fc2ブログ

オーストラリアの犬の施設内の犬の殺処分数は年間4万頭で人口比で日本の88倍~日本は殺処分が多くオーストラリアでは少ないという狂ったサイト







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(summary)
What is Convenience dogs cats Killing and Why Does it Happen in Australia?
Australian animal shelters and pounds kill 40,000 dogs a year.


 記事、
私有地に侵入した犬猫は土地所有者は射殺することが合法なデンマーク
世界一厳しい禁止犬種法があるデンマーク~日本より殺処分が少なく動物の権利が認められた国という大嘘
の続きです。
 ピースワンコ・ジャパンという、民営動物保護施設を運営する特定非営利活動法人があります。派手な広告により寄付金を集めていますが、保護施設内のネグレクトによる虐待飼育や、収容している犬に狂犬病予防注射を受けさせていない狂犬病予防法違反で捜査を受けたりと、問題が多い団体です。さらに当団体は特に海外の動物愛護での嘘プロパガンダ活動があまりにもあからさまです。「ドイツ殺処分ゼロ」等の嘘デマ情報を効果的に用い、情弱者を騙して「殺処分ゼロ」をうたい巨額の寄付金を集めています。最近も酷いデマ記事を公開しています。その中の「日本は殺処分が多い。対してオーストラリアでは殺処分が少ない」という真逆の大嘘を取り上げます。



 「日本は動物愛護後進国で、先進国と比較して犬猫の殺処分が多い」という趣旨の記事を、サマリーで示したピースワンコ・ジャパンが公開しています。その記事から引用します。


殺処分が多い国ランキングとは?日本の現状や犬を救う方法を解説! 2023年11月19日

日本にも動物愛護法が定められていますが、動物保護先進国と言われる国と比較すると日本は遅れているのが現状です。
殺処分が少ない国として、以下の7か国をご紹介します。
ドイツ
イギリス
オーストラリア
スウェーデン
デンマーク
ニュージーランド
スイス
これらの国は動物先進国と呼ばれており、動物の権利や人間と共存するための法律を定めています。



 真実は以下の通り。
・ドイツ~施設内での公的殺処分数だけでも人口比で日本より多い州がある。民間保護施設のティアハイムの犬の殺処分率は26.2%で日本の11%の2倍を超え、殺処分数は2万頭余りで人口比で11倍。その他警察官による犬猫等の射殺や、民間人にも許可されている犬猫の狩猟駆除数を含めれば、ドイツの犬猫殺処分の実数は日本の数十倍。
・イギリス~施設内で行う犬の公的殺処分数だけでも7,000頭前後あり、人口比で日本の5倍以上。民間シェルターでの殺処分数を合わせれば推計年間8万頭で人口比で日本の50倍以上。
・オーストラリア~施設内で行われる犬の殺処分数は年間4万頭で、人口比で日本の公的犬の殺処分数の約88倍。猫はさらに多いと推測されている。またノネコ野良猫の狩猟駆除は官民合わせて高位推計は年間200万匹で、それらをすべて合わせればオーストラリアの犬猫殺処分の実数は日本の数百倍~1,000倍超になる。
・ニュージーランド~国全体の殺処分数は公表されていないが、公表している自治体では人口比で日本の90倍の犬を公的施設で銃殺しているところがある。野良猫ノネコは狩猟駆除の対象。
・スイス~年間の野良猫の狩猟駆除数は10万匹で、人口比で日本の公的猫殺処分数の約123倍。ティアハイムでの犬の殺処分数率は日本の公的犬殺処分率より高い。


 今回は今まで記事にしてこなかった、オーストラリアの施設内での犬猫殺処分について取り上げます。結論から言えばオーストラリアの施設内(アニマルシェルター)での殺処分数は、犬は年間4万頭です。この数は人口比(オーストラリアの人口は日本の約6分の1)で日本の約88倍という恐るべき多さです。(*)さらに猫に関しては統計がありませんが、犬よりもさらに殺処分数が多く、悲惨な状況だとされています。
 このオーストラリアでの犬の殺処分数(施設内の殺処分数のみの数値。後述する野良犬の狩猟駆除は含まない数字です)の推計値は、オーストラリア、クィーンズランド獣医大学による学術論文に基づいています(Characteristics and Outcomes of Dogs Admitted into Queensland RSPCA Shelters 2017年)。したがって数値は信ぴょう性が高いと思われます。以下に引用します。

(*)
犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況(動物愛護管理行政事務提要より作成)   対象期間:令和3年4月1日~令和4年3月31日(2021年4月1日~2022年3月31日)


A Deeper Look Into the Australian Pound System 「オーストラリアの犬収容所に関しての深い考察」 2022年8月2日

Despite Australia having one of the highest rates of pet ownership globally, thousands of pets are surrendered each day, leading to a devastatingly high rate of pet euthanasia in shelters and pounds.
The crippling truth is that approximately 20% of 200,000 dogs admitted to Australian shelters each year are euthanised, with cats facing an even more devastating rate of euthanisation.
What is Convenience Killing and Why Does it Happen?
To avoid spending time, money and resources to offer animals a chance at life, animals that are more difficult to rehome are often the first ones to be euthanised.
Factors such as age, behavioural issues, and illness are some of the main reasons pounds resort to euthanising animals in their care.
However, animals with good behaviour, health, and age can still be euthanised as a solution to deal with overcrowding issues.
As rescue shelters are usually overcrowded due to the increase of puppy mills and backyard breeding, this creates a vicious cycle where rescues can’t take pets from pounds as they have limited space.

オーストラリアは世界で最もペットの飼育率が高い国の1つであるにもかかわらず、毎日何千頭ものペットが動物収容所に引き渡され、アニマルシェルターや公的動物収容所でのペットの安楽死率が破壊的なほどに高くなっています。
悲惨な現実は毎年オーストラリアのアニマルシェルターに収容される20万頭の犬のうち、約20%(=40,000頭)が安楽死させられており、猫はさらに悲惨な安楽死率に直面しているということです。
オーストラリアの便利でお手軽な殺処分とは何ですか、なぜそれが起きるのですか?
動物に生きる機会を提供するための時間、お金、資源を費やすことを避けるために、新しい飼主に譲渡するのがより難しい動物が最初に安楽死されることはよくあります。
年齢、行動上の問題、病気などの要因が公的動物収容所が管理収容中の動物を安楽死させる主な理由の要因になっています。
しかし行動、健康、年齢に問題がない動物であっても、収容施設の過密状態の問題に対処する解決策として動物を安楽死させることができるのです。
パピーミル(大量劣悪飼育の営利至上主義の子犬生産業事業者)やバックヤードブリーダー(素人ブリーダー)での繁殖の増加により、保護シェルターは通常過密状態になっていて収容スペースが限られているため、動物保護活動家が公的動物収容所からペットを引き取ることができないという悪循環が生じています。



 「オーストラリアの犬の殺処分数は年間4万頭で、人口比で日本の88倍である。猫は統計がないのでで不明だが、さらに多く悲惨な数だろう」という状況です。それだけでも恐るべき多さです。
 それにもかかわらずピースワンコ・ジャパンの記事では「日本は犬猫の殺処分数が多い動物愛護後進国。オーストラリアは犬猫の殺処分が少ない動物愛護先進国である」としています。まさに狂人の妄想レベルの、真逆の大デマ嘘記事です。よくもこれ程酷い事実に反する記事を平気で公開できるもだと、ある面感心します。

 さらに「オーストラリアの犬の殺処分数は人口比で日本の88倍。猫はもっと多く悲惨な数字だろう」はあくまでも施設内での殺処分数です。オーストラリアは野良犬野良猫は通年ほぼ無制限に狩猟駆除が推奨されています。民間人ハンターはボランティアで、積極的に野良犬野良猫の狩猟駆除を行い、それに対して州政府等が助成金を出すこともあります。野良犬野良猫を狩猟殺害すれば、報奨金を支払う州自治体もあります。
 さらに連邦政府、州政府、自治体も公共事業として野良猫を積極的に殺害駆除をしています。民間人ハンターと、公共事業を合わせた野良猫の駆除数は、学術研究で年間数百万匹を大きく上回るとも推計されています。オーストラリアは、人口比で日本の数百倍~1,000倍超もの犬猫を広義の狩猟駆除まで含めれば殺処分していることになります。その点は、次回記事で述べます。


(動画)

🤬 Rescue Dogs SHOT DEAD due to COVID-19 Restrictions 🤬 「新型コロナウイルス感染症による影響により保護犬が射殺される 🤬」 2021年8月24日

概要:新型コロナ感染症のロックダウンにより、収容していた犬10頭を銃殺した、ニューサウスウェールズ州のアニマルシェルターに憤っているオーストラリアのユーチューバー。
 「新型コロナ感染症流行により、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州ではロックダウンが2か月間続いています。私が住むヴィクトリア州メルボルン州では、ロックダウンは2週間続いています。そして最近起きたことですが。ニューサウスウェールズ州ではロックダウンにより人々が外出することができず、動物保護施設に犬を引取りに行けないという理由で、議会は保護施設にいる犬を殺害する決定をしました。そのために犬たちは銃で殺害されました。犬を殺したやつは本当にクソだ。犬は素晴らしい動物です。私は雌の保護犬を飼っています。私の胸は張り裂けそうです」。

 次回記事で書きますが、オーストラリアの苛烈な野良犬猫の殺害駆除を思えば、この国で保護された犬を銃殺することなどには驚きません。保護犬の銃による殺処分はイギリスでは多いですし、アメリカの一部の自治体でも法定の方法です。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR