イギリスのメディアが動物愛護問題で名指しにした国とは?ー4





 ドイツでの猫犬狩猟駆除は、ドイツ国内のみならず、海外からもしばしば批判されます。野良猫犬(とみなされるものも含む)の狩猟駆除は、民間人ハンターが殺害した猫犬の死体の未処理に関わる衛生問題や、地方財政への負担なども問題視されています。


 ドイツでは、野良猫犬(とみなされるものも含む)の殺処分は、民間人ハンターによる狩猟駆除に依存しています。公的な猫犬殺処分の制度がないことがその理由の一つだと思います。民間人ハンターによる、野良猫犬(とみなされるものも含む)の狩猟駆除は、・飼い猫犬がしばしば犠牲になること(しかし私は、このような法律があることを知りながら、放し飼いする方が悪いと思います)、・狩猟が禁止されているエリア内でも狩猟駆除が頻繁に行われる、・法律で禁止されているデストラップが野放し状態、などが問題視されています。
 その他にも、ドイツ国内のメディアが猫犬の狩猟駆除について問題点を指摘する事柄があります。それは狩猟駆除された猫犬の死体放置です。

 狩猟駆除された猫犬の死体は、多くの場合そのまま放置されます。ドイツでは法律上、猫犬を狩猟駆除したハンターに、その死体の処分費用を自治体等は請求することができません。死体は長く放置されるか、自治体が交通事故死した猫犬と同じ扱いで、公費で処分しています。
 死体が長く放置されることによる衛生問題と、自治体による処分の、公費負担がしばしばドイツ国内でも問題視されます。

 具体例を挙げましょう。ドイツ国内の猫愛好家向け雑誌、geliebte katz「愛する猫」のインターネット版記事から引用します。Rechtsurteile zum Thema Jagd und Katze「猫と狩猟に関するテーマについての法律的判断」。


Ein Jagdpächter hat keinen Anspruch auf Ersatz der Aufwendung, die ihm durch das ordnungsgemäße Beseitigen des bei einem Verkehrsunfall getöteten Wildes entstanden sind.
Zuständig für die Tierbeseitigung sind einzig die Landkreise und kreisfreie Städte.

ハンターに対しては、自治体は被った、動物の除去費用の弁済を求める権利があるとは認められていません。
その費用は、交通事故で死んだ野生動物の処理費用として自治体が負担します。
動物の処分の責任を負うのは、郡と郡レベルの自治体だけです。


 日本でも、交通事故死した猫は「路上死猫」と分類され、主に自治体が処理しています(高速道路や第三セクターが運営する観光道路などは道路管理者が負担)。自治体による路上死猫の処分数は、年間50万匹近くと推定されます(自治体が公に路上死猫の統計を発表しているのは私が知る限り尼崎市と群馬県だけです。それらの自治体の人口比で私が日本全体の路上死猫数を推計しました。甘くはない「猫の生活」)。自治体が管理する道路以外での路上死猫を含めれば、その数はさらに多いでしょう。
 路上死の場合は、保健所での殺処分より一匹あたりのコストがかかります。個別対応になるからです。

 私は、日本の二酸化炭素による猫犬の公的殺処分制度は、悪い制度だとは思いません。二酸化炭素死は麻酔効果が認められ、安楽死とされています。ですから銃殺やデストラップより、殺処分方法としては動物愛護に配慮していると言えるのではないでしょうか。
 また衛生上の問題も、専用施設で行う殺処分は問題が起きません。駆除した猫犬の死体を公の場に放置する(ドイツでの殺処分方法=狩猟駆除)方がはるかに衛生上良くないです。さらにはコスト面でも、ハンターが駆除して放置した猫犬の死体を回収するより、施設で殺処分する方が有利です。


(you yube動画) 

 ドイツでは、狩猟駆除された猫犬は、多くの場合そのまま放置されます。Haustiere zum Abschuss frei「ドイツでは自由にペットを射殺できる」。こちらでも「猫犬のペットは、民家から200m以上離れていれば狩猟が合法」と紹介されています。ドイツ連邦狩猟法では、猫犬は民家から300m以上離れていなければ狩猟できません。200mルールは有蹄類(蹄があるイノシシやシカ類)だけです。

http://www.youtube.com/watch?v=--UtebQJoy4
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

猫煎餅は減らず

無責任な野良猫餌付けが続く限り猫煎餅やジャーキーが減ることは
有りませんね。ムダに増やしてムダにクタバる不毛の連鎖を
野良猫愛誤が己の欲望の道具とする限りは・・・。

まぁ、他にも行き倒れとか、他の野良猫とのケンカ等で傷を作ったり
その傷から疾患を貰ってクタバるのは餌付け主である人の
無責任の行為を猫が命で支払っているに過ぎません。

愛顧が路上死やガス室送りを見たくないなら直ちに
有害無益な餌付けを止める以外ないのです。

Re: 猫煎餅は減らず

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> 無責任な野良猫餌付けが続く限り猫煎餅やジャーキーが減ることは
> 有りませんね。

むしろ逓増傾向だという情報もあります。
保健所での殺処分を妨害する圧力がありますので、路上死猫は増えて当然でしょう。


> 他にも行き倒れとか、他の野良猫とのケンカ等で傷を作ったり
> その傷から疾患を貰ってクタバる。

自治体が管理する道路だけでも路上死猫は50万匹で、高速道路など自治体以外が管理する道路のものを足せば60万匹位にはなるのでしょうか。
対して直近での猫保健所殺処分数は14万匹台です。
おっしゃるとおり、路上死以外でも、市中で死ぬ猫は大変多いと思います。
14万匹の殺処分を減らしたとか、なくせというのは意味がないです。
その分、ほかの原因で無残な死に方をする猫が増えるだけです。


> 愛顧が路上死やガス室送りを見たくないなら直ちに
> 有害無益な餌付けを止める以外ないのです。

そして室内飼いできるものは全てそうするしかないですね。

猫轢きそうになりました。

猫を轢いたら車は汚れますし、弾いた方も気分が悪いものです。

自宅のムスカリの鉢に糞をされました。

本当に気分が悪いです。

ブルーな気分です。。

Re: 猫轢きそうになりました。

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 猫を轢いたら車は汚れますし、

私ははねたことはありますが、車は無事でした。
スピートが出ていたら、バンパーが壊れるかもしれません。


> 自宅のムスカリの鉢に糞をされました。

ムスカリは、拙宅でも毎年咲きます。
私は、高価な陶器の洋蘭の鉢を何度も割られました。

本心ではなく言う事が目的

>14万匹の殺処分を減らしたとか、なくせというのは意味がないです。
>その分、ほかの原因で無残な死に方をする猫が増えるだけです



本当にそう思います。もうね、結局言いたいだけなんですよ。
聞こえのいいセリフを吐いて自分がさも可愛い猫の味方になったような
気分に浸りたいだけで本気で猫が死んでほしくないと思ってるわけじゃないんですよ。
愛誤と呼ばれる人たちって「人間が地球にとって一番害悪。人間が死ねばいい」とか
平気で言うじゃないですか。だったら自分が真っ先に死ねばいいのになぜか彼らの言う
「死ぬべき醜い人間」には自分だけは無条件に除外されてると言うご都合主義。
聞こえのいい言葉をネットで吐いただけで人間の背負ってる業から逃れられると思ってる、
ホント気楽なもんです。
「地球は人間だけのものではない」とかね。
確かにそうだけどだからこそ無責任に餌をやったり去勢もせず放し飼いしたりする行為は
糾弾されるべきだし悲しくても人間の都合で連れ込まれた外来種が生態系に悪影響を及ぼす
のであれば涙を飲んで駆除しなければいけない時もあるはずなんですがね・・・。
「地球は人間だけのものではない、だからおまえら糞くらい我慢しろ!
まあ俺は何の責任も持たずに楽しい餌やりだけはやるけどな、だって俺の猫じゃねーしwww」
って事ですからね、彼らの言ってることは。
本来まともな動物愛護団体なんてものが存在するならそういったいいかげんな愛誤と呼ばれる連中
ときっちり敵対していかなければいけないはずなんですがね。そうしないと本当にいつまでたっても
野良猫の受難は終わらないと思います。
長文失礼しました。

Re: 本心ではなく言う事が目的

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> >14万匹の殺処分を減らしたとか、なくせというのは意味がないです。
> 本当にそう思います。もうね、結局言いたいだけなんですよ。

今回の記事では、一般道での路上死猫数を挙げましたが、他にも怪我や病気で私有地で死んで、一般人が家庭ゴミとして処分したものや、空き地で自然腐敗したものなどを含めれば、保健所での殺処分数なんて微々たるものです。
さらに統計上無視できる件数は、虐待事件で殺された猫の数です。
事件として認知された虐待死した猫なんて、年間数十匹もあるかどうか。


> 本気で猫が死んでほしくないと思ってるわけじゃないんですよ。

本気で猫が死んで欲しくなければ、まず外飼いを止めさせようとするはずです。
猫が死ぬ原因で最も大きなものは、外飼いだからです。


> だったら自分が真っ先に死ねばいいのになぜか彼らの言う「死ぬべき醜い人間」には自分だけは無条件に除外されてると言うご都合主義。

笑っちゃいますよね。
話は変わるけれど、私が所有するペット禁止賃貸物件で、手違いで保護猫を飼っている人が入居しました。
保護猫を飼うのは高尚な人間とか、何か人を見下すような感じでなんか変。
元野良の雑種猫を飼うなんて、ただの個人の趣味でしょうが。


> 「地球は人間だけのものではない」とかね。
> 確かにそうだけどだからこそ無責任に餌をやったり去勢もせず放し飼いしたりする行為は
> 糾弾されるべきだし悲しくても人間の都合で連れ込まれた外来種が生態系に悪影響を及ぼす
> のであれば涙を飲んで駆除しなければいけない時もあるはずなんですがね・・・。

そうですよ、野良猫野猫は人為的に持ち込まれたもので、生態系を破壊しています。
「地球は人間だけのものではない」のだから、人の過ちを償うために、在来生物のために人は野良猫野猫を全頭駆除しなければならないのです。


> まともな動物愛護団体なんてものが存在するならそういったいいかげんな愛誤と呼ばれる連中
> ときっちり敵対していかなければいけないはずなんですがね。

広義では、日本野鳥の会などの野生生物保護活動を行っている団体も動物愛護団体だと思います。
実際野良猫の捕食により、野鳥の被害は深刻ですが、そのようなレポートを公表したり、猫の室内飼いをお願いすれば、凄さまじい攻撃を猫愛誤から受けるのです。
猫愛護のしていることは、野生生物にとっても、猫にとってもマイナスです。

猫は肉食動物です

馬鹿のひとつ覚えの様に猫の命だけ擁護しまくる猫愛護ですが、猫は肉食動物であり食べる訳でなくとも半ば楽しむ様に他の動物を狩り殺します。
猫の命というけれど、では猫に狩られる生き物の命はどうでも良いのかという事になります。

まだ元々猫が日本での原生生物であって生態系の一部であればともかくイエネコ種は外来生物であって日本の生態系とは関係ありません。

あらゆる動物愛護の中で猫に関わる輩の主張は全て論理破綻しています。

世界のマスゴミも猫に関する報道だけは最初から論理破綻した主張しかないので一部の理もない矛盾した愛護論しかありません。
普通であればどんな主張にも反論できない様な面が普通はあるのですが猫に関してだけは不思議と全て反論できてしまいます。

猫に関する愛護論に限っては第二次世界大戦末期の日本における竹槍で成層圏を飛ぶB29を撃墜しようという様な精神論だけしか感じません。

屋外をうろつく猫も犬も住民に危険がなければ200mだろうと300mだろうと関係なく処分すべき害獣です。
逆に本来なら飼い主の管理下でのみ生存しうるはずの愛玩動物が屋外をうろつく意味がわかりません。

Re: 猫は肉食動物です

猫ボラ嫌い様、コメントありがとうございます。

> 猫は肉食動物であり食べる訳でなくとも半ば楽しむ様に他の動物を狩り殺します。

普通、肉食動物は食べるため以外では狩りをしません。
猫は例外で特殊な種だと思うことがあります。


> 猫の命というけれど、では猫に狩られる生き物の命はどうでも良いのかという事になります。
> イエネコ種は外来生物であって日本の生態系とは関係ありません。

日本野鳥の会が、猫による生態系被害を論評すれば、どっと猫愛誤の攻撃を受けます。
NHKが動物番組で、地上で産卵子育てするオオミズナギドリが、猫の捕食被害に遭っていることをほんの少しだけ取り上げたところ(山科鳥類研究所)、それもひどいネットネロに遭いました。
猫既知害は「命の大切さ」などとほざきますが、ただの猫偏執の既知害です。


> あらゆる動物愛護の中で猫に関わる輩の主張は全て論理破綻しています。

全く同感です。
彼らの主張は、際立って偏向しており、異常で破綻しています。


> 猫に関する愛護論に限っては第二次世界大戦末期の日本における竹槍で成層圏を飛ぶB29を撃墜しようという様な精神論だけしか感じません。

私が常々主張していますが、猫既知害は主観、非論理的、無知すぎます。


> 逆に本来なら飼い主の管理下でのみ生存しうるはずの愛玩動物が屋外をうろつく意味がわかりません。

猫愛誤って、日本でもドイツでも共通しています。
私はこちらでリンクした以外でも、狩猟駆除された猫の画像や動画を多数見ていますが、100%雑種です。
猫愛誤は、放し飼いすれば駆除される危険性が高いということをわかっているのでしょう。
雑種でタダで手に入ったから、別に殺されてもいいと内心は思っているのでしょ。

純血種は外にはいない

>私はこちらでリンクした以外でも、狩猟駆除された猫の画像や動画を多数見ていますが、100%雑種です。
猫愛誤は、放し飼いすれば駆除される危険性が高いということをわかっているのでしょう。
雑種でタダで手に入ったから、別に殺されてもいいと内心は思っているのでしょ。


生まれてから今まで数百匹もの野良猫を見てきましたがペットショップでは人気の長毛種が
外に居るのを見たのは一度だけです(私の目の前で車に轢かれてしまいました・・・)。
それと野良猫がわんさといる並木道を歩いていた時に一度だけ目を引く綺麗な猫がいるなと思って
二度見したらおそらくはロシアンブルーであろう毛並みの良い猫が木陰に居たことがあり驚きました。
それほど純血種が外に居るのって珍しいんですよね、そのことからも愛誤と言われる人々が言う
「ペットショップにてブランド感覚で簡単に猫を買うから捨てる人間が後を絶たない」
と言う説には全く信憑性がない事がわかります。
それこそ
「保護猫を飼うのは高尚な人間」
と思ってる人間が多いんでしょうね、ホント単なる個人の趣味なのに。
別に自分を高尚な人間だと思って保護猫を大事にするのは良い事だと思いますが世の中無償
(かそれに近い額)で手に入れた猫ほど粗末に扱う人間が多い事実くらい認めなさいよ、と思います。
現状把握も出来ずにただただショップやブリーダーをスケープゴートにしていったい何の意味があるのかと。
さんかくたまごさんはお父様がブリーダーをやられていたそうですが身内にそういう人がいれば
ショップやブリーダーが諸悪の根源であるかの様にのたまう自称愛護家に憤りを感じるのは僕らの比ではないでしょう。

Re: 純血種は外にはいない

サンジュ様、コメントありがとうございます。

> 猫愛誤は、放し飼いすれば駆除される危険性が高いということをわかっているのでしょう。
> 雑種でタダで手に入ったから、別に殺されてもいいと内心は思っているのでしょ。

ドイツでも、純血種猫は多いはずです。
以前から猫は犬と異なり、飼育環境などで法律の規制がありませんから、店頭での生体販売はドイツでもしやすかったので、猫のペットショップ販売はありました。
今では世界最大の犬猫も生体販売するペットショップがデュイスブルグにあり、私はドイツ人(特に富裕層)は純血種嗜好が強いと思います。
街中でも、ボルゾイとか、アフガンハウンドなど大型の高級犬種を連れて歩くことはドイツ人にとってステイタスシンボルです(大型犬は犬税が高い。犬飼育はコストがかかる)。
都市部では、高級犬種しか見ませんね。
愛誤が「ドイツ人はティアハイムで犬猫を譲渡してもらうので、犬猫とも雑種ばかり」というのは大嘘です。
なお、ペット大国ドイツという認識がありますが、犬飼育数は人口比でも日本の6割程度です(8千300万人に対して犬500万頭。日本は1千200万頭)。


> 「ペットショップにてブランド感覚で簡単に猫を買うから捨てる人間が後を絶たない」
> と言う説には全く信憑性がない事がわかります。

最新の大阪府の統計では、殺処分した猫はほとんどが生後まもない雑種の子猫です(統計で仔猫としてるのは、概ね生後2週間程度の離乳前です)。
離乳前の雑種の子猫なんて、ペットショップで売っていますか。


> 「保護猫を飼うのは高尚な人間」と思ってる人間が多いんでしょうね、

バカバカしくて話にならないです。


> 世の中無償(かそれに近い額)で手に入れた猫ほど粗末に扱う人間が多い事実くらい認めなさいよ、

中には、元野良猫を大事にする方もいるかもしれませんが、客観的な統計としては、やはりお金を出して購入した純血種を大事にする人が多いです。


> さんかくたまごさんはお父様がブリーダーをやられていたそうですが身内にそういう人がいれば、ショップやブリーダーが諸悪の根源であるかの様にのたまう自称愛護家に憤りを感じるのは僕らの比ではないでしょう。

よく覚えていてくださいましたね。
まあ、プロというより、年寄りの暇つぶしですから。
愛誤の主張には憤るというより呆れます。
「ブリーダーのほとんどは暴力団だ」というブログ記事もありました。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR