fc2ブログ

アニマルホーダーを誘発する地域猫は活動家にとっても猫にとっても有害であり見直すべき







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(summary)
Trap-neuter-return is essentially cat hoardingwithout walls.


 記事、「TNRは壁のないアニマル(猫)ホーダーである」という、アメリカの論文、の続きです。
 私はかつてアメリカの「TNRは一種のアニマルホーダーであり、精神疾患の一種である。またTNRはアニマル(猫)ホーダーを誘発する」という論文を取り上げたことがあります。「TNRはアニマルホーダーであり一種の精神疾患のである」という論文は、私がかつて取り上げた論文以外にもいくつかあります。今回記事においてはそれ以外の論文を紹介します。またこの論文の実証となる、「TNR活動家がアニマル(猫)ホーダーになった、アニマル(猫)ホーダーだった」という実例が、近年アメリカでは多数発見されています。



 サマリーで示した、私が過去に「TNRは精神疾患であるアニマルホーダーの一類型であり、またアニマルホーダーを誘発する」という、アメリカの論文を取り上げた記事はこちらです。

TNR(地域猫)は動物収集という精神疾患(アニマルホーダー)を誘発し、温床となる

 
 記事、「TNRは壁のないアニマル(猫)ホーダーである」という、アメリカの論文では、「TNRは精神疾患の一種であるアニマル(猫)ホーダーの引き金になり、また『壁のない』アニマルホーダーそのものである』という学術論文をいくつか取り上げました。
 今回記事では「猫TNR活動をしていた者が実際にアニマル(猫)ホーダー」だったという実例がアメリカで実際に確認されていることを取りげます。まさに10年以上前から危惧されていたことが実証されたということです。今回記事では、その具体例をいくつか取りげます。


Animal Shelters Aren’t Sheltering, and It’s Fueling Cat Hoarders 「アニマルシェルターは保護施設ではなく、猫(アニマル)ホーダーに燃料を供給しているのです」 2021年4月20日

Pungent ammonia fumes burned investigators’ lungs the second they opened the garage door at the cat hoarders’ home.
Inside, they found 150 cats crammed together in cages that were so full of feces, urine, and vomit that the animals had no choice but to stand, lie, and sleep in their own filth.
Many were thrashing frantically—a sign that they were starving—and had symptoms of feline leukemia, conjunctivitis, and upper respiratory infections.
Others were already dead: The bodies of 74 cats had been shoved into a freezer or left to rot in maggot-covered coolers.
The Maryland couple charged in connection with it claimed to operate a trap-neuter-return (TNR) program.
They allegedly hoarded and neglected cats inside their home, shed, and garage.
Cat Hoarders Posing as ‘Rescuers’
In Michigan, a woman and her son were charged with cruelty to animals after authorities seized dozens of “very sick” cats from their property.
The son called the animals “colony cats” and said that he and his mother “were doing people around here a favor by doing the TNR program.”
Animal Shelters Are Turning Their Backs on Cats, Fueling Cat Hoarding.
Cat abandonment is increasing all over the country, as a growing number of animal shelters are refusing to shelter cats and are instead turning them away.
Why?
They’re under intense pressure from misguided people who demand “no-kill” practices at any cost.

刺激的なアンモニアガスは猫ホーダーの家のガレージのドアを開けた瞬間に、捜査員の肺に炎症を起こしました。
ガレージの中には糞、尿、嘔吐物でいっぱいのケージに、150匹の猫が詰め込まれているのが見つかり、猫たちは自分の汚物の中で立ったり横になったりして眠るしかありませんでした。
多くの猫が必死にあえいでいて(飢えている証拠)、猫白血病、結膜炎、上気道感染症の症状を示していました。
他の猫はすでに死んでいました:74匹の猫の死体は冷凍庫に押し込まれたり、クーラーの中でウジで一杯で腐敗したままにされていました。
この件に関して起訴されたメリーランド州の夫婦は、トラップ・ニューター・リターン(TNR)プログラムを行っていると主張しました。
彼らは、家、物置、ガレージの中に猫を溜め込み、ネグレクトしたとされています。
「レスキュー者」を装った猫(アニマル)ホーディング
ミシガン州では当局が数十匹の「重い病気の」猫をアニマルホーダーの私有地から押収した後に、アニマルホーダーの女性とその息子が動物虐待の罪で起訴されました。
息子は動物を「コロニー猫(TNR管理された猫)」と呼び、母親とともに「TNRプログラムを行うことで近隣の人々に恩恵を与えていた」と言いました。
アニマルシェルターは猫の引取りを避けており、猫(アニマル)ホーダーを助長しています。
さらに多くのアニマルシェルターが猫の保護を拒否し、猫の引取を避けているために、猫の遺棄はアメリカ全土で増加しています。
それはなぜですか?
アニマルシェルターはどんなに犠牲を払っても「ノーキル」を要求する、勘違いした人々から強い圧力を受けているからです。



 まさに「他山の石」とすべきです。日本では極めて先鋭的な「殺処分ゼロ」、「ノーキル」を要求する愛護(誤)の勢力があり、政治家や行政を巻き込んで、所有者不明猫であっても保健所が引き取ることに対して反対の圧力をかけています。日本でも所有者不明猫の保健所引取が横行し、保健所職員が地域猫(TNR活動の一類系である)を無理に勧めている事例を多く聞きます。
 アメリカの複数の論文では10年以上前から「TNRはアニマルホーダーを誘発する」、「TNRは壁のないアニマルホーダーである(TNRはアニマルホーダーそのものである)」と指摘していました。まさに危惧されていたことが、現在アメリカでは現実化しています。日本でも保健所が所有者不明猫の引取拒否をし、地域猫活動を推進すれば、アニマルホーダーが発生する原因となりうるということです。アニマルホーダーは一種の精神疾患であり、アニマルホーダーにとっては不幸です。また動物にとっても全く動物福祉に反し、虐待となります。TNR(地域猫活動はTNRが前提ですが)は、活動家にとっても動物にとっても有害で無益な活動です。現に日本でも、「殺処分ゼロ」の圧力のもとで保健所引取拒否が横行し、それが一因と見られる深刻なアニマルホーダーが発生しています。TNRを前提とする地域猫活動を見直すべきだと、私は思います。


(動画)

 300 cats rescued from apartment unit 「アパートの一部屋から300匹の猫を救出した」 2019年5月6日
 カナダのノースヨークのアニマル(猫)ホーダー




(動画)

 Can't stop feeding stray cats = hoarding? 「野良猫に餌をやることは止められない=それはアニマルホーダーだから?」 2011年11月22日

Feeding too many strays is commonly the first sign that animal hoarding might become a problem, experts say.

専門家によると多くの野良猫に餌を与えることは、一般的にアニマル(猫)ホーダーとして問題になる可能性がある最初の兆候です。






(参考資料)

‘He just got overwhelmed’: Volunteers ask for help after man’s death reveals cat hoarding 「ボランティアの男性はお手上げでした。TNR活動をしていた男性が死んだ後にアニマルホーダーだったことが明らかになり助けを求めています」 2019年11月17日

 TNR活動をしていた車上生活者の男性が死んだ後に、その男性が死んだ後に深刻なアニマル(猫)ホーダーだったことが判明したケース。このTNR活動をしていた男性のケージでは、〜25匹ほどの猫が劣悪な状態で飼育され、多くのネグレクト死した猫の死体が発見されました。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

見直すのでなく禁止すべきですね。

地域猫を連中ボランティアとか銘打ってやってますが、100%何の益もない迷惑行為でしかなく連中の虚栄心を満たす為だけの行為なんで害しかないので禁止すべきです。

日本でも何十年やっても効果なんざゼロですから、いい加減に気づけよアホ共って推奨しちゃってる行政にも言いたいですが言っても一回予算をつけちゃったもので愛誤が政治にまで入り込んで嘘八百を風潮してますから行政も止まらない。
ほんと反吐が出ます。

司法ですら地域猫をどうのと評価した様な文言言いますからね。
誰一人としてまともに物事を調べる事すら出来ない無能揃いですし、愛誤は正しい事を言っても発狂して危険ですから説得もできない。

猫関係ってほんと頭おかしい奴等しかいないので猫そのものを地上からすべて抹消したくなりますよ。

Re: 見直すのでなく禁止すべきですね。

猫ボラ滅びろ! 様、コメントありがとうございます。

> 地域猫を連中ボランティアとか銘打ってやってますが、100%何の益もない迷惑行為でしかなく連中の虚栄心を満たす為だけの行為なんで害しかないので禁止すべきです。

かつてTNRを認めていたアメリカの自治体が禁止する条例改正をしている例もあります。
日本も見直すべきでしょう。


> 日本でも何十年やっても効果なんざゼロですから、いい加減に気づけよアホ共って推奨しちゃってる行政にも言いたいですが言っても一回予算をつけちゃったもので愛誤が政治にまで入り込んで嘘八百を風潮してますから行政も止まらない。

理屈抜きですね。
愛誤政治家は落選させるべきです。


> 司法ですら地域猫をどうのと評価した様な文言言いますからね。

まだ司法は救い道があります。
元将棋名人の餌やり裁判で、「地域猫的活動=高度な管理=管理責任の発生」ということで賠償責任を認めていますから。

すごく熱意があるようだけど何か取り組みはしてるんですか?
それとも愚痴だけ書いて誰かが殺処分してくれればいいと思ってるんですか?

No title

ー様 コメントありがとうございます。

フランスの様に年間の犬猫を50万頭殺処分(人口比で日本の65倍)したり、ドイツの様に野良猫の捕獲を行政も行い、市民からの引き取りをもれなく行う(「行政は所有者不明猫の引き取りをかならず行わなければならず拒否できない」との判決がある)ようにすれば、日本の犬猫の不適正飼育による被害はだいぶん減るでしょう。
さらにドイツの様に日本も、行政が捕獲殺処分するのみならず、一般の民間人ハンターの犬猫狩猟が許可されるのであれば、私はぜひ協力したい。
ドイツではライブトラップで捕獲した猫が飼猫であっても、狩猟法にのっとれば殺害が合法です。
バイエルン州など複数の州法で明記されています。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR