びっくり!世界の猫事情~ドイツ猫毛皮狂騒曲





 私は既に何度かドイツ文化圏では、猫の毛皮がリウマチなどの治療効果があるという根強い信仰があることを紹介しました。2008年末から、EU域内での猫犬毛皮の貿易が禁止されました。しかしその後も、病気に悩む高齢者に猫毛皮毛布が法外な値段で売られたり、安価なウサギの毛皮を猫毛皮と偽って売られたりしています。


 ドイツケルンテンのローカルニュースサイト、kleine zeitungの記事から引用します。Trotz Verbotes: Katzenfell verkauft「禁止されているにもかかわらず、猫の毛皮は売られています」2009年7月。


Tierschützer schlagen Alarm:
Oberkärntner Pensionisten (79) wurden - trotz Verbotes - Decken aus Katzenfell angeboten.
Zahlreiche Kärntner dürften in letzter Zeit Decken aus Katzenfell gekauft haben.
Obwohl der Import und Verkauf von Katzenfell seit Anfang des Jahres streng verboten ist.
Die Herstellung der Decken, die als Wundermittel gegen Rheuma und Arthrose gepriesen werden, geht auf grausamstes Tierleid zurück.
Ein schmerzgeplagter Oberkärntner Pensionist (79) ist einer österreichischen Handelsgesellschaft, die offenbar solche Decken verkauft, auf dem Leim gegangen:
Zuerst erhielt er einen Flyer ins Haus, auf dem ein Naturheilmittel gegen Schmerzen versprochen wird.
Dann sendete er den "Gratis-Informations-Gutschein" ein.
Ein paar Tage später stand ein Vertreter an der Haustüre.
Der Pensionist kaufte schließlich eine Unter- und eine Zudecke um 1838 Euro.
Es sei gar kein Katzen- sondern Kaninchenfell.
hätte die Firma keine 1800 Euro verlangen dürfen, denn Kaninchen sind viel viel billiger.
Ein Laie kann den Unterschied nur schwer feststellen.

動物愛護団体は警鐘を鳴らしています。
「オーバーケルンテンの、79歳の年金受給者は、禁止されているにもかかわらず、猫の毛皮の毛布を購入しました」。
ケルンテンの多くの人が、今でも猫の毛皮の毛布を買っているに違いありません。
今年の年初から、猫の毛皮の輸入および販売は固く禁じられているにもかかわらず。
リウマチや関節炎のための奇跡の治療法としてもてはやされている毛布は、猫にとって最も残酷で苦痛な方法により生産されます(引用した記事では「生きたまま皮を剥がされる」とありますが誇張でしょう)。
病気の痛みに苦しむオーバーケルンテンの79歳の年金受給者は、無理やりそのような毛布を販売しているオーストリアの商社に連れて行かれました。
状況は次のとおりです。
まず彼は、「この自然療法(猫毛皮毛布)は、痛みに効くことを保証します」というパンフレットを社屋の中で受け取りました。
それから彼は、「無料クーポンを差し上げます」というアンケート欄に個人情報を記入しました。
数日後、猫毛皮毛布商社の代表者が彼を訪問しました。
その年金受給者は、最終的に1,838ユーロ(24万円あまり)で猫毛皮毛布と付属品を買わされました。
しかしそれは猫の毛皮ではなく、ウサギの毛皮だったのです。
ウサギははるかに安価ですので、同社は、1,800ユーロで販売してはならないでしょう。
素人は猫とウサギの毛皮の、違いをほとんど見分けることができません。



 EU域内で、猫犬の毛皮貿易が禁じれれて以降は、猫の毛皮が民間療法で用いられる国では、猫の毛皮の価格が高騰しています。しかし高齢者を中心に、猫毛皮のリウマチなどの治療効果があるという信仰が根強いので、未だに売られています。またご紹介した記事のように、安価なウサギの毛皮を猫毛皮と偽って売りつける詐欺商法がドイツでは横行しています。
 詐欺商法の手口は、万国共通で笑えます。全文を訳していませんが、この事件では「あなたのお知り合いも買っていますよ」とか「素晴らしい治療効果がある」と煽り立てて、にせ猫毛皮毛布を購入させています。猫毛皮が禁止されているために、価格が高騰して騙される人も出てくるのです。しかしなぜウサギ毛皮が合法で、猫犬が禁止されるのかわかりません。

 逆に、中国で生産された猫毛皮をウサギの毛皮と偽って、ドイツなどに輸出されているケースも大変多いのです。ウサギの毛皮と猫の毛皮は、専門家でも目視では区別が難しいのです。ドイツなどでは、散発的に通関時にDNA鑑定が行われ、中国からの猫毛皮輸入が摘発されていますが、氷山の一角でしょう。
 中国での猫毛皮生産は盛んです。日本では全く規制がありません。三味線皮革用の原皮は、ほぼ100%が中国から輸入されています。なお日本に多く輸出される、リアルファーを用いた猫用おもちゃは、多くは猫毛皮製と考えて良いでしょう。


 本文とは全く関係ない「辻井伸行・読売交響楽団 ベートーベンピアノ協奏曲5番「皇帝」」。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

野良猫の毛皮が何で禁止で

ウサギが代用なのか、不思議ですね?
まぁ、ウサギも野良なら繁殖しやすいから安く出来るのか、
でも野良猫の方が逞しく増殖するから、野良猫始末を考えたら
猫の毛皮は解禁した方が自然界への脅威も減って
良いと思うんですが、ドイツの愛誤の圧力でそうなったのでしょうかね?

やはり猫用玩具に需要が有りましたか?リアルなので親近感が
有るのかも?当然、肉は現地の人の胃袋の中、否、最近中国の
所得水準が上がっているから、やっぱりペットフードの足しかな?

Re: 野良猫の毛皮が何で禁止で

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> ウサギが代用なのか、不思議ですね?

なぜ犬猫の毛皮だけ規制対象なのか不思議です。
しかしそれは商業取引だけで、野良猫野猫の狩猟は合法ですので、野良猫野猫を狩猟して猫毛皮を自家生産自家消費するのはドイツでは合法です。


> 野良猫の方が逞しく増殖するから、野良猫始末を考えたら
> 猫の毛皮は解禁した方が自然界への脅威も減って
> 良いと思うんですが、

犬猫の毛皮の商業取引が禁じられているのはEU加盟国全てとアメリカでもです。
ドイツでは、野良猫(とみなされるものを含む)の狩猟は合法です。
それを有効利用できないのはおかしなことです。


> やはり猫用玩具に需要が有りましたか?

中国の猫毛皮通販サイトを見れば、そのような用途での猫毛皮が出品されています。


> 肉は現地の人の胃袋の中、否、最近中国の所得水準が上がっているから、やっぱりペットフードの足しかな?

中国も、レンダリングによる肉骨粉などを輸出しています。
でも中国韓国では、猫料理は案外高価な料理みたいです。
薬膳みたいな感じですかね。

No title

さんかくたまご様、こんにちは^^

>リウマチや関節炎のための奇跡の治療法

ホント、どこの国でも詐欺の手口は同じなんですね。

>なお日本に多く輸出される、リアルファーを用いた猫用おもちゃは、多くは猫毛皮製と考えて良いでしょう。

ひゃー…orz
外で生きている小動物の命を奪わせるよりは、はるかにマシですが…
中国の野良猫事情も、すごいことになっていそうですね^^;

>中国も、レンダリングによる肉骨粉などを輸出しています。

中国のレンダリング原料の内容物も、かなり恐ろしそうですね…

リンクの辻井さんの演奏、拝聴しました^^ 辻井さんは、本当に音が綺麗で素敵です。

Re: No title

miumyu3310様、コメントありがとうございます。

> >リウマチや関節炎のための奇跡の治療法
> ホント、どこの国でも詐欺の手口は同じなんですね。

かなり辛い症状ですから、患者さんは藁にすがる思いでしょう。
人の弱みに付け入るのは、万国共通の悪徳商法です。


> 中国の野良猫事情も、すごいことになっていそうですね^^;

ドイツの動物愛護団体が、中国の毛皮産業の実態と、ドイツでの毛皮需要をレポートした動画があります。
そのうちこちらで紹介します。


> 中国のレンダリング原料の内容物も、かなり恐ろしそうですね…

中国のレンダリング原料は日本は輸入していたかどうか。
一部の国では日本は輸入禁止です。
香港は、禁輸のイギリス産のものが迂回して入ってくるということで、日本は輸入していなかったと記憶していますが???


> リンクの辻井さんの演奏、拝聴しました^^ 辻井さんは、本当に音が綺麗で素敵です。

陰ながら、辻井さんを応援しています。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR