。根拠は、2013年のHaustier-Abschuss durch Jägerです。この数が発表された後は、これを用いています。
 例えば、このような記事です。日本の犬猫殺処分制度は、動物愛護にも配慮しつつ、かつ世界で最も優れているー3。2013年10月。

 つまりチッチ氏が指摘した、私の記事は引用したソースが古いから信用できないという指摘は誤りです。ドイツ犬猫狩猟駆除に関する、私が引用したソースの中で、最も古いもの(古いソースを引用した理由は既に述べた通り)をことさら取り上げるのは、まさにウィキペディアの「ストローマン」の定義、「1、相手の意見の歪めた説明を相手が提示したものとして引用する」です。
 さらに、「リアルタイムの時事について時系列に沿った理解はしていません」は「2、これに対する自らの反論を示し、論破されたものと扱う」、「学ぶ姿勢がない。最初に自己主張ありきで、都合の良い部分だけを都合の良いように誤解釈。不正確なので信頼出来るサイトではありません」は、「3、」に該当し、「典型的な2チャンネラーで、『在特会』もどき」は、「4、批判されて当然である(本来無関係でも一見関係のありそうな)問題や考え方を創造」です。見事に「ストローマン」です。

 ドイツの犬猫狩猟駆除数ですが、時系列に見れば一貫して増加しています。2012年の推計値が最も多いです。2000年以前は、狩猟駆除数は、猫20万匹台でした。http://www.diss.fu-berlin.de/diss/servlets/MCRFileNodeServlet/FUDISS_derivate_000000001518/03_einl.pdf;jsessionid=A6EA873F913E8811ED4EDD37BF002D14?hosts=では、1997年の猫狩猟駆除数は25万匹です。それ以外に、虐待死(mutwillig~わがままに、意図的に殺す。おそらく狩猟免許を持つハンターでない者が行う猫殺害でしょう)が7万匹あります。

 私は基本的には、海外のソースをそのままご紹介するというスタンスです。ドイツにおける、犬猫の狩猟駆除数の時系列推移も記事にする予定です。なお、今年は、ドイツ動物保護法、ドイツ連邦狩猟法とも大きな改正がありました。概して言えば、動物に対しての「管理」をより強化したと言えます。ドイツにおいては、禁止する犬種や危険な犬の強制安楽死のための法整備や犬のリード義務の法制化など、周辺法規でも「管理」面で強化しています。
 猫に対しても、条例レベルで猫の登録と無登録の野良猫への給餌を刑事罰を持って禁じるなど、管理を強化しつつあります。それはヨーロッパ、アメリカでも共通した潮流です。日本はその流れに逆行しています。それは折々記事にします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

藁人形には五寸釘ですね。

御無沙汰しております。

タイトルは、ただ単に「藁人形」から連想しただけであって、別に「哀誤を呪い殺そう」なんて話ではありません。
それに、あまりのおバカさに「『呪い殺そう』なんて殺意や憎悪の念すら感じる事もありませんが。

>「ストローマンは、議論において対抗する者の意見を正しく引用しなかったり、歪められた内容に基づいて反論するという誤った論法、あるいはその歪められた架空の意見そのものを指す」。愛誤と言われる人たちの反論は、ほぼ例外なくストローマンです。

反論でなくとも、哀誤が発信する意見や主張には「歪められた内容」が多いです。
ここ最近のさんかくさんの記事とは、ちょっと逸れた話になりますが、こんなブログと記事がありましたので。

http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1147.html
>苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆
>自業自得の見本「闘牛で死ぬ事を選んだ人間」沈黙は賛成と同じ

五月に徳之島で起きた、闘牛用の牛に突かれて人が死んだ事故の事について書かれてます。
その事故を扱ったニュースのリンク先とか貼られてますが、徳之島の闘牛についての言及は一切無く、しかも貼られてる写真が全てスペインの闘牛の物ばかり。

>危険を知らせる出来事がありながら、目を背けたということは、動物は当たり前に死んでもいいし、また人間も死んでもいいと黙認していたということ。
>教訓を殺す選択をしたのだから、自業自得としか言いようがない。

意味不明なばかりでなく、闘牛を理解してない事が明白です。

>人間は自業自得だけど、この子達は完全なる被害者。

日本とスペインの闘牛をごっちゃに考えてる哀誤は少なからずいます。この時点で誤った情報を流布してる、本質的な所を歪めている事に気づいてないんですよね。
もしかしたら知ってて「日本だろうがスペインだろうが、闘牛は闘牛。動物虐待に変わりないから、スペインの写真貼ってよし」なんて思ってるのかも知れませんし。

幸い、こんなのに踊らされて徳之島の闘牛を廃止させようなんて動くウマシカな人は現れませんでしたが。

ちょっと話逸れましたが「哀誤は情報の中身を歪める」という話でした。

Re: 藁人形には五寸釘ですね。

オキキリムイ様、コメントありがとうございます。

> あまりのおバカさに「『呪い殺そう』なんて殺意や憎悪の念すら感じる事もありませんが。

同感です。
リンクのコメントのtunafishermann氏にしてもチッチ氏にしても、まさにストローマンです。
しかし私のことを名指ししして、曲解捏造で批判していますからね。
私の記事を読まない人は、それだけを読めば誤解します。
事実に基づく批判であれば、大いに結構ですが、非難するのであれば、私のサイトでされればいいのではないですかね。
真に誤りがあるのであれば、相手に与えるダメージもより大きくなりますよ。


> 反論でなくとも、哀誤が発信する意見や主張には「歪められた内容」が多いです。

特に「海外の動物愛護が日本と異なり(愛誤的に)先進的である」という情報は、ほぼ全てが歪められていると言っても過言ではありません。


> 徳之島で起きた、闘牛用の牛に突かれて人が死んだ事故の事について書かれてます。
> 徳之島の闘牛についての言及は一切無く、しかも貼られてる写真が全てスペインの闘牛の物ばかり。
> 意味不明なばかりでなく、闘牛を理解してない事が明白です。

これも私の偏見かもしれませんが、愛誤と言われる人たちは、論理の飛躍が大きすぎますね。
それを連合弛緩と言いますが、精神疾患の一症状です。


> ちょっと話逸れましたが「哀誤は情報の中身を歪める」という話でした。

自分の都合よく、情報のを歪めます。
それを悪いと思いません。
そして情報が伝播していく過程で、ますます元の情報からかけ離れた、とんでもない大嘘誤りが真実として定着します。
それが日本の動物愛護(誤)の実態です。

ところで、私は愛誤のあいだで「ネトウヨ」、今回は「在特会もどき」と書かれていますが、何か極右的なことを書きましたか。
かつては「挑戦」だとか「童話」だとか、「高卒のくせに生意気」だとか掲示板で書かれていました。
「挑戦」と「在特会」は真逆じゃないですか。
私が右翼と言われるのに思い当たることは、父が元警察官僚であったことや、母方の叔父、○岸○三が元防衛事務次官(東京大学医学部から工学部に転部。通産省技官から防衛省)だったことを書いたことがあります。
街宣車を繰り出す極右とは全く次元が異なるでしょう。
私自身は、度々中立なプラグマティストとここでも書いています。
若い頃は、むしろ共産主義に傾倒しました。
一時期ロシア語をかじったことがあるのは、それが理由です。
逆に、共産主義を名乗るバカ愛誤もいますが、彼らの教養なんて噴飯モノです。
エセ共産主義者の何%が、邦訳でもマルクスの資本論を読んでいますか。
原語で読破している人は、0,1%もないでしょう。
関係ないことを長々すいません。

思ったのですが

こちらに直接意見を言ってこないストローマン(複数形ならストローメンかな?)は何だかんだ言ってもさんかくたまご様の根拠のある内容に自身がまっとうな反論が出来ないのを本能的に悟ってるんではないでしょうか。

あと、さんかくたまご様のことをネトウヨ云々と言った愛誤の中に野良猫愛誤もいるならそっちはネコウヨってことになっちゃいますよね。個人的には言ったことが自分に返ってる事に気が付かない愛誤の無茶苦茶さを感じたのですがどうでしょうか。

Re: 思ったのですが

愛護より覚醒様、コメントありがとうございます。

私は自分のサイトではコメント投稿はフリーですし、反論には応じます。
ですから私のページに誤りがあれば指摘すればいいのですがね。
ところでチッチさんという方は、過去に何度も私のサイトに粘着しています。
古くは楽天ブログで私の「動物は権利の主体にはなりえない」という記述に対して、「さんかくたまごは間違いである」と100回以上コメントしてきました。
私が「動物を権利の主体として認めれば、ペットフードの原料となる家畜の権利も認めることになるので、肉食動物のペットは飼育できないではないですか」と述べました。
根拠は「ヨーロッパの動物愛護先進国は、動物愛護という概念は愛玩動物に限定している。家畜に対して愛玩動物は権利の主体が認められているので家畜に対して優位性があり、矛盾しない。家畜と愛玩動物を同列に扱った日本の動物愛護は特殊で、改正時にも家畜を除外するべきという、欧州動物愛護に詳しい有識者からの意見があった」と述べています。
しかしそれらは全て出任せです。
動物愛護で犬猫等の愛玩動物に異常に偏向しているのは日本の際立った特徴というのが有識者の定説です。
ドイツ動物保護法では、猫独自の保護規定はありません。
多くは家畜と犬です。
また法律上、犬猫家畜家禽はひっくるめて「家畜」であり、同等の保護対象です。
Animal welfare,Tierschutz(独)は、犬猫系の頭に血が上った愛誤が犬猫限定での概念という勘違いをしないように、日本では「家畜福祉」と訳されます。
現に、家畜の飼育環境向上という概念で使われています。
その他、http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-75.html?q=%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E6%A5%AD%E8%80%85%E3%81%8C%E6%B8%9B%E3%82%8C%E3%81%B0%E6%AE%BA%E5%87%A6%E5%88%86%E6%95%B0%E3%81%AF%E6%B8%9B%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B&charset=utf-8あたりでのコメントですね。


> さんかくたまご様のことをネトウヨ云々と言った愛誤の中に野良猫愛誤もいるならそっちはネコウヨってことになっちゃいますよね。

私は「ネトウヨ」「在特会」のワードを知りませんでした。
ネットで検索して意味を知りました。
動物愛護に関する議論では、その人の政治思想は関係ないでしょう。
いわゆる愛誤議員は、自民党、民主党、公明党、日本共産党など、政党は関係なく存在します。
「挑戦」や「童話」「高卒」「ホモ」「ババアであそこが臭い」「デブ」「ブス」も関係ありません。

チッチさんという方は、勝手に何度もオウンゴールを連発して、自ら赤恥を書く人なので放っておいても別に構わないのですけどね。
私の記事を少しでも検索すれば、イギリステレグラフ紙の記事以前に、ドイツのメディアの2012年の記事を用いており、さらには最近では2013年のドイツのメディアによる記事を引用しているのが一目瞭然です。
自らのメンタルヘルス的な問題と、思考力の低さをさらけ出しているだけです。
この方は、自分の勝手な思いつき妄想が真実と区別がつかなくなるのです。
ところで、8年も前に、イギリステレグラフ紙の、ドイツに関する犬猫狩猟駆除の記事が2ちゃんで出回っていたんですか。
私は知りませんでした。
もしそれほど古くから出回っていれば、愛誤が「動物愛護先進国ドイツ、殺処分ゼロ」と壊れたCDプレイヤーのように喚かなかったのでは?
反愛誤側も、それを根拠にして反論しただろうし。

確かにストローマン否複数形なので

ストローメンかな?
税金や一般の人を騙して金を吸い取るからね。

一般概念としてはストロー効果というのが有るらしく
件とは余り関係ないですが、大都市から地方へ高速道とか鉄道が
新しく出来ると地方の買い物客が地元商店街から大都市の
百貨店とか有名店に吸い取られることを言うらしいです。

野良猫で言えば始末〆ゼロと標榜する
愛誤市町村に野良猫を捨てに来て逆に始末に負えない位
害獣野良猫が増えてしまうこともストロー効果でしょう?

Re: 確かにストローマン否複数形なので

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> ストローメンかな?

ストローウーメン、ストローピープルかな?


> 大都市から地方へ高速道とか鉄道が
> 新しく出来ると地方の買い物客が地元商店街から大都市の
> 百貨店とか有名店に吸い取られることを言うらしいです。

されで淡路島の商業施設が過疎ってしまったのです。
明石海峡大橋ができてね。
将来のメンテナンス費用の財政負担を考えれば、差し引きマイナスでしょう。


> 野良猫で言えば始末〆ゼロと標榜する
> 愛誤市町村に野良猫を捨てに来て逆に始末に負えない位
> 害獣野良猫が増えてしまうこともストロー効果でしょう?

例えば熊本市は捨て猫が増えたのでしょうか?
最近、保健所での引取りを再開したと聞きました。
フランスとドイツの国境付近で、猫が大量に捨てられていた事件がありました。
フランスでの猫登録義務とそれに伴うコストを嫌って捨てた人が多いという分析です。
ドイツに捨てたら、容赦なく撃ち殺してくれるとフランス人は思ったのかしら。

まぁ猫愛好者には異常者が多いので・・・

まず猫の偏愛者に言葉が通じると考えるのが間違いです、彼等は自分の都合の良い話しか絶対に受け入れないので。根拠を提示して事実を指摘しても常に曲解するので無意味です。

こと野良猫関係の活動をしている人間は99。99%は異常者と考えて問題ないと思います、野良猫関連で常識の通じる人間は万に1人いるかいないかって所ですね。
根本的に餌やりも保護とか言ってる連中も猫しか見てなくて、そんなもんの為に謂れのない被害を受けてる人間は度外視してるので普通に基地害です。

猫偏愛者は定義をつけるまでもなく殆ど100%に近い確率で狂ってるので普通に基地害でよくないですか?

Re: まぁ猫愛好者には異常者が多いので・・・

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

>猫の偏愛者に言葉が通じると考えるのが間違いです。

仰るとおりです。
わかっているつもりなですけどね。
議論するだけ無駄ですがね。


> 野良猫関係の活動をしている人間は99。99%は異常者と考えて問題ないと思います。

野良猫に異常に偏執する人に限ればね。
世間一般の認識もそうではないですか。
純血種で適正飼育している人が憤慨していました。
「猫を飼っているというだけで、野良猫愛誤のせいで偏見で見られる」って。


> 根本的に餌やりも保護とか言ってる連中も猫しか見てなくて、そんなもんの為に謂れのない被害を受けてる人間は度外視してるので普通に基地害です。

暗くなって、ワラワラと夢遊病者のように餌やりが湧いてきて、あいつらの目つきは正常人ではないです。
狂人集団が徘徊している様子には、恐怖を感じます。


> 猫偏愛者は定義をつけるまでもなく殆ど100%に近い確率で狂ってるので普通に基地害でよくないですか?

リアル野良猫偏執者も既知外ですが、ネット上でも例外なく野良猫偏執者は既知害です。
それと知能が正常に満たないです。
物理的にも、脳の重量が正常に満たないのではないでしょうか。
リンクの「犬と生きる」にも、ブログ主の支持者既知害が一部湧いていますがね。
私はこれ以上、よそ様のホームを汚すことはしません。
こちらに来ればいいんですよ。
いくらでも既知害が既知害であることを証明します。
既に、私が引用する前のイギリスのやや古いメディアの記事を、ほかのコメンテーターが提示したものを、それを私が引用したとして「ソースが古い云々」ということ自体、それだけで赤恥晒しています。
刑事被告人はいい加減赤恥晒しているのだから、これ以上、ネットでも恥の「上塗りをするな」と忠告したいです。

No title

まあ、こんな物なんですね。
彼らは余り深くは考えないでしょうし。
スペインの闘牛の写真を乗せていること自体で既にミスリードですから。

大体スペインの闘牛を闘牛と訳してしまった事が間違いだったのかも知れませんね。もしくは日本の物を角あわせ、または牛相撲とするべきだったのか。
この辺り、「デウス」と神と訳してしまったために分け分らないことになってしまった事と同じでしょうね。

彼らスペインの闘牛とポルトガルの闘牛の区別もつかないんじゃないでしょうか?

Re: No title

昇汞様、コメントありがとうございます。

スペイン、ポルトガル、日本で行われる(沖縄や対馬など)の闘牛を混同してひとくくりにして論じること自体誤りでしょう。
訳し方も問題があります。
1、スペイン~闘牛士(マタドール)対牛で、牛は闘牛士に殺される。
2、ポルトガル~闘牛士対牛ではあるが、牛は殺されることはない。
3、日本の闘牛~牛同士の角合わせ。デスマッチは無い。

原意に忠実に訳すのならば、1、は、「牛の儀礼的殺害儀式」、2、は「1、を形式化したもの」、3、はまさに「牛相撲」です。

愛誤と言われる人たちは、論理の飛躍が大きすぎます。
日本の犬猫殺処分をアウシュビッツと同列にしたり。
動物の屠畜とユダヤホロコーストを同列にした世界最大の動物愛護団体PETAは、欧州人権裁判所から違法であるとの判決が確定しました。
PETAは、欧米ではかなり変な団体という認識です。
概して愛誤はそう。
日本の愛誤が、日本での犬猫殺処分をアウシュビッツに例えることで、国際問題にならなければいいと危惧しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 呆れましたよ

鍵コメ様、せっかくですからコメントを公開させていただきますね。

> ストローマンはあんたでしょ。今世界は殺さない動物愛護を推進し日本の各自治体もそれに習っています
> あなたみたいなファシストは虐殺を反対する人や組織が悪に見えて歪めた捉え方をしてこんな誰も見ない糞ブログでコソコソと批判するしかできないんですね
> ちっさい人

>今世界は殺さない動物愛護を推進し日本の各自治体もそれに習っています

愛誤の際立った特徴は、根拠もなく思いつきで嘘をさも真実のように垂れ流すことです。
すいませんが、その根拠を示して頂けませんか。
アメリカではかつて公に、年間2000万頭もの犬猫を殺処分していましたが、今では高位推計で6~700万頭にまで減っています。
しかし、飼い主が獣医師に個人的に依頼して安楽死する方法に移行しているとの推測です。
ドイツでは、2002年に禁止犬種を連邦法で定めて依頼、公的安楽死は増えています。
州内務省統計(ヘッセン州など。この数値は私は引用しています)。
また、ドイツにおける犬猫の狩猟駆除数は、一貫して増えています。
ドイツの犬猫狩猟駆除統計は、ノルトラインーヴェストファーレン州などの3州で、公的統計(州政府発表)が発表されています。
ドイツ全体の推計値でも、2013年発表数値が最も多いです。

ドイツの犬猫狩猟駆除数が一貫して増えていることと、公的殺処分(禁止犬種や咬傷事故を起こした犬、警察官による射殺駆除)は増加傾向であることは、統計上明らかです。
ドイツは、より殺処分の容認化~管理飼育の強化が流れです。
それと殺処分とはまた別問題ですが、アメリカではTNRは連邦政府が否定し、猫も管理飼育可が潮流です。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR