fc2ブログ

国際比較で雌犬の繁殖上限年齢が異常に低い日本~それは動物福祉向上が目的ではないことを意味する







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Domestic/Inländisch)

 記事、「繁殖引退犬の大量余剰」これは動物愛護管理法の悪改正の当然の帰結 の続きです。
 現在日本では、引退繁殖雌犬の余剰が大量に発生しています。これは2019年の動物愛護管理法の改悪により、当然予想できたことです。日本の繁殖雌犬の交配の上限年齢は6歳ですが、国際比較では異常に低いのです。さらに日本の犬の平均寿命は国際比較で突出して長いのです。ですから日本では繁殖雌犬が引退した後の余命が著しく長くなり、繁殖引退犬の余剰が大量に発生します。繁殖雌犬の交配に上限を立法したのは余剰犬の発生を意図したのであり、動物福祉の向上を目的とはしていません。その目的とは「愛誤団体の保護犬ビジネスを支援」するためです。



 サマリーで示した通り、2024年2月5日に放送された「NHKクローズアップ現代 さまよう繁殖引退犬 ペット業界の“異変”を追う」では、現在日本では繁殖引退雌犬の大量余剰が問題になっていることが報じられました。その理由として、2019年に改正された動物愛護管理法の犬ブリーダーに対する繁殖雌犬の交配年齢の上限や、繁殖業者の従業員一人当たりの世話をする犬の数の上限の制限などがあるとしています。
 本連載では、主に犬ブリーダーの交配年齢の上限を「6歳まで」とした規制強化の悪影響を取り上げます。2019年に動物愛護管理法が改正に基づき、「令和三年環境省令第七号 第一種動物取扱業者及び第二種動物取扱業者が取り扱う動物の管理の方法等の基準を定める省令」が制定され、犬の繁殖を行う者は、雌犬の交配の年齢の上限を「6歳まで」と規制が強化されました。(*)

(*)
令和三年環境省令第七号 第一種動物取扱業者及び第二種動物取扱業者が取り扱う動物の管理の方法等の基準を定める省令


(画像)

さまよう繁殖引退犬 ペット業界の“異変”を追う 初回放送日: 2024年2月5日 のホームページから

クローズアップ現代


 サマリーで示した通り、2019年の法改正により日本では、繁殖雌犬の交配の上限年齢が定められました。交配の年齢は6歳までで、下限年齢の規定はありません。


令和三年環境省令第七号 第一種動物取扱業者及び第二種動物取扱業者が取り扱う動物の管理の方法等の基準を定める省令

第二条 法第二十一条第一項の規定による第一種動物取扱業者が取り扱う動物の管理の方法等に関し環境省令で定める基準は、次の各号に掲げる事項について、当該各号に定めるとおりとする。
三 動物の飼養又は保管をする環境の管理に関する事項
六 動物を繁殖の用に供することができる回数、繁殖の用に供することができる動物の選定その他の動物の繁殖の方法に関する事項
ホ 販売業者、貸出業者及び展示業者にあっては、販売、貸出し又は展示の用に供するために犬を繁殖させる場合には、生涯出産回数を六回までとするとともに、雌の交配時の年齢を六歳以下とすること。



 この日本における「犬を繁殖させる場合には、生涯出産回数を六回までとするとともに、雌の交配時の年齢を六歳以下とする」規程は、国際比較では異常なほど低いのです。それ以前に強制力のある法令で定めている国はほぼありません、以下に表を示します。

1、法令による雌犬の「交配」(註 「出産」ではない)の上限年齢

・スェーデン
Regel 2:5
10歳以上の交配を禁じる。ただし未出産の犬の場合は7歳以上の交配を禁じる。

・インド
Be Aware of Regulations Related to Dog Breeding in India.
雌犬の8歳以上の「交配」を禁じる。

・アメリカ合衆国 ヴァージニア州(州法)
West's Annotated Code of Virginia. Title 3.2. Agriculture, Animal Care, and Food. Subtitle V. Domestic Animals. Chapter 59. General Provisions
8歳以上の雌犬の交配を禁じる。

*法令における、ブリーダーの雌犬の「交配」年齢の上限の規定は、、上記の3つしか確認できませんでした。



2、民間の自主規制による雌犬の「交配」(註 「出産」ではない)の上限年齢

・アメリカ合衆国
When to Breed a Dog — When Is The Best Breeding Age For Dogs? 
AKC’s Guide to Responsible Dog Breeding
12歳以上の交配を雄雌とも禁じる(AKC)
8歳以上の雌犬の交配を禁じる(UKC) 

・イギリス
The Kennel Club's rules in regards to registration
出産が8歳以上になると見込まれる雌犬の交配の禁止。ただし獣医師が許可した場合は通常認められる(全英ケネルクラブ)

・ドイツ(VDH 全ドイツケネルクラブ)
Zuchttauglichkeitsprüfung
8歳以上の雌犬の交配を禁じる

・ニュージーランド(ニュージーランド ケネルクラブ)
New Zealand Kennel Club (Inc)
8歳以上の雌犬の交配を禁じる。ただし獣医師の許可を得た場合は認められる。

・フランス 全仏ケネルクラブ(LOF)
Gestation de la chienne et âge avancé
雌犬の9歳以上の交配は禁止。



 日本では雌犬の交配年齢の上限は6歳までという、国際比較では異常に低い法令による規定があります。しかし交配年齢の下限は定められていません。海外では、法令もしくは民間の自主規制による、雌犬の交配の最低年齢、もしくは最初の発情での交配を禁止する規定は法令と民間の自主規制ではかなりあります。

3、法令による雌犬の「交配」(註 「出産」ではない)の最低年齢
・インド
雌犬の「交配」は18ヵ月齢以降でなければならず、獣医師によって健康と診断されなければならない。
Be Aware of Regulations Related to Dog Breeding in India.

・イギリス
The Animal Welfare (Licensing of Activities Involving Animals) (England) Regulations 2018
1歳以上とする。生涯出産回数は6回まで。しかし「交配」もしくは「出産」の上限年齢の定めはない。

・スェーデン
Regel 2:5
雌犬の交配は18ヵ月齢以降 かつ2回目以降の発情であること。

・フランス
Code rural et de la pêche maritime Version consolidée au 3 août 2020
雌犬の「交配」は2回目以降の発情から。
ANNEXES de l’arrêté du 3 avril 2014, fixant les règles sanitaires et de protection animale auxquelles doivent satisfaire les activités liées aux animaux de compagnie d’espèces domestiques relevant des articles L. 214-6-1, L. 214-6-2 et L. 214-6-3 du code rural et de la pêche maritime.

・アメリカ合衆国 ヴァージニア州(州法)
West's Annotated Code of Virginia. Title 3.2. Agriculture, Animal Care, and Food. Subtitle V. Domestic Animals. Chapter 59. General Provisions
雌犬の「交配」は18ヵ月齢以降とする。



 さらに、雌犬の交配年齢の民間の自主規制がある国で、犬の平均寿命が確認できる国を挙げます。


・イギリス 10.33歳
Canine Medicine and Genetics Longevity and mortality in Kennel Club registered dog breeds in the UK in 2014

・フランス 11歳
Espérance de vie, calcul en années humaines : tout savoir sur l'âge de votre chien

・ドイツ 11歳
Wie alt werden Hunde?



 上記から、イギリス、フランス、ドイツの、繁殖雌犬の繁殖引退後の余命は概ね次の通りとなります。
・イギリス~1年半程度
・フランス~1年半程度
・ドイツ~2年半程度

 対して日本は6歳の終わりごろぎりぎりに交配、7歳2か月ごろに出産、子犬が離乳して出産するのは7歳半ば程度となります。日本の犬の平均寿命が14.76歳(*)と、国際比較で突出して長いのです。そのため、繁殖雌犬が繁殖を引退した後の余命は7年以上と、イギリス、フランス、ドイツと比べて異常なほど長くなります。それが日本で繁殖引退雌犬の余剰が大量に発生する要因です。
 しかしこれは法改正前からそのようになることがわかりきっていたことです。むしろ意図的に、立法にかかわった議員ら(この改正は議員立法です)は、余剰犬を大量に発生させたと言えます。 
 その目的は第一種動物取扱業者の犬ブリーダーから、純血種犬を無理やり放出させ、それらの犬を愛誤団体による「保護犬譲渡ビジネス」の支援に利用することです。保護犬譲渡ビジネスをしている愛誤団体は、純血種犬が喉から手が出るほど欲しいのです。しかも比較的若い犬が供給されます。その仕入れのために、国際的にはあり得ないほどの、繁殖雌犬の繁殖上限年齢を低くする立法を行ったことが露骨にわかります。さらにこの立法では、繁殖雌犬の交配の下限年齢の規制はありません。このことにより、さらに立法が犬の福祉向上を目的としたものではなく、愛誤団体の支援だということが明らです。この点は、次回以降の記事で説明します。


(画像)

 2019年の動物愛護管理法改悪のための参考として、殺処分ゼロ議員連盟が作成した、犬猫の殺処分ゼロを目指す動物愛護議員連盟 第一種動物取扱業者における犬猫の飼養管理基準に関する要望書 から

 この文書の記述は、ほぼ全てが嘘、誤り、偏向です。一例ですが、イギリスには「犬の出産(または「交配」)」上限年齢を規定する法令は存在しません。全英ケネルクラブでは「出産が8歳を超える見込みの交配は禁じる。しかし獣医師が認めた場合は許可する」という、民間の自主規制があります。法令で禁止されている、「6歳以上の出産」を民間のケネルクラブが規約で定められますか。
 少し調べればすぐに分かることでも堂々と嘘をつき、所管省の環境省に提出するとは、まさに犯罪に近いです。恥知らずの厚顔無恥とは、まさにこのことでしょう。そのように嘘まで使って、露骨に関係する団体のための利益誘導の立法まで行うとは、国賊です。それにしてもこの恥しらずの資料を公開し続けていることに驚きです。

殺処分ゼロ議員連 津曲 バカ


The Kennel Club's rules in regards to registration 「全英ケネルクラブにおけるブリーダー登録におけるルール」

Sometimes The Kennel Club will not accept an application to register a litter.
This will happen if any of the following circumstances apply:
The dam has already reached the age of 8 years at the date of whelping, save in exceptional circumstances, and only provided the application is made prior to the mating, and the proposed dam has previously whelped at least one other registered litter and permission has been received.

全英ケネルクラブは、生まれた子犬の血統登録を受け付けないことがあります。
これは、次のいずれかの状況が当てはまる場合に生じます。
少なくともすでにケネルクラブの許可を得て1回の出産の経験がある母犬で、出産日に8歳に達する場合は、例外的な状況を抜いて交配前に申請が行われ、その母犬が出産に耐えられるという獣医師の所見の裏付けがあり許可を得ている限り、交配が行えます。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いつもさんかくたまご様のブログ楽しみにしてます

今回のnhkのクローズアップ現代僕も見ましたが苦しむブリーダーがたくさんいらっしゃいましたね‥
韓国の犬食禁止で逆に捨てられる食用犬を思い出しました


以前のjkcは何歳まで繁殖を可能としていたのでしょうか?

Re: タイトルなし

名無し様、コメントありがとうございます。

> いつもさんかくたまご様のブログ楽しみにしてます

ありがとうございます。


> 今回のnhkのクローズアップ現代僕も見ましたが苦しむブリーダーがたくさんいらっしゃいましたね‥

実際はテレビ報道よりさらに深刻の様です。


> 以前のjkcは何歳まで繁殖を可能としていたのでしょうか?

うろ覚えで間違ったことを回答してはいけません。
こちらの方でしたら教えてくれると思います。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100026682380248
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR