fc2ブログ

愛誤デマを垂流すマスコミとそれを拡散する無知無学芸能人がのさばる恥ずかしい日本






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

domestic/inländisch

 記事、
「カナダとアメリカの複数の州ではペットの生体販売が禁止。フランスは2024年から禁止」という坂上忍氏の狂った発言
「カナダでは生体販売が禁止されている」という、坂上忍氏の狂気の発言。カナダの生体販売ペットショップ数は人口比で日本の2.1倍
アメリカには日本の7倍の生体販売ペットショップがあり半数の州では犬ブリーダーの法的規制がない~アメリカでは生体販売が禁止されている州があるという坂上忍氏の狂気発言
「2024年からフランスでは生体販売禁止になる」という坂上忍氏の狂った妄想発言
フランスの犬猫取得に占めるネット販売のシェアは80%。ペットショップの犬猫販売制限は無意味?
フランスの動物収容所が引取る犬猫の数は年間75万~100万頭(日本の32倍)。捨てられる犬猫は20万頭
フランスの年間犬猫殺処分数は50万頭で人口比で日本の65倍。殺処分率も異常に高い。フランスをベタ褒めする坂上忍氏は殺処分がよほど好きらしい
公務員が野良犬野良猫を毒殺、銃殺するフランス~そのようなフランスにあこがれる坂上忍氏は犬猫殺害願望があるらしい
「ペットを買う前に講習を受けなければならない国」はヨーロッパ、北米にはない(全犬ではドイツとスイスの一部の州にある)
のまとめです。
 ABEMAニュースの動画で坂上忍氏は「先進国で一番恥ずかしい国(当然動物愛護に関して)」と発言しています。この動画の坂上忍氏の海外に関する事柄はほぼすべてが荒唐無稽な、真逆の大嘘です。それらは連載記事で指摘しました。日本が恥ずかしいというのならば坂上忍氏らのような鞭無学の愛誤が、べらべらとデマを発言し,それの訂正すらしないマスコミの姿勢と思います。まさにご自身が日本の恥さらしと言うことがお笑いです。



 まずサマリーで述べた、坂上忍氏の「(日本は)ゆるゆるというか、先進国で一番恥ずかしい国だと思います(当然動物愛護に関してでしょう)」という、発言が収録された動画はこちらです。


(動画)

 【動物愛護】「先進国で一番恥ずかしい国」動物保護"後進国"?日本の現状 坂上忍×橋下徹|NewsBAR橋下 2023年2月19日




  上記の動画で、坂上忍氏は7:24~で次にように述べています。


(日本は)ゆるゆるというか、先進国で一番恥ずかしい国だと思います。
本当はヨーロッパは意識が高いですけれども、そもそも近年で言ったら、フランスはもう2024年からペット生体販売禁止になるし、買うこと自体出来ないです。
あとアメリカも州によっては禁止にしているし、カナダもそうだし。
国によって違いはあるのですけれどブリーダーをライセンス制にして買う側も講習を受けなければだめにするとか、いろんなやり方を模索しながらやっているんですけれど、世の流れとしてはいつまでも生き物で売買をしているんだよってのが世の流れなので。
それを考えるとに日本は、ただ根っこはね、もうかるからそれはズブズブになっている政治家もいるし。
マクロンがやっぱ大統領がもう生体販売やめるからって言うのって、やっぱカルチャーショックなのね。
カナダはまあ世論なんだけど、バンクーバーの主張がまずもうやめようって言ってから、カナダ全体に広がっていくとか。



 上記の坂上忍氏の発言は、全てで荒唐無稽な大嘘、デマであることを連載記事で述べました。日本では愛誤活動を熱心にしている芸能人が多くいます。例えば今回連載で取り上げた坂上忍氏、杉本彩氏、浅田美代子氏などです。彼らの発言は私が知る限りほぼすべてが海外の動物愛護に関する事柄の発言では、荒唐無稽な、真逆の大嘘、デマです。
 しかししょせん無知無学な彼より深刻なのが、NHKをはじめとする巨大マスコミによるあからさまな愛誤デマ情報の拡散です。なぜこれほどまでにマスコミは特に海外の動物愛護に関する嘘情報の報道に固執するか、私は理由がわかりません。私が何度も動かしがたい反証(その国の政府文書、法令、公的な統計など)を示しても訂正せず、デマ報道を繰り返すからです。マスコミの中枢部が愛誤思想に侵されて、世論を誤った方向に導く意図があるのではないかと疑います。私が今まで指摘した、その具体例を挙げます。


(画像)

 2012年11月1日放映の、NHKの「地球イチバン 地球でイチバン ペットが幸せな街~ドイツ・ベルリン~」のHPから。この画像ではドイツ、ベルリンに関して、次のように述べられています。
1、ベルリン州は殺処分ゼロである。
2、ベルリンでは街中でも、大型犬がリードや首輪なしでもよい。
3、ベルリンでは生体販売をするペットショップがない。

 しかし以上は全て真逆の大嘘です。
1、ベルリン州(ドイツの他の州も含め16州全州でも)、犬猫等の公的殺処分が法律に定めてあり、相当数ある。日本ではない猫の行政による捕獲殺処分や、咬傷犬、行動等から危険と判断された犬、禁止犬種の無許可飼育の犬、不適正飼育者のペットを行政から飼主から取り上げて強制的に殺処分する権限があります記事検索 : ベルリン州 犬法 殺処分)。
2、当時からベルリン(も含めたドイツ16州全てで)犬のリード義務があり、現在は処罰が厳しくなり、ベルリン州全域で許可を受けた使役犬もしくは公営のドッグラン以外では犬のリードが義務付けられます。違反者は最高1万ユーロ(140万円)の罰金が科されます(記事検索 : ベルリン州 犬法 リード義務)。また首輪等も義務で、犬税納税済み票を公けに場では常につけておかなければならず、違反者には罰金が科されます。
3、ドイツ全土には4,370店の生体販売ペットショップがあり、その数は人口比で日本の1.3倍である。ベルリン州にも世界第3位の大手生体販売ペットショップチェーンの店があります記事検索 : ドイツ ペットショップ 4,370

o0715052612264867732.jpg


(画像)

 2014年11月24日放送「NHKニュース深読み あいつぐ犬の遺棄 なぜ"命"は捨てられる?」から。

 このNHKの番組の要旨は次の通り。
1、スイスでは生き物の売買を禁じている。
2、そのために犬などのペットを入手するには、スイスではティアハイムという保護施設から譲渡を受けなければならない。
3、スイスでは早くからインターネットでのペット販売を禁じていた。最近まで合法だった日本は遅れている。
4、スイスでは犬の保護のために犬飼育者に講習を義務付けている。

 しかし上記は、狂った真逆の大嘘です。
1、地球上で、生き物の売買を禁じている国は皆無と断言します。その点ではスイス大使館に確認し、NHKの報道内容がデマであるとの回答を得ました。
2、スイスのティアハイムの犬の譲渡数は年間1,400頭余り。スイスの新規犬の入手に占める割合は2%台でほぼゼロ
3、営利事業者のペットのネット販売を完全に禁止している国は日本以外ではおそらくこの番組放送時には皆無。現在もスイスはネットでの犬の生体販売が合法で、犬の入手に占める割合は、50%超が東欧などの劣悪大量生産された格安子犬をネットで買うことです。
4、スイスでは2008年から犬の入手には講習を義務付けていました。しかしこれは犬の保護のためではなく、スイスではあまりにも犬による人身死亡重傷事故が多かった(人口比で日本の10倍以上)ため、その防止策です。犬の咬傷事故の減少に効果がなかったために2016年に廃止されました。

tutti.ch  

 スイスの大手通販サイトの「犬販売」カテゴリーのページ。スイスでは東欧などで劣悪大量生産された犬をネットで買うのが現在、犬入手の半数以上を占めます。その傾向はさらに強まっているとされています。ティアハイムからの犬取得は2%台でほぼゼロ。
 「最近までペットのペット販売があった日本は動物愛護後進国。スイスでは早くから禁止されている。スイスでは生き物の販売が禁止されているので犬の入手はティアハイムでしかできない」という本番組(2014)の制作者は、精神病院に入院しましたか。狂い死にしたのではないかと本当に心配しています。

まとめ NHK「週間ニュース深読み あいつぐ犬の遺棄 なぜ命は捨てられる?」は狂気の嘘プロパガンダ番組

NHK 週間ニュース深読み

NHK 週間ニュース深読み


 上記の様にNHKはまさに狂った大嘘、デマ番組を上記の番組以外でも、次々と製作して放映していました。私はNHKに対してはその都度デマ、嘘に対しては反証となる確たる出典(その国の政府文書、法令、公的統計、マスコミの報道、学術文書等)を示しておそらく数百回はメールを送って抗議してきました。然し上記の番組の嘘、誤った内容のHPを長く公開し続け、訂正することなく、さらに他の多くのデマ番組や、デマ番組の再放送を繰り返しました。NHKの番組制作担当者は、何らかの精神疾患があるか、動物愛誤カルトに侵されて、嘘デマで世論を誤った方向に誘導する意図があると思われます。
 最近も全くその姿勢は改善されず、フランスの動物に関する法改正でもデマ報道を繰り返しています。私が誤りを指摘した後もさらにのデマ報道を繰り返しています。NHKはまさに狂ったデマ組織です。

 「フランスではペットショップでは全ての動物の展示が禁止される」というコタツ記事より酷いNHKのデマ報道 で述べた通り、NHKは2023年2月20日のTVニュースで「フランスではペットショップでの生体展示販売はすべての動物でできなくなる」と報じました。しかしそれは全くのデマです。
 フランスでは2024年から営利業者から仕入れた犬猫に限り、ペットショップでは店舗での販売はできなくなりますが(保護犬猫は展示販売できる)、その他のペットは店舗内での展示販売は許可されます。禁じられるのは、「公道に面したショーウインドウでのペットの生体の展示を禁じる」ことのみです。店舗内での、ショーケージによる犬猫以外のペットの展示販売葉引き続き許可されます。論より証拠で、フランスの改正法の該当する条文原文を以下に提示します。

LOI n° 2021-1539 du 30 novembre 2021 visant à lutter contre la maltraitance animale et conforter le lien entre les animaux et les hommes 「反動物虐待および動物と人間のきずなを強化することを目的とした法律 2021年11月30日改正法 法律番号2021-1539」 日本で「動物の権利法(私は本法を「フランス反動物虐待法」と記述する)」と訳されているフランスの法律の改正条文の解説。フランス政府文書。

(フランス語原文)
Article 16
« III.-La présentation en animaleries d'animaux visibles d'une voie ouverte à la circulation publique est interdite. »

(英語)
Section 16
“III.- The presentation in pet shops of animals visible from a road open to public traffic is prohibited. »

(日本語)
16条
III.-公道に見える状態で、動物のペットショップで展示することは禁止されています(註 つまり公道に面して見える状態での展示ではない、店内の動物の生体展示販売は許可される)。



(画像)

 「フランスではペットショップでの全ての動物の展示を禁止した。ペットショップでの生体展示販売はすべての動物でできなくなる」という、驚くべきNHKの大デマ報道は、2月20日の「地球まるわかり」です。その画像です。

バカNHK 地球まるわかり


 この点については、私は出典を示してNHKに抗議しました。しかし回答はありませんでした。このような格言があります。「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」。しかし私はこのように思います。「賢者は歴史に学ぶ。普通の人は経験に学ぶ。愚者は何も学ばない」。NHKはまさに愚者そのものです。さらに無知無学な芸能人動物愛誤活動家らや、二流以下の弱小メディアが、NHKなどの大メディアの荒唐無稽な真実とは真逆の狂った、デマ嘘報道を追随して拡散するというのが、日本の動物愛護に関する情報拡散の図式です。そのために真実とは全く真逆の大嘘デマ情報が、特に海外の動物愛護に関しては拡散流布されています。
 ある面、無知無学の芸能人動物愛誤活動家らや弱小メディアが、巨大メディアの嘘デマ情報の拡散を担い、事情を知る者からバカにされ軽蔑され、笑いものにされるのはある面道化として利用されただけで被害者かもしれません。芸能人の無知無学の動物愛誤活動家や、資金力や人材の面で大手メディアに劣る弱小メディアであっても、ファクトチェックには努力すべきでしょう。滑稽な道化に成り下がり、さらには社会に有害なデマ情報の拡散を担う、共犯者になりかねませんから。デマ嘘情報の拡散は、社会に有害です。


(画像)

 坂上忍オフィシャルブログ から。ぶっ倒れそうな、聞いた者が悶絶死しかねないデマを機関銃のように連射している坂上忍氏のお言葉です。厚顔無恥、心臓に毛が生えている、面の皮が厚いとかこれらの比喩がぶっ飛んでしまうものすごさ。坂上氏の一連のデマ発言も、NHKなどの最大手マスコミの情報も影響しているとは思いますが、過去のこれらのマスコミの報道を鑑みれば無定見に信じるほうも知能が足りないのでは?

坂上忍
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ABEMAに抗議しました

https://goo.gl/forms/4t51EvsTyxRLB4rl1
ABEMA メール送信フォーム

【動物愛護】「先進国で一番恥ずかしい国」動物保護"後進国"?日本の現状 坂上忍×橋下徹|NewsBAR橋下 


上記番組の内容を一部引用したので報告する。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-2032.html

本番組関係者に同情するとすれば、NHKなどの巨大マスコミのデマ報道を鵜呑みにしてファクトチェックをしなかったことにある。
「フランスではペットショップを禁止することとなった」という情報は日本で流布されているが、元はNHKのデマ報道にあると思われる。
2月20日の「フランスでは全ての動物をペットショップでのショーケースでの展示禁止」のNHKのデマ報道である。
これはペットショップでの生体の販売をすべて禁止すると、理解されても仕方がない。
真実は「公道に面したショーウインドウでは全ての動物の展示をしてはならない」である。
https://www.legifrance.gouv.fr/jorf/id/JORFTEXT000044387560
16条 改正法条文原文 フランス政府文書

しかしNHKや朝日系メディア(特にワンだランドという番組は酷かった。スイス特集ではほぼすべてがデマだった。特に廃止された犬飼育免許を現在もあるとして絶賛していたのはお笑い)は特にひどいが、そのデマを鵜呑みにする方も知能が正常に満たないだろう。
過去のデマ報道を見ても、正常な知能があればあり得ないとすぐ気が付く内容である。
いずれにしても元凶は何であれ、デマの拡散は社会に有害である。
巨大マスコミがまずデマの元凶となり、無知無学の芸能人愛誤活動家や弱小メディアがさらに捏造捜索を加えてデマの拡散に励んでいる。
これが日本の恥ずべき点であり、坂上忍氏らなどが典型である。
彼らには自らの恥を自覚していただきたい。

国営放送が大嘘の情報発信しても罪にすらならない恥ずかしい国日本

ほんと日本のマスコミはマスゴミの面目躍如としか言いようのない低能しかいないからこういう無知蒙昧な放送が国営放送でなされてしまう。

放送倫理とかいう前に最低限の事実確認くらいしてから番組をつくってもらいたいし、情報弱者ほどNHKなんかを鵜呑みにするので正直あの放送局は既に害悪となっていると思いますね。

意味がわからないのは、こんないい加減な放送しかしてないNHKの集金をより強化する様な法が出来ている事ですし、国民から集金を強化するなら最低限正しい情報をとしか思えません。

根拠のない愛誤のプロパガンダ放送をする様な糞放送局に大義名分を与える国も頭おかしいと思います。

Re: 国営放送が大嘘の情報発信しても罪にすらならない恥ずかしい国日本

猫ボラタヒね 様、コメントありがとうございます。

> ほんと日本のマスコミはマスゴミの面目躍如としか言いようのない低能しかいないからこういう無知蒙昧な放送が国営放送でなされてしまう。
> 放送倫理とかいう前に最低限の事実確認くらいしてから番組をつくってもらいたいし、情報弱者ほどNHKなんかを鵜呑みにするので正直あの放送局は既に害悪となっていると思いますね。

デマ報道がこれほどまでひどいと、デマ報道に対する何らかのペナルティが必要なのではないかと思います。
デマ報道の故意の立証は不可能としても、あからさまに客観的なデマ報道はマスコミに罰金を科すとか、訂正を行う義務を課す、営業停止などが必要とさえ思えます。
もう「スイスでは生き物の売買を禁じている」などはキチガイでしょう。


> 意味がわからないのは、こんないい加減な放送しかしてないNHKの集金をより強化する様な法が出来ている事ですし、国民から集金を強化するなら最低限正しい情報をとしか思えません。

民法であればその番組のスポンサー企業をボイコットするなどの手段がまだあります。
NHKはそれすらできないのでさらに悪質。


> 根拠のない愛誤のプロパガンダ放送をする様な糞放送局に大義名分を与える国も頭おかしいと思います。

分割して民間に事業を売却すればよい。
日本の財政改善にモスク氏は寄与する。
インターネットがなかった時代の様に、放送媒体をジャックして国民に提供する情報を操作することはできません。
ネットでの、情報入手に制限をかけなければよいだけです。
NHKが率先して、世論を嘘プロパガンダで誤誘導しています。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR