fc2ブログ

危険なエキゾチックアニマルのペットが頻繁に逃げ出すドイツ






Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de)
メールはこちらへお寄せください。  dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Deutschland ist ein Land mit vielen Heimtierverkäufen von exotischen Tieren und Reptilien.


 記事、
「日本の飼育モラルの低さ 世界は『エキゾチックアニマル』敬遠」という大デマ記事
ドイツはペットショップ大国で店舗の設備投資、販売動物の品揃え、飼育繁殖技術など世界最高峰
の続きです。
 飼育許可を受けていないアミメニシキヘビが遁走した騒動が横浜市で起きました。その件に関して「世界的にエキゾチックアニマルを飼うのはやめようという流れになっている中、日本の動物愛護・福祉は世界から30年以上遅れている」と批判しているジャーナリスト(笑)がいます。しかし日本が特別エキゾチックアニマルのペット飼育に寛容で飼育数が多いわけではありません。例えばドイツはエキゾチックペットの販売は品揃えと販売数の多さ、ペットショップの店舗の巨大化、飼育技術など、世界でも最先端の国と言われています。ドイツは爬虫類等のエキゾチックアニマルの輸入数飼育数が多く、また販売や飼育に対する規制が緩い国ですので、ワニやニシキヘビの遁走事件が頻繁に起きます。



 サマリーで示した、「世界的にエキゾチックアニマルを飼うのはやめようという流れになっている中、日本の動物愛護・福祉は世界から30年以上遅れている」と批判しているジャーナリストの記事はこちらです。
 大蛇&巨大鳥捕獲でわかった日本の飼育モラルの低さ 世界は「エキゾチックアニマル」敬遠 2021年6月8日 から引用します。


動物ジャーナリストの佐藤栄記氏は「本来は日本に生息しない外来種が逃げ出す例は珍しくない」と指摘する。
どうしてそんな事態が起きるのか? 
背景にはグローバルスタンダードとはかけ離れた、日本の動物愛護・福祉があるという。
動物ジャーナリストの佐藤栄記氏(*1)は「アミメニシキヘビ騒動の直後だったので話題になったが、外来種が逃げ出す例は珍しくない」と指摘する。
「世界的に『外国産の珍しい動物=エキゾチックアニマルを飼うのはやめよう』という流れになっている中、日本の動物愛護・福祉は世界から30年以上遅れている。
いまだに多くの野生動物が販売目的で輸入されている。
日本ではペットブームが起こるたびに、多くの外来種が日本の生態系の中に放り込まれる事態が繰り返されてきた。
例えばかつての人気アニメ「あらいぐまラスカル」の影響を受け、アライグマがペットとして輸入された。
現在の日本ではワシントン条約や国内法に違反していなければ、外国産の野生動物を飼育することは可能だ。


(*1)佐藤栄記


 上記の引用した記事の、「世界的に『外国産の珍しい動物=エキゾチックアニマルを飼うのはやめよう』という流れになっている中、日本の動物愛護・福祉は世界から30年以上遅れている。いまだに多くの野生動物が(日本では)販売目的で輸入されている」は、明らかに「嘘」です。前回、前々回記事では、ドイツでは爬虫類等のエキゾチックアニマルの輸入数が日本よりはるかに多く、これらの動物の商業取引や飼育に関する法規制が日本に比べて寛容であることを述べました。
 それらが要因と思われますが、ドイツではワニやニシキヘビ等の危険なエキゾチックアニマルの遁走事件が頻繁に発生します。飼育数と飼育者数が多ければ、それに比例して不適正飼育者やそれらの動物の遁走事件が多くなるのは当然と思います。ドイツにおける、絵危険なエキゾチックアニマルの遁走事件をいくつかあげます。


(動画)

 Krokodil in Thüringen: Familien haben Angst! | SAT.1 Frühstücksfernsehen 「チューリンゲン州でワニが発見された! 各家庭は怯えています!」 2020年9月15日(ドイツ公共放送)

In Unstrut gibt es ein Krokodil, es soll 2 Meter lang sein und Augenzeugen sollen es gesehen haben.
Mittlerweile werden Helikopter für die Suche eingesetzt, doch bisher ohne Erfolg.

(ドイツ、チューリンゲン州の)ウンシュトルト川には2mのワニがいると言われており、目撃者がいます。
ヘリコプターが捜索に出動しましたが、これまでのところ発見に至っていません。






Drei Meter langes Krokodil in Frankfurt entkommen 「体長3mのワニがフランクフルトで逃げました」 2010年7月10日

Ein drei Meter langes Krokodil hat ist in der Nacht auf Samstag in Frankfurt entkommen.
Der Alligator "Ali" gehört zu einer Reptilienshow, die gerade im Ostende der Stadt gastiert, wie die Polizei berichtete.
Die von Polizisten geweckten Veranstalter der Reptilienshow trugen den Alligator zurück in ihr Quartier.
Krokodil in Hessen gefangen.
Erst vor einer Woche, in der Nacht auf 1. Juli, hatten Polizisten ein Krokodil im südhessischen Groß-Rohrheim eingefangen.
Das ein Meter lange Reptil gehörte einem kleinen Zirkus und spazierte laut Polizei munter den Gehweg entlang.
In Bochum hatten fünf Jugendliche am vergangenen Wochenende angeblich zwei Krokodile gesehen.
Eines soll auf einer Ruhr-Insel gelegen haben, das andere im Wasser in der Nähe von Schwimmern geschwommen haben.
Die Suche nach den Reptilien blieb ergebnislos.

土曜日の夜に、長さ3メートルのワニがフランクフルト(ヘッセン州)で逃げました。
「アリ」という名のワニは、現在市東部で開催されている爬虫類ショーの展示物の一部であると警察が報じました。
警察により(ワニの遁走に)気がついた爬虫類ショーの主催者は、ワニを自分たちの施設に連れ戻しました。
ヘッセン州で捕まったワニ。
(この事件の)ほんの一週間前の7月1日の夜に、警察官がヘッセン州南部のグロース−ロールハイムでワニを捕まえました。
長さ1メートルのワニは小さなサーカス所有のもので、警察によれば、歩道を元気に歩いていたそうです。
(ノルトライン−ヴェストファーレン州)ボーフムでは先週末に、5人の若者が2匹のワニを目撃したとされています。
1匹はルール島にいたと言われており、もう1匹は遊泳客のすぐ近くで水中を泳いだと言われています。
これらのワニの捜索では見つかりませんでした。



Angler finden gefährliche Schlange am Weserufer 「釣り人はヴェーザー川のほとりで危険なヘビを見つけました」 2018年6月18日

Angler aus dem Landkreis Hameln-Pyrmont haben Sonntag eine ungewöhnliche Beobachtung gemacht.
Während sie am Ufer der Weser in Emmerthal ihrem Hobby nachgingen, erblickten sie eine riesige Schlange.
Diese konnte offenbar aus einem Zirkus entfliehen.
Gegen 6.30 Uhr entdeckte laut Polizeiangaben ein Sportfischer die etwa dreieinhalb Meter lange Python und informierte daraufhin zunächst einen Angelkollegen.
Nachdem die Polizeibeamten am Fundort eintrafen, kontaktierten sie Linus Kampe, den Direktor des Tierparks Bad Pyrmont.
Dieser fing die Schlange mit Hilfe der beiden Angler ein und brachte sie zunächst in den Tierpark.
Es sich bei der Schlange um eine für den Menschen durchaus gefährliche Tigerpython.
Sofern sich die Schlange bedroht fühle, beiße sie zunächst zu und würge seine Opfer dann zu Tode, erklärte er.
Zirkus bemerkt die Flucht nicht.
Wie die Schlange entkommen konnte, ist unklar.
Trotz der abstrakten Gefahr, die in diesem Fall von dem Python ausging, liegt der Polizei zufolge kein strafrechtlicher Verstoß vor.

ハーメルンピルモント地区(ドイツ、ニーダーザクセン州)の釣人らは日曜日に、とんでもない発見をしました。
釣人らがエンマータールのヴェーザー川のほとりで趣味の釣りをしている時に、巨大なヘビを見つけました。
これは明らかにサーカス団から逃げ出したものです。
警察によると釣人は午前6時半ごろ、長さ約3.5メートルのニシキヘビを発見しました。
警察官が現場に到着した後に、警察官らはバートピルモント動物園の管理職であるライナス・カンペ氏に連絡しました。
ライナス・カンペ氏は二人の釣人の助けを借りてヘビを捕まえ、まずそれを動物園に持っていきました。
ヘビは人間にとって非常に危険なタイガーパイソンです。
ヘビは脅威を感じたら、最初に相手を咬み、次に窒息死させるとカンペ氏は言いました。
サーカスはヘビの脱出に気がついていません。
ヘビがどのようにして逃げたのかは不明です。
この事件では、ニシキヘビによってもたらされる潜在的な危険があるにも関わらず、警察は刑法犯罪は成立しなかったと述べています。  



 ドイツは、危険なエキゾチックアニマルの遁走が頻繁にあるような気がします。ですから記事、大蛇&巨大鳥捕獲でわかった日本の飼育モラルの低さ 世界は「エキゾチックアニマル」敬遠 の記述、「本来は日本に生息しない外来種が逃げ出す例は珍しくない。背景にはグローバルスタンダードとはかけ離れた、日本の動物愛護・福祉があるという」は、次のように理解できます。「日本は外来種が逃げ出す例が外国に比べて多い。その理由は動物愛護・福祉が遅れているからだ」。
 この意見は、動物ジャーナリスト(笑)の佐藤栄記氏の発言とのことです。しかしこのような全く無知無学な動物ジャーナリスト(笑)が単なる憶測、妄想で発言するのは極めて社会に有害です。


(動画)

 ALLIGATOR als HAUSTIER? Oratio wohnt mit Krokodilen zusammen | SAT.1 Frühstücksfernsehen | TV 「ワニのペット オラティオ氏はワニと一緒に住んでいます」(ドイツ公共放送 TV番組) 2018年3月15日

 ドイツ、ディーツェンバッハの住宅地でワニを飼育している人物を取材し、ドイツのエキゾチックアニマルの飼育の法規制の甘さに関して、問題提起するTVドキュメンタリー。このワニの飼い主は大きなワニにリードを付けて散歩をさせています。日本ではワニは特定動物なのでこのようなことは違法です。基準を満たした飼養設備内で飼育しなければなりません。また日本は令和2年からワニなどの特定動物のペット飼育を禁じています。
 「日本はエキゾチックアニマルの遁走が多く、背景に動物愛護・福祉が遅れている(法規制も含まれると解釈できるが)」との、動物ジャーナリストの佐藤栄記氏の無知無学な発言はまさに赤恥そのものです。

 


(画像)

 上記の動画の1シーン

ワニ 散歩

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR