痛っ!厳格に犬の公的殺処分を行っているドイツベルリン州を「殺処分ゼロ、地球でイチバンペットに優しい街」と報道したNHKー1





 NHKで「地球でイチバン ペットが幸せな街~ドイツ・ベルリン~」という番組が2012年11月1日に放映されました。その中で「”犬権“が認められ、殺処分ゼロ」とドイツベルリンを紹介しています。しかしベルリン州は、ドイツの中では厳しいとされる犬の公的殺処分を定めた州法があり、行政が強制的に殺処分する飼い犬の数は相当数あります。


 ドイツでは、2000年に子供が飼い犬に咬み殺される凄惨な事件が有りました。それをきっかけに危険な飼い犬の飼育と繁殖が規制される連邦法が2001年に施行されました。その法律は、Gesetz zur Beschränkung des Verbringens oder der Einfuhr gefährlicher Hunde in das Inland「ドイツ国内における危険な犬の入国又は移動の制限に関する法律」です(以下、「ドイツ危険な飼い犬に関する法律」と記述します)。
 その法律では、Teilweise wurden auch Zuchtverbote für die genannten Rassen erlassen, bundesweit gilt ein Einfuhrverbot für bestimmte Rassen.「これらの危険とされる犬種のいくつかが指定されました。この危険犬種に指定された犬種は、ドイツ全土で輸入が禁止されます」Hundegesetzeとあります。「犬の法律」より。

 上位法であるドイツ連邦法、「ドイツ危険な犬に関する法律」にもとづき州法や条例で、具体的に禁止された危険犬種の扱いを定めています。その中でもベルリン州法は、危険犬種の扱いが厳しいとされています。Gesetz über das Halten und Führen von Hunden in Berlin「犬の飼育に対する指導に関するベルリン州法 2004年施行(以下、「飼い犬に関するベルリン州法」と記述します)では、以下のように規定されています。
 ドイツ連邦法「ドイツ危険な犬に関する法律」で指定された犬種以外でも「危険な犬」を定め、その飼い犬に対しては、行政当局や警察が殺処分を強制できるという内容です。


§4 Gefährliche Hunde

(1) Als gefährliche Hunde im Sinne dieses Gesetzes gelten:
1.Menschen oder Tiere gefährdenden Eigenschaft auszugehen ist; als Ausbildung giltnicht eine Ausbildung zum Schutzdienst sowie die Ausbildung zum Zivilschutz hund bei der Polizei, beim Bundesgrenzschutz, beim Zoll oder bei der Bundeswehr.
2. Hunde, die einen Menschen oder ein Tier durch Biss geschädigt haben.
3. dass sie unkontrolliert Wild oder andere Tiere hetzen oder reißen.
4. Hunde, die wiederholt Menschen gefährdet haben,

(2) Hunde folgender Rassen oder Gruppen von Hunden sowie deren Kreuzungen.
1 Nr. 1 gefährlich:1. Pit-Bull,
2. American Staffordshire Terrier,
3. Bullterrier,
4. Tosa Inu,
5. Bullmastiff,
6. Dogo Argentino,
7. Fila Brasileiro,
8. Mastin Espanol,
9. Mastino Napoletano,
10. Mastiff.

§ 10 Auflagen, Sicherstellung und Tötung

(1) 1 hat die zuständige Behörde die notwendigen Maßnahmen zu treffen, um eine weitere Gefährdung von Menschen und Tieren abzuwehren.
2 Die Haltung von Hunden untersagen und die Tötung des Hundes anordnen.


§4危険な犬

(1)この法律で定める危険な犬は以下の通りに定めます。
1、人間や他の動物に対して危害を与える可能性のある、警察での訓練、ドイツ連邦、税関でまたは軍の市民保護犬の訓練、保健サービスとしての訓練を受けていない犬。
2、人又はほかの動物に対して咬傷事故で怪我をさせた犬。
3、狩猟の獲物に対して、制御不能になる猟犬。
4、繰り返し人を脅す犬。

(2)以下の品種の犬とそれらの雑種。
1、もっも危険なものピットブル、
2、アメリカン·スタッフォードシャー·テリア、
3、ブルテリア、
4、土佐犬、
5、ブルマスティフ、
6、ドゴアルゼンチーノ、
7、フィラブラジレイロ、
8、マスティンエスパニョール、
9、マスティーノナポリターノ、
10、マスティフ。

§10危険な犬の収容と殺害の要件

(1)1 権限のある当局は、人間や動物にさらなるリスクを回避するために必要な措置を講ずるものとする。
2 権限のある当局は、犬の飼育禁止と犬の殺害を手配することを命じることができる。



 ベルリン州議会上院では、2009年には約700頭もの咬傷事故などを起こして危険とされた犬があり、公的殺処分が行われています。咬傷事故を起こしたことがなくても、危険犬種(とみなされる雑種であっても)であれば、ベルリン州では、行政当局により強制収容され、殺処分が行われる可能性が大なのです。ドイツのマスメディアは、ベルリン州は厳格に公的殺処分を行うため、すでに述べたように、ドイツの州の中では犬飼育に対して厳しいと報じています。
 したがってNHKの番組の「”犬権“が認められ、殺処分ゼロを誇る『地球でイチバンペットに優しい街』がドイツ・ベルリン」との内容は明らかに誤りです。日本なんて人を噛み殺した犬でさえ、行政が強制的に殺処分することができません。ベルリンより日本の方が、よほどお犬様国家なのでは?

 いずれにしても、NHKの本番組の内容は酷すぎます。公共放送であればなおさらのこと(無理やり受信料を徴収しているわけですから)、事実関係を確認の上、誤りや偏向のない番組制作を要望します。
 さらにこの番組では、明らかに公共の場での犬のノーリードについても明らかに誤りがあります。それは次回の記事で述べます(続く)。


(画像)

 マスティフ。日本でも普通にみられる犬種です。ドイツベルリン州では、無許可飼育や海外から持ち込んだ場合は、品種がマスティフというだけで行政当局に強制的に収容され、殺処分されることも普通にあります。ドイツベルリン州の犬公的殺処分は、日本とは比べものにならないぐらい厳格です。

143.jpg


(追記)>(((゜Д゜;)))(((゜Д゜;)))(((゜Д゜;)))

 NHKに本番組の誤りを指摘しました。回答は「ドイツでは獣医師が怪我や病気で苦痛を取り除くために必要と認めた場合など」と「野生化した犬猫は殺しても良い」それ以外は殺処分はないので「殺処分ゼロは誤りでない」という白痴な内容でした(でも殺処分「ゼロ」と断定するということは、「例外なく」という意味でしょうが。NHKの職員さんって、義務教育の国語をちゃんと終了しているのかしら???)。
 私は、ベルリン州法で「咬傷事故を起こしたり、攻撃的であったり、訓練を受けていない犬であったり、危険犬種であれば強制的に行政当局や警察が安楽死を命じるという規定が明文化されており、実際公的殺処分数は相当数ある」と述べたました。NHKの屁理屈は「それは野生化した犬だから例外で殺処分に当たらない。だから殺処分ゼロは誤りでない」という詭弁をたれました。

 しかし私は、Gesetz über das Halten und Führen von Hunden in Berlin「犬の飼育に対する指導に関するベルリン州法 2004年施行」とあらかじめ法律の内容を述べており、行政が殺処分を強制できるのは飼い犬を対象としているという内容の記述は明らかです(所有者のない野良犬の殺処分を強制するとは、いったい誰に対して強制するのでしょう?)。
 白痴のNHKは「例外で野生化した犬猫は殺処分できるのだから本番組の『ベルリンは殺処分ゼロ』は誤りではない」と言うことらしいです。私は改めて「ベルリンで殺処分を強制できる犬を規定してるのは飼い犬を対象としています」と述べれば、さらに詭弁『ドイツでは獣医師が怪我や病気で苦痛を取り除くために必要と認めた場合など」のなど(その他)にそのケースが含まれるから殺処分ゼロ』は誤りではない」とさらに詭弁をたれました。

 そうであれば「など」は拡大解釈すればすべてのケースが含まれますよね。では「日本には死刑はない」(しかし殺人事件など極めて凶悪な犯罪を起こした場合などは例外である)の( )の記述なくして「日本には死刑はない」と単に記述するのは誤りではないのでしょうか。NHKのあまりの厚顔無恥ぶりには呆れてます。
 それを言えば、日本の方がはるかに殺処分ゼロでしょう。「日本は殺処分ゼロである」(例外として狂犬病予防法に基づく野犬捕獲、飼い主が飼えなくなって持ち込んだもの、所有者不明の自活できない子猫の持ち込みなどは例外)ですからw

 よろしければ意見してやってください。このような著しく変更した編集内容でも「誤りはない」と木で鼻をくくったような対応をするのですから。このような厚顔無知なメディアによって、日本の動物愛護はどれほど歪められ、また「ノーキル」思想にかぶれて愛誤詐欺に騙された被害者がいたでしょうか。

NHK「みなさまの声にお応えします」
http://www.nhk.or.jp/css/goiken/call_center.html

放送倫理・番組向上機構
http://www.bpo.gr.jp/?page_id=1119


 ところでNHKには、このような番組もあります。NHKによれば、所有者のない犬猫を殺すことは「殺処分に該当しない」そうです。本日私は、電話の問い合わせではっきりと聞きました!それなのに「殺処分27万匹(2010年)とは、あまりにもダブルスタンダードすぎませんか。日本の公的殺処分の猫なんて、ほとんどが野良猫でしょう。公的殺処分の数値から、野良犬猫を除外するべきですよね。
https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20130705-31-13601
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

流石に犬HKですね

お犬様にお猫様は人間様より偉いのですかね?
国営放送がこれじゃあね・・・。

現場末端かそれとも幹部クラスまで血中愛誤度が高い連中が
居るのかな、色々と閉鎖的な組織なのでトキソが蔓延しているでは?

これで人権云々なんて、聞かされたってねぇ・・・。

Re: 流石に犬HKですね

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> 国営放送がこれじゃあね・・・。

よくもまあ、最大手メディアをも巻き込んで、大嘘をたれながし続けてくれたものだと愕然とします。
殺処分ゼロ、ということは「0」ということでしょ、そうでしょ。
じつはヨーロッパは今でも、北米よりはるかに狂犬病発生数が多いのです。
特に内戦が続いたクロアチアなど東ヨーロッパでは。
戦後まもない頃に、ドイツはアカキツネによる犬猫等の狂犬病感染に苦しみ、押さえ込みに苦労しました。
野良犬猫を、ハンターに駆除するように法律で求めているのも、そのような背景があると推測します。
ドイツは旧共産圏の東ヨーロッパを長く国境を接しています。
犬猫で、狂犬病に感染した個体は、ドイツでも一定数発生します。
「殺処分ゼロ」ということは、狂犬病感染犬猫も殺処分しないということでしょ。
国家がそのような危険を放置して良いのか、ありえませんね。
少し考えればわかります。
プロパガンダを垂れ流す利権愛誤の悪人と、同調する白痴愛誤。
まあ、私も騙されていましたが、これほどひどいとは。
http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM200507_02.pdf


> 現場末端かそれとも幹部クラスまで血中愛誤度が高い連中が
> 居るのかな、色々と閉鎖的な組織なのでトキソが蔓延しているでは?

んhkも、予算削減のために、民間の弱小番組制作会社に丸投げすることはあると思います。
しかし監修責任はあるでしょう。
んhkの番組として放送するわけだから。
んhkは、外国語に堪能な人材なんて沢山います。
あまりにもチェックが甘すぎますよね。

狂犬病感染犬猫に対する措置について、ドイツの法律を調べてみます。
「殺処分ゼロ」の赤恥愛誤の大嘘がゾロゾロ出てくるはずです。

犬HKは解体して欲しい

犬HKの職員て年収1000万以上なんですよね‥ふざけんなです。
最近 報道の中味を捏造 偏向報道が多すぎです。反日 国営放送局は解体 して欲しいですね。

Re: 犬HKは解体して欲しい

ニャーニャ様、コメントありがとうございます。

> 犬HKの職員て年収1000万以上なんですよね‥ふざけんなです。

んhkに限らず、テレビ局は極端に職員の給料が高いですね。
テレビ番組の制作においては、製造業よりはるかに酷い下請け構造があります。
番組の制作をするのは、ほとんどが下請けの弱小会社ですよ。
制作費の酷い買い叩きで、テレビ局本体の社員の高給が賄われるわけです。
で下請けの制作会社はコスト削減のために、ヤラセはやるわ真偽を確かめずに提供された怪しげな情報をそのまま使うわ、ということで番組の質がドンドン下がるのです。
ご紹介した番組も、下請け会社が製作し、下請け会社が十分な取材費や日程のないまま愛誤から提供を受けた情報や資料をそのままで、愛誤偏向プロパガンダを言いなりで、ウソ番組を制作したものと思われます。
民放であれば、スポンサーのバイヤスは止むを得ないところもあります。
しかし受信料を強制的に徴収して運営しているんhkは、特定の利害会計者のバイヤスを排除しなければならないし、公正中立でなければならないと思います。
そうでなければ存在意義はありません。

愛誤の回し者?

こうやって国民を洗脳していくつもり?
嘘を報道してはいけないなあ。

抗議してみようかな?.

Re: 愛誤の回し者?

フェイル様、コメントありがとうございます。

> こうやって国民を洗脳していくつもり?
> 嘘を報道してはいけないなあ。

この番組に対しては、私は過去にもその嘘を記事にしています。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-113.html
(んhkにメールしたけれど、ナシのつぶて)。

次の記事も、この番組の大嘘について書きます。
私はまたんhkにメールします。

単純にツール化してるんです。

動物愛護も環境問題も精神病患者に対する治療法への抗議活動も、落ち込んだ産業が上向き持っていく為に使う手っ取り早いツールで常套手段です。メッセージ的に過激であればある程食いつく層がいるんですね。一番醜いのは音楽産業ですかね。アメリカなんか本当に醜いです。中には「だって儲りそうなんだもん」って半分素直にカミングアウトするのも居ますけれど(笑)

Re: 単純にツール化してるんです。

taka様、コメントありがとうございます。

> 動物愛護も環境問題も精神病患者に対する治療法への抗議活動も、落ち込んだ産業が上向き持っていく為に使う手っ取り早いツールで常套手段です。

ナチスが一番最初に行ったのは、動物保護法と環境保護に関する法律の制定です。
あえて反対する人がいない割には、強烈に支持する層があります。
ヒトラーは、人心掌握、世論誘導に非常に長けた人物です。
まず世論の同質化をし、反対者を封殺しながら、アブナイ段階へ徐々にステップアップしていくのです。
社会は、動物愛護なんて瑣末な問題と思っていますが、誤りは誤りでとして指摘しなければ。

No title

さんかくさん。
>あえて反対する人がいない割には、強烈に支持する層があります。
>社会は、動物愛護なんて瑣末な問題と思っていますが、誤りは誤りでとして指摘しなければ。

そうなんですけれどね。うーん、中々難しい問題ですよね。企業が利用する場合は何パターンかありますよね? 単に業績上げ目的の場合。又は経営陣の思想が元々ちょっと片方に寄ってる場合とか。割と最近だとイヴォン・シュイナードとか。

○HKは高校野球の裏を少し知ってる人は、どういう局かわかってると思いますよね。金金過ぎて気持ち悪くなりますよ、あれは。お金が出そうな部分は全部埋められてるというか、隙間がないというか…。そこまで縛りいれるのか?って感じで。アレを何十年もやり続けてるって本当に気持ち悪い。やってる子達に罪はないですけれど。

Re: No title

taka様

> 企業が利用する場合は何パターンかありますよね? 単に業績上げ目的の場合。又は経営陣の思想が元々ちょっと片方に寄ってる場合とか。割と最近だとイヴォン・シュイナードとか。

パタゴニアですか。
私はアメリカの企業がエコとか環境問題とか言うのは、完全にポーズだと思います。
アメリカは、完全に大量資源消費社会だと思います。
マックでもスターバックスでも、使い捨て容器の廃棄量はすごいです。
たとえスタバでマイカップを持参しても、単あるファッションでしょう。
「私はエコロジーを考えています」というファッション。
それにお客を乗せる、企業マーケティングです。
例えばドイツとかスイスの工具や刃物は、交換パーツが長期間ストックされており、長く使えます。
わざわざエコロジーを強調しなくても、その方がエコでしょう。
世の中には、フェラーリの1億円のハイブリッドカーという、奇妙な製品もあります。


> ○HKは高校野球の裏を少し知ってる人は、どういう局かわかってると思いますよね。金金過ぎて気持ち悪くなりますよ、

私は甲子園の地元ですけれど、高校野球は見ませんね。
技術はアマチュアなのに、変にフォトジェニックやウケを意識しすぎるというか。
変なところはプロ的です。
アメリカでは、ハイスクールの野球なんて大騒ぎしません。
技術的には、所詮高校生のアマチュアでしょ。
観客も少ないし、日本で言えば草野球みたいな感じです。

No title

さんかくさん

>私はアメリカの企業がエコとか環境問題とか言うのは、完全にポーズだと思います。

恐らくそうでしょう。パタゴニアの場合はそこがちょっとわからないですね。禅かぶれっぽいところもあるし。ジャンル的にクライミング系とかは精神世界はいってるし。どうなんでしょうね?でも当然商売として考えてはいるでしょう。それは間違いないでしょう。

>私は甲子園の地元ですけれど、高校野球は見ませんね。
技術はアマチュアなのに、変にフォトジェニックやウケを意識しすぎるというか。

ああ、さんかくさん地元なんですよね。私も野球興味ないし嫌いなんでみないんですけれど、そんな話を人から聞いてちょっと見てみたら・・・・「凄いなこれは」って(笑) もう報道規制とかじゃないんですよね。商魂が露骨過ぎて気持ち悪い。あれこそ洗脳じゃないですか?(笑)駅伝とかもそうだと思いますけれど。

嫌なら見なければ良い。その選択が出来るからまだいいんですけれど。日常に入り込まなければね。動物愛護の場合はおかしいのが増えるとそう言ってられなくなっちゃってますからね。



Re: No title

taka様

> ジャンル的にクライミング系とかは精神世界はいってるし。どうなんでしょうね?でも当然商売として考えてはいるでしょう。

クライミングは完全にプロスポーツですよ。
私は学生時代に登攀部に入っていて、同期がその後大手証券会社を退職して山にのめり込みました。
退職金をつぎ込んでマナスル登攀に失敗しました。(これはニュースにもなりました)。
その後アメリカのヨセミテで、クライミングとガイドをしながらスポンサーがつくのを待っていましたが叶わず帰国しまいた。


> 商魂が露骨過ぎて気持ち悪い。あれこそ洗脳じゃないですか?

「純真な高校球児」なんてイメージで乗せまくりでしょう。
高校野球なんて、高校がリトルリーグから目をつけた子供をスカウトし、そのためにも金は動くし完全にプロ化しているでしょう。
プロスポーツとして観戦するのならば、技術や駆け引きではプロ野球の方が絶対面白いし、大リーグの方がさらに面白いでしょう。
それを補う付加価値が「高校球児のひたむき純真さ」なんですが、メディアで意図的に作られたものですが観戦戦して感動する人には何も申し上げません。


> 動物愛護の場合はおかしいのが増えるとそう言ってられなくなっちゃってますからね。

我が町内での100匹餌やりおばさんでも、動物愛誤団体がしゃしゃり出てきて「地域猫をしろ」と。
諸般の事情から、ほぼ100%このエリアでは地域猫は不可能なんですけどね。
係わりたくなんくてもかかわらずにはいられないのが動物愛誤です。

No title

さんかくさん

>クライミングは完全にプロスポーツですよ。

「わからない」って言うのは思想的なことですね。サーフィンとかもそうですけれど。思想がベースになった上でなのか、それは関係なく最初から割り切ってるのか?って事です。声明の出し方見てもあの企業は私はわからないんですよね。

>メディアで意図的に作られたものですが観戦戦して感動する人には何も申し上げません。

スポーツは多かれ少なかれ必ず何かしら出てきちゃうんですけれどね。勿論選択は自由ですよ。


>係わりたくなんくてもかかわらずにはいられないのが動物愛誤です。

本当に動物愛護の場合はそれなんですよ。選択できるかできないかなんですよ。

Re: No title

taka様

> 「わからない」って言うのは思想的なことですね。サーフィンとかもそうですけれど。思想がベースになった上でなのか、それは関係なく最初から割り切ってるのか?って事です。

パタゴニアのクライミングがエコロジーや崇教的なことを結びつけるのは意味不明。
経営者が本気でそう思っているのかは不明ですが、マーケティングでは、ある程度成功しているのではないですか。


> スポーツは多かれ少なかれ必ず何かしら出てきちゃうんですけれどね。

まあそうですれど、高校野球のヤラセは見え見えだと思っています。


> 本当に動物愛護の場合はそれなんですよ。選択できるかできないかなんですよ。

動物愛護の場合は、身近で接するケースが多いです。
その時に、んhkの番組などを出されて「んhkによれば、海外の動物愛護事情はこうである。だから日本でも倣うべきだ」とやられるから困ってしまいます。

No title

さんかくさん

>経営者が本気でそう思っているのかは不明ですが、マーケティングでは、ある程度成功しているのではないですか。

話が○HKとずれちゃいましたね、すいません。

私は「本気でそう思っていそう」にも取れちゃうんですよね。ただそれだけですよ。成功はしてるんじゃないですか。

>我が町内での100匹餌やりおばさんでも、動物愛誤団体がしゃしゃり出てきて「地域猫をしろ」と。
>「んhkによれば、海外の動物愛護事情はこうである。だから日本でも倣うべきだ」

この間コメントで「よくその家って火付けられませんでしたね?」って書きましたけれど・・・そういう事なんですよね。

で、犯人捕まっても報道の仕方は「自宅で飼われていた100匹の猫が原因の模様」で終わりじゃないですか。アニマルホーダーなんて言葉絶対に使わないんですから。やったとしても、「なんたらアップ現代」とかでどっかの教授呼んで来てちょっとそれらしき事取り上げて終わり(笑)

本当に適当なもんですよね。

二重投稿になってました。

すいません。
それと、個人的に○HKだけじゃないですが今回の様な記事はまた取り上げて頂きたいですねえ。

では、失礼致しました。

Re: No title

taka様

> 話が○HKとずれちゃいましたね、

んhkと話がずれたけれど、大企業のマーケティングやマスメディアの大衆に対する影響力は大きいのです。
受け手が意識しなくてもステルスマーケティングという手法もありますし。
んhkの偏向報道は、明らかに日本の動物愛護の傾向に影響を与えます。
それをんhkは認識して責任を感じて欲しいです。
「動物愛護先進国ドイツはノーリードが当たり前」(と実際そう言って実践している人もいるぐらいですから)と躾もロクにしていない大型犬を街中で自由にさせる人が出てきたらどうします?
ドイツでもノーリードは一部の街区内の例外ですし、ドイツでは犬のしつけの義務や犬賠償保険の加入が義務付けられている自治体が多いのです。
またベルリンでは、少しでも咬傷事故を起した犬は、ほぼ間違いなく強制殺処分になります。
そのような前提なしで、誤ったドイツお犬様報道をするのはあまりにも無責任です。

愛誤が、例えばこのようなんhkの報道内容を盾にして「海外の動物愛誤事情はこうなっているのよ、ムキーッ」と動物の不適正飼育(野良猫の餌やりなんかもそうですね)を正当化するのです。
前提となる情報が大嘘なのに。
本当に大嘘を垂れ流すマスメディアは、社会悪です。


> アニマルホーダーなんて言葉絶対に使わないんですから。やったとしても、「なんたらアップ現代」とかでどっかの教授呼んで来てちょっとそれらしき事取り上げて終わり(笑)

例えば、猫が殺されたとかいう報道でも一面しか捉えていないです。
「こんなかわいい動物を虐待するなんて許せない、ムキーッ」という感情論。
まあ、猫が死んでマスコミが取り上げるのは、愛誤が騒ぎ立ててマスコミに記事にすることを要請している場合が多いですけどね。
背景には、マナーの悪い餌やりとか、猫による尋常でない被害などがあるのです。
偏向報道は社会にとっては害悪なだけ。

Re: 二重投稿になってました。

taka様

> ○HKだけじゃないですが今回の様な記事はまた取り上げて頂きたいですねえ。

はい、私としてもマスメディアの偏向報道は、見つけ次第誤りを指摘します。
以前も、山形市での無許可野良猫餌やりグループが「猫ハウスを壊される」との被害を朝日新聞に訴えて、朝日新聞が愛誤の言いなりの記事を書いたことがありました。
「これは地域住民の同意を得た地域猫で、公園での猫飼育の許可を得ている。こんなひどいことをするとは」。
しかし実際は山形市には地域猫制度はなく、当公園の管理者の「度々猫の餌やりで苦情が出ている。公園管理者としては止めるよう注意をしており苦慮している。公園に放置されたものは廃棄している」の見解がネット上でスッパ抜かれました。
猫ハウスを捨てたのは公園管理者かもしれないです。

No title

さんかくさん

>はい、私としてもマスメディアの偏向報道は、見つけ次第誤りを指摘します。

くれぐれも色々と気をつけて下さい。さんかくさんのブログ、○報○ などからもアクセスあるんじゃないですか? そっちの地雷を踏まない様に。

Re: No title

taka様

> くれぐれも色々と気をつけて下さい。そっちの地雷を踏まない様に。

ありがとうございます。
気をつけます。
地雷を踏んでも、幸い不発だったことはありますがw

直リン

NHK「みなさまの声にお応えします」
http://www.nhk.or.jp/css/goiken/call_center.html

放送倫理・番組向上機構
http://www.bpo.gr.jp/?page_id=1119

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR