fc2ブログ

ドイツはペットショップを独自に規制する法令条文がない生体販売にゆるゆるの国〜杉本彩氏の大デマ






Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。  dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Der Absatz von Zoohandlungen in Deutschland explodiert.
Auch die Zahl der Zoohandlungen steigt.


 記事、
日本で行われている保護犬猫譲渡会の多くはイギリスでは犯罪行為〜また杉本彩氏が赤恥をやらかした
杉本彩氏の保護猫譲渡会は日本の数値基準も満たしていない〜日本で行われている保護犬猫譲渡会の多くはイギリスでは犯罪行為
ドイツでは生体販売ペットショップの売上は16年で4倍増で店舗数も増加〜杉本彩氏の真逆の大嘘
の続きです。
 上記でリンクした杉本彩氏の発言を取上げた記事をリンクしましたが、その記述に著しい誤りがあるので取上げます。それは「ドイツでは生体販売ペットショップの法規制を強化したためにドイツではペットショップの経営が成り立たなくなり激減した」と言う記述です。真実は真逆で、ドイツには生体販売ペットショップを規制する特定の法令条文はありません。ドイツでの生体販売ペットショップの規制は、動物保護法(Tierschutzgesetz)(連邦法)11条で家畜以外の脊椎動物と頭足類(註 タコなど)を扱う事業者の一つとして、包括的に規制が定められてるだけです。この条文では業者が認可を受けること、専門能力を有する職員を配置する義務や業者が取り扱っている動物の殺処分を行う場合などが規定されてるだけです。杉本氏の「ドイツでは、国がペットショップへの規制を強めて厳しいルールを設けた」との発言は、全く根拠のない虚言です。



 サマリーで示した、杉本彩氏の発言を元にした記事の問題記述、「動物愛護先進国のドイツでは、国がペットショップへの規制を強めて厳しいルールを設けたことでビジネスが成り立たなくなり、生体展示販売が激減したという」がある、ニュースソースから引用します。


杉本彩さん「ペットの生体展示販売という、野蛮なビジネスモデルをなくしたい」 2019年11月24日

「生体展示販売によるペットビジネスがここまで巨大化している国は日本くらいのもの。街のあちこちにペットショップが存在し、動物たちがショーケースに陳列されて販売されている。日本では当たり前の光景ですが、動物愛護先進国の人たちの目には、“信じられない野蛮な行為”に映っているでしょう」
また、悪質なペット業者が絶えない要因には、開業のハードルの低さも挙げられると杉本さんは言う。   
動物愛護先進国のドイツでは、国がペットショップへの規制を強めて厳しいルールを設けたことでビジネスが成り立たなくなり、生体展示販売が激減したという。


 上記のドイツの生体販売に関する記述をまとめると次のとおりです。
1、日本はペット業者の開業のハードルがドイツなどと比べて低い(ドイツはペット業者開業に対する法規制が日本より厳しい)。
2、ドイツではペットショップに対する法規制を強化する法改正を行った。
3、ドイツではペットショップに対する規制強化の法改正のためにペットショップが経営的に成り立たなくなり、激減した。

 「3、」については前回記事で述べたとおりです。ドイツでは2003年から2019年の16年間に、生体販売ペットショップの売上が約4倍に激増しています。これは同時期のドイツの国内総生産の成長率約1.5倍よりはるかに高く、ドイツでは生体販売ペットショップは例外的な成長業種です。また店舗数も長期的には増加しており、特に法人の巨大化した店舗の成長が著しいのです。
「2、」については次回記事で詳述します。結論から言えばドイツでペットショップを規制する法律は動物保護法11条で、動物保護団体や害獣駆除業者なども含めて包括的に定めているだけです。例えば「認可を要する」、「専門職員の配置義務」などを定めているに過ぎません。この動物保護法11条は、15年間では「電子申請を認める」という改正が一回あったのみです。
 今回は「1、ドイツではペット業者に対する法規制が厳しい」について述べます。結論から先に言えば、真逆の大嘘です。ドイツは比較的規制が厳しい西ヨーロッパの中では例外的にペット生体販売に対する法規制がゆるゆるな国です。先に述べたとおりペットショップを独自に規制する法令条文はなく、インターネットでの犬などのペット生体を非対面で販売することもほぼ規制がありません(一部の州、ベルリン州では制限を設けているが禁止はしてない)。

 繰り返しますが、ドイツには現在生体販売ペットショップを規制する独自の法令すらありません(2021年12月1日現在)。ヨーロッパ諸国の中では例外的に、生体販売ペットショップに対する規制がゆるゆるな国です。その点について、ドイツの動物保護団体はかねてより批判をしています。そのいくつかをあげます。


Themen • Tierische Mitbewohner • Zucht und Handel Zootierhandlungen: Tierqual zu Dumpingpreisen 「テーマ・動物のルームメイト(註
 ペットのこと)・ペットショップでの繁殖と取引」:安売り価格での動物の拷問」 2018年2月(ドイツPETAによる記事)

Zoohandlungen nutzen die niedliche Wirkung, die von jungen Kaninchen, Meerschweinchen, Hunde- und Katzenwelpen sowie vielen anderen Tieren ausgeht – ebenso wie die exotische Faszination von Reptilien und Amphibien.
Mit diesen Tieren ist ein lukratives Geschäft zu machen, denn der Handel mit sogenannten Heimtieren wächst seit Jahren.
Da in Deutschland spezifische gesetzliche Regelungen für den Zoohandel fehlen, befinden sich jährlich Millionen Lebewesen in einem quasi „rechtsfreien Raum“.

(ドイツの)ペットショップでは、幼いウサギ、モルモット、子犬、子猫、その他多くの動物がかもし出すかわいさの効果と、爬虫類や両生類のエキゾチックな魅力を利用しています。
いわゆるペットの商業取引が(ドイツでは)何年もの期間で成長しているので、これらの動物で儲けるビジネスをすることが可能となります。
ドイツではペットショップでの商業取引に関する特定の法的規制がありませんので、毎年何百万もの生物が「無法地帯」に近い状態で生きています。



Tierhandlungen – Geschäfte auf Kosten der Tiere 「ペットショップ 動物を犠牲にする店」 2012年7月14日

Viele der Tiere stammen von Züchtern, aus Tierheimen, aus dem Ausland ─ oder aus einer der ca. 4300 Zoohandlungen deutschlandweit.
Obwohl jedes Jahr Millionen Tiere in Tierhandlungen verkauft werden, gibt es in Deutschland, keine speziellen gesetzlichen Regelungen für den Verkauf von lebenden Tieren.
2010 betrug der Gesamtumsatz der Heimtierbranche nach offiziellen Angaben 3,7 Milliarden Euro, Tendenz steigend.

ほとんどの動物は、ブリーダー、ティアハイム、外国から輸入したり、またはドイツ全土にある約4,300のペットショップの1つから購入することができます(註 同時期の総務省の調査では、生体販売を行うペットショップの数は5045店舗です)。
毎年数百万の動物がペットショップで販売されていますが、ドイツでは生きた動物の販売に関する特別な法的規制はありません(現在ドイツにおけるペットショップの法的規制は、連邦動物保護法 Tierschutzgesetz 11条で動物を取り扱う業種に対しての包括的な規制の対象に含まれるだけです)。
2010年の総売上高はドイツのペット(生体)販売業の売上高は、公的統計ではの37億ユーロで増加傾向にあります。



 ドイツでは、家畜以外の脊椎動物および頭足類(註 タコなど)を取り扱う業者に対する規制は、包括的に動物保護法(Tierschutzgesetz)(連邦法)11条で定められており、生体販売ペットショップはその1つに過ぎません。同条項で定められているのは、「事業者の認可を受ける義務」、「事業者は専門能力が証明された従業員を一事業所に付き1名以上配置しなければならない」、「事業者が取り扱う動物を殺処分する場合の規定」などです。
 また対象となる事業者は「実験動物の繁殖飼育を行い第三者に提供を行うもの」、「動物保護施設(ティアハイムなど)」、「動物園、その他の動物展示施設」、「動物の輸入業者及び運送を請け負うもの」、「犬の訓練を行うための施設を有するもの」、「第三者に対して動物の交換、販売を行うもの」、「家畜や狩猟動物以外の脊椎動物を繁殖、飼育するもの」、「脊椎動物の事業間取引を行うもの」、「乗馬事業または馬による運搬事業を行うもの」、「動物を展示して提供すること(註 動物の見本市など)」、「脊椎動物の有害動物駆除業者」、「第三者のために犬の訓練を行うもの」が対象になります。生体販売ペットショップは「第三者に対して動物の交換、販売を行うもの」が該当します。

 ドイツは西ヨーロッパ先進国の中では例外的にペット生体販売に関する法規制がゆるい国です。例えばイギリスではペットショップで販売する動物多くの種での最小ケージサイズが各動物種に付いて具体的な数値基準があります。その他スイス等でもペットショップに限らず、ペット動物多くの種の最小ケージサイズが法令で定められています。
 ドイツは犬に限り厳しい飼養の全般規制(一般飼主や保護施設にも適用される。公的動物収容所は例外的に適用されない)はあります(「動物保護犬規則」 Tierschutz-Hundeverordnung)。この飼養基準はペットショップの展示販売にも適用されるため、犬に限り、ペットショップの展示販売は厳しい最小ケージサイズなどの基準が適用されます。しかし犬以外のペット動物には展示用の最小ケージサイズなどの法令による基準は一切ありません。例えば猫は展示ケージの最小サイズも販売最低週齢の法令の規定はありません。ですから5週齢未満の猫を、矮小なガラスケージに入れてペットショップで展示販売することも合法です。

 杉本彩氏ですが、なぜ原典を一切調べずに単なる自分の思い込み、妄想をさも真実のように公に発言することを繰り返しているのでしょうか。まさに「吸った息で嘘を吐き続けなければ窒息して死ぬ」人と思えます。病的な妄想、もしくは疾患レベルの作話症と私は推測します。中卒の元ポルノ女優で無知無学というだけでは説明が付きません。
 次回記事では、「2、ドイツではペットショップに対する法規制を強化する法改正を行った」が大嘘であることを述べます。そもそもドイツにはペットショップに関する独自の法令条文すらありません。ペットショップを含む動物取扱業者を包括的に規制する根拠法は動物保護法11条ですが、過去15年まで遡っても2017年の「動物取扱業者の電子申請を認める」という法改正だけです。


(動画)

 Arbeiten in der größten Zoohandlung der Welt: Nix mit faul rumhängen! | Galileo | ProSieben 「世界最大のペットショップで働く:だらだらと従業員がたむろしていることは一切ありません! | ガリレオ君| 7時間の勤務時間で」2021年5月6日

 世界最大の生体販売ペットショップはドイツにあるZooZajacです。2008年に売り場面積8,000㎡で「世界最大の生体販売ペットショップ」とギネスレコードに認定されました。その後も業績は順調で規模を拡大し続け、現在は1万3,000㎡まで売り場面積を拡張しました。
 売り場面積だけで1万3,000㎡もあるということは、それだけ展示する動物の種類も多いということです。例えばドイツでは6州で日本で特定動物として飼育が制限されているニシキヘビやワニなども、飼育に関する規制は一切ありません。つまり登録義務も飼養基準もないのです。そのように飼育する側も販売する側も、ドイツではペットに関する法規制が驚くほどゆるい国なのです。動画でも犬猫と言った一般的なペット動物を始め多くのエキゾチックアニマルも展示販売されています。ドイツはペット販売飼育の規制がゆるい、またペットショップ大国、先進国です。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

杉本彩さんを信じてくれる お人好しの{愛誤さん}たちがいるからでしよう

自分の社会的「名声」維持のために「愛誤さん」に喜ばれることであれば「嘘も方便」のお積りではないでしようかね?

ネット社会はfake情報満載です
何を信じていいのか?
どうすれば「真実」を知ることができるのか?
善悪の基準は何か?

fake情報で日本を混乱させようとする勢力があるのか?

日本国民は一定の教育を受けていますが 教壇に立たれる人々が全員「善人」であるとは言えないでしょう

日本をダメな国にしたいと思う 野心があって教育者になっている人々もいるかもしれません

政治家にもいるかもしれません

甘い受けの良いfake情報をまき散らして 日本人のモラル崩壊をたくらんでいるのかと感じることもありますが 何であれ信じることは良いこととされている傾向は強いのでしょう

Facebookでも「ほんわか」が好まれるように感じます

真実を述べても 批判的な記事は書き手を「変な人」扱いとして敬遠される傾向は強いと感じます
 
動物あいごの社会はその典型のようです

fake情報が歓迎されているかのような風潮です
fake情報発信者を糾弾することを好まない fake情報発信者を支持する人々が多いことも現実です

若い人々がfake情報に無関心であり fake情報発信者に「寛容」であり正さなければ この国は歪んでいくでしょうし モラル崩壊で「国滅びて 山河も無」(他国に摂られる?)となりかねませんね
私の余生は知れたものですが 
若い人々が無関心から目覚めて頂きたいとは思います

Re: No title

ー様、コメントありがとうございます。

> 杉本彩さんを信じてくれる お人好しの{愛誤さん}たちがいるからでしよう
> 自分の社会的「名声」維持のために「愛誤さん」に喜ばれることであれば「嘘も方便」のお積りではないでしようかね?
> ネット社会はfake情報満載です

この状況を私は大変憂いています。
このような出典を一切あげない、根拠を示さない荒唐無稽なデマ情報をマスコミも報道し、末端の愛誤が無条件で信じてしまう。
これほどまでに日本人の知能は劣化し、モラルは低下したのでしょう。
杉本氏等の愛誤活動家は真正無知無学なのか、意図的に愛誤活動に都合の良い、利益誘導を目指した病的嘘つきなのか。
いずれにしても正常ではありません。


> どうすれば「真実」を知ることができるのか?

各人が健全な批判精神を持ち、自分で調べて裏を取るしか無いです。
そしてその情報にきちんとした「出典」がつけられているかどうかも判断の材料です。


> fake情報で日本を混乱させようとする勢力があるのか?

それはあるでしょう。
日本を混乱させると言うより、愛誤が自分たちの活動にとって有利になるように世論誘導を意図的に行っているということです。
例えば杉本彩氏ですが、毎回私が取上げた氏のデマ発言に抗議し、真実ならば出典を示すよう求めています。
しかし一度も返事がありません。
つまり自分自身で、自分の発言が嘘ということを認識しているとうことです。
何年も前から指摘していますが、敵愾心があるのか、更に酷いデマ発言を繰り返すようになりました。
一種の精神疾患すら疑われます。
杉本彩氏に限らず、マスコミ大手、愛誤議員、メーカーの広報、大学教授、環境省まで。
日本で動物愛誤に関わる方は例外なく何らかの精神疾患があると私は疑っています。


> 日本国民は一定の教育を受けていますが 教壇に立たれる人々が全員「善人」であるとは言えないでしょう
> 政治家にもいるかもしれません

教育者や政治家に期待するほうが間違っています。
政治家は特に支持者の利益誘導の手先に過ぎませんから。
愛誤の都合の良いことならば、国会でも卒倒するような大嘘を平気でつきます。
高井崇志前議員、串田誠一前議員の国会発言は、海外に関することはほぼ真逆のデマでした。
福島みずほ氏もそうです。


> 真実を述べても 批判的な記事は書き手を「変な人」扱いとして敬遠される傾向は強いと感じます

日本人の知能の劣化というしか無いです。
確たる証拠があり、それが誤りであることが明白であるということすら理解できないのです。


> fake情報発信者を糾弾することを好まない fake情報発信者を支持する人々が多いことも現実です

それはそのfake情報がその人にとって都合が良いからです。


> 若い人々がfake情報に無関心であり fake情報発信者に「寛容」であり正さなければ この国は歪んでいくでしょうし モラル崩壊で「国滅びて 山河も無」(他国に摂られる?)となりかねませんね

残念ながら利害関係にない大多数の人は、そのfake情報に無関心でしょう。
fake情報により利益がある人は、真実を言う人をなにがなんでも葬り去ろうとします。
だから真実は勝てません。
残念ながらそういうことです。
「悪貨は良貨を駆逐する」と言いますね。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR