FC2ブログ

「外来生物の猫を根絶させれば在来生物の生息数は回復する」多くの実例~政府文書






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

Domestic
inländisch


 現在日本では、多くの島嶼で猫による希少な在来生物の食害が大きな問題になっています。固有種のアマミノクロウサギなどが猫に食害されている奄美大島と徳之島では、猫愛誤活動家が環境省の猫捕獲事業に反対しています。捕獲した猫は飼猫として譲渡する方針で、殺処分はゼロです。しかし「殺処分を行う」というデマを流し、さらに愛誤国会議員は「猫の駆除による生態系回復のエビデンスはない」という驚くべきデマにより猫捕獲事業を妨害しています。しかし「猫の捕食被害を受けている在来生物の生息地での生態系回復は猫を駆除、根絶することにより劇的に回復する」、さらに「猫の捕食被害を受けている在来生物の生息地での生態系回復のためには猫の駆除根絶しか方法はない」が国際的な定説であり、実証されています。それらは多くの論文に著され、また各国の政府も表明しています。


 サマリーで示した、愛誤国会議員の「猫駆除により生態系が回復するというエビデンスはない」という、驚くべき悪質なデマはこちらです。串田誠一衆議院議員のツイッターから、以下にスクリーンショットを示します。
 サマリーで述べた通り、「猫の捕食被害を受けている在来生物の生息地での生態系回復は猫を駆除、根絶することにより劇的に回復する」、さらに「猫の捕食被害を受けている在来生物の生息地での生態系回復のためには猫の駆除根絶しか方法はない」が一貫して国際的な定説であり、実証されています。それらは多くの論文に著され、また各国の政府も表明しています。


(画像)

  衆議院議員 串田誠一(くしだ誠一) 日本維新の会 横浜市 旭区 保土ケ谷区 から。

串田誠一 ツイッター


 それでは順を追って、「猫の捕食被害を受けている在来生物の生息地での生態系回復は猫を駆除、根絶することにより劇的に回復する」、さらに「猫の捕食被害を受けている在来生物の生息地での生態系回復のためには猫の駆除根絶しか方法はない」との学術論文や各国政府の公文書などを挙げていきます。今回は外国の政府の公文書を取り上げます。しかしこれらの文書はそれこそ「履いて捨てるほど」多数ありますので、ご紹介できるのはごく一部です。
 対して「猫の食害を受けている希少な在来生物の個体数回復では、猫駆除による効果はない」というエビデンスは、私は一つも確認していません。串田誠一議員らはむしろ、「猫駆除は生態系回復には効果がない」というエビデンスを挙げるべきではないでしょうか。「対象面積が広いと根絶は困難である」という論評はあります。しかし駆除を否定するものはなく、「より効率的な猫駆除のメソッドの導入が必要であろう」としています。そのためにオーストラリアは猫殺害ロボットやドローンによる毒餌散布、在来生物には効果がない猫だけを殺害する毒餌などの新しい手法を国家事業で開発しています。


The history of mammal eradications in Hawai`i and the United States associated islands of the Central Pacific Hess, S.C.; and J.D. Jacobi. 「中部太平洋のアメリカ合衆国に属する島々とハワイ諸島における(外来悪性)哺乳類の根絶の歴史」 2011年 (アメリカ連邦政府文書)

abstract Many eradications of mammal taxa have been accomplished on United States associated islands of the Central Pacific, beginning in 1910. Commonly eradicated species are rabbits (Oryctolagus cuniculus), rats (Rattus spp.), feral cats (Felis catus), and several feral ungulates from smaller islands and fenced natural areas on larger Hawaiian Islands.
Vegetation and avifauna have demonstrated dramatic recovery as a direct result of eradications.
table 1
Mammal eradications from U.S. administered islands of the Central Pacific.
Cats
Baker 164(Area ha) 1937 1960s( Year )Direct pursuit-hunting(Introduced Eradicated Method)
Howland 184 1937 1986 Shooting, trapping
Jarvis 450 1885? 1937 Died out 1990 Shooting, trapping, poisoning, virus
Wake 737 1960s 2004 Shooting, trapping
Feral cats continue to present challenges to managers of natural areas on islands where they are known to prey on birds,
but there is little prospect for island-wide eradication.
Cats were eradicated from Baker Island in 1964, Howland Island in 1987, and Jarvis Island in 1990.
Hunting on Baker and Howland sufficed, but Jarvis also required trapping, poisoning, and feline panleucopaenia virus to a limited extent .
Feral cat eradication was completed on Wake Atoll in 2004 by Marine Endeavors.

哺乳動物に分類される動物種群においては多くの根絶が、 中部太平洋のアメリカ合衆国に属する島嶼で達成されてきました。
1910年から一般的に根絶種とされたウサギ(Oryctolagus cuniculus=イエウサギ)から始まり、ラット(ドブネズミ属)、野良猫(Felis catus=イエネコ)、そして小さな島々と、大きなハワイ諸島でフェンスで囲まれた自然地域での野生化した数種の有蹄類です。
植生と鳥類相は、(有害外来哺乳類の)根絶の直接の効果があり、劇的な回復を示しました。
表1 
中部太平洋のアメリカ合衆国に属する島々において根絶された哺乳類。

ベイカー島 164(根絶区域の広さ ヘクタール) 1937年~1960年代 直接狩猟により駆除(用いられた根絶方法方法)
ハウランド島 184(根絶区域の広さ ヘクタール) 1937年 射殺、わな(用いられた根絶方法)
ジャービス島 450(根絶区域の広さ ヘクタール) 1985年?1937年 1990年根絶成功 わな、毒餌、ウイルス感染駆除(用いられた根絶方法)
ウェイク島 737(根絶区域の広さ ヘクタール) 1960年 2004年 トラップ、射殺(用いられた根絶方法)
野良猫は、鳥を餌食にすることが知られていて、島の自然地域の管理者に難題を提示し続けています。
しかし、島全体の野良猫の根絶のための見通しは、ほんのわずかしかありません。
オアフ島の営巣地での、オオミズナギドリの猫の捕食は、オオミズナギドリの繁殖において全滅を引き起こしました。
猫は1964年にベーカー島、1987年にハウランド島、1990年にはジャービス島で根絶されました。
ベイカー島とハウランド島においては、猫の根絶は狩猟で十分でしたが、ジャービス島はさらに限られた範囲ではありますが、わな、毒餌、およびネコ白血病病ウイルスの感染を必要としました。
ウェイク環礁における野良猫の根絶は、海兵隊の取り組みによって、2004年に完了しました。


 これは2011年に公表された、アメリカ連邦政府機関による、島嶼の猫を含めた悪性外来種哺乳類の根絶に関する資料です。多くの島嶼で猫等の根絶に成功し、根絶後は猫等の悪性外来種の食害に遭っていた在来生物の劇的な増加がみられたとしています。
 なおアメリカ合衆国では、その後も島嶼等の猫などの悪性外来種により食害を受けている在来生物生息地では、根絶が一択です。射撃、わな、毒餌、ウイルス感染などの複数の手段を併用することが効果的であると結論付けています。


Interior Awards $942,206 to Eradicate Invasive Species in Insular Areas 2020年5月20日(アメリカ連邦政府文書)

WASHINGTON – U.S. Department of the Interior Assistant Secretary Insular and International Affairs, Douglas W. Domenech today announced $942,206 in fiscal year (FY) 2020 Coral Reef and Natural Resources Initiative grants to eradicate.
Funding will be used to introduce biological control control and eradicate feral cats.
All of which are disruptive to ecological systems and impacting communities and livelihoods in the islands.
$239,922 is awarded to Island Conservation to eradicate feral cats in the Ulong Island area of the Rock Islands Southern Lagoon, an important tourist and fishing location in Palau.
Feral cat removal is a necessary next step to help solidify and achieve full recovery of plant, bird, and marine species.

アメリカ合衆国連邦内務省の島嶼および国際問題局、ダグラスW.・ドメネク氏は本日、2020会計年度(FY)のサンゴ礁と自然の資源および天然資源における(註 悪性外来種の)の根絶を主導するための補助金として、942,206ドルを発表しました。
帆の補助金は、外来生物の防除の導入とノネコ野良猫の根絶に用いられます。
これらの動物はすべて生態系を破壊し、島の地域社会や生活に影響を与えます。
パラオの重要な観光と釣りの名所であるロックアイランド南部ラグーンのウロン島地域で野良猫を根絶するための、23万9,922ドルが島の保全対策として支給されます。
野良猫の除去は、植物、鳥、海洋生物の完全な回復を達成させ、それを固定化させるために支援するのに必要な次のステップです。


 これはアメリカ連邦政府機関の2020年の資料です。島嶼におけるノネコ野良猫の根絶に対する補助金の支給の公表ですが、この中では「ノネコ野良猫の根絶は生態系の完全な回復に必要である」と述べています。


Christmas Island feral cat eradication 「クリスマス島でのノネコ野良猫の根絶」 最終更新2017年 オーストラリア連邦政府

This project involves practical action to improve the long-term viability of Christmas Island’s native biodiversity, including recovery of 10 listed threatened species, through eradication of stray and feral cats.
The first island-wide deployment of Eradicat® feral cat baits was completed, with over 16,000 baits deployed through the forest during June and October 2015.
At the same time a baiting and trapping program was carried out by WA Department of Parks and Wildlife.
2016 concentrated on targeted areas of the island and also incorporated shooting and trapping to capture feral cats wary of baits.
The program to de-sex and register cats in town is complete, and domestic pet cats are no longer breeding.
No further cats are allowed onto the island as pets.
Through baiting in settled areas, more than 600 feral cats have already been removed.
This resulted in great benefits for seabirds, with a 90 per cent jump in breeding success for the red-tailed tropicbird which nests in nearby cliffs.


このプロジェクトには、野良猫やノネコの根絶を通じて、リスト化されている10種の絶滅危惧種の個体数回復など、クリスマス島の固有種の生物多様性の長期的な存続の可能性を改善するための実践的な活動が含まれます。
エラディキャット(註 オーストラリア連邦政府が開発した、猫だけを殺傷する毒餌。在来生物には害がない)というノネコ野良猫の毒餌が2015年6月から10月の間に16,000個が森全体に散布され、島全体での最初の散布が完了し、した。
同時に、西オーストラリア州公園野生生物局によって、毒餌とわな捕獲プログラムが実施されました。
2016年は島の特定の対象地域に集中し、餌を警戒するノネコ野良猫のために、わなでの捕獲と射殺も取り入れました。
町の猫を不妊化して登録するプログラムは完了し、飼い猫はもう繁殖していません。
ペットとして島に猫を持ち込むことはできません。
猫が生息している場所での毒餌散布により、600匹以上の野良猫がすでに駆除されています。
これにより海鳥に大きな利益がもたらされ、近くの崖に巣を作る、レッドテイルトロピカル鳥の繁殖成功率が90%向上しました。


 このオーストラリア連邦政府文書に取り上げられているクリスマス島を含めて、オーストラリア政府は「5つの重点的な島で2030年までに完全に猫を根絶させる」ことを計画しています。これはノネコ野良猫は毒餌、射殺、わななどを用いて完全に駆除することと、飼い猫は全て不妊去勢を義務付け、新たに猫をペットとして島に持ちことを禁止するという内容です。


(動画)

 「オーストラリア連邦政府プロジェクト 5つの重点島で2030年までに完全に猫をなくす島」の1つであるカンガルー島で「猫駆除ボランティア」に励む島民たち。オーストラリアでは連邦政府、州政府、自治体がそれぞれノネコ野良猫の根絶のために駆除事業をしていますが、それよりも貢献が大きいのは民間人の「猫駆除ボランティア」です。

 Shooting Cats: Australia's War On Feral Cats 「猫の射殺:オーストラリアでの猫戦争」 2018/12/13公開(残酷な映像あり閲覧注意)
 カンガルー島の住民のバリー・グリーン氏は、個人的に猫への宣戦布告をしました。彼は猫をわなで捕らえたのちに射殺し、猫の皮をはいで帽子や小物を作ります。オーストラリアの猫駆除は公的事業よりも、むしろバリー・グリーン氏のような民間ボランティアの寄与が大きいです。




(動画)

 Feral cats - Australia's native animal annihilators 「オーストラリアのノネコ野良猫」 2020年1月16日 ここでも登場の「ノネコ野良猫駆除ボランティア」のバリー・グリーン氏。

ABC Australia
Feral cats are deadly killers responsible for the extinction of more than 20 Australian native species and they carry diseases that impact the sheep industry.

ABC放送オーストラリア
ノネコ野良猫は、オーストラリアの20種以上の在来種の絶滅の原因となる致死的な殺害者であり、養羊業に悪影響を与える病気を持っています。





 奄美群島の、環境省による猫捕獲事業に反対する猫愛誤らと、それに同調する愛誤国会議員らの主張、「猫と在来生物の共存が可能」という査読済みの学術論文や、政府の公文書は私は一つも確認できていません。むしろ彼らの方が、そのエビデンスを提示すべきでしょう。
 なお海外では、「猫の捕食被害を受けている地域でTNRを行い猫の殺処分ゼロを目指し、希少在来生物と猫の共存を図る」ことを方針としている政府は私は確認していません。おそらく日本だけと思われます。串田誠一愛誤議員には、「日本は野良猫にやさしい海外先進国を見倣うべきだ。日本は野良猫に残酷な動物愛護先進国だ」と主張している方がいます。彼らはぜひ、「野良猫にやさしい動物愛護先進国」とやらを挙げ、具体的な施策の政府文書を原語で挙げていただきたい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

野良猫が根絶されれば野生動物の個体数が増えるのは当然の帰結でしょうね。
まず強力な捕食者である猫と在来生物の共存は成立しませんし、野良猫よりも強い在来生物がいるとすれば、野良猫の方が捕食対象になるでしょう。

現に中央アジア某国は狼に集落から外れたところに行ってしまった猫の捕食が行われる(狼は基本人の集落には来ないので集落にいる限りは狼には捕食されません)、野良犬や放し飼いの犬(あちらの犬はほとんどが大型以上。少なくとも中型犬よりもおおきい犬が野良犬化、放し飼いされています)に捕食なんていうことも起こり得ることです。まあ、あのあたりは野良猫の餌を与えるどころか飼い犬も餌抜き(あるときにしか餌を与えない)ということも多々あるので、自前で餌を探すということなんてのもありますから。

モロッコとかギリシアとかキプロスとか、野良猫に餌を与えている、と日本では言われますし、そういうブログも散見します(中には「在住者」のブログとかもあったり)ただ、それは本来禁止されていることを知らずのやっていたり、敷地内などよそから見えないところでやっていたりという例外的なことであることがほとんどです。キプロスなど一部では特定の街で野良猫のえさやりが行われていますが、あれは「野良猫の町」(だったかな?)で有名になり観光客の呼び込みのために行われているものです。要するに観光の目玉というものでしょうか。

海外が別に野良猫に優しいわけではないんですけどね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

一尺八寸 様、コメントありがとうございます。

> 野良猫が根絶されれば野生動物の個体数が増えるのは当然の帰結でしょうね。

小学生でもわかる理屈です。
現に、「閉鎖的な島嶼という地勢において野良猫を完全に駆除除去したところ、野良猫の捕食圧を受けていた在来生物の個体数が劇的に増加した」という学術調査、論文は多数あります。
また各国の政府も、「外来種の猫に食害を受けている在来の希少種生息地での在来種保護のためには猫の殺処分駆除により、生息域から完全に除去しなければならない」としています。
実際に公的事業として行われています。
そんな文書、エビデンスは、英語検索すれば(日本語文書でも環境省の小笠原などの事例が紹介されている)履いて捨てるほどあります。
それを串田誠一衆議院議員は、「猫駆除により在来生物の個体数が回復したというエビデンスはない」、「エビデンスがなければ猫駆除をする必要はない」と咬みついて、環境大臣に申し入れるというのです。
虚偽の事実で「圧力をかける=言いがかり、は暴力団の常とう手段です。
まさに暴力団根性の恥じるべき政治家。
呆れたものです。


> まず強力な捕食者である猫と在来生物の共存は成立しませんし、野良猫よりも強い在来生物がいるとすれば、野良猫の方が捕食対象になるでしょう。

そうです。小学生でもわかる理屈です。


> モロッコとかギリシアとかキプロスとか、野良猫に餌を与えている、と日本では言われますし、そういうブログも散見します(中には「在住者」のブログとかもあったり)ただ、それは本来禁止されていることを知らずのやっていたり、敷地内などよそから見えないところでやっていたりという例外的なことであることがほとんどです。

日本人の海外の動物愛護のブログでは、正確なものはほぼゼロです。
かつてギリシャでは殺処分ゼロ、という現地法人の素人リポーターが朝日新聞の記事になっていました。
ギリシャは犬の公的殺処分はありますし、咬傷犬などは強制的に殺処分されます。
同時期にドイツ人がギリシャの、犬の殺処分を強化するという国会での審議をブログ記事にしていました(ギリシャ語原語の記事のドイツ語訳を私は引用しています)。
「イタリアでは野良猫に餌やりやり放題」というブログもあります。
ローマの古い教会で、奈良公園の鹿のように敷地内に住み着いた猫を半飼育しているところがあります。
しかしローマはハトと猫の餌やりは禁止で、1,000€程度の罰金が科せられます。


> 海外が別に野良猫に優しいわけではないんですけどね。

ドイツなどより新しい推計では、年間50万もの野良猫を狩猟駆除しています。

Re: No title

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

概ね一神教が文化の民族は、「動物は動物であり、人間の下という位置付け」だと思います。
キリスト教では人は神が自分に似せて作った神に次ぐ存在。
動物は神が人に与えたもので、人が利用する権利があり、また管理する義務を負わされているという考えです。
したがって人と動物は厳格に区分されます。
人と動物の合葬を法律で禁止している国が多い(カトリックが主なヨーロッパの国ではほぼそうだと思います)のもそのためです。
動物は不浄で、ドイツのハノーファー市では、墓地に犬を連れて入ることすら禁止しています。
人と動物を同列視するのは、日本の土着アニニズムと仏教の融合の輪廻転生思想が背景にある日本の方がよほど強いです。
ドイツは、欧米先進国は犬や猫は人と同等、と言っている日本人の愛誤は、全く理解していません。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR