大阪市の地域猫制度廃止、餌やり罰則付き禁止条例化を支持します





 
 大阪市では、「町ねこ制度」「公園ねこサポーター制度」=地域猫制度の廃止の動きがあります。また、野良猫への餌やり罰則付き禁止条令制定の動きがあります。私は大阪市の、野良猫に対する政策転換の動きを支持します。

 大阪市では、平成23年から「街ねこ制度(所有者不明ねこの適正管理推進事業)=不妊去勢費の助成」「公園ねこサポーター制度」を実施していました。
 しかし現橋下市長は、「聖域なきゼロベースの見直し」を加えた上で今年7月をめどに本格予算を組むことを決めました。「街ねこ制度」は、平成24年度の予算そのものが凍結されました(大阪市健康福祉局)。
 「街ねこ制度」がなくなれば「街ねこ制度」を基本とした「公園ねこサポーター制度」も廃止されます。「公園ねこサポーター制度」は、野良ねこが生息する公園の美化活動を行うことを条件として、不妊去勢手術費を助成する制度だからです。

 さらに大阪市は、「罰則付き餌やり禁止条例」の検討も進めています。これは、野良猫の糞尿被害に遭っている商店街が、大阪市議会へ、野良猫への罰則付き餌やり禁止条令の制定を陳情したことが発端です。
 以下に引用します。


(陳情主旨)
大阪市は、野良猫に対し避妊の助成金を援助し、不幸な猫を地域の猫として命を全うできるよう対策を講じました。同時に「公園猫適正管理推進サポーター制度」を23年4月から開始し、公園猫の糞尿の清掃や給餌に努めていると伺いました。
しかし、現実には糞尿の後始末を考慮せず、不特定な場で無責任に給餌する人が絶えません。猫は公園に棲息するとは限りません。強い猫は、餌に遠くなく、人間の侵入が無く、居心地のよい場所で縄張りを示し、糞尿をします。縄張りから追われた猫は、人が入り込めない様な家と家の狭い隙間や屋根裏、植え込みといった掃除困難な箇所で、縄張り(糞尿)を示し、その後始末に困惑している住民も増え、非常に不潔な実情が続いております。
商店街においては、猫は上下運動を得意とするので人間の侵入が無いアーケード上で日向ぼっこし、交尾し、縄張りを示すため、アーケード上は猫の楽園と化し、多くの猫が糞尿をしています。これは野良猫だけに限らず、首輪をした猫も集まります。猫の糞尿公害で、商店街のアーケードは腐食を促し、35年の耐用年数が三分の一に短縮される危機に陥り、大雨の度に糞がトユ詰まりを起こし、雨漏りに悩まされております。
商店主も老齢化が進み、共有財産であるアーケード上の清掃は、業者委託となり個人負担が嵩む厳しい現実です。今後のまち猫制度の大阪市の対応には全く信頼出来ず、不備を感じております。公園以外の糞尿処理についても助成対策をしていただくか、あるいは条例改正(箕面市のごとく迷惑条例の制定)を早急にお願いします。

(陳情項目)
1.公園以外の糞尿処理についてもサポーター導入及び助成対策を実施して下さい。
2.助成不可能ならば、指定された場所以外で、所有者不明の猫に給餌する人を処罰する条例を作成
してください。



 私は、大阪市の野良猫に対する政策の方針転換を支持します。私は「町ねこ」「公園ねこサポーター制度」=地域猫制度について、楽天ブログ(削除されましたが)で以下のような危惧を表明していました。


 公園ねこサポーター制度により、市が限定的に餌やり認めたら、認可されない餌やりでも罪悪感が無くなり、無分別な餌やりが横行します。「限定的、条件付」であっても、行政が餌やりを認めれば、無許可であっても「餌やりはしても良い」と勘違いするからです。
 その結果、猫被害が拡大します。商店特に食品飲食、診療所などは特に被害は深刻でしょう。神戸市では、飲食業者の近辺での餌やりでの損害賠償を求めた裁判では、比較的高額な慰謝料が認められています。
 無許可餌やりの規制の無いままに「町ねこ制度」「公園ねこサポーター制度」 を導入すれば、野良猫による被害は拡大し、市民間の対立を招き、さらには野良猫虐待など、むしろ動物愛護に反する結果を招きかねません。
 またTNRは、きわめて効果が低く、野良猫とその害の完全廃除に成功した事例はありません。むしろ「餌やりはしてよいこと」と無許可餌やりを助長させ、野良猫被害を拡大させる効果があります。


 まさに、昨年私が危惧した結果 となりました。
 私は不動産賃貸業をしていますが、所有物件の敷地内での糞尿被害は笑い事ではありません。冗談抜きに経営上の脅威です。その他、診療所や保育園の敷地内、駐車場、飲食店近く等での餌やりによる被害は深刻です。
 民亊訴訟になれば、かなりの損害賠償が認められると思います。そのような原因を作った地域猫を専決した首長は、損害賠償の連帯責任を問われかねないと思います。
 また他人の私有地内での餌やりや事業者への被害などは、住居侵入、軽犯罪法違反、威力業務妨害、器物損壊罪などが成立する可能性もあります。行政がそのような行為を助長するような施策をして良いものかと疑問に思っていました。

 大阪市の「町ねこ制度」「公園ねこサポーター制度」の見直しと、餌やりの罰則付禁止条例化は、正しい方向と私は思います。行政の責務は、野良猫愛護より、産業振興や市民生活の向上のほうが重要度が高いはずです。
 「町ねこ制度」「公園ねこサポーター制度」=地域猫制度を残すのであれば、無許可餌やりの罰則付き禁止条例と同時に、地域猫制度も条令を根拠とし、地域猫不可の地域(商店、診療所、幼稚園などがある場所)と許可できる地域(大規模公園など)の線引きや取り消し処分などの規則を明確化すること、地域の合意の厳格化等が必要でしょう。
 廃止の方向の「町ねこ制度」「公園ねこサポーター制度」は、議会の決議を必要としない要綱が根拠です。本来、多くの人に影響を与える地域猫制度は、議会の決議が必要な条令とすべきです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

餌やり禁止条例は常識的な話です。

私も激しく賛成です。

この頃、自宅の軒先にも猫糞をされるようになりました。


近所の餌やりオバサンは、少しイワしたら

私を見て挙動不審なオバサンになりました(笑)。

絶対に隠れてやっています。


そういうヤツこそ逮捕されて高額な罰金を払ったら少しは更生するでしょう。


TRNも大反対です。

とある捨て猫応援団(仮名)の代表に意見を聞いたら

野良猫の室内飼育、マイクロチップに反対でした。


自分の責任を取れない所で地域住民に迷惑をかけている

そういう事もわかっていない。


猫に散々迷惑している人にとっては猫なんて

害獣でしかないのです。


大阪市は、この勢いも買って市営住宅でペットの無断飼育の連中にも高額な罰金刑を課して欲しい所です。

きちんと税金を払って自宅を所有する人や賃貸住宅を経営する立場からしたら、ヤツらは税金泥棒です。

Re: 餌やり禁止条例は常識的な話です。

> この頃、自宅の軒先にも猫糞をされるようになりました。

私は賃貸経営する以前から、猫被害に悩まされてきました。
一戸建てに住んでいる今はもちろんのこと、マンション住まい時代から車庫内で執拗に餌やりされたり。
もう、あの人たちは真性基地害です。


> 絶対に隠れてやっています。

隠れてやるのは可愛いモンだ。
私営駐車場でTNRやら餌やりをし、オーナーにとがめられたら「地域猫だから合法」とまくし立てた真性基地害も実在します。


> そういうヤツこそ逮捕されて高額な罰金を払ったら少しは更生するでしょう。

餌やり禁止条例が無くても、住居侵入や軽犯罪法でも取締りできるのですが、警察にやる気が無いのね。
まあ、餌やり禁止条例が出来れば、明らかに餌やりが違法であることが明文化されるので、バカ愛誤には効果はあるかも。


>ある捨て猫応援団(仮名)の代表に意見を聞いたら、 野良猫の室内飼育、マイクロチップに反対でした。

その理由を聞いてみたいものですが、常人が聞いても理解不能なシゾ的解釈でしょうね。


>市営住宅でペットの無断飼育の連中にも高額な罰金刑を課して欲しい所です。
> きちんと税金を払って自宅を所有する人や賃貸住宅を経営する立場からしたら、ヤツらは税金泥棒です。

大の大人が契約と言う概念(公営住宅でのペット飼育不可)が無いのはオドロキです。
ペットの飼育は個人の趣味であって、個人が責任をもってすればいい。
人の管理下に無い、所有者の無い飼育動物は存在意義がないのです。
それだけの話です。

全くその通りですね。地域猫を行う上で避けては通れないのが餌やり禁止だと私も思います。
今のやり方だと遅かれ早かれ地域猫の矛盾で行き詰まるのは目に見えていました。
本来なら地域猫をうまく機能させ、人間の優しさというか仏の顔のまま良き方策として評価される道はあったはずです。
しかし、成功例と紹介される磯子を見てもわかる通り、自治体に合法的餌やりとして地域猫を認めさせる事がゴールであり、大義名分である不幸な野良猫を減らし、殺処分を減らし、地域で暖かく見守れる程度の数へと緩やかにコントロールをする事を完全に忘れた結果となりました。
橋下市長がこの問題をどれだけ認識しているかわかりませんが、野良猫にとっても地域にとってもバランスのとれた選択をしていただきたいですね。
地域猫を行うに辺り不完全で困難な中でも、少しずつ良い方へと向かう姿勢が見られればもう少し一般人からの応援もあったかと思います。しかし、彼らは野良猫と餌やりをする自分を正当化する論理しか吐いてはいない。
殺処分が有ること、被害が有ること、捨てる人間がいること、無責任に餌やり放し飼いする人間がいること、猫とは無縁で生活するあるいは適正飼育をしている大多数の人間がいること等全ての事象を見据えて活動を行わないといけない。やり方はどうであれ結果とデータから行動を決めないといけない。
地域猫を行う人間に欠けているのはそうしたより良い方向を模索するための知恵と努力をふり絞らない事でしょう。
それが証拠に思考が野良猫と餌やりの正当化以外に無く、やり方に柔軟性は無く画一的である反面、仲間内で誰が主導権を握るかで足の引っ張り合いをし、中傷合戦を行い、小規模乱立の戦国時代のまま十年を超え、まとまった組織へと昇華出来ていない。 カルトの教祖が乱立している様とよく似ていますね。

Re: タイトルなし

>地域猫を行う上で避けては通れないのが餌やり禁止だと私も思います。

もし本気で地域猫を成功(野良猫とその害を減らす、無くす)させたいのであれば、ルールに基いた地域猫以外の無許可餌やりを完全に廃除する必要があります。
地域猫をしても、その近くで無分別餌やりが横行し、そこで繁殖して地域猫エリアに流入してくるので全く地域猫の効果はなくなるからです。


>成功例と紹介される磯子を見てもわかる通り、自治体に合法的餌やりとして地域猫を認めさせる事がゴールであり、大義名分である不幸な野良猫を減らし、殺処分を減らし、地域で暖かく見守れる程度の数へと緩やかにコントロールをする事を完全に忘れた結果となりました。

愛誤にとっての成功とは、行政に餌やりをしても良いと認めさせることに過ぎません。
環境省ガイドラインにあるとおり、地域猫の本来の目的は、野良猫とその害の減少ゼロ化です。
磯子区の地域猫は、十数年TNRを公費を用いて漫然と行い、むしろ野良猫は1,5倍に増えました。
「野良猫とその害の減少~ゼロ化」が本来の成功であり、磯子区の地域猫は失敗そのものです。


>彼らは野良猫と餌やりをする自分を正当化する論理しか吐いてはいない。

彼らは、野良猫に無責任に無分別に餌やりをしてとがめられないことだけが目的です。
TNRは言い訳免罪符に過ぎません。
TNRをしても、野良猫ゼロ化に成功した事例を私は知りません。
現場を知っている彼らが一番、TNRの効果がないことを知っているはずです。


>やり方はどうであれ結果とデータから行動を決めないといけない。

ある施策の効果測定は、客観的なデータにより、費用対効果を検証すべきです。
そういう面では、地域猫は費用対効果にすぐれていると言う客観的データは皆無です。
行政側(と言うか首長)が、愛誤の情緒的非論理的な屁理屈でも、言論テロに屈して地域猫を制度化してきたことは問題です。
本来施策は、費用対効果を客観的に検証し、基準に満たないものは廃止するべきものです。


> 地域猫を行う人間に欠けているのはそうしたより良い方向を模索するための知恵と努力をふり絞らない事でしょう。

地域猫の本来の目的は何かと言う原点に帰るべきですね。
餌やりを行政のお墨付きを得て、とがめられず出来るようになった、と言うことで彼らの目的は達成されたのです。
しかし、猫被害を放置したままでは、被害者は限度無く被害を受忍するわけではありません。
事業に支障をきたす人もいるでしょう。
その臨界点を超えれば、私的駆除もやむを得ないでしょうし、地域猫廃止の気運も高まります。
本当に動物愛護を考えるならば、地域との共存できる地域猫を本気で考えるべきでしょう。

No title

「大雨の度に糞がトユ詰まりを起こし」って想像するだけでも吐き気がします。
あの凄まじく臭い害獣の糞尿が詰まってるなんて。。。
この商店街の人達はよくここまで我慢しましたね。
この件をキッカケに、
多くの害獣被害者が声をあげてエサやりを糾弾し、行政も基地外バカどもを処罰して欲しいものです。
害獣などいない世界こそが民意!
猫は室内で大事に飼うべし。
エサやりと地域猫基地外は、自分たちの都合で猫を虐待するな!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 「大雨の度に糞がトユ詰まりを起こし」って想像するだけでも吐き気がします。
> あの凄まじく臭い害獣の糞尿が詰まってるなんて。。。
> この商店街の人達はよくここまで我慢しましたね。

民事訴訟を提起すれば、損害賠償が認められるでしょう。
その他でも餌やりが、餌をやること~猫が集まって糞尿被害が生じる~商店街の設備に被害を与える、客足が遠のく、という因果関係を自覚していれば、器物損壊や威力業務妨害罪が成立する可能性があります。
商店街側がそれらの罪状で告訴することは可能でしょう(私は少なくとも誣告罪にはならないと思います)。
この商店街の猫被害は「町ねこ制度」「公園サポーター猫精度」の猫が直接の原因では無いかもしれません。
しかし大阪市がこれらの地域猫制度を議会決議を経ずに制度化し、無分別餌やりを助長したと言う間接的にも原因を作ったのであれば罪深いことです。
行政の役割は、産業振興と市民生活の向上です。
それに反することをしているわけですからね。


> 猫は室内で大事に飼うべし。

動物の飼育は、個人が責任を持ってすれば良いだけの話です。
地域「猫」のように、責任の所在が曖昧で公共の場で飼育する動物(法律上の愛護動物)なんてほかにありますか。

Re: No title

匿名様、コメントありがとうございます。

ご意見を拝見します。
シンガポールがネット環境が悪いとは知りませんでした。
シンガポールに良く出張する友人は「街中では耳カット猫を良く見かける」と言います。
あのような統制の取れた国でも、TNRにより野良猫を無くすことは無理なんでしょう。
時間があれば観察してみてください。

愛誤はネットテロが大好き

大阪市 餌やり禁止条例で検索するといくつも「大阪市に反対意見を送ろう拡散希望」という物が多数出ます。

全国から大阪市民でもない無責任な反対批判メールや電話が届きます。


私は単に混乱を助長する市役所に対する威力業務妨害だと思います。

犯罪成立要件を満たしていると思います。

だからコメント欄を閉鎖しているですよ。きっと。

Re: 愛誤はネットテロが大好き

> 大阪市 餌やり禁止条例で検索するといくつも「大阪市に反対意見を送ろう拡散希望」という物が多数出ます。

今回の大阪市のみならず、東京都中野区の「罰則付き餌やり禁止条例」の成立を妨害したのは東京都大田区や川崎市のテロ愛誤団体でした。
三重県公営住宅での違法猫飼育を認めよとか、久留米競輪場の違法餌やり、鳥取県の自治会で鳥取保健所が野良猫捕獲に助言を与えた件など、千通を超える妨害メールが来ました。
鳥取県は、業務に支障をきたしたとしています。
彼らは完璧にテロリストです。


>威力業務妨害だと思います。

大阪市役所に対するものだけでなく、上記は全て威力業務妨害が成立すると思います。
ただ自治体は「市民の抗議(と言っても、大方はそこの住民じゃないですけどね)」に対しては告訴しない、出来ないと彼らはタカをくくっているのです。
どこかで歯止めをかけないと、エスカレートするばかりだと思います。

No title

猫の飼い方について、良いことを書いてるブログを見つけたので、ヒマな時でもご覧ください。
http://www.geocities.jp/the_happywhiskers/indoor.htm

バカ愛誤はよく『猫は野生動物ではない!』から地域で面倒をみなければいけない。と喚いてますが、
このブログ主さんは良い事書いてます。
愛誤の大好きな海外(アメリカ在住の方みたいです)のことが書いてますので、特に愛誤はしっかり見るように(笑
本当に猫のことを考えてるこのブログ主からしてみると、地域猫なんてものは「猫の虐待」にしか見えないと思います。

こじ付けで条例化阻止を図ってますね

愛誤の汚い抗議活動はますます活発化しようとしてますね。

しかも、条例化に抗議するブログのほとんどがコメント欄を閉じているか、コメント承認制にして都合の悪いコメントを書かれない様にしている始末。

これじゃあ、大阪市の餌やり条例が正しいものなのか、それとも危険な条例なのか討論も出来ません。
愛誤お得意の、ブログによる情報操作です。

とうとう、餌やりルール条例化は個人に対する攻撃だと、電波系見解まで出てくる始末です。
「小さなニクキュウを守り隊」
http://nikukyu11.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

陳情を行った西区の商店街連盟に対する誹謗中傷攻撃はエスカレートするばかりです。
これでは、亀山市みどり町の自治会への誹謗中傷が再現される日も近いかと思われます。

愛誤による根拠なき誹謗中傷、言論テロ、威力業務妨害は厳しく取り締まられるべきです。

No title

 三重県のみどり町騒動に端を発して、
 地域猫推進派はペット法塾のお兄さんも呼び、シンポを開いたものの、地元行政関係者は出席を拒否。

 「グリーンNet」にその顛末が記載されています。
  http://mappu5.blog135.fc2.com/blog-entry-91.html

 町内会側からはちゃんと出席しているんですよ。
 愛誤の連中は、こっちが主宰して呼んだって、絶対出てきやしませんからね。

 一方的な押し付け、ゴリ押ししか知らない人達とは何も一緒に出来ません。

言論の自由の範囲を超えていると思います。

>鳥取県は、業務に支障をきたしたとしています。
彼らは完璧にテロリストです。

私もそう思います。
言論の自由はあってよいし、動物の命を守るという題名は、良いことをしているような気持ちになるのでしょう。

でも、言論の自由は自分の意見を表明する自由であって、自分と意見の異なる人や行政をネットテロで攻撃する自由ではない。

攻撃された側にとっては、まさしく言論の自由を奪われています。

今回の大阪市の餌やり禁止条例も大阪市と大阪市民が考えて条例化するなら反対意見の表明はあっても良いけどネットテロをするなと言いたい。

逆にもし名古屋で猫の餌やり推奨条例ができたら、私は損害賠償の訴訟を起こします。
テロじゃなくて、きちんと認められた正式なルールの中で争うべき。


愛誤も条例ができてから裁判で大阪市を訴えれば良いのです。
最高裁まで争えば、きちんとどちらの主張が認められるのかはっきりします。

No title

さんかくさん
>しかし、猫被害を放置したままでは、被害者は限度無く被害を受忍するわけではありません。 事業に支障をきたす人もいるでしょう。 その臨界点を超えれば、私的駆除もやむを得ないでしょうし、地域猫廃止の気運も高まります。 本当に動物愛護を考えるならば、地域との共存できる地域猫を本気で考えるべきでしょう。

これを餌やり行為を止めない人間に言っても無駄な場合が殆どでしょう。野良猫が居なくなってから自分の愚かさに気が付けば良いですね。まあ、そんな事さえどうでも良い人間も居るんでしょうけれど。地域猫がどうか?は別として、彼等は共存、共生なんて言葉が大好きみたいですよね? 現代でそれらの言葉は「人間と動物のパートナーシップ」を意味している筈ですよ。要するに現代に合った適正な生涯飼育をするって事です。「野良猫も生きてるから路上・公園での餌やりくら黙認しろ」・・・こんな解釈するのは頑なに餌やり続ける人間だけじゃないでしょうかね。アメリカの事に尽いて書かれていた方がおりますが、本当に「動物愛護、動物愛護」って馬鹿の一つ覚えみたいに言うのは構わないんですが、「一体、それはいつの時代の何処の国の動物愛護?」と思ってしまいます(笑) きっと彼等は日本の主要獣医師協会等の基本理念さえ一度も読んだ事も無いんでしょうね。

No title

ご無沙汰してます。

>愛誤も条例ができてから裁判で大阪市を訴えれば良いのです。

かの名著『ナニワ金融道』で、こんな問いかけがありました。
「自分が正しいと信じている者と、正しくないのが判っている者とでは、どっちがゴネるか」
正しくないのが判ってる方がゴネるそうです。
自分が正しいと信じてる者は、最終的には裁判に持ち込めばいいのですからどっしり構えます。
正しくない、正当性がないのが判ってる者は、論点をすり替えて話をそらして、別の所から攻撃して、少しでも自分を有利にしようとします。

哀誤のゴネ方は、正にこれ。

今回の条例に関しても、何も大阪市全域を対象にしたものではなしに、「餌やりしていい所とダメな所の線引きしよう」って事とダメな所でやったら罰金貰おうってだけの話ですよね。
この議員さんの話と哀誤の話と全然違ってます。

つまり、少しでも禁止や罰金が入ると、自分たちが禁止対象になるって知ってるって事です。
だから、ゴネてるんです。

この件に関しても内ゲバまがいの行為も見え始めましたし、哀誤の自滅も時間の問題かも。

Re: No title

> 猫の飼い方について、良いことを書いてるブログを見つけたので、ヒマな時でもご覧ください。

これは良いですね。
この記事を引用して私も記事を書きます。


> 本当に猫のことを考えてるこのブログ主からしてみると、地域猫なんてものは「猫の虐待」にしか見えないと思います。

私は楽天時代に、猫の屋外飼育のリスクについて再三記事にしました。
感染症や、路上死猫数は、年30万匹~50万匹と推定されます。
このことについて納得できる解答を、地域猫推進派の方から頂いたことは一度もありません。

Re: こじ付けで条例化阻止を図ってますね

> これじゃあ、大阪市の餌やり条例が正しいものなのか、それとも危険な条例なのか討論も出来ません。
> 愛誤お得意の、ブログによる情報操作です。

条例案の賛否に対しては、広く異論反論を戦わせ、議論を尽くすのが民主主義です。
そのプロセスで、より良い代替案も出てくるかもしれませんし。
愛誤テロリストは民主主義を否定しています。


> とうとう、餌やりルール条例化は個人に対する攻撃だと、電波系見解まで出てくる始末です。
> 「小さな憎窮を守り隊」

ここはプシですね。


> 陳情を行った西区の商店街連盟に対する誹謗中傷攻撃はエスカレートするばかりです。

商店主が、自分達の収入源である事業を守ろうとするのは当然の権利です。
生存権は憲法でも保証されています。
私は今まで「猫の糞尿まみれで悪臭のする料亭で大事な取引先を接待しますか。そのような高級ホテルで宿泊したいですか。そのような診療所で受診したいですか」と度々疑問を投げかけました。
しかし「私は猫愛護のため、率先して利用する」と言うコメントを頂いたことは一度もありません。


> 愛誤による根拠なき誹謗中傷、言論テロ、威力業務妨害は厳しく取り締まられるべきです。

どこか愛誤テロで、威力業務妨害とか、器物損壊で刑事告訴する方が現れるのを期待します。

Re: No title

>  三重県のみどり町騒動に端を発して、地域猫推進派はペット法塾のお兄さんも呼び、シンポを開いたものの、地元行政関係者は出席を拒否。
>「グリーンNet」にその顛末が記載されています。
>町内会側からはちゃんと出席しているんですよ。

その事実については、貴方から頂いたリンクに記載されていましたので拝見しました。
みどり町は、地域猫には最初から反対しているわけだから、出席する道義はありません。
でもなぜ事実に反して「出席を拒否した」と記事にしなくてはならないのでしょうか。

ところで、大阪市の町ねこ制度、公園サポーター猫制度の訂正記事を書こうと思います。
民間の寄付により、不妊去勢手術の助成で存続すると言う可能性が高いのですね。
公費助成の存否ではなく、無分別餌やりや、地域猫による被害をどう防止するかと言うほうが重要な課題です。

>  愛誤の連中は、こっちが主宰して呼んだって、絶対出てきやしませんからね。
>
>  一方的な押し付け、ゴリ押ししか知らない人達とは何も一緒に出来ません。

Re: 言論の自由の範囲を超えていると思います。

> >鳥取県は、業務に支障をきたしたとしています。彼らは完璧にテロリストです。
> 私もそう思います。

分析したところ、ほとんどのメールが東京大阪と言った、鳥取県以外の大都市圏だったそうです。


>言論の自由は自分の意見を表明する自由であって、自分と意見の異なる人や行政をネットテロで攻撃する自由ではない。

おっしゃるとおりです。
愛誤は勘違いしています。


> 今回の大阪市の餌やり禁止条例も大阪市と大阪市民が考えて条例化するなら反対意見の表明はあっても良いけどネットテロをするなと言いたい。

多くの異なる意見があって当然です。
しかし民主主義では、多数意見が尊重されます。
愛誤も、反対意見のテロによる封殺ではなく、第三者に被害を及ぼしながら公の場で猫を飼育しなければならない、誰もが納得する理論を示せばいいのです。


> 愛誤も条例ができてから裁判で大阪市を訴えれば良いのです。
> 最高裁まで争えば、きちんとどちらの主張が認められるのかはっきりします。

似たようなケースとして、滋賀県ブラックバスリリース禁止条例が無効との行政訴訟を起こしたグループがありました。
一審から最高裁まで負け続けました。

Re: No title

> これを餌やり行為を止めない人間に言っても無駄な場合が殆どでしょう。野良猫が居なくなってから自分の愚かさに気が付けば良いですね。彼等は共存、共生なんて言葉が大好きみたいですよね? 現代でそれらの言葉は「人間と動物のパートナーシップ」を意味している筈ですよ。要するに現代に合った適正な生涯飼育をするって事です。「野良猫も生きてるから路上・公園での餌やりくら黙認しろ」・・・こんな解釈するのは頑なに餌やり続ける人間だけじゃないでしょうかね。アメリカの事に尽いて書かれていた方がおりますが、本当に「動物愛護、動物愛護」って馬鹿の一つ覚えみたいに言うのは構わないんですが、「一体、それはいつの時代の何処の国の動物愛護?」と思ってしまいます(笑) きっと彼等は日本の主要獣医師協会等の基本理念さえ一度も読んだ事も無いんでしょうね。

被害の受忍限度を超えて猫の糞尿被害がある。
重篤な猫アレルギー患者にとっては、生存権に係わりますし、特定の事業をしている人たちにとっても同様です。
今はネット社会ですから、野良猫の害を排除する方法なんて、検索すればすぐに分かるのです。
合法的な有毒物質(LLCや殺鼠剤)を私有地内に置くのは摘発のしようがありません。
そのように駆除されることが猫にとって幸福なのですかね?

私は、動物との共存共生とは、飼育動物に関しては適正管理飼育だと思います。
野生動物に対しては、生息環境を守り干渉を最小限にすることです。

獣医師協会の基本理念?
一度調べて読んでみます。

Re: No title

> 「自分が正しいと信じている者と、正しくないのが判っている者とでは、どっちがゴネるか」
> 正しくないのが判ってる方がゴネるそうです。
> 哀誤のゴネ方は、正にこれ。

「ナニワ金融道」でそのような記述がありましたか。
私もこのマンガは前編読みました。
現代の名著だと思います。


> 今回の条例に関しても、何も大阪市全域を対象にしたものではなしに、「餌やりしていい所とダメな所の線引きしよう」って事とダメな所でやったら罰金貰おうってだけの話ですよね。
> つまり、少しでも禁止や罰金が入ると、自分たちが禁止対象になるって知ってるって事です。

いわゆる餌やり愛誤といわれる人たちが主張する権利は「無制限に餌やりをしても良い」と言うことです。
餌やして野良猫が集まり、糞尿被害が生じれば、猫の命どころか、ヒトサマの生存権を脅かす結果にもなりかねません。
飲食食料、診療所調剤薬局、保育園幼稚園(人畜共通感染症リスクが高まる)付近や敷地内での餌やりは、事業者にとっては事業の存続にさえ係わります。
そのような場所での餌やり規制は当然でしょう。
対して大規模公園など、人の生活の場から離れた場所で限定的に餌やりが認められれば、社会との軋轢を生まずに地域猫が存続できるかの知れないのです。
愛誤って本当にバカ。

No title

>今はネット社会ですから、野良猫の害を排除する方法なんて、検索すればすぐに分かるのです。 合法的な有毒物質(LLCや殺鼠剤)を私有地内に置くのは摘発のしようがありません。

餌撒き散らす人間なんてのは基本的に自分の可愛がってるのが駆除対象にならなければ他の場所の事などどうでも良いんでしょう。他の事も言うだけはタダだから抗議等はするんでしょうけれどね。「私のノラちゃん達は大丈夫」なんて勝手に思い込んでるのが殆どでしょう。要するに社会であり野良猫害者を甘く見て、餌付けしている野良猫に甘えて生きている。そんな事が通用する社会じゃない事ををこれからどんどん痛感していけば良いでしょう。まあ、駆除と殺処分、虐待だけ騒いでいれば自分達の思い通りになると思ってるのが大勢居るんだから、幸せだなとは思いますけど(笑)

それに物事を都合良く解釈するのは彼等の専売特許でしょうが、例えば公共施設、私有地問わずに迷惑看板一つ取ってもこれは「餌やりさんへのお願い」じゃ無い。そろそろ「警告」として捉えて欲しいですね。何かを犠牲にした上での餌やり行為ならば、当然失われたものは元に戻すのが当たり前です。殆どの被害がある場所では猶予は充分に与えているはずでしょう。場所によっては野良猫取り上げられる手段が駆除と殺処分だけだとは本当に思わない方が良いと思いますね。最後は浅はかな考えだけで余計な事した結果、自分達が野良猫を見捨て寿命縮めたのと同じ事になるんですから。



No title

本日バカ愛誤の基地外ぶりを見ました。
正午くらいに都内のある公園のそば通りかかったところ、
基地外がつくった段ボールの害獣の巣や汚いクッションなどが
10個くらい公園の入り口付近にまとめて積んであり、
そこには「公園にこんなものおいてはいけません」という内容の張り紙を公園管理者がしていました。
その後、用事をすませ3時間後くらいに同じ場所を通ると、
なぜか元通りに。。。
呆気にとられて見てると、
ベビーカーに大量のエサを積んだ基地外が、何事もなかったかのように、隠れることも無く堂々とエサやりを始めました。
白昼堂々と活動する基地外にちょっとビビりました(笑
今度通りかかったら、住民のためにボランティア活動をしてあげようと心に決めました。

はじめまして、いつも楽しく拝見させてもらってます。

私も愛誤による鳥と猫の糞害に悩まされ続けていて、さんかくさんの意見は至極当然に感じました。

モラル無き愛誤の不始末を一般市民が背負ってる現状はおかしいと思います。

中には自分の行動を棚に上げてアレな主張を繰り返してる愛誤もいるようですし、厳罰化は当然の流れかも知れませんね↓

>鳩や猫に餌をやるなという人は、肉食をすることにより、家畜の糞尿による環境汚染に加担していないのだろうか?

>小さな地域の環境汚染を招く糞害を理由に鳩や猫に餌をやるなという前に、もっと大きな地球規模の糞尿による環境汚染を防ぐために肉食を止めるべきだろう。

>鳩や猫に餌を与えるなと言う人たちがいるが、その理由は、結局、その糞尿が環境によくないと言う事らしいが、当然、肉食をすれば畜産動物の大量の排出物で環境を汚染す事に加担する為、鳩や猫に餌を与えるなと言う人は当然、自分の事を棚上げして肉食は出来ないはず。でなければ結局自分勝手といえる。

http://twilog.org/sora_love_sora

肉食をするなってまた面白い発言の方がいますね。ちら見したら中々の逸材ですね。引き合いに出す素材は適切に扱わねば。
肉食による弊害を問題視するならば、ペットの飼育による弊害はその問題を拡大させる要因に他ならない。猫ちゃん肉喰ってます。
見方を変えると肉食を禁じてペットの飼育を認めろと言うならば、もう完全に基地外としか言いようがない。
肉食による弊害とペット飼育(餌やりも広義に飼育行為)の問題を同一問題としてまな板に上げるならば、優先してペット飼育を禁止するべき。さらに不適正飼育の代表格な餌やりなんて真っ先に葬り去るべき。
そうした問題をいい大人が2極論に持ち込むんでネットで公開するようなのは、その時点で思考停止しているといっていい。そんなものは小、中学生位の時に皆悩むような内容です。

takaさん

takaさん

>駆除と殺処分、虐待だけ騒いでいれば自分達の思い通りになると思ってる。

愛誤と言われる人たちのバックボーンとなる理論(と言うよりかは屁理屈、カルト的教義)はそれしかありません。
(公的致死処分であっても)違法、私有地に規制のないものを誤食して野良猫が死んだら設置者は愛護管理法違反。
私は以上について、何度も法令違反にならないことを述べてきましたが、愛誤さん方からは納得できる反論をいただいていません。


>公共施設、私有地問わずに迷惑看板一つ取ってもこれは「餌やりさんへのお願い」じゃ無い。そろそろ「警告」として捉えて欲しいですね。

「餌を置かないでください」「~お願いします」と言う文言は本来おかしいのです。
土地所有者は被害者であって、勝手に土地に入り込んで餌やりなどする方が犯罪者なわけですから。
「我々は労力と餌代を提供している。何もしない人間が糞掃除や土地の提供をしても当たり前」というシゾな主張をされる愛誤もいます。
そろそろ住居侵入や威力業務妨害、器物損壊などで刑事告訴する被害者が現れてもよいかと思います。

zzzさん

>本日バカ愛誤の基地外ぶりを見ました。

白昼堂々と活動する基地外にちょっとビビりました(笑>

私がかつて楽天ブログで取り上げた神戸市兵庫区の荒田公園と同じ状況です(ここでは野良猫への餌やりごみ放置などはもちろん禁止されています)。
猫ハウスと放置餌、容器は同じ状況ですが、ここの奇恥害餌やりは、神戸市都市公園条例で禁止されている、無許可ポスターの刑事を大量に行っています。
公園管理者が撤去してもいたちごっこ。
このポスターは、公益法人どうぶつ基金のものですが、同法人は、同法人が作成したポスターが違法に掲示されていることを考え直してほしい。
違法行為を前提とすれば、公益やボランティアなどあったものではない。

彗星さn

はじめまして。
コメントありがとうございます。

>肉食による弊害を問題視するならば、ペットの飼育による弊害はその問題を拡大させる要因に他ならない。猫ちゃん肉喰ってます。
見方を変えると肉食を禁じてペットの飼育を認めろと言うならば、もう完全に基地外としか言いようがない。

これと同様の主張をする愛誤は多いです。
猫は特に肉食の依存度が高い動物です。
自称ベジタリアンで、動物を殺・さないと自慢し、かつ餌やり奇恥害のブロガーからもコメントいただきました。
私は「ではあなたは、医療行為を受けたことがありませんか。医療技術や新薬開発では大量の実験動物が犠牲になります。化粧品やケミカル用品を使ったことはありませんか」と質問しました。
また「猫の餌の原料は、命のある動物ではありませんか。動物を殺・すなと言うのであれば、猫ちゃんも完全ベジタリアンにしてください」。
それ以来コメントはありませんでした。

>>鳩や猫に餌を与えるなと言う人たちがいるが、その理由は、結局、その糞尿が環境によくないと言う事らしいが、当然、肉食をすれば畜産動物の大量の排出物で環境を汚染す事に加担する為、鳩や猫に餌を与えるなと言う人は当然、自分の事を棚上げして肉食は出来ないはず。でなければ結局自分勝手といえる。

家畜は法令により、排泄物の処理方法や悪臭拡散防止など、厳しい基準があります。
無分別な餌やりにより、野良猫やドバトが勝手ところかまわずに排泄するのとは、迷惑度がまったく異なります。
また猫の糞尿被害を拡大させる餌やりを批判した人に対して「あなただってウ・ンコをするでしょう」と答えたバカ愛誤がいました。
人は、排泄する場合、トイレですると言うルールがあります。
わざわざ人の庭に勝手に入り込んでそこで糞する人はいません。
また公共の場で糞尿を垂れれば犯罪で処罰されます。
このように愛誤の屁理屈はトンデモ飛躍してまともな議論になりません。

きつねさん

↑のコメントで、きつねさんのお名前を忘れて失礼しました。

チッチさん

橋下市長への抗議といっても、メール攻勢です。
しかし大阪市の餌やり罰則付き禁止条例案は、餌やりと一般市民の共存のためにはやむをえないです。
陳情のあった商店街の被害は、民事訴訟で当然賠償が認められるケースですし、商業者への威力業務妨害や器物損壊などの刑事責任と問うことも可能です。
そのような状況で、被害者が永遠に我慢をしていますか。
限界点を超えれば法的措置を講じますし、私的な野良猫駆除も横行します。
それは動物愛護にも反します。
「餌槍を認めたところ団体は規律をもって」「餌やりできるところとできないところを線引きする」「違反者には罰則」は、餌やり、さんのためでもあるのですよ。

「愛誤」「基地害」「害獣」(笑)
頭の悪そうな人が使う単語ですね。

Re: タイトルなし

> 「愛誤」「基地害」「害獣」(笑)
> 頭の悪そうな人が使う単語ですね。

頭が悪そうという程度なら、まだ普通に社会生活ができますが。
「人と動物の命は同じ」「人と動物の権利は同等」ともなれば、明らかに精神障害か知能の発達障害です。
社旗に危害を加えないためには、そのような方は精神科の閉鎖病棟に入院して治療する必要があるでしょう。

No title

バカで愛誤で基地外な害獣みたいなのが湧いてますね(笑

自分でも頭悪いと思いますが、
頭が良いと思ってる傲慢な人よりマシだと思うし、
自分の単なる趣味で人様に迷惑をかけたりはしませんので、
基地外バカ愛誤よりはマトモな人間です。

時間があったので基地外愛誤に釣られてみました。
公園の汚い段ボール清掃のボランティアでもしてきます。
公園を汚すな!バカ愛誤!

Re: No title

> バカで愛誤で基地外な害獣みたいなのが湧いてますね(笑

FC2は、特定のアドレスからのアクセスを制限することができます。
でも愛誤がアホやという証明のためにこのコメントを残しておきますし、アク禁にもしません。
(この方、閣下さんのところでもショボい携帯の機種でコメントした人と同一人物かな?)。


> 自分の単なる趣味で人様に迷惑をかけたりはしませんので、

それが賢明で常識ある社会人です。


> 公園の汚い段ボール清掃のボランティアでもしてきます。

それこそ真のボランティアです。
今年は寒いので、こちらでも猫ハウスのごみ放置がひどいです(涙。

No title

 頭が悪いといえば、数えきれない数の市民活動分野がありますが、正直な話、一番低能と思われているのが「動物愛護」、特に自称保護活動の人達ですv-11

 私も保護活動ではないにしろ、一応慎ましやかに愛護団体を名乗っているので愉快ではないですが、事実は認めねばなりません。

 現実世界で劣等コンプレックスや恨みを含んだ無価値観を持っている人が多いですね。だからつまらない。裏に回った卑小な陰口が好きですしね。頭の悪さだけなら、いらいらしてくる自分を抑制するよう努めますが、あの人間性の卑しさは関わりたくないのが本音。

 地元で原発反対の市民グループが出来て、前からある運動体と連携しながら講演会や上映会をやろうとしているんですけどね、フツーに社会的なんですよね。 
 愛護分野にゆくとドーンとスラム街に放り込まれる感じです。

Re: No title

>(愛誤ボランティアは)  現実世界で劣等コンプレックスや恨みを含んだ無価値観を持っている人が多いですね。だからつまらない。裏に回った卑小な陰口が好きですしね。頭の悪さだけなら、いらいらしてくる自分を抑制するよう努めますが、あの人間性の卑しさは関わりたくないのが本音。

私も身障者スポーツ支援などのボランティアNPO団体に所属して活動した経験はあります。
ボランティアや社会運動をしている方は、若干独善的というか独りよがりという傾向はあります。
そうでなければ無償の活動はできないのでしょうけれど。
でも、私が今まで接してきた自称野良猫ボランティアは完全に異常者でまったく上記の方たちとは異質です。


>  地元で原発反対の市民グループが出来て、前からある運動体と連携しながら講演会や上映会をやろうとしているんですけどね、フツーに社会的なんですよね。 

体制側で保守的な方は、社会運動と聞くと眉をひそめる人も中にはいますが、自然保護活動や社会弱者支援活動を行っている方は、まあ、普通ですよ。
普通に社会の中での折り合いをつけて活動をしています。
たとえば、ホームレスの炊き出しなどのボランティアは、公園の占用使用許可を受けています。
障害者スポーツ支援で公営グランドを利用するときは、届け出て所定の料金を払います。
しかし野良猫ボランティアは、公園の専用使用許可を受けていることはまれです。
それどころか、私有地に違法にフェンスを乗り越えて勝手に入り込み餌やりやTNRをする輩もいます。
身障者スポーツ支援でボランティアだから、といって、無断で企業所有のグランドにフェンスを乗り越えて入り込み使用して良いのでしょうか。
野良猫ボランティアは、その辺を冷静になって考え直していただきたい。

No title

常識的に考えて地域猫を管理出来ている所と
名前だけの地域猫で全く管理がおろそかな所とある。
ただ猫の糞の被害者だの口ばっかりな奴たちが
地域猫制度の一番の邪魔もの。
行政、自治体、住民が真剣にやっていないだけ。
私たちの地域は猫の好きな人、嫌いな人が協力し
共存して上手く減らすことに成功している。
今まで何十年も同じやり方で解決していないのに
地域猫がダメだとか餌やりはダメだとか何言ってるのか?
元々は猫を捨てた人間だろ?悪いのは。
毎年毎年何十万匹も殺処分してまだこれからも
ただ餌をやるなとか言ってては同じ事の繰り返し。
しかし無責任な餌を与える人はもちろん許す訳には
いかない。

まあ人間(自分も含め)が一番の害獣だと思うけね。

Re: 旦那

旦那様、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> ただ猫の糞の被害者だの口ばっかりな奴たちが地域猫制度の一番の邪魔もの。

そのような考えで、被害者から訴えられないでくださいね。
人ごとながら心配になります。
餌やりによる被害は、立派に民法709条ないし718条の不法行為が成立します。
また他人の駐車場に無断に入るのは軽犯罪法、クルマに猫が傷をつけるようであれば業務妨害罪が成立します。


> 行政、自治体、住民が真剣にやっていないだけ。

自治体、住民は地域猫に賛成、活動する義務なんて法令行政指導など一切ありません。
地域猫の成立要件として、「地域の同意」を得ることの重要性が環境省ガイドラインでも強調されています。
同意するしないは各々の自由です。
思想信条の自由は憲法で保証されてます。
地域猫はボランティア、と推進している方は言います。
ボランティアは、その人が自主性に行うものです。
特定のボランティアに協力する義務なんてありません。
では、あなたの庭にホームレス支援ボランティアがテントを張り、ホームレスの住居にしたり炊き出しを行なったりしたらあなたはどうしますか。
ホームレス支援ボランティアが「ホームレスは社会のシステムが悪いから、社会全体の責任だ。だから他人の土地を使って当然。反対する奴は、ホームレス支援の一番の邪魔物」と言ったらどうしますか。
あなたが言っていることはそれと同じです。


> 今まで何十年も同じやり方で解決していないのに地域猫がダメだとか餌やりはダメだとか何言ってるのか?

では理論通り、地域猫が数年レベルで著しい効果がああったという具体例を示して欲しいですね。
私は楽天でも論じましたが、地域猫が導入しだした1998年頃からわずか10年で野良猫数は100万匹から280万匹に激増したとの日本ペットフード工業会の推計値があります。
私の独自の計算でも(1998年から2008年のキャットフード出荷額の増加が、飼い猫増加数を上回る。
その差が野良猫の増加数とほぼ一致する)。
日本全体として、地域猫は日本全体の野良猫増加は歯止めとなっていません。
むしろ地域猫導入移行、激増しています。
地域猫は、14,5年経っているでしょう。
それこそ「同じこと(地域猫)を繰り返して」ダメな証明ではないでしょうか。

> 元々は猫を捨てた人間だろ?悪いのは。

私は猫を捨てたことがありません。
猫糞被害裁判の原告だってそうです。
私が原因を作っていないったことにまで責任は負う義務はありません。


> 毎年毎年何十万匹も殺処分してまだこれからもただ餌をやるなとか言ってては同じ事の繰り返し。

地域猫こそ同じことの繰り返し。
「餌をやるな」と言っても同じことを繰り返す基地害がいるのも野良猫が増加し続ける原因の一つでしょう。
私は、本記事では同じことを繰り返すな、と主張しています。
つまり、餌やりを絶つために、厳しく刑事処分せよ(今まで餌やりは温情で見逃されてきただけです)。
ほかの記事では、訂正飼育化の法令条例化~マイクロチップの装着による飼育者の明示、放し飼い、野良猫の行政による捕獲、捨て猫の刑事罰の厳正な適用、を主張しています。
それが野良猫対策の根本的解決です。

あなたには、精神科を受信することをお勧めします。
それとももともと知的障害がおありですか。

旦那様の仰る放し飼いや無責任な餌やり、猫嫌いなども含めて地域が成り立っており、その上で野良猫問題を考えていくのが普通です。そういった人達のせいで地域猫がうまくいかないのではなく、そういった人達が一定数以上いる地域では地域猫は有効に機能しないと考えるのが普通ではないでしょうか?
また、野良猫を捨てたのは人間。だから全ての人間が無条件に野良猫に奉仕しなければならないという考え方は普遍的に受け入れられるものではありません。かなり乱暴な考え方です。
野良猫が増え、社会問題にまでなっているのは不適正飼育の横行が原因です。放し飼いや餌やりがその最たるものであり、それを規制厳罰化していこうと言うのは自然な考え方なはずです。
地域猫による解決は結構です。ただ、地域猫が放し飼いや餌やりとは違うのならば、放し飼い餌やりを禁止した上で地域猫を推し進めるやり方を選ぶべきです。あなたが仰る地域猫の足を引っ張る人間に対抗するには不適正飼育に対する規制以外にありません。
規制化により、地域猫として手が及ばない野良猫を心配する気持ちはわかりますが、規制化を拒む事は、現状の不適正飼育の放置による年間十数万匹の殺処分、それ以上の餓死、交通事故死、病死の野良猫を現状維持する事を選んでいる事に他なりません。
これは猫という生き物と人間の付き合い方による結果であり、ルーズな飼育方法が黙認されている結果です。他の動物では有り得ない死の量産は猫をルーズに飼育する猫好きが生み出したものに他なりません。
殺処分費だけをとっても年間56億円の経費がすでに使われており、その大半は野良猫です。生き物を飼育していない層もこれらの税負担を強いられています。猫好き猫嫌いの問題だけでなくなり、無関心層まで巻き込んで、猫の不適正飼育に対する厳罰、規制化は今後避けて通れない課題だと思います。

Re: きつね様

きつね様のおっしゃることは正論です。
私が言いたいことをすべて代弁してくださいました。


>そういった人達が一定数以上いる地域では地域猫は有効に機能しないと考えるのが普通ではないでしょうか?

地域猫至上主義者は、野良猫問題を解決する手段として地域猫しか挙げません。
しかし地域猫が成功する地域は限られます。
また重篤な猫アレルギーの患者がいる地域猫は、人権上の配慮も必要です。


>野良猫を捨てたのは人間。だから全ての人間が無条件に野良猫に奉仕しなければならないという考え方は普遍的に受け入れられるものではありません。

おっしゃるとおりです。


> 野良猫が増え、社会問題にまでなっているのは不適正飼育の横行が原因です。放し飼いや餌やりがその最たるものであり、それを規制厳罰化していこうと言うのは自然な考え方なはずです。

それと「野良猫は人間が捨てたのが原因。だから全ての人間が責任を負う」というのであれば、そのような方はなぜ捨て猫に対する厳罰化を望まないのでしょうか。


>地域猫が放し飼いや餌やりとは違うのならば、放し飼い餌やりを禁止した上で地域猫を推し進めるやり方を選ぶべきです。

地域猫を推進する方に限り、適正飼育可への条例化等に強硬に反対します。
東京都中野区にしても、地域猫推進派の愛誤団体の妨害により成立しませんでした。
地域猫が失敗する原因は、反対する一般市民より不適正飼育(餌やり、外飼い、捨て猫する人)です。
不適正飼育を温存しながら地域猫を進めるというのは、地域猫活動家は野良猫を本気で減らす意思がない証左です。
文句を言われずに自身が不適正飼育=餌やり、を続けたいだけなのです。


>規制化を拒む事は、現状の不適正飼育の放置による年間十数万匹の殺処分、それ以上の餓死、交通事故死、病死の野良猫を現状維持する事を選んでいる事に他なりません。

愛誤は公的殺処分を攻撃しますが、統計でも路上死猫は殺処分の2倍以上であり、統計に現れない事故死表紙等はそれより遙かに多いと推測されます。
屋外飼育は、殺処分より動物愛護に反します。


> 殺処分費だけをとっても年間56億円の経費がすでに使われており、その大半は野良猫です。生き物を飼育していない層もこれらの税負担を強いられています。猫の不適正飼育に対する厳罰、規制化は今後避けて通れない課題だと思います。

既に不適正飼育の負担を無関係な人がになっているのです。
旦那様は「地域猫を妨害する邪魔物」と攻撃する対象を間違っています。
hん気で地域猫を成功させたいと考えるの出れば、むしろ無許可餌やり、捨て猫、外飼いの厳しい規制を求めるはずです。

>人間か一番の害獣だと思う
人間という生き物をどのように捉えようと個人の思想ですから何も言うことはありません。しかし、私の考え方を述べさせてはもらいますが、人間は神ではありませんし、完璧では無いため良かれと思ってする事が必ずしも正しいとは限りません。
人間には、局面局面でより良いと思うことを選び、間違いを見つける度に修正し、さらにより良い選択肢を選ぶ以外にありません。
野良猫問題に当てはめれば、飼育にかかる手間やコスト、商業的な理由、猫好きの要望などから現在の付き合い方に落ち着いたのでしょう。
しかし、人口増加や住宅事情などの変化にこれまでのやり方では問題があるから野良猫問題が生まれているのが現状です。
猫という種と人間の付き合いには、完全室内飼育、放し飼い、餌やり、ペットとしての繁殖業、避妊未避妊、さらに地域猫、捨て猫なども含めたものがあり、それら全ての要因から殺処分などの大量死、都市部では公害といえる問題が起こっています。
そもそも、地域猫は良かれと思ってなされている施策だとは思いたいですが、地域猫を行った結果、改善に繋がらっておらず、さらなるより良い選択肢を選ぶ事に躊躇するようではやはり餌やりの免罪符でしかないと結論がでても仕方ありません。
地域猫活動家の理想はおそらく奈良公園のシカのような扱いなのでしょう。しかしながら、餌やりの横行により、一地域に留まらず、生駒山を超え、大阪市内までシカが押し寄せてくるような状態ならば放置出来ません。
野良猫問題は上記の例えのように餌やりの横行によるもので、餌やりは無関係で勝手に増殖するのならば、そもそも街中で餌やりする必要は無いはずです。
人口密度の高さと野良猫の数を比較すれば一目瞭然です。餌が豊富で自然豊かな場所の野良猫の数は少ないです。ここからも、餌やりが引き起こした問題であることがわかります。
最後に、地域猫での解決を目指す場合、効果を出すためにはほぼ全ての野良猫に避妊去勢の必要が出てきます。どこからお金を調達し、誰が手術するのでしょうか?
物理的に不可能な事をしないと実現不可能なやり方を推し進めるのはどういった考えから来ているのでしょうか?これはより良い選択肢を選んでいる事にはならないですよね?
地域猫は奈良公園のシカを目指す。はっきりと真実を語って地域猫を推し進めるべきだと思います。

Re: きつね様

きつね様、コメントありがとうございます。

>人口増加や住宅事情などの変化にこれまでのやり方では問題があるから野良猫問題が生まれているのが現状です。

数十年前は、今ほど野良猫問題が顕在化してはいませんでした。
当時より住宅の集積度が高くなった、衛生に対する要求が高まったことの原因とは思いますが、安価で栄養バランスの優れたキャットフードが普及し、人々が豊かになってキャットフードを購入しやすくなり、餌やりが増えた~それに比例して野良猫が増えたことが最も大きな原因と思います。
状況の変化によって、猫飼育のあり方も合わせなければなりません。


>地域猫は良かれと思ってなされている施策だとは思いたいですが、地域猫を行った結果、改善に繋がらっておらず、さらなるより良い選択肢を選ぶ事に躊躇するようではやはり餌やりの免罪符でしかないと結論がでても仕方ありません。

地域猫=TNRの理論が日本で導入されてから14,5年を経ています。
地域猫の理論の検証は既に十分行われたと思います。
その間、日本全体では、爆発的に野良猫が増加したとの推計値はありますが、減ったという推計を私はひとつも知りません。
地域猫は、野良猫を減らす効果はありませんでした。
plan~do~check、で何らの対策を行うのであれば、checkでで効果がないと判断されれば、ほかの手段を選択してしかるべきです。


> 地域猫活動家の理想はおそらく奈良公園のシカのような扱いなのでしょう。しかしながら、餌やりの横行により、一地域に留まらず、生駒山を超え、大阪市内までシカが押し寄せてくるような状態ならば放置出来ません。

奈良公園のシカは、歴史的地理的条件に恵まれて地域社会にも愛護する気風があります。
また天然記念物に指定されて法律上の保護もあります。
しかしシカは、毎年数千頭が狩猟され、有害駆除されます。
すべてのシカを奈良公園のような管理をすることはできません。


> 餌やりは無関係で勝手に増殖するのならば、そもそも街中で餌やりする必要は無いはずです。
> 餌が豊富で自然豊かな場所の野良猫の数は少ないです。ここからも、餌やりが引き起こした問題であることがわかります。

ご指摘のとおりです。
野良猫の増殖の一番の原因は餌やりです。


>地域猫での解決を目指す場合、効果を出すためにはほぼ全ての野良猫に避妊去勢の必要が出てきます。どこからお金を調達し、誰が手術するのでしょうか?
> 物理的に不可能な事をしないと実現不可能なやり方を推し進めるのはどういった考えから来ているのでしょうか?これはより良い選択肢を選んでいる事にはならないですよね?

また他所から野良猫が流入する可能性も高いです。
地域猫は最初から成功はほぼ不可能なのです。
それは地域猫を推進している方たちが最もよく知っているはずです。

常識的判断で賛成

本当に猫好きなら自分で責任をもって飼いなさい!!野良猫に餌を与え続ける近隣に注意すると「かわいそう。死んでもええんか!我々は野良猫たちとの共存を目指している!」 猫好きが野良猫に、犬好きが野良犬に、鳥好きがカラスに餌を与え続けたら・・・どうなるか・・・普通の人なら想像できるはず。しかし猫キチは言う。「そんなん知らん!関係あらへん!」 猫キチ=無責任=自己中=自分さえ良ければいい 本当に猫好きなら自分で責任をもって飼いなさい!!そしたら誰も文句言いません!「事情があって家では飼えないから」 アホかっ!そんな理由で野良猫に餌を与えるなっ!糞尿被害、猫蚤被害、鳴き声問題、植木鉢などの器物損壊被害の責任は取れるのか?!猫キチは言う。「そのフンは別の野良猫です。うちが餌を与えてるのとは違う猫です。」 呆れてものが言えん!大阪市には野良猫と猫キチの「一斉清掃」を願う。

Re: 常識的判断で賛成

遠山の金四郎様、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> 本当に猫好きなら自分で責任をもって飼いなさい!!

そうですよ、それが猫のためでもあるのです。


>猫好きが野良猫に、犬好きが野良犬に、鳥好きがカラスに餌を与え続けたら・・・どうなるか・・・普通の人なら想像できるはず。しかし猫キチは言う。「そんなん知らん!関係あらへん!」

猫愛誤は「動物と人の命の重さは同じ」なんて言いますが、彼らにとっての動物は猫だけなのです。
愛誤の主張、「健康な動物は、いかなる理由でも殺・してはならない」というドイツの法律がある。
そのようなおかしな主張ができるのも、動物は猫しか眼中にないからです。
キャットフードの原料は動物です。
それらはすべて病死したか、死んだものなんでしょうかね?


>猫キチは言う。「そのフンは別の野良猫です。うちが餌を与えてるのとは違う猫です。」 呆れてものが言えん!大阪市には野良猫と猫キチの「一斉清掃」を願う。

大阪市の「街ねこ制度」と、罰則付き餌やり禁止条例請願はその後、どういう経過なのでしょうか。
調べて記事にします。

無責任なエサやりは確かに迷惑ですよね。
やるなら責任をもって「人と動物との共生社会」が本来だと思います。

ただ、ルールにのっとた地域猫の方が良いのは良いです。野放しの状態だと更に野良猫が増えるいっぽうです。何より避妊去勢もしないで室外に出し帰って来なくても知らない顔の飼い主が一番悪いみたいです。
飼い主がキチンと愛護法を理解してくれれば地域猫も居ない状況みたいです。
そして、今は地域猫譲渡も力をいれている自治体もある。と聞いたので譲渡に力を入れてもらえるようにお願いしてみた方が良いと思います。外猫をなくすのには譲渡が最良と思いますので。
そこには不動産や大家の理解がないと譲渡の成果が難しいみたいです。
ペットマンションも何より住民トラブルは避けたいと思いますので、愛護法の主旨にのっとった飼育を住民に説明した方が良いと思います。契約書等で…。そして、犬に関して狂犬病予防法にある登録義務と鑑札(迷子札)は必ずおこなわせる方が良いです。狂犬病予防法で罰則がありますから。
実際、飼い主のマナー向上をはかるために不動産が「人と動物との共生社会」に力をいれている不動産もあるみたいなので…。
未成年の数よりペットと共に暮らしている方が多いのに対して不動産は理解し、動いたみたいです。
そして、今の消費者は不動産に関しても知識はありますので、敷金・解約引きでの現状回復はほとんどの方々が知っています。
よほど敷金・解約引きを上回るほどの場合は実費加算で良いと思います。

Re: タイトルなし

花様、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> ルールにのっとた地域猫の方が良いのは良いです。

私は全く地域猫を否定しているわけではありません。
ルールを厳格にし、そのルールに満たない餌やりを排除するのであれば。
しかし多くの地域猫を制度化している自治体は、地域猫と同時に、それ以外の餌やりも規制しないのです。
地域猫を推進している人たちの多くも、地域猫として認可されてい合い餌やりも規制すべきではないとしています。


>何より避妊去勢もしないで室外に出し帰って来なくても知らない顔の飼い主が一番悪いみたいです。

猫の場合は、飼い猫と野良猫に餌をやっている場合の線引きが曖昧です。
いずれにしても、不妊去勢せず、野放し状態にしておくことが悪いです。


>譲渡に力を入れてもらえるようにお願いしてみた方が良いと思います。

神戸阪神は、譲渡に力を入れています。
しかし殺処分を減らすことが目的ではなく、見本となる飼い主を増やすのが目的のようで、譲渡される犬猫も、譲渡先も選別されます。


> ペットマンションも何より住民トラブルは避けたいと思いますので、愛護法の主旨にのっとった飼育を住民に説明した方が良いと思います。

賃貸住宅では、URのペット可マンションは、かなり厳しいルールがあります。
犬の畜犬登録はもちろん、マイクロチップの装着も義務付けられています。
分譲マンションも飼育ルールは厳しいです。


>「人と動物との共生社会」に力をいれている不動産もあるみたいなので…。

最近は、民間賃貸住宅でもペット可物件が増えてきました。
私の場合は、一戸建ては全てペット可にしています。
分譲マンションは管理組合のルールでできなく、アパートは軽量鉄骨で音の通りが良いためペット不可にしています。
民間の賃貸住宅は、正直なことを言いますと、小型犬はOKでも、猫を断る大家さんが多いです。
なぜかというと(確率の問題ですけどね)、猫はつめとぎで内装が痛むのと、放し飼いや野良猫に餌をやる飼い主さんが多くトラブルになるからです。
私の場合は「不妊去勢をしていること、放し飼いしない、野良猫にはエサを与えない」という念書を頂いています。

猫でも、大変きちんとした飼い方をされる方ももちろん多くいます。
しかし猫は、法律の規制がないため、不適正飼育者が率的に多いのは否めません。
猫でも飼育可の、民間賃貸住宅が増えれば、殺処分される猫の引き取り手も増えるかもしれません。
そのためにも、猫の適正飼育の啓蒙が必要です。

呆れました

地域ネコについての認識不足も甚だしい。少し勉強して下さい。活動に参加してみてから発言して欲しいですね。

Re: 呆れました

ととろ様、コメントありがとうございます。

> 地域ネコについての認識不足も甚だしい。少し勉強して下さい。活動に参加してみてから発言して欲しいですね。

私は意義のない活動に参加するつもりはありません。
参加するしないの自由は憲法で信条の自由が保証されているからです。
えは、ととろ様は、海外での地域猫(TNR)や動物愛護の認識はどのようなものか、海外の動物愛護に関する法律制度、報道など一度でも原文を読んだことがおありですか。
常々日本の動物愛護を自称される方の認識不足(というか絶望的無知)には、呆れ果てています。

たかが猫ごときに目くじらたてて。恥ずかしいね。糞なんて、生きてるやから、するし、人間もするやん。うちは庭に糞あるけど、トングでつまんでゴミ箱へポイッてする。それで終わり。
外で暮らすしかない猫に憎しみなんかわかへんわ。
元は人間が悪いんやし。関西人はそんな小さい事は気にしたらあかんわ。心を広く。
家もない、トイレもない、ご飯もない、猫に比べたら人間は幸せやん。
なんでそんな小さい心なんやろ。悲しなるわ

Re: さく様

さく様、コメントありがとうございます。

> たかが猫ごときに目くじらたてて。恥ずかしいね。

そのままあなたにこの言葉をお返しします。
生態系全体で見れば、たかが有害外来種の一種、イエネコの駆除に目くじら立てるなんて精神薄弱無知蒙昧で恥ずかしいです。
愛誤さんが尊敬する動物愛護先進国の欧米、ドイツ、アメリカ、イギリスでは、普通にサクサク野良猫なんて駆除していますよ。


>糞なんて、生きてるやから、するし、人間もするやん。

人は、他人の土地に無断で入ってクソしません。
また野良猫の糞は、人糞と異なり大変危険な感染症をもたらす危険があります。


> 家もない、トイレもない、ご飯もない、猫に比べたら人間は幸せやん。

野生動物なんて、すべてがそうでしょう、猫だけ人と同一視してもその異常性に気がつかないのは異常ですね。
物事を極端に主観的にしか見られない、客観視できないのは視野狭窄です。
なんでそんなに視野が狭いんでしょ、呆れます。

たかが猫ごときに目くじらたてて。→もう たかが猫ごときの被害ですませるような事態でなく 大変な思いをしてる人はいます。自分が大丈夫だからと 他人も一緒だと思うなんて おかしいと思います。人間は色々な価値観がある そういう事をわからないなんて 悲しい事ですね~

Re: にゃーにゃー様

ニャーニャー様、コメントありがとうございます。

> たかが猫ごときに目くじらたてて。→もう たかが猫ごときの被害ですませるような事態でなく 大変な思いをしてる人はいます。

個人宅でも大変な思いをされているひとは多いです。
「たかが猫ごとき」が平均的な価値観であれば、野良猫餌やりに対する高額な(200万円暗いが相場になっているようですね)損害賠償など認められません。
事業者は事業の存続に関わるでしょう。
神戸の診療所ビルのエントランスが、餌やり被害に遭っています(いつでも猫の小便の匂いがしますし、猫糞も落ちています)。
私は、このビルに入っている診療所で受診するのはいやです。
私が特別神経質なのか、ほかの人に聞いてみたところ、全ての人が「そのような診療所を使うのはいやだ」と答えました。

うちには犬も猫も鳥もいますが・・・

しっかりと地域の人と餌をやる人が話していないのも問題ですよね。

住人が困ることをしないように気を付けながらの餌やりならきっとここまでの問題になっていないはずです。

うちの近所にも餌やりおばさんがいます。
うちの猫は近所に捨てられ、猫おばさんに拾われうちに来ました。
動物も大好きですしひもじい思いをする野良は可哀想だと思います。
それでもむやみやたらと餌をやるのには反対です。

猫おばさんは自分で猫を捕獲して避妊をして増えないように気を付けています。
それでも『ここはいつも猫に餌をあげてる人がいるから』という身勝手な理由で
猫を捨てていく人が絶えません。
増えては減り 減っては増え・・・避妊しててもなぜか増えます。
それは捨ててく人がいるからです。
ご飯があるから生きられるだろう。自分勝手な理論で捨てていきます。
・捨てれば死ぬ でも餌があるから生きられる。
罪悪感が減るんでしょうかね。

近所にかなりの数の猫がいるはずです。
うちの裏で子猫産んでる猫もいます。
どうしても捕まえられずここ2年で3回、合計で7匹産みました。
うち1匹は私の友人宅にもらわれていき、2匹は別の方のお宅に行きました。
残りの4匹は相も変わらず近所に生息中。
親にならって逃げ足が速く捕まえられません。
うちの裏でおしっこする子もいるため、夏場台所とお風呂場の窓開けられません。
猫好きな私ですらオエってなっちゃうくらいのにおいです。
猫嫌いな人にとったら拷問ですよね。
ちなみに猫おばさんちゃんとトイレも設置してお掃除もしてらっしゃいます。
それでもほかの場所でもトイレします。玄関前にスプレーもされてます。


今日 うちの旦那が仕事中に誤って猫を轢いてしまいました。
大急ぎで病院に連れて行きましたが、残念ながら助かりませんでした。
その子も野良ネコさんでした。
おうちの中で飼われていたらそんな最期は迎えなかったでしょう。
うちの旦那も猫さん轢いてしまうこともなかったでしょう。
可哀想なことしてしまいました

明日病院代5千円ちょっとと埋葬代2500円ほど支払いに行ってきます。


Re: うちには犬も猫も鳥もいますが・・・

ねこねここねこ様、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> 住人が困ることをしないように気を付けながらの餌やりならきっとここまでの問題になっていないはずです。

しかしね、放し飼い、野良状態での餌やりでは、近隣への迷惑がゼロとなることはほぼ不可能なんですよ。


> 猫おばさんは自分で猫を捕獲して避妊をして増えないように気を付けています。
> それでも『ここはいつも猫に餌をあげてる人がいるから』という身勝手な理由で
> 猫を捨てていく人が絶えません。

私の実家は、常に猟犬を数匹飼っていました。
父が退職したあとは、趣味で猟犬の改良とブリーディングをしていましたから、仔犬がしょっちゅう庭をちょろちょろ走り回っていました。
動物好きだから、飼ってくれると勘違いする人がいるのでしょう。
家の前にしょっちゅう仔犬と仔猫を捨てられました。
その都度、父は仔犬仔猫を保健所に届けに行きました。
自分が不適正飼育をして仔を産ませてしまったのであれば、自分で保健所に持ってくべきです。
もしくは獣医師に安楽死を頼むか。
嫌なこと(殺す)を人にさせて、捨てた仔犬仔猫が育ててもらっているとでも思っているのでしょうか。
捨てる人は本当に卑怯です。
むしろ「ここに捨てられていた仔猫は保健所に届けました」とでも看板を立ておいたほうがいいのでは。
そして屋外で餌やりしならが飼育するのであれば、むしろ仔猫のうちに保険所に届けるべきだと思います。


> 近所にかなりの数の猫がいるはずです。
> うちの裏で子猫産んでる猫もいます。

拙宅のとなりの空き地でも、仔猫が生まれました。
私は目があかない仔を保健所に届けました。


> 今日 うちの旦那が仕事中に誤って猫を轢いてしまいました。
> おうちの中で飼われていたらそんな最期は迎えなかったでしょう。

私は、猫飼育に関して法律で適正飼育化のための罰則付きの規制を作るべきだと思います。
ベルギーでは、飼い猫は原則不妊去勢と室内飼い義務が法制化されました。
ドイツではいくつかの自治体で、猫の飼育規制(不妊去勢室内飼い、飼い主登録義務。違反者には罰則。野良猫に餌やりすれば飼い主とみなし、飼育規制に違反すれば罰せられる)条例があります。
ドイツ連邦全体に及ぶ、猫飼育規制法案の草案が既に出来ています。
地域猫は弊害が多すぎます。
猫に関しては、飼育規制の強化が動物愛護に叶うでしょう。
地域猫は不適正飼育で規制強化の逆です。

No title

餌やりを禁止しても無意味ですよ
餌をやらなくなったら今度はゴミをあさるようになります
うちの自治体でも猫餌やりを禁止したんですが、そのせいで餌をやる人がいなくなり、ゴミをあさる猫がかえって増えてしまいました

追記

>またTNRは、きわめて効果が低く、野良猫とその害の完全廃除に成功した事例はありません。
失敗例だけとは限りませんよ
中山法華経寺はTNRを実施する前までは野良猫の増加に歯止めがかからず、大阪市と同じような状況になっていました
でも、10年ぐらい前にTNR活動が行ってからは野良猫の数が50から20に激減し、今では数えるほどになっています
http://blogs.yahoo.co.jp/akiko_miyu/32323031.html
寺での地域猫 「人も幸せ ネコの幸せ」

朝日(笑)

ソースは偏向と捏造で有名な朝日新聞ですか。
「朝日新聞の主張の反対をやれば正しい行動」とまで言われる朝日新聞って地域猫推しなんですね。

法華経寺の猫は、大量に居る状態から或る日忽然と消え失せた後に再増加しているようです。
つい最近も大量に猫が追加されたらしいです。

これをTNRの成功例と考えてもいいのでしょうか?
法華経寺の猫について詳しい事は存じませんが、なんか違うんじゃないかと思えてなりません。

Re: 通りすがり様

通りすがり様、コメントありがとうございます。
以前にも同じHNでコメント下さった方がいますが同じ方でしょうか。

> 餌やりを禁止しても無意味ですよ
> 餌をやらなくなったら今度はゴミをあさるようになります

それは詭弁です。
希少生物のオロロン鳥の繁殖地での餌やりを正当化するために「餌をやる=満腹になって希少生物を狩るのをやめる」と主張していた人がいました。
しかし餌をやるということは繁殖率を高めます。
数が増えれば、それだけ希少生物への被害は比例して増えます。
また、猫は満腹でも狩りをやめません。

それと同様に、餌を与えれば数が増えます。
数が増えればゴミあさりも比例して増えます。
猫は満腹であったとしても、好奇心からゴミ漁りをします。
また餌やりは、猫の密度を過度に高めます。
それも被害の拡大につながります。
米国では野良猫の被害を防止するためには、徹底して餌の供給=意図的な給餌はもちろんですが、餌になるようなものを断つ=ゴミなどを食われないようにする、としています。

神戸市では、イノシシへの餌やりを条例で禁じたところ、イノシシによるゴミ漁りは激減しました。

Re: 追記

通りすがり様

> >またTNRは、きわめて効果が低く、野良猫とその害の完全廃除に成功した事例はありません。

これは読者様の記述ですよね。
私は過去に、まれに地域猫の成功例があるとしばしば述べています。
しかし特殊な状況であると。
その条件は以下のとおりです。
・地勢的に隔絶していること。
・地域コミュニティが閉鎖的で、地域猫活動の足並みが揃うこと。
など。
例えば、長野県の山村地帯での成功例を挙げたこともあります。
中山法華寺では、まさに上記の条件に当てはまります。
この特異な事例をもって、条件が全く異なる都市部で地域猫を推進すべきとは導けません。
一般的に都市部は、
・地勢的に区分が不可能。野良猫は自由に出入りできる。
・地域コミュニティが希薄。地域猫活動の周知徹底ができず、捨て猫無許可餌やりが横行する。
です。
また大多数が失敗に終わり、成功例が希な手法をスタンダードとするには無理があります。

Re: 朝日(笑)

名無しさん@13周年様、コメントありがとうございます。

> ソースは偏向と捏造で有名な朝日新聞ですか。

また朝日新聞ですかw
こちらは地域猫推進愛誤メディアなのでしょう。


> 法華経寺の猫は、大量に居る状態から或る日忽然と消え失せた後に再増加しているようです。
> つい最近も大量に猫が追加されたらしいです。
> これをTNRの成功例と考えてもいいのでしょうか?

日本の愛誤が絶賛している「米国ではTNRが素晴らしい効果を上げているとの学術論文がある」と紹介されているアメリカK大学の広汎囲かつ長期に及ぶTNRの効果測定があります。
その中で「野良猫コロニーのうち、75%を安楽死、及び飼い猫として譲渡した。残りの25%を不妊去勢手術をした。しかし数年後には、元の個体数を回復した」とあります。
それを「TNR(地域猫)により、短期間で野良猫の数を75%も減少させることに成功した」と日本で紹介されているのです。
この論文も折々紹介したいと思いますが、何しろボリュームが多くて、統計処理などの英文が読みにくいので読み込みが進んでいません。
中山法華寺の事例も、偏向した解釈かもしれませんね。

No title

>名無しさん@13周年さんへ
>これをTNRの成功例と考えてもいいのでしょうか?
調べているのでわかると思いますが、世話をしていることに目を付けた業者?
が防犯カメラと捨て猫禁止の張り紙を無視して大量に猫を捨てていったみたいです
それまでは猫の数が増えるどころか減っていったので成功例と考えていいと思います

>さんかくたまごさんへ
>以前にも同じHNでコメント下さった方がいますが同じ方でしょうか。
別人ですよ

>しかし餌をやるということは繁殖率を高めます。
それは避妊手術が行われていない場合ですよね?
避妊手術を徹底すれば繁殖率は0になるので、被害が拡大することもあり得ないと思いますが

>また大多数が失敗に終わり、成功例が希な手法をスタンダードとするには無理があります。
確かに今の現状だと難しいかもしれませんね
自治体によっては補助が出るとはいえ、いくらは団体が出さないといけないですし…
捕まりづらい猫もいますからね

Re:No title

通りすがり様

>調べているのでわかると思いますが、世話をしていることに目を付けた業者?
>が防犯カメラと捨て猫禁止の張り紙を無視して大量に猫を捨てていったみたいです

猫を大量に遺棄したのが業者?だと思う合理的な理由や証拠があれば教えてください。
法華経寺に猫が居なくなっては困ると考える個人や集団も居るはずです。
こういった方々の放流である可能性も検討されましたか?
猫だけではなく、他の生物でも見られる事例です。

>それまでは猫の数が増えるどころか減っていったので成功例と考えていいと思います

あくまでも断片的な情報からの印象ですが、減り方も普通ではない極端なものに見えます。
猫のTNRとは、いきなり全滅する勢いで個体数が減少するものなのでしょうか?
私は何らかの人為的な操作を想像してしまいます。
個体数の遷移や扱った個体の詳細なデータ等は開示されているのでしょうか?
そこから見えてくるモノもあるんじゃないかと思うので、ご存知でしたら紹介して頂けるとありがたいです。
しかし、猫の個体数を減らすためのプランには、猫の遺棄への対策は当然織り込まれているはずです。
結果、個体数が増加したなら、少なくとも成功例とは言えないでしょう。
猫と住民との折り合いという意味での評価は出来ると感じますが。

Re: No title

通りすがり様

> 調べているのでわかると思いますが、世話をしていることに目を付けた業者?
> が防犯カメラと捨て猫禁止の張り紙を無視して大量に猫を捨てていったみたいです

業者であれば純血種でしょうね。
では今の中山寺法華寺では、純血種がほとんどなのですか。


> >しかし餌をやるということは繁殖率を高めます。
> それは避妊手術が行われていない場合ですよね?
> 避妊手術を徹底すれば繁殖率は0になるので、被害が拡大することもあり得ないと思いますが

米国の公的な資料(裁判所か政府機関だxったと思いますが)によれば、個体数増加を抑制される効果は、不妊去勢率が70~90%異常でなければ期待できないとありました。
地勢的に隔絶して、なおかつ90%を不妊去勢しているケースは少ないと思います。
50%ではまず増加抑制効果はないと言えます。


> >また大多数が失敗に終わり、成功例が希な手法をスタンダードとするには無理があります。
> 確かに今の現状だと難しいかもしれませんね
> 自治体によっては補助が出るとはいえ、いくらは団体が出さないといけないですし…
> 捕まりづらい猫もいますからね

野良猫は物陰に潜んでいたり、なかなか全数は把握しづらいです。
流入猫(捨て猫含む)の防止は難しい。

Re: Re:No title

名無しさん@13周年様

> 法華経寺に猫が居なくなっては困ると考える個人や集団も居るはずです。

例えば野良猫愛玩家とか、一種の観光資源にしている人もいるかもしれません。
地域の意思統一とは難しいものです。


> あくまでも断片的な情報からの印象ですが、減り方も普通ではない極端なものに見えます。
> 猫のTNRとは、いきなり全滅する勢いで個体数が減少するものなのでしょうか?

アメリカの大学の研究論文にあるとおり、「当初、野良猫コロニーの猫の75%を安楽死もしくは一般に飼い猫として譲渡して減らした。残りをtnrした。しかし数年後には下の個体数を回復した」を連想します。
日本の愛誤団体は、それを持って「tnrは絶大な効果がある。短期間で75%も野良猫を減らせた」と紹介しています。
地域猫(tnr)の理論で行けば、個体数減少効果が現れるのは、4~5年以上かかるはずです。
それが短期間で劇的に減ったということは、ほかの要因で、tnrによる効果ではないと断言します。


> 結果、個体数が増加したなら、少なくとも成功例とは言えないでしょう。

よく愛誤は「地域猫で猫が減らない、増えるのは流入猫や捨て猫があるから。だから地域猫は失敗ではない」というチンケな屁理屈を述べる人がいます。
しかし流入猫捨て猫により猫が減らない、増えたのでも、地域猫の失敗そのものです。
流入猫、捨て猫が防止できないのであれば、失敗必須ということですよ。

No title

>名無しさん@13周年さんへ
>猫を大量に遺棄したのが業者?だと思う合理的な理由や証拠があれば教えてください。
捨てられた猫すべてがFIPや疥癬などの病気を持っていたことから
業者もしくはブリーダーによる犯行だと言っていました
(FIPは大量に飼育している環境下で発症しやすいと言われています)
http://skycatskycat2008a.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303289334-1
(証拠の写真がこちらにあります)

>こういった方々の放流である可能性も検討されましたか?
わざわざ病気の猫を放流してどうするんですかね
病気の猫を放流したら、猫の数を増やすという目的が達成できなくなってしまうのですが

>猫のTNRとは、いきなり全滅する勢いで個体数が減少するものなのでしょうか?
同時に里親を募集していたようなので、里親に貰われたんだと思います

>しかし、猫の個体数を減らすためのプランには、猫の遺棄への対策は当然織り込まれているはずです。
>結果、個体数が増加したなら、少なくとも成功例とは言えないでしょう。
開始前より増えたのなら失敗かもしれませんが、開始前よりは減っているので成功していると個人的には思うんですが

>さんかくたまごさんへ
>では今の中山寺法華寺では、純血種がほとんどなのですか。
捨て猫は純血種ばかりだったんですが、20匹のうち5匹がFIPで病死。
残り5匹はもらわれていったので、今では少なくなっています

>地勢的に隔絶して、なおかつ90%を不妊去勢しているケースは少ないと思います。
おっしゃる通り少ないのかもしれませんね
江の島あたりになると寄付と募金だけでは全部の猫を手術することはできませんし

(個人的に思うのですが、去勢費用を全額自治体が負担すれば、失敗例はかなり減ると思います)

Re: 通りすがり様

通りすがり様

色々と情報提供ありがとうございました。

> 捨て猫は純血種ばかりだったんですが、20匹のうち5匹がFIPで病死。

であれば業者の遺棄でしょう。


> >地勢的に隔絶して、なおかつ90%を不妊去勢しているケースは少ないと思います。
> (個人的に思うのですが、去勢費用を全額自治体が負担すれば、失敗例はかなり減ると思います)

私が自治体の年間不妊去勢助成数を調べたところ、推定野良猫数の2~5%です。
よく地域猫推進派の方が「日本は野良猫対策への公的助成が少ないから動物愛護後進国だ」言われます。
しかし日本は世界的に見ても、野良猫対策の公的助成は厚いのですよ。
アメリカでは、TNRを制度化している自治体は10程度です。
アメリカの自治体数は1万程度と思います。
日本は2千~程度の自治体数でかなりの数が地域猫を制度化し、不妊去勢を助成している自治体は110を超えます(平成23年度)。
なお、「公的シェルターで犬猫を終生飼育しているドイツ、イギリス」との記述は大嘘です。
ドイツのティアハイム、イギリスのアニマルシェルターは、全てが完全民営で、民間の寄付金で運営されています。
日本は、先進国で最も財政事情が悪い国です。
そのような状況で、野良猫対策に公的助成を期待するのは無理でしょう。

Re:No title

通りすがり 様

>名無しさん@13周年さんへ
>猫を大量に遺棄したのが業者?だと思う合理的な理由や証拠があれば教えてください。
捨てられた猫すべてがFIPや疥癬などの病気を持っていたことから
業者もしくはブリーダーによる犯行だと言っていました
(FIPは大量に飼育している環境下で発症しやすいと言われています)
http://skycatskycat2008a.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303289334-1
(証拠の写真がこちらにあります)

なるほど。
興味深いサイトのご紹介ありがとうございます。
しかしFIPはFIVが蔓延している環境でも発症しやすいですよね。
通りすがり様は無責任に餌やりをして猫にとって危険な環境を作り出す身勝手な人間についてどのようにお考えなのでしょう。


>こういった方々の放流である可能性も検討されましたか?
>わざわざ病気の猫を放流してどうするんですかね
>病気の猫を放流したら、猫の数を増やすという目的が達成できなくなってしまうのですが

某アスペ君みたいな人は、自分さえ気持ちよく餌やり出来ればいいので感染症等には興味も知識も無いようですし。
悲しい事に、そんな愛誤さんって結構居ますよね。


>猫のTNRとは、いきなり全滅する勢いで個体数が減少するものなのでしょうか?
>同時に里親を募集していたようなので、里親に貰われたんだと思います

この辺は何か特殊事情とか特殊なノウハウでもあるのでしょうか?
全国的な譲渡率を高めるために秘訣を公開するべきだと思います。
猫好きな付近住民でさえ、猫獲り業者に根こそぎ盗られたんじゃないかって思う勢いでしょ?
しかもその最低線からなぜか徐々に数を増やしていっていたようですし。
そのへんでも個体数に対する避妊去勢率が知りたいです。

>しかし、猫の個体数を減らすためのプランには、猫の遺棄への対策は当然織り込まれているはずです。
>結果、個体数が増加したなら、少なくとも成功例とは言えないでしょう。
開始前より増えたのなら失敗かもしれませんが、開始前よりは減っているので成功していると個人的には思うんですが

私は減ってる方にも増えてる方にも穿った見かたをしている上に、法華経寺についての知識も無いので、色々勉強になりました。
私は猫も含めた動物全般好きな方ですが、非常識な人間が嫌いなだけですから。

Re: Re:No title

名無しさん@13周年様

他の読者様にも分かるよう、FIV,FIPについての文献をリンクします。
この様な研究は欧米の方が進んでいるようで。
http://animals.howstuffworks.com/pets/how-to-treat-common-cat-diseases7.htm
> 通りすがり 様

FIV,FIPは、猫白血病などと同じく、猫のウイルス性の治療法がない致命的な感染症です。
感染原因は、近い接触や尿です。
唯一の予防法は、感染猫から遠ざけることです。
つまり室内飼いすることです。

繁殖業者の密集飼育の他にも、地域猫で狭い地域で猫の密度を高めることは、同じくFIP,FIVの感染拡大リスクです。
ですから、地域猫活動家は、繁殖業者の飼育形態を批判することはできません。
猫は、野生の状態では単独行動をし、広い縄張りを持ちます。
そのような種は、感染症の耐性が低いのです。
進化の過程で、感染症への耐性を得る必要がなかったからです。


> 無責任に餌やりをして、猫にとって危険な環境を作り出す身勝手な人間についてどのようにお考えなのでしょう。

そのような理由から「tnrは動物愛護に反する」と声明を出している動物愛護団体がアメリカにあります。
TNRは効果がないし、衛生被害などのマイナス効果が大きいです。
さらに猫にとっても、動物愛護に反します。


> 某アスペ君みたいな人は、自分さえ気持ちよく餌やり出来ればいいので感染症等には興味も知識も無いようですし。

彼(?)は完全な基地害です。
餌やり原理橋主義というか、無制限無条件での餌やりを容認しろという考えでしょ。


> 悲しい事に、そんな愛誤さんって結構居ますよね。

愛誤さんに欠けているのは、客観性、論理性、視野の広さです。
異常に主観的、感情的、視野狭窄な方たちが担っているのが日本の動物愛護です。


> そのへんでも個体数に対する避妊去勢率が知りたいです。

最初の野良猫コロニーの個体数を把握し、譲渡数、安楽死数、コロニーに残った個体数、さらにその個体の不妊去勢率まで正確に把握し、その後の個体数増減まできっちり把握しなければ、客観的な資料とはならないでしょう。
感覚的に「減った」というだけで、それが成功例として胸を張れますか。


> 私は減ってる方にも増えてる方にも穿った見かたをしている上に、

そもそも前提として、固体把握をきちんとしている地域猫が少ないですからね。


> 私は猫も含めた動物全般好きな方ですが、非常識な人間が嫌いなだけですから。

私も同じですよ。
「動物嫌い、動物愛護の一つもしていないくせに」とコメントいただきますが、私はむしろ動物好きな方です。
そうでなければこのようなブログを書いていません。
このようなコメントをされる方は、動物愛護を曲解していると思います。

No title

名無しさん@13周年さんへ
>通りすがり様は無責任に餌やりをして猫にとって危険な環境を作り出す身勝手な人間についてどのようにお考えなのでしょう。
去勢手術などをしないでやるのはまずいかなと思います

>この辺は何か特殊事情とか特殊なノウハウでもあるのでしょうか?
猫寺として有名なこととボランティアがいる店に猫の里親募集という張り紙がしてあったという事情が関係しているのかもしれません

>そのへんでも個体数に対する避妊去勢率が知りたいです。
法華経寺に名前付きの猫写真が載っていたんですが、すべて耳に切れ込みが入っていました
恐らく9割以上は去勢されていると思います

さんかくたまご さんへ
>地域猫で狭い地域で猫の密度を高めること
確かにおっしゃる通りですね
ただ、餌の時間帯が終わると、猫はどこかに去っていきます
去勢手術が徹底され、捨て猫が増えないような対策をとっていれば、
多頭飼育よりはましなのではないかと思います

Re: No title

通りすがり様

> 餌の時間帯が終わると、猫はどこかに去っていきます
> 去勢手術が徹底され、捨て猫が増えないような対策をとっていれば、
> 多頭飼育よりはましなのではないかと思います

多頭飼育であっても、予めワクチンを接種して、感染症がない個体だけであれば、屋外で多数を飼育するよりはるかに良いと思います。
管理下に置くことにより、猫の健康状態を把握できます。
屋外では、流入猫を完全に防止することはできませんし、完全に個体管理するのは難しいと思います。
猫以外(例えば体外寄生虫など)から感染症がうつる可能性もあります。
また、地域猫で不妊去勢はかなり高い割合でされているところはありますが、ワクチンや健康管理まで行っているところは少ないと思います。

No title

さんかくたまごさんへ
>多頭飼育であっても、予めワクチンを接種して、感染症がない個体だけであれば、屋外で多数を飼育するよりはるかに良いと思います。
そこまでやったうえできちんと動物病院に連れていくなら文句はないんですが…

>また、地域猫で不妊去勢はかなり高い割合でされているところはありますが、ワクチンや健康管理まで行っているところは少ないと思います。
野良猫を病院にもっていって去勢手術をした場合、同時にワクチンも打ってもらえます
なので、きちんとやっているところであれば、ワクチンを打っていない可能性は低いと思います
もっとも、それには多額の費用が掛かり、寄付の少ないので、ご主張通り少ないのは確かですが

Re: No title

通りすがり様

> それには多額の費用が掛かり、寄付の少ないので、ご主張通り少ないのは確かですが

認可無認可にかかわらず、地域猫活動をされている方の多くは、「公的助成が少ない」「寄付が少ない」ことを非難します。
しかし地域猫は地域の賛同と同意が前提です。
公的助成や寄付が少ないのは、それだけ賛同している人が少ないということです(公的助成に行っては、議会承認を経た条例に基づくものではありません)。
世論の支持を得ていない手法を推し進める必要があるのでしょうか。

No title

>公的助成や寄付が少ないのは、それだけ賛同している人が少ないということです(公的助成に行っては、議会承認を経た条例に基づくものではありません)。
>世論の支持を得ていない手法を推し進める必要があるのでしょうか。
確かにそれはおっしゃる通りですが、世論の支持を得ていないのは

避妊手術が徹底されていないのも関わらず餌やりをやっている
餌やりを続けているので、猫が増え、糞尿被害も増える

という理由が大きいように思います
そして、避妊手術が徹底できないのも、増え続ける猫に対して去勢手術を行いたくても金がないのでできないという事情があります
資金力のあるところが去勢費用を負担し、9割以上去勢されていれば結果は違うはずなんですが(論文にはそう書いてありましたし)、そういう状況下でもうまくいかないという統計はあるんでしょうか?

あと、日本の場合、補助金に対し議会の承認を得る必要はありません。地方自治法232条の2にそう書かれています
>通地方公共団体は、その公益上必要がある場合においては、寄附又は補助をすることができる(地方自治法第232条の2)としており、個別に議会の議決がなくとも、公益上必要があれば包括的に予算で計上していれば足りる(地方自治法第232条の3)。
http://gyoseisyoshi-shiken.rdy.jp/modules/practice/index.php?content_id=528
ただ、公益性を満たさない場合は違法となるので返還請求が可能です
地域猫活動を行政が支援することに対して文句があるなら、返還訴訟を起こすなり、直接的な行動をとった方がいいと思います
アメリカではTNR活動に対して補助金を出すことが違法という判決が下されたので、日本でも十分勝てるはずです

Re: No title

通りすがり様

> 避妊手術が徹底されていないのも関わらず餌やりをやっている
> 餌やりを続けているので、猫が増え、糞尿被害も増える

そうであれば不妊去勢手術の助成以前に、無許可餌やりの罰則付き禁止を条例化するのが先ではないですか。
しかし最も無許可餌やりの禁止に反対し、条例化を妨害するのが地域猫推進派です。


> 去勢費用を負担し、9割以上去勢されていれば結果は違うはずなんですが(論文にはそう書いてありましたし)、そういう状況下でもうまくいかないという統計はあるんでしょうか?

9割以上不妊去勢をしたとしても、流入捨て猫により失敗しているケースが大半です。
流入猫捨て猫はを防止できないのならば、イコール100%地域猫は失敗するということです。


> 日本の場合、補助金に対し議会の承認を得る必要はありません。

もちろん存じていますよ。
だから私は地域猫は議会の承認も得ないから、民意を反映したと言えないと書いているじゃないですか。
人の文章をちゃんと読みなさいよ。
なお予算案は議会承認がいります。
それを一知半解と言います。
不妊去勢手術、地域猫は、首長の言わば独断で制度化され、予算も大括りの予算から引っ張ってくるというケースが多いのです。
有権者を欺いたと言わずなんというのですかね。


> 地域猫活動を行政が支援することに対して文句があるなら、返還訴訟を起こすなり、直接的な行動をとった方がいいと思います

地域猫は、不妊去勢助成を行うことだけではありません。
特定の飼い主ではない、グループが放し飼い状態で餌やり等の、猫の飼育を行うことを行政が認めることです。
所有者不明猫の不妊去勢手術助成制度がありながら、地域猫制度がない自治体はたくさんあります。
そのような自治体では「不妊去勢の女性はするが、公共の場でえさやりは許可していない」と言っています。
地域猫は、不正な手段で餌やりの許可を得れば罰則や取り消しの規定が必要です。
罰則規定は、議会承認が必要な条例化が必要です。
しかし日本では、条例を根拠とする地域猫はありません。
ですからいい加減で虚偽の申請をしても、取り消されることなくだらだらと地域猫は続けられるのです。
ちなみに、アメリカは制度化されたTNRは全て議会承認をえた条例が根拠です。


> アメリカではTNR活動に対して補助金を出すことが違法という判決が下されたので、日本でも十分勝てるはずです

LA市の場合、補助金のみならず、公有地を餌場として使用許可するなど、いわゆる地域猫に関する全てで停止を命令されました。
私も、そのような行政訴訟が日本で提起されることを望みます。

No title

>そうであれば不妊去勢手術の助成以前に、無許可餌やりの罰則付き禁止を条例化するのが先ではないですか。
それは大事ですよね

>9割以上不妊去勢をしたとしても、流入捨て猫により失敗しているケースが大半です。
流入した猫に対しても手術を施していなければ失敗するでしょうか
しているところならそれはあり得ないです

>流入猫捨て猫はを防止できないのならば、イコール100%地域猫は失敗するということです。
それなら罰則を強化するか流入猫の所有者に対し費用負担させればいいと思います

>有権者を欺いたと言わずなんというのですかね。
現行法では大枠の予算承認さえ得られれば問題ないということになっています
不満があるなら、変える動きをした方がいいですよ

>私も、そのような行政訴訟が日本で提起されることを望みます。
不満があるなら、自分自身で動かないと意味がありません
訴えれば確実に勝つことができる案件なので、法テラスで相談すれば助けてくれるはずです

Re: No title

通りすがり様


> 流入した猫に対しても手術を施していなければ失敗するでしょうか
> しているところならそれはあり得ないです

猫は自由に徘徊します。
流入猫もほぼ全て不妊去勢手術済ということは、言わば日本全国の所有者不明猫がそうなっているということです。
それはありえない。


> それなら罰則を強化するか流入猫の所有者に対し費用負担させればいいと思います

罰則を科すためには、法律が必要です。
しかし地域猫推進派の人たちは、多方がそれに反対します。


> 現行法では大枠の予算承認さえ得られれば問題ないということになっています
> 不満があるなら、変える動きをした方がいいですよ

私がしている草の根アマチュアジャーナリズムですが、それも目的としています。
たとえば行政訴訟や視聴のリコールだけが運動ではありません。


> 不満があるなら、自分自身で動かないと意味がありません

法テラスなど利用しなくても、私は顧問弁護士がいます。
法テラスなんぞは経済弱者の多重債務者や生活保護受給者が無料で利用したり、訴訟費用の建て替えなどしています。
行政訴訟は趣旨に反します。
その他については先に述べた通り。

No title

>流入猫もほぼ全て不妊去勢手術済ということは、言わば日本全国の所有者不明猫がそうなっているということです。
現段階ではしているところはすくないでしょう
でも、中山法華経寺のようにしているケースもあります
この前法華経寺に行ったのですが、捨て猫に対してもそういうことがなされていました

>罰則を科すためには、法律が必要です。
>しかし地域猫推進派の人たちは、多方がそれに反対します。
流入猫の所有者=猫を捨てた人です
地域猫の人たちにとって捨て猫は頭の痛い問題です
これがなくなればこのように批判されることもなくなるというのに反対する理由はあるんでしょうか

>草の根アマチュアジャーナリズム
ここのブログで地域猫活動がどうたらこうたらいうのがそれなんですかね
そんなことをしたところで地方自治体や国にそういう意見が届きませんよ
こんなところでグダを巻いているぐらいなら、地方自治体や各政党のサイトから
意見を送ったり、議員とコンタクトをとって意見を言ったり、市役所で相談したりする方がよっぽどましです
地域猫活動家の人たちもそうやって助成金を獲得してきました

>法テラスなど利用しなくても、私は顧問弁護士がいます。
そうですか
それなら、その弁護士に相談して助成金の返還訴訟を起こした方がいいと思います

Re: No title

通りすがり様

> 現段階ではしているところはすくないでしょう
> でも、中山法華経寺のようにしているケースもあります

TNRは、一気に行わないと費用対効果が出ないのです。
だらだら段階的におこなっても、不妊去勢未実施の猫で増えてしまいますから。
また猫は自由に徘徊すると述べたではないですか。
それであれば、ごく一部の地域個体群で行っても意味がないということです。
何度も同じ事を繰り返させないでください。


> 流入猫の所有者=猫を捨てた人です

野良猫の自然半繁殖もあるでしょう。
そちらのほうがはるかに多いと思います。
不妊去勢実施済みの猫以外にも給餌していれば地域猫活動家=猫を増やしているバカ者です。


> これがなくなればこのように批判されることもなくなるというのに反対する理由はあるんでしょうか

事実、中野区の餌やり禁止条例で猛烈に妨害活動をして廃案い追い込んだのは地域猫推進派愛誤団体です。
その他でも、餌やり禁止条例に反対した地域猫推進派愛誤は数知れないです。
ネットで検索してください。
え「○○市の餌やり禁止条例に反対するパブコメに協力を」なんてネットテロまがいのことを呼びかけるサイトなんて腐る程あります。
今では奈良市の餌やり禁止条例に反対している地域猫推進派愛誤が多いですかね。


> ここのブログで地域猫活動がどうたらこうたらいうのがそれなんですかね
> そんなことをしたところで地方自治体や国にそういう意見が届きませんよ

私のサイトにアクセスする方は、地方自治体、省庁が大変多いです。
毎日のように封数回アクセスをいただいている自治体様も多いです。
特に海外の動物愛護事情は、愛誤が嘘歪曲曲解した情報を大量にたれながしているので、誤った情報が真実のように流布されています。
それを批判する勢力は極めて稀ですので、私のブログは価値があると自負しています。


> こんなところでグダを巻いているぐらいなら、地方自治体や各政党のサイトから
> 意見を送ったり、議員とコンタクトをとって意見を言ったり、市役所で相談したりする方がよっぽどましです

地方議員の方と意見交換もしています。
私の活動方針は私が決めることで、他人から指図される根拠はありません。
貴方の越権行為は大変失礼です。


> それなら、その弁護士に相談して助成金の返還訴訟を起こした方がいいと思います

貴殿がさっさとされる方が早いのではないですか。

興味深いです

通りすがり様、コメントを拝見させていただきましたが、興味深いです。横ですが
>流入した猫に対しても手術を施していなければ失敗するでしょうか
しているところならそれはあり得ないです
これは私も考えたことがあるのですが、地域猫というのは、あくまで最終的には野良猫をいなくして「終わらせる」ことが目的です。流入した猫にまでいちいち不妊去勢をしていたら、いつまでたっても終わりません。
いつまでも終わらないと、最初は賛同していた人たちも反対派に回るなどのことも考えられます。流入した個体に関しては、捕獲して保健所に届ける、引き取り手を探すなど、別途対策が必要かと思います。

また
>避妊手術が徹底できないのも、増え続ける猫に対して去勢手術を行いたくても金がないのでできないという事情があります
とのことですが、物事にはそれを成し遂げるのに必要な条件というものがあります。地域猫の場合、費用、流入猫対策以外にも、個体数の正確な把握なども必要です。いかなる理由があれ、その必要な条件を一つでも満たせないのならば、それは不可能であり、効果はないということになるのではないでしょうか。

長文失礼しました。興味をそそられてつい横槍をいれてしまいすいません。
それでは。

Re: 興味深いです

kai様、コメントありがとうございます。

> 流入した猫にまでいちいち不妊去勢をしていたら、いつまでたっても終わりません。
> 流入した個体に関しては、捕獲して保健所に届ける、引き取り手を探すなど、別途対策が必要かと思います。

TNRを先行して実施してきたアメリカでも言われていることですが「TNRは殺処分に代わる、人道的な野良猫数抑制策」なのです。
つまり「殺処分せずに猫を減らすこと」が目的です。
・流入猫い対しても不妊去勢して面倒を見て、その結果猫が減らない。
・当初の不妊去勢して個体管理している猫は殺さないが、流入猫は殺処分する(引き取り手はまず見つかりません)。
以上は、いずれも地域猫(TNR)の趣旨に反しませんか。


> 地域猫の場合、費用、流入猫対策以外にも、個体数の正確な把握なども必要です。

例えばオーストラリアは生態系保全のために推定1,600万匹の野良猫のうち、1,200万匹を駆除する予定です。
国家予算をつけるためには、あらかじめ猫の個体数を把握するのは大前提です。
日本での野良猫対策では、最初の前提~野良猫の推定数、さえ把握されていません。
前提となる条件の把握もなしに、対策を論じても意味はないとさえ私は思います。
国レベルでも、野良猫数の推計はどこも出していませんし(日本ペットフード工業会2008年ど推計280万匹は、人から給餌を受けているものだけです。また調査手法も正確ではありません)、地域猫活動家も、自分たちが餌をやっている野良猫の固体把握をきちんとしているとは思えません。

No title

>kai 様へ
>いつまでも終わらないと、最初は賛同していた人たちも反対派に回るなどのことも考えられます。流入した個体に関しては、捕獲して保健所に届ける、引き取り手を探すなど、別途対策が必要かと思います。
確かにそれは大事ですよね
いつまでも餌をやっていたら、お金がかかりますし、反対派の印象も悪くなりますからね
(市川市や船橋市で活動している団体はそこら辺はきちんとしているみたいです)

>いかなる理由があれ、その必要な条件を一つでも満たせないのならば、それは不可能であり、効果はないということになるのではないでしょうか。
それはその通りですね
ただ、市川市や船橋市の場合、個体数の管理・流入猫の対策・トイレの設置・住人との基本合意が確認できないと地域猫の団体として登録することはできません
(登録に際し、市の職員がわざわざ確認しに来ます)
きちんとそういうことをやっている自治体で活動している団体であれば効果はあるものと思います

>さんかくたまご様へ
>TNRは、一気に行わないと費用対効果が出ないのです。
言うまでもないと思って言わなかったのですが、中山法華経寺などでは一気に行ってますよ

>不妊去勢実施済みの猫以外にも給餌していれば地域猫活動家=猫を増やしているバカ者です。
おっしゃる通りおバカさんですね

>貴方の越権行為は大変失礼です。
議員の方とも意見交換をなされているのですね
そうとは知らず失礼なことをしてしまい申し訳ありませんでした

>貴殿がさっさとされる方が早いのではないですか。
したいのはヤマヤマなんですが
お金がないんですよね…
どなたか協力者がいればできるのですが

>以上は、いずれも地域猫(TNR)の趣旨に反しませんか。
趣旨に反しますね

>地域猫活動家も、自分たちが餌をやっている野良猫の固体把握をきちんとしているとは思えません。
市川市や船橋市の団体は個体数の削減などをしていないと団体として認められないので、
ちゃんとそういうことはしていますよ
全ての団体がそういうことをしていないと決めつけるのはよしたほうがいいですよ

No title

ほかの所ではどうかしりませんが、船橋市と市川市ではこういうガイドラインがあります
ガイドラインを守らないと助成金を受け取ることができないので、この二つの所で活動している団体であればきちんと個体数などの把握をしているものと思われます
>・集まる「地域猫」を識別しその健康状態についても把握します
>・餌は、時間と場所を決めて与え、食べ残しは清掃します
>・トイレを設置するなど清潔を保ちます
>・猫の不妊・去勢手術を施し、数が増えることを防止します
>・不妊・去勢手術が済んだら、耳カットやピアスなどの目印をつけます
>・新たな捨て猫をさせないように地域の協力を得て監視します
>・猫のきらいな人にも配慮しながらよき理解者・協力者を得るようにします
>・地域の方々には、活動内容を説明し理解と協力を求めます
>http://www.city.ichikawa.lg.jp/common/000117123.pdf
>http://www.city.funabashi.chiba.jp/kenkou/animal/0003/p009513.html

Re: No title

通りすがり様

> 言うまでもないと思って言わなかったのですが、中山法華経寺などでは一気に行ってますよ

知性的に隔絶していて、捨て猫がなければ効果があるでしょう。
しかしそのような恵まれた条件を備えた場所は珍しいです。


> おっしゃる通りおバカさんですね

地域猫を厳密に考えるならば、個体管理して不妊去勢済みの猫にしか給餌すべきではありません。
しかしそれは難しいですし、多くの無認可地域猫活動家は「命に選別はしない」として、給餌場所に寄ってくる猫の全てに給餌しています。


> 議員の方とも意見交換をなされているのですね

元西宮市議会議員で、現在兵庫県議会議員の方と意見交換をしています。
この方は、西宮市議時代に、日の宮市の地域猫の矛盾について議会質問された方です。


> したいのはヤマヤマなんですが
> お金がないんですよね…

それと問題は、地域猫や補助金支出についての差し止め請求行政訴訟では、訴えの利益があるのは、当該自治体の居住者に限られる可能性があることです。
宝塚市の地域猫はひどい。
同市公園緑地課に問い合わせたところ、今まで公園での餌やりのための使用を許可したことはないし、今後も課としては、猫の餌やりに対して公園の使用許可を出す方針はないと断言しています。
多くの場合、地域猫は公園を使用します。
宝塚市が地域猫を制度化して公園緑地課との齟齬があれば、市行政組織の内部分裂ですよ。


> 市川市や船橋市の団体は個体数の削減などをしていないと団体として認められないので、
> ちゃんとそういうことはしていますよ

比較的早い時期に地域猫を制度化した自治体では、・固体把握、・活動場所(餌場)の届出と当該土地の使用許可証明、・自治体の賛成決議など、地域の合意を襲名する文書、・固体把握した猫の届出、・グループのメンバー(複数)とリーダーの氏名住所の届出(リーダーと一定数は、当該地域内に限る)、といった要綱を定めています。
かつて立川市や鹿児島市の地域猫要綱原文を引用していますので知っています。
しかし最近制度化された自治体は甘くなりすぎというか、なし崩し的に基準が甘くなっているのが傾向です。

Re: No title

通りすがり様

> ほかの所ではどうかしりませんが、船橋市と市川市ではこういうガイドラインがあります

私がかつて引用した鹿児島市と立川市の地域猫要綱も、その程度の管理を求めていました。
立川市は、毎年活動報告を求め、それを怠った場合は認可取り消しだったと記憶しています。
それとアメリカでは、TNRは、ワクチン接種は常識です。
日本では、制度地域猫でも、そこまで求めているところは少ないです。


通りすがり様 追記

>市川市や船橋市の団体は個体数の削減などをしていないと団体として認められないので、ちゃんとそういうことはしていますよ
>全ての団体がそういうことをしていないと決めつけるのはよしたほうがいいですよ

すべての団体がそういうことをしていないと私が書きましたか。
先程から私が過去記事で繰り返し書いている、狂犬病のことなどでも、私が「知らないだろう」と上から目線で書くのはおやめなさい。
私はこれだけ詳しく地域猫や動物愛護について、長く論じているのです。
地域猫に関しても、多くの自治体の要綱に目を通しています。
それより、貴方こそ、他のブログのコメントで無知をさらけ出して大恥じゃないですか。
管理人さんから、ホストが 214.117.111.219.dy.bbexcite.jpということを確認しています。

No title

さんかくたまご様へ
>しかし最近制度化された自治体は甘くなりすぎというか、なし崩し的に基準が甘くなっているのが傾向です。
そういう傾向があるんですね
それは知りませんでした
そういうことについて書いた記事というのはあるんでしょうか?
もし、あるようであれば、URLを教えてほしいです

>日本では、制度地域猫でも、そこまで求めているところは少ないです。
うろ覚えですが、去勢手術をすると同時にワクチン接種をするところがほとんどだったように思います
それを知ってか知りませんが、そういう事情があるからあえて求めていないんだと思います

>宝塚市が地域猫を制度化して公園緑地課との齟齬があれば、市行政組織の内部分裂ですよ。
さすがにそれはないですよ
船橋市も公園での餌やりは禁止ですが、許可した団体に対しては許す方向に変わりつつあります
http://hunabashineko.blog81.fc2.com/blog-entry-188.html
>看板では、一般の人のエサやりを禁じています。
>「なぜ自由にエサやりできないのか!」と
>憤る方も居るかもしれません。
恐らく宝塚市もそういう方向に変わるものだと思います

>すべての団体がそういうことをしていないと私が書きましたか。
揚げ足を取るようなことをしたくはありませんが、
>地域猫活動家も、自分たちが餌をやっている野良猫の固体把握をきちんとしているとは思えません。
全ての地域猫団体がきちんと活動していないと解釈することができました

>先程から私が過去記事で繰り返し書いている、狂犬病のことなどでも、私が「知らないだろう」と上から目線で書くのはおやめなさい。
ご指摘感謝します
気を付けたいと思います

Re: No title

通りすがり様

> >最近制度化された自治体は甘くなりすぎというか、なし崩し的に基準が甘くなっているのが傾向です。
> そういう傾向があるんですね
> そういうことについて書いた記事というのはあるんでしょうか?

私がこちらで論評して書いているんですよ、貴方頭悪いんじゃないですか。
時系列に、地域猫を古い順から立川市、鹿児島市、神戸市、西宮市、芦屋市、宝塚市と「市の要綱」原文を比較しています。
鹿児島市は、個体管理、地域の同意を証明する文書、個体管理と猫の個体の登録、不妊去勢の有無、代表者とメンバーなどの届出を必要としています。
立川市では、毎年活動報告を必要とし、怠った場合は認可取り消しです。
しかし最近制度化した自治体では、西宮市、芦屋市、宝塚市は個体管理を求めていませんし、特に平成23年度施行の宝塚市では土地所有者の同意さえ求めていませんし、地域の同意の同意でも曖昧です。


> うろ覚えですが、去勢手術をすると同時にワクチン接種をするところがほとんどだったように思います

うろ覚えでコメントしないでください。
貴方は偉そうに上から目線で書きますが、何も調べないで無知な状態でコメントされるのは迷惑です。
ちき猫がどうのこうの、その自治体の要綱・要領を調べているんですか。
私が調べた立川市、鹿児島市、神戸市、西宮市、芦屋市、宝塚市はすべてワクチン接種は求めていません。
要綱に一言も書かれていません。
下線の文「ワクチン接種をするところがほとんど」ならば、自治体の要綱原文を最低でも5つ以上提示してください。
それができなければ、今後は貴方のコメントは、無責任でなんの根拠もないスパムコメントと認識します。



> 船橋市も公園での餌やりは禁止ですが、許可した団体に対しては許す方向に変わりつつあります
> 恐らく宝塚市もそういう方向に変わるものだと思います

自治体の独立性は地方自治法等で認められています。
なぜ船橋市がそうだからと言って、宝塚市がそういう方向に変わるという根拠は何ですか。
根拠を示してください。
根拠がなければ無責任な発言は遠慮してください。
私は宝塚市公園緑地課の方と直接お話しています。
「公園で野良猫の餌やりを認めているところは一箇所もない。今後とも認めることはありえない」と明言されています。


> 全ての地域猫団体がきちんと活動していないと解釈することができました

事実、認可地域猫であっても、完全な個体管理、不妊去勢未実施した猫以外には一切給餌していないというところは希でしょうね。
そこまで厳正に活動されていれば、成功例を耳にするでしょうから。
地域猫でん野良猫が減った、なくなったなどという事例は本当に聞きません。

アメリカでの、TNRによる野良猫コロニー管理(地域猫)は日本とことなり、条例が根拠です。
個体管理やワクチン接種が義務付けられており、日本より運営は厳密に行われていると思います(制度化したものに関しては。しかしアメリカでも無許可TNRが多い。そのため野良猫への無許可餌やりに対しては、厳しい刑事罰を持って規制する条例制定、罰則強化が相次いでいます)
しかしそれでも「成功事例は一つとしてなかった」とアメリカ連邦政府が明言しているのです。
このような状況で、地域猫にこだわる日本の愛誤は、精神疾患か知恵遅れだと私は思います。

No title

>時系列に、地域猫を古い順から立川市、鹿児島市、神戸市、西宮市、芦屋市、宝塚市と「市の要綱」原文を比較しています。
申し訳ありません
調べても出なかったものでついそのような発言をしてしまいました

>なぜ船橋市がそうだからと言って、宝塚市がそういう方向に変わるという根拠は何ですか。
船橋市も宝塚市と同じ方針でしたが、地域猫の団体と公園管理者が話し合った結果、許可制に変わりました
宝塚市にも地域猫の団体がいます
そういう指針は地域猫活動にとって邪魔以外でも何物でもないので、公園管理者と話し合う可能性は十分あると思います

>ちき猫がどうのこうの、その自治体の要綱・要領を調べているんですか。
船橋市と市川市、千葉県についてはきちんと調べてますよ

>下線の文「ワクチン接種をするところがほとんど」ならば、自治体の要綱原文を最低でも5つ以上提示してください。
国や以下の自治体の指針では感染症対策(=ワクチン接種)や健康状態の把握に努めるように書いてあります
www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/cat/04.pdf
環境省
>(4)伝染病や寄生虫等の予防,健康保持のため必要な措置を行うこと。
npofunaneko.jimdo.com/%E6%B4%BB%E5%8B%95-%E3%81%8A%E5%BD%B9%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB-%E8%B3%87%E6%96%99/
千葉県「人とねこの共生ガイドライン」(後半13p~25p)
>感染症や寄生虫などの予防に努めましょう
http://www.city.yokohama.lg.jp/isogo/eisei/kankyo/files/all.pdf
磯子区
>感染病や寄生虫等の予防、健康保持のため必要な措置を行うこと。
www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/douai/pdf/6150-1.pdf
長崎市
>感染症予防のため健康状態は把握し、おかしい場合は市や獣医師(動物病院)に報告するなどの処置をお願いします。
www.city.wako.lg.jp/library/DAT/LIB/WEB/1/gyo_machi_2_29_gaido.pdf
和光市
>病気予防やノミ、ダニの駆除等の健康管理は、獣医師と相談しながら、適切に実施しましょう
www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/hoken_eisei/pet/neko/rule/files/nekosiikugaidorain.pdf
目黒区
>6 猫の病気予防等の健康管理に努めましょう
www.city.tachikawa.lg.jp/cms-sypher/open_imgs/service/0000000134_0000019391.pdf
>地域への影響を考え、必要に応じて地域猫の健康管理や病気の予防などを行ってください。また、猫が死亡した場合は、適切に取り扱いましょう。
www.city.kagoshima.lg.jp/var/rev0/0050/2459/201048165644.pdf
鹿児島市
>また、動物病院での治療や病気の予防を行いましょう
感染症の予防=ワクチンですよね
病気の予防も基本的にはワクチンを打つことですよね
リンク先のガイドラインをどう解釈してもワクチン接種は義務としか解釈できないんですが…

>地域猫でん野良猫が減った、なくなったなどという事例は本当に聞きません。
さんかくたまご様の周りではそうなのかもしれませんね
私の周りでは時たま耳にするんですが

>しかしそれでも「成功事例は一つとしてなかった」とアメリカ連邦政府が明言しているのです。
>このような状況で、地域猫にこだわる日本の愛誤は、精神疾患か知恵遅れだと私は思います。
アメリカでは失敗しているから日本での活動もダメだとは限りませんよ
アメリカならではの理由で失敗したのかもしれませんし

横ですが

「通りすがり」というセンスから予感はしてましたが、やっぱり面倒な人でしたね。
no ネームみたいな異常者ではないようですが。

通りすがりさんの挙げたのは拘束力のない単なる一般論であって、ワクチン接種の義務付けとは言えません。
さんかくさんはアメリカと比較してるんですよ?
相手の主張を理解しないで無意味なコメントをするのは失礼だと思います。
この流れで高い接種率を主張するなら、各団体の扱う猫の詳細なデータを開示してもらいたいところです。
そもそもネットでそのような団体の統計的に意味があるデータって見たことが無いんですが。
他人を説得する材料ぐらい用意する能力も無いんですかね?


>アメリカでは失敗しているから日本での活動もダメだとは限りませんよ
>アメリカならではの理由で失敗したのかもしれませんし

普遍的な理由でTNRは成立しません。
まだ理解できないのですか?
逆に日本なら成功するかもしれないファクターとはなんですか?

地域猫を成功させる必要条件はさんかくさんが度々説明してくれてます。
これは逆に言えば失敗した場合の理由でもあります。
アメリカではこれら以外の失敗する条件があるのなら教えて欲しいですね。

地域猫は普遍的にうまくいかない。まさしく私もそうコメントしようと思ってました。

No title

>この流れで高い接種率を主張するなら、各団体の扱う猫の詳細なデータを開示してもらいたいところです。
確かにそれをすべきかもしれませんね
でも、この流れだとそれをする前にアクセス制限がかけられてしまいそうです
なので、残念ながらそれはできません

>まだ理解できないのですか?
公費負担の割合が示されていません
もし、アメリカの地方自治体がが野良猫の去勢手術を公費負担で行い、
猫を捨てた人に対し効果的な抑止策を行っているなら、さんかくたまご様の主張も納得できます
ですが、ブログの隅から隅を見ても、そこらへんの所が読み取れません
むしろ、TNRの団体が資金不足で実施できなかったのではないかという疑問が膨らむ一方で
説得力のかけらもないないようでした

Re:No title

>この流れで高い接種率を主張するなら、各団体の扱う猫の詳細なデータを開示してもらいたいところです。
確かにそれをすべきかもしれませんね
でも、この流れだとそれをする前にアクセス制限がかけられてしまいそうです
なので、残念ながらそれはできません

○それは理解できない論理ですね。
少なくとも会話が成立する人に対してアクセス制限をすることは、恐らくさんかくさんもしないんじゃないかと感じます。
貴方はもう少し吟味なさってから投稿すればいいんではないでしょうか?
そしてこれは断言出来ますが、価値のあるデータを開示して頂けるなら、さんかくさんも歓迎するはずです。


>まだ理解できないのですか?
公費負担の割合が示されていません
もし、アメリカの地方自治体がが野良猫の去勢手術を公費負担で行い、
猫を捨てた人に対し効果的な抑止策を行っているなら、さんかくたまご様の主張も納得できます
ですが、ブログの隅から隅を見ても、そこらへんの所が読み取れません
むしろ、TNRの団体が資金不足で実施できなかったのではないかという疑問が膨らむ一方で
説得力のかけらもないないようでした


○日本の団体が有り余る潤沢な資金で徹底的に避妊去勢を行い、猫の遺棄に対してアメリカには真似の出来ない効果的な抑止策を実施していると言うのですか?
その根拠を提示して下さい。

それと、レスしにくいのでタイトルは入れたほうが良いでしょう。
コメント規制されてる人にリスペクトでもしてるんですか?

通りすがり様

貴方はお話が出来る方と存じますし、言葉を選んで自分の考えを述べているのも理解できます。
しかし、もう少しタイミングとか相手の受け取り方を考慮するべきでしょう。

現在こちらのブログは精神異常者が粘着して荒らしています。
コメントは即削除されるので、読者的にはあまり意識しないかもしれませんが、荒らしの行動をログで見られるさんかくさんは相当不快な思いをしていると思われます。

このタイミングで複数のエントリにコメントしまくればスパムと受け取られても無理も無いかと。
返コメするさんかくさんのリソースも有限なんですから。

この粘着荒らし「アスペくん」は地域猫がいかにデタラメで信用出来ないモノなのかを某掲示板で宣伝活動している人です。
避妊去勢などした事も無いのに、「地域猫は簡単にできる。迷惑とかいう奴は特殊なキチガイ」だそうです。

餌をやって猫を減らそうなんて元々無理筋な話な上に、このような白痴が推進しようとしているのだから、もう胡散臭い宗教みたいなものでしょう。
いつまでも終わりの無い地域猫なんかやってたら、世界から動物愛護後進国呼ばわりされますよ?

そろそろ目を覚まして下さい。

Re: No title

がり様

>>地域猫の、その自治体の要綱・要領を調べているんですか。


> 船橋市と市川市、千葉県についてはきちんと調べてますよ

ご提示のおのは要綱・要領ではありません。


> >下線の文「ワクチン接種をするところがほとんど」ならば、自治体の要綱原文を最低でも5つ以上提示してください。

ご提示の文書の記述は、すべて一般飼育者への啓発です。
一般啓発のパンフと、認可基準の行政文書の要綱・容量の区別もつかないんですか。
義務教育からやり直してください。
私は[下線]下線の文「自治体が「地域猫」の認可の条件として、要綱・要領で定めている物を、要綱・要領の原文をあげてください 」
と述べています。
よほど理解力が低いんじゃないですか。
どうして餌やり偏執者はみんな共通しているんでしょう。

例えばこのようにです。
立川市は、地域猫の認可の条件として、康選手ワクチンの接種は一言も書かれていません。
http://www.city.tachikawa.lg.jp/cms-sypher/www/service/detail.jsp?id=7501

通りすがりさんは、例のア○ぺ君と同じです。
論点を外し、嘘の資料でhとを騙そうとする。
今後、この方はスパムとして認識します。

Re: 横ですが

名無しさん13周年様、コメントありがとうございます。

> no ネームみたいな異常者ではないようですが。

共通していますよ。
反論として根拠とならない文書を挙げて曲解して嘘をついてまで屁理屈を押し通すところが。


> 通りすがりさんの挙げたのは拘束力のない単なる一般論であって、ワクチン接種の義務付けとは言えません。

私は、行政文書としての、要綱・要領~つまりこれでワクチン接種を要件としていれば、ワクチン未接種であれば地域猫は認可されません。
通りすがりさんが提示したものは、一般飼育者まで広く含む啓発です。


> この流れで高い接種率を主張するなら、各団体の扱う猫の詳細なデータを開示してもらいたいところです。
> そもそもネットでそのような団体の統計的に意味があるデータって見たことが無いんですが。

ネット上で「地域猫活動」として公開しているものは、自治体の認可を受けているものさえすくないです。
掲示板で専スレのある「地域猫活動家」の活動場所の大阪豊中市では、地域猫の制度はありません。
認可地域猫でさえ、個体管理を厳密にしているところが果たしてどれほどあるのか疑問です。


> 逆に日本なら成功するかもしれないファクターとはなんですか?

それを提示するべきでしょうね。
アメリカのTNRは、全てが根拠が議会承認を得た条例です(議会承認を得なかったLA市は、TNRの停止を求める裁判で完敗しました。それは日本より、最大のネックである地域住民の協力が得やすいと言うことを意味すると思います)。
ワクチン接種義務など規律は日本より厳しいですし、無許可餌やり禁止条例ともセットになっています。
アメリカの方が、日本より地域猫が成功する下地は整っているのです。
それでも「成功例は一つとしてなかった」のです。

Re: タイトルなし

きつね様、コメントありがとうございます。

> 地域猫を成功させる必要条件はさんかくさんが度々説明してくれてます。
> これは逆に言えば失敗した場合の理由でもあります。
> アメリカではこれら以外の失敗する条件があるのなら教えて欲しいですね。

私は、地域猫が失敗する理由は何度も述べています。
普遍的でしょうね。
例えば流入猫の問題ですが、アメリカでも失敗の最大の原因とされています。
しかしアメリカの郊外の方が、集落や住宅地が地勢的に隔絶しているケースが多いです。
日本の住宅地は連続して、より密集度が高いです。
流入猫問題でも、日本はアメリカよりより不利です。

Re: No title

通りすがり様

> 公費負担の割合が示されていません

基本的には、欧米では動物愛護活動は民間資金です((動物愛護先進国欧米では公費助成が厚いという愛誤の主張は大嘘)。
TNRを制度化しているアメリカの自治体数は日本と比べて大変少ない。



> もし、アメリカの地方自治体がが野良猫の去勢手術を公費負担で行い、
> 猫を捨てた人に対し効果的な抑止策を行っているなら、さんかくたまご様の主張も納得できます
> ですが、ブログの隅から隅を見ても、そこらへんの所が読み取れません
> むしろ、TNRの団体が資金不足で実施できなかったのではないかという疑問が膨らむ一方で
> 説得力のかけらもないないようでした

地域猫推進派はすぐに「公費負担や寄付で、潤沢な資金で不妊去勢手術の実施率を挙げれば成功する」が常套句です。
しかし公の資金を使うこと自体、現実的ではありません。
それを前提とする地域猫は最初から却下すべきです。
アメリカの資料によれば、高位推定で90%以上の繁殖制限をしなければ野良猫の増加抑制効果はないとされています。
日本での、野良猫の推計(これもかなり加減。日本ペットフード工業会推計)で、直近2008年で280万匹とされています。
これは人が餌を与えているもの(野良猫というより、外飼い猫に近い)。
ですから人への依存度が低い野良猫の数を含めれば、もっと多いと思います。
仮に年300万匹を公費で不妊去勢手術を一匹あたり1万円とすれば、300億円です。
また獣医師の数も、捕獲する人の数も足りません。
これは難病(特定疾患)患者さんへの助成金と同じ額です。
それだけやっても、取りこぼしがあり、一年で個体数を回復する可能性があるのです。
猫は、牛馬犬ハトなどと、法律上の位置が同じ一愛護動物にしか過ぎません。
なぜ特定の種だけ、そこまで予算をつけて特別扱いしなければならないのか、合理的な根拠はありません。
ましてや日本の財政は危機的状況にあります。
そのような状況下で、「公費を潤沢に投入すれば成功する」ということを主張するのは、はっきり言って基地害です。

Re: Re:No title

名無しさん@13周年様

> >この流れで高い接種率を主張するなら、各団体の扱う猫の詳細なデータを開示してもらいたいところです。
> 貴方はもう少し吟味なさってから投稿すればいいんではないでしょうか?
> そしてこれは断言出来ますが、価値のあるデータを開示して頂けるなら、さんかくさんも歓迎するはずです。

そのようなデータがあれば私としても興味がありますし、ぜひ紹介していただきたいところです。


> 公費負担の割合が示されていません
> もし、アメリカの地方自治体がが野良猫の去勢手術を公費負担で行い、
> 猫を捨てた人に対し効果的な抑止策を行っているなら、さんかくたまご様の主張も納得できます
> ですが、ブログの隅から隅を見ても、そこらへんの所が読み取れません
> むしろ、TNRの団体が資金不足で実施できなかったのではないかという疑問が膨らむ一方で

その件については、既にコメントしています。
猫という一動物種のために、莫大な公費とマンパワーを費やさな寝れば成功しない施策は最初から却下すべきです。
もっと人に対する福祉政策に使うべきです。


> ○日本の団体が有り余る潤沢な資金で徹底的に避妊去勢を行い、猫の遺棄に対してアメリカには真似の出来ない効果的な抑止策を実施していると言うのですか?
> その根拠を提示して下さい。

日本の方が、地域猫を導入した自治体でも、無認可餌やりを制限しないという、アクセルとブレーキを両方踏むような矛盾した施策をしています。
また、地域猫推進派自身が、餌やり禁止条例に反対しています。

Re: 通りすがり様

名無しさん@13周年様

> 現在こちらのブログは精神異常者が粘着して荒らしています。
> 荒らしの行動をログで見られるさんかくさんは相当不快な思いをしていると思われます。

不愉快というか、彼(?)は、延延と反論するのはいいのですけれど、その根拠としてあげたソースで、嘘の解釈紹介をするのです。
いちいちそれらのソースを確認する手間が大変ですし、一般の読者様が「このような資料ではこう書かれている」と嘘のコメントだけ見れば、それを信じてしまう恐れがあるからです。
今回の、「地域猫の要綱・要領でのワクチン接種の認可条件」として、一般飼育者に対する啓発などを提示するのは同じ行為です。


> 避妊去勢などした事も無いのに、「地域猫は簡単にできる。迷惑とかいう奴は特殊なキチガイ」だそうです。

そうなんですか。
私は長く拝見していません。


> 餌をやって猫を減らそうなんて元々無理筋な話な上に、このような白痴が推進しようとしているのだから、もう胡散臭い宗教みたいなものでしょう。
> いつまでも終わりの無い地域猫なんかやってたら、世界から動物愛護後進国呼ばわりされますよ?

地域猫の曲解はひどすぎますね。
多くのブログでは、ただの迷惑えさやりでも「地域猫」です。
西宮市在住で、自転車で尼崎に通勤して地域猫を一人でしている人とかw
地域猫は、地域住民の厳格な意思統一と行動ルールをもってしても、成功は難しいのです。
1億3千万人の中には、無制限無条件餌やり推進派の多数いるわけです。
地域猫は、やはり先行した国で失敗したとおり、普遍的に無理(=これにより野良猫を減らす、ゼロ化)なのです。

禁止してその先は?代替案だしてみろよ。

Re: タイトルなし

名無し様

> 禁止してその先は?代替案だしてみろよ。

代替案は必要ありません。
餌やりをやめれば野良猫は分散しますし、過剰な繁殖もしません。
また餓死すれば殺処分のコストがらなくなります。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR