ドイツには公的殺処分がないという大嘘~ドイツの公的殺処分は日本より厳しい





 私はこのブログで、「ドイツには犬猫の公的殺処分は無いが、民間での安楽死や狩猟駆除の数は大変多い」ということをしばしば述べてきました。しかしそれが誤りであることをお詫びしなければなりません。民間での安楽死処分(飼い主が獣医師に依頼する、ティアハイムが収容動物に対して行うなど)は相当数あるのは事実です。さらにドイツには公的殺処分もあります。飼育が禁止された危険犬種や咬傷事故をおこした犬の安楽死処分を警察や行政は飼い主に命じることができます。飼い主が拒否しても、行政命令により強制的に行われます。

 
 まず、ドイツにおける犬の公的殺処分がある根拠を示しましょう。ドイツ語版wikipedia、Einschläferung「安楽死」より引用します。


Als Einschläferung (Euthanasie) bezeichnet man die Tötung von Tieren mit Hilfe von Schlafmitteln.
Das Wort Einschläfern ist ein Euphemismus, da es eine Tötung bezeichnet.
Häufigster Grund für das Einschläfern ist eine nicht behebbare gesundheitliche Störung des Tieres.
Einschläfern kann bei gefährlichen Tieren, vornehmlich Hunden, durch Polizei- und Ordnungsbehörden zur Gefahrenabwehr an geordnet werden.

動物を睡眠薬の力を借りて、安らかに死なせることが安楽死として定義されます。
安楽死というワードは、殺処分を指すために用いる婉曲表現です。
安楽死を行う最も一般的な理由は、動物の健康が回復不能な状態であることです(筆者註~「動物の健康が回復不能な状態」とはありますが、ドイツ連邦最高裁判所では、これは極めて広く解釈しています。改めて記事にします)。
主に犬ですが、危険な動物を安楽死することが、安全上の理由から警察や行政当局により命じられます。



 ドイツでは連邦法でピットブルテリアなどを危険犬種と定めており、無許可飼育を禁じています。州によっては危険犬種を無許可飼育していた場合は、その犬が咬傷事故を起こさなかったとしても、厳しい安全基準を満たしたティアハイム(その安全基準を満たすのは大変難しいです。ティアハイムが安全基準を満たすことができなければ、犬はティアハイムの収容後に安楽死の行政命令が出されます)が収容するか、飼い主に対して安楽死処分するように警察や行政当局が命令します。
 さらに危険犬種ではなくても、咬傷事故(軽いものであったとしても)を起こした犬は危険な犬とされ、警察や行政当局が飼い主に対してその犬を安楽死することを命じることができるとされています。飼い主が犬の安楽死を拒否した場合は、行政が強制執行により獣医師を派遣し、犬を安楽死させます。
 一例として、ベルリン州法である、Berliner Hundegesetzes「ベルリン 犬に関する州法」の条文を引用します。


Abs.Abschnitt III
Befugnisse
§ 10
Auflagen, Sicherstellung und Tötung

(1) Bei Auffälligkeit eines Hundes durch aggressives Verhalten gegenüber Menschen oder Tieren im Sinne des § 4 Abs.
1 hat die zuständige Behörde die notwendigen Maßnahmen zu treffen, um eine weitere Gefährdung von Menschen und Tieren abzuwehren.
Sie kann insbesondere eine Leinenpflicht und die Sicherstellung des Hundes anordnen, die Haltung von Hunden untersagen und die Tötung des Hundes anordnen.


第三章
行政による強制力
§10
危険な動物(犬)の収容と殺害

(1)仮に§4で示すような、人や動物に向かって異常で攻撃的な行動をする犬があれば。
1、行政当局は、人間や動物に対する、さらなる危険を回避するために必要な措置を講じます。
飼い主に対して指定の鎖・首輪を入手して確実に係留することや、その犬の飼育を禁止すること、その犬の殺処分を命じることができます。



 なお日本においては、危険犬種として飼育が禁止されている犬種はありません。また咬傷事故をおこした犬に関しては、保健所が収容して2週間の間、狂犬病の感染がないか経過を見ることが狂犬病予防法で定められています。しかしその2週間の経過観察を終えた後は、法律ではなんら定めがありません。
 仮に非常に重大な、死亡事故などの咬傷事故をおこした犬であっても、飼い主に対してその犬の殺処分を命じる法的根拠はありません。保健所からは「行政指導」として犬の殺処分は飼い主は求められるでしょうが、飼い主があくまでも拒否すれば殺処分を強制することはできません。

 日本では、重大な咬傷事故をおこした犬の殺処分に対して愛誤が「犬には罪はない。動物愛護先進国では殺処分なんてしない」と抗議するケースが多々あります。しかしそれは大きな誤解です。日本ほど、犬の飼育管理に甘い国は先進国では珍しいと言えます。
 ドイツでは、無許可で危険犬種(危険犬種というだけで咬傷事故を起こしていない)を飼育していた飼い主や、咬傷事故をおこした犬の飼い主に対しては、相当数の安楽死命令が出されて実行されています。折々それらのニュースも紹介していきます。なお、危険犬種の飼育規制は、ほとんどの欧米先進諸国であります。ドイツの他に、私が調べた限り、イギリス、アメリカの多くの州、スイス、オーストリアなどです。それらの国では、ドイツと同様に行政がそれらの犬の安楽死を命じる権限があり、拒否した飼い主に対しては、行政が強制執行によりその犬を安楽死することを認めた裁判例が多数あります。

 行政が飼い主に対して犬の安楽死処分を命じることは、公的殺処分そのものでしょう。飼い主が命令に従わなければ、行政が直接獣医師を派遣して安楽死を強制執行するからです。ドイツには公的殺処分施設(ハード)がないだけで、公的殺処分制度(ソフト)はあるということです。ドイツでは食肉などの例外を除いては、温血脊椎動物の殺処分は、麻酔薬による安楽死を獣医師により行うことを義務付けています。ですから日本の二酸化炭素死のように、殺処分の施設を必要としないからです。
 日本の犬猫の殺処分は、飼い主が持ち込んで行政が行う、言わば行政サービスです(所有者不明犬猫は抜く)。対してドイツは、飼い主が拒否しても行政が強制的に行う安楽死(殺処分)です。ドイツの公的犬安楽死(殺処分)は、日本より厳しいと言えるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

クソ愛護の詭弁に踊らされない行政がドイツです。

動物に罪が無いのは当然ですがクソ飼育者が適正飼育せずに害にしかならないなら大多数の安全と権利の為に動物が犠牲になるのは仕方ありません。

日本の様に適正飼育の為の立法にも反対、動物もクソ愛護の反対で処分できませんでは被害者は納得できるはずもありません。
日本の悪い所は一分の理もない声がでかいだけの馬鹿の言い分を全く必要ないのにいちいち汲み取ってしまう所です。

人を襲った犬すら殺処分を強制できないなど加害者擁護も限度を超えています、日本の問題は滅茶苦茶な言い分を行政が許容してしまう所ですね。

Re: クソ愛護の詭弁に踊らされない行政がドイツです。

猫ボラ滅びろ!様、コメントありがとうございます。

記事本文で若干の訂正です、
ドイツ連邦法で、危険な犬を定めて、その犬種のドイツ国内持ち込みや繁殖を禁じています。
Gesetz zur Beschränkung des Verbringens oder der Einfuhr gefährlicher Hunde in das Inlandドイツ国内での危険な犬種の入国又は輸入の制限に関する法律で指定の犬種は以下のとおりでした。

http://www.gesetze-im-internet.de/bundesrecht/hundverbreinfg/gesamt.pdf

ピットブルテリア
アメリカン·スタッフォードシャー·テリア、
スタッフォードシャー·ブル·テリア、
ブルテリア

ドイツでは土佐犬は入っていません。
たしかイギリスの危険犬種の飼育を制限する法律では、土佐犬が入っていたと思います。
この法律では、ドイツ国内での危険犬種を定め、その扱いなどは州法や条例で定めることを求めています。
つまり上位法(連邦法)による、下位法の委任という事です。
州によっては、それらの犬種の安楽死も厳格に行うベルリン州などがあり、反面、飼育検定を行政が行い、それに合格した飼い主に対しては、飼育条件(犬税が普通犬の数倍とか、外に出すときは口輪、リードの義務付け、堅固で遁走しない犬舎など)を満たせば一代限り飼育を認める州もあります。
飼い主に犯罪歴がないとか、薬物中毒でないことが条件だとか、日本では考えられない厳しさです。


> クソ飼育者が適正飼育せずに害にしかならないなら大多数の安全と権利の為に動物が犠牲になるのは仕方ありません。

ベルリンの場合は、危険犬種が法律で定められる以前からの飼育であっても、条件にみたなければ公的殺処分を強制的に行いました。
その点では気の毒かなと。


> 日本の様に適正飼育の為の立法にも反対、動物もクソ愛護の反対で処分できませんでは被害者は納得できるはずもありません。

日本ほど、先進国の中では、お犬様お猫様国家はありません。
欧米先進国では、概して動物の管理という点では厳しです。
愛誤さんは、欧米は無管理飼育でヒトサマに迷惑をかけても、ワンちゃん猫ちゃんがカワユーイから何でも許されてノーキルと思っているようですが、大間違いです。


> 日本の悪い所は一分の理もない声がでかいだけの馬鹿の言い分を全く必要ないのにいちいち汲み取ってしまう所です。

行政担当者も、政治家も、愛誤の言い分を間に受けないで、正確な情報をえて判断して欲しいですね。


> 人を襲った犬すら殺処分を強制できないなど加害者擁護も限度を超えています、

多分、先進国ではそのような国は日本だけでしょう。

何でドイツが動物の桃源郷みたいに言われたんですかね(*´ェ`*)

愛誤がドイツは動物の桃源郷みたいに言い出したのは 捏造 偏向報道の日本のマスゴミ マスメディアが一因してるんでしょうね。日本のテレビ 新聞なんかから情報を得るなんて 無駄です。頭がパアーになりそうです。以前にドイツがスペインやギリシャなどのデフォルトを避ける為にドイツ国民の血税を注ぎました。それに 激怒したのが ドイツ人です。デモしてましたからね。これBSのBBCニュースで見ました。→人間助けんのに怒りくるってんのに わんちゃん 猫ちゃんを助ける為にドイツ人が血税使うなんて どう考えても嘘だと 愛誤は詭弁だとわかりました。 日本の情報て あてにならないから 海外経由の方が本当 真実がわかりますね。 だって 福島の原発の放射線汚染も 日本より ドイツが風向きとか 詳しく 教えてくれてたんですよ。日本国はだいぶ遅れてからやっと公開でした。(トホホ‥)日本のマスゴミ マスメディアのくそなのには たまらんですね。日本は本当に真面目な日本人て大人しい 自己主張てしないでないですか!だからか 愛誤やその他諸々 声たてて 喚いた者勝ちて ありませんか! まあ穏便にと言う事で済ます。
言う事を聞く。それこそが 国際社会でも 土下座外交などに行き着くんでしょうね。

Re: 何でドイツが動物の桃源郷みたいに言われたんですかね(*´ェ`*)

ニャーニャ様、コメントありがとうございます。

> 愛誤がドイツは動物の桃源郷みたいに言い出したのは 捏造 偏向報道の日本のマスゴミ マスメディアが一因してるんでしょうね。

例えばこれは酷すぎます。
http://www.nhk.or.jp/ichiban/backnumber/b03/
「殺処分ゼロを誇る「地球でイチバンペットに優しい街」がドイツ・ベルリン」。

んhkがこんな偏向報道をしているのですから。
ドイツ最大手のニュースメディア、シュピーゲルのインターネットベルリン版では、ベルリンでの犬公的殺処分のニュースを報じていますし「ベルリン州では公的殺処分の適用がドイツの中では厳格」と論じています。
日本の犬公的殺処分の数には及びませんが、かなりの数が殺処分されていると州上院議会で証言されています。
んhkでも、予算削減のために、娯楽番組は民間の弱小会社に丸投げしているケースは多いと思います。
で弱小会社はさらにコストを削減するために、愛誤活動家の言い分や提供した資料をそのままつかって、愛誤のいいなりに番組編集したのだと思います。
私は、どちらかといえば、マスゴミは愛誤に利用されたというか、番組制作のコスト削減に協力してくれるからマスゴミも愛誤を利用したのだと思います。


>人間助けんのに怒りくるってんのに わんちゃん 猫ちゃんを助ける為にドイツ人が血税使うなんて どう考えても嘘だと。

愛誤なバイエルン州の自治体は、飼い主から強制収容した危険な犬を指定ティアハイムで公費を補助して飼育しています。
その費用がもったいないから犬を殺処分せよ、と市民が騒ぎ出し、犬殺処分の条例がほぼ通りそうです(2013年5月の報道)。
ドイツ人は、猫ちゃん犬ちゃん、きゃーかわゆい!からナニガナンデモノーキルなんて能天気な国民ではないです。


>日本は本当に真面目な日本人て大人しい 自己主張てしないでないですか!だからか 愛誤やその他諸々 声たてて 喚いた者勝ちて ありませんか!

そういう傾向はありますよね。
ドイツの動物愛護事情でも、実際にドイツに長く住んで動物愛護に興味があり、ドイツ語が堪能で事実をご存知な方はもしかしたら数万人いらっしゃるかもしれません。
そういう方は、愛誤の嘘はお分かりで呆れていると思います。

No title

土佐犬、ドゴ・アルヘンティーノ、フィラ・ブラジレィロが抜けているんですね。大抵、この3犬種プラス、ピットブルという構成が多いんですが(シンガポールでは秋田犬も入る)
何れにしてもBSLを制定したり、危険犬種でくくって制限していても咬傷事件の減少には大して効果はない様ですが。

実際、危険過ぎて飼い主すら近寄れない様な犬を殺処分せず飼い続けられるのはこの国が「愛誤」大国に他ならないと言う事でしょうね。ネット上でもヨーロッパは動物愛護先進国とか、パラダイスの様な事を言われ続けていてウンザリしています。それなりに厳しい法律、規制、飼い主への負担があって始めて成立している愛護だと言う事を日本の愛誤の方々は理解しているのでしょうか・・・
うちでも近所の外飼い猫に鶏を殺されたり、捨て猫が増えたりしています。観光客が観光ついでに捨て犬捨て猫をして行ったり。いやなものです

Re: No title

昇汞様、コメントありがとうございます。

> 土佐犬、ドゴ・アルヘンティーノ、フィラ・ブラジレィロが抜けているんですね。

ドイツ連邦法で指定している危険犬種は4種です。
ドイツでも、州法で危険犬種を追加している州があり、8種類くらい規制犬種がある州があったと思います。
ヨーロッパでも、たしか秋田犬を指定している国か自治体があったような。
ネットで資料を読み飛ばしているので、正確に覚えていないんですよ。


>何れにしてもBSLを制定したり、危険犬種でくくって制限していても咬傷事件の減少には大して効果はない様ですが。

ドイツでも、「咬傷事故を起こした犬種は、危険犬種指定外のジャーマンシェパードが最も多い」と噛み付いていた愛誤団体があったと記憶しています。


> 危険過ぎて飼い主すら近寄れない様な犬を殺処分せず飼い続けられるのはこの国(日本)が「愛誤」大国に他ならないと言う事でしょうね。

危険犬種の飼育規制や咬傷事故をおこした犬の行政による殺処分は、英語圏ドイツ語圏の先進国ではほとんどという気がします(オセアニアはまだ調べていません)。
ヨーロッパ言語では、英語ドイツ語以外では調べていませんが、ドイツ語のニュースで、フランスでも危険犬種規制があると報道されていました。


>ヨーロッパは動物愛護先進国とか、パラダイスの様な事を言われ続けていてウンザリしています。それなりに厳しい法律、規制、飼い主への負担があって始めて成立している愛護だと言う事を日本の愛誤の方々は理解しているのでしょうか・・・

日本の愛誤は、欧米(といっても広いですけど)の動物愛護政策を完全に勘違いしています。
欧米は、言わば日本にあった、生類憐れみの令を現代に再現しているとでも思っているようです。
実際は真逆なのに。
コメントでリンクをつけたんhkの番組はひどいですね。
ベルリンでは、一部の街区で犬のノーリードが許されます。
しかし軽い咬傷事故を起こせば、ほぼ100%その犬は殺処分されることがわかっているのでしょうか。


> 観光客が観光ついでに捨て犬捨て猫をして行ったり。

ドイツでも、ペットの遺棄は大変な問題みたいです。
そのほとんどが猫らしいです。
不適正飼育者は犬より猫の方が絶対多いです。

噴飯もの

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-3345.html

こんな事やっているから「哀誤」と言われる。

ノイジーマイノリティのパブコメに惑わされない立法の良心を求めたいものです。

糞飯もの

ぽちさん。

>こんな事やっているから「哀誤」と言われる。
そうですね。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-3345.html
>できるだけボランティアを増やすためには、その取組を細かく規定しすぎてハードルをあげたり、厳しく縛りつけるべきではない。

ハードル高かったり縛りが厳しいと出来ないボランティアだったら、その程度の法゛螺だって事。
質の高いボランティアを求めるなら、ハードルが高くなるのは当然です。

>地域住民には話してはいないが
>排泄物の処理はできないが

一番肝心な事出来ないで「避妊処置だけは出来る」っても理解得られないでしょう。
邪婆も窮災の輪も「周辺地域の住民の合意の下」を削除させたがってるって事は、彼らにとっての「地域猫活動」は愛護団体から地域住民への上意下達でなければいけないって事てすかね。

愚民思想丸出しの傲慢さです。

Re: 噴飯もの

ぽち様、コメントありがとうございます。

> こんな事やっているから「哀誤」と言われる。

まさに噴飯ものです。
私は、猫被害者の餌やりに対する民事訴訟がもっと増えればいいと思います。
加藤九段の裁判は、被告が有名人ですから大きく報道されましたが、それ以前に神戸市でも餌やりに対して比較的高額の損害賠償の支払いを認めた神戸地裁本庁の確定判決があります。
それ以降も、東京大田区の、被害者一人あたりの賠償額は40万円、餌やりに対しては200万円あまりの損害賠償の支払いを命じた東京本庁の判決などがあります。
彼らは、訴訟リスクということを考えていないのでしょうか。


> ノイジーマイノリティのパブコメに惑わされない立法の良心を求めたいものです。

愛誤が主張している、「地域猫活動により被害が生じても、民事上の損が賠償責任を負わないという立法、条例化を望む」というのは、愛誤が白痴で無知の証明です。
上位法に反する下位法の規定は無効です。
不法行為による損害に対する求償は、民法709条、718条に規定があり、また憲法で定める私有財産権の保護にも反するからです。

Re: 糞飯もの

オキキリムイ様、コメントありがとうございます。

> >地域住民には話してはいないが
> >排泄物の処理はできないが
>
> 一番肝心な事出来ないで「避妊処置だけは出来る」っても理解得られないでしょう。

不妊去勢だけして、餌やりは一切しなければ同意を得られると思いますがね。


> 邪婆も窮災の輪も「周辺地域の住民の合意の下」を削除させたがってるって事は、

であれば、猫被害者住民は、ドンドン民事訴訟に訴えましょう。
地域住民の反対を押し切って地域猫をしたとなれば、その代表者に「地域住民の反対があるにもかかわらず活動をしているが~」という公開文書や内容証明を送りましょう。
地域住民の反対にもかかわらず、不法行為を行ったということで、裁判でも猫被害者側の心証がよくなります。


> 愚民思想丸出しの傲慢さです。

こんなバカがのさばる日本は、世界に冠たる動物愛誤先進国です。
ところで、私は2009年に、アメリカ連邦政府が猫TNRを公式に否定したことを何度か記事にしました。
ヨーロッパでも、2010年に、公式に猫TNRを否定しています。
2010年に開かれた、ヨーロッパ農業畜産サミットで明文化されています。
近々ソースをつけて記事にします。
既知害が、TNR(地域猫)と喚いている先進国は日本ぐらいですよ。

↑追記

犬猫窮災の禍ですが。
ドイツ動物保護法の条文を、ドイツ語ユニコード設定なしでHPに貼り付け、むちゃくちゃな訳をつけています。
(多分、自動翻訳をもとにして自分勝手に作文したと思われる)。
今でもあると思いますよ。
HPでドイツ語ユニコード設定していませんから、ウムラウト(ä、ö、ü)が(a、o、u)になっているし、エスツェット(ß)がそのまま抜けています。
指摘して差し上げようかとも思ったけれど、そのまま赤恥を晒し続けたほうがいいと思い直しました。

愛誤はバカ無知のくせして、厚かましさは人一倍です。

最近でもノーリードの飼い犬の

噛み付き事件で飼い主側に過失を認める判決が出ましたね。
「リンクが一寸見当たりませんが横浜市の柴犬の噛み付きで
ググれば出ると思います」

同様に野良猫「外飼い猫」の餌付け主にも被害者に対する
過失責任は認められて然りですが加藤某以降余り判例を
見ないのは残念です。
「まぁ費用対効果が余りに乏しいですから・・・」

それとこれも
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013071001000995.html
これこそ外飼い猫に適用すべきなんだけど・・・。

TPPで(^_^;)

日本国もTPPが批准されると 非関税障壁撤廃やら 何やらでアメリカ型の社会化されるみたいな事いわれてますが まあ 人の動きも自由でしょう。猫被害者住民は、ドンドン民事訴訟に訴えましょう→アメリカの弁護士軍団とかに 任せたら バンバン 猫哀誤とかを破産にまで追い込みそうですね。 アメリカの訴訟社会の激しさったら (^_^;)日本みたいな まあまあ 猫ちゃん可愛いや あいや~で すみません 。

仇災の輪を見て

環境省のパブコメというのは、ネットテロが好きで

ノイジーマイノリティの愛誤の意見が際立つ

意見の募集方法だと思います。


選挙だと某宗教系の政党が一定の議席を取りますが

その議席ほど支持されているか疑問ですよね。

その証拠に投票率が上がると議席を減らします。


環境省もパブコメに意見をしてこないような

世論調査の結果を元に政策を考えるべき。


あほらしいけど、私なりの意見をパブコメに

送っておきました。

Re: 最近でもノーリードの飼い犬の

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> 噛み付き事件で飼い主側に過失を認める判決が出ましたね。

日本では、飼育動物による被害は、民法718条での規定が有り、一般不法行為709条より厳しくなっています。
場合によっては、飼い主に対する刑事責任も生じます(過失傷害罪など)。
日本の問題は飼い主に対する責任はさておき、その犬を殺処分する法的根拠がない点です。
死亡事故をおこした犬であっても、飼い主がとことん拒否すれば殺処分はできません。


> 同様に野良猫「外飼い猫」の餌付け主にも被害者に対する
> 過失責任は認められて然りですが加藤某以降余り判例を
> 見ないのは残念です。

裁判はむしろ増えています。
同様の裁判が増えて珍しくなくなれば、マスコミは報道しなくなります。


> これこそ外飼い猫に適用すべきなんだけど・・・。

私も思いますよ。
外飼い猫の糞は野放しで、犬の飼い主ばかり負担が重いです。
西宮市は犬糞放置は罰金5万円ですが、外飼い猫に対する罰則は皆無です。

Re: TPPで(^_^;)

ニャーニャ様、コメントありがとうございます。

> 日本国もTPPが批准されると 非関税障壁撤廃やら 何やらでアメリカ型の社会化されるみたいな事いわれてますが まあ 人の動きも自由でしょう。

反対者が危機感を煽るほど、ドラスティックな変化はないでしょうが。
EUは完全にヒトカネモノの移動が自由です。
経済危機の南欧からドイツに医師やエンジニアが大挙して移動し、南欧では医師不足が社会問題になっているようです。


>猫被害者住民は、ドンドン民事訴訟に訴えましょう。

それを私は望みます。
でも餌やりBBA、JJIって最初から破産者レベルの経済力しかないような。
年金や保護費は差し押さえできないのです(涙。

Re: 仇災の輪を見て

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 環境省のパブコメというのは、ネットテロが好きで
> ノイジーマイノリティの愛誤の意見が際立つ
> 意見の募集方法だと思います。

パブコメでも、大学生のレポートのコピペ防止ソフトでも導入すればいいのに。
非常に文体がに通っているものはコピペとして数にカウントしない。
また同一ホストからの重複投稿は拒否するなどです。
それは技術的に難しいことではないです。
愛誤は、一人で多数のコピペコメントを送りつけ、誰かが雛形コメントを作り「このコメントを送ってください」とやるでしょう。


> その証拠に投票率が上がると議席を減らします。

選挙になる度にやたらとしつこくよってくる人たちがいますw
普段は疎遠なのに。


> 環境省もパブコメに意見をしてこないような
> 世論調査の結果を元に政策を考えるべき。

例えば内閣府の世論調査などですね。
それなどは正しい統計手法により専門家が行っていますから、標本抽出においてもバイヤスは最小限だろうし、パブコメの量などより、よほど世論の実態がわかります。


> 私なりの意見をパブコメに送っておきました。

皆様も、よろしくお願いいたします。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR