地域猫は社会に害悪しかもたらさなかった~広島みくまり峡無許可地域猫の実態ー4





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Summary)
Requirements CHIIKINEKO(=TNR+Feedng.Management of feral cat colonies)
・Understanding and cooperation in the region.
・Eliminating the stray cat purposes.
・It's got the permission of the administration.
"CHIIKINEKODOUMEI" do not meet all.


 記事、
地域猫は社会に害悪しかもたらさなかった~広島みくまり峡無許可地域猫の実態ー3
地域猫は社会に害悪しかもたらさなかった~広島みくまり峡無許可地域猫の実態ー2
地域猫は社会に害悪しかもたらさなかった~広島みくまり峡無許可地域猫の実態ー1の続きです。



 環境省ガイドラインから、地域猫の定義について引用します。住 宅 密 集 地 に お け る 犬 猫 の 適 正 飼 養 ガ イ ド ラ イ ン、「V 地域猫」から引用します。


(地域猫の定義)以下を全て満たすことが必要です。
1、地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫。
2、飼い主を探して飼い猫にしていくことで、将来的に飼い主のいない猫をなくしていくことを目的としたもの。
3、行政が地域の対策に沿って必要な支援を行う(行政の関与・許可)



 本連載記事で問題としている広島県の「地域猫活動同盟」ですが、上記の環境省ガイドラインにある地域猫の要件のうち、2、3の要件を満たしていないことは既に書きました。
 「2、飼い主のいない猫をなくしていることが目的」~TNRを偽装して餌やりを極大化するばかりです。従って野良猫が大量に繁殖し大量死しています。この団体の活動は餌やりを目的としただけであり、結果猫はさらに増殖し、動物愛護にも反しています。これらは、当団体がアップした動画が証拠です。
 「3、行政の関与・許可を得ていない」~私が当団体の活動拠点である、広島県安芸郡府中町のみくまり峡森林自然公園の公園管理者に直接電話で確認したところ、当公園では餌やりは許可しておらず、餌容器や猫ハウスの設置も認めていないとのことでした。また府中町による「餌やり禁止看板」が立てられている画像もあります。今回は、「1、地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている」との要件を満たしていないことを挙げます。

 この「地域猫活動同盟」ですが、異常なほどの大量の動画をyoutubeにアップしています。その中から、当地域猫活動同盟が「1、地域の理解と協力」と得ていない証拠となるものを紹介します。chiikinekodoumei


猫虐待1 情けのない広告
 こちらはみくまり峡森林自然公園ではありませんが、地域猫活動同盟の餌やり場の公園です。公園監視者による、「あなたが放置されているもの(猫ハウス、餌や容器などは)公園の管理に支障をきたすので至急撤去してください」との広告がなされています。「3、行政の関与・許可」を得ていない事の証左でもありますが、行政が禁じるということは、「1、地域の理解と協力」を得ていない証左でもあるでしょう。またこの動画には、明らかに人工的に耳を切断された妊娠末期の猫が写っています。

猫虐待1 公告 猫小屋撤去
 町内会の要請を受けて、猫小屋を撤去する行政職員。「1、地域の理解と協力」「3、行政の関与・許可」を受けていないことは明らかです。

猫虐待1 国土省から許可を得て堂々と花壇に
 猫の餌やりによる被害を受けた住民が、国土交通省の許可を受けて「餌やり禁止看板」を設置しています。この餌やりが、地域住民の理解と協力を得ていないことは明らかです。

猫虐待1 みくまり峡の犬
 みくまり峡森林自然公園で、犬をリードをつけて散歩させていた飼い主に「犬をけしかけて猫を虐待した」としています。地域猫活動同盟のメンバー(と言っても中高年男性一人と、公益財団法人動物愛護団体メンバーの中年女性一人が協力しているだけです)は、この犬の飼い主宅に押しかけ、恫喝したり、器物を損壊したりしました。犬の買主側は、地域猫活動同盟のメンバーを刑事告訴し、告訴は受理されました。地域猫同盟のメンバーは、ほかの住民にも対して「猫を虐待した、毒殺した」などと根拠もなく言いがかりを付け恫喝しています。以上を鑑みれば、当団体は到底「1、地域の理解と協力」と得ているとは言えません。
 なお、「犬が猫を虐待した」と犬の飼い主が恫喝されたこの事件は、改めて記事にします。

 従って、環境省ガイドラインが示す、地域猫の要件をすべてみたしていないので、当「地域猫活動同盟」の行為は到底「地域猫」とは言えません。しかし当地域猫活動同盟の行為を紹介したところ、当団体を擁護する方からのコメントをいくつかいただきました。
 要するに「地域猫」などというのは方便で、「地域猫」を理由に野放図な餌やりを認めさせよというのが「地域猫推進派」「支持者」なのです。そのためには犯罪行為も許される、社会の迷惑など省みる必要はないという反社会テロリスト集団にしか過ぎません。彼らの大義名分「動物愛護に適うやり方で飼い主のない猫をなくす」という、真逆の行為(TNRの偽装)でさえ、容認するわけですから。


(画像)

 しばしば地域猫活動同盟は、迷惑餌やり、違法行為(餌やり禁止場所での餌やり、立ち入り禁止区間へ無断立ち入りして餌やりを行う)により、警察に通報されています。しかし地域猫活動同盟のメンバーは、警察官にさえ、肩を掴むなどの行為をしています。
 これらが褒められた行為でしょうか。

higai19.jpg

higai17.jpg

(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

警察もおかしいんですよ。

特定動物異常愛好家の無法を厳正に処分しないからバカ共が勘違いするんです、記事内の写真だけでも暴行罪や公務執行妨害などの罪に問えますし半年でも1年でも一部の強硬派を刑務所にでも放り込んでやれば猫は散開します。

こいつらは猫の事なんて考えてませんし青空飼育の餌やりで飢えた猫に媚びられたいだけです。

現行法でも実際には対処可能なのですから行政が毅然とした対応で愛護の威力業務妨害なども立件して対処すれば不幸な猫もいなくなります。

道理のとおらないただの我侭なんてもんは問答無用で法的に行政が対応すれば済む話でしかありません。
愛護の詭弁に踊らされて地域猫など受け入れる行政まであるのが狂っているとしか思えません、そもそも地域猫で効果があるなら公務員で実行すればいいだけですし民間が行う必要性がありません、地域猫に効果がない事すら理解していない行政が問題なのです、それはつまり公務員が何の仕事もしてこなかった事の証明です。

猫問題を解決するには現行で存続している野良猫の一斉駆除しかありません。

Re: 警察もおかしいんですよ。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

> 特定動物異常愛好家の無法を厳正に処分しないからバカ共が勘違いするんです、記事内の写真だけでも暴行罪や公務執行妨害などの罪に問えますし半年でも1年でも一部の強硬派を刑務所にでも放り込んでやれば猫は散開します。

この餌やり活動家は、土地管理者が立ち入りを禁止している場所にフェンスを乗り越えて入り、餌やりをしているわけですから軽犯罪法の現行犯で逮捕できます。
しばしば迷惑違法行為で、近隣が警察を読んでいるようで、リンクした動画集にもあります。


> 現行法でも実際には対処可能なのですから行政が毅然とした対応で愛護の威力業務妨害なども立件して対処すれば不幸な猫もいなくなります。

私が何度か取り上げた西宮市の私営駐車場内での自称地域猫活動からの無許可餌やりや猫のリリースを放置するのは完全に警察の怠慢です。
警察官を現場に呼んで、警察官が私有地内に餌やりが勝手に入り込んでいるのに何の対処もしませんでした。
さらに餌やりは増長し、仲介に入った市会議員に「これは地域猫と言って正当な活動」と一方的にまくし立てました。
西宮市議会でも問題になりました。
警察が怠慢だから、このような違法集団が大手を振っているのです。


> 道理のとおらないただの我侭なんてもんは問答無用で法的に行政が対応すれば済む話でしかありません。
> 愛護の詭弁に踊らされて地域猫など受け入れる行政まであるのが狂っているとしか思えません。

野良猫偏執者に異常に甘い警察行政には理解できません。
まさに日本は、国際的に見ても例外中の例外の、猫綱吉国家でしょう。


>地域猫で効果があるなら公務員で実行すればいいだけです。

1990年代に、公務員が天売島で既に行って失敗しています。


> 猫問題を解決するには現行で存続している野良猫の一斉駆除しかありません。

さらに飼い猫の適正飼育化です。
先進国の潮流はそうです。
アメリカもEUも猫TNRは否定されています。
飼い猫は登録義務、飼い主責任を明確にさせ、室内飼い、不妊去勢の義務、餌やりの刑事罰付き規定が少なくともアメリカ、ドイツでは進んできます。
地域猫は適正飼育の逆行です。
日本で最初に本格的にTNRを行い失敗した天売島では、今では野良猫への餌やりの禁止、飼い猫登録(マイクロチップ)、室内飼い、不妊去勢、野良猫は捕獲して島外へ排除~撲滅、という方針へ転換しました。
猫綱吉国家の日本は、いつまで過ちを続けるのでしょうか。

No title

この件で日本愛玩動物協会広島支部事務局長の宮崎誠氏がfacebookをやっていたので問い合わせの連絡をしたのですが、一向に返事がきません。
また、この人の友人である京子アルシャー氏のブログは、荒れているわけでもないのに、なぜか承認制になりました。
都合の悪いことは答えないでおこうというということでしょうか。

猫の繁殖時期の前に全国で一斉駆除キャンペーンをした方が、
将来的に生まれてくる猫を考えると、長期的には殺処分数は減らせるのではないでしょうか。

Re: No title

munt様、コメントありがとうございます。
情報提供ありがとうございます。

> この件で日本愛玩動物協会広島支部事務局長の宮崎誠氏がfacebookをやっていたので問い合わせの連絡をしたのですが、一向に返事がきません。

リード付きでセターを散歩させていた飼い主さんが「犬をけしかけて猫を虐待した」と、地域猫活動同盟のメンバー(と言っても一人)が、自宅にまで押しかけてきて恫喝され、モノを壊されるなどの被害を受けています。
この飼い主さんは、かねてより、みくまり峡森林公園での餌やりの横暴に対して、府中町に申し入れをし、餌やり禁止看板も立てるよう要請してきました。
私が最近府中町に問い合わせたところ、確かに町としては「餌やりは禁止しているし、公園への猫ハウス等の設置は認めていない」との回答でした。
しかしその後、日本愛玩動物協会広島支部長が府中町に圧力をかけたらしく、手のひらを返したように「餌やりは禁じていない」ともとれる回答をしているようです。
しかしリンクの動画にあるように、かつては餌やり禁止看板も設置し、猫ハウスを町職員が撤去しています。
この不透明な町の対応については、折々記事にするつもりです。
なお、みくまり峡森林公園条例では、猫の餌やりは禁止と理解できます。


> この人の友人である京子アルシャー氏のブログは、荒れているわけでもないのに、承認制になりました。

私のブログのことでコメントがあり、明らかに私のブログを誤って書かれていましたのでその点は抗議させてもらいました。
私のコメントで承認まちで公開されていないものはありません。
なお、ドイツ在住の方で、シュツッゥトガルトティアハイムの破綻について私が偏向しているとのコメントをされている方がいますが、ドイツマスメディアの報道の記述、Unternehmerischen Scheiternsは、経営破綻としか訳しようがないです。
経営陣が全て退陣し、一旦組織を解散し、別の場所で収容した動物の一部を飼育する活動をしていますが、言わば日本でいう法人の精算です。
それを破綻じゃないということこそ偏向じゃないですか。
なお、私は「すべての動物が安楽死させられる」なんて書いてません。
しかし多くの動物が安楽死させられたのは事実でしょう。
一部は新組織に引き継がれたでしょうが。
勝手に私の記事の内容を変更捏造しないでいただきたいです。
京子アルシャー氏の、ドイツ動物愛護の日本への紹介は偏向しすぎです。
偏向を通り越して、明らかに誤りもあります。
それは折々記事にしようと思っています。


> 猫の繁殖時期の前に全国で一斉駆除キャンペーンをした方が、
> 将来的に生まれてくる猫を考えると、長期的には殺処分数は減らせるのではないでしょうか。

それよりも、餌やりを徹底して禁じることの方が効果があります。

No title

さんかく様

教えてください

埠頭は古くなると効目に変化はでますか?

薄口で手なずけてますが疑心暗鬼です
3回は目撃してますが・・・トホホです

Re: No title

仕事人募集様、コメントありがとうございます。

一般論について述べます。
EGは、常温でしたら、極めて安定した物質です。
ほとんど蒸発もしません。
詳細については、掲示板に書き込めば良いと思います。

私の知っている餌やりもこんな感じ。

どこかで仰られていると思いますが、自分の出来る中で、それも人のエゴと理解した上でちゃんと愛護活動されている方にこういう連中は非常に不愉快でしょうね。

ただ、TNRであっても海外事情であっても意図的に偏向し、または嘘を流布する人も同罪です。結論的には確かに日本はドイツを目指すべきです。但しそれは清濁混合の現存するドイツであって、架空の動物愛誤先進国のドイツでは勿論ありません。結局そうした人々が何が何でもノーキルの妄想を布教する事でこのみくまりの様な愛誤をどんどん増長させ、結果より沢山の無意味な屍を増やす事に繋がるんです。ですから私は少なくとも欧米を愛護先進国と標榜する限り愛護団体に共感する事はありません。故意であれば重罪。無知もやはり罪です。

おそらく彼らは自分が嘘や偏向をしている事を十分に認識している筈です。愛護に傾倒していて、ましてや現地に住んでいる様な人間がそこに行き当たらない筈が無いでしょう。もしそうじゃないとしたら自分に不都合な事は一切認めない愛護教の信者かそれこそ精神異常者かのどちらかです。尤もユートピアを捏造する事で妄想を実現しようとする戦略があるのかもしれませんが、少なくともそれは完全に二律背反です。実現可能だとしたら国が駆除を諦め、大量の野良猫が闊歩し、多くの人の生活が侵され、感染症が蔓延し、稀少動物が絶滅の危機に窮する、そんな理想郷です。私はそれが正しいとはとても思えません。何を守り、何を排除するのか、それらを綺麗事に逃げ込まずに考える事が今本当に求められている事で、それを乗り越える事こそ日本が人類社会稀に見る動物愛護国家を名乗る為の課題だと思います。その結果として本当にそれを成し遂げた末に業者が悪いというなら喜んで路頭に迷ってやりますよ。。

良い事であって悪い事であっても真実はただ在るものであって目を背けて嘘を言ってはいけない筈です。ですから私は今は常にこう言う様にしています。

「日本のペット業界は十分に腐っている。劣悪な環境の侮蔑すべき増殖屋もいる、ゴールデンレトリバーを大きくならないと言って売りつける屑業者もいる。でも、だからといって誰かから理念を借りて来て満足するんではなく、自分の頭でどこが悪くて何が正しいかを考える事から逃げるんじやない」と。

その一環でこちらのブログを見せているのですが、多くの部下が色々と悶絶しているのを見ながら、それがいかに大変な事なのか実感しています。何とも外道な上司です。





Re: 私の知っている餌やりもこんな感じ。

ぽんこつ紳士様、コメントありがとうございます。

> ちゃんと愛護活動されている方にこういう連中は非常に不愉快でしょうね。

近年は、動物愛護に対してかなり悪いイメージを持たれている方も増えています。
「動物愛護」というワードを言っただけで「狂信的、おかしな人、関わりたくない」といった感じです。
環境保護というワードもそういう傾向がありますが、希少生物保護などについて語るときは困っています。


> 日本はドイツを目指すべきです。但しそれは清濁混合の現存するドイツであって、架空の動物愛誤先進国のドイツでは勿論ありません。

私は、愛誤のいう動物愛護先進国のドイツ、イギリスなどの実情を多く記事にしました。
愛誤思い描いている動物愛護先進国とは、程遠い国です。
しかしやはり現在、西ヨーロッパ先進国が最も動物愛護に進んでいると思います。
それは産業動物や愛玩動物も含めて総合的な見地から動物愛護の施策を行っており、盲目的に猫犬等の愛玩動物に偏向した、何が何でもノーキルではないです。
管理と愛護のバランス、動物種間でのバランスが取れているということです。
ですから管理のためには猫犬という種を野生動物保護のために駆除するのは普通ですし、安楽死も広く行われています。
対して実験動物に対する保護規定(ドイツ動物保護法)が法律であり(日本ではまだ法律での規定はありません)、家畜の飼育環境や移動などに対しても保護規定がきびしく定められています。
なお、一部の愛誤が「ヨーロッパ先進国では動物愛護という概念は愛玩動物だけに対してである」という大嘘を吹聴しています。
ドイツ動物保護法を一読すれば、犬猫より家畜の保護規定の方がはるかに多いです(猫独自の規定は一つもありません)。
「動物愛護」の定義に戻って考え直す必要があるでしょう。


>何が何でもノーキルの妄想を布教する事でこのみくまりの様な愛誤をどんどん増長させ、結果より沢山の無意味な屍を増やす事に繋がるんです。

みくまり峡の自称地域猫活動は、環境省ガイドラインに照らし合わせても、全く地域猫とは言えません。
しかし地域猫を名乗ることにより、違法で動物愛護に反する餌やりを正当化し、強行しているのです。
地域猫という言葉がなければ、これらの人はもっとひっそりと餌やりしているかもしれません。
地域猫という言葉、概念(誤った解釈が流布されていますが)は罪作りです。


> ユートピアを捏造する事で妄想を実現しようとする戦略があるのかもしれませんが、少なくともそれは完全に二律背反です。

それはエセ共産主義やエセ宗教と全く同じです。
現実社会には不可能なユートピアの実現が支持の根幹です。
しかし現実と理想は背反します。
それらの団体は、例外なく破綻しています。


>何を守り、何を排除するのか、それらを綺麗事に逃げ込まずに考える事が今本当に求められている。

それが現実です。
プラグマティズム。


> 「日本のペット業界は十分に腐っている。劣悪な環境の侮蔑すべき増殖屋もいる。でも、だからといって誰かから理念を借りて来て満足するんではなく、自分の頭でどこが悪くて何が正しいかを考える事から逃げるんじやない」と。

例えば、参入が厳しい弁護士業界であっても、結構な数の方が依頼人から金を横領したりして有罪判決を受け、登録を取り消されています。
現実には、そのような弁護士を完全排除するのは不可能です。
日本国憲法25条で、すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利がありますが(諸外国もそのような規定を法律で定めていることが多いと思います)、完全実現は不可能です。
それが現実です。
だからといって、日本国を全否定して「革命を起こすべき」とはならないでしょう。
ペット業者には一定確率で悪徳業者がいるのはやむを得ないです。
それを持ってペット業会を全否定することはできません。
では、いわゆる猫ボラビジネスは完全無欠なんですかね?


> 多くの部下が色々と悶絶しているのを見ながら、それがいかに大変な事なのか実感しています。

真面目に動物愛護や動物たちの命のことを考えておられると感じます。

狂人な餌やり

さんかく様
本当に、餌やりの中でも警察に暴力行為を犯す被疑者(容疑者)は狂人です。
そんな狂人が2名当家に押しよせ40分以上不退去行為をし妻に暴行
・そして証拠を撮ったカメラを破壊されました。
もっとも、この写真で当家に起こった事件がどのような事か想像はつくと思います。
勿論、この14日の出来事は弁護士より検察へ追加書面を提出しております。

そんな中、先日、府中副町長と話し合いをしてきました。
具体的な結果はまだ出てませんが、いかにも行政らしい曖昧な対応と
副町長の横柄な態度には呆れております。
少なくとも信念がなく安易な看板の為、撤去・・・本当にお粗末・・・
また府中町民の税金が無駄になった事だけは事実です。
その点や追加の意見を求め当日の夕方、電話で副町長に話をしましたら
『わざわざ私を呼びだして話す事か!』と不機嫌で呆れる返答。。。
私共は別に副町長の部下でも役員でもありません・・・
上に立つ人間が被害町民に対しこのような対応・態度をするのですから、
行政の怠慢により、みくまり峡が無法地帯になった事を物語っています。

また、私共にも愛玩動物協会に対して色々情報が入ってきました。

muntさまのコメントにも出てきます広島事務局長 宮崎誠氏や広島支部長西原氏の疑惑など立証できる証拠も出てきました。
こちらも弁護士と相談中ですが追加書面を出す予定です。
その話題につきましても後日、HPみくまりの現状2(作成中)で公開します。

Re: 狂人な餌やり

HPエリの管理人(被害者)様、コメントありがとうございます。

> 餌やりの中でも警察に暴力行為を犯す被疑者(容疑者)は狂人です。
> そんな狂人が2名当家に押しよせ40分以上不退去行為をし妻に暴行
> ・そして証拠を撮ったカメラを破壊されました。

リンクを頂いているHPの記述を引用してもいいですか?


> 先日、府中副町長と話し合いをしてきました。
> 具体的な結果はまだ出てませんが、いかにも行政らしい曖昧な対応と
> 副町長の横柄な態度には呆れております。

その場限りの、一貫性のない対応ですね。
圧力がかかれば、平気でなびいてしまうのは情けないです。
地域猫に名を借りた(当然、このみくまり峡の餌やりは地域猫活動とは言えません)違法で地域迷惑な餌やりと行政の無作為と被害者の方の対応は、この事件をケーススタディとして今後も取り上げたいと思います。


> 上に立つ人間が被害町民に対しこのような対応・態度をするのですから、
> 行政の怠慢により、みくまり峡が無法地帯になった事を物語っています。

多くの自治体や警察は、野良猫餌やりの横暴に無作為です。
我が西宮市では、私営駐車場での餌やりやTNR活動を、警察を呼んで犯行現場を抑えた後も続けています。
もちろん土地所有者は許可していませんし、市の認可を受けた地域猫でもありません。
何もしない警察の対応は呆れます。
問題視した市会議員が議会で、西宮市の地域猫制度について追求し、地域猫制度がこのような違法な餌やりを助長させていると質問しました。
それに対する市職員の答弁はお粗末で、まさに西宮市の恥を全国に晒すようなものでした。


> muntさまのコメントにも出てきます広島事務局長 宮崎誠氏や広島支部長西原氏の疑惑など立証できる証拠も出てきました。

証拠は逐一残されることをお勧めします。
進展があれば、適宜記事にしたいと思っております。

非人類の連中とは

相容れることは未来永劫ないでしょうね?
野良猫愛誤は宇宙人を信奉する連中より質が悪い、
何ていうのか非動物的、昆虫とか細菌類「ウィルス等」が人間に
化身して奴らが乗っ取っとった人体を利用して行動している、
そんなふうにしか見えませんね。

ところで、「犬より人」ルーマニアで野犬殺処分法制化へ」
http://news.livedoor.com/article/detail/8036713/
旧共産圏でもここまでやらないとヤバイ状況は
野良猫にも言える筈です。

追伸

>リンクを頂いているHPの記述を引用してもいいですか?

是非お使い下さい。
このような狂人による被害者が二度と出ないためにも・・・

また愛玩動物協会の広島支部長・広島支部局長の疑惑
についても後日記事にして下さい。

今まで広島支部は『一切関わりがない』 『関係がない』
『会員Hが勝手に行動をしている』などと何度も主張しておりますが
入手した原文を見ますと みくまり峡の問題では支部事務局長 宮崎誠氏が行政と話し合いに行く具体的な日時や会員Hと行く等の内容
が全ての会員に対しメールで配布されております。

このような団体が公益社団法人でよいのか???

愛玩動物協会 広島支部
http://www.jpc.or.jp/hiroshima/2011/06/01/%e5%ba%83%e5%b3%b6%e7%9c%8c%e6%94%af%e9%83%a8%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84/


PS:
さんかく様なら、とっくにご存じと思いますが
偽善の愛誤達が言葉をそろえ
9月から動物愛護法が変わったので餌を与え野良猫とは共存共栄になった等と言ってますが 
代理人及び愛護センターから直接聞きましたところ
そのような愛護法の改正は全くありません。

猫に関しては、【同じ人物が何度も直接保健所に持ち込んだ場合
のみ保健所の面接と説明が必要となった】 だけです。
あたかも9月から愛護法が変わり猫に対して緩和されたと言う事実は
全くありません。
彼らは自分の都合のよい間違えた情報を平気で主張してきます。
(理念に追記された内容は改正法ではありません)

No title

さんかく様

ありがとうございました。
1拍手・・・気持ちです

Re: 非人類の連中とは

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> 非動物的、昆虫とか細菌類「ウィルス等」が人間に
> 化身して奴らが乗っ取っとった人体を利用して行動している、
> そんなふうにしか見えませんね。

トキソプラズマにより、マインドコントロールされているのです。
真面目な学術論文での仮説です。


> 「犬より人」ルーマニアで野犬殺処分法制化へ」
> 旧共産圏でもここまでやらないとヤバイ状況は
> 野良猫にも言える筈です。

日本ではピンとこないけれど、ヨーロッパでは狂犬病が脅威なのです。
特に旧共産圏の東ヨーロッパでは大変恐れられています。
年間数百人は感染~死亡していたと思います。
ドイツの愛誤が、東ヨーロッパの野良犬を保護してドイツ国内に持ち込むとか、日本の愛誤がブログ記事にしていますが。
しかしドイツ当局は迷惑しているのです。
危険犬種規制もありますし、(雑種、血統書なしだと判定に手間がかかります。危険犬種の雑種は国内持込禁止)、狂犬病のリスクもあります。
通関前に多くを安楽死させているのが現実です。
それも近々記事にします。

Re: 追伸

HPエリの管理人(被害者)様

> 是非お使い下さい。

ありがとうございます。



> このような狂人による被害者が二度と出ないためにも・・・

結構多いですよ。ニュースにならないだけで。


> 愛玩動物協会の広島支部長・広島支部局長の疑惑
> についても後日記事にして下さい。

はい。
その後に進展があれば、そちらのブログでもアップしてください。


> 入手した原文を見ますと みくまり峡の問題では支部事務局長 宮崎誠氏が行政と話し合いに行く具体的な日時や会員Hと行く等の内容が全ての会員に対しメールで配布されております。

私が調べたところ、府中町には地域猫制度がありませんし、町内の公園での餌やりを許可した事実もないです。
つまり地域猫活動同盟の餌やりは違法行為です。
またそのメンバー(といっても一人)は、刑事告訴されて送検されている身であり、そのような犯罪者と思われる人物と活動に、公益法人は加担するべきではないと思います。


> このような団体が公益社団法人でよいのか???

監督機関に申し出たらいかがですか。
動物愛護系の公益法人ではろくな法人がありません。


> さんかく様なら、とっくにご存じと思いますが
> 偽善の愛誤達が言葉をそろえ
> 9月から動物愛護法が変わったので餌を与え野良猫とは共存共栄になった等と言ってますが 
> 代理人及び愛護センターから直接聞きましたところ
> そのような愛護法の改正は全くありません。

動物愛護管理法ではそうです。
しかし環境省から「犬猫引取りに関する指針」という行政指導がでています。
法律と異なり、従う義務はありませんが、地方自治体に対しては事実上強制です。
それと動物愛護管理法の際に出された、愛誤議員による付帯決議もありますしね。
法的強制力はありませんが、それを盾にする自治体もあるでしょう。
折々記事にいたします。

Re: No title

仕事人募集様

> ありがとうございました。

いえいえ、こちらのブログでは、あまり詳しく回答できずすいません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ様、情報提供ありがとうございます。

> 兵庫県西宮市動物あいごセンターには民間人女性が開所当時から入り込み事実上牛耳っています。

わが町内には、かつて100匹餌やりおばさんがいて、その対応で西宮市に相談したことがあります。
センターの職員らに、(30歳代~6年ほど前)女性が同行してきました。
ブランドものを身につけた人でした。
その方かもしれませんね。
我が町内で、諸般の事情から実現不可能な「地域猫」をしろと、後日、愛護団体のメンバーを引き連れて自治会長宅に押しかけました。


> 職員も洗脳されているのか、面倒だから言いなりなのか、取扱い業者からも蔑視される程度の「行政指導」をしているようです。

はい、西宮市の恥です。


> 故野上さんの信奉者だと聞いていますが、自らも野生動物を含めての多頭数飼育者としても知る人ぞ知る「困った人」のようです。
> 西宮が政令市となる前には尼崎市で同様に居座っていました。
> 行政も執拗にそれも通勤するがごとくに居座られると面倒になるのかもしれませんがだらしないです。

なるほど。
カリスマ氏の情報もありがとうございます。
講演会のことは知っていましたよ。
非公開コメントですが、とても参考になるので、勝手ながら一部公開させていただきました。
ご都合が悪ければ削除します。

ご指導有り難う御座いました。

まずは、先日の記事では大変なアクセスとコメント・・・
本当にお疲れ様でした。

以下、猫糞被害@さまのコメントと殆ど同文になりますが

早速、当方の代理人と相談しました結果、
情報提供の相手様とお会いして実際目で見た証拠で
ない限り、待機した方がよいとの見解でした。

HPパート2では、事実のみ公開したく再作成中です。

ところで、元宇品の地域猫同盟♀Mが、またバージョンUPして
更に発狂してます。
http://www.youtube.com/watch?v=6DDORRPgL-8
の動画コメントで吠えてます・・・
私や住人、町内役員、広島市、NPO、警察本部、南警察署。。。

地域猫同盟♀Mの発狂は文面も不安定で、
猫云々より人を非難攻撃するブログ。。。
叫奇阿異誤ですね!

Re: ご指導有り難う御座いました。

HPエリの管理人様、コメントありがとうございます。

> 先日の記事では大変なアクセスとコメント・・・

それだけ、野良猫愛誤の傲慢さに腹を立てている人が多いということでしょうね。


> 当方の代理人と相談しました結果、
> 情報提供の相手様とお会いして実際目で見た証拠で
> ない限り、待機した方がよいとの見解でした。

こちらには既知害が頻繁のアクセスしますので詳しくは書けませんが。
動物愛護(誤)の世界で何かと話題になっている事件ですが、例の公疫呆人の代表が、自分を批判したブロガーを片端から名誉毀損で刑事告訴し、数名の有罪が確定しています。
さらに有罪が確定した人には、民事で一人あたり1,100万円の損害賠償請求訴訟を起こしています。
大概、一個人ブログで、有名人で日に数万アクセスもあるようなものは例外として、せいぜい損害賠償が認められても十数万円でしょうが。
明らかに嫌がらせです(弁護士費用も大変ですし、裁判所の係属が遠いと負担ですからねー)。
その内容とは「公疫呆人の代表、×は、妻の言動などからしても、暴力団とつながりがあるのは明らか」です。
それだけ。
それを引用しただけで有罪ですからね。
まあ、指摘のとおり、何かとそのような噂は聞きますが(盟友も本人も前科持ちですし)。
通常でしたらこの程度でお金をかけてまで告訴(弁護士費用も関わります。片端から告訴していますから二桁の方がいらっしゃるのではと推測します)なんてしません。

他にも書きたいテーマが多すぎて、なかなか手が回りません。
が、野良猫偏執者の異常ぶりと被害者の対応が生でわかるよいケースですので、進展とともに記事にしていきたいと存じております。


> 更に発狂してます。

本当に動物愛誤活動家の中でも、野良猫変質はその異常さが突出していますよ・・・
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR