家賃を滞納、飼い猫を部屋に置き去りにして夜逃げしたバ借主





 私の愛読する、不動産賃貸業をされている方のブログがあります。やはり所有物件内で野良猫に餌やりされるなどの被害が書かれています。最近、このブログ読者様が「家賃を滞納した入居者が夜逃げしたが、室内に飼い猫が残されている。どうしたらよいか」と質問されていました。


 問題のブログ記事です。「自主管理大家の日々」質問にお答えします。2013年7月23日。以下に一部を引用します。


(質問)
入居者様と全く連絡が取れなくなり、管理会社さんが合鍵で部屋の確認をしたところ部屋は残置物だらけで猫までそのまま放置されている状況だったようです。
猫の餌や水が補充されているので、入居者様はどこかの時間でお部屋に戻ってきているようです。
夜中に戻ってきているようで、まだ捕まりません。
手紙も置いてきていますが、丸めてその辺にポイしてあったそうです。

(回答)
ライフラインを止められて、猫のエサだけのために部屋を使用してるような奴にまともに対応する必要はないと思われます。
私なら猫は室外に捨て、ドアのカギ交換で様子を見てみます。



 室外に猫を捨てても困ったことが起きる可能性があります。夜逃げした元入居者が猫を飼育できる環境でなく、そのまま猫を捨てていけば、その物件付近に猫がいついてしまいます。同じ物件の入居者が餌やりでも始めれば、近所の猫まで呼び寄せて猫害が生じます。
 このようなケースもあるのです。このようなケースでは、物件所有者の大家が猫を捕まえて、保健所に届ける以外方法はないでしょう。ですから動物愛護管理法35条2項の、所有者不明猫を行政が引き取る義務を定めた規定は絶対必要です。本条を廃止せよと主張する愛誤や愛誤国会議員もいますが、全くの机上の空論で現実を理解していません。

 かつて、このような神戸地裁での競売物件がありました。建築基準法上全く問題のない、比較的新しい一戸建てだったのですが、その家の所有者が夜逃げして、室内に犬が残されていました。裁判所の現況調査報告書には「本物件の所有者とは連絡は取れていない。室内には残置物若干、そしてドッグフードと犬が放置されていた。室内は犬糞と尿による汚損が激しい」。と記述されていました。そして添付された室内の写真には、生きているミニチュアピンシャーと思われる犬と散乱した犬糞が写っていました。フローリングは犬の小便によるのでしょうか。ヘリががところどころ反り返っていました。
 裁判所の現況調査報告書によれば、家の所有者が定期的にその家に訪れている様子は窺えませんでした。家の所有者が夜逃げする時に、大量のドッグフードを置いていったものと思われます。

 その物件は、最初の入札で不売になりました(神戸地裁の競売事件では、不売になった場合は特別売却は行いません。最低入札価格を下げながら再入札~再々入札を行います)。物件としては、悪くはなかったのですがね。
 次の入札で落札されたとしても、落札者に物件が引き渡されるまで4ヶ月以上はかかります。私はこの物件は入札はしませんでした。人ごとながら、その犬のことを心配しました。家の元所有者が餌の補充に来なかったら、犬は飢え死にしているでしょう。落札した新しい家の所有者も、腐敗した犬の死体を片付けるのは嫌でしょうね。

 私は無責任な人に限って、ペットを飼いたがる人が多いような気がします。家賃を滞納して夜逃げするとか(この方は以前も家賃滞納で夜逃げした前科があるようです)、持ち家を差し押さえられるような人は、自分の性格だとか、経済状況を分かっていないのでしょうか。ペットを終生飼育するという責任を考えれば、私はペットなんて怖くて飼えません。
 それといわゆる猫ボラさん達ですが。保護猫を譲渡する時や政策提言をする時に、軽々しく適正飼育や終生飼育を人に求めます。しかし言っている本人たちが、不適正飼育の屋外飼育をし、そのために事故や感染症で猫を死なせているのです。ダブルスタンダートに呆れます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

信じらんない事をしますね‥

必殺様のブログですね。わたくしも夜逃げしたにも関わらず その部屋で猫を飼育してるなんて!猫キチて本当にろくな奴がいませんよね。なんで金も無いのに猫を飼育するんでしょうね!自分の生活もままならないのにね。外に捨てたら猫ちゃん大好き哀誤ババアが餌やりなんかしまくったら周辺は無限猫地獄になりますよ(こわ~)うちの地域も野良猫に餌やりババアで猫が増えまくり 野良猫がそこら辺を動き回り大変でした。
生活保護受給者で自分の生活もままならないのに猫を飼育したり 猫キチのやる事は尋常でないです。

Re: 信じらんない事をしますね‥

ニャーニャ様、コメントありがとうございます。

> 夜逃げしたにも関わらず その部屋で猫を飼育してるなんて!猫キチて本当にろくな奴がいませんよね。

餌やりと水の入れ替えには来ているようですが、猫トイレの掃除をしているか気になります。
多分、トイレ掃除までしていないような気がします。


>なんで金も無いのに猫を飼育するんでしょうね!

金がなくなって家賃が払えず夜逃げしたら、猫はまず保健所に届けるべきでしょうに。
猫を引き取らなくて有名な大阪市でも、飼い猫ならば手数料を払えば引き取ってくれます。
動物愛護管理法35条1条(飼い主によるペットの届け出)も廃止するべきという愛誤がいますが、もし廃止したらこのようなケースはどうすればいいのでしょうね。
教えていただきたいです。


> 生活保護受給者で自分の生活もままならないのに猫を飼育したり 猫キチのやる事は尋常でないです。

ペット禁止の公営住宅でペットを飼ったり。
私には理解できません。

じつはもっとすごい事件もあるのですが

No title

jp 日本 1,513 97.2%
2 com 不明 (米国営利組織) 18 1.2%
3 ma モロッコ 18 1.2%
4 net 不明 (ネットワーク組織) 5 0.3%
5 de ドイツ 3 0.1%
6 au オーストラリア 1

現在のアクセス解析。
モロッコに関係する記述なんてありましたか?

ペットを飼うなら自分で殺す覚悟がなければ駄目ですね。

何らかの理由でペットを飼えなくなったら自分の手でペットを処分できる人だけがペットを飼う資格があると思います。

普段から命を食って、ペットごときの為に他の動物の命を消費し、犬猫だけ命の大切さを語るゴミ共をみる度にとても不快になります。

こういう飼い主など自分が自活すらできない社会のゴミが他人に迷惑をかけずにペット飼育もできないくせにペットを飼育する。
こういうゴミにまでペットを飼育する権利があるのが問題ですし、殺処分0を目指すならこういうゴミ人間がペットを飼う事ができない様に法改正する方がよほど理にかなっています。

No title

全くもって酷い話です。
夜逃げした挙げ句に飼い猫を置き去り、部屋を飼育ケージ代わりにするとは、常識も何もありはしません。
**がペットを飼育したら、ロクな事はしないという好例ですね。
犬猫一匹辺り毎年3万円くらいの飼育税をかけ、全頭マイクロチップで登録、飼育者は免許制か講習受講を義務づけ、フードにも販売価格の50%くらい課税すれば、ペットを飼育する資格のない**を少しは排除できるのではと思います。
経済的余裕のない方や常識のない方がペットを飼育する・動物に関わるのは、動物愛護という観点からしても良い事とは思えませんし、何よりそういう**に飼育されたり関わられたペットは憐れです。

モロッコ

さんかくさん。

はじめまして。
いつもブログの内容参考にさせて頂いております。
モロッコの件、私かもです。
先日まで海外出張で滞在先のホテルからアクセスしていましたから。

ちなみに私が今まで行った国(アジア、南米、アフリカ)いずれも野良猫がいるにはいましたが、数は少なく野生動物のようにスマートな姿をしており、日本のように太った猫が野外で群生している状態は見たことがありません。
餌をやっている光景もたまに見かけますが、他人に迷惑を掛けてまでも餌やりに執着する人間はいないのでしょうね。

迷惑餌やりに関しては、物が豊かな国ならではの歪んだものを感じます。

Re: ペットを飼うなら自分で殺す覚悟がなければ駄目ですね。

猫ボラ滅びろ!様

> 何らかの理由でペットを飼えなくなったら自分の手でペットを処分できる人だけがペットを飼う資格があると思います。

そのためにアクセスしやすい公的殺処分があるのです。
誰でも非常事態で、ペットを飼えなくなる状況になる可能性があります。
そのような場合は、ペットを安楽死させる飼い主を、私は非難できません。
愛誤の中には、動物愛護管理法35条1項、2項とも廃止して、ペットの殺処分をいかなる状況でも禁じるよう法改正をすべしという人もいます。
しかしそれは机上の空論です。
いかなる国でも、完全殺処分ゼロを実現できた国はありません。


> 普段から命を食って、ペットごときの為に他の動物の命を消費し、犬猫だけ命の大切さを語るゴミ共をみる度にとても不快になります。

ペットの犬猫を偏重する動物愛護は、日本に特有のものです。
ドイツ動物保護法(Tierschutzgesetz)では、家畜に関する規定は多いですが、猫に関する規定は確かゼロだったと思います。


> 飼い主など自分が自活すらできない社会のゴミが他人に迷惑をかけずにペット飼育もできないくせにペットを飼育する。

飼育動物は、人に便益を与えることにより、存在意義があります。
ペット飼育は、それにより飼い主に癒しや楽しみを与えるという便益があります。
その便益は、飼育などの負担を負う人のみが享受できるのであり、無関係の人にまで負担を強いる根拠はありません。


>ゴミ人間がペットを飼う事ができない様に法改正する方がよほど理にかなっています。

アメリカやドイツの条令で、犬猫飼育ライセンス制度がありますが、それも一理あります。
ドイツのように、高額の犬(猫はない)税を課して、貧乏人はペットを飼えなくするのも一法です。
なお、ドイツは犬大国ではありません。
ドイツの犬飼育数は、人口比で日本の6割です。

Re: No title

迷惑餌やり反対派様、コメントありがとうございます。

> **がペットを飼育したら、ロクな事はしないという好例ですね。
> 犬猫一匹辺り毎年3万円くらいの飼育税をかけ、全頭マイクロチップで登録、飼育者は免許制か講習受講を義務づけ、フードにも販売価格の50%くらい課税すれば、ペットを飼育する資格のない**を少しは排除できるのではと思います。

冗談抜きに、ドイツではペット税(犬のみですが)で、800ユーロ位を課す自治体があります。
日本円で10万円以上です。
下手したら、日本での自宅マンションの固定資産税並みです。
ドイツでは、闘犬など禁止する犬種があり、それでも飼い続けたい飼い主に対して、禁止犬種に限り、超高額の犬税を課す自治体があるのです。
それで飼い主は泣く泣く、飼い犬を私的に安楽死させるのです。
それが動物愛護大国ドイツですよ。


> 経済的余裕のない方や常識のない方がペットを飼育する・動物に関わるのは、動物愛護という観点からしても良い事とは思えません。

ペットに高額の税金を課すのは、ペットを飼う資格のない人を排除する効果があるでしょう。
そのためには、ペットはマイクロチップの装着義務と税登録義務を課し、犬猫とわず、マイクロチップ未装着のものが公共の場で捕獲すされれば所有者無しとして殺処分できるよう法改正をしなければなりません。
現状では、畜犬登録でも3割程度らしいです。
20万円の罰金があるにもかかわらずです。

Re: モロッコ

自称駆除ボラ様、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> モロッコの件、私かもです。
> 先日まで海外出張で滞在先のホテルからアクセスしていましたから。

数日来、モロッコからアクセスありますよ。
ホストの特定まではできませんでした。
北アフリカは正常不安定ですから、公安当局が外国人の海外へのインターネットアクセスをチェックすることはありえます。


> 私が今まで行った国(アジア、南米、アフリカ)いずれも野良猫がいるにはいましたが、数は少なく野生動物のようにスマートな姿をしており、日本のように太った猫が野外で群生している状態は見たことがありません。

アメリカには、デブ猫はいますよ。
でも近年は、野良猫に餌をやったり、無許可TNRは厳しく規制されるようになったみたいです。


> 餌をやっている光景もたまに見かけますが、他人に迷惑を掛けてまでも餌やりに執着する人間はいないのでしょうね。

北アフリカでは、餌やりさんにも余裕がないのでしょう。
中南米では、下手したら猫は食われます。
ドイツ人のブログで「ブラジルでは猫肉カバブの屋台がある。猫が食べられないようにするためには、ブラジルの貧困問題を解決すべきだ」なんてありました。
でもこのドイツ人はアホですよ。
ブラジルで猫を食べるのは文化です。
貧困問題を解決しても、猫食文化は変わりません。

日本人は、世界各国で活躍されていますね。
こちらにもツバル(の常連さんのアクセスが最近なくて寂しい思いをしています)、キルギス、アイスランド、エストニア、タイからもアクセスがあります(公開プロキシではないです)。
生粋のツバル人は、まず私のサイトにはアクセスしないでしょう。

恐ろしい

最後まで面倒を見れる自信が全くないので迂闊にペットが飼えないと考えるタイプの自分からすると家賃滞納、夜逃げ、挙句に飼い猫置いてけぼりなんて信じられませんね。猫だってたまったもんじゃないと思います。
既に書いておられる方がいらっしゃいますが、外に猫捨てすれば無責任餌やりの人が野良猫繁殖させちゃうでしょうし考えただけで恐ろしいです。

夜逃げしてペット置いてけぼりではありませんが、こういう話を聞くと昔住んでいた賃貸で無断犬飼いがいたことを思い出します。犬猫飼いは明確なルール違反であることと、棟は離れていてもしょっちゅう聞こえる吠え声がうるさいのが一番の問題でしたが、広さが足りないところに閉じ込められて犬もストレスだったのではと思います。不適正飼育そのものでした。

必殺さんのblogから来ました

私も猫、犬、鳥すら飼う気しません。
最後まで面倒みる自信ないですし赤ちゃん動物は見てて可愛いですけど成長してしまうとそこまで可愛いと思えません;
よく若い芸能人がペットを飼っていますけどペット可のマンションで飼ってるのか?最後まで面倒みる気があるのか?疑いの目で見てます。

ところで不動産投資、アパート経営について書いた本で高野智広さんという人の本を書店で見たのですが読みましたか?
アパート経営について信用できるいい本ないかな?と思っています。

No title

こんばんは。
モロッコからのアクセスですが、先日あちらの知人(日本人)に幾つかのサイトの紹介がてらURLを送りました。その際このホームページも入っていましたのでもしかしたら、と思います。
知人曰く、モロッコでも餌をやる人がいるそうで、その人は日本人だそうです。その人の飼い猫と野良猫が番ってしまって子猫が生まれ、その為に餌やりをしているそうで、他の猫はいないようだと言うことでした。不特定の野良猫への餌やりとは違う様です。

猫ではなくて犬ですが、訓練系のドイツシェパードを飼っていた一家が夜逃げして、犬を二頭とも残して行ったそうです。で、何故かとなりの家の郵便受けに二頭の血統書を放り込んで行ったそうです。数日後旅行から帰って来た隣の家の人が何となくピンと来て庭伝いに入ったら、犬舎の中で一頭は死体で、もう一頭も餓えた状態で生きていたそうです。夜逃げした飼い主は行方不明、血統書を郵便受けに投げ入れられた隣人が生き残っていた犬を引き取って飼っていますが・・・無責任な話です。

Re: 恐ろしい

愛護より覚醒様、コメントありがとうございます。

> 最後まで面倒を見れる自信が全くないので迂闊にペットが飼えないと考えるタイプの自分。

それが正常だと思います。
愛誤は軽々しく終生飼育、殺処分ゼロと言いますが、言っている人がペットをきちんと終生飼育した割合はどうなのでしょうか。
猫犬は20年以上生きるケースはザラです。
親戚のコッカースパニエルは20年以上生きましたが、死ぬ数年前は白内障で目が見えなくなり、ボケて飼い主まで歯がない口で噛み付きました。
私も噛み付かれました。
それほど終生飼育とは大変なのです。
その親戚は懲りて、その後はペットは飼いません。
終生飼育の経験者は、二十代がらペット飼育を始めたとしても、経験を全うするのは40歳代です。
でもその年齢に達していない人が「終生飼育、殺処分ゼロ」を声だかに言います。


> 夜逃げしてペット置いてけぼりではありませんが、こういう話を聞くと昔住んでいた賃貸で無断犬飼いがいたことを思い出します。

別棟でもうるさいのですから、隣の部屋ではたまったものではありませんね。
私は大家をしていますが、ペット禁止でも無断で飼う人や、仲介さんが勝手に「この物件はペット可」ですと契約してしまうこともあります。
契約で禁じても、一切契約解除して出て行っていただくのは難しいです。

Re: 必殺さんのblogから来ました

ゆり様、コメントありがとうございます。

私は動物は嫌いではないですが、責任と飼育の負担を考えてやめています。


> 不動産投資、アパート経営について書いた本で高野智広さんという人の本を書店で見たのですが読みましたか?

高野智弘さんですね。
読んだことはありません。
書評を見ると、区分所有マンションから始めることを勧めておられるようです。
私は、不動産投資の本は、役に立たないものが多いので、最近は全くと言っていいほど読んでいません。
私がおすすめするのは以下の二名の方の著書だけです(知らないだけでほかの良書もあるかもしれませんが)。
・藤山勇司「サラリーマンでも大家さんになれる46の秘訣」など。
・鈴木ゆり子「普通の主婦が年収1億円のカリスマ大家さん~」など。
この本を読んで、拒絶反応が起きたのならば、不動産投資は諦めたほうが良いでしょう。

必殺さんのブログは、市販されている本より、はるかに役に立ちます。
しかし必殺さんは、銀行融資を受け、大規模展開しています。
内容は、入門者向けではないでしょう。
私は、最初は区分所有から始めました。
今では投資効率が悪いので、区分所有を売却し、一棟ものに買い換えています。
しかし入門としては否定しません。
まず中古の区分を現金で購入し、いろいろなことを覚え、試行錯誤し、自分に向いていなければ売却すればいいのです。
区分所有でしたら売りやすいですし、失敗も少ないです。
不動産賃貸経営の大変さ、難しさがある程度理解ですます。
それでもやっていけると思えば、徐々に規模を拡大すればいいでしょう。
いきなり融資で、素人が大規模経営することをすすめる本が多いですが、本気にしてはいけません。
はっきり言って、そんなに不動産経営は甘くはありません。

Re: No title

昇汞様、コメントありがとうございます。

ツバルやキルギスのアクセスは、絶対日本人ですよねw


> 知人曰く、モロッコでも餌をやる人がいるそうで、その人は日本人だそうです。

遠く海外でも餌やりする人がいるとは驚きです。
先進国では気をつけたほうがいいです。
アメリカの多くとドイツの一部の自治体では、餌やりは刑事罰の対象です。
「欧米では餌やりを推奨、やりたい放題」と紹介しているトンデモナイ愛誤がいるようですが。
無責任極まりない。
この件については、全く私の情報の方が正しいです。
読者さんはだまされないでください。


> ドイツシェパードを飼っていた一家が夜逃げして、犬を二頭とも残して行ったそうです。で、何故かとなりの家の郵便受けに二頭の血統書を放り込んで行ったそうです。犬舎の中で一頭は死体で、もう一頭も餓えた状態で生きていたそうです。夜逃げした飼い主は行方不明、血統書を郵便受けに投げ入れられた隣人が生き残っていた犬を引き取って飼っていますが・・・

事業をしていた人は、借金の取立ての追い込みはきついですからね。
夜逃げするような人は余裕がないです。
でも、保健所に届ける余裕もなかったのでしょうか、隣人が飼ってくれる望みを託したのでしょうか。
私はそのような非常事態であれば、保健所や獣医師による安楽死の方がよほど良いと思います。
愛誤の「犬猫を殺すこと全てを禁止すべき」という過激な主張をしている人もいますが、妄想の世界です。

>ゆり様

私も全くその通りだと思います。終生飼育する確約を持てる人だけがペットを飼育出来るのです。
人生、色々あるし…それでも一緒に(コンパニオン・アニマルと)いる甲斐性が必要、という事です。
ところで、あなたの様なまともな方はこんなところには二度と訪問してはいけませんよ。FREAK達の集うメンヘラのブログですから。
ゆり様はさんかくたまごと同性ですので、気を許すとマブダチ(笑)扱いされますぜ。

↑愛誤発狂

この愛誤は、大嘘をたれながし続けている赤恥愛誤ブログの管理人の別人格です。
以前、この愛誤が「ドイツでは、50年以上経た外来種は在来種とみなし、駆除してはならないという法律がある。したがって、それに該当するアライグマの殺処分を、ドイツは行っていない」という、赤恥大嘘をたれながし、さらに大嘘を根拠に、兵庫県のアライグマ駆除をやめさせるよう、県環境局へのネットテロを仕掛けた既知害です。

真実は、
ドイツに「50年以上経た外来生物は在来生物として保護し、駆除してはならない」という法律はありません。
ドイツの、年間アライグマ殺処分数は5万頭前後で安定しています。
ドイツ連邦狩猟統計があります。
また大手メディアも、アライグマ駆除の事実を報道しています。
ドイツは、ベルン外来生物条約を批准しており、その条約の中では「外来生物に対しては駆除という選択肢を躊躇することなく厳格な対応をする」と締結されています。

その他にも、大嘘の羅列がひどすぎるブログで、他にもいくつか私のブログで指摘しました。
それの逆恨みです。
このブログの読者様をなじるぐらいならば、まともな反論をしなさい。

1・ドイツでアライグマの駆除は行っていない。
2・ドイツでは50年以上経た外来生物は在来生物として保護しなければならないという法律がある。
以上の根拠を示していただかなければ、今後はアクセス禁止にします。
誤ったことを世間に無責任に垂れ流さないでください。
まさに公害、社会の害悪です。

ふらんし~ぬの場合さん

あなたね、本当に精神科に行ったほうがいいです。
真面目に申し上げます。

http://blog.goo.ne.jp/nekofun-higai/e/8a0271678ff7a3295c3a1fad007c6a94
このブログサイトですが、あなたは「『国民の過半数は「殺処分が必要」と世論調査で答えて』いるという出典を明示してちょんまげ。出来なきゃあオオボラ吹き認定、な(笑)」とコメントされていますが。
この記事では、内閣府が行った世論調査「平成22年の内閣府調査ペット殺処分の必要性」についての解説をしたものではないですか。
http://www8.cao.go.jp/survey/h22/h22-doubutu/2-3.html

リンクの内閣府の世論調査が「過半数で且つ「殺処分反対29.3%」の約ダブルスコアで『殺処分は必要だ55.8%』であり、すなわちこれが国民の意見」ということですよ。
あなた精神と知能の状態は大丈夫ですか???

認知力の低下は、既に正常に達しません。
妄想も酷くて、現実と妄想の判別がつかなくなっています。
既に人格崩壊の域ですよ。
一人ではなく、どなたかお身内の方と精神科に行かれてください。

動物に関わる資格

先日はこちらの情報を転載させていただきありがとうございました。事後報告になりますが他にも「ドイツは犬猫を殺さず施設で保護している」と言う内容をカメラ目線で真面目に語る目のキラキラしたお姉さんの動画を見つけたのでそちらにも転載させていただきました。
「動物愛護を語るならまず現実を見ましょう」と付け加えて。

>猫ボラ滅びろ!さん
>何らかの理由でペットを飼えなくなったら自分の手でペットを処分できる人だけがペットを飼う資格があると思います。

自分で殺すは極端ですけどもしもの時に人間と違う対応をする覚悟をしておくことは大事だと思います。
確かに要介護になったペットを最後まで看取ったという話を聞けば「イイハナシダナー」くらいは思いますけどそれを動物を娯楽飼育する人すべてに強制するのはどうでしょうか?おそらくその先にあるのはペット飼育文化の崩壊ですよ。そこまで飼い主責任を重くしたら本当の聖人君子しかペットを飼えなくなります。
まあペット飼育自体が悪で猫みたいな外来種が日本にいる事自体が虐待にあたるのですべて撲滅させよと言うような主張の愛護活動家がいるのならそれはそれで間違ってはいないと思うので好きにすればいいと思いますけど。
もう一つ思うのはいつも大規模災害時に「避難所にペットを連れて行けるか否か」みたいな話になるじゃないですか。
「ペットは家族なんだから当然連れて行く!当然食料もよこせ」と主張するような人間は論外としても「ペットを置いてはいけないので自分は避難しない」って人もいます。
私はああいうのも問題だと思うんですよね、それならいいじゃないか好きにさせとけという人もいるかもしれませんが人間である以上どんな愚かな人でも救う義務があると思いますからね。
さきの震災でもたしかペットと一緒に車に寝泊まりしていたせいでエコノミークラス症候群でお亡くなりになった人も何人かいたようですし大規模災害ならばいつ二次災害が起こらないとも限りませんからね。
社会的にも損失だし何より本人のためになりません。なのでもしペットを許可制にするのであれば一筆書かせるべきだと思います。
「有事の際にはペットを置いて避難します」と。
動物を大事にするのは良い事だと思いますがあまりにペットに入れ込み過ぎる人は本人の為にも動物とかかわらせない方が良いのではないかと思っています(酪農業者とかは別ですが)。それこそペットロス症候群なんてね、はっきり言って感情の無駄遣いですよ。それこそ「便益」的にマイナスなんじゃないかな?楽しむための娯楽飼育で苦しい思いするなら最初から飼えないようにしたほうが本人の為です。

>こういうゴミにまでペットを飼育する権利があるのが問題ですし、殺処分0を目指すならこういうゴミ人間がペットを飼う事ができない様に法改正する方がよほど理にかなっています。

最近ヤフー知恵袋にて
「猫を飼っているが生活が苦しく生活保護を申請しようと思うが一緒に暮らしてきた猫を見捨てることができず別の飼い主を探したりできない」
といった内容の相談があり私は
「棄てたり保健所に持ち込んだりするならともかく自分の生活状況が悪くなったのならきちんと飼育できる人を探してお任せするのも愛情です。それを見捨てるとは言いません。」
と回答しました。こんな時代ですからね、いつなんどき自分の状況が変化するとも限りませんしそういう時に猫がなるべく路頭に迷わぬよう、もちろん社会に迷惑をかけないよう十重二十重に対策を考えておくのも動物愛護的に大事なことだと思いますから。その対策で最も社会的にも猫にとってもベストなのは「きちんと飼える人に任せる」だと思いますし。
ところがバカっているんですよ、やれ
「生活保護で猫を飼ってはいけないなど一言も書いてない」だの
「猫を買うのは娯楽じゃなくてプライバシーの問題(どういう意味だ?)」だの
挙句の果てには
「病院等お金がかかることはあるが診察を受けさせるかどうかは飼い主次第だ」
などと主張しあくまで継続的に飼う事を推奨する回答がありました。
別に必ずしも生活保護で猫を飼育することが悪いとは思わないし確かに最低限の環境でよければそんなにお金はかからないかもしれません、残飯に味噌汁ぶっかけて食わせてワクチンや医療行為等も行わずいよいよ飼えないような状況になれば数千円で保健所に持ち込めばいい訳ですから。
ただそんな飼い方をするのが動物愛護か?って事ですよ、よくそんな飼い方推奨できるなと。
別に生活保護受給者を見下してる訳じゃないですよ、受給者だって程度しだい娯楽を楽しむ権利はあるしその程度内で猫を飼育することも可能かもしれないし。第一個人的に受給者を見下せるような生活環境じゃないしw。
ただ受給者に限らず生活に余裕がない人にまで猫を飼育する事を推奨することが動物愛護にかなっているとはどうしても思えません、そういう奴に限って野良猫を見ればお決まりの「ステタヒトガー」ですよ。
捨てるに至る過程でそうならないような対策を図るのも大事な事じゃないですか、なぜ先の事まで考えようとしないのでしょう。

>ふらんし~ぬの場合
レッテル張りもいいですがそれだけじゃなくて内容に反論しないと意味ないですよ、さんかくたまごさんから問いが投げかけられてるんだからさあレッツ反論!!

>さんかくたまごさん
以前某大型掲示板にて「さんかくたまごにコメントを消されてアク禁にされた、あいつは俺を怖がっている」
という書き込みを見たことがあります、個人的にはアクセス禁止はやめた方が良いと思います。付け上がらせるだけです。
「レッテル貼りだけして一切反論できない滑稽なカキコミ」があった方がそういう類の連中の本性を世間に知らせる意味で良いのではないでしょうか。
さんかくたまごさんのブログは世間を正しい動物愛護に導くために本当に有意義だと思います。これからもがんばってください。

Re: 動物に関わる資格

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> 「動物愛護を語るならまず現実を見ましょう」と付け加えて。

日本では、ドイツをはじめとする欧米(といっても米国とヨーロッパ、ヨーロッパでもそれぞれ異なりますが)の動物愛護事情が誤解されすぎています。
日本では、特にドイツの動物愛護は、いわば何でもかんでもノーキルお犬様お猫様で、綱吉の生類憐れみの令のように理解されています。
しかし実際は真逆です。
欧米では、動物を管理することに関しては躊躇しません。
管理のためには、殺処分も日本では考えられないぐらい苛烈で厳格です。
ここしばらく禁止犬種を取り上げましたが、日本では法律で飼育が禁止されている犬種はありません。
ドイツをはじめとする西ヨーロッパ先進国やアメリカの多くの州は、その犬の飼育を法律で禁止したというだけで、私権を制限し、飼い主から犬を取り上げ強制的に殺処分しています。
ドイツベルリン州などは、大変厳格に行なっています。
人が管理し、その基準に見合ったものはとことん大事にします。
ドイツの犬保護規則など、犬の飼育環境に対して厳しい基準を設けて、劣悪な飼育環境は罰せられます。
日本は、管理と愛護が曖昧なのです。
ドイツの犬飼育規則を見れば「なんてドイツでは犬を大切にするのだろう」と愛護の面だけを見ます。
愛護を無管理の猫まで広げて、無関係の人に迷惑をかけても良いと事実を歪曲しているのが日本です。


> 自分で殺すは極端ですけどもしもの時に人間と違う対応をする覚悟をしておくことは大事だと思います。

いざという時のことを考えておくのも飼い主の責任でしょう。


> 確かに要介護になったペットを最後まで看取ったという話を聞けば「イイハナシダナー」くらいは思いますけどそれを動物を娯楽飼育する人すべてに強制するのはどうでしょうか?

イギリスやアメリカ、ドイツでもそうですが、飼い主が私的に獣医師にペットの安楽死を依頼するのは一般的です。
ペットが高齢になって手が掛かるようになってきたという理由でも、ドンドン安楽死させます。
ただ民間の安楽死数は統計に現れません。
そのことも伝えたいのだけれど、私は記事では必ず根拠を付けることをポリシーにしているので書いていないのです。
ただ、それらの国に在住している日本人の「日本と比べてこちらではペットの安楽死処分に抵抗がない。一般的である」という個人ブログは多数あります。


> 大規模災害時に「避難所にペットを連れて行けるか否か」みたいな話になるじゃないですか。

私はこれに対しては、意見は定まっていません。
ペットは個人の私有財産ですから、基本的には飼い主の自己責任です。
しかし実際問題、大規模災害になれば、殺処分したくてもできませんからね。
置いていくとしても、給餌や給水はどうするのかという問題はあります。
激甚災害時は、放置ペットが死ぬのもやむを得ないのではないでしょうか。
福島原発の警戒区域では多くの放置ペットが死にましたが、やむを得ないでしょう。
2万人の人が亡くなったり行方不明の状態で、ペットに公的リソースを割けとは私は言えません。


> 楽しむための娯楽飼育で苦しい思いするなら最初から飼えないようにしたほうが本人の為です。

動物に感情移入が激しすぎるのは、一種の精神障害です。
被災ペットレスキュー、TNR、餌やりマニア、アニマルホーダーは同根です。
人とのコミュニケーション障害があり、代替として動物にのめり込むのです。
それを防止するには、ペットに対する規制が必要になっているかもしれません(野良猫餌やり禁止なども)。


> 「猫を飼っているが生活が苦しく生活保護を申請しようと思うが一緒に暮らしてきた猫を見捨てることができず別の飼い主を探したりできない」といった内容の相談があり、

生活保護受給者でも、生活保護費内であればペットは禁止されてはいないはずです。
しかし適正飼育ができるとは思えません。
また雑種の成猫を引き取ってくれる適正飼育者もたやすく見つかるとは思えません。
適正飼育者が見つかるのがベストでしょう。
しかしそれが不可能であれば、私はその猫を安楽死させるのは必ずしも悪いことだとは思いません。


> >ふらんし~ぬの場合
> レッテル張りもいいですがそれだけじゃなくて内容に反論しないと意味ないですよ、

私のブロ友さんにもコメントしているようです。
しかし内容が支離滅裂です。
かねてより、この方のブログ内容は支離滅裂で、虚言妄想、唐突に憲法を持ち出したり、正常な議論ができるような状態ではないです。


> 以前某大型掲示板にて「さんかくたまごにコメントを消されてアク禁にされた、あいつは俺を怖がっている」
> という書き込みを見たことがあります、個人的にはアクセス禁止はやめた方が良いと思います。付け上がらせるだけです。

他にも「さんかくたまごのブログは大嘘つきだ」と主張しているブログやコメントなんて、掃いて捨てるほどあります。
気にしていません。
私は、必ず「根拠」を示しています。
私が嘘ならば、ドイツ連邦やUSAのHPが嘘をついていることになりますし(ドイツやアメリカの法制度などを多用しています)、海外の最大手メディアが大嘘をついていることになります(まあ、HNKは大嘘をついていますがw)。
以前の「アスペ君」のことですね。
アク禁にしたのは、この方だけじゃないかな。
私のブログの古くからの読者さんは、いきさつをよく知っています。
私は、この方のコメントには数百回レスしています。
なぜアク禁にしたかというと、反論で嘘の引用ばかりするのです。
例えば「アメリカ○○州の制度ではこうである」。
で○○州のHPの膨大な資料の中から該当の箇所をさがてみれば、全然逆のことが書かれていたり。
英文で膨大な資料を探して内容を確認するなんて、それだけで数個のコメントにレスするだけで一日を費やします。
で私が反論しなければ勝手に「勝利宣言」。
そのやりとりはそのまま残してあります。
複数の読者様も、「とさんかくさんがアスペ君をアク禁にするのはやむを得ない」とコメントされています。


> これからもがんばってください。

ありがとうございます。

ボラ

お久しぶりです。あれから加古川にいって現地調査してきました。ボランティアという言葉が嫌いだとおっしゃってましたが、私も最近ボランティアという言葉に胡散臭さを感じるようになってきました。
結局お金目的の人も多いのでは?それなら営利事業としてやったほうがいいのでは?と。また、特定の人物を虐待犯として祭り上げ、話題を集めて称賛や名声を得る目的があるのでは?と。

703とされた人物が猫を捕獲していたという形跡も、彼を追及している愛護活動家と懇意にしている人一人が証言している以外はありませんし、複数の猫が惨殺された公園にすみついている二匹の猫たち、一匹は最近子猫を生んだそうです、の保護や不妊去勢すらもされていなかったのです。私が保護を呼び掛けてから保護にいったようですが。これから保護しようとしていたのかもしれませんが、熱心に加古川の事件を追及しているのに、複数惨殺された公園にいる猫を一年いじょうもなぜ放置しておくかな?と疑問に思いました。

愛護活動家たちが公園の餌やりと接触していた様子も窺われませんでしたね。


動物を殺したい人

自分自身でうらどりちゃんとしてないので迂闊なことはいえませんが、703氏を追及していた愛護活動家のうちひとりは、私はこの人とは直接関わりはありませんが、法人口座を寄付金の受け口として利用しているものの、会社住所が書かれておらず、当初
は会社名も代表者の名前も書いてなかったそうです。2chでいろいろ暴露されてから会社名代表者名は出すようになったようですが、登記サイトにその会社の記録が見当たらないようです。
寄付金の使途も公表されてませんし、病院の領収書も出したことがないそうです。

なんか703も私も生け贄にされたのではないかと思えてきました。

703氏のやっていることも犯罪ではないにせよ許せませんし、うたがわれるに値する行動だとは思いますけどね、飼えなくなったペットや家畜を行政が処分する仕組みがないと動物が不幸になると思いますから処分数を機械的に減らそうという取り組みには反対ですが、何も敷地のそとにいる野良猫まで捕まえる必要ないしやるならその土地の人や行政がやるべきことだと思います。

処分制度撤廃はよくないとか、飼えなくなったら処分するべきとかいうと、オフ主は動物を殺したくて仕方ない人だなどという人があとをたたないのですが、でそんな事実はないとかいってもそう評価されるのを受け止めるべき、反論するのは嫌がらせとかいって、そもそも処分せよというワードを出されること自体が嫌がらせであり議論する必要がないと考えているようなのです。

地域猫の取り組みは結局その地域住民が合意してくれるかどうかにかかっているのに、地域猫をやろうとしている側が処分という選択肢を排除しない意見を封殺する、議論に応じないというのではうまくいくはずがないと思います。

ボランティアという言葉に陶酔しているからこんなに傲慢、自分達の意見の正当性を信じて疑わない、寄付金をごねるのではないかと思えてきました。
寄付金を募るのはいいと思うのですが、最初から寄付金ありきで活動するなら営利事業とかわりないのに、非営利だから崇高とか勘違いてるあたり偽善的だと思うのです。

サンジュさんへ

さんかく様へ

なんか私の書き込みに意見があったので失礼して再度書き込みさせて下さい。

というわけで私の書き込みへの意見ですが・・・
私の考えとしてはペット飼育者の自分を優遇しろという我侭など全て即切って捨てるべきだと思います。

だいたい災害の際の避難所など動物アレルギーの方がいる可能性も高いので持ち込みなど論外です、ペットと運命を共にしたいというならさせてやればいいですし、そういう次元の人間などいなくなってくれた方が社会の益です。

そして生活保護ですが、どんな馬鹿でも人間が死なないようにある制度であって金額の多寡に関わらずペットの面倒までみてやる義理も理屈もありません。
ペットが飼いたければ生活保護でなく自活してからやれよとしか思いません。

理解ある大人を演じる人が多い様ですが馬鹿に理解を示してもつけあがるだけなのは動物愛護の低脳達を見てもあきらかです。
動物愛護がしたければ自分の金で完結できる範囲で勝手にやればよろしいですが、税金だの自分の金でもないものまでアテにする連中など死ねばいい!
はっきりって日本経済に無駄に余裕のあったバブルの頃じゃありませんし未来の子供達の為に動物愛護なんて無駄なものに予算を割るのは勘弁してもらいたいものです。

せつなくなります。

フランシ~ヌの場合さんや 迷惑餌やり婆さんとか(*´ェ`*)本当 神経の病んでしまった方が現代の社会では多いですね。リアル社会での人とのリレーションシップが上手くとれないんですよね。文章を読んでいると せつなくなってしまいます。精神を病むとなかなか 完治しにくいですね。
話しかわりますが 昔 ♪フランシ~ヌの場合は あまりにも おバカさん♪(後わかんないです‥(*´ェ`*)
こんな 唄りましたね。

Re: ボラ

オフ主様、コメントありがとうございます。

> 加古川にいって現地調査してきました。

私は加古川の事件とか、あなたが関わった横浜の団体や裁判のことは詳しくは存じません。
たまに読者様からメッセージを頂いたり、オフ主スレを見ることはありますが、コメントしたこともありませんしよく把握していないのです。
ですからご回答出来かねることもあると思います。


>ボランティアという言葉が嫌いだとおっしゃってましたが、私も最近ボランティアという言葉に胡散臭さを感じるようになってきました。

殺処分を否定しないとか、私はあなたはまだ議論できる人だと思っています。


> お金目的の人も多いのでは?それなら営利事業としてやったほうがいいのでは?と。また、特定の人物を虐待犯として祭り上げ、話題を集めて称賛や名声を得る目的があるのでは?と。

私も、多くの団体に感じることですし、そのように指摘をしてきました。


> 703とされた人物が猫を捕獲していたという形跡も、彼を追及している愛護活動家と懇意にしている人一人が証言している以外はありませんし、複数の猫が惨殺された公園にすみついている二匹の猫たちの保護や不妊去勢すらもされていなかったのです。

それでは完全にタダの迷惑餌やりでしょう。
猫ボラを自称していても、実際はそのようなものです。

Re: 動物を殺したい人

オフ主様

> 703氏を追及していた愛護活動家のうちひとりは、法人口座を寄付金の受け口として利用しているものの、会社住所が書かれておらず、当初は会社名も代表者の名前も書いてなかったそうです。

私はある大きな動物愛護詐欺事件を追求している人と、かかわっています。
どの事件かはここでは明かせませんが、弁護士も紹介しています。
その内、匿名で事件の詳細を記事にするかもしれません。
動物愛護募金詐欺は、言わば体のいい完全犯罪ですよ。
騙される人が出てないことを祈ります。
微力ながら貢献したい。


> 飼えなくなったペットや家畜を行政が処分する仕組みがないと動物が不幸になると思いますから処分数を機械的に減らそうという取り組みには反対ですが、何も敷地のそとにいる野良猫まで捕まえる必要ないしやるならその土地の人や行政がやるべきことだと思います。

仰るとおりです。
機械的に殺処分の数値を減らそうとすれば、引取りをやめればいいだけです。
意味はありません。
また私は、敷地外での駆除は一切勧めていません。
敷地外では、その人に対する被害があるとは言えません。
緊急避難としての正当性が疑われます。


> オフ主は動物を殺したくて仕方ない人だなどという人があとをたたないのですが、

殺処分を容認すれば、既知害ノーキル派は即、「動物を殺したい人間」と脊椎反応しますが、完全ノーキルを実現できた国は皆無ですし、それを目指している国は日本ぐらいです。


> 地域猫の取り組みは結局その地域住民が合意してくれるかどうかにかかっているのに、地域猫をやろうとしている側が処分という選択肢を排除しない意見を封殺する、議論に応じないというのではうまくいくはずがないと思います。

ヨーロッパの学術会議では、「TNRはその地域の許容範囲に猫の個体数を制御すべき」としています。
つまり自然減できないものは、許容範囲まで安楽死してでも減らせという事です。
今日、記事をアップしますね。


> ボランティアという言葉に陶酔しているからこんなに傲慢、自分達の意見の正当性を信じて疑わない、寄付金をごねるのではないかと思えてきました。
> 寄付金を募るのはいいと思うのですが、最初から寄付金ありきで活動するなら営利事業とかわりないのに、非営利だから崇高とか勘違いてるあたり偽善的だと思うのです。

あなたはこれだけきちんとした主張をされる方なのに、なぜ叩かれるんですかね?

Re: サンジュさんへ

猫ボラ滅びろ!様

> さんかく様へ


>ペット飼育者の自分を優遇しろという我侭など全て即切って捨てるべきだと思います。

基本的には、ペットは法律的にはあくまでも「モノ」で、私有財産です。
ですからほかの「モノ」に比べてその維持管理に行政が関与し、支援する根拠はありません。
保護費内で猫一匹買うことはゆるされるでしょう。
しかしペット飼育の住居を確保できるのか、適正飼育できるのかは疑問です。
不適正飼育に対しては、明らかに行政に対する契約不履行(ペット飼育不可の公営住宅で飼育するなど)や、第三者への被害(放し飼いでの近隣の衛生被害)でもない限り、ペット飼育の内容にまで行政は踏み込めません。


> 災害の際の避難所など動物アレルギーの方がいる可能性も高いので持ち込みなど論外です、ペットと運命を共にしたいというならさせてやればいい。

私も、避難所にペットを持ち込むことには反対です。
避難所にペットを連れてきた人は、迷惑にならないように避難所屋外にケージを集中させたり、犬を係留させてペット飼育者同士が管理するなど自治ですればいいだけです。
室内飼いペットであっても、それは緊急時でやむを得ないですね。
「室内飼いのペットだから避難所に入れないのはかわいそう」というのは飼い主のわがままです。
そのような状況にそなえて、日頃からワクチン摂取は必要だと思います。
災害時のペット対策に、公的資金で対処する必要はないです。
ペットとクルマの中で過ごしてエコノミー症候群で死ぬもの、その人の自己責任でご自由だと思います。


> 理解ある大人を演じる人が多い様ですが、

それは理解のうちには入らないでしょうね。
単あるバカと幼児性のわがままの追認。


> 日本経済に無駄に余裕のあったバブルの頃じゃありませんし未来の子供達の為に動物愛護なんて無駄なものに予算を割るのは勘弁してもらいたいものです。

日本は、犬猫に甘いです。
ドイツでは、子供に襲いかかった犬は、拳銃でその場で殺処分します(これも近々記事にします)。
警察官の正当な職務行為です。
http://www.soziologie-etc.com/natur/hund/miseria-de-perros-D/05-massnahmen-kampfhunde-sterilisieren-ausrotten-verbieten.html
危険な犬種の飼育には、信じられないほどの高額の税金がかかりますし、行政が強制的に殺処分します。
また犬の飼い主は、賠償保険に加入が義務付けられています。
ドイツは、犬より子供の方が大切だからですよ。
それが世界のスタンダードです。

Re: せつなくなります。

ニャーニャ様、コメントありがとうござます。

> フランシ~ヌの場合さんや神経の病んでしまった方が現代の社会では多いですね。

ご指摘があって「フランシーヌ~」の意味が分かりました。
これって、全共闘時代の極左ソングのタイトルなんですね。


>リアル社会での人とのリレーションシップが上手くとれないんですよね。

左翼右翼運動をええ歳しているのは、思想的背景がどうのこうのではなく、社会不適合者の幼児の反抗と同じレベルです。
一応、イデオロギー的なものを掲げますから、本人は崇高な活動と自己欺瞞しているのです。
フランシーヌの場合は、幼児がそのまま全く成長せず、とうとう加齢による認知障害が出てきたというのが実情です。
極左活動家が動物愛護に鞍替えするケースは多いですが、社会に反抗するということでは同根なのです。
ドイツでは、ネオナチと動物愛誤はなぜか仲がいいですが、同じ構造です。
ネオナチは極右と紹介され、またヒトラーは共産主義を毛嫌いしていました。
しかしナチスは「国家社会主義ドイツ労働者党」。
思想的には共産主義に極めて近いのです。

追記

ドイツでは、最近も人を襲った犬を、警察官が銃撃しました。
http://www.volksfreund.de/nachrichten/region/trierland/aktuell/Heute-in-der-Zeitung-fuer-Trier-Land-Polizeibeamte-erschiessen-bissigen-Hund;art8128,3585724

(概要)
警察官は、住民を襲った雑種犬を銃撃した。
犬は逃げて現在行方不明。
噛まれた人の傷は軽い模様。
現在、警察は、犬の所有者を調べている。
犬による障害事件は、飼い主に対して3年以内の懲役刑や罰金が課される。

公園猫

私についてメッセージ来るのですか?多分ガチの愛護家があなたと口を利こうとはしないと思うのですが、どのような内容か差し支えない範囲で教えていただければ幸いです。

要するに703も私も、体よく加古川と横浜の愛護活動のパフォーマンスに利用されただけだと思うんですよ。

彼らは猫を守りたいというより分かりやすい敵をつくって公然と攻撃し、話題を集め、ストレス解消し、あわよくば寄付金増加につなげたいと思っているのでしょう。

昨年惨殺された公園に最近まで住み着いていた猫の面倒を見ていたのは、愛護活動家ではなく地元民の餌やりです。複数の遺体の第一発見者です。
餌やりさんたちは、これ以上今公園にいる猫を引き取ることも不妊去勢手術することもないということでしたので、私がブログ保護を呼び掛けたところ、加古川の事件を追及している愛護活動家が保護にいってくれたそうです。

営利事業者が顧客や無関係な人の個人情報を流出させ公開したら、その社員は懲戒処分を受けると思います。NPO法人は事業収益をあげていけない訳ではないし税金も払うけど、構成員への利益分配を目的として運営されているわけではないから、構成員に職責が発生しないんたと思います。
動物取扱業に登録してペットショップ経営すればいいのに、彼らが非営利にこだわるのは、職責を負わずに非営利の聞こえのよさを利用してなんらかの利益を得たいからではないかとすら思えてきました。

バカは論破出来ない

久しぶりにガイキチの場合さんが湧きましたね。

サンジュさまのコメント禁止はしない方が良いとの意見は原則正しいと思います。

ただし、議論が成立する相手ならです。

http://kazuyahkd.com/archives/901

バカは論破出来ない。

残念ですが議論する価値のない人もいるのが事実だと思います。

Re: 公園猫

オフ主様

> 私についてメッセージ来るのですか?

あなたのことだけのことではなく、2ちゃんのオフスレなどのスレッドの内容とか、あなたとトラブルを起こしている団体のことなどです。
団体の人物の写真や本名を「このブログでは公開しない」ことを条件で送ってきた人もいます。
あなたのことは、本名も写真も知りません。
いわゆるちゃねらーさんで、私のブログの古くからの読者さんです。
自称猫ボラ団体は、私のことを毛嫌いしているだろうし、アクセスすれば情報を盗られるとでも思って警戒しているでしょう。
私はそれほどITに強い人間ではないですけどね。


> 要するに703も私も、体よく加古川と横浜の愛護活動のパフォーマンスに利用されただけだと思うんですよ。

断片的にしか存じませんが、そのように同情するようなスレッドの書き込みもあります。


> 彼らは猫を守りたいというより分かりやすい敵をつくって公然と攻撃し、話題を集め、ストレス解消し、あわよくば寄付金増加につなげたいと思っているのでしょう。

仮想敵や彼らの共通の敵は常に必要です。
ですから虐待事件がなかったら、捏造までする人たちだと私は思っています。


> 営利事業者が顧客や無関係な人の個人情報を流出させ公開したら、その社員は懲戒処分を受けると思います。

例えば、顧客情報が5,000以上を扱う事業者であれば、個人情報保護法の規制を受けますし、モラルや場合によっては不法行為責任を問われます。


> 動物取扱業に登録してペットショップ経営すればいいのに、彼らが非営利にこだわるのは、職責を負わずに非営利の聞こえのよさを利用してなんらかの利益を得たいからではないかとすら思えてきました。

いわゆる猫ボラも、愛護管理法改正以降は、動物取扱業としてのカテゴリーで規制を受けるようになります。
それ以前は登録義務のありませんでしたから。
自称猫ボラさんたちは、動物取扱業であれば、動物取扱主任をおく義務が生じるとか、行政指導のチェックが入れば、何かとまずいことになるのでしょうよ。
それと営利のペットショップであれば、募金が集まりません。
やっていることはペット産業より金儲け主義で、動物の管理もいい加減で、あくどかったりするのに。

Re: バカは論破出来ない

猫糞被害者様、コメントありがとうございます。

> サンジュさまのコメント禁止はしない方が良いとの意見は原則正しいと思います。
> ただし、議論が成立する相手ならです。

既知害と絶望的に知能が満たない方とは、議論が成立しませんので、相手をする私の負担が大きすぎます。
論破されてもそれに気がつかないから、いつまでたっても同じことの堂々巡り。
既知害と絶望的に知能がみたない方は、その自覚がないことが最大の欠点です。


> 残念ですが議論する価値のない人もいるのが事実だと思います。

猫糞被害者@名古屋様のブログへのコメントには絶句しましたよ。
「『国民の過半数は「殺処分が必要」と世論調査で答えて』いるという出典を明示してちょんまげ。出来なきゃあオオボラ吹き認定、な(笑)」。
あー、びっくり。
完全に既知害か白痴でしょう。
このブログは、リンクの内閣府22年世論調査を論じているのですよ。

アクセス禁止の件について

なるほど、そういういきさつがあったんですね。存じ上げなかったので失礼しました、それならばアク禁もやむなしですね。
馬鹿は論破できない、なるほど確かにそうですね。
ただのバカならまだマシですが「反論で嘘の引用ばかりする」とかたちが悪すぎます。バカと言うより卑怯者だと思います。

地域猫

ご回答ありがとうございます。

餌やりの方々と接触して思ったのは、餌をやる行為が楽しいだけで、猫自体に対する愛情はない、ということです。

猫さらいが起きているから室内飼いできたらしてほしいといってもうちの猫ではないからそれはちょっとといったり、
自分が面倒見ている猫が殺されたのに、騒ぎになりたくないからといって警察に通報しなかったり、
残留する猫を室内飼いする、せめて不妊手術だけでもするという意志や計画も持っていなかったり…

マスコミに報道されてそれが模倣犯を生むとかその人なりの考えをあったのかもしれませんが、それにしても通報はするだろうし。

餌やりが話が通じないというのはわかりました。TNRもいざ自分がしてみようかと計画してみて、まず餌やりやめさせないと元の木阿弥だと気づきましたし、以前TNRに助成金出してほしいと言いましたが餌やりへの罰金から捻出しないと、一方的に餌やりの尻拭いを国民が負担させられるだけになると改めて痛感しました。

TNRやる前にまず餌やり遺棄禁止でしょう、それで餓死してしまいそうな猫について、行政の許可のもとに地域猫すればいいのではと考えるようになりました。

兵庫県の愛護センターでTNRが野良猫の数の減少に貢献するのかという仮説について定量的に検証している人がいるそうで、逆に猫が増えるという磯子やアメリカでの結論はその人も認識しているようです。
以前おっしゃっていた公園猫サポーター制度をやっている大阪の公園にもいってみましたが、餌いれの容器だけがありネコはいませんでしたね。

結局、地域住民が合意すれば地域猫って成功するわけですよ、いざとなれば処分も許容するという条件付きでないと合意は得られないでしょう。愛護活動家はわざわざそれに逆行するようなことしているだけです。

Re: アクセス禁止の件について

サンジュ様

> そういういきさつがあったんですね。存じ上げなかったので失礼しました。

その人は特殊です。
ホストで制限をかけても、公開プロキシを変えて日に数十回、堂々巡りのコメントをしてきますから。
犬猫大好き板で、さんかくたまごの批判スレを立てている人と同一人物でしょう。
「こちらで議論しろ」と挑発してくましたが、ここ数年来、大好き板の方は閲覧さえしていません。

ふらん×××ですが、電波系愛誤ブログを運営している、自称写真家の乖離人格です。
主人格はdion、ふらん×××はスマホ、両者は度々同じところのネカフェのucom netも使います。
自称写真家は「さんかくたまごのブログは大嘘である。ドイツでの犬猫狩猟駆除で検索したら、さんかくたまごの記事しかヒットしなかった。それが嘘の証明である」と書いていました。
日本語で検索すればそうでしょうよ。
ドイツ語で検索すれば50万ほどヒットします。
ドイツ語で「日本 保健所 犬猫 殺処分」で検索したら、ヒット数はゼロでした。
では、それを根拠に、ドイツ人が「日本が保健所で犬猫を殺処分しているというのは大嘘である」と言ったら馬鹿にされるでしょうが。
バカとは議論になりません。議論する気にもなりません。

Re: 地域猫

オフ主様

> 餌やりの方々と接触して思ったのは、餌をやる行為が楽しいだけで、猫自体に対する愛情はない、ということです。

私も、餌やりさんと直接話をしたことがあります。
「なぜ室内飼いしないのですか」の回答は「部屋が汚れる、傷がつく。抜け毛などで掃除が大変。糞尿の始末が大変だから」とさらっと言ってのけました。
不妊去勢については「お金がもったいない。なぜ私がそんなことを負担しなければならないのか」です。


> 猫さらいが起きているから室内飼いできたらしてほしいといってもうちの猫ではないからそれはちょっとといったり、

私の近所の餌やりおばさんは、餌やりしている猫がドンドン保健所に持ち込まれても照会一つしていないはずです。
照会すれば、返還を受けて、同じ猫が再び町内を徘徊するはずですが、保健所に届けた猫は二度と見ませんでした。


> 自分が面倒見ている猫が殺されたのに、騒ぎになりたくないからといって警察に通報しなかったり、

正直言って、野良猫なんて代わりがいくらでもいますから。
そのおばさんは、猫が保健所に届けられると、どこからか野良猫を拾ってきては町内にリリースしていました。


> 餌やりが話が通じないというのはわかりました。

そのような餌やりさんと共存すれば、地域猫は100%失敗します。
それなのに、地域猫推進派が無許可餌やりの禁止に頑なに反対する理由がわかりません。


> 兵庫県の愛護センターでTNRが野良猫の数の減少に貢献するのかという仮説について定量的に検証している人がいるそうで、逆に猫が増えるという磯子やアメリカでの結論はその人も認識しているようです。

それは情報提供ありがとうございました。
私も聞いてみます。


> 結局、地域住民が合意すれば地域猫って成功するわけですよ、

仮に、猫なんて減らなくても、猫の行動範囲の住民の全てが同意すれば地域猫はOKなのです。
地域の同意が第一です。
それを否定すれば、地域猫が地域猫でなくなります。

愛情があるからこそ

糞尿の始末はしてないするつもりもないみたいですね。
他にも、どこかの団地で猫が虐待されて殺されて、えさやりが捜査だか厳罰だかを嘆願する署名を募っていたそうですが、肝心の猫を数匹なのに引き取ろうとしない不妊手術もしようとしていなかったそうです。

脱走した飼い猫を捜索するために10万円かけてペット探偵雇って近所にもチラシまいた私からすると感覚が違いすぎます。

自分の飼い猫を飼えなくなったら処分するという発言に過剰反応する人が多いのですが、手塩をかけて育ててきた飼い猫を放流して後は知りませんと知らん顔できる神経のほうが理解できません。
私なら自分の飼い猫でなければいくら糞尿されても財産傷つけられても処分はしないでしょう、自分の飼い猫だからこそ飼えなくなったら処分するのですが、その倫理観を理解できない人って結局どの猫にも責任感ないのではと思います。

Re: 愛情があるからこそ

オフ主様

> どこかの団地で猫が虐待されて殺されて、えさやりが捜査だか厳罰だかを嘆願する署名を募っていたそうですが、肝心の猫を数匹なのに引き取ろうとしない不妊手術もしようとしていなかったそうです。

意味ないでしょうね。
それより目先の猫を室内の安全なところで飼育する方がよほど優先度が高いです。


> 自分の飼い猫を飼えなくなったら処分するという発言に過剰反応する人が多いのですが、手塩をかけて育ててきた飼い猫を放流して後は知りませんと知らん顔できる神経のほうが理解できません。

私は、どうしても飼えなくなる事情は誰にでも起こりうると思いますし、そうなった場合にペットを安楽死させたり保健所に届ける方がよほど責任感があると感じます。
捨てたり、人をあてにして放置したりするよりは。


> 自分の飼い猫だからこそ飼えなくなったら処分するのですが、その倫理観を理解できない人って結局どの猫にも責任感ないのではと思います。

ペットに対する責任感も、社会に対する責任感もないのでしょうね。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR