「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー8

 「埠頭駅定食」を私有地に配置すれば有罪になるのかー7の続きです。本記事以降では、私有地に「定食」を配置し、それを食べた猫が実際に死傷したケースについて考察します。


*いわゆる「定食」とは、法的規制がないが、動物にとって致死毒となるものを、猫の餌などに混ぜたものです。混ぜるものは、自動車ラジエーター不凍液、人間用鎮痛剤などが代表的。掲示板2ちゃんねる「生き物苦手板」で猫の防御方法として紹介され広がりました。猫以外にも、ネズミやナメクジの駆除にももちろん使えます。


 まず前提として、刑事事件で有罪とするには、以下の条件を全てみたさなければなりません。
1、その行為が犯罪の構成要件を満たしている、
2、それが立証できる、
3、その他有罪を妨げる事実がない(犯人の責任能力、緊急避難、正当防衛など)
こと。

 今回は、いわゆる「定食」と私有地に配置し、それを食べた猫が死傷した場合、「定食」を配置した者を動物愛護管理法44条1項違反で有罪することができるかという件に関して論じたいと思います。結論から言えば、私有地であっても、・侵入する猫に対して明確な殺害意図があり、・猫の侵入による被害は一切なかった。つまり猫を殺害する必要性は全くなかった、との条件を満たせば、動物愛護管理法44条1項違反という犯罪は成立します。つまり上記条件の内、「1、その行為が犯罪の構成要件を満たしている」からです。
 しかしその犯罪で有罪とするには、上記の1、の他に、「2、それが立証できる」と「3、その他有罪を妨げる事実がない」を満たすことも必要です。

 「・侵入する猫に対して明確な殺害意図があり、・猫の侵入による被害は一切なかった」のであれば、動物愛護管理法44条違反「愛護動物をみだりに殺す、傷つける」が成立します。「1、その行為が犯罪の構成要件を満たしている」からです。・明確に殺害する意図~故意、・猫の侵入による被害は一切なかった~殺害する必要性はない、みだりな殺傷、です。
 しかしその犯罪により、犯人を立件~有罪にするためには、他に「2、立証」と、「3、その他有罪を妨げる事実がないこと」が必要です。今回は、「2、犯罪の成立を立証できるか」について論じたいと思います。

 これも先に結論から言えば「犯罪事実の立証」はほぼ不可能です。したがって「定食」を実際に配置し、それを食べた猫が実際に死傷したとしても、その犯人を有罪とすることはほぼ不可能です(ただし、犯人が「猫を殺すためにした」と公言し、その様子を詳細にビデオなどに記録し、インターネットなどで広く公開するのは例外です。このようなケースでは、犯罪の成立を犯人自ら立証しているのと同じだからです)。
 ・まず犯罪の構成要件である「犯人の猫を殺害するという意図」ですが、人の心理を第三者が客観的に証明することは不可能です。再び、問題のブログ記事を引用します。


2ch生き物苦手板の住民とのオフ会の報告
【弁護士の見解】毒餌は敷地内であっても違法行為。(太字が質問者、赤字が弁護士?と思われる)。

>しかし合法的な薬剤であるわけで、「ただ置いておいただけ」「ナメクジやネズミや蟻の駆除のために置いておいただけ」「捨てただけ」と言い訳されてしまったら、逮捕できないのではないでしょうか?

現場の全体的な状況からして、ただ置くということは通常では考えられない行動ですし、ナメクジやネズミ等の駆除をするにしては、不自然な場所、時期(例えば、そのような害虫が発生しようのない冬場であるとか、)に置いたものである場合は、警察官としても、「この人は嘘をついているな」と認定するということも考えられます。


 少し話がそれますが、私は既に同名の記事で書いているとおり、仮に「定食」を配置してその「定食」で実際に猫が死傷していても、現行犯逮捕は出来ません(その根拠は過去記事を読んでください)。もし動物愛護管理法違反44条で逮捕するのであれば、通常逮捕になります。その場合は裁判所が決定します。ですから「逮捕できないのではないでしょうか?警察官としても、『この人は嘘をついているな』と認定するということも考えられます」なんて弁護士が回答するわけがありません。逮捕要件を認定するのは裁判官です。
 通常逮捕では、裁判官が逮捕の理由と逮捕の必要を審査して、逮捕状を発付します。その要件には、かなりの客観性が求められます。

 「ただ置くということは通常では考えられない行動ですし、ナメクジやネズミ等の駆除をするにしては、不自然な場所、時期(例えば、そのような害虫が発生しようのない冬場であるとか)」ですが。
 ネズミは通年発生します。例えば不自然な場所(がどのような場所なんでしょうね?)であったとしても、「定食」の配置者が単に無知であって、ネズミの駆除には非効率的な場所に設置した可能性もあります。猫は、市販のペレット状の殺鼠剤でもそのまま食べます。そのような殺鼠剤を「不自然な場所、時期」においただけで犯罪者として逮捕されるのですかね?
 また「定食」の配置者が無知であったために、冬季はナメクジが出ないのにナメクジの発生の予防のために「定食」を設置したのかもしれません。その「定食」の配置が不自然かどうかは主観的なものですし、状況証拠といえば言えなくもないですが根拠薄弱です。

 それ以前に、その者が私有地に置いたものが、当該猫の死因だったということはどうやって疎明するのでしょうか(逮捕が認められるためには、死んだ猫の直接的な死因となった「定食」に対しての疎明が必要です。すでに食べられてしまった過去の「定食」で、有害な物を混入していた、配置が不自然であったなどです。既に食べてしまった「定食」でどうやって疎明するのでしょうか。今現在の怪しい行為~「定食」?を配置している?を疎明したところで既に死んだ猫との因果関係はありません。このところを【弁護士の見解】では、前提条件を明らかにしていません。今現在行われている「定食」の配置で~つまりその「定食」でまだ猫が死んでいない未遂、で逮捕できると取れる文章です。弁護士が、このような前提条件が曖昧な回答をすることはありえません)。
 「以前、その者が猫の餌のようなものを私有地に置いていた。有毒なものを混ぜた『定食』に違いない」という目撃証言だけでは、根拠が余りにも薄弱です。もしかしたら普通の餌かもしれませんし。逮捕状の発布すら不可能だと思います。

 刑事事件での有罪は、状況証拠だけでは大変難しいとされています。曖昧な状況証拠、つまり「『定食』の配置が不自然であった(死因となる定食はすでに過去のもので、それすら証明するのは難しい)」ということのみで持って、有罪とすることはほぼ不可能です。状況証拠のみでの有罪判決もないことはないですが、そのようなケースでは、非常に多くの状況証拠を積み上げています。また「『定食』の配置が不自然」ですが、「不自然」との判断は主観でしょう。それでもって、犯人の「猫を殺す意図」とするには、余りにも根拠薄弱です。 
 犯罪行為の立証のためには、既に死傷した猫の原因となる過去の(既に食べられてしまった)「定食」の原因物質、配置した時間場所、配置の状況、誰がしたのかの特定(犯人と推定される者が家人に依頼したかもしれませんしetc...)などの証明が必要です。その証明は大変困難です。今現在行っている「定食」の配置は、既に死んだ猫とは、何ら因果関係はありません。【弁護士の見解】では、今現在行われている「定食」の配置なのか、猫が既に死傷した原因となった、過去の「定食」配置なのか記述が曖昧です。法律家がそのような回答をするとは信じがたいです(続く)。




 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一応アクシデントで

ってことで結果的にアボーンになっちゃうのは致し方がないですね。

私も対害獣用の毒エサは基本的に置きっ放しでそのうち
シッカリ忘れますからね。後は見つけた結果次第です。

季節だの場所だのなんて関係無いですから・・・。
何なら、害虫とか居ない冬だけ地域野良猫や外飼いするとか?
でも、冬の間は害虫は勿論、野良猫なんて温かい所に
身を潜めているから、んでそこは又、害虫の越冬場所でもあるので
毒エサもシッカリ撒いてあったりと
結局、外に居る限りこれらのリスクから逃れる術は無いのです。

Re: 一応アクシデントで

只野乙三様

私有地に毒餌を置いたら動物愛護管理法違反だなんて、頭に血が上った連中は、農薬や殺鼠剤についての知識を得てから主張して欲しいですね。
例えばランネート(カーバメート系農薬)や、有機リン系の除草剤で毒性の強いパラコートなどは、草についたものを猫が食べたり舐めたりしただけで死にます。
【弁護士の見解】の第二弾(第三弾もあるらしいですがまだ見ていません。オフ主から批評せよとの要望があります)では、「わざわざ猫の餌を有毒あものに混ぜることが猫を殺す意図~故意の証明になり、動物愛護管理法違反が立件できる」とあり、私は抱腹絶倒しました。
殺鼠剤の多くは、食物や動物の餌に混ぜて使用するものです(ベイト剤)。
そのままでは有毒成分だけなので、ネズミは食わないからです。
では、ベイト剤の殺鼠剤を用いた人は、全て殺人未遂罪や動物愛護管理法違反になるのですかね。


> 私も対害獣用の毒エサは基本的に置きっ放しでそのうちシッカリ忘れますからね。

うっかり出し忘れたのと、意図的に放置したのと、第三者がどうやって証明できますか。


> 結局、外に居る限りこれらのリスクから逃れる術は無いのです。

いわゆる「定食」の配置は私有地でも有罪になるとか、私人でも「定食」を配置している人を見つけたら現行犯逮捕できるとか(だったら私人が現行犯逮捕して、定食を置いた犯人を警察につきだしたら?一つでも有罪事例を作るほうが、チンケな法律論をぶつよりよほど効果があります)。
猫の安全な室内飼いを勧めるのが本筋でしょう。
謝った猫愛護家は、基本的に莫迦で既知外です。

また蛆が湧いてきました。

以前ご紹介した、猫が死んでただけでろくすっぽ検査もせずに「毒殺だ」と言い張っていた、あの金沢の哀誤も、あれっきり音沙汰なしです。
こういう人達が警察官だったら、警察そのものが冤罪製造マシーン化してしまうんでしょうね。
怖いです。

話題とは離れた話になってしまいますが、あの三兆流写真家蛆が、また湧いて出てきました。
てっきり仕事なくて金なくて夜逃げしたと思ってたのに。

http://plaza.rakuten.co.jp/nobo13/diary/201304050000/
>緊急SOS!! 大阪市営住宅でのペット禁止に抗議の意見を!

この話題は「痴いさな憎窮を魔漏り怠」や猫騙しEな誤腐人でも騒いでましたが、要するに「公営住宅でペット禁止に反対」とごねてるだけの話。

>大至急拡散をお願いします。

との事なので、こちらで拡散させちゃいました。

オキキリムイ様

ペット禁止の規約を破ってそれで住み続けられる方がどうかしています。

ペットが飼いたいなら、ペットを買って良い住宅に引っ越すべき。

公営住宅は、民間賃貸住宅に比べて税金を投入して異様に安い家賃となっています。

高度成長期の住宅不足時代では税金を投入して人口増加に間に合うように住宅整備の必要もありましたが、現在は世帯数より住宅が多くて余っています。

それであるのに抽選であたった一部の人だけが税金の恩恵を受けられるのは、公平性の観点からおかしいと私は思います。

公営住宅自体なくしていくべきです。

公営住宅の住民は「自分たちは税金のお陰で安く暮らせている」と感謝しなさい!

規約は当然守ろうね。

守らない奴は叩きだせ!

Re: また蛆が湧いてきました。

オキキリムイ様、コメントありがおうございます。

> あの三兆流写真家蛆が、また湧いて出てきました。

この人は絶望的な鞭莫迦で、その上プ氏です。
実名で鞭莫迦の大恥を全国に晒すだけで、毎回止めればいいのに、と思います。


> >緊急SOS!! 大阪市営住宅でのペット禁止に抗議の意見を!
「入居者に対して、ペット飼育禁止の誓約書を書かせているようですが、この行為自体なんの法的根拠もありません」。
全く法律に暗いのに、法律論をぶつなと言いたいです。
さて「誓約書」とは「契約書」の一種であり、法律上有効です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1109598.html
「誓約書」と「契約書」の違いは、慣習的に片務契約の場合を「誓約書」とする場合が多いようです。

片務契約とは。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%91%E7%B4%84
文書にしてあればもちろん契約書と同様に、有効です。
「大阪市営住宅迷惑行為措置要綱」に詳しく定義され、

「ペット飼育に関しては、次のように書かれています。『犬、猫等動物(迷惑な鳴き声を出すもの、他人に危害や迷惑をかけやすいもの等)を飼育することにより、近隣入居者に対し、安眠を妨害し、傷害し、又は生活衛生上迷惑を及ぼす行為』(第3条第1項第1号)」。

この文面を見る限りは「他人に危害や迷惑をかけやすいもの等」の飼育を禁止している義務条項なわけですから現に被害を及ぼしていない状態でも、「かけやすいもの」=その可能性があるものは事前に禁止すると捉えるべきでしょう。
また「要綱」は行政指導の類であって、法的強制力はありません。
さらに本要項は入居者に対する義務条項を定めたものであって、権利条項(条件を満たせば犬猫を飼って良いという権利を認める)ではありません。
ですから入居者の権利については何ら定めがないのですから、「特約」という意味で「ペット禁止」と求めることは有効です(入居者の権利を認めるには「条件を満たせば犬猫の飼育を許可する」という文言が必要です)。
仮に上記要綱を偏向して「迷惑をかけなければ犬猫を飼ってもよい」という(入居者の権利条項)という意味で理解したとしても、法律上強制力を持つ契約書の一種である「ペット禁止誓約書」が有効です。

いずれにしてもこの方はプ氏ですから。
でもプ氏に限って、意味も分からず難しい専門用語などを使いたがるのです。
莫迦は、意味がわからないからプ氏が言っていることを案外信じてしまう虞れはありますね。

この方は私のブログ記事(ドイツでの犬猫狩猟駆除など)が大嘘だと垂れているようです。
根拠は「日本語でもドイツの犬猫狩猟駆除を検索しても、さんかくたまごの記事しかヒットしないから」だそうです。
例えばドイツ語で、「日本の保健所で年間21万匹の犬猫を殺処分している」なんて検索しても、ヒットは皆無です。
では、日本が年間21万匹の犬猫を保健所で殺処分しているのは大嘘なんですかね。
既知害の理屈は破綻しています。





Re: オキキリムイ様

猫糞被害者@名古屋様

> ペット禁止の規約を破ってそれで住み続けられる方がどうかしています。

民間賃貸住宅でのペット禁止契約(誓約書も規約も契約書の一種で、法的効力は同等です)で争われた裁判ではいくつもの確定判決があります。
「ペット飼育禁止契約に反したから、賃貸借契約を解除する」との原告大家の主張が、ほぼ100%認められています。
民×民だろうが、公×民だろうが、法的解釈は同じです。


> ペットが飼いたいなら、ペットを買って良い住宅に引っ越すべき。
> 公営住宅は、民間賃貸住宅に比べて税金を投入して異様に安い家賃となっています。

ペットは選択的消費(必需品ではない)と、生活保護支給条件でもそのように解釈されています。
つまり贅沢品です。
安い公営住宅の恩恵を受けながら、生活必需品ではないペットを飼育し続ける根拠はありません。
過去には、ペット飼育の権利を「憲法が保証する幸福追求権」と争ったバカがいますが、もちろん認められていません。
莫迦ペット飼育入居者に対しては、自治体はがんがん強制執行をして追い出すべき。
そうでなければ、公平ではありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

> なんで野良猫関連の話にはプシが集まってくるのやら、呆れてます。

抱腹絶倒モノですねwww

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR