FC2ブログ

まとめ・ベルリン州「犬法」 日本語訳~ベルリン州では全域が犬のリードは義務で公的殺処分もあります







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Gesetz über das Halten und Führen von Hunden in Berlin (Hundegesetz - HundeG) Vom 7. Juli 2016  


 記事、
ベルリン州「犬法」 日本語訳~ベルリン州では全域が犬のリードは義務で公的殺処分もあります
続・ベルリン州「犬法」 日本語訳~ベルリン州では全域が犬のリードは義務で公的殺処分もあります
続々・ベルリン州「犬法」 日本語訳~ベルリン州では全域が犬のリードは義務で公的殺処分もあります
続続々・ベルリン州「犬法」 日本語訳~ベルリン州では全域が犬のリードは義務で公的殺処分もあります
の続きです。
 ドイツ連邦共和国の首都州、ベルリン州における、Gesetz über das Halten und Führen von Hunden in Berlin (Hundegesetz - HundeG)「ベルリン州における犬の保持と導くことに関する犬の法律 犬法」の抄訳。「ドイツ、ベルリン州全域で一般飼い主の犬のリードが義務付けられている」ことと、「州が咬傷犬などを没収して強制的に殺処分を行う権限がある」規定に関する条文を主に、本法の日本語訳を行います。これは数回に分けて公開します。



 ドイツの動物愛護事情ですが、日本で流布されている情報はほぼすべてが嘘、誤り、偏向です。例えば主なものには、「ドイツでは犬はノーリード(註 これは和製英語で通じない)でよい」、甚だしきは「ドイツでは犬をリードにつなぐことは恥であり、動物虐待とみなされており、さらに法律で禁止されている」です。しかしそれは正反対の大嘘です。例えば首都ベルリン州では、一般の犬の飼い主に対しては、全域で公共の場ではリードを付けることが州法で義務付けられています。処罰は5000ユーロ(日本円で約62万円)と、大変厳しいです。全州で概ね同様の州法令があります。例外は公共のドッグランです。また猟犬や介護犬で申請が認められた場合など、ごく限られた場合のみリード義務が免除されています。
 「ドイツでは公的殺処分はない」も真逆のデマです。ベルリン州では州法で、「咬傷犬などを州が没収して強制的に殺処分する権限がある」と定めています。概ねドイツの全州では、同様の州法令が定められています。
 
 私はドイツに関するデマ情報の反論のために、何度か根拠となる犬に関する連邦法令や州法令を引用してきました。しかし上記のようなデマの流布は相変わらず繰り返されています。そのために、ベルリン州の犬法(Gesetz über das Halten und Führen von Hunden in Berlin (Hundegesetz - HundeG))の、犬のリード義務と、州の犬の強制殺処分の規定に関する条文のほぼすべてを日本語訳することにしました。これは数回に分けて記事を公開します。
 「ドイツでは犬のリードは義務付けられているか否か」、「ドイツでは行政が行う犬等の公的殺処分はあるのかないのか」。このようなことは根拠法を調べれば明らかになることです。その国の法律にかかわることで最も確かで正確な情報は、根拠となる法律だからです。願わくば根拠法も上げずに、「ドイツでは犬はノーリードでよい」や、「「ドイツでは行政が行う犬などの公的殺処分はない」という、あまりにもひどい事実無根のデマがこれ以上流布されないことを期待します。


Gesetz über das Halten und Führen von Hunden in Berlin (Hundegesetz - HundeG) Vom 7. Juli 2016 「ベルリン州における犬の保持と導くことに関する犬の法律 犬法」(2020年11月アクセス)

§ 31 Datenschutz (Artikel wird weggelassen)

§ 32 Verordnungsermächtigung (Artikel wird weggelassen)

§ 33 Bußgeldvorschriften
(1) Ordnungswidrig handelt, wer vorsätzlich oder fahrlässig
1. entgegen § 12 Absatz 1 nicht für die fälschungssichere Kennzeichnung sorgt oder das Auslesen des Transponders durch die zuständige Behörde nicht duldet und unterstützt,
2. entgegen § 12 Absatz 2 einem Hund das vorgeschriebene Halsband oder Brustgeschirr nicht anlegt,
3. entgegen § 13 Daten nicht an das zentrale Register meldet oder seiner Nachweispflicht nicht nachkommt,
4. entgegen § 14 Absatz 1 keine Haftpflichtversicherung unterhält,
5. entgegen § 14 Absatz 2 einen Hund, für den keine Haftpflichtversicherung besteht, im Land Berlin führt,
6. entgegen § 15 einen Hund an einen der genannten Orte oder in einen Bereich, für den ein Hundemitnahmeverbot angeordnet wurde, mitnimmt,
7. entgegen § 16 Absatz 1 oder § 17 Hunde züchtet, vermehrt, ausbildet, abrichtet oder abgibt,
14. entgegen § 19 Absatz 4 die Plakette nicht am Halsband oder Brustgeschirr des Hundes befestigt oder vor Erteilung der Plakette die Bescheinigung nach § 18 Absatz 1 Satz 4 nicht mitführt oder nicht auf Verlangen der zuständigen Behörde zur Prüfung aushändigt,
15. entgegen § 20 Absatz 1 einen Hund ohne beißsicheren Maulkorb führt,
17. entgegen § 21 Absatz 1 einen Hund nicht ausbruchssicher unterbringt oder nicht die vorgeschriebenen Hinweisschilder anbringt,
20. entgegen § 23 oder § 28 einen Hund ohne die vorgeschriebene Leine führt,
22. entgegen § 26 Absatz 3 mehr als vier Hunde gleichzeitig führt,
(2) Die Ordnungswidrigkeit kann in den Fällen des Absatzes
1 Nummer 7 oder Nummer 25 mit einer Geldbuße von bis zu fünfzigtausend Euro, in den übrigen Fällen mit einer Geldbuße von bis zu zehntausend Euro geahndet werden. Hunde, auf die sich eine Ordnungswidrigkeit nach Absatz 1 Nummer 7, 13, 24 oder 25 bezieht, können eingezogen werden. § 23 des Gesetzes über Ordnungswidrigkeiten ist anzuwenden.

31条 犬登録に係る情報の保護(条文は省略)

32条 ベルリン州上院に、本法に基づき規則を制定する許可に関して(条文は省略)

33条 罰金規定
1項 故意または過失により、これらの行為を行う者は全て行政犯罪としての処罰を受けます。
1号 12条1項に違反して、偽造防止された犬の個体識別での登録をしないか、管轄当局によるマイクロチップ読み取り機での読み取りを拒否したり容認しないこと、
2号 12条2項に違反して、所定の首輪もしくはハーネスを犬に装着しなかった者、
3号 13条に違反して、犬の中央登録簿(註 州の犬登録データベース)に情報を届け出なかったか、情報を提供する義務を行わなかった者、
4号 14条1項に違反して、犬の責任賠償保険の契約を締結しなかった者、
5号 14条2項に違反して、ベルリン州内で責任賠償保険未加入の犬を連れて歩き、
6号 15条に違反して、本条で示された場所のいずれか(註 児童公園、遊泳場、芝生)、または犬の同伴が禁止されているエリアに犬を連れて入った者、
7号 16条1項、または17条に違反して、犬を繁殖、増やすことを行った、訓練、しつけ、または販売した者、
14号 19条4項に違反し、危険な犬の飼育許可証明標識を犬の首輪またはハーネスに取り付けていない、または標識が発行される前に、18条1項4号の規定による証明書を携帯していないか、要求に応じて検査のために管轄当局に証明書を示さない者、
15号 20条1項に違反して、咬みつき防止の口輪をしていない犬(註 危険な犬)を連れて歩く者、
17号 21条1項に違反して、遁走防止がされていない方法で犬を収容していない、または所定の標識を掲示していない者、
20号 23条または28条に違反して、既定のリードなしで犬を連れ歩く者、
22号 26条3項に違反して、同時に4頭以上の犬を連れ歩く者、
2項 1号から7号、または25号の違反は最大5万ユーロ(日本円で620万円 1ユーロ=124円)まで、その他の場合は最高で1万ユーロ(124万円)までの罰金が科されます。また1条から7条、13条、24条、または25条で規定されている行政犯罪に係る犬は行政により没収される可能性があります。 行政犯罪法(Ordnungswidrigkeiten ist anzuwenden)第23条が適用されからです。



(解説)

31条
 ベルリン州ではすべての一般飼育者の犬の個体識別とそれに基づく登録を州の機関に登録することを義務付けています。その情報の保護についての規定です。

32条
 ベルリン州の立法機関は、形式的には二院制議会です。しかし上院議員は行政から任命された者であり、行政機関としての性格が強いのです。下院議会の諮問機関といった位置づけです。この条項では、本法での細部にわたる施行のための規則を、上院が単独で制定できることを規定しています。

33条
 連載で抄訳してきた、Gesetz über das Halten und Führen von Hunden in Berlin (Hundegesetz - HundeG) Vom 7. Juli 2016 *
「ベルリン州における犬の保持と導くことに関する犬の法律 犬法」の、罰則規定です。行政罰の罰金(過料)までであり、刑事罰の自由刑はありませんが、極めて高額の罰金が規定されています。

・5万ユーロ(620万円 1ユーロ=124円)までの罰金(過料)

1項1号 犬の登録義務に違反して虚偽登録等を行った
2号 公共の場で犬に首輪、もしくはハーネスを未装着
3号 犬の登録義務に違反し行わなかった
4号 犬の損害賠償責任保険に未加入で犬を飼育した
5号 公共の場に、犬の損害賠償保険未加入の犬を連れて出した
6号 犬禁止の場所に犬を入れた(児童公園や遊泳場)
7号 禁止されている危険な犬の繁殖、訓練、販売等を行った

1万ユーロ(124万円)までの罰金(過料)

17号 遁走防止対策が不十分な場所で犬を飼育する
20号 リード義務の場所(公共の場では公に認められたドッグラン以外ではほぼ全域)でリードなしで犬を連れ歩いた
22号 同時に4頭以上の犬をリードにつないで連れ歩いた

*私はこのブログ記事で過去に何度か「ベルリン州の犬のリード義務違反は5,000ユーロ(62万円)までの罰金」と記述しています。しかし2016年に新たに立法され、旧法から移行した本法(現行法)では、1万ユーロ(124万円)までの罰金です。


 上記のように、「ベルリン州犬法」ではきわめて厳しいリード義務が課され、公に認められたいわゆるドッグラン以外でリードなしで犬を連れ歩けば、最高で1万ユーロ(124万円)の罰金が科されます。さらに犬の登録義務に違反すれば、最高で5万ユーロ(620万円)の罰金が科されます。さらにベルリン州の所管する行政組織は、徘徊する犬猫、野良猫の捕獲を行い、公的動物収容所に収容します。そこでは公的殺処分も行われています。所有者不明の野良犬は、判明すれば最後の飼い主は、捕獲から収容、殺処分までの費用が行政から請求されます。また不適正な犬(危険な犬の違法飼育等)では、行政が飼い主から取り上げて、強制的に殺処分する規定もあります。
 法律で規定されていることは、真実であることは微動だにしません。しかし日本では全く真実に反する、事実無根のデマが繰り返されています。例えば「ドイツでは殺処分がない」、「ドイツでは犬はノーリードでよい」、「ドイツでは行政ではなく民間団体が犬猫の保護をする」などです。なぜこれほどのひどい、まさに正反対、真逆のデマが繰り返し流布され、それを信じる人が絶えないのか私は理解に苦しみます。環境省をはじめとする省庁、大学、マスコミ、動物愛誤団体は言うに及ばず。今回は「ドイツ、ベルリン州 犬法」と取り上げました。多くの関係者が原文を確認し、ドイツ語に堪能な方に訳してもらってください。動物愛護関係者はおやめになった方がよいでしょう。彼らは嘘つきで、都合よく歪曲誤訳をするか、極めて語学の能力が低いからです。


(動画)

 まるでドイツ?ノーリードで散歩するdoberman 2012年12月24日公開

 このような無知蒙昧な悪質なデマを流す動画公開主もどうかと思う。悪質なデマはおやめください。ドイツは世界で最も犬のリード義務が厳しい部類の国で、例えばノルトラインーヴェストファーレン州では、最高で2万5,000ユーロ(310万円)の罰金が科されます。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR