fc2ブログ

インターネットで密輸子犬が流通しているフランスではペットショップでの犬猫販売禁止は無意味






Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。  dreieckeier@yahoo.de

France/Frankreich

 記事、
ペットショップでの犬猫販売を禁止するフランスは日本が見習うべき動物愛護先進国なのか?
子犬の密輸が横行するフランスでペットショップの犬猫販売禁止は意味があるのか?
続・子犬の密輸が横行するフランスでペットショップの犬猫販売禁止は意味があるのか?
の続きです。
 フランスでは「ペットショップでの犬猫の販売を禁止する」等の法案が2021年に可決成立し、2024年以降はペットショップでの犬猫販売ができなくなります。しかしこの立法はあまり意味がないでしょう。フランスをはじめとする西ヨーロッパ先進国では、動物愛護法制が遅れた東欧から安価な子犬が大量に輸入されているからです。その数はドイツは国内生産の子犬の7倍にもなります。正規のペットショップの販売を制限しても、水面下で違法な密輸犬の増大を招く不利益のほうが大きいのではないでしょうか。今回記事ではフランスを含めた西ヨーロッパでの、東欧等からの犬の密輸事情について述べます。



 まずサマリーで述べた、「フランスでの2024年以降にペットショップでの犬猫の展示販売を禁止する」立法と、その概要(ペットショップでの犬猫販売禁止に関する事柄のみ)を、以下にニュースソースから示します(英語)。


What you need to know about France’s new animal rights law 「フランスの新しい動物権利法について知っておくべきこと」 2021年11月18日

Pet shops will not be able to sell dogs and cats from 2024 – and won’t be able to display them in shop windows.
Only abandoned dogs and cats will be available for sale in pet stores, working with rescue shelters.
Online pet sales will be banned, with the exception of websites of licensed breeders and pet stores.

フランスではペットショップは2024年以降に犬と猫を販売できなくなり、ショーウィンドウで展示できなくなります。
ペットショップでは、動物保護のアニマルシェルターと協力して、遺棄された犬と猫のみを販売することができます。
認可されたブリーダーとペットショップのウェブサイトを以外での、オンラインでのペット販売は禁止されます。



 私は連載記事で、次の点を挙げて「フランスのペットショップでの犬猫販売禁止は犬猫の遺棄と殺処分減少にはあまり効果はないだろう」と述べました。今回は引き続き「1」について述べます。今回はドイツ、ヨーロッパ全体の「違法な東欧等からの西ヨーロッパへの子犬輸出」に続いて、フランスの事情について具体的に取り上げます。

1、ヨーロッパではヒトモノカネの移動が自由で、国境検問所もありません。西ヨーロッパ先進国では東欧等から安価な子犬が違法に輸入されている。
2、フランスではペットショップの犬猫販売禁止の法律が施行後も、ブリーダーやペットショップのペットのオンライン販売が合法です。ペットショップの店頭販売がなくなったとしても、むしろオンラインでの通信販売のほうが安易にペット購入ができ、ペットショップ購入がオンラインに流れるだけです。
3、フランスのペットショップでの犬猫販売禁止は、「保護団体と協力し遺棄された犬猫の販売は認める」との内容です。つまり商業生産された犬猫であってもいったん保護団体を経由することにより保護動物にロンダリングされてペットショップが販売できるということです。これは同様の法律があるアメリカ合衆国の一部の州自治体で実際に起きています。


 フランスでももちろん、主に東欧から違法な子犬の輸入が多く、問題になっています。これらのほとんどが、インターネットで販売されています。正規のフランス国内のブリーダーやペットショップの販売を侵食しつつあり、一定のシェアを占めています。その事情を具体的に伝えるニュースソースから引用します。


French public TV: is Hungary the centre of illegal dog trade? 「フランス公共テレビ:ハンガリーは違法な犬の取引の中心地なのですか?」  2019年7月12日

Based on the information France TV got, dogs sold in France illegally come from Hungary, Bulgaria, Romania, Slovakia and the Czech Republic.
France TV says that the number of illegal dog dealers is growing in France who buy the animals for a lower price in Eastern-Europe and the centre of their network is in Hungary.
There are 50 thousand dogs sold in France illegally every year.
This is an even more significant business than selling drugs or arms because Eastern-European dogs can be bought for only a couple of hundreds of EUR, but they can be sold for six times more in Western-Europe.
In France, rules are strict how a dog can be imported into the country. They cannot be younger than three months and 21 days and the inoculation procedure has to be done by veterinarians.
However, since some of them help dog smuggler gangs, they can bring in younger animals, too.
In Hungary, animals live in a horrific environment.
Most dogs illegally imported into France are in a terrible health condition.
A six-week-old beagle for only 25 thousand HUF (EUR 75).
Others breed dogs illegally on former pig farms and smuggle them into France and Italy.
Buy dogs for 100 EUR and then sell them for 800-1,000 EUR abroad.
Thus, the business is very profitable.
Interestingly, mostly Italian gangs are part of the illegal dog trade network.
and this kind of business is safer than drugs or arms since even if they are caught sentences are soft so they can later continue.

フランス公共放送TVが入手した情報によると、フランスで違法に販売された犬はハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、スロバキア、チェコ共和国から来ています。
フランス公共放送TVによると、フランスでは東欧で犬を低価格で仕入れる違法な犬の小売業者の数が増えており、そのネットワークの中心はハンガリーにあります。
フランスでは、毎年5万匹の犬が違法に販売されています。
東ヨーロッパの犬はわずか数百ユーロで買うことができ、それを西ヨーロッパでは6倍以上の価格で売ることができるため、麻薬や武器を売るよりも(ギャングにとっては)それ以上に重要なビジネスです。
フランスでは犬を国内に輸入する方法が厳格に定められており、犬は3ヶ月+21日より幼い場合は輸入できません。
そして予防接種は獣医によって行われなければなりません。
しかし獣医師など関係者の何人かは犬の密輸ギャングに協力するので、犬の密輸ギャングは幼い犬をフランスに連れてくることもできるのです。
ハンガリーでは、犬たちはひどい環境に住んでいます。
フランスに違法に輸入された犬のほとんどは、ひどい健康状態にあります。
価格がわずか25,000ハンガリーフォリント(=75ユーロ 9,750円 1ユーロ=130円)の6週齢のビーグル犬。
もと養豚場で違法に犬を飼育し、フランスやイタリアに密輸する人もいます。
犬の密輸ギャングは、犬を100ユーロ(1万3,000円 1ユーロ=130円)で購入し、外国で800〜1,000ユーロ(10万4,000円~13万円)で販売します。
したがって、ビジネスは非常に儲かります。
興味深いことに、ほとんどのイタリアのギャングは違法な犬の取引ネットワークの一角を占めています。
そしてこの種のビジネス(犬の密輸)は麻薬や武器の密輸よりも安全です。
なぜなら犬の密輸ギャングが捕まえられたとしても、処罰の判決は甘く、その後も違法な犬の密輸ビジネスを続けることができるからです。



 連載記事で述べてきた通り、西ヨーロッパ先進諸国では、主に東欧から違法合法を問わず、大量に子犬が輸入されています。フランスも例外ではありません。
 その理由はいくつかあります。まず東欧諸国は動物愛護法制が遅れ、また物価が安いので犬を極めて安価に生産できます。ですから動物愛護法制が整い、人件費等が高い西ヨーロッパ先進国の6分の1、さらにはそれ以下の価格で販売しても利益が出るのです。
 次に、ヨーロッパ諸国ではシェンゲン協定があり、これに加盟した国々では国境間移動が自由で通関手続きもありません。したがって東欧諸国できわめて安価に生産された子犬を仕入れて、正規の手続きを経ずに国境を越えて西ヨーロッパ諸国に持ち込むことが簡単にできるのです。
 さらに犬の違法な国境を越えた取引に対する当局の姿勢の甘さです。犬の違法取引の摘発は、西ヨーロッパ諸国では警察等の機関は熱心に行いません。人手が足りないということもありますし、当局は重大な犯罪ではないという認識だからです。

 日本では「2024年からペットショップでの犬猫の販売を禁止する」とのフランスの立法を絶賛している愛護(誤)活動家が多いですが、彼らはヨーロッパ、ひいてはフランスの犬猫の販売の事情に対して無知です。「ペットショップでの犬猫販売を禁止」したとしても、フランスは違法な東欧等からの犬の輸入を防ぐ効果的な施策を打ち出せていません。したがって「ペットショップでの犬猫販売を禁止」したのちは、ペットショップでの購入者は代わりに違法な輸入犬の購入をするものと思われます。
 フランスにおいてもペットショップは登録を要する規制業種であり、行政の監視下に置かれています。そのような正規のルートによる犬猫の販売を禁じることは、むしろ違法な犬の輸入を助長する行為です。フランスの「ペットショップでの犬猫販売禁止」の立法はおろかとしか言えません。


(動画)

 Le trafic d'animaux de compagnie 「フランスのペットの違法売買」 2018年9月28日

 こちらは輸出元がブルガリアのケ-スです。犬の違法輸入の捜査の様子。犬の違法輸入はヨーロッパでは最も利益がある違法取引のうち、麻薬、武器に次ぐ3番目の規模です。ブルガリアでの犬の飼育状況は悲惨です。生まれた子犬は専門の輸出の違法取引業者によって転売されます。




(動画)

 D'où viennent les animaux vendus en animalerie ? - La Quotidienne 「ペットショップで売られている動物たちはどこから来るのですか?」 2019年4月10日

 フランスのペットショップでの犬猫販売の様子。しかしながらこのように続けています。「ペットショップを介して、もしくはブリーダーから直接犬を購入することができ、これらは高度に法的規制を受けています。しかしフランスでは10万頭もの犬の密輸があります」。密輸犬はほとんどがインターネットで無店舗販売されます。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR