FC2ブログ

「アマミノクロウサギは犬猫とともに進化してきた」という、愛誤のぶったまげ理論(笑)






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

Domestic
inländisch


 記事、
「外来生物の猫を根絶させれば在来生物の生息数は回復する」多くの実例~学術論文
「外来生物の猫を根絶させれば在来生物の生息数は回復する」多くの実例~政府文書
「奄美大島のノネコ対策は世界でも例を見ない広さ」というデマ記事と悪用する愛誤政治家
続・「奄美大島のノネコ対策は世界でも例を見ない広さ」というデマ記事と悪用する愛誤政治家
続々・「奄美大島のノネコ対策は世界でも例を見ない広さ」というデマ記事と悪用する愛誤政治家
「猫はネズミ駆除に効果がある」は詭弁~デマ記事を悪用する愛誤政治家
生態系保全のためには猫の致死的手段による駆除は必然~ガセネタ記事とそれを悪用する愛誤政治家
続・生態系保全のためには猫の致死的手段による駆除は必然~ガセネタ記事とそれを悪用する愛誤政治家
アマミノクロウサギは多産!?~奄美の猫愛誤は真正無知なのか?悪質なデマゴーグなのか?
の続きです。 
 現在日本では、多くの島嶼で猫による希少な在来生物の食害が大きな問題になっています。固有種のアマミノクロウサギなどが猫に食害されている奄美大島と徳之島では、猫愛誤活動家が環境省の猫捕獲事業に反対しています。しかし彼らが猫捕獲に反対する根拠は全てがデマです。愛誤政治家を始め、TNR事業を行っている愛誤団体もデマの拡散に必死です。



 私はこの連載で、動物愛誤政治家、串田誠一衆議院議員の呆れたデマ拡散と詭弁を取り上げてきました。串田誠一議員は、奄美大島のノネコ捕獲事業に対して、次のように主張しています。
1、奄美大島で捕獲されたノネコは殺処分されるので反対。
2、ノネコ駆除により生態系が保全されたというエビデンスはない。したがって駆除による生態系保全効果は疑問でするべきではない。
3、奄美大島のノネコ対策は世界でも例を見ない広さ(だから駆除は不可能)で、かつ欧米と日本は動物観が異なるので野良猫ノネコは奄美大島で温存共存すべきである。

 しかし上記は、すべてデマです。真実は以下の通りです。
1、奄美大島で捕獲された猫の殺処分は現在1匹も殺処分されていない。
2、南北アメリカ、オセアニア、ヨーロッパでは数多くの希少生物生息地で致死手段による駆除により猫の根絶に成功しており、根絶に成功した地域では劇的な在来生物の個体数回復に成功している。エビデンスは多数ある。
3、ノネコ対策を行っている奄美大島は海外の地域と比べて面積は広くない。また欧米が感情的な動物観により生態系保全のために猫の致死手段による駆除を行っているわけではなく、致死手段による早急な除去でなければ生態系保全ができないからである。

 愛誤票が欲しいだけで、公人としての立場で堂々と荒唐無稽なデマを垂れ流す愛誤議員の倫理観の底辺ぶりには呆れるばかりです。しかし愛誤政治家のみならず、奄美大島のノネコ捕獲事業に反対する愛誤団体も、あきれるデマを拡散しています。
 それはどうぶつ基金が海外の動物愛誤家のデマ記事を拡散したものです。それは、「アマミノクロウサギは多産であるために、捕食者(猫)による病気の個体の間引きがむしろ個体数増加に寄与する」等という内容です。結論から言えば「アマミノクロウサギが多産」というのは全くのデマです。アマミノクロウサギは、「年1~2回の出産、1回あたりの産仔数は1~2匹」です。以下に問題の記事を引用します(以下、「英文記事」と記述する)。海外メディア注目 奄美の猫3000頭捕獲・殺処分計画 2029年4月23日


公式に絶滅危惧種とされているアマミノクロウサギは、爆発的に復活している。
現時点でアマミノクロウサギに対する最大の脅威は、病気によるものではないだろうか。
ウサギの個体数が増え密度が高くなっている可能性があるため、生命にかかわる病気が発生すれば、急速に感染が拡大しかねないからだ。
ウサギの出血性疾患や粘液腫病(オーストラリアやニュージーランドで、自称島の浄化人によって何度も持ち込まれた)が何かの拍子に持ち込まれれば、アマミノクロウサギにとってかつてない最大の脅威となりえる。
ウサギの出血性疾患と粘液腫病のどちらも、しばしば長い距離を超えて意図せず伝播してきた。
犬・猫・マングースのような捕食動物は、アマミノクロウサギのような多産な草食動物を捕食するが、捕食動物がいない環境では、獲物となる種がより大規模にかつより早く減少する可能性もある。
弱い個体を狙い撃ちする捕食動物がいなければ、病気の動物から健康な動物に病気が感染しやすく、特に、個体数が増えている多産動物が物理的に入り混じる状況であればなおさらだ。
今度病気が発生した時には犬や猫はアマミノクロウサギの救済者となるかもしれない。
もしかしたら、既に今までにも、何度もそうした働きを担ってきたのかもしれない。
犬や猫は、奄美大島と徳之島に人間が定着し始めたころから、それらの島に存在してきた。その期間は1,500年かそれ以上になる。すなわち、犬猫とアマミノクロウサギは長年に渡って、行動面で共に進化を遂げてきたのだ。



 上記の記事では、「多産な草食動物の種の存続においては、感染症が持ち込まれた場合はまず上位の捕食者が感染した、もしくは感染しやすい弱い個体を『間引く』ことにより感染症の蔓延を防ぐという寄与をしている。したがって多産な奄美大島のアマミノクロウサギを存続させるには、捕食者である猫を温存する方がよい」と述べられています。前回記事では、「アマミノクロウサギが多産」であることが全く正反対のデマであることを述べました。真実は、アマミノクロウサギはウサギ類の中ではきわめて少産であるために、外来捕食者(猫)などによる影響は大変大きく、それが種の存続に大きなマイナスになる」ことを述べました。
 今回は本英文記事の、「犬や猫は1500年にわたりむしろアマミノクロウサギの個体数維持に寄与してきた可能性があり、ともに進化してきた」の記述が全くの妄論であることを述べます。ライターは、全く基本的な、進化を含めて動物の知識には無知蒙昧です。またアマミノクロウサギの進化についても述べていきたいと思います。

 「犬や猫は1500年にわたりむしろアマミノクロウサギの個体数維持に寄与してきた可能性があり、ともに進化してきた」ですが、日本に猫が移入されたのは文献に残る最も古い記録では705年(1316年前)です。また近年は弥生時代の遺跡から猫の骨が出土し、紀元前には日本に移入されていた可能性もあります。しかし猫はかつては非常に貴重な「ペット」であり、飼育できるのはごく限られた上流階級だけでした。猫は長らく係留飼育がおこなわれていました。高価な珍獣である猫が逃げたり、盗まれたりしないようです(*1)。
 猫が日本で一般化し、野良猫も存在するようになったのは、江戸中期の徳川綱吉の治世以降です。徳川綱吉は1689年から生類憐みの令を行いましたが、その中では猫の係留飼育を禁じました(*2)。猫が放し飼いにされるようになったことで日本で猫が爆発的に増え、また野良猫も存在するようになったのはそれから後です。
 さらに本土から奄美群島に人が移住する際に猫が持ち込まれたとされていますが(*1)、それが一般的になったのは森林開発が活発化する昭和以降です。江戸期までは奄美大島は琉球王国の一部であり、本土からの人の移住は制限されていました。奄美大島で猫の飼育が一般化し、それがノネコ野良猫となり、生態系への被害が問題視され始めたのは1950年以降です。また犬ですが、奄美大島で犬が野生化してノイヌとして定着したことは確認できていません。

 したがって本英文記事の記述、「犬や猫は1500年にわたりむしろアマミノクロウサギの個体数維持に寄与してきた可能性があり、ともに進化してきた」は、全くのデタラメということです。また「1500年」という短い期間で動物の進化を論じるのはナンセンスです。
 アマミノクロウサギは、2300万年前から500万年前まで続く中新世の時代に、まだ南西諸島が台湾と陸続きだった頃に侵入しました。後に台湾と南西諸島が海水面の上昇により切り離され、アマミノクロウサギは奄美大島と徳之島に取り残されました。その後、原始的な形態を残したまま独自の進化を遂げました。1属1種の固有種で、学術的にも重要な種とされています(*3)。

 アマミノクロウサギがウサギ科の中ではきわめて少産な理由は、台湾から分離した奄美大島と徳之島には、捕食者となる哺乳類がいなかったことです。動物の産仔の数ですが、多産な種は多死であり、少産な種は少死です。捕食者が多く、仔が食べられて成体になる割合が低ければ、種の保存のために多産となります。逆に強力な捕食者がいなければ仔は成体まで育つ確率が高くなるために少産になります。
 欧米で家畜として飼育されているウサギは原種はアナウサギですが、この種はヨーロッパ大陸で進化しました。ヨーロッパ大陸では、アナウサギにとって強力な捕食者が多く生息しています。キツネ、オオカミ、ヨーロッパオオヤマネコ、ヨーロッパヤマネコ、猛禽類などです。現在もそれらはアナウサギにとっては天敵です。そのためにアナウサギは種の存続のために多産に進化しました。アナウサギは産仔の数が1回の出産で12仔にもなることがあります(*4)。

 一方猫(イエネコ)ですが、原種はリビアヤマネコ、もしくはヨーロッパヤマネコとされています。リビアヤマネコ、ヨーロッパヤマネコとも原種の生息地では大変天敵が多いのです。ですからこれらのヤマネコ類は種の保存のために、多産に進化しました。
 これらのヤマネコを祖先に持つ猫(イエネコ)も多産であり、さらに人為的な給餌を受けることでさらに多産になっています。人に飼育されているイエネコは年4回の出産、1回の産仔数が6匹以上になる場合もあります。奄美大島のノネコ野良猫も、人口給餌を受けていることが京都大学らの研究により明らかになっています。

 したがって奄美大島(徳之島もそうですが)では被捕食者であるアマミノクロウサギが少産で、それを捕食する猫が多産という、被捕食者のアマミノクロウサギの保存の上では大変厳しい状況です。自然の生態系では被捕食者が多産で、それを捕食する食物連鎖の上位の捕食者が少産であることでバランスが取れ、それぞれの種が存続できるのです。さらに奄美大島、徳之島島では外来生物の猫が最上位の捕食者で、猫を捕食する動物が存在しません。被捕食者のアマミノクロウサギを保護するためには、早急に捕食者である外来種の猫を除去する必要があります。
 このような状況で、「多産な草食動物の種の存続においては、感染症が持ち込まれた場合はまず上位の捕食者が感染した、もしくは感染しやすい弱い個体を『間引く』ことにより感染症の蔓延を防ぐという寄与をしている。したがって多産な奄美大島のアマミノクロウサギを存続させるには、捕食者である猫を温存する方がよい」との、本英文記事の記述はあり得ません。まさに妄論、無茶苦茶です。「犬や猫は、奄美大島と徳之島に人間が定着し始めたころから、それらの島に存在してきた。その期間は1,500年かそれ以上になる。犬猫とアマミノクロウサギは長年に渡って、行動面で共に進化を遂げてきたのだ」の記述に至っては、まさに素人丸出しで笑止千万、話になりません。このような前提条件からして誤りがあり、論理破綻したガセネタ記事を嬉々として引用する愛誤団体の質は知れたものです。


(動画)

 アマミノクロウサギ保護啓発ムービー Nature Bubble 〜アマミノクロウサギと未来〜 2017年9月10日




(参考文献)

(*1)日本猫
(*2)馬耳東風
(*3)アマミノクロウサギ
(*4)アナウサギ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR