迷惑餌やりの現場から~兵庫県西宮市 豊楽公園





 社会の迷惑を顧みない餌やりさんは、どの動物に対しても共通しているようです。兵庫県の阪神間である芦屋市、西宮市、宝塚市と、神戸市の六甲山に面した地域では、イノシシに餌をやる人がいて困っています。また野良猫への餌やりでは、猫の餌を横取りするためにイノシシが集まってきます。


 西宮市の山手の住宅地に、豊楽公園があります。この近辺では、イノシシに餌をやる人が存在し、それが原因でイノシシが住宅地に出没し、大変困っています。また野良猫に餌をやる人もいて、同時にイノシシへ餌をやることも多いです。そのために意図的にイノシシに給餌しなくても、野良猫への置き餌を横取りするためにイノシシが集まってきます。
 豊楽公園は、野良猫の餌やりとイノシシの出没に悩まされています。「周辺の住宅の庭に猫が糞尿する」「子供が公園で遊ぶのが危険」「子供が砂場で遊ぶのは感染症が怖い」と言った苦情が近隣から市に寄せられています。関西以外の方はご存知ないでしょうが、豊楽公園があるあたりは、けして農村地帯ではありません。大阪神戸の中心地まで鉄道で20分台の距離の、関西では最もセレブな住宅地の一角です。豊楽公園 グーグルマップ


 以下は、豊楽公園内に掲示されたポスターです。犬糞放置は、市条例で5万円の罰金が科されますが、猫糞放置は「野良猫に餌をやっているだけ。私は飼い主ではないから責任はない」と言い逃れされます。野良猫への餌やりは飼育行為と見倣し、野良猫に餌をやっている人には、猫糞放置として罰金を科して欲しいと私は思います。

PAP_0163 (2) - コピー


PAP_0165 (2)


 公園内で、野良猫も複数目撃して、写真撮影を試みました。しかし薄暗くなっていたのと、猫が動き回り、ピンボケになってしまいましたので、猫の画像はアップしていません。
 次は、公園内での、イノシシに注意を促すポスターです。

PAP_0162 (2)

PAP_0167 (2)


 豊楽公園近くの、自治体掲示板ポスターです。2013年4月1日から、西宮市は「イノシシ餌やり禁止条例」を施行しました。いのししに対する餌やりを禁止します

PAP_0168 (2)


 市街化が進んだ地域で、イノシシやアライグマが出没するなて困ったことです。同じ兵庫県下でも、農林業が主な産業である篠山市や豊岡市などの農村地帯では、人が住んでいる地域まで野生動物が堂々と出没することは少ないのです。なぜならば、イノシシなどは農家にとっては生業を脅かす害獣で、すぐに駆除されるからです。そのため野生動物も、人を恐れて近づかないのです。人と動物の住み分けが出来ているのです。
 対して都市部の住民は、自分の収入仕事が、動物に脅かされるということはありません。人と動物との、厳しい対峙がわかりまません。ですから無責任無神経に、ただ「可愛い、可愛そう、動物がなついて面白いから」と言った理由で餌やりします。餌やりさんたちは、人の迷惑を省みることができず、想像力が欠如して、幼児並みに精神年齢が低いのです。 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

久しぶりに痛快な内容ですね
やはり写真があるとリアルで分かりやすいですです

クソ猫にクソ婆が餌を与えてる写真が撮れたらスクープですね

Re: No title

仕事人募集様、コメントありがとうございます。

> やはり写真があるとリアルで分かりやすいですです

猫の写真も撮ったけれど、夕方で薄暗かったし、逃げたのでピンボケになりました。


> クソ猫にクソ婆が餌を与えてる写真が撮れたらスクープですね

多分このように、周辺住民の監視の目が行き届いている場所は、夜中か早朝が餌やり時間だと思います。
BBA?かどうか知りませんが、ひ弱な女性が真っ暗な時間帯で人気のない公園で野良猫に餌やり出来る日本は、治安がよいです。

いずれ近隣住民が・・・

こうした餌やり公園近隣の住民はもう我慢できない状況になっているのでしょうね。

私の友人も、このような公園の近隣に住んでおり、何度お願いしても止めてもらえない餌やりに、堪忍袋の緒が切れて、私に捕獲器の使用方法のレクチャーをお願いしてきました。

捕獲器導入後、連日のように野良猫が保護され、公園の餌やりも猫がいなくなって自然消滅したとか(ヨカッタネ)。

近隣住民の許可を得ない限度を超した餌やりは、結果として公園からの野良猫排除に結びつきます。

Re: いずれ近隣住民が・・・

三ニ一閣下様、コメントありがとうございます。

> こうした餌やり公園近隣の住民はもう我慢できない状況になっているのでしょうね。

この公園での餌やり被害を聞くようになったのは、割と最近のことです。
私が公園などの実名を挙げるのは、猫被害者が検索して私のサイトにヒットすることを期待しているからです。
以前、酷かった宝塚市の勝手地域猫の一つは餌やりと猫が激減しました。
公園周辺の住民の方が、私のサイトのリンクなどを参考にして対策を講じたのかもしれません。
今後も餌やりがひどい公園などは、取材して記事にします。
私は、陰ながら、餌やり被害者の方を応援したいです。


> 捕獲器導入後、連日のように野良猫が保護され、公園の餌やりも猫がいなくなって自然消滅したとか(ヨカッタネ)。
> 近隣住民の許可を得ない限度を超した餌やりは、結果として公園からの野良猫排除に結びつきます。

図太い餌やりさんも、猫が次々と行方不明になれば、嫌気がさして餌やりをやめるでしょう。
メデタシメデタシ。

場所実名で嘘を暴く

お世話になっております。

場所実名作戦で嘘を暴く事は、良い戦法ですね。

私も駿府公園のインチキ地域猫を記事にしましたが、名古屋の大高緑地で暗躍する野良猫応援団を指摘したら、YouTubeで該当動画がヒットしなくなりました。

嘘がバレると証拠隠滅するアイゴの姑息な手段です。

動画もダウロードしてニコ動にアップし直さないといけないのかもしれません。

こういうポスターは

そこの市民としては恥ずかしいでしょうね?

態々、こんなことまで書かなきゃ止めさせられない・・・
如何に愛誤と言われる連中のオツムがヤバイのか・・・。

野生なんだから野良イノシシは居ませんので
餌付けしたきゃ、保護して自宅敷地内で家畜として飼うなり
して欲しいですね。
「苦情が来たら〆て猪鍋」

Re: 場所実名で嘘を暴く

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 場所実名作戦で嘘を暴く事は、良い戦法ですね。

しばしば私が実名で取り上げた、宝塚市の弁天池勝手地域猫ですが。
最近は野良猫餌やりさんが激減しまして、猫ハウスもゼロになりました。
ここでは宝塚市公園緑地課の、餌やり許可を受けていないことや、公園管理者が今後も餌やりを排除する方針であることなどをしばしば伝えたのが、多少功を奏したのかもしれません。
しかし豊中服部緑地の愛誤は図太いです。
何回も豊中市には地域猫制度がないこと、公園管理者の「餌やりは許可していない、餌やりに対して苦情がありますので、今後も指導注意を行います。猫ハウスや餌容器は見つけ次第捨てます」メールを何度もすっぱぬしているのに、いまだに「ええカッコしいの地域猫」だから。


> 嘘がバレると証拠隠滅するアイゴの姑息な手段です。

魚拓をとっておかなければなりませんね。

Re: こういうポスターは

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> そこの市民としては恥ずかしいでしょうね?

はい、我が町内にも似たようなポスターがあります(涙。
我が町内は、エエかげん平均年齢は高いのですが。


> 野生なんだから野良イノシシは居ませんので
> 餌付けしたきゃ、保護して自宅敷地内で家畜として飼うなり
> して欲しいですね。

野生動物の飼育は、知事の許可がいりますから。
猟期内ならば、自分の家の庭に入ってきたイノシシをハンマーで殴り殺して、猪鍋にしても良いかも。
根拠は鳥獣保護法狩猟適正化法第11条。

you tube

you tubeには野良への給餌をupしてる動画いっぱいありますね。
私は猫が好きなので寝る前に猫動画を見るのが日課なんですが、
適正飼育された猫を見ると癒されて眠れますけど野良への餌やり
動画を見てしまうとホント気分悪いです。
コメントでもお決まりの
「ペットショップガー」
「ステルヒトガー」
連発です、本当に吐き気がする。

餌やり「餌やってた野良猫が子猫を連れてきました!」
愛誤「可愛いですねー、餌やってくれてありがとう!」
常識人「野良猫に無責任に餌をやるな!」
愛誤「ステルヒトガー!」
って、どう考えてもおかしいだろ!どう考えても全部餌やりが産ませた猫だろうが!!!
って思います。

Re: you tube

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> you tubeには野良への給餌をupしてる動画いっぱいありますね。

その人は、動物愛護先進国欧米の一部の国自治体では、野良猫に給餌することが、立派な犯罪だということを知っているのでしょうか。
盗撮をしている本人が、その様子を動画にしてアップするなんてありえませんよね。
米国で、自称猫ボラ活動をして逮捕起訴された女性に対しては、メディアは痴漢と同じくハレンチな罪として報道しています。
もう少し国際的な感覚を理解して欲しいです。


> 私は猫が好きなので寝る前に猫動画を見るのが日課なんですが、

なぜか私のサイトには、猫の適正飼育者のブロガーさんからも多数ご訪問いただいて、その猫の様子を見ればホッコリします。


> 餌やり「餌やってた野良猫が子猫を連れてきました!」
> 愛誤「可愛いですねー、餌やってくれてありがとう!」
> 常識人「野良猫に無責任に餌をやるな!」
> 愛誤「ステルヒトガー!」
> って、どう考えてもおかしいだろ!どう考えても全部餌やりが産ませた猫だろうが!!!

ぺットショップで売られている仔猫は、最近は生後2ヶ月を過ぎ多様な個体ばかりです。
野良猫は以上に繁殖力を高め、年4回も出産することもザラではないです。
ということは、妊娠期間が2ヶ月だから、生後2ヶ月の猫なんてそろそろ親離れです。
餌やりによって、繁殖力が異常に亢進した野良猫が生んだ子猫に決まっているでしょうが。
野良猫に餌やりをして、その猫が仔猫を産めば、捨て猫してるのと同じです。

you tube愛誤者のモラルのなさは異常

>なぜか私のサイトには、猫の適正飼育者のブロガーさんからも多数ご訪問いただいて

これは不思議でもなんでもないと思います。真面目に適正飼育している愛猫家からすれば
迷惑な猫愛誤者など不愉快な存在以外の何物でもないと思いますから。


you tubeに「私を待っている野良猫」というタイトルの動画があるのですがそれがまた悪質で
野良の子猫に2年半餌を与え続け家に通わせ育てた挙句引越しをきっかけに見捨てたそうなのですが
久しぶりに住んでた場所を尋ねたらまだその猫はそこにいたそうで再会を祝して(?)再び餌を与える
様子をアップしたものなんです(・・・)。
こんな悪質な動画をさも美談であるかの様に「私を待っている野良猫」なんてタイトルをつけて
公に晒すなんて、本当に神経を疑います。
本当に理解できませんね、一体それが放し飼いの果て引越しを機に捨てたのと何が違うのか・・・。
コメントのフォローも相変わらずで「アップ主は悪くない、身勝手な人間のせいで野良になった猫に餌をやって何が悪いのか」ですと。どう考えても身勝手なのはアップ主だろ!!
「自分の猫じゃない!」と言い張ればどんだけ猫をおもちゃにしようとも一切責任はないとでも思ってるのでしょうか?
そもそも「捨てる人が悪い捨てる人が悪い」と餌やりは呪文のように繰り返しますが私から言わせれば
餌やりに比べれば捨てる人はまだましですよ、捨てるってことは一時的にでも責任飼育したって事ですから。
捨てる人間を擁護する訳ではありませんが、最初から一切の責任を取るつもりもなくただただ猫
と関わる上で楽しい部分のみをつまみ食いし続ける人間と比べてしまえば可愛いもんだとすら思えます。
「一時的にでも責任を持とうとした者の方が最初から責任を持たずに楽しい部分だけを美味しいとこどりしようとした者より遥かに悪い」なんて、すごく危険な考え方だと思いますけどね。
有名な「海へ行くから飼い猫を保健所へ」の方がまだましですよ、一時的にでもきちんと野良猫を
保護して最後は捨てたりせずきちんと保健所に持ち込んで最低限の責任を果たしてるんだから。
餌だけやる屑よりよっぽどましです、少なくとも不幸の連鎖にはかかわっていませんし。
本当you tubeにおける猫愛誤者の神経は理解できませんね。

と、また凄い動画を見つけてしまいました。
{野良になった元飼い猫}
「実家で飼われていた猫です。
訳あって野良猫になりました!」
ってそれ完璧捨ててるじゃん!!通報した方が良いんでしょうか?
なんでこんな動画アップできるんだろう・・・。
本当に自分で自分の痴漢動画をアップしてるようなものですよ。

感情に任せた長文失礼しました。

Re: you tube愛誤者のモラルのなさは異常

サンジュ様

> 真面目に適正飼育している愛猫家からすれば迷惑な猫愛誤者など不愉快な存在以外の何物でもないと思いますから。

適正飼育者や純血種を敵対視したり、野良猫愛誤のやっていることは理解不能です。


> 野良の子猫に2年半餌を与え続け家に通わせ育てた挙句引越しをきっかけに見捨てたそうなのですが
> 久しぶりに住んでた場所を尋ねたらまだその猫はそこにいたそうで再会を祝して(?)再び餌を与える
> 様子をアップしたものなんです(・・・)。

それって、動物愛護管理法44条2項違反、「愛護動物の遺棄罪」じゃないですか。
44条1項「みだりに殺し傷つける」をインターネットでアップして逮捕有罪になった人がいますが、こちらも逮捕有罪とすべきですよ。


> コメントのフォローも相変わらずで「アップ主は悪くない、身勝手な人間のせいで野良になった猫に餌をやって何が悪いのか」ですと。どう考えても身勝手なのはアップ主だろ!!

え?アップ主が捨てたんでしょ?


> 「自分の猫じゃない!」と言い張ればどんだけ猫をおもちゃにしようとも一切責任はないとでも思ってるのでしょうか?

でも野良猫に餌だけやって、自分の都合で餌やりをやめたり引越しをすれば捨てるのと同じでしょう。
餌やりで異常に繁殖力を高め、仔猫を生んだら、私はその子猫を捨てたのと同罪に思えます。


> 餌やりに比べれば捨てる人はまだましですよ、捨てるってことは一時的にでも責任飼育したって事ですから。

うーん、でもすてるぐらいならば最初からかかわらないで欲しいと思うし、保健所に届ける方がまだマシだと思います。


> 有名な「海へ行くから飼い猫を保健所へ」の方がまだましですよ、一時的にでもきちんと野良猫を
> 保護して最後は捨てたりせずきちんと保健所に持ち込んで最低限の責任を果たしてるんだから。

海外じゃなくて「海」なんですか。
私は親の家に行ったり自宅を留守にすることが多いし、旅行にも行けないから最初からペットは飼いません。
たまーに、さくらインコなど欲しくなる時もありますが、やはり留守番が長いと良く人になれたものは、鳥でもストレスになるそうです。


> 本当you tubeにおける猫愛誤者の神経は理解できませんね。

tou yubeだけじゃないですよ、愛誤の神経が理解できないのは。


> {野良になった元飼い猫}
> 「実家で飼われていた猫です。
> 訳あって野良猫になりました!」
> ってそれ完璧捨ててるじゃん!!通報した方が良いんでしょうか?

一般人は、愛誤と異なり徒党を組んで騒ぎ立てることをしません。
ですから愛護動物の遺棄罪の犯罪者が、逮捕有罪となることはないでしょう。
愛誤は身内に甘いです。
自称猫ボラでも、虐待遺棄なんていくらでもありますしね。

イノシシはわりと危険な動物なのですが・・・

大半のイノシシは成獣で70~80kgのようですが大きなものでは150kgを超える個体もあるそうです。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111124/trd11112406260002-n1.htm

http://www.enoha.net/hunting_092.htm

わりと150kg級いるみたいですね。

こういう動物が住宅街に出て子供を襲った場合、餌やりはどう責任をとるつもりなのでしょうか?
馬鹿みたいな偽善ですらないくっだらない餌やりで人死が出ても自分は悪くないとでも言うつもりでしょうか?

本当に動物の飼育能力すらなく他人の迷惑すら理解できない社会のゴミのやる餌やりには怒りを禁じえません。
どうやったら彼等は死んでくれるのでしょうか?
イノシシの餌付けなんて迷惑どころか危険きわまりありません。

Re: イノシシはわりと危険な動物なのですが・・・

猫ボラ嫌い様、コメントありがとうございます。

> 大半のイノシシは成獣で70~80kgのようですが大きなものでは150kgを超える個体もあるそうです。

私は以前住んでいた、芦屋市のマンション密集地区でも、100キロ超のイノシシに何度も遭遇しています。
夜中にゴミを漁っているんです。
無茶苦茶大きいです。
アスファルトの道を走って逃げていきますが、ヒヅメが滑ってコケたりします。


> こういう動物が住宅街に出て子供を襲った場合、餌やりはどう責任をとるつもりなのでしょうか?

神戸や芦屋ではけが人も多数出ていますし、飼い主がリードをつけて散歩していたセントバーナード犬も殺されています。
六甲山の観光道路でブチあたって、クルマが大破したことも何度もありますし。
拙宅町内(西宮市)の自治会でも、たまに「イノシシ出没注意」の回覧が回っています。
死人が出ていないのが幸運です。


> イノシシの餌付けなんて迷惑どころか危険きわまりありません。

何年か前に、神戸市で、50歳代の女性弁護士が小指をイノシシに食いちぎられる事故がありました。
多分、この方はイノシシに餌をやっていたのです。
で、複数のイノシシが餌の取り合いをして、焦った猪が餌を持った手ごと噛み付いたのです。
神戸市も条例でイノシシ餌やりを禁止していますから、この方はバツが悪くて「一方的に猪に襲われた」と言っているのだと思います。

Re: イノシシはわりと危険な動物なのですが・・・

以前、神戸市東灘区に住んでいたので、山から川沿いに降りて来るイノシシを頻繁に目撃しました。
夜間、JR線路沿いの道を歩いている時に100キロオーバーと思われる巨大なイノシシと至近距離で出くわした事もありました。あんなのに突進されたら、ひとたまりもないです。
買い物帰りの主婦が後ろから襲われて、指を食いちぎられたという話も聞きましたね。

瓜坊を見ると可愛いですが、誰かが餌やりすると味をしめて山から降りて来るようになるんです。
脅威度は違えど、野良猫の餌やりも根本は同じ事をしていると自覚してもらいたいものです。

Re: Re: イノシシはわりと危険な動物なのですが・・・

駆除賛成派様、コメントありがとうごあいます。

> 以前、神戸市東灘区に住んでいたので、山から川沿いに降りて来るイノシシを頻繁に目撃しました。

イノシシの出没は、芦屋から東灘区にかけてが多いです。
多分、一番六甲山が市街地に迫っている場所だからだと思います。
阪急芦屋川駅のホーム真下の芦屋川の川原で、4、5頭が爆眠しているのを目撃したこともあります。
誰も驚かないのが驚き。
東京の人に話しても信じてもらえません。


>あんなのに突進されたら、ひとたまりもないです。

セントバーナードが殺された事件では、いきなり犬に突撃してきて、牙が内蔵にまで達したとのことです。
人間もそうなる可能性はゼロではないです。


> 瓜坊を見ると可愛いですが、誰かが餌やりすると味をしめて山から降りて来るようになるんです。
> 脅威度は違えど、野良猫の餌やりも根本は同じ。

うり坊も何度も目撃しています。
小さいのは、本当に可愛いです。
餌やりは、対象となる動物が違っても、精神構造は同じです。
かつては、箕面市の猿が問題になりました。
住宅地にまで出没して人をかんだり、家の中にまで入ってきて食べ物を盗んだりしました。
餌やりを禁じて今では猿による被害はほぼなくなったようです。
イノシシでも猿でも野良猫でも、被害が生じる元凶は餌やりです。

No title

こんにちは。動物愛護に関心があり、いつも楽しく拝見しております。

イノシシの餌やりなどする人間もいるんですね。
相手が猫であれば、餌やりをしている人間に直接の危害を加えられる可能性が低いため、単にすさまじく視野の狭い幼稚な人間という理解が出来ますが、
イノシシに関しては目の前にすれば幼稚園児でもその危険性が肌で分かるはずで、単なる幼稚を超えてどこか脳に致命的な欠陥があるのではないかと感じました。

それでは、これからも楽しみにしております。

Re: No title

キャッ党員様、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> いつも楽しく拝見しております。

ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。


> イノシシの餌やりなどする人間もいるんですね。
> イノシシに関しては目の前にすれば幼稚園児でもその危険性が肌で分かるはずで、単なる幼稚を超えてどこか脳に致命的な欠陥があるのではないかと感じました。

餌やりする人は、条例で禁止されたあとでも多いです。
私も何度も目撃しています。
芦屋市の、駅前幹線道路沿いでは「イノシシ注意」の看板があり、ドライバーに注意を促しています。
神戸阪神以外の人に話しても、信じてもらえません。

加古川

703が猫狩りをしていた加古川での猫の餌やりトラブルについては、ご存知ないですか?
彼は遠征して猫狩りしていたようですが、保健所への持ち込みはほぼ全く確認されておらず、そのために加古川の惨殺事件の犯人と疑われているようです。
彼は猫捕りグループの手先ではないかと私は疑っているのですが、彼があそこまで写真をアップして愛護煽りのために捕獲の様子を見せつけていたのには、個人的に因縁があって愛護に恨みがあったからだと考えています。

私も今彼と全く同じことをりゃんままたちからされています。

Re: 加古川

オフ主様

> 703が猫狩りをしていた加古川での猫の餌やりトラブルについては、ご存知ないですか?

断片的にはしっています。
結局、アライグマの仕業だったという。


>保健所への持ち込みはほぼ全く確認されておらず、

どうやってそれを確認したのですか。
例えば保健所の職員が「このような人物からこのような猫の持ち込みがあった、なかった」などと公務上知り得た情報を口外すれば地方公務員法違反になります。
私は、自称愛護団体の言うことは、信じていません。


> 彼は猫捕りグループの手先ではないかと私は疑っているのですが、個人的に因縁があって愛護に恨みがあったからだと考えています。

日本には猫獲りは存在しないと私は思います。
なぜならば、野良猫を捕まえても需要がないあらです。
また、酷い猫被害に合えば、特定の自称愛護団体に恨みがある云々より、そのような団体全てを嫌悪すると思います。

Re: 加古川

オフ主さん

> 加古川の惨殺事件の犯人と疑われているようです。

加古川の惨殺事件とは、実はアライグマの仕業だったと報道された件ですか?

> 彼は猫捕りグループの手先ではないかと私は疑っているのですが

貴方は確固たる証拠もなく、誰それが犯人だと疑っていると言う書き込みをよくされますね。
不特定多数の人が見ている場で迂闊な事を言うと、そのうち名誉毀損で訴えられますよ。

本当に誰かが惨殺した可能性が疑われるなら警察が捜査しているはずですから、個人が関わる領域ではないです。

> 私も今彼と全く同じことをりゃんままたちからされています。

それは私的な問題ですから、もう書き込みはしないと数時間前に貴方自身が宣言しましたよね。

703

りゃんママは動物愛護推進委員会だかなんだかの委員を務めていて、一般の人が聞けないことも保健所に聞けるんだと言ってました。
持ち込んだ人の個人情報ではなく、持ち込まれた猫の特徴を列挙しており、そこに彼が捕獲してこれらから持ち込むと称していた猫がおらず、また彼がアップしていた猫と同一の猫が惨殺遺体となって発見されたようです。

アライグマが犯人という結論もすんなりとは受け入れがたいですし、惨殺事件と何か関係があるのかもとは思ってしまいますね。

猫捕り集団というのが確かに暗躍していて、神奈川県内各地で活動中です。以前関西でもそのような集団がいたそうですし、703は捕獲器を何台も使って大量に捕獲していたようですし、この種の猫捕りグループに参加している人なのではないかと、推測しました。

我が街にも 猪が出没してました。国道に現れた時には たまげました。猟友会の方達が駆除してくださいました。猪にまで 餌やりをするなんて 言語道断です。獣ですよ。実際 遭遇したら 命がけです。

すいません

m(_ _)m猪 遭遇のコメントに名前書くの忘れました。でも 猪に遭遇 遭遇した人にしか本当に恐ろしさは わからないかもですね。

Re: 703

オフ主さん

> 彼がアップしていた猫と同一の猫が惨殺遺体となって発見されたようです。

もしそんな情報があるなら、警察も既に把握しているのではないですか。どちらにしても、捜査情報について一般市民は知る由もないです。

> アライグマが犯人という結論もすんなりとは受け入れがたいですし

一応、専門家の見解としてアライグマの仕業となっているので、新たな判断材料が出てこない限りはこのままかと。

> この種の猫捕りグループに参加している人なのではないかと、推測しました。

ハンドルネームとは言え、特定個人についてのその様な推測は自身の中だけに留めておくべきかと思います。

703

すいません、りゃんままがいっていたのですが、惨殺死体になって出てきたとまでは言ってませんでした。写真の子が殺されていたというようなことを言っていたと思います。

確かに勝手な推測をするのは良くないですね。でもあんなに写真をアップするというのは、何か因縁があるんだろうと思います。お近くに?お住まいなので、そういったトラブルや紛争をご存知ではないかと思いました。それにしても私が703の手下とか誘拐されて操られているとか、奇想天外な発想です。

Re: 703

オフ主様

> りゃんママは動物愛護推進委員会だかなんだかの委員を務めていて、一般の人が聞けないことも保健所に聞けるんだと言ってました。

それは嘘だと思いますよ。
愛護推進員は外部委託でしょ。
私の身内は地方公務員管理職も多いです。
部署が異なれば、同じ自治体内の公務員同士でも、情報は開示できません。


> 持ち込んだ人の個人情報ではなく持ち込まれた猫の特徴を列挙しており、そこに彼が捕獲してこれらから持ち込むと称していた猫がおらず、また彼がアップしていた猫と同一の猫が惨殺遺体となって発見されたようです。

残念ながら、私はいろいろな経緯があって、自称愛護団体の言うことは、そのまましんじないのです。


> 猫捕り集団というのが確かに暗躍していて、

20以上年前に、大阪大正区でありました。
しかし今は、三味線の革は中国などからほぼ100%輸入ですし、実験動物等ほかの用途も考えられませんので日本では、猫獲り業者が存在する可能性は低いと思います。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

> 我が街にも 猪が出没してました。国道に現れた時には たまげました。

どちらの方か存じませんが、大変ですね。
イノシシにまで餌をやる馬鹿者がいる地域は、日本では神戸阪神だけだと思います。

Re: すいません

にゃーにゃー様でしたか。

> 猪に遭遇 遭遇した人にしか本当に恐ろしさは わからないかもですね。

神戸阪神の人は、慣れて怖いと思わないのではないですか。
その慣れが危ないのですけれど。

Re: Re: 703

駆除賛成派様、横です。


> > 彼がアップしていた猫と同一の猫が惨殺遺体となって発見されたようです。

黒やトラ、サバ、キジなどの無地柄の猫は、個体区別が困難です。
ましてや写真では区別がつかないと思います。


> > アライグマが犯人という結論もすんなりとは受け入れがたいですし
> 一応、専門家の見解としてアライグマの仕業となっているので、新たな判断材料が出てこない限りはこのままかと。

警察も操作を打ち切ったようですし。
学識経験者の鑑定は受け入れなければならないでしょう。


Re: 703

オフ主様

> お近くに?お住まいなので、そういったトラブルや紛争をご存知ではないかと思いました。

近くじゃないですよ。
兵庫県下でも、西宮と加古川じゃ、羽田と高尾山くらいの距離がありますわ。
地図を見てください。

さんかくたまごさん

> 黒やトラ、サバ、キジなどの無地柄の猫は、個体区別が困難です。

そうですよね。私も見分けつかないです。

> 警察も操作を打ち切ったようですし。

もし本当に有力な情報があれば、愛誤家が嬉々として警察に情報提供していることでしょう。
捜査打ち切りという結果が全てだと思います。

Re: タイトルなし

駆除賛成派様

> そうですよね。私も見分けつかないです。

生きているものを間近に見ても見分けがつかないのです。
ましてやアップされた写真は鮮明ではないでしょう。


> 捜査打ち切りという結果が全てだと思います。

同感です。

動物愛護推進員

多分有志無償だと思うのですが、野良猫地域猫を巡るトラブルの仲裁とか、遺棄虐待防止の啓発とか、パトロールなどの防犯活動とかしているのかと思います。
本人が希望すれば特に審査とか必要なく着任できるのですかね?
パトロールやってるとかも言ってましたから、それこそ毒餌のありかを探したりしているのかと思いましたが、あなた方のとこでは毒餌捜査班みたいなのが来たことはないのでしょうか。勝手に敷地に入ったら不法侵入になる、だから掲示してもらうしかないとは言いましたけどね。

りゃんままには妥協点を探るとか、人間社会との調和という視点が欠落しているので、紛争の仲裁は務まらないのではないかと思います。
動物愛護というのも人間社会あってこそですから…

Re: 動物愛顧推進員

オフ主様

ほとんどの自治体では、全くの無償です(交通費ぐらい出るところもあります)。


> 本人が希望すれば特に審査とか必要なく着任できるのですかね?

自治体によって異なります。
ただなり手がない自治体では、ほぼ本人が希望すればなれるでしょう。
作文wなどで審査する自治体もあるようです。


> あなたのとこでは毒餌捜査班みたいなのが来たことはないのでしょうか。

そんな既知害は、我が町内にはいませんよ。
合法的な行為に対して私人が捜査?ですか。
そんなことをすれば、軽犯罪法に触れます(つきまとい)。
場合によっては強要罪も成立しかねません。
お気を付けください。
敷地に入らなくても。


> りゃんままには妥協点を探るとか、人間社会との調和という視点が欠落しているので、

それ以上にあまりにも、絶望的に無知で知能が低い。


> 動物愛護というのも人間社会あってこそですから…

仰るとおりです。

例の横浜の団体ですが

餌やり問題に絡めて話せば個人的な事情に関するコメントにもならないと思うのでまた話題に出しますが、この団体は警察沙汰になるトラブルも起こして・トラブルに関わっているようですよね。HPを見ると空恐ろしくなる内容の記事があって、
http://www.animal-family.org/index.php?itemid=1734
http://www.animal-family.org/index.php?itemid=1323
http://www.animal-family.org/index.php?itemid=1222&catid=31
餌やりをめぐるトラブルでこのレベルのものは日常茶飯事かと思うとやはり早急に行政の介入や法規制を行わなければいけないのだろうなと痛感します。
以前この団体について、公道での餌やりのほかに、大学構内だかでの餌やり強行に関しても、取り上げていましたっけ?
こういうところで恨みを買う火種を作っているんですよね、多分・・私としては基本的に餌やりはしてはいけないとは思っていますが、飼い主を見つける過渡期の措置として、管理体制を万全に整えた上での地域猫制度における措置として、認めてほしいという気持ちは持っていますけどね。

この団体にこの件についてはネット上で公言してもいいといわれたので言いますが、「殺処分は絶対に行わない」「行政と戦う」という強い信念を持っているとのことでした。しかし現実問題処分を完全に避けられることなどありえないと思うのでそのときはどうするのかと聞こうかとも思いましたが、核心に触れることになるので聞けませんでした。
最大限回避しよう、生かそうという努力をしていることはすばらしいと思います。

大阪市の罰則付き餌やり禁止の条例化にも反対していたそうで、私個人としては餌やりをそこまで厳しく禁止しなくてもとは思っているのですが、あなた関西在住ですしこの大阪市の条例化の件については話題に出してないのでしょうか。
http://www.animal-family.org/index.php?itemid=1567

あと2011年に横浜市はすべての公園で餌やりを認めたとも書いていますがこれについてはいかがお考えですか?
http://www.animal-family.org/index.php?itemid=1534
【以下抜粋】
毎日、お世話さまです。
公園でのえさやりについてですが、
この度、横浜市は横浜市が管理する全ての公園でのえさやりを認め、えさやり禁止看板を撤去しました。(えさやり自体は認められていますが、えさやりの方法については指導される場合もあります)。

このことについて、市の環境創造局、動物愛護センターから次のような正式なコメントがでています。

ねこのえさやり禁止看板につきましては、9土木、2公園事務所が管理している公園で64看板あり、区の生活衛生課が設置した14看板を除く、50看板について、撤去、付替え、マーキング等による補修などの対応を完了しましたので報告します。
今後は、ねこのえさやり禁止の看板は公園内に設置しないよう各公園管理者に周知する予定です。
地元からねこのえさやり禁止看板の設置要望があった場合は、区の生活衛生課と協議し地域の問題として解決していくような対応をするよう説明したいと考えています。
(2011.9.8 横浜市環境創造局

 公園の看板については 直ちに当該区の生活衛生課に連絡しました。当該区が公園土木と調整して撤去等の対応を取るはずです。(2011.9.14 横浜市動物愛護センター所長)

大阪市公園猫サポーター制度

なるものがあるそうですがご存知でしたか?うつぼ公園で公園猫なるものがいるという話は聞いていましたが、こういう行政が実施している取り組みがあるということは知りませんでした。官民協同で公園猫を減らしていこうという取り組みだそうです。
http://www.animal-family.org/index.php?itemid=1295

http://www.animal-family.org/index.php?itemid=1493
この団体とは無関係ですが、申請した方が市の職員から適切な審査をしてもらえず、経済力はあるのかとか苦情に耐えられるかとか捨て猫が増えるが対処できるかとか職員から突っ込まれ、結果不合格、サポーターになれなかったため餌やりは禁止すると通告された、ということに対して抗議をしようと呼びかけている記事を、例の団体が紹介しています。

Re: 例の横浜の団体ですが

オフ主様、コメントありがとうございます。

> この団体は警察沙汰になるトラブルも起こしているようですよね。

詳しくは存じませんが、ブログなどではあまり良い評価をしている方はいないようです。



> 以前この団体について、公道での餌やりのほかに、大学構内だかでの餌やり強行に関しても、取り上げていましたっけ?

横浜市立大学付属病院です。
記事で取り上げています。


> 飼い主を見つける過渡期の措置として、管理体制を万全に整えた上での地域猫制度における措置として、認めてほしいという気持ちは持っていますけどね。

地域猫が過渡的でイレギュラーな飼育方法で、早急に解消するのが本来の姿です。
しかし地域猫が「過渡的措置」ではなく、恒久的な飼育方法になってしまい、更に野良猫が増えるケースばかりです。
その点が地域猫が反対される理由でしょう。


> 「殺処分は絶対に行わない」「行政と戦う」という強い信念を持っているとのことでした。

それはまさに非合法テロ団体の思想です。
日本では、法律上制度上、殺処分は認められているのです。


> 大阪市の罰則付き餌やり禁止の条例化にも反対していたそうで、やはりこういうところで恨みを買う要素を作っていることは容易に予想がつきますよね?あなた関西在住ですしこの大阪市の条例化の件については話題に出してないのでしょうか。

これも記事にしていますよ。
ブログ内検索で探してください。


> このことについて、市の環境創造局、動物愛護センターから次のような正式なコメントがでています。

行政がこのような見解を示すとは信じがたいですね。
私はあの団体は信用していません。
「行政が公道で餌やりを認めた」とHPで書いていますから。
法律上、行政が認める訳がありません。
検眼がないからです。
道路の使用に関しては、警察の専管事項です。
メールの内容なんて、いくらでも捏造できますから。
私が住んでいる自治体ではありませんので、何とも言えません。


大阪市の条例については

別の記事と読み違えて、現地に行って餌やり強行など何か実行動を起こしていたと勘違いしていましたが、今見直したら、抗議文を送ろうとしているだけだったようなので、「こういうところで恨みを買う要素を作っている」というのは言い過ぎだと思い、削除しました。
さんかくさんもできればその部分の引用を削除いただけますと幸いです。お手数ですが。

大学病院の餌やりの件はこれですね。
http://www.animal-family.org/index.php?itemid=117&catid=32

あなた厳格に管理された地域猫制度ならあってもいいと思うとおっしゃってましたね。私も地域住民全員が賛同していなくても、一定以上の賛同があって責任の所在が明確にされていれば、あってもいいと思ってるんですけどね。でも「皆の責任は無責任」になりがちですから、なかなか難しいとは思いますね。私も地域猫の実態をいろいろ見聞してきて、やはり飼い主としての自覚や責任感がない人が多数なんだなという印象は持ち落胆しました。
でも感情的にはあなたのおっしゃる完全駆除というものを、猫にしろどんな動物にしろ受け入れられないのです。何とか回避する方法を探したいと思っています。

正義とか善悪について

一晩じっくり考えてみましたが、法が全て、それ以外は定められないというお考えには同調できないなと思いました。正義とか善を追究することこそが人間の使命だと思いますし(答えが出ないからこそなおさら、そのために生きているのかもしれない)、法律とは別に道徳とか倫理とかあります。
動物を人間と同等に扱うことはできないから動物虐待を法的に裁くことには限界がありますが、だからこそ倫理的道徳的な意味での悪が強調されるべき行為だと考えています。

ある行為について、善とか正義とみなされる側面もあれば、悪とか不正義とみなされる側面もあり、総合的に見て最善の選択をするしかない、と思います。
やはり、命を奪うという行為は悪いこと、できるだけ避けるべきことだという考えは変わりません。
しかし何も犠牲にせずに生きることはできないから、できるだけ命を奪わずに済む選択・多くの命(数量的にか質的にかはさておき)を救える選択をするしかない、ということだと思います。

動物愛護が正義で、黒ムツが悪というのも一面的な物の見方、猫被害を防ぐという正義もあるとおっしゃっていたことについては、確かにそのとおりだと認めます。

命を(直接的に)守るという行為が社会の中で優先されやすい、大義名分が通りやすいと言い換えましょうか。
動物愛護という錦の御旗を掲げていれば主張が通りやすい、大手を振るって歩きやすいのだろう、ということです。
命を(直接に)守るという大義名分が優先されること自体には賛成してますが、それを武器に人に暴力を振るうことが許されていいとは思いません。

民家に現れたヒグマを射殺する行為は、人命を守る行為ですが、一方でヒグマの命を奪う行為でもあります。
可視的に現れているのはヒグマの命を奪うという行為だけですから、他方では命を救う行為だという認識が薄れてしまう、社会の中での声は可視的に救っている人の方が通りやすくなる、ということだと思います。

No title

>でも感情的にはあなたのおっしゃる完全駆除というものを、猫にしろどんな動物にしろ受け入れられないのです。何とか回避する方法を探したいと思っています。

正直、探せるものならとっくの昔に見つかっているでしょうね。
地域猫だのTNRだのもその方法の一つとして考え出されたものだと聞いていますが、管理の徹底が困難(ほぼ不可能)でほとんど破綻状態、さんかくたまご様の記事にもありましたように米国では否定されている失敗作です。
管理責任・給餌等・個体管理・衛生管理といったもろもろの事を人の手で完全にコントロールしなければならないのですが、人の目が行き届く屋内と異なり、野外でそれを行うのは実質不可能でしょう。
地域猫やTNRが提唱されて10数年経過してなお、新たな方策が出現しないのもそこがネックなのではと思いますね。
雲を掴むような話に時間を浪費するより、管理飼育・屋内飼育の徹底を早期に図り、クリアな状態にする方がよほど現実的だと思いますし、先々を考えれば不幸な命の連鎖を断ち切る事ができ、人の生活や自然への影響も無くす事ができるものと考えます。
ダラダラと先延ばしにするのは、人・自然・動物いずれにも長期に渡り負担を強いるだけでしょう。

Re: 正義とか善悪について

オフ主さん

> 法が全て、それ以外は定められないというお考えには同調できないなと思いました。

法律を無視して個人の考えを相手に押し付ける事さえしなければ、別に同調する必要はないと思いますよ。どの様な思想を持とうが、それは貴方の自由です。
付け加えると、思想の自由も日本国憲法という法律によって規定されているものです。

> 法律とは別に道徳とか倫理とかあります。

猫被害という問題に関して、餌やりは明らかに加害者です。
加害者寄りの考えの人が道徳や倫理を持ち出して被害者に我慢させようとしても説得力がないし、被害者が救済されなければ問題はそのまま残ります。

利害が絡まない状況下では、話し合いで双方が納得できる落としどころもあるでしょう。
しかし、利害問題に発展して交渉が決裂すると、最終的にそれを解決できる基準は強制力のある法律のみです。

表現を改めます

リャンママがこの記事のコメントを見て怒っていましたし、確かに誤解を招く表現があったので改めます。

この横浜の団体の餌やりを巡るトラブルについてですが、
「団体がトラブルを起こした」という表現だと団体が一方的に起こしたかのように読めてしまうので、「トラブルを起こした・トラブルに関わった」と追記しました。
確かに一番悪いのは逆上して先に暴力を振るったほうですから。

申し訳ありません。

Re: 表現を改めます

オフ主さん

> リャンママがこの記事のコメントを見て怒っていましたし、確かに誤解を招く表現があったので改めます。

貴方がもめている主な相手は、その横浜の愛護団体とりゃんままさんですよね?
もめている最中に貴方の主観である事ない事?を書き込めば、そりゃ相手は怒りますよ。
紛争中の話題をここに書き込むのは、結局、貴方の個人的なトラブルを他所に持ち込む事になり、ブログ主さんや多くの読者に迷惑がかかります。
当事者間の出来事に関していくら書かれても、どちらの主張が正しいのか部外者には判断できません。

まずは各方面でのトラブル解決を優先してもらえませんか?
どうしても紛争中の相手の話題を持ち出したいのであれば、ご自分のブログでお願いします。

No title

>リャンママがこの記事のコメントを見て怒っていましたし、確かに誤解を招く表現があったので改めます。

私的トラブルを他所に持ち込まないでと私を含め色々な方から指摘されませんでしたかね。
トラブルと無関係の方のところで好き勝手書き散らしていたら、「怒るのが普通」ではありませんか?
改めて申し上げますが、私的トラブルで無関係の方を巻き込むような事はお止め下さい。
書き込むなら自身のブログか、事の発端になった某掲示板の自身のスレだけになさって下さい。
人様のブログに書き込むヒマがあるなら、一刻も早く解決すべく全力を持って事に当たるのが賢明でしょう。
自分一人では力不足なら、プロを頼りしっかり連携を取って下さい。
グズグズ・グダグダ・ズルズルすればするほど状況は悪化するだけで、結果として後手後手になる一方です。
他の誰でもない、「自分自身の問題」である事をしっかり認識して下さい。

Re: 正義とか善悪について

オフ主様

何度言っているんですか。
私の考えではなくて、近代国家の統治システムがそうだと言っているのです。
事実、法によらなければひとに強制させることはできません。
ある人が、例えば地域猫活動は正義だと思っていたとします。
しかし地域猫活動に参加するのは任意で、他人に強制できません。
無理やり従わせれば、強要罪になります。
アメリカでは、無許可TNRは犯罪で悪です。
懲役刑もありうる、破廉恥犯罪です。
そのように正義がそうでないかは、個人の主観により異なります。
正義が普遍的客観性を持つのは、民主主義の手続きを経て制定された法しかありません。


> 法律とは別に道徳とか倫理とかあります。

道徳や倫理は他人に強制できません。
それもその人の主観によることが多いから、その押しつけは危険なのです。


> 動物を人間と同等に扱うことはできないから動物虐待を法的に裁くことには限界がありますが、だからこそ倫理的道徳的な意味での悪が強調されるべき行為だと考えています。

それこそ主観じゃないですか。
希少生物を守るために、野良猫野猫を殺害することも正義です。
現に、日本では野生化した猫は狩猟対象です。
ハンターは、猟期狩猟区内では、野良猫(野猫)を銃で撃ち殺すことは合法です。
鳥獣保護法狩猟適正化法では、害獣の駆除と保護するべき野生動物の保護を目的にしています。
同法に従えば、野良猫を殺害することは正義です。


> ある行為について、善とか正義とみなされる側面もあれば、悪とか不正義とみなされる側面もあり、総合的に見て最善の選択をするしかない、と思います。

その総合的というのが、個人の主観によるのです。


>命を奪うという行為は悪いこと、できるだけ避けるべきことだという考えは変わりません。

では、希少生物の生息地に捨てられた野良猫は、希少生物の命を奪うのですから、即刻全頭駆除しなければ。


> 何も犠牲にせずに生きることはできないから、できるだけ命を奪わずに済む選択・多くの命(数量的にか質的にかはさておき)を救える選択をするしかない、ということだと思います。

野良猫を一匹殺せば、年間1,000もの小動物の命が奪われずに済みます。
より多くの命を救うというベターな選択は、野良猫を全頭駆除することですね。


> 猫被害を防ぐという正義もあるとおっしゃっていたことについては、確かにそのとおりだと認めます。

猫被害は、人に対してだけではありませんよ。


> 社会の中での声は可視的に救っている人の方が通りやすくなる、ということだと思います。

そのとおり。
猫愛誤は、バカですから超目先のことしか見えません。
ですから野良猫の自然の生態系での放置がどれほど悪影響があるか理解できないのです。
まさに猫愛誤テロリズム。

Re: 大阪市公園猫サポーター制度

オフ主様

> なるものがあるそうですがご存知でしたか?

この「大阪市公園サポーター制度」については、何度も記事にしています。
私の考えはそちらで確認してください。
それと、本記事に関係のないコメントは控えていただけますか。
お返事も大変ですので。


Re: 大阪市の条例については

オフ主様

本記事と関係のないコメントは控えてください。


> さんかくさんもできればその部分の引用を削除いただけますと幸いです。

私は当該団体のHPOの記述に基づいて記事を書いています。
削除要請であれば、確定判決を取りなさい、と伝えなさい。


> でも感情的にはあなたのおっしゃる完全駆除というものを、猫にしろどんな動物にしろ受け入れられないのです。

野良猫により、絶滅の危機に瀕している動物種はいくつもあります。
それは人為的な完全駆除と同じではないですか。

Re: Re: 正義とか善悪について

駆除賛成派様、横です。

> 法律を無視して個人の考えを相手に押し付ける事さえしなければ、別に同調する必要はないと思いますよ。どの様な思想を持とうが、それは貴方の自由です。
> 付け加えると、思想の自由も日本国憲法という法律によって規定されているものです。

それが正義であるか否かは、個人の主観によるところが大きいのです。
その人が、どのような考えを持とうが自由です(憲法で保証されています)。
その人が個人的に生後と信じるのはいいですが、他人に押し付ければ、強要罪になります。


> 加害者寄りの考えの人が道徳や倫理を持ち出して被害者に我慢させようとしても説得力がないし、被害者が救済されなければ問題はそのまま残ります。

道徳や倫理は強制力を持ちません。
また餌やりが道徳倫理上正しい行為というのは、餌やりの主観です。
国が変われば餌やりは懲役刑もありうる犯罪です。


>利害問題に発展して交渉が決裂すると、最終的にそれを解決できる基準は強制力のある法律のみです。

いくら餌やりさんが「餌やりは道徳倫理上正義だ」と言ったとしても、日本の司法では餌やりは不法行為として認定されています。
餌やり行為の禁止、餌やりを原因として餌やりさんに損害賠償を命じています。
客観的な正義でかつ強制力をもつのは法しかありません。

Re: 表現を改めます

オフ主様

ノーコメント

Re: Re: 表現を改めます

> オフ主さん

駆除賛成派様、横です。

本記事と関係がないことは、コメントしないことにしました。


Re: No title

迷惑えさやり反対派様、横です。

ご指摘ありがとうございます。

No title

さんかくたまごさん

> 本記事と関係がないことは、コメントしないことにしました。

了解いたしました。
堂々巡りできりがないので、私も記事と関係ないコメントはスルーします。

No title

>ご指摘ありがとうございます。

あまりにも酷いもので、つい出過ぎたマネをして申し訳ございませんでした。
さて、件のイノシシは厄介で危険です。
大型のものに突進されれば大人の男性ですらケガは免れないでしょうし、女性や子供、老人なら大けがどころか場合によっては命すら危ういでしょう。
牙を引っかけられて動脈でも切られれば、これも命の危険があります。
市側もわざわざ「イノシシ餌やり禁止条例」を施行しなければならないほどアタマを痛めたという事でしょうが、こういった輩を野放しにせず条例を作った市側の対応は高く評価したいところです。
無責任餌やりが様々な害をもたらすなど、昨日今日わかった話ではありません。
無責任餌やりなんて百害あって一利なし、何の落ち度もない市民が犠牲にならないよう、イノシシに限らず野良猫等への餌やりも禁ずるよう各自治体には頑張って頂きたいものです。
本来なら主管の某省がやるべきところでしょうが、残念な事に機動力もやる気も存在感すら全く感じられませんから、現状では機動力に勝る各自治体単位で対応するしかないでしょうしね。

Re: No title

迷惑餌やり反対派様

> さて、件のイノシシは厄介で危険です。
> 大型のものに突進されれば大人の男性ですらケガは免れないでしょうし、

稀に野生動物になれた男性でも、死亡事故が起きます。


> こういった輩を野放しにせず条例を作った市側の対応は高く評価したいところです。

本来、獣害を周知すれば餌やりなんてしなくなるはずでしょうが、やめない人がいるから条例化が必要なのでしょう。


> 無責任餌やりなんて百害あって一利なし、イノシシに限らず野良猫等への餌やりも禁ずるよう各自治体には頑張って頂きたいものです。

餌やりする人の、精神構造は野生のイノシシだろうが箕面の猿だろうが、野良猫だろうが同じなのです。
野良猫がなぜ地域猫などといって、餌やりが正当化されるのか分かりません。
箕面市の猿やカラス、神戸市、西宮市のイノシシと同様に、野良猫の餌付けも条例で禁止すべきです。

計算

わかりました。関係ない話題は控えます。
私はあなたほど法律万能主義、計算ずくで判断する合理主義にはなれません。

法律以前の暗黙の約束事、規律があって、それで解決できない時に法律が登場するのだと思うので…何が法律以前の規律といえるのかは個人の主観によるといいますが、その擦り合わせをするために話し合いをするんだと思います。

様々な判例とかお上の判断を提示してくださっていますが、有力な指標ではあるものの、それが絶対的な拠り所になるわけでもないですしね。

目先のことだけでなく、大局を見据える視点を持たなければならないのはわかりましたが、普通の人は生態系への影響なんて想像することできないですよ。
目の前の猫一匹を生かすことで他の小動物が大勢犠牲になるとかそんな計算できないのが普通です。目に見えてないんですから。目に見えるものだけでも救いたいという素朴な人間感情を原動力に行動を決めようとするなという方が無理があります。
普通は生態系のことなんて知らない、目の前にいる猫を処分するのはかわいそうだという感情しか持たないのだから、もっと大局を見据えなければいけないというなら、それなりの啓蒙教育やお上による指導規制が必要になると思いますけどね。

Re: 計算

オフ主様

> 個人の主観によるといいますが、その擦り合わせをするために話し合いをするんだと思います。

話し合いで解決がつかなければ法律とそれに基づく司法判断が近代社会では正義なのです。
野良猫餌やりと猫被害者は、多くは話し合いで解決できないではないですか。
だから法律や司法の世話になるわけです。
餌やり被害裁判では、当事者の話し合いで餌やりが餌やり行為をやめなかったから、司法判断で「餌やりを禁じる」「餌やり行為者は損害賠償を支払え」となったのです。
それが客観的な正義です。


> 様々な判例とかお上の判断を提示してくださっていますが、有力な指標ではあるものの、それが絶対的な拠り所になるわけでもないですしね。

法治国家は、それが絶対的な指標ですよ。
特に最高裁の判決は。
それ位反対するのは国家に背くことです。


> 目先のことだけでなく、大局を見据える視点を持たなければならないのはわかりましたが、普通の人は生態系への影響なんて想像することできないですよ。

それだったら、生態系に関わる、影響を及ぼすことは止めてください。


> 目の前の猫一匹を生かすことで他の小動物が大勢犠牲になるとかそんな計算できないのが普通です。

それを無知と言います。
その無知のために、どれほど生態系に悪影響が及んでいるか。


>目に見えてないんですから。目に見えるものだけでも救いたいという素朴な人間感情を原動力に行動を決めようとするなという方が無理があります。

善意であれば全て許されるという幼稚な考えの方が猫愛誤には多いのです。
目先の善意が在来生物や人社会への悪影響のみならず、猫そのものに対してもかえって良くないことをしているのです。
だから「愛誤」と揶揄されるのです。


> 普通は生態系のことなんて知らない、目の前にいる猫を処分するのはかわいそうだという感情しか持たないのだから、もっと大局を見据えなければいけないというなら、それなりの啓蒙教育やお上による指導規制が必要になると思いますけどね。

それを私はは望んでいます。

人がなす行為

というのと、直接及ぼす作用と、間接に及ぼす作用との間で段階の区別を設けていないように思えて、それも極端かと思います。

人間が直接動物を殺す行為と、その動物を野放しにすることでその動物が他の動物を殺すことになることを同列に評価するのはおかしいと思います。
それが駆除が必要とされる理由になるとはしても、人間の行為と、人間の管理不届きを発端とする動物の行為を同等に評価するのは、それこそ人間と動物を同一視する考え方ではないですか。
ライオンを人間が住む集落に放つのと、もともとライオンがいない野生動物生息地に放つのとでは、前者は人間社会に対する脅威、後者は生態系に対する脅威という点で、意味が違うと思いますが。

Re: 人がなす行為

オフ主様

> 人間が直接動物を殺す行為と、その動物を野放しにすることでその動物が他の動物を殺すことになることを同列に評価するのはおかしいと思います。

人が手を加えていない自然のままではそうですが、外来生物を人為的に自然に人が放つことは、その動物が在来生物を殺すのと、人が殺すのは同じことと私は断言します。
では、奈良公園に人がトラを放せば、トラはもちろん鹿を襲って食べますが、人が直接鹿を殺すのと、トラが殺すのと違いがありますか。


> それが駆除が必要とされる理由になるとはしても、人間の行為と、人間の管理不届きを発端とする動物の行為を同等に評価するのは、それこそ人間と動物を同一視する考え方ではないですか。

人が誤ちを犯して、自然界に有害な外来生物を放してしまったのです。
外来生物を完全駆除することは、自然を元の姿に戻すことです。
あなたの言っていることは論点のすり替えで理解できまえん。


> ライオンを人間が住む集落に放つのと、もともとライオンがいない野生動物生息地に放つのとでは、前者は人間社会に対する脅威、後者は生態系に対する脅威という点で、意味が違うと思いますが。

貴方は、もともとライオンがいない野生動物生息地にライオンを放すことは生態系に対する脅威と認めているじゃないですか。
もともと猫が生息していない野生動物生息地に猫を放すことと同じです。
それが良くないと、私は先程から言っているのですよ。
おっしゃることが分かりません。

外来生物

その猫が外来生物という前提が激しく疑問なのです。猫は遣唐使によってもたらされたのではなかったでしたっけ。
リビア山猫原産とかおっしゃってましたが、まずその外来生物という前提が正しいのかと、正しいとして完全駆除しなければならないのかという疑問は抱き続けます。

肉食動物を放つ行為が、人間が動物を直接殺す行為と同等に評価されるべきこととは直感的には思えないのですが、考えてはみます。

何にしても一次作用と二次作用を同等に評価できないのが凡人の感覚だと思いますよ。

直近の記事で、ブラックバスを放流することと、ライオンを集落に放つことを同列に語っておられたかと思ったので、自然の生態系に脅威を及ぼすことと、人間社会に脅威を及ぼすことを同列にしているかのように見えましたが、違っていたならすいません。

司法の判断

司法の判断も世論や社会情勢はたまた担当する裁判官の価値観によって変遷するでしょう。違憲審査によって既存の法律が覆ることだってある。
私弁護士にたくさん相談しに行きますが同じ話をしても人によっていうことがかなり違いました。

猫虐待事件のときも署名によって警察や司法の動きが変わりましたよね。あなたのお友達が司法の独立を揺るがすことはよろしくないとおっしゃっていたと思いますが、市民の声を考慮に入れるということも必要だと思いますけどね。
社会的制裁というのも明確に法に触れる形のものでなければ防ぎようがないと思います。前科者に悪い評価を下すことまで法律で規制できませんから。

中絶

直接この記事には関係ありませんが、ちょっと説明しておきたいので、コメントさせていただきます。スルーでも結構です。

私が子供を殺したという狂言をしたと指摘していた方がいましたが、避妊に非協力的な彼に「もし妊娠したらおろしてくれ」と言われて喧々諤々の議論をして、むかついて「子育てに疲れている、殴ったら子供が動かなくなった、死なせてしまったかもしれない」とネットに書き込んで翌日警察が自宅に来たということがありました。

という経験も影響して中絶の問題に関してもかなり関心があり、あなたは人と同列にするなとおっしゃいますが、手に負えない命を絶つという点において、中絶と動物の駆除処分との間にアナロジーを見出すことはよくあります。

端的に言うと「理屈の上では」受精卵の時点から人間、胎児を殺すのも殺人、殺しているのは女性、中絶は本来的には殺人として裁かれるべきと思っています。実際問題そうはいかないということはわかっていますが。胎児が存在した事実も、夫婦または母親の戸籍に記録すればいいのにと考えています。

猫は侵略的外来種

さんかくたまごさん

横から失礼します。
猫が国外由来であり、世界および日本の侵略的外来種ワースト100に指定されているという情報ソースです。

[国立環境研究所 侵入生物データベースより]
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/toc1_mammals.html
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/10220.html

噴き出しました。

猫が遣唐使によってもたらされたのがわかっているのに外来種では無いと?
オフ主さんは色々と考える方なのは良くわかりますが、頭の回転に必要な知識が追いついていないのが惜しいですね。
猫は明らかに外来種であり、その被害や生態系に与える悪影響は外来種の中でも上位に君臨しています。
オフ主さんの駆除や殺処分を無くしたい気持ちと同様、さんかくさんや私達も同じ思いです。解決するための答えはここの主としたテーマであり、こちらの記事に既に何度も出ています。
なるべく殺さずに解決したいのに、自らを律する事から逃げてどうするんだよと私は愛誤な人達に言いたい。
いい加減に猫に関わる人がいるから野良猫が増える。その証拠に自然豊かな過疎地より、生き物の少ない都心部で野良猫が増えてるじゃないですか?野良猫問題は明らかに人間が餌を与えてるのが原因ですよ。
殺処分や駆除を無くしたいなら、もはや猫飼育者のモラルには任せてはいけない。厳罰化以外に方法は無いでしょう。それが地域猫という実験の失敗から導き出された答えです。

完全駆除の必要性

希少生物保護の為、野ネコの駆除が有効であった実例です。

小笠原諸島の父島東平地域では、絶滅危惧種であるアカガシラカラスバトの繁殖地の保護の為に野ネコ対策を進めました。その結果、30~40羽程度しか生存していないとされていたアカガシラカラスバトが、2年後には推定100羽以上にまで回復したと言われています。

なお、捕獲した野ネコは東京都獣医師会の協力により島外に生体搬出し、内地で飼養しているそうです。
殺処分せずに済んでいるのは、民間の受け皿があっての事ですね。
野良猫の駆除反対を唱える方々は、ぜひ飼い主として全頭の引き受け手になって下さい。

[世界自然遺産「小笠原諸島」に関して] ※ 環境省資料
http://www.env.go.jp/nature/isan/kento/conf02/01/mat06_1.pdf

[小笠原自然情報センターHPより]
http://ogasawara-info.jp/sizenwomamorutorikumi/gutaitekiniha.html

~ 上記HPより抜粋 ~
ネコが食べるものの大半は外来種のクマネズミと思われますが、メグロなどの陸鳥類やミズナギドリ類などの海鳥類を捕食したり、繁殖中のアカガシラカラスバトを襲おうとする様子も見られていて、鳥類の保全上大きな問題となりつつあります。

ネコの増加、野生化には、捨てネコやエサやり等も関係しています。そこで、小笠原村による飼いネコの適正飼養の普及と村条例による登録、マイクロチップ挿入の推進を継続的に進めていきます。

駆除賛成派様

具体例ありがとうございます。
殺処分や駆除を無くす為の答えそのものですね。殺処分や駆除を少しでも減らしたいのならば適正飼育の推進と出きる限り引き取って管理飼育以外にありません。
愛護さん方は考えないのでしょうか?もし地域猫に効果が無いとするならば、殺処分や駆除が延々と続き、野良猫が大量に死に続けるのでは無いのかと。まあ地域猫には効果が無くそのツケで大量に殺しているのは今そこにある現実なんですが。
そんな地域猫を続けるような人達が果たして動物愛護なのか。なにも飼育しないような人達の方がよっぽど動物愛護に叶う生き方をしていますよ。

No title

>絶滅危惧種であるアカガシラカラスバトの繁殖地の保護の為に野ネコ対策を進めました。その結果、30~40羽程度しか生存していないとされていたアカガシラカラスバトが、2年後には推定100羽以上にまで回復したと言われています。

まだまだ安心できるほどの回復数ではありませんが、良い傾向ですね。
外来種のもたらす驚異が如何に深刻なものかがよくわかります。
希少生物保護のため奮闘された関係者の皆様の努力に敬意を表します。
さて、猫は遣唐使の時代から日本にいるから外来種というのは疑問とする書き込みがありますが、わずか1400年前に人為的に持ち込んだ生き物を、何万年以上も前から営々と紡がれてきた生態系に加えろと言わんばかりの発言は噴飯モノです。
「人為的」に持ち込めば、何年経とうが「外来種」である事に変わりありません。
後、いい加減突っ込むのもバカバカしいのですが、

>わかりました。関係ない話題は控えます。
2013-05-06(14:31)

2時間後↓

>直接この記事には関係ありませんが、ちょっと説明しておきたいので、コメントさせていただきます。スルーでも結構です。
2013-05-06(16:24)

わずか2時間でこれですか。しかも、迷走しまくった命の話をまた蒸し返すとは、無限ループで相手してもらいたいだけですかね。

No title

きつね さん

> そんな地域猫を続けるような人達が果たして動物愛護なのか。なにも飼育しないような人達の方がよっぽど動物愛護に叶う生き方をしていますよ。

全く同感です。
ここに居座っているオフ主さんも、猫だけ特別扱いする理由について「可愛いから」と先日コメントされています。可愛いから駆除するな、被害者負担で猫害対策しろ、法律より倫理(愛誤的主観による)を優先させろと、要求されている事を並べるとただのテロリストです。
何もしない方がよほど猫の為です。

Re: 人がなす行為

オフ主様

>直接及ぼす作用と、間接に及ぼす作用との間で段階の区別を設けていないように思えて、それも極端かと思います。

では、奈良公園の鹿を銃殺するのと、虎を放して虎に殺されるのとは異なりますか。
間接であれ直接であれ、結果が同じであれば区別できません。
では人に依頼して殺人をしたら殺人罪に問われないのですか。
このようなケースでは、依頼したほうが主犯でより罪が重くなります。


> それが駆除が必要とされる理由になるとはしても、人間の行為と、人間の管理不届きを発端とする動物の行為を同等に評価するのは、それこそ人間と動物を同一視する考え方ではないですか。

有害な外来生物を自然の生態系に放つということは、有害な廃棄物を野生動物の生息地に廃棄するのと同じことです。
ダイオキシンや重金属が漏れ出して生態系に外を与えれば、人の過失から自然を元に戻すために、廃棄物を排除しなければなりません。
自然の生態系にある野良猫は、有害廃棄物と同じです。
有害廃棄物と人間を同膣氏なんてしていませんよ。


> ライオンを人間が住む集落に放つのと、もともとライオンがいない野生動物生息地に放つのとでは、前者は人間社会に対する脅威、後者は生態系に対する脅威という点で、意味が違うと思いますが。

貴方は元元ライオンがいないところにライオンを放つことを生態系への驚異としているじゃないですか。
元元猫が生息していない自然に猫を話すことも同じです。

Re: 外来生物

オフ主様

> その猫が外来生物という前提が激しく疑問なのです。猫は遣唐使によってもたらされたのではなかったでしたっけ。

遣隋使と言われていますがね。
貴方は猫が外来生物と認めているじゃないですかw



> リビア山猫原産とかおっしゃってましたが、まずその外来生物という前提が正しいのかと、正しいとして完全駆除しなければならないのかという疑問は抱き続けます。

イエネコの原種がリビア山猫ということは、DNA解析により決定づけられています。


> 直近の記事で、ブラックバスを放流することと、ライオンを集落に放つことを同列に語っておられたかと思ったので、自然の生態系に脅威を及ぼすことと、人間社会に脅威を及ぼすことを同列にしているかのように見えましたが、違っていたならすいません。

野良猫の存在は、人間社会にも外お及ぼし、かつ生態系にも害を及ぼしています。
私は人間社会への害と、生態系への害とを同列視して書いた記述がありますか。
具体的に示してください。
並列はしましたが、同列視はしていません。
もう少し、貴方は国語とか、論理思考の訓練をされたほうが良いです。

Re: 司法の判断

オフ主様

最高裁判所での判断は尊重されます。
同様の裁判では、最高裁の判断に従います。


> あなたのお友達が司法の独立を揺るがすことはよろしくないとおっしゃっていたと思いますが、市民の声を考慮に入れるということも必要だと思いますけどね。

私の友達?
それは存じませんね。
司法は独立性を保つべきです。
加藤九段の裁判で、裁判所に抗議の電話や文書の送付などを行った馬鹿愛誤がいるようですが、司法の意味を分かっていません。


> 社会的制裁というのも明確に法に触れる形のものでなければ防ぎようがないと思います。前科者に悪い評価を下すことまで法律で規制できませんから。

あなたが言っていることは意味不明です。
前科は客観的にその人のマイナス評価です。
私有地に規制のないものをおいて猫が事故死したとしても、社会的制裁を加えるなんていう既知害は、猫愛誤だけです。
客観性がありません。

Re: 中絶

オフ主様

スルーします。

Re: 猫は侵略的外来種

駆除賛成派様

> 横から失礼します。
> 猫が国外由来であり、世界および日本の侵略的外来種ワースト100に指定されているという情報ソースです。

解説ありがとうございます。
オフ主さんのコメントレスには、この件(侵略的外来種ワースト100.そのうち哺乳類はたったの10種である)も何度かレスしているのですよ。

Re: 噴き出しました。

いkつね様

> 猫が遣唐使によってもたらされたのがわかっているのに外来種では無いと?

ありがとうございます。
私もその旨、コメントしました。


> なるべく殺さずに解決したいのに、自らを律する事から逃げてどうするんだよと私は愛誤な人達に言いたい。

愛誤と言われる人たちは、本当になるべく殺したくないのか疑問に感じる時があります。


> いい加減に猫に関わる人がいるから野良猫が増える。その証拠に自然豊かな過疎地より、生き物の少ない都心部で野良猫が増えてるじゃないですか?

これはきつね様がしばしば比喩として用いられますね。
なるほど説得力があります。


> 殺処分や駆除を無くしたいなら、もはや猫飼育者のモラルには任せてはいけない。厳罰化以外に方法は無いでしょう。それが地域猫という実験の失敗から導き出された答えです。

猫飼育者(地域猫も広義の飼育に含めれば)のモラルに任せて、失敗に終わっているのです。
これ以上の実証実験は無駄でしょう。
厳罰による適正飼育化しか、野良猫問題を解決するしかありません。
アメリカでもヨーロッパでもその流れです。

Re: 完全駆除の必要性

駆除賛成派様

> 希少生物保護の為、野ネコの駆除が有効であった実例です。
> 小笠原諸島の父島東平地域では、絶滅危惧種であるアカガシラカラスバトの繁殖地の保護の為に野ネコ対策を進めました。その結果、30~40羽程度しか生存していないとされていたアカガシラカラスバトが、2年後には推定100羽以上にまで回復したと言われています。

実例を挙げていただき、ありがとうございます。
海外でも、地上性のオウムの生息地などでは、移入種の猫を完全排除したところ、劇的に個体数が回復したなどの事例があります。


> 野良猫の駆除反対を唱える方々は、ぜひ飼い主として全頭の引き受け手になって下さい。

そうですよ、私は必ずしも殺処分せよと言ってはいません。
希少生物の生息地から完全排除されればいいだけです。

Re: 駆除賛成派様

きつね様

> 殺処分や駆除を無くす為の答えそのものですね。殺処分や駆除を少しでも減らしたいのならば適正飼育の推進と出きる限り引き取って管理飼育以外にありません。

天売島での、オロロン鳥生息地で猫の給餌禁止条例に噛み付いている愛誤には困ったものです。
「猫にえさをやらなければ、希少生物を捕食する。希少生物保護のために餌やりを禁じ手配けない」とネットテロを仕掛けているのですから。


> 地域猫には効果が無くそのツケで大量に殺しているのは今そこにある現実なんですが。

地域猫(も不適正飼育の一種)は、猫のためにもよくありません。

Re: No title

迷惑餌やり反対派様

> 外来種のもたらす驚異が如何に深刻なものかがよくわかります。

私が疑問に思うのは、日本の環境省が、地域猫の懸念として生態系への悪影響や感染症リスク拡大というマイナス面に一切触れていないことです。
アメリカでは、繰り返し野良猫による生態系への悪影響が指摘されますし、ドイツでも大規模な研究を政府が大学に委託しています。
ドイツでハンターに、野良猫犬を駆除するように法律で求めているのは、正体型維持が目的です。

たまに信じられないアフォもいます。
「稲だって外来種だ。外来種を駆逐する必要はない」と馬鹿言っている農学博士もいます。
では、稲が自然界で異常繁殖して、在来植物を駆逐している例があるのですかね。

Re: No title

> きつね さん

駆除賛成派様、横です。

> ここに居座っているオフ主さんも、猫だけ特別扱いする理由について「可愛いから」と先日コメントされています。可愛いから駆除するな、被害者負担で猫害対策しろ、法律より倫理(愛誤的主観による)を優先させろと、要求されている事を並べるとただのテロリストです。

随分たくさんの迷走したコメントを頂いていますが、結論はそれだけです。

外来生物

犬猫が侵略的外来生物という話は以前から聞いており役所のデータベースの存在も知っていましたが、日常馴染み過ぎているからか直感的に理解しがたいんです。遣唐使の頃に来ていたならもう帰化したといえるのではないかと思っていましたが、それでも異質なんですか。今見たらキタキツネもリストアップされているようで驚きです。ヌートリアとかアライグマとかならわかるのですが・・まあ一応そういうことで納得しておきます。自然を本来の姿に戻さなければいけないという理屈はわかりましたが、感情的に、やはり完全駆除には反発を覚えます。猫だけでなくアライグマでもヌートリアでも狸でも・・。理屈通りに物事が進まなければいけないのかという疑念は抱き続けると思います。

小笠原諸島などに移入した猫が鳥を食い殺しているという話を聞いてそういう場合は猫を外来生物として位置づけられるのだろうとは考えてましたが、感覚的に現代日本で犬猫が外来生物とは捉えられないでしょうね。

「不慮の事故」の体を装って個人で駆除を秘密裏に実行するというのには一貫して反対です。
完全駆除には感情的に反発を覚えるので私自身は支持することはできませんが、本気で駆除が理にかなうと考えているなら、私的にやるのではなくて、そういう制度や仕組みを作るのが先でしょうに・・

南極物語

外来生物駆除といえば「南極物語」で燃料不足のため南極に犬を置いていかなければいけなくなって、鎖につないだまま置き去りにしていったことで探検隊が激しい批判を浴びたという話を思い出しました。置き去りにされた犬たちを思うと涙が出ます。

また戻って来るつもりで鎖につないでおいたそうですが、結果として餓死させることになり、そんなことになるぐらいだったらつながないで放置するか、犬たちが生存できる保証がないor南極の生態系を破壊するので遺棄してはいけないということであれば、一撃で殺してあげればよかったのにとずっと考えていました。

犬たちは皆雄だったため繁殖することもないので、放置しておいても南極の生態系に影響を与えることはなかったということも聞きますが、それであれば鎖につながず放置しておいてよかったのか、仮に雄雌がいて繁殖する可能性があったとして、生態系の破壊を阻止するべく殺さなければいけなかったのか、あなたがたが探検隊だったらどう選択していましたか。

何にせよ苛酷な選択です。どの選択をしても、探検隊員は世間から辛く当たられることになったのでしょう。
以前の記事のコメントで屠殺が人が忌避する仕事だろうということを何度か言いましたが、こういう場合に犬たちを殺す役割と同じ意味を持つ仕事だと思います。感謝せずにいられない存在です。でも皆やりたくない、辛い、忌避せざるを得ない役割だと思うんです。

Re: 外来生物

> 犬猫が侵略的外来生物という話は以前から聞いており役所のデータベースの存在も知っていましたが、日常馴染み過ぎているからか直感的に理解しがたいんです。

自分が納得できない事柄について、無知を棚に上げて何でもかんでも思い付きで難癖付けるのは止めて下さい。
他人の主張が間違っていると思うなら、どこが間違っているのか自分で事実関係や法令を調べてから議論に臨むのが普通です。貴方は根拠も裏付けもなく、ただ感情論で噛みついているだけのワガママです。

> 感情的に、やはり完全駆除には反発を覚えます。

それは貴方の思想ですから、好きにして下さい。
しかし、貴方も我々の考え方を強制的に変えさせることは出来ないし、ましてや司法が下した判断には従わざるを得ない事を知るべきです。
これ以上主張したい事があれば、貴方自身で法的根拠を調べた上で提示して下さい。

私は、貴方の様な身勝手で被害者の救済を考えない人に対して反発を覚えます。感情論はもう結構。

No title

>私が疑問に思うのは、日本の環境省が、地域猫の懸念として生態系への悪影響や感染症リスク拡大というマイナス面に一切触れていないことです。

役所においては重要施策を扱うところこそが第一線、それ以外は上もあまり関心を示さないようですから、部署内での地域猫の扱い自体が低く、職員もとりあえず面倒事は極力避けて適当にお茶を濁していればいいとか、単なる骨休めあるいは閑職のポストくらいの認識である可能性はあると思います。

>「稲だって外来種だ。外来種を駆逐する必要はない」と馬鹿言っている農学博士もいます。

農学を研究されているのにそんな認識とは驚きです。それでも博士号貰えるのですね。

Re: 外来生物

オフ主様

> 犬猫が侵略的外来生物という話は以前から聞いており

猫は日本生態学会で侵略的外来種にリストアップされていますが、犬はありません。
議論する上では、正確な事実を根拠にしてください。


>帰化したといえるのではないかと思っていましたが、

外人が日本国籍を得ることを帰化と言い、日本人となり日本社会に順応するというニュアンスがあります。
しかし学術的に帰化動物という時は、悪性の外来種も含めた概念です。
http://kotobank.jp/word/%E5%B8%B0%E5%8C%96%E5%8B%95%E7%89%A9
ですから、幾何動物というのは言い方を変えただけで、その種が日本の生態系に外をなすずに生存しているというわけではありません。


>感情的に、やはり完全駆除には反発を覚えます。

感情というのは、その個人個人により異なる価値観により異なります。
オロロン鳥生息地での餌やり禁止条例にもかかわらず野良猫に餌をやる人や、条例化に反対した人に反発を覚え憎む人もいます。
希少生物が野良猫の被害に遭い、即刻全頭駆除を支持するひともいます。
公共の施策として行うには、客観的な学術的な裏付けと、より多くに人の支持が必要です。
残念ながらあなたの感情に基づく野良猫偏執主義は学術的にも否定されますし、最大多数の支持を得られていません。


> 感覚的に現代日本で犬猫が外来生物とは捉えられないでしょうね。

それはあたなた個人のことで、どのようにお感じになられようとも勝手です。
しかし公共の政策となれば、科学的知見に基づき、最大多数の支持を得るという、民主的なプロセスを得なければならないということです。
それに反対して、力づくで自分の偏った少数意見を非合法でも推し進めるのがテロリストです。


> 「不慮の事故」の体を装って個人で駆除を秘密裏に実行するというのには一貫して反対です。

反対したとしても、根拠となる法律がない限り、「不慮の事故」を防止させることは土地所有者に強制できません。


> 本気で駆除が理にかなうと考えているなら、私的にやるのではなくて、そういう制度や仕組みを作るのが先でしょうに・・

日本には、動物愛護管理法35条2項で、所有者不明猫の引取りを自治体に義務付けています。
それが駆除の制度であり仕組みです。
それには対しているわけですから、貴方は矛盾しまくりです。
なお、私は、動物愛護管理法35条2項が完全に障害なく実行されるのであれば、猫定食には反対です。

Re: 南極物語

オフ主様

仮定の話は本論とそれますが。
私は犬を安楽死されるべきであったと思います。
繁殖はしなくても、生きていくには南極の生物に被害を与えるわけですし、南極には存在しなかった感染症を広げる恐れもあるからです。
この事件があったのは、今ほど生態系保全の重要さが認識されていませんでした。

宮崎の口蹄疫の家畜殺処分でも、理不尽で悲しいことが多くありました。
なぜ犬だけ特別視しなければならないのですか。

Re: Re: 外来生物

駆除賛成派様
横です。

> 自分が納得できない事柄について、無知を棚に上げて、何でもかんでも思い付きで難癖付けるのは止めて下さい。

オフ主様は、反論の根拠は全て個人の感情に基づく価値観なのです。


>貴方も我々の考え方を強制的に変えさせることは出来ないし、ましてや司法が(法律に基づいて)下した判断には従わざるを得ない事を知るべきです。

人は、どのような考えを持っても自由です。
しかしそれを他者に従わせるには、法によらなければなりません。
また自分の考えと法が食い違った場合は、法に従わなければなりません。
客観的で普遍的な正義は法しかなく、一部の猫偏執者がいう正義など意味がありません。

Re: No title

迷惑えさやり反対派様

>部署内での地域猫の扱い自体が低く、職員もとりあえず面倒事は極力避けて適当にお茶を濁していればいいとか、単なる骨休めあるいは閑職のポストくらいの認識である可能性はあると思います。

そうですが、生態系保護は環境書の所管ですからね。
多分、地域猫に関しては「ガイドライン」の作成だけですが、これも愛誤団体に文書作成をほぼ丸投げだったみたいです。
専門の担当官はいないと思います。
環境省としては、地域猫なんてどうでもいい事柄なんでしょうけれど、マイナス面を認識して欲しい。
日本の生態系への認識の低さが思いやられます。


処分

制度自体には賛成というかなくてはいけないと思ってますよ。なくしたら遺棄虐待が増えるだけですから。
ただ、庭にくる数匹の猫ぐらい放っておいてもいいんじゃないか、猫だらけで溢れているとかでない限り…処分に出す前に、もう一段階設けて、処分を回避する策がないのかと思います。地域猫制度の模索は続けたいと思います。

民間の駆除事業者があってもいいと思いますよ。駆除の基準や方法がしっかり定められているならね。

掲示を要件とした猫駆除剤というのも、感情的には嫌ですが、それで闇で殺されていく猫が減るなら、世の中に駆除の危険性を周知することができるなら、また産業創出にもなりますし、いいと思います。

Re: 処分

オフ主様

> 制度自体には賛成というかなくてはいけないと思ってますよ。

それは勘違いで失礼しました。
ただ自称愛護家は、ノーキルを標榜し、保健所の殺処分を廃止しろと言っている人が多いです。


>処分に出す前に、もう一段階設けて、処分を回避する策がないのかと思います。地域猫制度の模索は続けたいと思います。

それが地域猫という手法です。
しかし長年の実証実験で、効果がない、むしろ逆効果。
その上、感染症拡大リスクや生態系への悪影響まであると、TNRで先行した先進国は結論づけたのです。
それをなぜ参考にせず、誤ちを日本は繰り返すのでしょうか。


> 民間の駆除事業者があってもいいと思いますよ。駆除の基準や方法がしっかり定められているならね。

あります。
ただ自称猫愛護家のテロが怖いので、表だって広告していないだけです。
所有者のない猫を捕獲し、保健所に届けるのは合法です。
他者から依頼されてもです。
保健所が引き取らなければ、獣医師により安楽死させ、産業廃棄物として処分するのは合法です。
実際に行われています。


> 掲示を要件とした猫駆除剤というのも、感情的には嫌ですが、それで闇で殺されていく猫が減るなら、世の中に駆除の危険性を周知することができるなら、また産業創出にもなりますし、いいと思います。

私はむしろ、動物愛護管理法35条2項(所有者不明猫を保健所が引き取る義務)を利用しやすくすること、運用が適正化することのほうが重要だと思います。
猫定食がこれほど普及したのは、所有者不明猫の引取りを拒否する保健所が増えたからだと思います。
それは方に反しますし、自称猫愛護家の圧力によるところが大きいと思います。
保健所がきちんと所有者不明猫を引き取れば、猫定食は必要でなくなります。

またしても‥( ゜д゜)

オフ主さん あなた このブログに居座ってる割には「地域猫制度の模索はします」て このブログでもTNRは効果も無い!無い!と さんかくたまご様が言われてるのに あなた まだ そんな事を言ってるんですね。┐('~`;)┌
それこそ あなたが 大金持ちにでもなって わたくしの屋敷で猫を放し飼いをします!て いうぐらいなら わかりますよ。あなた こんだけ ここにいて 何も学んでないんですね。あああ~

Re: またしても‥( ゜д゜)

にゃーにゃー様、コメントありがとうございます。

> オフ主さん あなた このブログに居座ってる割には「地域猫制度の模索はします」て このブログでもTNRは効果も無い!無い!と さんかくたまご様が言われてるのに あなた まだ そんな事を言ってるんですね。┐('~`;)┌

オフ主様は、まだ議論の余地のある方ですよ。
カチカチの餌やりノーキル至上主義者よりずっと。
こちらの記事と逸脱した内容のコメントも多いのですが。

保健所

千葉と横浜の保健所に聞いてみましたが、明らかに遺棄された猫と、飼い主が手に負えなくなった猫に限って引き取る、所有者がいる可能性がある限りは極力引き取らないようにする、終生飼育や新しい飼い主探しを薦めると言っており、りゃんままが「最近の保健所は引き取りを拒否している」と言っていたのと確かに符合しているなとは思いました。
ただポーズだけなのかもという気はします。氏名なども記録するといっていましたので、持込のハードルは高いように感じました。
りゃんままにも保健所が引き取らなくなったら遺棄したり自分で殺したりするだけで動物たちにとってはもっと苛酷な境遇になるだろう、保健所に持ち込むのを阻止しようとするならその人がかわりに引き取らなければならないといっても、「飼い主が保健所に持ち込むのを第三者が止める権限がないのはわかっているが、やめてほしいと思うのは自由」とか言って、思って処分される動物が減るならいくらでも思うよな・・という感じでした。

さんかくさんも、飼い主として持ち込んでいるのかなと思ったのです。でも遺棄された猫として届けてるんですね。里親探しとか保健所から薦められないんですか?・・薦められないなら千葉や横浜に聞いて得られた回答はポーズなのかもしれませんね。

なるべく税金は使わないほうがいいので民間でできるなら民間でしたほうがいいと考えてます。その分を動物の愛護や福祉に資する施策にまわしたほうが有益だと思いますから・・ということで、苦痛の度合いが炭酸ガス処分と同じなら、逃げられる余地もありますし、まだ毒餌の方がましだと思ってます。駆除するという行動を制御することが不可能であるという前提ならばね。

さんかくさんと会話をしていて思うのが、飼育動物は完全保護か完全駆除かどちらかということからもありましたとおり、処分や駆除がデフォルトで、ある動物を処分駆除しないでと訴えるなら、ではほかの同様に処分駆除される動物については訴えないのかという論法を用いますね。
どんな動物についてもなるべく処分や駆除はしないでほしいですよ。Aが処分が当たり前になっているからBも当たり前に処分していいとは思いません。せめてBだけでも処分は避けたい、Aもできるだけ避けるように努力していきたい、と私は考えてます。

Re: 保健所

オフ主様

> 千葉と横浜の保健所に聞いてみましたが、明らかに遺棄された猫と、飼い主が手に負えなくなった猫に限って引き取る、所有者がいる可能性がある限りは極力引き取らないようにする、終生飼育や新しい飼い主探しを薦めると言っており、

所有者不明猫の引取りの可否を、現場の職員に裁量権があると解釈できる出来る条例に規定があるのは上記では横浜市だけです。
千葉ではありません。
どう打つ愛護管理法35条2項では「自治体に引き取らなければならない」とありますので、千葉のケースは、明らかに動物愛護管理法35条2項違反行為です。
h木取りを拒否された人は、その様子を録音などして行政不服審査などで申し立てれば、下手したらその職員は処分されます。
また、現場の職員に儀軌取りの裁量権があるともとれる条例は、上位法の動物愛護管理法に明らかに反しますので、行政訴訟でその条例の無効を訴えれば、認められる可能性は高いと思います。
国の統治の根幹は法です。
現場の職員の判断ではありません。
また、何の障害もなく引き取る自治体がほとんどで、自治体自ら野良猫を捕獲しているところもありますし、不要犬猫回収車を巡回させている自治体もあります(私の過去記事から探してください)。


> 氏名なども記録するといっていましたので、

それはどこの自治体も同じです。


> 「飼い主が保健所に持ち込むのを第三者が止める権限がないのはわかっているが、やめてほしいと思うのは自由」。

やめてほしいと思うのは自由ですが、実際に妨害行動をすれば違法です。
例えば保健所に引取りをやめろという、大量メールを送るとかのネットテロでも行き過ぎれば業務妨害罪になります。


> 里親探しとか保健所から薦められないんですか?

神戸市では、市と民間ボランティアが連携して譲渡先を探しています。
しかし譲渡が、れるのは、収容猫の数%です。
持ち込み者に譲渡先を寒河江とか言われることはありません。


>駆除するという行動を制御することが不可能であるという前提ならばね。

何度も記事にしているとおり、駆除殺処分ゼロを実現できた国は皆無です。
公的殺処分がない国、少ない国はありますが、別の方法で日本よりはるかに多くの殺処分を行なっています。
公的殺処分がゼロが駆除ゼロというのであれば、ソマリアやコンゴがそうです。


> Aが処分が当たり前になっているからBも当たり前に処分していいとは思いません。せめてBだけでも処分は避けたい、Aもできるだけ避けるように努力していきたい、と私は考えてます。

それは同感です。
トータルで、無駄に動物の命を奪うことには私も反対です。
それにはバランス感覚が大切です。
例えば、宮崎の口蹄疫では、数十万の健康な家畜が無為に殺されました。
宮崎大学の論文では、放し飼い野良猫が、口蹄疫感染拡大の一原因である可能性を指摘しています。
「野良猫を殺すな」と言って、もしその野良猫が口蹄疫感染を拡大させ、それが原因で数百の家畜に感染させていたとしたら、結果としてより多くの命を奪ったことになります。
そのようなケースでは、事前にハイリスクの野良猫を駆除もしくは完全室内飼育出来る人に譲渡し、放し飼い猫に対しては、厳しい罰則規定も設け、放し飼いをやめさせることが必要です。

仕組み

私的に駆除するのではなくて制度や仕組みを作ることを先決に…といったのは、処分とその回避策としての里親探しを引き受ける民間の事業者を公認することや、役所に届け出を出して駆除剤散布を掲示を条件に許可して、その散布ポイントをデータベース化してマップにもして閲覧できるようにする、とか、考えてました。で、その事業者を利用する前段階で、この地域で事業者による駆除を実行するので、飼い猫を駆除されたくないなら近づけないようにと警告を出して、それもデータベース化して閲覧できるようにするとか。なるべく税金は使わない方がいいので。でも公にはしにくいことなんですね。表面上処分や駆除をなくそうとしても、地下にもぐるだけですから、それなら一定範囲で認めて管理した方が猫のためにはなると思いますけどね。

有償にしたらなおのこと新しい飼い主は見つからないでしょうね。でも無償譲渡すると虐待者が紛れ込んで来ますから、里親になった人の個人情報を記録しておいて、他の保健所や愛護団体の記録と機械的に照合して、引き取り頻度が高い人はNGにする、場合によっては虐待の疑いありとして調査にあたるとか、ですね。保険でも詐欺をしてないか保険会社同士で機械的に履歴を照合するシステムがあると聞いていますから。

仕組みを言うなら

放し飼いと餌やりの罰則禁止だけですべて解決しますよ。殺処分と駆除をしないといけない理由はこれですから。
殺処分数なんかは五年もすれば半分以下になるんじゃないですか。

Re: 仕組み

オフ主様

> 私的に駆除するのではなくて制度や仕組みを作ることを先決に…といったのは、処分とその回避策としての里親探しを引き受ける民間の事業者を公認することや、

神戸市では、「動物管理センター(殺処分施設)と民間団体が共同で収容した犬猫譲渡事業を行っています。


>役所に届け出を出して駆除剤散布を掲示を条件に許可して、その散布ポイントをデータベース化してマップにもして閲覧できるようにする、とか、考えてました。

そもそも規制のないもので、行政が管理する仕組みを作るのは不可能と思います。


>この地域で事業者による駆除を実行するので、飼い猫を駆除されたくないなら近づけないようにと警告を出して、それもデータベース化して閲覧できるようにするとか。

自治体によっては、野良猫を捕獲する要綱があり、自治体自ら行っているところもあります。
でも自称猫愛誤は、「野良猫を捕獲することは違法で自治体がするなどあり得ない」などといって外飼いを続けます。
現実を見なければだめですよ。


>でも公にはしにくいことなんですね。

ドイツなんて大量に狩猟駆除されているし、猫さらい?>もいるようだけれど、猫を放し飼いする人はやめません。
猫飼育者って、どうしてなんでしょう。


> 有償にしたらなおのこと新しい飼い主は見つからないでしょうね。でも無償譲渡すると虐待者が紛れ込んで来ますから、里親になった人の個人情報を記録しておいて、

自治体が一般譲渡しているケースではそうです。
神戸では、一人一匹までに制限されています。

Re: 仕組みを言うなら

きつね様、コメントありがとうございます。

> 放し飼いと餌やりの罰則禁止だけですべて解決しますよ。

同感です。
30年以上、わが町内を悩ませ続けてきた100匹餌やりおばさんが死んだ?重病で入院中?で餌やりができなくなったとたん、猫はあっという間に消え去りました。
宝塚市の清荒神の地域猫は、高齢者が亡くなって残された数匹の猫に近所の人が餌を与えるようになって、数年で30数匹にまで激増したのと対照的です。
その二つの事例がすべてを物語っています。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

名無し様、コメントありがとうございます。

> >餌やりさんたちは、人の迷惑を省みることができず、想像力が欠如して、幼児並みに精神年齢が低いのです。 
> これには完全に同意です!!!!!!!

同意ありがとうございます。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR