fc2ブログ

「核家族化が進んだ国では野良猫は消滅する」という東大教授の「風が吹けば桶屋が儲かる」漫才理論







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(summary)
The University of Tokyo professor's delusional theory that "stray cats will disappear if the nuclear family progresses."(lol)


 記事、「イギリスとドイツでは帝国主義の進展により動物愛護の機運が高まり野良猫が消滅した」という東大教授の発狂ぶり(笑) の続きです。
 小野塚知二東京大学教授の「世界は野良猫がいるいないで二分できる。いない国はイギリス、ドイツ、スイス、オーストリア等で、いる国はスペイン、ポルトガル、イタリア、日本などのアジア諸国」という研究があります。これが妄論であることを、私はそれぞれの国の信頼性が高い野良猫生息数の資料を基に証明しました。さらに野良猫(イエネコ)と、在来野生動物であるヨーロッパヤマネコとの交雑や、ネコ科動物しか終宿主にならないヒツジのトキソプラズマ感染が教授による「野良猫がいない国」でも進んでいることを挙げて、これらの国にも多くの野良猫が生息していることを証明しました。教授はその他でもとんでもない妄言を繰り返しています。「核家族化が進んだ国では野良猫が消滅する」もそうです。



 サマリーで述べた通り、小野塚知二東京大学狂授が科研から補助金を得て進めている研究があります。それは「世界は野良猫のいる社会と野良猫のいない社会とに二分できる。イギリス、ドイツ、スイス、オーストリアは野良猫が消滅したためにいない。いるのはスペイン、ポルトガル、イタリア、日本などのアジア諸国である」です。
 この小野塚知二狂授の主張が誤りで妄論であることは、サマリーで示した通りです。野良猫は人が生活し、産業があるところでは普遍的にいます。余程離島の狭い範囲で積極的に駆除した場所では例外的に「野良猫ゼロ」と達成したところはオーストラリア等の離島にはあります。人口数千万人レベルで気候も温帯に属するような国で「野良猫が消滅した。いない」などありえません。

 小野塚知二狂授の「イギリス、ドイツ、スイス、オーストリア、北フランスには野良猫はいない。対してスペイン、ポルトガル、イタリア、日本などのアジア諸国には野良猫はいる。世界は野良猫がいるいないではっきりと二分できる」主張ですが、野良猫がいるいるいないが二分された要因として次を挙げています。


1、帝国主義が進展した国々おいてそれとともに19世紀末から20世紀初頭にかけて動物愛護という思想が生まれ、「飼主がいない動物は不幸」とされた。そのために野良猫の飼猫化が進み、野良猫が消滅~いなくなった。

2、野良猫がいないイギリス、ドイツ、北フランスは野良猫がいる国と異なり、核家族化が進んでいた。

3、核家族化が進んだ国では2度の世界大戦で子供の数が減り、介護を担う者が不足することからこれらの国(イギリス、ドイツ)では、老人介護は施設介護が主になった。施設介護が主になれば独居高齢者は殆ど発生しなくなる。独居高齢者が野良猫に給餌することは野良猫の増加につながるので、独居高齢者が発生しない介護施設型のイギリス、ドイツでは野良猫が消滅した。


 小野塚知二狂授の上記の科研から補助金を受けている研究の概要はこちら。

野良猫の有無と消滅過程に注目した人間・社会の総合的研究方法の開拓 バカ、キチガイ、税金泥棒リスト(笑)

小野塚知二 東京大学, エグゼクティブ・マネジメント・プログラム室, 名誉教授 (40194609)
研究分担者 藤原 辰史 京都大学, 人文科学研究所, 准教授 (00362400)
新原 道信 中央大学, 文学部, 教授 (10228132)
山井 敏章 立命館大学, 経済学部, 教授 (10230301)
北村 陽子 名古屋大学, 人文学研究科, 准教授 (10533151)
高橋 一彦 神戸市外国語大学, 外国語学部, 准教授 (20197130)
芳賀 猛 東京大学, 大学院農学生命科学研究科(農学部), 教授 (20315360)
宮崎 理枝 大月短期大学, 経済科, 教授(移行) (20435283)
渡邉 健太 山口大学, 共同獣医学部, 准教授 (20582208)
鈴木 鉄忠 東洋大学, 国際学部, 准教授 (20726046)
梅垣 千尋 青山学院大学, コミュニティ人間科学部, 教授 (40413059)
長谷川 貴彦 北海道大学, 文学研究院, 教授 (70291226)
石井 香江 同志社大学, グローバル地域文化学部, 准教授 (70457901)
西村 亮平 東京大学, 大学院農学生命科学研究科(農学部), 教授 (80172708)
井上 直子 城西大学, 経済学部, 准教授 (80727602)
永原 陽子 東京外国語大学, アジア・アフリカ言語文化研究所, 研究員 (90172551)

研究の概要
世界は野良猫のいる社会と野良猫のいない社会とに二分できる(笑)ことに着想を得て、野良猫の有無とその消滅過程(笑)から、従来はそれぞれ個別に認識されてきた人間・社会の諸特質を総合的に理解する。



 小野塚知二東京大学狂授の「世界は野良猫のいる社会と野良猫のいない社会とに二分できる」との主張ですが、具体的な「野良猫がいない国」と「野良猫がいる国」はこちらです。
 「野良猫がいる国」はイギリス、ドイツ、スイス、オーストリア、北フランスとしています。「野良猫がいる国」はイタリア、スペイン、ポルトガル、日本などのアジア諸国です。


(画像)

 『野良猫のいる社会といない社会 その⽐較と移⾏過程:⼩野塚知⼆先⽣』  2019年1月21日 から。

イギリス、北フランス、ドイツ、オーストリア、スイスには野良猫がいない。
⼀⽅で現在も野良猫がいるのは⽇本や韓国などアジア諸国、イタリアやスペイン、ポルトガルなどの南欧、アメリカの⾮⼤都市などになります。
イギリスや北フランス、ドイツなどでは野良猫の消滅過程が必ずあるはずです。


小野塚 キチガイ


 東京大学教授が唱えたとは思えない、まさかの「風が吹けば桶屋が儲かる」論です(笑)。しかも「1」「2」「3」は、いずれも正しくありません。「1」の誤りについては、前回記事で述べた通りです。
 今回は「2、野良猫がいないイギリス、ドイツ、北フランスは野良猫がいる国と異なり、核家族化が進んでいた」が妄論であることをのべます。
 小野塚知二狂授は、「イギリス、ドイツは核家族化が進んでいた。核家族化が進んだ国では高齢者は介護の担い手がいないので老人ホームに入所する。そのために核家族化が進んだ国では独居高齢者が発生しない。野良猫が増える原因は独居高齢者が餌やりをすることなので、核家族がが進んだ国では施設介護となり、野良猫が消滅する」と述べています。以下に引用します。


(画像)

 『野良猫のいる社会といない社会 その⽐較と移⾏過程:⼩野塚知⼆先⽣』 から

(野良猫が消滅して野良猫がいない国の)イギリス、ドイツに共通しているのは核家族であったということです。
(核家族が進んだ)イギリス、ドイツでは⽼⼈ホームに⼊ることが基本的な⽼後の暮らし⽅になっていくのです。
これが 3 つ⽬の介護形態との関係になります。
このような社会に独居⾼齢者はほとんど発⽣しません。
近所の野良猫に過剰に餌やりをするような⾼齢者の存在そのものがないわけです。
したがって、過剰な餌やりの結果猫が増えてしまうという状況が、これらの国では20 世紀中葉以降には発⽣しなくなっています


小野塚 核家族 介護


(画像)

 人の資本主義 から

人の資本主義9


 しかしこれらの小野塚知二狂授の発言はの真逆の大嘘です。まず「2、野良猫がいないイギリス、ドイツは野良猫がいる国と異なり、核家族化が進んでいた」ですが、小野塚知二狂授が「野良猫がいる国」としているイタリア、日本と比べて核家族化が進んでいるとは言えません。
 調査年は前後するものの、世帯当たりの平均人数では、「野良猫がいない国」のイギリスは2.7人で、「野良猫がいない国」のイタリアの2.5人、日本の2.4人より多い(「実際にはイタリアは人口当たりで野良猫数がイギリスよりも少なく、日本(東京)とスペインは人口当たりでイギリスとドイツよりも野良猫数が少ない。狂授の主張は二重で誤りがあります)のです。したがって「(野良猫がいない)イギリスは核家族化が進んでいた」との小野塚知二教授の主張は完全に誤りです。

 また「核家族化が進めば高齢者の介護は施設介護となり、高齢者が施設に入資するために野良猫の餌やりができずに野良猫が消滅~なくなる」も大嘘です。
 スペインは世帯当たり平均人数が2.9人で、比較的核家族化が進んでいない国です。小野塚知二狂授が「核家族が進んだ国」のイギリスの世帯当たり平均人数の2.7人より多いです。しかし人口当たりの野良猫数はイギリスより少ないのです(狂授は「スペインはイギリスと異なり野良猫はいる」と主張していますが誤りです。狂授は二重で誤りを犯しています)。つまりその国の核家族化と野良猫数は相関性がありません。

小野塚知二狂授が核家族化により野良猫が消滅した、いないとしている国の世帯当たり平均人数


ドイツ                  2.3人
イギリス                 2.7人


小野塚知二狂授が核家族化しなかったために野良猫がいるとしている国の、世帯当たり平均人数


イタリア                 2.5人(実際はイギリスよりも人口当たりの野良猫数が少ない)
日本                   2.4人(東京に限ればイギリス、ドイツよりも人口当たりの野良猫数が少ない)
スペイン                 2.9人(実際はイギリスよりも人口当たりの野良猫数が少ない)



 小野塚知二狂授の「核家族が進んだ国では野良猫はいなくなる」ですが、「野良猫がいない国のイギリスは核家族化が進んでいた(実際はイギリスは核家族化は進んでいない)」は誤りです。むしろ「(狂授が主張する)野良猫がいて核家族化が進んでいなかった国」のイタリア、日本の方がイギリスより核家族化が進んでいるのです。
 また連載記事で述べてきた通り小野塚知二狂授の「野良猫がいる社会といない社会ははっきりと二分できる。いない国はイギリス、ドイツ等。いる国はイタリア、スペイン、日本等」という前提そのものが誤りです。これらの国には全てで普遍的に野良猫がいて、生息数には差はあるものの、いずれもかなりの数がいます。小野塚知二狂授の「野良猫がいるいないで社会ははっきりと二分できる。いない国はイギリスとドイツ等」も、「イギリスでは核家族が進んだために野良猫は消滅した」も、いずれも真実とは真逆です。つまり言っていることが全てにおいて根拠がない、荒唐無稽な狂人の妄想に等しいのです。

 次回時期では、小野塚知二狂授の「核家族化が進めばその国の高齢者の介護形態は施設(入所)介護型になり、施設に高齢が入所し野良猫に餌やりができなくなるために野良猫が消滅する」が誤りであることを述べます。結論から言えば、核家族化と高齢者介護の施設介護比率は相関性がありません
 小野塚知二狂授が「高齢者の介護で施設介護型の国のイギリスとドイツでは高齢者が野良猫に給餌ができなくなったために野良猫が消滅した」は妄論です。狂授が「介護施設型で野良猫がいない」としているイギリス、ドイツ(実際は両国は施設介護比率が著しく低い)より、「在宅介護型で野良猫がいる日本(実際は日本はイギリス、ドイツより施設介護比率が著しく高い)」の方が、介護サービスを受ける高齢者の施設介護利用率は、イギリス、ドイツより著しく高いのです。さらにイギリス、ドイツは先進国の中ではフランス等と比べても施設介護の比率が低く、施設介護が遅れた国なのです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR