地方議会公聴会で嘲笑された、アメリカ最大のTNR推進団体のメンバー





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Summary)
alley cat allies is just a private organization.
They are doing promotion activities of TNR.
They will make a radical actions and behavior often.
So many people have been recognized as "fanatical" them.
"The U.S. government is in favor of the views of the alleycat allies" It is an error to it.


 alleycat alliesという、アメリカ国内では最大の猫TNR推進団体があります。これを自動翻訳すれば「路地猫連合国」となります。しかし動詞allyの意味は、「同盟を結ぶ」、そして共通の敵に立ち向かうといった意味です。alliesは、「連合国」という狭い意味だけではありません。

 The Alliesは固有名詞として、狭義では、第二次世界大戦でのアメリカを中心とする連合国を指します。連合国側に敵対する日本、ドイツ、イタリアは枢軸国 (the Axis powers) といいます。ですからalliesを辞書で引くと、第一に「連合国」と出てきます。だからalleycat alliesを自動翻訳すれば「路地猫連合国」となるはずです。
 しかしalliesは広義では「連合・同盟」や動詞では「同盟して共通の敵に立ち向かう」といった意味です。独立した企業の連合体はAllianceと言います。

 多分自動翻訳で「cat TNR」を検索してalleycat allies「路地猫連合国・同盟国」と出てきたものだから、alleycat alliesがアメリカの公的機関と勘違いしたのだと思います。alleycat alliesの、HPの記述を引き合いに出して「アメリカではTNRが最も効果的な方法であると確認しているのだ」と噛み付いてきた人がいます。しかしalleycat alliesは、猫TNRを推進している一民間団体です。HPを一読すれば、TNRに偏向した民間団体と理解できます。
 そもそもalliesなんて名乗ること自体、過激TNR団体と判断すべきでしょう。TNRに反対する勢力に団結して敵対し立ち向かおうということですから。
 
 いずれにしても、このalleycat alliesのHPで記述されているTNR礼讃を「アメリカが確認している」ということにはなりえません。そのような認識を持つ方は、先に述べたと通り、alleycat alliesをアメリカの公的機関と勘違いしたか、よほど偏向した方です。アメリカでの民間団体が出しているTNRの見解は、肯定より否定の方がはるかに多いと私は感じます。
 またalleycat alliesは、違法で過激な餌やりで当局と暴力ざたを起こし、関わった餌やりでは過去に逮捕者も出しています。獣医師会や野生動物保護団体などと敵対し、トラブルもしばしば起こしています。私はこのような記事も書いています。大手動物愛護団体のTNR否定が相次ぐアメリカですが(愛護団体TNR論争)ー1。この記事の続きも近々アップします。

 alleycat alliesは、TNRを合法化するための強引なロビー活動でも知られています。バージニア州プリンスジョージ郡議会公聴会でも、メンバーが出席してTNRを公的制度として採用すべきと発言しました。しかし公聴会ではalleycat alliesのメンバーの証言は完全否定され、嘲笑される有様でした。

 公聴会の様子のニュースです。Britt Cocanour of Alley Cat Allies in Bethesda, Md., says humans pose greater threat to songbirds than feral cats do。2012年7月。「メリーランド州ベセスダのalleycat Alliesのブリット・コキャノールは証言しました『野良猫より人間の方が野鳥にとっては脅威なのよキーキーキー(爆・嘲笑)』。以下に引用します。


Some of the neutered cats have their ears "tipped" to mark them as treated cats.
When Prince George's County Council woman Mary Lehman proposed to order animal control to release those "ear-tipped" cats, she ran into a storm of criticism at a council public hearing.
"We had in excess of 25 or 30 cats in one block," says Devon Brown. "The smell was terrible."
says Midge Cruz"I got scratched, my hand got bit and it swelled to twice the size."
Lehman was forced to put off her bill for now....

数匹の去勢された猫は、耳に去勢済みの目印がついています(いわゆる耳カット)。
プリンスジョージ郡評議会の女性メアリー・リーマンは、それらの 「耳に去勢済みの目印を付けられた猫」をリリースするために、動物のコントロール部(公的部署)に要求するするように提案しましたが、彼女は議会の公聴会で批判の嵐に遭いました。
「私たちの一街区だけでも25匹から30匹以上の猫がいました」と、デボン・ブラウンは言います。
「悪臭はひどかったです」
ミッジ・クルーズは言います、「私はひっかかれ、その上手を噛まれました。そして、手の大きさが2倍にもふくらんで腫れました」
現在の彼女の法案(TNR合法化)は、先送りせざるを得ませんでした。



 次回は、プリンスジョージ郡の、野良猫に対する現在の方針・施策についてご紹介します。いずれにしても、アメリカの一小都市での議会公聴会でTNRの合法化を唱え、それすら否定される民間の一団体の考えが、「アメリカが確認している」と主張する人の思考経路がわかりません。


(おわび)

 前回記事に誤りがありましたので、お詫び申し上げます。alleycat allies(野良猫連合。アメリカ最大のTNR推進団体)の本拠地がメリーランド州ベセスダです。alleycat alliesのメンバーが公聴会で証言を行ったのが、バージニア州プリンスジョージ郡議会です。申し訳ありませんでした。 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本でも

こんなのがキーキー五月蝿く野良猫餌付け合法化を
議会で訴える◯カが増えそうで心配ですね。

そういう血中愛誤度が高い議員が多い地方自治体は
血税の無駄遣いしてるのにやたら意味不明の税金が
多いですからね。

大体何で個人の野良猫餌付けの趣味道楽の尻拭いに
血税を使うのか?
納得出来る説明なんて不可能でしょうね?
若しこれが合法なら、個人のギャンブルでの負債にも
補助金で穴埋めさせることも可能になりそうですね。

Re: 日本でも

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> こんなのがキーキー五月蝿く野良猫餌付け合法化を
> 議会で訴える◯カが増えそうで心配ですね。

本会議ではなく公聴会です。
ニュースにあるとおり、議案そのものはforced to put off「提出が先送りされ」ましたので、審議に至っていません。
プリンスジョージ郡のAnimal Management Division(条例)を見る限りTNRは否定されています。
http://www.princegeorgescountymd.gov/sites/AnimalManagement/Resources/Publications/Documents/amg-brochure.pdf

・犬猫ともに係留していなければ違法であり、警察が押収することができる。
・野良犬猫は、行政に引き渡さなければならない。
・犬猫とも飼育ライセンスを要する。
など。


>血中愛誤度が高い議員が多い地方自治体は
> 血税の無駄遣いしてるのにやたら意味不明の税金が
> 多いですからね。

それは日本でしょう。
さらに言えば、日本では、地域猫の補助金も条例など議会承認を必要とするものではなく、首長の専決独断の要綱などが根拠です。
アメリカはそんなに一般市民は甘くはないです。
議会決議を経ずして、猫TNRを制度化したカリフォルニア州は、栽培で廃止を命じられました。

確かに日本は後進国なのかもしれませんね。

アメリカが馬鹿に厳しい反面、日本ではTNRが否定される日は遠そうですね。さんかく様は控えめに批判されて居られますが、この人も香しい薫りが漂ってますね(-_-;)まぁ彼女のTNRの具体的方法論は見つからなかったので何とも言えませんが、下を見ている限りでは少なくともドイツやTNRの実際は語られていない様にしか思えませんね。聞く人間のフィルターがいくら怪しいとしても。ドイツの獣医師。肩書的に厄介ですね。

http://8takaramono8.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

Re: 確かに日本は後進国なのかもしれませんね。

ぽんこつ紳士様、コメントありがとうございます。

> まぁ彼女のTNRの具体的方法論は見つからなかったので何とも言えませんが、下を見ている限りでは少なくともドイツやTNRの実際は語られていない様にしか思えませんね。

ヨーロッパは、イギリス以外ではTNRは普及しなかったように思います。
それとドイツなどでも、アメリカと同様に、猫飼育の管理飼育の強化が潮流です。
ドイツでは2008年にパーダーボルン市で飼い猫登録、不妊去勢、ワクチンの刑事罰付き義務化を条例制定しました。
野良猫に餌を与えれば飼い猫とみなされ、無登録等で罰せられます。
ドイツでは、パーダーボルン市のような猫飼育規制条例を制定する自治体が急速に増えています。


>ドイツの獣医師。肩書的に厄介ですね。

「ドイツ 殺処分ゼロ」でトップでヒットする保険会社のHOで氏のブログを引用しています。
その中では「施設での殺処分はゼロです」とこそっと逃げていますよ。
氏はベルリン在住で、ベルリン市は犬の殺処分に対してはドイツでも厳しい州です。
禁止犬種や咬傷事故をおこした犬の殺処分を、行政から委託を受けて行っているはずです。
年数百頭もあればね。
先月も、ドイツ国内で警察官が路上でマスティフを射殺したという記事がありました。
確かにその場で射殺すれば殺処分施設は必要ありません。

No title

悪臭や咬傷事故等、過剰な野良猫による被害はどこも同じですね。
そして、一般市民がそれを許容し得ないという事も。
我が国もいい加減世界の潮流に乗って、猫の適正飼育・管理に向けて舵を切るべき時期だと思いますが、肝心の行政は職務放棄と言っていいほど無為無策だったり、甚だしいのは逆行して自ら社会と自然の破壊に手を貸すがごとき施策を取っているところもあるのが何とも腹立たしい限りです。
それにしても、人の事も、自然の事も、猫の事すら眼中にない辺り、猫異常偏愛者の思考というのは恐ろしいほど世界共通ですね。

検索したら

alleycat allies 問題 というキーワードでWeb検索したらalleycat alliesをTNRを実践し、過去に成果を上げている云々と紹介してしまっているところを見つけました。
書いたご本人はどういうおつもりなのかわかりませんでしたが、いずれにせよ迂闊で考えなしであることは間違いないと思われます。

ひょっとしてご存知だったら申し訳ありませんが、一応リンクを。http://www2.hp-ez.com/hp/animals/alleycatallies

猫の殺処分が0になると良いですね

猫の殺処分が0になるという事は地域猫などという不快な青空放置飼育が存在しない社会という事です。

そもそも野良猫は猫の飼育者がやった迷惑な青空飼育の結果として存在しているのであって、地域猫など野良猫発生の起源をそのまま継続しているにすぎませんし状況の逆行です。

動物園がなぜ動物を檻に閉じ込めて管理しているのか、そうしなければ管理できないからであって動物を青空飼育でコントロールできるのであれば費用のかかる檻など何処も設置しません。
養鶏場にしても牧場にしても何処でも動物の管理の為に施設を作って管理しています。

最も経済効率を重視する畜産ですら建設費を出して施設をつくる意味が猫愛好家には理解できない様です。

理論的にはTNRは可能ですが出来ないのは実行している輩が中途半端なクズしかいないからです。
何十年もやって明確な結果を出していない事を恥とも思わず、公的資金で無意味な餌やり行為を支援しろと騒ぐ様な人間以下は人間として扱う必要はないと私は思いますね。

Re: No title

迷惑餌やり反対派様、コメントありがとうございます。

> 悪臭や咬傷事故等、過剰な野良猫による被害はどこも同じですね。

この公聴会でも、一般市民の方が「猫に襲われた」と証言しています。
またアメリカでは、何度も狂犬病感染猫が人を襲っていますし、猫から狂犬病が感染した例もあります。
アメリカ、ヨーロッパは日本と異なり狂犬病清浄国えはありませんから、野良猫外猫は日本より恐ろしい存在と思われているはずです。


> 我が国もいい加減世界の潮流に乗って、猫の適正飼育・管理に向けて舵を切るべき時期だと思いますが、肝心の行政は職務放棄と言っていいほど無為無策だったり、甚だしいのは逆行して自ら社会と自然の破壊に手を貸すがごとき施策を取っているところもあるのが何とも腹立たしい限りです。

となりの台湾が、狂犬病が再入国しました。
日本も他山の石として、野良猫外猫対策を真面目に考える時期に来ています。
野良猫狂人のいいなりになって、地域猫などを制度化している場合ではないです。

Re: 検索したら

愛誤より覚醒様、コメントありがとうございます。

> alleycat allies 問題 というキーワードでWeb検索したらalleycat alliesをTNRを実践し、過去に成果を上げている云々と紹介してしまっているところを見つけました。

その他、この団体がボルチモア市で、TNRを条例化合法化したことなども、日本では絶賛しているところが多いです。
愛誤は、海外のTNR団体のセルフヨイショの記事を鵜呑みにして、それがあたかもその国のスタンダードとして紹介するのは常套手段です。
ケネディ空港近くの公有地で警官隊が出て強制排除した餌やりでも絶賛して成功して市民も支持を得ていると紹介している日本の愛誤もいましたし。
よく引き合いに出されるのは、ボルチモア市(アメリカでは数少ないTNRが合法な自治体)でのTNR導入と成功?ですが、現地では相当避難されています(ボルチモア TNRで検索したら出てくるかもしれません)。

アメリカでも毀誉褒貶のある団体ですからね。
英語版wikiでは、かなり好意的に書かれています。

Re: 猫の殺処分が0になると良いですね

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 猫の殺処分が0になるという事は地域猫などという不快な青空放置飼育が存在しない社会という事です。

もし本気で猫の殺処分をゼロに近づけたいのならば、完全管理飼育(完全室内飼い、例外を除き100%の不妊去勢率)を実現するしかないです。
それと野良猫はゼロにすることです。
野良猫の存在を望み、放し飼いを容認しつつ、殺処分ゼロを望むことは分裂しています。


> 最も経済効率を重視する畜産ですら建設費を出して施設をつくる意味が猫愛好家には理解できない様です。

放し飼いでもし動物を管理しようとすれば(そもそも不可能ですが)、檻に閉じ込めて飼うよりはるかにコストがかかります。


> 理論的にはTNRは可能ですが出来ないのは実行している輩が中途半端なクズしかいないからです。

餌やりを一切しなければ、理論上は不妊去勢効果だけ現れます。
なお、尼崎市の見解は「不妊去勢手術助成はするが、それが餌やりをして良いということではない」です(電話で確認しました。また公園などでは餌やりを許可しているところはありません。折々記事にします)。
「TNRは餌やりすることが前提」ではないです。


> 何十年もやって明確な結果を出していない事を恥とも思わず、公的資金で無意味な餌やり行為を支援しろと騒ぐ。

それには私も「厚顔無知」と感じます。

遺棄

前の記事がコメント飽和してしまいましたからこちらに書きますが、遺棄について、愛護団体の玄関の前に動物を放置していくのは程度がすぎると遺棄とみなされ告訴されることもあるかも、とのことですが、これはおかしな話だと思いました。
愛護法で遺棄がなぜ処罰されるのかというとその動物を餓死させること、虐待だからであって、別に人に迷惑をかけるから処罰されるという理屈ではないと思うのですが。生態系を破壊するという理由もあるのでしょうが、なんにせよ被害者として想定されているのは動物だと思ってます。

人に迷惑をかけたという理由で処罰されるとしたら器物損壊や傷害罪で処罰されるのであって、告訴されるなら愛護団体の家を著しく汚損した場合とか人に怪我や病気にさせた場合に限られるのではないでしょうか。

でこの記事に絡めると、TNRと称して殺処分制度廃止派、TNR推進派の愛護団体の玄関先に大量に猫をリリースしたらどう対処するのでしょうかね。

馬鹿は愛護と管理が一体なのが分かっていない

>愛護法で遺棄がなぜ処罰されるのかというとその動物を餓死させること、虐待だからであって、別に人に迷惑をかけるから処罰されるという理屈ではないと思うのですが。

普段から動物愛護管理法を愛護法と考えているから、平気でこんな馬鹿なコメントができるんですね。第一条すらまともに読まずに動物愛護を語るとは片腹痛い。

第一条  この法律は、動物の虐待の防止、動物の適正な取扱いその他動物の愛護に関する事項を定めて国民の間に動物を愛護する気風を招来し、生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養に資するとともに、動物の管理に関する事項を定めて動物による人の生命、身体及び財産に対する侵害を防止することを目的とする。

さんかくさん、差し出がましいですが、この人ただのブログ荒らしです。

遺棄

第一条なんてわかってますよ。

人への迷惑は別途刑法の器物損壊とか傷害罪とか建造物損壊で裁けるし、刑法の罰則のほうが愛護法違反での罰則より重いのならそちらを採用できるでしょう。

器物損壊罪、傷害罪等に未遂罪がなく具体的な被害が実現しないと相手を処罰できないから、愛護法の遺棄罪に人への迷惑予防という意味も込めているということですか?

突如自分の家の前に猫が捨てられていて対処できないとかいう場合も想定して行政に引き取り義務が課せられていてしかも所有者不明猫はほぼ無条件に、無料で引き取るのだと思いますが。その引き取りを拒否させようとする愛護団体に、保健所に持ち込みしようとしている人に、その団体の玄関に放置してとアドバイスするのは筋の通った発想だと思いますが。

なんにせよ遺棄=餓死させること=間接的な虐待という趣旨も込められているのは確かでしょう。遺棄と放し飼いえさやりとの区別もあいまいですが、そこは曖昧なままになっているということでしかないでしょうね。

オフ主さん

>TNRと称して殺処分制度廃止派、TNR推進派の愛護団体の玄関先に大量に猫をリリースしたらどう対処するのでしょうかね。

自分の家で多頭飼いしてゴミ屋敷にするか、そのまま「地域猫」と称して繁殖活動するかどちらかでしょうね。

ろくな事になりません。

私は刑法についてコメントしていないので前半はスルー。

>引き取りを拒否させようとする愛護団体に、保健所に持ち込みしようとしている人に、その団体の玄関に放置してとアドバイスするのは筋の通った発想だと思いますが。

愛誤団体に対する嫌がらせとしてはパンチが効いていると思います。
しかし、本気で筋が通っていると疑わない貴方はやはり変。
法的に問題ないと思っています?

リリース

引き取り拒否圧力をかけているなら、行政が引き取らない分は自分たちが引き取ると公言しているも同然だと思うので、そういう人たちの家の前に置いておくのは問題ないと思いますが。

公言してない人の前に置いて行くのはダメだと思いますが。

TNRのリリースにしても元いた場所にリリースしなければいけないという理由はないわけで、リリース先がたまたま愛護団体の事務所の前だったという理屈も成り立ちますよね。そちらのほうが猫の生存確率は上昇しますし。

Re: 遺棄

オフ主様

> 遺棄について、愛護団体の玄関の前に動物を放置していくのは程度がすぎると遺棄とみなされ告訴されることもあるかも、とのことですが、これはおかしな話だと思いました。

動物愛護管理法違反の遺棄罪と問うのならば告訴ではなく告発です。
動物愛護管理法上の遺棄罪が成立するか否かについて限り、以下にコメントします。

動物愛護団体は、家の前に犬猫が遺棄されていたとしても、それを保護し引き取る義務はありません。
そのまま放置するのも保健所に持ち込むのも自由です。
もし放置すれば、自力でそれらの犬猫が餌を獲得できない可能性が有り、衰弱死の可能性を考えれば遺棄罪が成立すると思います。


> 愛護法で遺棄がなぜ処罰されるのかというとその動物を餓死させること、虐待だからであって、別に人に迷惑をかけるから処罰されるという理屈ではないと思うのですが。

家の前に犬猫を遺棄された人がもし告訴するのならば、罪状は業務妨害罪などになると思います。


> TNRと称して殺処分制度廃止派、TNR推進派の愛護団体の玄関先に大量に猫をリリースしたらどう対処するのでしょうかね。

私が冗談で、神戸市内で違法TNR(都市公園法違反)を幇助している公疫呆人の代表者の家の前に、「野良猫百匹リリースしたらこの人はどう思うだろうか」とコメントしたら、私の個人情報の開示請求をプロバイダに行って脅迫罪で告訴しようとしたらしいです(推測も含めますが)。
また、「私が脅迫した」ということで、FC2にこのブログの削除の圧力をかけたらしいです。

違法餌やりの場所は、神戸市内の下町密集地で、公疫呆人代表者の家は芦屋市です。
いかに動物愛護(誤)なんて言っている輩が、自分勝手だということがわかるでしょう。

Re: 馬鹿は愛護と管理が一体なのが分かっていない

駆除賛成派様

> 第一条すらまともに読まずに動物愛護を語るとは片腹痛い。
> 第一条  この法律は、動物の虐待の防止、動物の適正な取扱いその他動物の愛護に関する事項を定めて国民の間に動物を愛護する気風を招来し、生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養に資するとともに、動物の管理に関する事項を定めて動物による人の生命、身体及び財産に対する侵害を防止することを目的とする。

動物の管理を定めたのは7条ですが、罰則規定はありません。
しかし法の精神に従えば、動物を愛護するのならば、表裏一体で管理義務を負うことはわかるはずです。
罰則規定が無ければ違反しても良いというのであれば、本法を援用する資格はないと思います。


> 差し出がましいですが、この人ただのブログ荒らしです。

私は極力、アクセス禁止やコメント削除はしませんので。
そのまま残しておいたほうが、いかに愛誤の理屈が破綻しているかがわかる、良いサンプルになると思っているからです。

Re: 遺棄

オフ主様

> 器物損壊罪、傷害罪等に未遂罪がなく具体的な被害が実現しないと相手を処罰できないから、愛護法の遺棄罪に人への迷惑予防という意味も込めているということですか?

別個の犯罪です。


>その引き取りを拒否させようとする愛護団体に、保健所に持ち込みしようとしている人に、その団体の玄関に放置してとアドバイスするのは筋の通った発想だと思いますが。

冗談で私がそのようなコメントをしたところ、脅迫罪で私を告訴(?)した、しようとした人物がいるみたいですよw
その人物は、まさにしてきのあったような愛誤団体です。
先のコメントを見てください。

Re: オフ主さん

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 自分の家で多頭飼いしてゴミ屋敷にするか、そのまま「地域猫」と称して繁殖活動するかどちらかでしょうね。

便利屋の猫駆除業者を使ってこっそり毒殺したり、捕獲して保健所に持ち込むかもしれません。
関西での大手野良猫TNR愛誤団体の代表は、「猫を自宅前にリリースする」ということは大変な損害で恐怖で、かつ困ることという認識のようですから。
冗談でそのようなコメントをしたら、私は告訴(?)されたみたいです。

Re: タイトルなし

駆除賛成派様、横横です。

> 愛誤団体に対する嫌がらせとしてはパンチが効いていると思います。
> しかし、本気で筋が通っていると疑わない貴方はやはり変。
> 法的に問題ないと思っています?

とりあえず、近代法学では、自力救済は認められていません。
愛誤団体の家の前に犬猫を遺棄するのは、一種の自力救済とも言えなくもない。

Re: リリース

オフ主様

> TNRのリリースにしても元いた場所にリリースしなければいけないという理由はないわけで、リリース先がたまたま愛護団体の事務所の前だったという理屈も成り立ちますよね。そちらのほうが猫の生存確率は上昇しますし。

TNRのリリース自体も、動物愛護管理法上の遺棄罪が正ルツする可能性があるグレーゾーンなわけで(法理論上)。
TNRだからといって、いかなるリリースの仕方でも合法なんて法律はありませんよ。
TNRのリリースが合法という前提そのものに疑いがあります。

遺棄

ありがとうございます、そうですよね、自分のペットが遺棄されたら告訴ですが、そうでないなら告発ですよね。
第三者な訳だから遺棄罪の被害者とはいえないでしょう。
犯罪被害者というのは別途民事賠償請求する資格を持つものということでしょう、遺棄されて受けた損害について賠償請求するなら、それは業務妨害されたとか家を汚損されたとか怪我をさせられたことによる損害にたいしてだと思いますが。
遺棄した結果器物損壊罪や傷害罪、業務妨害罪などに触れることになれば、別途そちらの罰則も適用されるということで、遺棄罪による罰則と競合するわけではないのですね。

総論各論

行政に引き取り拒否圧力かけているなら、自分の家の前に置かれても文句言えなくないですか?処分制度撤廃を主張するということは自分自身がまず処分しない、処分制度が存在しないことを前提とした行動をしていると宣言しているも同然ということですよね、ならそういう人に任せたいというのは里親に譲渡するのと同じことだと思いますが。彼らいつも自分で飼えないなら里親を探せ保健所に持ち込むなといってますし。

それをいうなら放し飼いとかリリースしただけで遺棄ではないとか置いた相手が主張したらどうするんだと聞いても答えはありませんでした。TNR推進派のようでしたが。自分達もやっているのに人がやったらなぜ文句言うんでしょうね。

以前いっていた告訴とか民事訴訟ってその人のことだったのですか。脅迫って、家の前にリリースされると家が汚されるからということですかね?
その人も無許可TNRやっているなら同じことしてませんか?

Re: 遺棄

オフ主様

> 犯罪被害者というのは別途民事賠償請求する資格を持つものということでしょう、遺棄されて受けた損害について賠償請求するなら、それは業務妨害されたとか家を汚損されたとか怪我をさせられたことによる損害にたいしてだと思いますが。

例えば猫を家の前に大量に遺棄されて通常の生活が困難になれば業務妨害罪(この場合の業務は極めて広く解釈されています)や、猫が糞尿して家や庭が汚損既存されたなどの事実が発生すれば、業務妨害罪や器物損壊罪での「告訴」です(その家の人が犯罪被害者ですから)。
動物愛護管理法違反での遺棄罪では「告発」になります。
家の汚損既存などの被害に対する損害賠償は、民事事件として不法行為責任(民法709条)により、損害賠償請求ができます。


> 遺棄した結果器物損壊罪や傷害罪、業務妨害罪などに触れることになれば、別途そちらの罰則も適用されるということで、遺棄罪による罰則と競合するわけではないのですね。

個別の事件になります。

Re: 総論各論

オフ主様

> それをいうなら放し飼いとかリリースしただけで遺棄ではないとか置いた相手が主張したらどうするんだと聞いても答えはありませんでした。TNR推進派のようでしたが。自分達もやっているのに人がやったらなぜ文句言うんでしょうね。

それがまさに、兵庫県○屋の、公疫呆人ナントカ飢饉という、TNR推進を旨とする動物愛誤団体です。
機会があれば、そのいきさつを記事にします。
しかしこの人も、既知害の部類でしょうね、病的好訴というか。
そういう精神医学上の症例もあるのです。
統合失調症の初期など、異常に訴訟を起こす人もいるようです。


> 以前いっていた告訴とか民事訴訟ってその人のことだったのですか。脅迫って、家の前にリリースされると家が汚されるからということですかね?
> その人も無許可TNRやっているなら同じことしてませんか?

名誉毀損で片っ端から自分を批判するブロガーを刑事告訴し、数人は有罪になっています。
有罪になった人には、今度は民事訴訟で一人あたり1,100万円の損害賠償請求訴訟を起こしています。
私も多分告訴されている(?)ようですし(私は事件にはなりませんでした)、FC2にも私のブログを削除しろと圧力を散々かけまくりました。
私の感想ですが、名誉毀損で訴える方も異常ですが、有罪判決になるほどのことをした人も、少し人格的に異常なものを感じます(なおこの方は野良猫保護活動家で、いわば当の公疫呆人代表者と同類)。
まあ、一つ穴の貉の痴話喧嘩です。

告訴を検討するとか

今愛護団体の方が遺棄の教唆をしている、弁護士に相談して告訴も検討するとかいってます。もしかしたら同じ人かも。具体的に団体名あげたわけでないのですが。ただ保健所持ち込みを計画している人が本当に私の提案にのってきたら、そのかたの住む地域の殺処分制度撤廃派の愛護団体の名前をあげてここに置くようアドバイスするつもりでした。

放置した結果衰弱死したら遺棄罪になるかもというのは、今回の場合放置された愛護団体が罪に問われるということ?それとも愛護団体の事務所の前に置いた人が?でも飼い主でないなら餌あげる義務ありませんし、今回の場合私がアドバイスした相手は飼い主ではありません、飼い主になる義務も他に引き取り先探す義務もない、行政機関に相談する努力義務はあるのかもしれませんが、彼らによれば野良猫は引き取らないのだそうですし。


ですから、この団体代表者のいう遺棄罪教唆の疑いで刑事告訴するって無理ですし、しかも愛護法上の犯罪って教唆とか幇助は成立しませんよね?少なくとも正犯がいなければ従犯が成り立つこともない。民事賠償請求の際に共同不法行為として訴えることはできるかもしれませんがこれも被害が実現してないと無理ですし。

だから告訴するなら脅迫罪とか業務妨害罪の疑いでということになるのでしょうが、営利事業としてやってるわけでない愛護団体、まして個人のボランティアの活動が業務として認められるのかと。

今告訴を検討と息巻いている方はTNRの意義を力説して遺棄や放し飼いとは違うといってますが、では私もTNRとして愛護団体の事務所の前にリリースすることを、アドバイスしていく、とか答えてみようかと思います。

餌やり

あと、私が野良猫に餌やりをしていると誤解されたようですが、通行人が餌やりしている猫たちを保護して室内で飼っているまたは保護を委託しているだけで私は餌やりをしてませんよ。
うちの家族は餌やりというか放し飼いして一時期10匹まで増やしてしまいましたが、なんとか里親に出しました、もしかしたら一部は処分してしまったのかもしれませんが。痛い目あってから手術はしてます。
今私が飼っているのも実家でおそらく庭に遺棄されていたとみられる子です。先住猫がいたからかってもらえると考えたのでしょう。

告訴を検討するとかいってる団体代表者は餌をあげないと子孫を残したい本能からもっと繁殖する、だからTNRがかずべらしに有効とかいってます、むちゃくちゃですよね?

Re: 告訴を検討するとか

オフ主様

> 今愛護団体の方が遺棄の教唆をしている、弁護士に相談して告訴も検討するとかいってます。もしかしたら同じ人かも。

私がかかわった方は、兵庫県の団体ですよ。


> 放置した結果衰弱死したら遺棄罪になるかもというのは、今回の場合放置された愛護団体が罪に問われるということ?それとも愛護団体の事務所の前に置いた人が?

愛誤団体の事務所においた人が遺棄罪に問われるでしょう。
また遺棄したことにより衰弱死にいたらなくても遺棄罪は成立します。
衰弱死させる可能性があるということと、放置すること動物愛護に反するということでしょう。


>飼い主でないなら餌あげる義務ありません。

でも保護して(原始取得)占有した時点で、飼い主=所有権が発生する可能性はありますし(グレーゾーンだと思います)、そうであれば餌をやる義務は生じます。


>しかも愛護法上の犯罪って教唆とか幇助は成立しませんよね?

理論上は成立すると思います。
ただ微罪の教唆で捜査するかということです。
そして教唆している内容が犯罪かどうかもはっきりしない。


>営利事業としてやってるわけでない愛護団体、まして個人のボランティアの活動が業務として認められるのかと。

業務妨害罪の「業務」は幅広く解釈されています。
町内会やPTA活動の妨害や、中学校の卒業式の進行を妨害したことでも業務妨害罪で有罪が確定しています。

Re: 餌やり

オフ主様

> 私が野良猫に餌やりをしていると誤解されたようですが、通行人が餌やりしている猫たちを保護して室内で飼っているまたは保護を委託しているだけで私は餌やりをしてませんよ。

それについて私は謝罪しました。
承知しました。


>餌をあげないと子孫を残したい本能からもっと繁殖する、

それはないです。
栄養状態が良くなれば、繁殖力が増すのは定説です。

被害者

駆除賛成派さま

ということで愛護法の遺棄罪の被害者として人が想定されることは、あるのですか。被害者とは告訴権者、別途民事賠償請求する資格を持つものということです。告発は第三者でもできますが。
自分のペットを捨てられたなら遺棄罪の被害者になれるのかと思いましたがこれも窃盗や器物損壊で告訴することになり遺棄罪の被害者にはなれないと思われますが。

No title

オフ主様

質問内容が事の本質からずれてきているので、当初のコメントに対して再度レスします。

>人に迷惑をかけたという理由で処罰されるとしたら器物損壊や傷害罪で処罰されるのであって、告訴されるなら愛護団体の家を著しく汚損した場合とか人に怪我や病気にさせた場合に限られるのではないでしょうか。

動物愛護管理法の第一条には、「動物の管理に関する事項を定めて動物による人の生命、身体及び財産に対する侵害を防止することを目的とする。」とあります。要するに、動物愛護と管理飼育はセットです。

他人の軒先に猫を遺棄するのは、人やその財産に被害を与える事が予見できる行為ですから、動物愛護の観点だけでなく管理面でも動物愛護管理法の理念に反しています。
同法第四十四条には遺棄に対する罰則が規定されている為、遺棄を実行した人は罪に問われる可能性があります。
「人に迷惑をかけたという理由で処罰されるとしたら器物損壊や傷害罪で処罰される」だけではありません。器物損壊や傷害は、民法・刑法の領域ですね。

そんなにこだわるなら、自分で試すか弁護士の見解を聞いてみたらどうですか?
個人的には、愛誤団体の玄関先に置いてくるというアイデアは不謹慎ながら痛快です。

Re: 被害者

オフ主様

> 駆除賛成派さま

横横です。


>愛護法の遺棄罪の被害者として人が想定されることは、あるのですか。

ありません。
犯罪の構成要件としては、愛護動物を遺棄するということです。


>被害者とは告訴権者、別途民事賠償請求する資格を持つものということです。

繰り返します。
家の前に犬猫を遺棄されて、その犬猫が庭に入り込んで糞尿して汚損したなどは器物損壊罪が成立する可能性があります。
それは動物愛護管理法44条とは別個の犯罪です。
また器物が損壊したことにより、民事で損害賠償を求めるのも、動物愛護管理法44条の遺棄罪とは別個の問題です。

廃家電を不法投棄するのは廃棄物処理法違反です。
廃家電を他人の土地に投げ入れて捨てれば、廃棄物物処理法違反罪が成立するでしょう。
廃棄物処理法違反の告発は、その土地の所有者以外でも誰でもできます。

廃家電を投げ入れられて、土地が汚損したことに対しては、器物損壊罪が成立します。
器物損壊罪は親告罪ですので、その土地の所有者しか告訴出来ません。

廃家電を投げ入れられて土地が汚損したことによる損害賠償は、民法709条不法行為責任が根拠です。
それぞれ別個の問題です。
それと同じです。

Re: No title

> オフ主様

駆除賛成派様

横横です。
先にコメントしたとおりです。
オフ主さんは、法律論をぶつのがお好きな割には、法務センスがイマイチなような気がします。

まとめ

他人の家の玄関先に猫を放置すると

1、愛護法の遺棄罪に該当→
被害者は遺棄された愛護動物(または遺棄された動物に殺傷される無主物の愛護動物)
置かれた人は被害者ではなく告訴できないが告発はできる。この罪状を根拠に別途民事賠償請求することはできない。
愛護法の人に迷惑をかけないという理念に反するが人がこの罪状の被害者になることはない。

2、刑法上の犯罪に該当→
置かれた結果業務妨害、器物損壊、建造物損壊、傷害などが成立する可能性。
被害者は置かれた人。置かれた人は告訴権と別途民事賠償請求する資格を持つ。

No title

さんかくたまご様

>オフ主さんは、法律論をぶつのがお好きな割には、法務センスがイマイチなような気がします。

独自のセンスをお持ちのようで、どのように法を解釈して発言しているのかまったく分かりません。
遺棄しても動物愛護管理法では告発しかできないから、その程度ならやっても怖くない!という事なんでしょうかね。
ツイッター見たら、この件で愛誤と論戦していましたよ。
ここで仕入れた知識で理論武装しているようです。

見間違い?

>まとめ
他人の家の玄関先に猫を放置すると

1、愛護法の遺棄罪に該当→
被害者は遺棄された愛護動物(または遺棄された動物に殺傷される無主物の愛護動物)
置かれた人は被害者ではなく告発はできる。この罪状を根拠に別途民事賠償請求することはできない。
愛護法の人に迷惑をかけないという理念に反するが人がこの罪状の被害者になることはない。

2、刑法上の犯罪に該当→
置かれた結果業務妨害、器物損壊、建造物損壊、傷害などが成立する可能性。
被害者は置かれた人。置かれた人は告訴権と別途民事賠償請求する資格を持つ。

出口を塞ぐことばかり考えて蛇口を閉めること考えてないですよね。

最後の一文「出口を塞ぐことばかり考えて蛇口を閉めること考えてないですよね。」について投げかけようと思ったのですが、再度読み込み直して見たところないようです。見間違えましたかね。

拡散

単純に法解釈に関心があっただけでだからどうしようとか考えてませんよ。遺棄罪の被害者=遺棄された動物であって、人が遺棄罪の被害者として告訴することはできない、被害者として告訴できるのは器物損壊など刑法に触れる行為があった場合だけだ、という発言はここでこの話題を出す以前にしてましたけど。

フォロワーさんが猫を捕獲して保健所に持ち込もうかなといってたのでやめてくれと言いましたが、放置していると増えるから排除しないといけないみたいなこと言ったので、では殺処分制度廃止を唱えている愛護団体の玄関先に置いてきてと言ったら、その発言がリツイートされ拡散され、つっかかられたのです。
発言したフォロワーさんも叩かれて困ってました。

蛇口

最後の一文は最初書いていましたが話題が散乱するので削除しました。

Re: まとめ

オフ主様

その解釈で良いと思います。

Re: No title

駆除賛成派様

> ツイッター見たら、この件で愛誤と論戦していましたよ。
> ここで仕入れた知識で理論武装しているようです。

そうでしたか。
私はコメントには極力お答えしています。
しかし記事の内容と関係ないことまで話題を広げられると、ちょっと辛いところがあります。

Re: 見間違い?

迷惑餌やり反対派様

> 最後の一文「出口を塞ぐことばかり考えて蛇口を閉めること考えてないですよね。」について投げかけようと思ったのですが、再度読み込み直して見たところないようです。

こちらでのコメントですか。
私が初めて見たとこは、最後の一文はなかったですよ。
たとえで言えば正解なんじゃないですか。

Re: 拡散

オフ主様

> フォロワーさんが猫を捕獲して保健所に持ち込もうかなといってたのでやめてくれと言いましたが、放置していると増えるから排除しないといけないみたいなこと言ったので、では殺処分制度廃止を唱えている愛護団体の玄関先に置いてきてと言ったら、その発言がリツイートされ拡散され、つっかかられたのです。

そのような愛誤団体の家の前に野良猫を大量に遺棄したらその愛誤団体はどうするのか、という仮定で考えるのは痛快です。
実際にすれば、愛誤団体の化けの皮が剥がれるでしょうね。
ただ遺棄した方も刑事上民事上責任を問われかねなので実行はお勧めしません。

No title

>私が初めて見たとこは、最後の一文はなかったですよ。
>たとえで言えば正解なんじゃないですか。

そう思います。
なお、当該一文はご本人が「話題が散乱するので」削除されたそうです。
ただ、そもそもの本ネタはご本人が発した

>愛護団体に渡せばいい、関わりたくないなら玄関前においていけばいい。
>「保健所に持ち込むと処分されてしまうので殺処分廃止を唱えている愛護団体の玄関の前に置いてきて」と提言

ではないのかと思ったので、それなら「自爆」ではないかと申し上げたかったのですがね。

Re: No title

迷惑餌やり反対派様

コメントありがとうございます。


> >愛護団体に渡せばいい、関わりたくないなら玄関前においていけばいい。
> >「保健所に持ち込むと処分されてしまうので殺処分廃止を唱えている愛護団体の玄関の前に置いてきて」と提言

この件について、さる愛誤団体の化けの皮がはがれた例を経験していますので、機会があれば記事にします。

Re: No title

迷惑餌やり反対派様

> それなら「自爆」ではないかと申し上げたかったのですがね。

自爆な愛誤っていますよ。
私の経験については折々記事にします。

No title

さんかくたまご様

以前もコメントさせて頂きましたNookです。
餌やり被害のことですが、
以前コメントした害獣カフェの団体のところでは
TNRをして餌やりなどを続けた挙句
以前いた猫以外の親猫と子猫が現れたようです。

https://ja-jp.facebook.com/CatCafeWish

無論、糞尿の始末などはやっていない模様です。
写真を見るかぎり餌の量も1匹分とは思えないほどの量で
明らかに他の猫にまで餌付けをする気が分かりました。
これを見るだけでもTNRがいかに荒唐無稽か
餌やりが次々と問題を引き寄せるかがわかりました。

ただ笑えたのはこのFBの記事内で
相談の事案を相談者に断りもせずヒステリックに公開しているのですが
餌やりの老人の相談に対して上から目線で「指導」しており
苦笑せざるを得ませんでした。
自分から見た限りでは立場は同じように思います。
愛誤の恐ろしさ、論点のすり替えのいやらしさを
さまざまと感じさせられました。

Re: No title

Nook様、コメントありがとうございます。

> 害獣カフェの団体のところでは
> TNRをして餌やりなどを続けた挙句
> 以前いた猫以外の親猫と子猫が現れたようです。

店の中だけで猫飼育するのは、私は猫カフェはそれなりによい業態だと思っています。
しかし屋外での餌やりで、TNR口実にした不妊去勢未実施の野良猫にまで餌をやるのは許せません。


> 無論、糞尿の始末などはやっていない模様です。
> 写真を見るかぎり餌の量も1匹分とは思えないほどの量で
> 明らかに他の猫にまで餌付けをする気が分かりました。
> これを見るだけでもTNRがいかに荒唐無稽か
> 餌やりが次々と問題を引き寄せるかがわかりました。

TNR、地域猫をしている輩は、それを口実にして餌やりを正当化したいだけです。
隔絶した地勢条件で気候が厳しい北海道の天売島でも、生息する猫の数とほぼ同数を不妊去勢しても、10年後には1,5倍に増えたのです。
気候が温暖な、猫の移動が自由な都市環境で、TNRの実施率はわずか(自治体の助成があるところで生息野良猫のうち、年間2~5%です)で、不妊去勢未実施の猫にも餌やり放題で、猫が減れば奇跡です。


> 餌やりの老人の相談に対して上から目線で「指導」しており
> 苦笑せざるを得ませんでした。
> 自分から見た限りでは立場は同じように思います。

猫愛誤は上から目線で偉そうなことを言いますが、恐ろしい程海外事情や動物の生態、法律に対して無知です。
当の猫に対しても無知です。
掲示板で専スレのある大阪の餌やり愛誤は、魚屋が野良猫にアワビのキモを食べさせていることを褒めていました(アワビのキモは猫に有害です)。
私の21日の記事でも「上から目線」でドイツの動物愛護がどうのこうのというブロ友様へのコメントを紹介しています。
この方は、全くドイツの動物愛護行政に対して無知で誤解しているにもかかわらず、誤った知識で、日本の愛誤批判をしている人たちを「井の中の蛙、バカ」と評しています。
いつも愛誤の厚顔無恥ぶりには驚愕の方が先で、腹も立ちません。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR