「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー追記






「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー1 
「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー2
「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー3
「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー4
「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー5
「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー6
「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー7
「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー8
「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー9
「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー10
追記 



 以上の記事を書いた趣旨は、次のブログ記事に対する反論です。


2ch生き物苦手板の住民とのオフ会の報告
【弁護士の見解】毒餌は敷地内であっても違法行為から引用。

猫は愛護動物であり、動物愛護法第44条に規定する犯罪に該当するのです。
また、人に飼育されている犬猫を対象とする場合は、上記の他に、刑法第261条の器物損壊罪に該当します。
二つの犯罪が成立することになるのです。上記のような評価は、自宅敷地であろうとも公共の場であろうとも何ら変わりません。
もし、現場をつきとめて警察に通報した場合ですが、現行犯逮捕の対象となります。
現行犯逮捕は、私人においてもすることが出来ます。

>しかし合法的な薬剤であるわけで、「ただ置いておいただけ」「ナメクジやネズミや蟻の駆除のために置いておいただけ」「捨てただけ」と言い訳されてしまったら、逮捕できないのではないでしょうか?
現場の全体的な状況からして、ただ置くということは通常では考えられない行動ですし、ナメクジやネズミ等の駆除をするにしては、不自然な場所、時期(例えば、そのような害虫が発生しようのない冬場であるとか、)に置いたものである場合は、警察官としても、「この人は嘘をついているな」と認定するということも考えられます。

>明らかに猫に食べさせる目的で餌を配膳しているのであれば、猫虐待目的で設置していると評価され、犯罪行為とみなされるということでしょうか?
みなされるというよりも、犯罪行為の一部であるということになります。



 大変短い文章ですが、これほどまでに多くの法律的な矛盾点誤りを盛り込めるのは一種の才能だと思います。その矛盾点、誤りを指摘し、反論ためには、私は記事を10本も書く必要が生じたのですから。

 最後に引用した問題ブログの記事には直接は関係ありませんが、動物愛護管理法44条1項の「みだりに殺し、傷つけてはいけない」の「みだり」は重要です。誤った愛護家は、意図的にこの「みだり」という文言を無視しますが、この文言があるのとないのとでは、本条文の意味が大きく変わります。
 仮に、法の趣旨が「みだり」ではなく、「愛護動物を殺し、傷つけてはいけない」のであれば、人も生存できません。食肉、猫用も含めたペットフードの原料、皮革などの工業製品、実験動物など、多くの愛護動物の犠牲により人間は生かされています。

 その愛護動物たち、「動物愛護管理法44条1 牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる 2 前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの」は、法律上は同等の位置づけです。猫だけが特別ではありません。動物愛護管理法の法の趣旨は二つあります。それは愛護動物の管理と愛護です。管理なくして愛護はありえません。
 もし動物愛護管理法44条1項が、特定の愛護動物(例えば猫)に限って「いかなる場合でも殺してはならない」「限度なく野良猫による被害を受忍しなければならない」という趣旨であるのならば、国は、野良猫被害者に対して賠償しなければなりません。法理論上そうなります。しかしそれはありえないことです。もし動物愛護管理法44条1項の趣旨がもしそのようなものであったのならば、憲法が保証する私有財産権を否定することになりかねません。

 日本の動物愛護管理法は、先進国の動物愛護に関する法律の中では例外的な存在です。先進諸外国の動物愛護に関する法律では、法律が保護の対象としているのは「現に人に飼育されているもの=管理責任者が存在するもの」のみです(アメリカでは、一部条例レベルでの例外はあります)。日本の動物愛護管理法に相当する、アメリカ連邦法であるAnimal welfare Act(動物福祉法)、ドイツ連邦法であるTierschutzgesetz(動物保護法)は、私は度々紹介しましたが、いずれも明確に、法の保護の対象を「現に飼育されているもの=管理責任者が存在するもの」と記述されています。
 つまり日本以外の先進諸外国での動物愛護に関する法律は、「人に飼育されていない=管理責任が不明確なもの」は保護の対象ではありません。生態系産業、公衆衛生に被害を及ぼす野良猫犬(とみなされるものも含む)は、当たり前に駆除されています。

 野良猫の誤った愛誤家は、日本の動物愛護管理法の特殊性と法の間隙(猫に関しては、狂犬病予防法や家畜伝染病予防法などの法規による規制が皆無)により存在できるのです。私は本来、動物は、管理責任が明確なものに限って保護するべきで、日本以外の先進諸外国の法制度の方が理にかなっていると思います。管理者不在の動物にまで、無限に保護を拡大すれば、その動物による被害の賠償責任が不在という問題が生じます。
 日本の動物愛護管理法44条1項の「みだりに殺し傷つけてはいけない」の「みだり」は、その歯止めの意味があると思います。動物愛護管理法でも「愛護」と「管理」の両面を謳っているのです。つまり日本の動物愛護管理法でも、「無管理状態」の愛護動物は「みだり」でなければ殺処分も止むなしということです。

 誤った猫愛護家の方に申し上げたいのですが、法律の解釈において、著しい偏向的解釈は、一般の支持を得られないばかりか、不信感を抱かれるだけです。動物愛護管理法44条1項では、愛護動物を殺し傷つけてはいけない」とはなっていません。「みだり」であることを禁じているだけです。動物愛護管理法35条2項においては、「都道府県等が所有者の判明しない犬又はねこの引取りをその拾得者その他の者から求められた場合に準用する」と規定されています。
 私は「定食」の配置が良いとは思いませんし、勧めているわけでもないです。猫被害者の権利回復のためには、やむ得ない非常手段とも言えます。それは誤った猫愛護家の圧力により、自治体は所有者不明猫の引取りを事実上拒んでいるところが多いことが背景にあります。動物愛護管理法35条2項を正常に運用すれば良いのです。また全ての猫飼育者が、同法7条を守り、室内飼い等の適正飼育をすれば、野良猫猫被害は生じようがありません。ですから「定食」の議論も不要になります。「定食」を配置することが警報犯罪になるのか否かを論じることは、いわば枝葉末節です。

 私は猫被害者ですから、法律解釈においては、猫被害者側への多少の偏向はあるかもしれません。しかし一線は踏み越えていないと思います。
 私が一連の同名の記事で批判反論した、ブログ、2ch生き物苦手板の住民とのオフ会の報告の記事、【弁護士の見解】毒餌は敷地内であっても違法行為では、完全に許容範囲を逸脱した法解釈ですが。それ以前に、見解を示された弁護士の方や、それを紹介されたブログ管理人の方には、「猫」という愛護動物の法的な立場と、問題の根本~なぜ「定食」が存在するのか、その元因を見ていただきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やぎは駆除してヤギ汁に

なって美味しく人類に貢献してます。野良猫も駆除されて
人間様に貢献しないとね。ヤギも猫も同じ愛護動物なのに
ここまでヒステリックに駆除に反対する愛誤のオツムは
やはりトキソにやられてますね?

私は野良猫愛誤を人間とは見做さず、トキソ原虫と話していると
解釈しているので奴らは自らの寄生主の不利益になることには
断固反対する為に色々と乗っ取った人間を使って悪巧みを
試みているのだと思ってます。

Re: やぎは駆除してヤギ汁に

只野乙三様、コメントありがとうございます。

>ヤギも猫も同じ愛護動物なのにここまでヒステリックに駆除に反対する愛誤のオツムはやはりトキソにやられてますね?

動物愛護管理法44条では、猫とヤギは法律上の位置づけが同じです。
小笠原諸島でも、野ヤギは普通に駆除されます。
誤った猫愛護家は、自分たちに都合よく法律を曲解歪曲、拡大解釈しないで欲しい。


> 私は野良猫愛誤を人間とは見做さず、トキソ原虫と話していると
> 解釈している。

私も同感です。
昔のSF映画のストーリーで、宇宙から来た、謎の病原体に体を乗っ取られた人間(ゾンビ)が、その病原体の繁栄のために人間社会の破壊活動を行うなんてよくありました。
まさにそのような危機感を感じます。

愛護側からの運営への通報のためブログ削除されてしまいました。虐待や駆除など話題がダーク過ぎるからみたいです。
今愛護家から、虐待者またはその協力者なのではと疑いをかけられ、嫌がらせや追及を受けています。

処分や駆除や生体販売を肯定している、毒餌の掲示を合法化と引き換えに義務づけることを提案したら、毒餌を容認している、と言われて袋叩きにあいました。こんな発言をする奴は、例の愛護団体に猫の遺骸を送りつけた犯人なのではないか、地域猫をさらった犯人なのてはないかと疑っているようです。

Re: タイトルなし

オフ主様

> 愛護側からの運営への通報のためブログ削除されてしまいました。

昨日、あなたのブログが無くなっているのに気がつきました。
ご自身で削除されたのかと思っていました。
いろいろな考え方があって、オープンに議論することは良いと思っていたのに残念です。
日本共産党と公明党は悪口のいいいぐらいだけれど、中核派と革マル派は殺し合いまでします。
あまりにも自分達の主義に固執するのは危険です。


> 今愛護家から、虐待者またはその協力者なのではと疑いをかけられ、嫌がらせや追及を受けています。

私は常々指摘していますが、誤った動物愛護の方々は、あまりにも偏狭、排他的なのです。
あなたのお考えはユニークで、それを元に議論することは建設的だと思いましたが。


> 処分や駆除や生体販売を肯定している、毒餌の掲示を合法化と引き換えに義務づけることを提案したら、毒餌を容認している、と言われて袋叩きにあいました。こんな発言をする奴は、例の愛護団体に猫の遺骸を送りつけた犯人なのではないか、地域猫をさらった犯人なのてはないかと疑っているようです(あれあれ)。

もし原稿をバックアップされているならば、FC2にブログを再度開設されてはいかがですか。
いろんな考え方、自分では思いもつかなかった視点を提示してくださることは私は議論を深めることにとっては有益だと思います。
これはドイツの偉大な哲学者、ヘーゲルの弁証法でも言えることです。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%A6%A5%D5%A5%D8%A1%BC%A5%D9%A5%F3

ところで日本では、Aufhebenは堅苦しい哲学用語ですが、ドイツ語では「ちゃんとモノを片付けて棚に上げておきなさい」とか「古新聞を物置にしまう」と言った、日常的な単語です。

ありがとうございます。
愛護団体が仲間に私の氏名住所職場を教えて自宅の写真や地名を掲載しています。
愛護団体の担当者は近々使者を自宅に派遣するといっています。
私ある黒ムツに追い回されているのですが、そいつに個人情報ばらすぞと仄めかす言動されて、実際に連絡してしまい、連携してオフ主のブログ閉鎖に追い込もうということになってしまいました。

Re: タイトルなし

オフ主様

私は、貴方のことは嫌いじゃないです。
ただ残念に思うのは、問題提起をされるのは良いとは思いますが、手段がちょっとお騒がせすぎたのではないでしょうか。
地味で、最初は反応が薄くても、言論に対しては根気よく言論で応じていかなければならないと私は思っています。
一時に話題を集めても、本題とそれてしまえば、長い目で見れば、本題への影響力はそれほど及ばないということでしょう。


> 愛護団体が仲間に私の氏名住所職場を教えて自宅の写真や地名を掲載しています。

どちらかのブログですか。
個人情報の暴露ということで、そのブログ個人情報の削除を内容証明などで請求されてはいかがですか。



> 愛護団体の担当者は近々使者を自宅に派遣するといっています。

???
脅迫的な言動があれば、それこそメールや音声電話の内容を録音するとか証拠を取って、警察や弁護士に相談すれば良いと思います。

オフ主様

個人情報をばらまかれて脅されているのですか?

各都道府県警察にサイバー犯罪対策課があります。

http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm

既知外愛誤は、嘘や脅迫、言論妨害、テット拡散テロ等

卑怯な手段がが得意です。

お気をつけください。

Re: オフ主様

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。
横レスです。

> 既知外愛誤は、嘘や脅迫、言論妨害、ネット拡散テロ等

誤った猫愛護家に私が危険を感じるのは、限られたお身内で固まり、閉鎖的で他者の意見に一切耳を傾けず、独善的でな考えに偏執することです。
自分たちの「教義」に少しでも反するものは、元お身内であってもテロ攻撃を容赦しない。
まさにオウムや日本赤軍と同じ精神構造です。

いわゆる猫「定食」を私有地であっても配置することは、動物愛護管理法44条違反に理論上は抵触する可能性は否定しません。
しかしそうだからといって、それを規制できるか、犯人を逮捕して有罪にすることができるかとは別問題です。
私が一連の記事で述べたように、犯罪の構成要件を満たすことのほかに、立証などが有罪とするにはには必要です。
猫「定食」では、実際問題としてそれがほぼ不可能です。
オフ主さんの視点は、法律上の解釈はともかく、アンチテーゼとして議論を発展させる意味はありのです。
「猫定食は犯罪行為」と凝り固まっていても、1ミリも状況は改善しません(猫定食で死ぬ猫は減らない)。
議論することにより、視点をかえた改善策を模索する能力は、誤った猫愛護家にはないのです。
一部の自称動物愛護団体と、カルトの共通性を指摘する方は多いですが、極右極左などと精神構造が同じなのです。
それは大変危険なことだと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: オフ主妄想入ってます

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

私はツイッターや、他の方のブログ、はたまた掲示板はそれほど見ておりません。
特にツイッターは、最近は見ることが皆無です。
ですから詳しいことは分かりません。

もちろんご指摘されていることには同意します。
しかしいずれにしても、オープンな議論を拒む方々は私は警戒します。
暴力で主張を抹殺するのは、私は支持しません。

私の氏名住所を公開している愛護家のブログです

http://ameblo.jp/ryankawaii/
アメンバー限定記事で私からは見えませんが、ここで私の氏名住所つきの誓約書を公開して、それをあちこちの愛護家に漏らし、私をストーカーしている黒ムツにばらすことをほのめかしています。今はモザイクつけているのかもしれませんが。

この愛護家に指示を出したのが、
以前あなたが記事にとりあげていた遺骸を送りつけられた横浜の愛護団体の担当者です。この担当者が私の氏名住所職場を協力者に漏らしました。

連絡を受けた愛護団体が私を実名つきで誹謗中傷する記事をブログに掲載しました。

この人たちが私を遺骸送りつけの犯人ではないかと疑い、そうでなくても私がこの団体を苦手板に名前を出して目立たせたことが原因だと言いがかりをつけ、20日に仲間を連れて必ず釈明に来い、来なければ警察に容疑者として捜査を依頼すると言っているのです。
私は担当している旭警察署生活安全課防犯係の担当者の立会いのもとなら面会するといいましたが「私たちは被害者だぞ、何様だ」と逆上しだしました。

続きます。



私の家に探偵を派遣するつもりです

http://www.tanteifile.com/diary/2013/04/15_02/
この愛護団体はこの事件の犯人を捕まえるために探偵を雇っています。
20日に会わせたい人がいるから仲間を連れて必ず来いといっていたのはこの探偵に引き合わせるつもりだったからでしょう。

この愛護団体の担当者(ブログ主の上司)は、自宅に代理人を派遣すると言っていますので、この探偵が私の自宅に来て私の写真や自宅の写真を撮影し、それを彼女たちのブログに掲載するつもりなのでしょう。

すでに彼女の協力者のブログに私の自宅の写真や居住地が掲載されています。

愛護団体のテロリズムを摘示する記事を

基本的にあなたは論敵ですが倫理的な部分以外は重なる部分も多いです。すべての命を生かすことはできないので、処分や駆除は否定しない、駆除という名目のもと虐待が行われないようにちゃんと方法を定めよう、社会コストとの兼ね合いも考えよう、という考え方なので。

しかし今私を攻撃している人たちは私の考えがどうしても受け入れられないようで、何でも悪意に解釈してしまいます。
この人たちの、気に入らない人間をつぶすためなら黒ムツをも利用するテロリズムを、もしよかったら個人情報を伏せてスレッドか新設したブログで説明しますので、できれば記事にとり上げてほしいです。団体の名前や個人のHNは挙げないでください。

このブログ主たちの私への批判は次のとおりです。

殺処分施設を閉鎖しても余計に遺棄や虐待が増えるから、制度は存置して、制度を利用する人をなくそう→殺処分推進

毒餌では逮捕できない、隠れて撒かれるより、いっそのこと合法化と引き換えに掲示を義務付けて、毒餌のありかを特定し、毒餌に対する地域社会の警戒の目を向けさせて駆除魔への牽制としよう→毒餌肯定

駆除行為を制御できず、保健所に連れて行かれるか毒餌撒かれるかだったら、炭酸ガス窒息死と毒餌の苦痛の程度が同じなら、逃げる余地があること(掲示しているならなおさら)、(処分が前提の場合)税金が削減できることから、まだ毒餌のほうがまし→毒餌肯定

無償譲渡だと虐待者の手に渡りやすくなるから有償販売を→生体販売肯定

動物や子供など義務を果たせない者に権利はない、成人に子供や動物を守る義務があるだけ→動物の権利否定

猫だからという理由で駆除してはいけないという理屈はおかしい、哺乳動物や恒温動物一律愛護動物と指定して、その中から駆除が必要となる動物を要駆除動物と指定するほうが筋が通っている→そんなに猫を殺したいのか

駆除と虐待は兼ねることもあるが違う→駆除という概念は愛護動物である猫には適用されない、駆除という考え方を認める者は敵とみなす。

駆除は追い払うことで、その手段として殺害を用いることもあるというだけ、駆除の方法が残虐であれば虐待になる→駆除という言葉は虐待をごまかしたい黒ムツの言い訳

苦手板に潜入して実態調査している→苦手板住民と馴れ合っているのは本来黒ムツだから

虐待画像を証拠として入手しようとしている、それを苦手板の実態を示す証拠として警察や愛護団体に見せた→虐待を教唆している、虐待画像の宣伝をしている

愛護団体の名前を苦手板で出した→愛護団体に遺骸が送りつけられる原因を作った

地域猫が大量に誘拐された(私の虐待オフ狂言以前から以前から続発していた)→狂言のせい

私の実名つき中傷記事です

ブログ主から連絡を受けて、私が所属している(と彼女らが誤認した)愛護団体が、私を実名つきで中傷する記事をブログに掲載しました。
http://uploda.cc/img/img516fd72a327e4.png
これがその記録です。

団体の名前と私の実名は削除しています。
削除後、「このような人物が当団体に所属していることを周知すると当団体の名誉が貶められかねないので削除しました」と「お詫び」する記事があげられました。

確かに書かれてあることは事実ではありますが通報者の主観でだいぶバイアスを与えるように(悪意に受け取るように)書かれています。殺処分推進だとか・・。

Re: 私の氏名住所を公開している愛護家のブログです

オフ主様、コメントありがとうございます。

> アメンバー限定記事で私からは見えませんが、

私もアメンバーではありませんので見ることはできません。
内容を確認したいのであれば、知人にアメンバー登録をして見てもらえばいいのではないですか。


> 以前あなたが記事にとりあげていた遺骸を送りつけられた横浜の愛護団体の担当者です。この担当者が私の氏名住所職場を協力者に漏らしました。

こんなこと言ってはないですが、その団体も問題がありそうですよ。


> 連絡を受けた愛護団体が私を実名つきで誹謗中傷する記事をブログに掲載しました。

その団体のHpでですか。
私はまだ見ていません。


> この人たちが私を遺骸送りつけの犯人ではないかと疑い、そうでなくても私がこの団体を苦手板に名前を出して目立たせたことが原因だと言いがかりをつけ、20日に仲間を連れて必ず釈明に来い、来なければ警察に容疑者として捜査を依頼すると言っているのです。
> 私は担当している旭警察署生活安全課防犯係の担当者の立会いのもとなら面会するといいましたが「私たちは被害者だぞ、何様だ」と逆上しだしました。

そのようなトラブルは、警察などの公的機関に相談された方が良いのではないですか。

Re: 私の家に探偵を派遣するつもりです

オフ主様

> この愛護団体はこの事件の犯人を捕まえるために探偵を雇っています。

探偵ファイルというのは、3流のゴシップメディアです。
かつてこげんた事件で、騒ぎを大きくして、犯人逮捕のきっかけになったメディアです。
下らない連中です。

個人情報の暴露などは、先の猫糞被害者@名古屋様のリンクを参考にされたほうが良いと思います。

Re: 愛護団体のテロリズムを摘示する記事を

オフ主様

> すべての命を生かすことはできないので、処分や駆除は否定しない、駆除という名目のもと虐待が行われないようにちゃんと方法を定めよう、社会コストとの兼ね合いも考えよう、という考え方なので。

それは私も主張していることです。
現実には、すべての命を活かすのは不可能です。
ノーキルを実現できている国は皆無です。


> しかし今私を攻撃している人たちは私の考えがどうしても受け入れられないようで、何でも悪意に解釈してしまいます。

あの人たちはカルトですからね。


> ブログで説明しますので、できれば記事にとり上げてほしいです。団体の名前や個人のHNは挙げないでください。

具体的な個人団体名を挙げるのはリスクがありますから、私は避けています。
それでは、そのブログを「解説したならば、URLのリンクをつけてください。
愛護問題として興味深い内容であれば記事にします。


> 殺処分施設を閉鎖しても余計に遺棄や虐待が増えるから、制度は存置して、制度を利用する人をなくそう→殺処分推進

> 毒餌では逮捕できない、隠れて撒かれるより、いっそのこと合法化と引き換えに掲示を義務付けて、毒餌のありかを特定し、毒餌に対する地域社会の警戒の目を向けさせて駆除魔への牽制としよう→毒餌肯定
>
> 駆除行為を制御できず、保健所に連れて行かれるか毒餌撒かれるかだったら、炭酸ガス窒息死と毒餌の苦痛の程度が同じなら、逃げる余地があること(掲示しているならなおさら)、(処分が前提の場合)税金が削減できることから、まだ毒餌のほうがまし→毒餌肯定
>
> 無償譲渡だと虐待者の手に渡りやすくなるから有償販売を→生体販売肯定
>
> 動物や子供など義務を果たせない者に権利はない、成人に子供や動物を守る義務があるだけ→動物の権利否定
>
> 猫だからという理由で駆除してはいけないという理屈はおかしい、哺乳動物や恒温動物一律愛護動物と指定して、その中から駆除が必要となる動物を要駆除動物と指定するほうが筋が通っている→そんなに猫を殺したいのか
>
> 駆除と虐待は兼ねることもあるが違う→駆除という概念は愛護動物である猫には適用されない、駆除という考え方を認める者は敵とみなす。
>
> 駆除は追い払うことで、その手段として殺害を用いることもあるというだけ、駆除の方法が残虐であれば虐待になる→駆除という言葉は虐待をごまかしたい黒ムツの言い訳
>
以上は、私も同意するところがあるし、理にかなっているところがあるんじゃないですか。

Re: 私の実名つき中傷記事です

オフ主様

> ブログ主から連絡を受けて、私が所属している(と彼女らが誤認した)愛護団体が、私を実名つきで中傷する記事をブログに掲載しました。

私が指摘したとおりです。
誤った粟生物愛護家は、あまりにも閉鎖的、排他的、独善的で異なる意見を全く受け入れないのです。
その悪い面が顕著に出ましたね。
私はいろいろな考えの方がいて、議論を戦わせることにより、議論が発展し、より良い解決策に結び付くのだと思います。
貴方のお考えは、悪くはないと思いますよ。
そのお考えを理由に個人攻撃するのはおかしいと思います。

私に凸しようとしている愛護家たち

とりあえず、2ch大好き板と苦手板の駆除スレか虐待スレでソースつきで解説します。アメーバ退会させられてブログは持っていないので。

私の氏名住所つきの誓約書を公開している記事がこれです。
http://uploda.cc/img/img51721f1ed4503.png

彼女の上司が発信者で、彼女の上司と直接には揉めました。
彼女とその取り巻きとずっとブログで論争しており、その軌跡は彼女の「なう」にあります。また私のブログでも喧嘩してきましたが(というか一方的に攻撃されて)、その軌跡はバックアップデータを再掲したときに、お見せいたします。

あとツイッターはまだ残っており、https://twitter.com/offnusi
ここでも彼女とその取り巻きとずっと喧嘩してきました。
特に2月後半から3月前半が白熱していました。ここ数日も個人情報を漏洩しただのしてないだの、20日にちゃんと釈明と謝罪に来いだの行かないだの喧々諤々の言い合いをしていましたが、彼女が黙ってしまったので、今は沈静化しています。

この愛護団体に迷惑をかけたのは事実ですし、自分が知っている情報をどんどん提供して、その中には未確定情報も大分含まれており、特定の人を犯人扱いするような発言もかなり含まれていたので、「捜査妨害、情報霍乱」と思われても致し方なかったとは思います。
その点は愛護団体の担当者(ブログ主の上司)に申し訳なく感じています。

Re: 私に凸しようとしている愛護家たち

オフ主様

> 私の氏名住所つきの誓約書を公開している記事がこれです。

私はアメンバーではありませんので、内容が確認できません。
アメンバー限定でしょ。


> 彼女とその取り巻きとずっとブログで論争しており、その軌跡は彼女の「なう」にあります。また私のブログでも喧嘩してきましたが(というか一方的に攻撃されて)、その軌跡はバックアップデータを再掲したときに、お見せいたします。

ある(自称)愛護ブログで「私たち(自称)愛護は、ほかの人達と議論をしないのが暗黙の了解」と書かれていました。
貴方は、そのムラのオキテを破ったんです。
その報復ですかね。
しかし一種の凝り固まった「教義」を信奉し、その批判を許さないという体質は怖いです。
だからドイツあたりでも、動物アイゴとネオナチファシズム信奉者は相性がいいのですかね。
しかし「議論が御法度」でブログを乱立し、それぞれがコメント可能なのはおかしな話です。
(陰で都合の悪いコメントは削除して、互いヨイショしているものだけをも残すのでしょうけれど)。


> 20日にちゃんと釈明と謝罪に来いだの行かないだの喧々諤々の言い合いをしていましたが、

議論で釈明や謝罪などというのもおかしな話です。

論敵を攻撃するためには黒ムツも利用します

謝罪と釈明というのは、議論のことではなく、虐待オフ狂言をしたこと、苦手板で団体の固有名詞を出したこと、駆除や処分を肯定する(やむをえないこともあるから方法を定めようという主張でしたが)ブログを書いたこと、苦手板の実態を告発することで逆に扇情してしまったかもしれないこと、のようです。

直接的には私が遺骸送りつけの犯人または協力者とかんぐられているようで、それを追及したいのでしょう。

確かにその愛護団体に迷惑をかけたのは事実です。
虐待オフ狂言をしてパトロールする結果になり、猫がさらわれたこと(以前から続発していたんだけど)と私の狂言を結び付けて考えるのも仕方ないでしょう。
私がネット上でいろいろ発言したことで、地域猫やその団体を目立たせることに多少加担したとも思いますし。
犯人特定に結びつく情報を少しでもと思い、未確定な情報をたくさん流して混乱させてしまいましたし。

だからといって以前から続発している地域猫誘拐の原因が私、遺骸送りつけの原因を作ったのが私というのは、おかしいと思います。

一番びっくりしたのが、愛護家が、私を恫喝する材料として私をストーカーしている黒ムツをも利用しようとするところです。
黒ムツなのかどうかよくわかっていないみたいなのですが、虐待文書いて虐待動画嬉々として紹介しているということはソースつきで何度も教えています。

Re: 論敵を攻撃するためには黒ムツも利用します

オフ主様

>虐待オフ狂言をしたこと、苦手板で団体の固有名詞を出したこと、駆除や処分を肯定する(やむをえないこともあるから方法を定めようという主張でしたが)ブログを書いたこと、苦手板の実態を告発することで逆に扇情してしまったかもしれないこと、のようです。

それも言論の自由の範疇でしょうが。
固有名詞云々については、具体的記述を拝見していませんから何とも言えませんが、固有名詞を出したことが即何らかの違法性があるとは言えません。
よほどその対象の社会的評価を毀損する表現だとか、記述が具体的であるとか、違法性を問うには要件があります。
言論の自由の範疇であれば謝罪を強要することはできません。
名誉毀損で民事訴訟を起こすなり、刑事告訴するなりして確定判決を取る以外ないですね。
そのような法的手段を取らずに、何らかの行為を強要するのであれば、強要罪という犯罪が成立します。
この辺は、弁護士さんに聞いてください。


>私が遺骸送りつけの犯人または協力者とかんぐられているようで、それを追及したいのでしょう。

そんなこと、警察がすることでしょう。


> 確かにその愛護団体に迷惑をかけたのは事実です。

それに対しての損害賠償を民事訴訟を提起するなり、刑事告訴すればいいのです。
日本では、自力救済は禁じられています。
そう相手に伝えれば?

そのほかの詳しいことは、私は掲示板や、自称愛護家のブログをそれほど見ていませんので知りません。
一般論的なことしかお答えできませんが?

なぜこの団体に送りつけられたのでしょうか

団体の固有名詞を苦手板で出したのは、
私が狂言の件でこの愛護団体に謝罪に行く、ということでです。
誹謗中傷などは一切していません。
そのときにHPに掲載されていた理事長さんの氏名など個人情報も転載してしまいました。
理事長さんから聞いた保護活動の様子などもスレッドに書いてしまい、(どんな動物を保護しているか、理事長さんはどれぐらい保護活動に携わっているか、団体の本部のおおよその所在地)それも軽率だったと思っていますが、団体の住所はHPにもともと書いていますし、どんな動物を保護して理事長さんのキャリアがどれぐらいなどは、特に掲示板に書いても問題ないことだと思うのですが・・

なぜよりにもよってこの団体に遺骸が2回も送りつけられてきたのでしょうか。思い当たる節はあるという意見も少し聞いたのですが。

保護動物

保護対象の動物について、動物によってはトラブルの原因となることもあるので、なるべく控えてほしいと事後に言われ、軽率だったと反省しています。
誓約書を書いてからは団体の固有名詞は、一度ある場所で今回の一連の事実を告発しますと発言する際に出しただけで、あとは出していません。

Re: なぜこの団体に送りつけられたのでしょうか

オフ主様

> 団体の固有名詞を苦手板で出したのは、
> 私が狂言の件でこの愛護団体に謝罪に行く、ということでです。
> 誹謗中傷などは一切していません。
> そのときにHPに掲載されていた理事長さんの氏名など個人情報も転載してしまいました。

ネットで個人情報を暴露したとしても、それが即犯罪が成立するとか、民事上の損害賠償の対象になるというわけではありません。
その情報が、当該個人の社会的評価を毀損する、もしくはその恐れがある場合しか名誉毀損罪が成立しません。
プライバシー保護法は、業として個人情報を扱ってデータベース化している業者にしか適用されません。
ですからあなたは、その団体の理事長さんの個人情報をインターネット上で暴露したとしても、犯罪が成立する可能性はほぼありませんし、民事上の不法行為で損害賠償の責を負うことはまずないと思います。
まあ、モラルの問題はあるでしょうが。


> なぜよりにもよってこの団体に遺骸が2回も送りつけられてきたのでしょうか。

私はこの団体について、ほかの件でも記事にしています。
率直に申し上げれば、活動地域では、周りを顧みない、迷惑な団体と思われていたのではないでしょうか。

Re: 保護動物

オフ主様

> 誓約書を書いてからは団体の固有名詞は、一度ある場所で今回の一連の事実を告発しますと発言する際に出しただけで、あとは出していません。

その一回の内容は私はわかりませんが?
誓約書を出して、団体の固有名詞をインターネットなどで公開しないということであれば、今後そのようなことをしなければいいのではないですか。
それでその問題は終わっていると思います。
しかしその団体も、脅迫めいて「誓約書を出せ」とか、多人数で押しかけるぞとか、下手したら強要罪が成立します。
その辺は、弁護士さんに聞いてください。

転載したのは理事長さんの氏名とその連絡先で、それはもともと団体のホームページに掲載されえいたものです。
その件についてもおわびしました。愛護団体の名前は、ある媒体で、この団体に氏名住所職場を漏洩されている、この団体は私を追い回している黒ムツとも協力関係にあると名前をあげて暴露しただけです。

なぜか私が犯人だとか少なくとも私が苦手板で団体名を出したから嫌がらせをされたとか言ってくるのです。

この団体自身に嫌がらせをされる原因があるならそれを示してもらえませんか?私のせいにされるのは困ります。この団体について書いた記事を再掲してもらえませんか?
もう一度記事化してもらえるとありがたいですが、無理ならURLをここに貼るのでもいいです。

いいかげんにしろ

例の愛誤団体に再び贈り物が届いたんですかw
最近はあまりネットを見てなかったので知りませんでした。

バカバカしいけどツイッターを見てみれば、やっぱり只の痛い人同士の罵りあいじゃないですか。
自分で全面戦争仕掛けといて、今度はさんかくさんを利用するつもりでしょうか。
ガードマン三号ですか?本当に他人を利用するのが好きですね。

この愛誤団体が住民に嫌われまくっているのは、この団体自身のサイトを見ても明らかですが、それとオフ主の件は関係無いでしょう。

リンクからオフ主がストーカー呼ばわりしている人物のブログを見てみましたが、私が見る限りでは真っ当な指摘ばかりに見えます。
予想の範囲内でしたが、オフ主って狂言で騒ぎを起こすのは今回が初めてではないんですね。
彼氏とケンカした腹いせに、ネットに「子供を殴ったら動かなくなった」と書き込んで警察沙汰になったり、福岡猫虐待事件の犯人になりすまして2ちゃんねるにスレッドをたてたり。

これらが事実であるなら、今回の件も合わせて異常人格者としてマークされても仕方ないと思いますが。
あなたの喧嘩相手が言うように、ネットはやめて治療に専念するべきでしょう。
それをしないなら自分でなんとかしなさい。

あいつは

電話で私と私の家族にかまをかけて聞き出した私の名前を何度もスレッドに晒して脅迫や恫喝を繰り返し、スレッドで異常なほどに粘着して私が撤退したら専用のブログ作って私の批判、私の顔写真晒し、私に絡んでいる愛護への接近、私の実名晒し、私の個人情報提供するとブログ閉鎖を求める賛同者を募る書き込みをしました。こいつの所業をライブドアのブログにまとめていきます。苦手板のオフスレで愛護団体の所業を暴露しこいつのストーカー記録もブログから転載します。

あいつは

館之内は愛護に賛同するような白々しい嘘を言ってますが、虐待文を書き虐待動画を嬉々として紹介するような異常な人間です。

Re: タイトルなし

オフ主様

> 転載したのは理事長さんの氏名とその連絡先で、それはもともと団体のホームページに掲載されえいたものです

詳しい内容は知りませんので、これ以上、何かをコメントすることはできません。
私がお答えできるのは一般論までです。
法律的な見解については、具体的な事実でもって、法律家に相談するしかないです。

Re: タイトルなし

オフ主様

> この団体自身に嫌がらせをされる原因があるならそれを示してもらえませんか?

それこそ私が具体的な事情を知りませんから、お答えしようがありません。


>記事を再掲してもらえませんか?

その団体そのものを対象とした記事はありません。
大学付属病院内での餌やりを強硬に大学側に認めさせた事実を取り上げました。
その他、読者様や私のコメントでも、複数の記述があります。
私のページの、「検索~このブログ内」で、その団体名で検索してください。

Re: いいかげんにしろ

名無しさん@13周年様、コメントありがとうございます。

> 例の愛誤団体に再び贈り物が届いたんですかw

私も知りませんでした。


> バカバカしいけどツイッターを見てみれば、やっぱり只の痛い人同士の罵りあいじゃないですか。

私は最近ツイッターを見ていないので、その事情は知らないのです。


> この愛誤団体が住民に嫌われまくっているのは、この団体自身のサイトを見ても明らかですが、それとオフ主の件は関係無いでしょう。

サイトを見ても明らかですね。
それと嘘が多い。
「行政により、道路上での餌やりを認められた」とか。
ありえません。
道路使用許可を出すのは警察です。


> リンクからオフ主がストーカー呼ばわりしている人物のブログを見てみましたが、私が見る限りでは真っ当な指摘ばかりに見えます。

舘ノ内氏とかですか。
この方の指摘には同意できるところがありますよ。
私のサイトでは、たまに.deのドメインでアクセスがあり(大手製薬会社とか、その他にも)、この方でしょうか。


> 予想の範囲内でしたが、オフ主って狂言で騒ぎを起こすのは今回が初めてではないんですね。

ご忠告ありがとうございます。
私は何かコメントがあれば、一般論としてお答えできることはそうするだけでして。
オフ主さんの主張にも(猫対策に限れば)、一理ありますよ。

Re: あいつは

オフ主様

> ブログ閉鎖を求める賛同者を募る書き込みをしました。

私は基本的には違法性がない限り、自由な言論を妨害するべきではないと考えています。
民事、刑事とも、例えば裁判所で削除の仮処分の決定を得るとか、確定判決で削除を求められるとか、法的に強制力を持ってでしか、言論は封じるべきではないと。
そうでなければ、当事者同士のモラルの問題です。
私的な、違法性とまで言えない、ましてや私が知らない事柄に関しては、コメントできません。

Re: あいつは

オフ主様

> 館之内は、

私は、彼のブログも一部しか読んでいないのです。
ブログ以外のことは知りません。
私的な紛争に関しては、申し訳ありませんが私はコメントできません。

オフスレに

すべて暴露していきます。
館之内はドイツ在住じゃないですよ。ドイツ語が得意なのであなたと連携しているのかなと思ってましたが、ある理由から違うと思っています。

Re: オフスレに

オフ主様

> すべて暴露していきます。

私はオフスレはほとんど見ていませんし、書き込みをしたことがないです。
マニアック過ぎて、私には意味がわからない点がありますので。


> 館之内はドイツ在住じゃないですよ。

たしかブログに記載されていたメールアドレス(捨て)がyahoo.deでしたので、ドイツ在住だと判断しただけです。
私のブログは、ドイツからアクセスが度々あります。
ドイツのメディアの記事を引用したりしているのも原因の一つだと思います。
日本の大手製薬会社のドイツ法人のドメインからアクセスがあったので、その方じゃないかと思ったのです。

Re:あいつは

弁護士と警察に相談しているんでしょ?
だったらあちこちで私怨を吹聴するのは止めた方がいいです。
あなたが発言するほど事態は拗れていくので、もう黙った方がいいんじゃないでしょうか。


まぁ、言って分かる人なら、ここまで酷い事態にはならなかったんでしょうが。

関わりません‥

(*´ェ`*)愛誤の方と関わりを持つと愛誤だけに本当に怖い。こんな方々から猫をもらった日にゃ 毎日 生きた心地がしませんね。あ~くわばら くわばら。

Re: Re:あいつは

名無しさん@13周年様、コメントありがとうございます。

> 弁護士と警察に相談しているんでしょ?

そうですよ、法律上問題がれば、民事なり刑事なり、彼らが対応することです。
わたしは詳しい事情もわからないし、一般論としてしかお答えようがありません。


> だったらあちこちで私怨を吹聴するのは止めた方がいいです。

法律問題にまで至らない、私人間の紛争であれば、当事者だけでモラルに基づいて解決してください。
第三者は何とも申し上げられないです。

Re: 関わりません‥

にゃーにゃー様、コメントありがとうございます。

> (*´ェ`*)愛誤の方と関わりを持つと愛誤だけに本当に怖い。こんな方々から猫をもらった日にゃ 毎日 生きた心地がしませんね。

保護猫の譲渡元もメンヘラーが疑われる方が多いですが、譲渡先も同類という場合が多いです。
ほかのコメントでもしていますが、譲渡先の人と個人的に関わりがありまして、ちょっと感覚が変。
記事にしようとも思うけれど、もしその人が私のブログを見ていれば、自分のことだと分かってしまうのでチトやばい。

ストーカーまがい被害相談は懇意の弁護士に

名無しさん@13周年様がご指摘されてますが、本記事にストーカー被害や個人情報晒し被害にあっていると書かれている方は、以前に懇意の弁護士さんに「定食」について犯罪性があるか熱心にヒアリングされた方ですよね。

さんかくさんに対しご自身が受けたストーカーまがい被害を相談されるより、ご懇意の弁護士さん、そして公的機関に相談されるべきです。

「定食」の違法性の見解は簡単に聞けるのに、何で自身のストーカーまがい被害については見解を聞けないのでしょうね???

Re: ストーカーまがい被害相談は懇意の弁護士に

三ニ一閣下様、コメントありがとうございます。

> 本記事にストーカー被害や個人情報晒し被害にあっていると書かれている方は、以前に懇意の弁護士さんに「定食」について犯罪性があるか熱心にヒアリングされた方ですよね。
> さんかくさんに対しご自身が受けたストーカーまがい被害を相談されるより、ご懇意の弁護士さん、そして公的機関に相談されるべきです。

私も、ご本人のコメントには、そのようにお答えしています。
法律問題であれば、私等よりはるかに弁護士さんの方が詳しいでしょうし、その上、私は具体的な事実を知りません。

相談してますよ

この人たちは私が703の手下だと思っているようです。誘拐されて脅迫されていると考えている人もいます。本気でそう考えてます。
私を追い回している黒ムツをゆさぶる材料として利用しようとしているんですから、信じられませんよ。

思考実験なのに

あなたがやっているように撒くのをやめないなら掲示してほしいんですよ。ここに毒餌があると。保健所に連れていかれるよりまだ生き延びる確率が高まります。というのと現実に実行はできない、思考実験で言いました。それを真に受けて激怒してるんですよ、なぜ喩えだとわからないんでしょうか。

違法だと叫んでいても奴等はやめない、隠れてやられるならむしろ合法化して露見させた方がいいんですよ。大麻や売春と同じ。それがなぜ毒餌を肯定することになるの?信じられませんよ。

Re: 相談してますよ

オフ主様

> この人たちは私が703の手下だと思っているようです。誘拐されて脅迫されていると考えている人もいます。本気でそう考えてます。

そのような情報も、掲示板とかで散見されますね。
オフ主さんは、男に利用されてむしろ被害者だとか。
私は詳しい事情は知りません。

Re: 思考実験なのに

オフ主様

> あなたがやっているように撒くのをやめないなら掲示してほしいんですよ。ここに毒餌があると。保健所に連れていかれるよりまだ生き延びる確率が高まります。

貴方が主張されている、毒餌配置を掲示させる案というのは、実現性はともかく、考え方としては議論する価値はあると思います。
危険なものがあるということで、猫の外飼いを自粛していただくとか、野良猫は極力室内飼いに移行していただくとかの効果があれば良いことです。


>思考実験で言いました。

思考実験、大いに結構です。
いろいろな視点から議論することは良いことです。


> 違法だと叫んでいても奴等はやめない、隠れてやられるならむしろ合法化して露見させた方がいいんですよ。大麻や売春と同じ。それがなぜ毒餌を肯定することになるの?信じられませんよ。

違法合法との判断もボーダーですからね。
売春は、政府公認で合法化している国はいくつかあります。
ただ、定食の原料が、法的規制を受けていないものであれば、実現は難しいでしょう。
例えば、毒劇物取締法で規制される農薬などでは、法制化は可能です。
「使用の際は、掲示すること」と。
カーバーメート系や、きつい有機リン系殺虫剤や除草剤です。
そのようなもので猫駆除する人もいますから。

Re:思考実験なのに

あなたの思考実験はともかく、アプローチや対応がエキセントリックすぎて、あらゆる方面の反感を買っている事実を軽く考えない方がいいと思いますが。
あなたと同じ事を他の人が言っても、ここまで嫌われませんよ?
誓約書なんか無くても、あれだけ2ちゃんねるで暴れていれば特定されるのも時間の問題だったんじゃないですかね。
ネットの危なさを知らない子供じゃないんだから、もう少し考えて行動してくださいよ。
安易に他人に個人情報を出せと言っていた自分の愚かさが少しはわかりましたか?

Re: Re:思考実験なのに

名無しさん@13周年様、コメントありがとうございます。

>アプローチや対応がエキセントリックすぎて、

議論を投げかけるのは良いとしても、その手段が適切出るかどうかということも大切ですね。
まあ、私は「思考実験」の内容だけを見て評価しますが。


> あれだけ2ちゃんねるで暴れていれば特定されるのも時間の問題だったんじゃないですかね。
> 安易に他人に個人情報を出せと言っていた自分の愚かさが少しはわかりましたか?

ネットは諸刃の剣です。
つき方によっては、リスクがあります。
その辺を最初から分かっていないとね。

団体のHPに

私のことが書かれていました。
猫さらいが起きたからそこにパトロールしにいったのに、私が訪れたあと猫さらいが起きたかのような書き方をしています。
虐待は仕方ないと私が主張したとか嘘っぱち書いてますよ。

Re: 団体のHPに

オフ主様


> 猫さらいが起きたからそこにパトロールしにいったのに、私が訪れたあと猫さらいが起きたかのような書き方をしています。

今時猫さらいなんて、日本ではありませんよw
じゃあ、猫さらいはどこがいけないんです?
無主物を公有地で占有することは、何の犯罪にもなりません。
過去の検察の見解です。



> 虐待は仕方ないと私が主張したとか嘘っぱち書いてますよ。

虐待と駆除は異なります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ、匿名 KD111108000028.ppp-bb.dion.ne.jp様、コメントありがとうございます。
コメントですが、せっかくですので、そのままコピペしておきますね。

> 通りすがりですみません。
> オフ主が某団体に送ったとみられるメール?
> 団体さんの担当者には内緒なので非公開コメントを
> 申し訳ありません。
>
> 私としては、遺骸を送りつけてきた犯人は、321閣下などのさんかくたまご一味だと考えています。
> 2ch苦手板の交尾愛したろう(=さんかくたまご)やその賛同者の2chでの書き込み、ブログの記事の内容から、そうとしか思えないのです。
>
> あと、321閣下グループのひとりと強く疑われる苦手板住民(321閣下本人では恐らくない、只野乙三、猫ボラ嫌い、フェイルのどれか?)と、私年末年始面会して、会話の録音もしています

私はオフ主さんと、例の団体のやりとりについては詳しく存じません。
また興味もありません。

「私としては、遺骸を送りつけてきた犯人は、321閣下などのさんかくたまご一味だと考えています」。
もし本気でそのようにお考えならば、しかるべきところを受診されたほうが良いのではないですか。
私はしばしば述べていますが、目標としているのはアマチュアジャーナリズムです。
言論でしか、社会への働きかけをしません。
どこかの既知害愛誤団体のように、テロ活動は行いません。
また、私のブロ友さん方は、ネット上でのお知り合いで、「一味」と言われるような、徒党を組んで実活動など行っていません。
お得意の、警察にでも凸すればいかがですか。
「このブログ主と一味がが犯人だから逮捕してくれ」。
金沢警察署も、既知害のお守りは大変でお気の毒です。

疑いの目を向けていたのは事実です

いろいろ情報が入ってきて、あなたの取り巻きの誰かなのでは、または館之内ではないか、と疑いの目を向けて相談していたのは事実です。しかし全く根拠がないので、取り敢えず今はその線は外して考えています。でもこういう主張をしている人たちだから、やってもおかしくはないなと思っているのも事実です。

犯人はさんかくたまごさんだろうとは言ってませんので気になるなら団体の担当者に確認してください。

Re: 疑いの目を向けていたのは事実です

オフ主様

>でもこういう主張をしている人たちだから、やってもおかしくはないなと思っているのも事実です。

情報提供ありがとうございました。
こういう主張とは、野良猫の駆除を肯定していることですか。
それと個別の団体の嫌がらせとは別問題ですよ。
別に、このメールは気にもしていません。
直接、その団体にコンタクトしようとも思いません。


ありがとうございます

信じてくださってありがとうございます。はい、駆除を肯定する主張をされているから、あなたの支持者で、もしかしたらこういうことをする人がいるかもしれないなとは思っているのは事実です。
あなたを疑わしいと考えたことはありません。それはその団体に聞けばわかるはずです。
館之内も、情報がいろいろ入って来る中で、疑いの目を向けた時期があったのも事実ですが、虐待文を書いているだけで、根拠がまったくないので、今は疑惑は取り除いています。

自宅に押し掛けてくるそうです

寄付物資寄付金を返却するために、愛護団体の担当者が勝手に私の住所を仲間に教えて、仲間が今度私の自宅に押し掛けてくるそうです。

押し掛けてくる映像可能な範囲で収録して公開しますので、公開したらまた紹介しにきます。

Re: 自宅に押し掛けてくるそうです

オフ主様

> 寄付物資寄付金を返却するために、愛護団体の担当者が勝手に私の住所を仲間に教えて、仲間が今度私の自宅に押し掛けてくるそうです。

オフ主様と例の団体のいざこざは詳しくは存じませんが、穏便に解決することを望みます。

ありがとうございます

あなたには敵意を向けていましたが、猫の駆除の方法を流布しているという点を除いては、信用できる部分もあると思うようになりました。議論の仕方という点ではマナーある方ですね。
弁護士や警察と直接話をしてほしかったというのは、脳内といわれるのが悔しかったためですが、確かに私のわがままで騒がせるのは迷惑な話ですね。
顔や名前を出したら、主張が正しいことになるのかと聞いてきた方もいましたが、それもありえないですね。私は、駆除しているということを、顔写真や氏名を出して言えることなのか、と聞きたかっただけなのですが、聞き方が悪かったですね。


Re: ありがとうございます

オフ主様

> 議論の仕方という点ではマナーある方ですね。

それはありがとうございます。


> 弁護士や警察と直接話をしてほしかったというのは、脳内といわれるのが悔しかったためですが、

警察と話をしていることは私は否定していませんよ。
弁護士さんとお話をされていたのであれば、非常に極端なケースを前提にしたか、弁護士さんにお尋ねしたことと、貴方がネット上に公開したことに齟齬があったのでしょう。


> 顔や名前を出したら、主張が正しいことになるのかと聞いてきた方もいましたが、

それは一概に言えないと思います。


>顔写真や氏名を出して言えることなのか、と聞きたかっただけなのですが、聞き方が悪かったですね。

猫を駆除するのが目的なのか、それ以外の目的なのか、はっきりと線引きするのは難しいです。
ですから犯罪として立件するのも難しいのです。
私は、猫を駆除することが目的ではなくても、ペットなどに危険なものを私有地内であっても、告知するのはマナーだと思います。
猫などのペットの飼育者に、屋外は猫にとって危険だということを理解していただき、極力室内飼いに移行していただくという効果も期待ですます。

敢えてアンカーは付けません

自分で駆除されている方というのは、事の是非はともかく野良猫被害に追いつめられ、万策尽きた末のものと私は思っています。
そういった方に対し、顔や氏名を出せる行為なのかと問うのは、「所詮何も知らない門外漢の戯れ言、だったらお前が何とかしろ。こっちはわざわざ野良猫なんて相手にしたくないんだ。」と思われるのがオチではないかと思いますね。
大体、猫異常偏愛者を除けば、誰も貴重な時間や金を掛けてまで野良猫ごときに関わり合いたくはありませんし、野良猫や無責任外飼い猫がいなければ駆除自体も存在し得ません。
そもそも、さんかくたまご様や他の皆様のお考えの根本は「猫は室内で適正に飼育しよう。中途半端な関わりを持つのはやめよう。そうすれば他人への被害も自然への負荷もなく、事故や病気で不幸な死に方をする猫もいなくなり、動物愛護管理法の本旨にも叶う。」という問題の全体を見据えたものであり、駆除云々といった局地的・マクロ的な視点ではないと私は思っています。
そういうお考えを元にさんかくたまご様や他の皆様は「他人に迷惑をかけたり、自然に負荷をかけたりせず、責任を持って飼育して欲しい」という、「当たり前の事」を主張しているに過ぎません。
残念ながら、我が国にはそんな当たり前の主張をわざわざしなければならないほど猫異常偏愛者や無責任飼い主による無法行為が横行しており、肝心の行政も無為無策を続けているのが現状だと私は認識しています。
駆除などというごく一部を見るのではなく、もっと全体を見据えて考えないと、野良猫問題は永久に解決できないものと思います。

Re: 敢えてアンカーは付けません

迷惑餌やり反対派様、コメントありがとうございます。

> 自分で駆除されている方というのは、事の是非はともかく野良猫被害に追いつめられ、万策尽きた末のものと私は思っています。

私も同感です。
同じことを一連の記事で述べています。
快楽的な虐待と、猫被害者が止むを得ず行う駆除とはことなります。


> そういった方に対し、顔や氏名を出せる行為なのかと問うのは、「所詮何も知らない門外漢の戯れ言、だったらお前が何とかしろ。こっちはわざわざ野良猫なんて相手にしたくないんだ。」と思われるのがオチではないかと思いますね。

実際問題、法的規制のないものを用いるのであれば、法律上は無理です。
ただ毒劇物指定のものは、農家など事業者では表示を義務付けている自治体もあります。
私は、法的規制のないものでも掲示しています。
「当方敷地内では、合法的な農薬殺鼠剤を使用しています。ペットに有毒ですので、ペットは東方敷地内に入れないようにしてください」と。


> 誰も貴重な時間や金を掛けてまで野良猫ごときに関わり合いたくはありませんし、野良猫や無責任外飼い猫がいなければ駆除自体も存在し得ません。

それが平均的な感覚でしょう。
野良猫駆除止むなし=快楽的虐待者、変質者と結びつけるのは短絡的です。


> 「猫は室内で適正に飼育しよう。中途半端な関わりを持つのはやめよう。そうすれば他人への被害も自然への負荷もなく、事故や病気で不幸な死に方をする猫もいなくなり、動物愛護管理法の本旨にも叶う。」

そうです。
そうして頂ければ、動物愛護にも適いますし、快楽的虐待者の犠牲になることもなくなります。


> 「他人に迷惑をかけたり、自然に負荷をかけたりせず、責任を持って飼育して欲しい」という、「当たり前の事」を主張しているに過ぎません。

それが根本です。
毒餌が違法なのか、有罪にできるのかという問題は
枝葉末節です。


> 残念ながら、我が国にはそんな当たり前の主張をわざわざしなければならないほど猫異常偏愛者や無責任飼い主による無法行為が横行しており、肝心の行政も無為無策を続けているのが現状。

誤った動物愛護の方は勘違いしていrのか、誤った情報と知りつつ拡散しているのか知りませんが。
彼らにより、日本で紹介されている「動物愛護先進国欧米」は事実と異なります。
ある面、ヨーロッパ先進国、アメリカは、動物を管理することに対して大変厳しいです。
無管理状態でも「猫ちゃんかわいそー」で、猫偏執者の横暴が通る甘い国は日本だけです。

素朴な疑問なんですが…

初めてコメントいたします。
よろしくお願いいたします。
調べものしているうちにこちらのブログへたどり着きまして、興味深く読ませていただきました。

外飼い猫が私有地の定食を食べて死んだら…という前提なので適切かどうかは分かりませんが、素朴な疑問がわきまして…

糞等の被害に合っていて定食を置き死んでしまった猫がいたとします。
それが外飼いの猫だった場合、猫を死なせた(器物損壊)というより先に、他者の財産を棄損したこと、管理下にある動産を許可なく侵入させたこと、というのは追及されないんでしょうか?

私も猫は好きなんですが、気合入った猫好きの人が何故か苦手で…
ここを拝見して、「人間だから(猫じゃないから)」こそ人間扱いされないからだなあとしみじみ思いました…

いきなり長文失礼いたしました。

Re: 素朴な疑問なんですが…

ちょび様、コメントありがとうございます。

> 糞等の被害に合っていて定食を置き死んでしまった猫がいたとします。
> それが外飼いの猫だった場合、猫を死なせた(器物損壊)というより先に、他者の財産を棄損したこと、管理下にある動産を許可なく侵入させたこと、というのは追及されないんでしょうか?

もちろん外飼いの猫(飼い主として自覚している)の飼い主や野良猫に餌をやっている人は、それらの猫が他者の財産に損害を与えれば、民事上の損害倍賠償責任を負います。
また、まだ有罪となった事件は無いようですが、猫を放し飼いにすること、または野良猫に餌をやり集めることにより他者の財産に損害を与えることを故意に行えば、器物損壊罪が成立する可能性があります。
さらにそれらの猫により他社の業務に支障を及ぼせば、業務妨害罪が成立する可能性もあります。
これらのことは、私有地に定食を置いた側を論じる上では、立場が異なりますので、それらの記事では取り上げていません。
猫の放し飼いした、野良猫に餌をやった側から論じた記事もいくつか書いています。
ブログ内検索で、探してみてください。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR