みくまり峡勝手地域猫番外編~「野良猫がいるから餌をやる」のではない。「餌をやるから野良猫がいる」のだー2





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Summary)
Monkeys of Minoh did not reduce be given the contraceptive.
However, after the Minoh city has banned the feeding, the effect appeared dramatically and immediately.
This example also applies to the stray cat.



 記事、みくまり峡勝手地域猫番外編~「野良猫がいるから餌をやる」のではない。「餌をやるから野良猫がいる」のだー1の続きです。今回は大阪箕面市のサル問題を取り上げますが、人工給餌が動物の繁殖力と生存力を高め、個体密度を高めることは学術的にも定説です。それはすべての動物に当てはまる普遍的原理です。


 まず大阪箕面市のサルについて説明します。ウィキペディア箕面市から引用します。


1954年に大阪市立大学の川村俊蔵教授が、ニホンザルの餌付けに成功したことからはじまる。
1956年12月28日には、わが国指定の天然記念物として指定された。
天然記念物指定当時90頭程度であった頭数も650頭以上に増え、観光客の食べ物を奪い、市街地に出没して民家を荒らし、農作物被害が出るなどした。
1977年12月には箕面市の方針転換により自然へ還されることとなった。
サルに避妊薬を投与するなどの野猿管理事業が展開されている。
「箕面市サル餌やり禁止条例」が制定されている。
条例は2010年4月1日から施行された。



 箕面市のサルが餌付けを始める前は、箕面国定公園で個体確認されるサルの生息数はわずか数頭であったと言われます。それがわずか2、3年後には90頭にまで増え、最盛期には650頭にまで増えました。原因は、人工給餌による高栄養で繁殖力と生存率が高まったことです。しかも給餌による個体数の増加と、生息密度が高まる効果は恐るべきと言えます。繁殖力と生存率が向上したこともありますが、給餌により周辺からサルを呼び寄せた効果も見逃せません。
 サルが増えすぎて被害が及ぶようになったからは、1977年以降、野生に返すために音で驚かしたり、個体数を減らすために避妊薬を混ぜた餌を与えたりしましたが、サルの減少効果は現れませんでした。

 2010年に、箕面市がサルへの給餌を1万円の過料の罰則でもって禁じたところ、わずか1年後には箕面国定公園でのサルの減少効果が現れました。産経ニュースのインターネット版、大阪・箕面のサルが消えた? 2011年5月4日。から引用します。


大阪府箕面市の観光名所・箕面大滝の周辺に生息する天然記念物のニホンザルが、罰金を盛り込んだ餌やり禁止条例が施行された昨年4月以降、人前にほとんど姿を見せなくなった。
本来は1年おきだった出産が高カロリーの餌のせいでほぼ毎年になり、50年前の約90匹から600匹にまで増加していた。
市は昨年4月、指導無視など悪質な(餌やり禁止)違反者に1万円以下の過料支払いを求める条例を施行した。
市はサルたちの行動範囲を追跡するため、雌3頭の首に発信器を取り付けて調査を開始。
ドライブウエー沿いに出没した回数でみると、平成21年4月から同年10月では108回を数えたが、条例施行後の翌年同期には25回に減少、昨年11月から今年4月ではゼロだった。



 記事で取り上げている、広島みくまり峡森林公園の無許可地域猫は、約20年間続いているそうです。勝手地域猫(餌やり)を始めた当初は、おそらく数匹程度でごく少ない数だったと想像します。それが継続して給餌を行った結果、近隣や公園利用者に深刻な被害をもたらすほどの数にまで増えたのです。私はこのような記事も書いています。地域猫は逆効果であるというこれだけの証拠
 その中では、宝塚市清荒神付近の地域猫と、西宮市鷲林寺南町の野良猫餌やり被害を取り上げ、比較検証しました。どちらも郊外型住宅地で地勢条件は似ています。

 宝塚市清荒神の地域猫は、現在30数匹の猫が地域猫として飼育されています(認可無認可は不明です)。この地域猫の前身は、付近の高齢者が2、3匹の飼い猫を残して亡くなり、近所の人がその猫たちに餌をやり始めたのがきっかけです。わずか数年で30数匹にまで激増しました。
 一方、西宮市鷲林寺南町では、20匹近くの野良猫に餌を与える人がいて、長年猫被害に町内は悩まされていました。自治会が働きかけても、その方は餌やりを止めませんでした。しかしその方が亡くなった後は、わずか2、3ヶ月で野良猫を見かけることは皆無になりました。鷲林寺南町では、野良猫に餌をやる人は他にいなかったからです。今では野良猫は見かけることはありません。

 そもそも、猫(すべての動物に当てはまる普遍的原理ですが)の個体数減少のために給餌を行うというのは欺瞞なのです。前回の記事ではテキサス大学による論文~「猫に給餌をすることは繁殖力と生存率の向上と、集中化効果がある」を紹介しました。猫の個体数削減と被害を減少させるには、給餌は、全く逆ベクトルに働きます。
 給餌を前提とした地域猫の理論がいかに欺瞞に満ちていて、いい加減なものであるかが分かります。その上実証でも、海外を始め日本でも失敗例が山積しています。「地域猫で野良猫を減らす、そして野良猫の害を減らす」という主張に惑わされないでください。




(蛇足)

 大阪箕面市は、大阪府下でも最も高額所得者が集中しているとされる高級住宅地です。市町村別平均所得ランキング2006年。大阪箕面市全国第18位。なお大阪で上位30位にランクインしているのは箕面市だけです。ちなみに兵庫県芦屋市は全国4位、兵庫県西宮市は19位、兵庫県宝塚市は30位です。
 1992年は、わが西宮市は、芦屋市についで平均所得全国「市」ランキングで2位でした(92年当時は芦屋市、西宮市、武蔵野市、三鷹市、鎌倉市が上位5市でした)。阪神の震災後に、西宮市は猛烈な宅地開発が臨海部や北部で行われ、人口が急増したのでランクが下がりました。
 現在の全国「市」ランキングは、1兵庫県芦屋市、2東京都武蔵野市、3千葉県浦安市、4神奈川県鎌倉市、5東京都国立市、6神奈川県逗子市、7大阪府箕面市、8兵庫県西宮市、9奈良県生駒市、10東京都小金井市、11東京都三鷹市、12東京都国分寺市、13愛知県日進市、14兵庫県宝塚市(以上、全国自治体上位30位以内)です。

 大阪府箕面市ではサルが出没し、阪神神戸ではイノシシが街中を徘徊します。でも農村地帯じゃないです。兵庫県阪神地域と箕面市などの大阪北摂地域は、宅地開発が進んだ、住宅地では、関西で最も地価が高いエリアです。誤解しないでくださいね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

地域猫って呼ぶのやめませんか?

だいたい猫の餌やり活動家が地域猫って言ってる場合、地域の了承をとってるケースなんてまずありません。
了承をとってるケースにしても嘘と詭弁で騙して了承させた詐偽行為がほぼ10割でしょう。

地域猫なんて呼んでやるとあのエテ公共は調子に乗るだけです。
迷惑野良猫餌やり活動で充分です。

Re: 地域猫って呼ぶのやめませんか?

猫ボラ滅びろ!様

> 猫の餌やり活動家が地域猫って言ってる場合、地域の了承をとってるケースなんてまずありません。
> 了承をとってるケースにしても嘘と詭弁で騙して了承させた詐偽行為がほぼ10割でしょう。

そう思います。
ひどいのになると、尼崎の下町の古長屋で婆さんが軒下に残飯をおいているのも「地域猫」と紹介しているブログさえあります。
「地域猫」という言葉が独り歩きし、迷惑えさやりの免罪符として使われているのが実情です。
極めて管理を厳しくしたとしてもTNRマネジメント(地域猫)は失敗するのに、タダの迷惑餌やりは、野良猫増加極大策そのものです。


> 迷惑野良猫餌やり活動で充分です。

私は無認可のものは、全て「迷惑餌やり」と呼んでいます。
掲示板で専スレのある「地域猫活動」ブログですが、無認可ですのでタダの犯罪迷惑、既知害餌やりです。

餌やりするから捨て猫も増えるのです

餌やり愛誤が毎日せっせと餌やりしてくれる場所があるから、苦情などから餌やり不可と他の場所から野良猫を移動させたりする輩がいるのです。

で、捨てられた場所の餌やり愛誤は、飼い猫が捨てられたと思い、「また捨て猫です(怒)」、捨て猫が多いような書き方をするのです。

結局、朝やり愛誤同士での世話できなくなった猫の押し付け合いに過ぎません。
だから、餌やり愛誤は虐待犯探しとは違い、真面目に捨て猫犯探しはしません。

捨て猫犯を捕まえたら友達だったって話が真面目にありえますからね(笑)

話は変わりますが、豊中の大物愛誤がブログのコメント欄を復活させました。
早速、「勝手地域猫を止めろ」等の突っ込みコメントが満載状態です。
今のところ、豊中の大物愛誤ご本人も大人の対応でコメントをかわしてますが、また逆ギレしてコメント欄閉鎖が関の山かと思います。

Re: 餌やりするから捨て猫も増えるのです

三二一閣下様、コメントありがとうございます。

> 苦情などから餌やり不可と他の場所から野良猫を移動させたりする輩がいるのです。

確か楽天ブログだったと思うけれど、兵庫県西宮市の中央部にある夙川(しゅくがわ)公園での野良猫餌やりが排除されました。
公園に面して前市長の私邸や市長公邸がありますけどねw
で、餌やり愛誤は野良猫を、野鳥の生息地で立ち入り禁止区域の御前浜や、北部の県立森林公園に移動させた模様です。
御前浜では、立入禁止区域に餌やり愛誤が入り込み、警察をしょっちゅう呼ばれたり(産経新聞の記事になっています)、森林公園では、付近の住宅地にまで猫が徘徊し問題になっています。


> 捨てられた場所の餌やり愛誤は、飼い猫が捨てられたと思い、「また捨て猫です(怒)」、捨て猫が多いような書き方をするのです。

同じ穴のムジナw


> 捨て猫犯を捕まえたら友達だったって話が真面目にありえますからね(笑)

だから「捨て猫が野良猫の元凶だ」と主張する割には、捨て猫犯を追求しないのです。
野良猫狂人同士の馴れ合い。


> 豊中の大物愛誤がブログのコメント欄を復活させました。
> 早速、「勝手地域猫を止めろ」等の突っ込みコメントが満載状態です。

先ほど見に行きましたが、ご指摘のようなコメントはそれほどなかったです。
削除したのかな?
最近つまらなくなってアクセス数も減り、「カネクレ(支援)」も細っていたのではないですか。
この方のブログは「いかなる理由があっても、健康な動物は殺してはならないという法律があるドイツ」とか、「猫を虐待した外人を蹴飛ばした。反撃したら正当防衛で訴える」「猫虐待犯を攻撃するために、夜中にアイスピックやバットを持って集合した」などの抱腹絶倒な記事を書かなければ、以前のように盛り上がりませんよ。
以前のような面白い記事を期待します。
ぜひこちらで引用したい。

No title

横レスすみません。
夙川公園いいところですよね、一時期美術館へ行くのに通り抜けたものです。最後に行ったのは2年ほど前ですがそういえば野良の黒猫が外灯の周りをウロウロしてるのを見たことがあります。
私が近づいてもすぐに逃げなかったのでまだ餌やりがいた頃だったんでしょうか。
当時はあ、猫がいるとしか思ってませんでしたが今考えなおすといい光景ではありませんね。

Re: No title

愛誤より覚醒様、コメントありがとうございます。

>2年ほど前ですがそういえば野良の黒猫が外灯の周りをウロウロしてるのを見たことがあります。

夙川公園での餌やりが酷かったのは、10年近く前の話です。
2号線と阪神線の間には、遊歩道を外れたところに猫ハウスがびっしりと並んでいました。
木製の立派なものです。
河川と公園整備の際に、餌やりも排除されましたが、また餌やりが復活しているのかもしれませんね。
いかし最近見たところでは、猫ハウスや置き餌はありませんでした。
最盛期には、地元の人間よりも、神戸や大阪の餌やり愛誤が複数餌やりしていました。

地元の愛誤共

さんかくたまご様

>夙川公園での餌やりが酷かったのは、10年近く前の話です。
2号線と阪神線の間には、遊歩道を外れたところに猫ハウスがびっしりと並んでいました。
木製の立派なものです。

更にもう少し前のお話でしたか。さすが愛誤というべきか、力の入れどころが間違ってますね。

>最盛期には、地元の人間よりも、神戸や大阪の餌やり愛誤が複数餌やりしていました。

地元の愛誤共はよその市で何をしているorz

Re: 地元の愛誤共

愛誤より覚醒様

> 地元の愛誤共はよその市で何をしているorz

公園と河川の整備工事にも邪魔ということもありましたが、猫ハウスの撤去と餌やり場への立ち入り禁止になりました。
それをきっかけに、野良猫餌やり排除運動も起きました。
それについて非難していたのが神戸の腐ラーナなどの評判の悪い愛護団体です。

ここの所、三鷹では愛誤活動が下火みたい

ってか水面下では判らないけど表面上は・・・。
特に朝散歩する野川・武蔵野公園は連日の国体警備の所為もあってか
不審物には当局側が相当神経を使っているらしく汚猫ハウスや
餌付けランドマークの100均の傘とか皿の類まで見かけ上は
有りませんね。→このまま来年の春まで持ってくれれば良いのだけれど。

でもね、昨日も今朝もメタボ野良を見つけてしまったので散歩がてらに
餌付けしている奴が居る筈なので、何とかシッポを捉えたいですね。

休憩のベンチでは食い残しのコンビニ弁当やサンドイッチがカラスの
餌になっているしそのお零れでも漁っているのかな?

Re: ここの所、三鷹では愛誤活動が下火みたい

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> 朝散歩する野川・武蔵野公園は連日の国体警備の所為もあってか
> 不審物には当局側が相当神経を使っているらしく

随分先の話にはなりますが、東京都心のオリンピック会場付近は、美観や警備上から汚猫ハウスや餌容器は撤去されると思います。
オリンピック前は、セキュリティ上、東京都心では不審者はウロウロできないでしょうしね。


大規模餌やりじゃなくても、ゲリラ餌やりは多いです。
一人の餌やりの量は少なくても、人数が多いと(勝手?)地域猫以上に厄介です。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR