fc2ブログ

イギリスは子犬の無認可大量繁殖と違法輸入が正規繁殖輸入の約3倍~犬の商業販売は人口比で日本の約7倍







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(summary)
Evidence from key national and international animal welfare non-government organisations concerns that illegal and irresponsible puppy breeding and trade is escalating.


 記事、
日本はペットショップと犬猫飼育数ともに減っている先進国では例外的な国
「日本は犬猫の大量生産大量販売をしている動物愛護後進国」という嘘プロパガンダ
日本はペット(犬)の大量生産販売に遅れた国~アメリカはパピーミル(大量劣悪生産の子犬繁殖場)生産の犬だけでも日本の8倍以上
アメリカで拡大成長を続けるペットショップ。店舗数が減少している日本とは対照的
の続きです。
 芸能活動を引退して保護犬猫活動に専念するという坂上忍氏ですが、「ペットの大量生産をしているのは日本だけ」と発言していますがデマ、大嘘です。日本は北米やヨーロッパに比較すれば、子犬の商業生産数が極端に少ない国です。イギリスでは高位推計で国内生産と輸入併せて190万の子犬が販売されています。この数は人口比で日本の7倍近くです。しかも正規の登録ブリーダーと正規の手続きで輸入された子犬はそのうちの3分の1という推計があります。



 サマリーで示した、坂上忍氏の発言はこちらです。


動物保護ハウスを経営する坂上忍が「ペットショップの犬・猫大量生産」に思うこと 「世界から見ても恥なのに変わらない現実」とどう立ち向かうべきか 2023年10月28日

(日本の)ペットショップの大量生産・大量販売である。
フランスは2024年から生体販売が禁止されることが決まっている。
フランスばかりでなく、アメリカやカナダでも州によって生体販売禁止に舵を切る地域が増えてきた。
日本では逆にペットショップが増え続けている。
「先進国の中で今もこんなにも堂々と命の売買がまかり通っている国は日本くらいです」。



 このデイリー新潮の取材では、坂上忍氏は、
1、日本はペット(犬猫?)の大量生産大量販販売をしている。そのような国は日本ぐらいだ。
2、ペットショップが増え続けているのは世界の中でも日本ぐらいだ。
3、世界はペットの生体販売を禁止する国、地域が増えている(ペットショップが減少している)。
と強調しています。しかし1、2、3、のいずれも、まさに真逆も真逆のデマ、大嘘です。

 今回は坂上忍氏の、「1、日本はペット(犬猫?)の大量生産大量販販売をしている。そのような国は日本ぐらいだ」がイギリスを例にして大嘘、デマであることを述べます。イギリスは高位推計で、年間子犬を自国生産と輸入併せた190万頭の子犬を販売しています。この数は日本の販売子犬流通数52万頭と比べれば、人口比で約7倍も多いのです。
 さらにイギリスでは、正規の認可ブリーダーと正規の輸入手続きを経た仔犬はそのうちの3分の1未満という推計もあります。イギリスで販売される子犬の多くは違法な無認可の劣悪大量生産の子犬繁殖施設か、違法に輸入された子犬です。そのほとんどがオンラインで販売されます。日本では無認可ブリーダーの生産子犬と密輸子犬が正規の生産者と輸入業者によるものの2倍以上が販売されているなど考えられません。まさにイギリスの子犬は大量生産大量販売であり、違法生産輸入のものの方が多いという荒廃、無法ぶりです。まさに恥ずべき事態でしょう。以下にイギリス、スコットランド政府による公文書から引用します。


Sourcing of pet dogs from illegal importation and puppy farms 2016-2017: scoping research 「イギリスにおけるペット用の犬の違法輸入およびパピーファーム(=パピーミル。大規模な子犬の劣悪大量生産を行う利益至上主義の子犬繁殖事業所)からの供給 2016年~2017年間における調査」 2017年11月9日 イギリス、スコットランド政府公文書

Evidence from key national and international animal welfare non-government organisations concerns that illegal and irresponsible puppy breeding and trade is escalating.
Central to these concerns are the large-scale industrial and international commercial breeders now characteristic of the breeding industry: effectively a sea-change in UK puppy trade.
Since the introduction of PETS (2012), which relaxed the requirements for importing companion animals to the UK, the commercial and non-commercial movement and trade of companion animals from Europe has increased significantly.
The development of industrial-style puppy breeding establishments (often referred to as 'puppy farms' or 'mills', and canine commercial breeding establishments) suggest that:
first, legitimate and registered breeders cannot provide enough puppies to satisfy UK consumer demand;
second, puppies have become a lucrative and vigorous commodity for trade - both nationally and internationally;
and third, the nature of the trade has changed significantly, with fewer puppies now being sold from pet shops (less than 5%), the majority purchased online or from classified advertisements.
Consumer behaviour is key to the irresponsible and illegal nature of the current trade - specifically, without capricious and impulsive buyers demanding young 'fashionable' dogs, large-scale commercial breeding establishments and illegal trade would not be profitable.
The RSPCA (2016a) suggest it is between 700,000 and 1.9 million animals per year.
Yeates and Bowles (2017) more recently suggest between 500,000 and 1.5 million dogs come onto the UK market each year.
There is also a buoyant UK illegal puppy trade.
By removing the number of puppies whose sources are known (for example, identified 560,000 puppies were born in England) from those estimated to be coming onto the market (.5-1.5 million), an estimate of the illegal and unregulated trade is possible.
Dogs Trust suggesting the majority of puppy smuggling goes undetected.
The sale of puppies from industrial-scale breeding establishments abroad is possible due to a buoyant online marketplace in the UK and other EU member states (for example, Germany and Italy).

イギリス国内外の主要な非政府の動物福祉団体による証拠は、違法で無責任な子犬の繁殖と商業取引がエスカレートしていることを懸念しています。
こうした懸念の中心となっているのは、今日の子犬繁殖業界の特徴となっている大規模で商業産業的な国際的な商業子犬ブリーダーであり、実際にイギリスの子犬取引に大きな変化をもたらしています。
イギリスへのコンパニオンアニマルの輸入要件を緩和する PETS (2012 年) の措置の導入以来、ヨーロッパからのコンパニオンアニマルの商業的および非商業的な移動と貿易は大幅に増加しました。
産業型の子犬繁殖施設(しばしば「パピーファーム」または「パピーミル」と呼ばれる犬の商業的な大量繁殖施設)の発展は、次のことを示唆しています。
第一に、正規の登録犬ブリーダーは、イギリスの消費者の需要を満たすのに十分な子犬を供給することができません。
第二に、子犬は国内的にも国際的にも儲かるので、活発に取引される商品になっています。
第三に、子犬取引の性質が大きく変化し、現在ではペットショップから販売される子犬の数は減少し(5%未満)、その大部分はオンラインまたは売手が匿名の広告から購入されています。
現在の取引の無責任かつ違法な性質の鍵となるのは消費者の行動です。
具体的には幼くて「流行」の犬種を求める気まぐれで衝動的な買手がなければ、大規模な子犬の商業繁殖施設や違法取引は利益を生みません。
RSPCA (2016年) は、イギリスにおける子犬販売数は年間70万頭から190万頭の間であると示唆しています。
イェーツとボウルズ(註 研究者) (2017) は毎年50万頭から150万頭の犬が、イギリスの市場に出回っていると示唆しています。
イギリスでは子犬の違法取引も活発です。
市場に出回ると推定される子犬の数(50万~150万頭)から、出所が判明している子犬の数(たとえば、イングランドで生まれた子犬が56万頭確認されています)を除くことにより、違法で規制されていない子犬の取引の推定が可能となります。
Dogs Trust(註 犬保護団体) は、子犬の密輸の大部分が摘発されていないことを示唆しています。
イギリスおよび他の EU 加盟国 (ドイツやイタリアなど) ではオンライン市場が活発であるため、外国の産業規模の繁殖施設から子犬を販売することが可能です。



 イギリス(UK)国会下院議会の資料でも、イギリスの子犬の販売数について述べられています。


Animal welfare in England: domestic pets Contents「イギリス、イングランドにおける国内のペット事情」 イギリス国会 下院議会 2016年11月11日

Dogs
Breeding
Dogs are bred, sold and traded every day.
The annual market for puppies in the UK is unknown, but it is estimated that sales could range from 700,000 to 1.9 million.
Puppies can be purchased from a variety of sources—unlicensed breeders, Kennel Club registered puppies, imported puppies, commercial licensed breeders (including pet shops) and rescue organisations.


繁殖
イギリスでは犬が毎日繁殖、販売、商業取引がされています。
イギリスにおける子犬の年間の市場は正確には分かりませんが、販売頭数は70万頭から190万頭の範囲であると推定されています。
子犬は無認可ブリーダー、ケネルクラブに登録された子犬、輸入子犬、商業認可ブリーダー(ペットショップを含む)、保護団体など、さまざまな販売元から購入できます。



 日本の犬の流通数の年間52万頭は、2015年のSippoの記事(犬に「犠牲」強いるペットビジネス 大量生産大量消費の悲劇 2015年6月3日)を根拠にしています。それによれば、2015年の犬の流通数は59.5万頭としています。しかし日本ではその後犬の飼育数が2022年には88%にまで減少しているので、現在の日本の子犬生産数は52万頭程度と思われます。
 しかしいずれにしても、無認可ブリーダーや密輸による子犬が正規の認可ブリーダーと正規に輸入された子犬の数を上回るとは日本ではありえません。どちらが恥ずかしい国なのでしょうか。またイギリスは非正規生産輸入犬も含めれば、高位推計で190万頭(日本は52万頭)の犬が販売されています。この数は人口比で約7倍です。「ペット(犬)の大量生産大量販売をしているのは日本だけで恥ずかしい国」という坂上忍氏は、知能か精神、もしくはその両方が正常に達していないと思います。


(動画)

 BBC Wales Investigates: Inside the UKs Puppy Farm Capital BBC Documentary 2019 「BBC ウェールズ放送が調査: イギリスのパピーファームのカネの内部事情 BBC ドキュメンタリー 2019」 2021年12月28日公開




(動画)

 CONVICTED | Shropshire puppy farmers Alison and Kayleigh Bransby 「有罪判決を受けた | シュロップシャー州のパピーファーム経営者、アリソン・ブランズビーとケイリー・ブランズビー母娘」 2022年12月12日

The vile mother and daughter made tens of thousands of pounds selling puppies they'd bred in squalor to unsuspecting buyers.
Alison Bransby has been jailed for 22 weeks and banned from keeping animals for life while Kayleigh Bransby, walked free from court with a suspended sentence and 10-year ban.

この卑劣な母娘は、自分たちが酷い状態で繁殖させた子犬を疑いもしない買手に売り、何万ポンドも儲けました。
アリソン・ブランズビーは22週間の懲役と動物の飼育を永久禁止され、ケイリー・ブランズビーは執行猶予付きの有罪判決と10年間の動物飼育禁止で釈放されました。









関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR