日本は動物愛護後進国なのか7ーイギリス編 





 私は、日本は動物愛護後進国なのかー1で、イギリスの統計上での犬猫殺処分数が少ないことを上げています。しかしイギリスの犬猫殺処分数のこの統計数値は、自治体が行った公的殺処分数だけです。イギリスでは、民間人、施設による犬猫の安楽死が一般的に行われています。民間の動物レスキューシェルター(Rescueshelter)で行われている安楽死数を考慮しなければ、日本の殺処分数とは比較できません。民間の動物レスキューシェルターだけでも、イギリスは日本の公的殺処分数の人口比で1,3倍以上の殺処分を行っているとの推計もあります。


 ドイツと並んで「動物愛護先進国」としてよく引用されるのはイギリスです。共通する根拠は「公的殺処分数が少ない」ことと「アニマル(動物レスキュー)シェルターが充実している」ことでしょうか。ではイギリスでの野良犬の扱いに関する法律を見てみましょう。

 Mayhew International LEGISLATION AND STATISTICAL INFORMATION REGARDING EUTHANASIA OF STRAY DOGS IN THEUK「メイヒューインターナショナル イギリスの野良犬の安楽死に関する法律と統計情報」
http://feralan.narod.ru/english/euthanasiaUK-e.htmlから引用します。


The two main pieces of legislation concerning the collection and disposal of stray dogs are the Dogs Act 1906 and the Environmental Protection Act 1990.
Responsibilities for dealing with stray dogs, originally assigned to the police , now lie with the local authorities.
The law requires that a stray dog must be held for seven days after seizure by the police or local authorities before disposal.
If unclaimed by its owner after seven days, the dog may be (1) sold or given away to a new owner, (2) sold or given away to a welfare organisation or (3) destroyed humanely .
3 The law also authorises euthanasia before the expiry of the seven days where necessary “to avoid suffering”.

法律、犬法(Dogs Act1906年)環境保護法(Environmental Protection Act1990年)に基づき、野良犬は殺処分前に、警察や地方自治体による捕獲の後7日間、保護されなければならないと定められています。
もともと法律では、野良犬の対処する責任は警察が管轄でした。
現在では地方自治体が行なっています。
法律で野良犬は、7日間は殺処分されずに保護されなければなりません。
7日後に犬の飼い主が返還を求めてこなかった場合は、犬は(1)売却または新しい所有者に譲渡し、(2)売却や福祉団体(民間のレスキューシェルター)に引き渡されます。または(3)人道的に殺処分されることがあります。
法律はまた、必要な「苦しみを回避するためならば」7日以内であっても犬を安楽死することを許可しています。


 
 イギリスの法律では、野良犬はまず最初に自治体に引き取られます。7日間の保管義務が有り、その後は新しい飼い主に売却か譲渡されるか、動物保護を行っている民間の動物レスキューシェルターに引き渡されるか、安楽死されます。イギリスが公に犬の殺処分数の統計値として発表するのは、この段階で自治体が行ったもののみです。民間の動物レスキューシェルターに引き渡された後に行われた安楽死処分の数は、イギリス政府が公表している「安楽死数」には含まれません。猫については上記の資料では述べられていませんが、猫は直接民間の動物レスキューシェルターに引きられるのでしょうか。
 民間の動物レスキューシェルターでの安楽死処分は、法的な規制はありません。相当数が行われていると推測されますが、その数は公の統計数値として発表されません。

 私が記事、日本は動物愛護後進国なのかー1で引用したサイトでのイギリス犬猫殺処分数の数値は、自治体が行った「公的殺処分数」のみです。まれに動物愛誤団体がこの数値を引用して「イギリスでは犬猫の殺処分は日本と極めて数ない。だから日本は動物愛護先進国欧米のイギリスなどと比べて殺処分が多く、動物愛護後進国だ」と主張しています。
 しかしイギリス民間の動物レスキューシェルターが行った殺処分数は、公の統計がありません。イギリスでは民間の動物レスキューシェルターによる犬猫の安楽死は一般的です。民間動物レスキューシェルターでの殺処分を無視して、公的な殺処分統計のみで比較するのはナンセンスです。

 イギリスでは民間動物レスキューシェルターが引き取った収容犬猫の数と、殺処分率の推計は民間で行われています。「イギリス人はペットを愛しているのでしょうか、それとも」Brits Love Their Pets - Or Not
  この資料によれば、2009年における、イギリスでの民間動物レスキューシェルターでの犬猫殺処分率は約半数と推測されています。民間動物レスキューシェルターが、2009年に引き取った犬猫は260,000頭ですから、推定殺処分数は130,000頭となります。人口比では日本の殺処分数が1万人あたり17匹であるのに対し、イギリスでは民間動物レスキューシェルターだけでも22匹です。イギリスは人口比で日本の1,3倍の殺処分を行なっています。次回はこの資料の紹介と分析を行います(続く)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク

日本の愛誤

日本の愛誤は世界的に見ても、かなり幼稚なのではないかと思います。
まず動物を扱う上で無条件な「ノーキル」が成立するかどうか、現実的に考えた上で主張しているのでしょうか?
そんなことはあり得ませんね、猫の場合は放流して責任を回避する事が出来るから無責任な事が言えるだけです。
現在の日本の愛誤のレベルで民間アニマルシェルターをまともに運用できるでしょうか?
私は多くが崩壊するのがオチだと思います。

いやぁ、怪気炎を

吐いておいでですなあw

貴女、御自身の主張(願望)を正当化する為に、数多ある情報や資料の中から「(自身に)有益な物を厳選の上、抜き書きし、更に恣意的な解釈と誤った訳をつけて」記事の論拠とされている様ですわね。

まあ、数人の闇痴と公的機関(その実、公安w)しかアクセスしない貴女のブログへの反証に熱くなるのは時間のムダとは知りつつも、

『城ヶ島に生きる野良猫達』

のコメント欄にアタイのそれを公開しておりますの。

近いうちに、闇痴の皆さんをオヤツに楽しむブログを立ち上げ予定ですわ。勿論、デザインの古い「楽天」なんぞ使いませんことよ。貴女が出入り禁止になっている事も見込んで(笑)

まあ楽しみにしていてくださいな。宣伝でした。

(追伸)no name様、御来訪お待ちしておりますm(_ _)m

Re: 日本の愛誤

名無しさん13周年様、コメントありがとうございます。

> 日本の愛誤は世界的に見ても、かなり幼稚なのではないかと思います。

私もそう思います。
「日本はなるほど動物愛護後進国だ」というテーマで書いていますが、日本の動物愛護の幼稚性も取り上げたいと思います。
他に書きたいテーマが出てきてなかなか進みませんが。


>動物を扱う上で無条件な「ノーキル」が成立するかどうか、現実的に考えた上で主張しているのでしょうか?

完全ノーキルを実現している先進国はないでしょう。
方法の違いはあれ、余剰ペットを人為的に致死処分していない国はないでしょう。
ドイツは狩猟駆除だけで46万5千頭の犬猫を殺処分し、民間獣医師による安楽死やティアハイムでの安楽死も一定数あります。
イギリスはアニマルシェルターで普通に安楽死が行われており、民間での獣医師による安楽死は一般的です。
人為的なペットの致死処分がない国は無政府状態のソマリアなどしかないのではないでしょうか。
でも動物愛護先進国と言えますか。


> 猫の場合は放流して責任を回避する事が出来るから無責任な事が言えるだけです。

人が殺さなければ、事故死病死、衰弱死、共食いするだけです。
路上死猫が年間4~50万も発生している事実を、彼らはどう説明するのでしょうか。


> 現在の日本の愛誤のレベルで民間アニマルシェルターをまともに運用できるでしょうか?

無理ですね。
彼らは決定的に知能が足りません。

Re: いやぁ、怪気炎を

ふらんし~ぬの場合様

> 貴女、御自身の主張(願望)を正当化する為に、数多ある情報や資料の中から「(自身に)有益な物を厳選の上、抜き書きし、更に恣意的な解釈と誤った訳をつけて」記事の論拠とされている様ですわね。

全く根拠もなく、「欧米では殺処分しません」「海外ではペットショップがありません」「ドイツでは50年以上定着している外来生物は法律で在来生物として見倣して駆除しない(全く根拠を示していませんね。法律であればなんという法律で何条で、原文を即提示できるでしょうが。それをしないのが妄想でしか主張できない愛誤の特徴です)」とか、全く荒唐無稽虚偽な架空の脳内妄想と現実とが区別できない愛誤ブログよりはずっとマシと自負しております。
私は私が書いたことには、必ず根拠がありソースをおつけしています。


> アタイのそれを公開しておりますの。

憲法がお好きなあなたに申し上げますが、憲法で保証されている表現の自由の範疇であれば、私はそのことについて申し上げることはありません。


> 近いうちに、闇痴の皆さんをオヤツに楽しむブログを立ち上げ予定ですわ。勿論、デザインの古い「楽天」なんぞ使いませんことよ。貴女が出入り禁止になっている事も見込んで(笑)

先に述べた通りです。
表現の自由の範囲であれば、私は何も申し上げることはありませんし、そちらにアクセスして反論する義務もありません。
興味もありません。
私の専スレが掲示板に複数立っているらしいですが、見もしませんしレスもしていません。

それと最近、こちらは多い時は一日2千近くのアクセスがあります。
大変広い層の読者様がいらっしゃいます。
動物愛護に関するキーワードで検索すれば、私のブログが大概トップページでヒットするはずです。

Re: いやぁ、怪気炎を

ふらんしーぬ様

さんかく様、横です。

>数多ある情報や資料の中から「(自身に)有益な物を厳選の上、抜き>書きし、更に恣意的な解釈と誤った訳をつけて」記事の論拠とされて>いる様ですわね。

no name氏もそうでしたが、愛誤は嘘つきですね。

ソースと原文をつけることによって、主張が本当か嘘かの判断材料となり、読者様が鵜呑みになること無く判断できると思います。つまり嘘をつけば恥をかきます。

反証したいなら貴女に有益な物を厳選した上でご意見を主張して正しければ読者も納得すると思います。
納得しないのは鉄板愛誤のみです。

証拠ない嘘の主張を繰り返したり、恣意的なソースの捻じ曲げをすれば必ず誰かが合理的な反証をすると思います。

事実、no name氏の粘着行動で新たに加勢してくださる読者様も増えたように思います。

ほとんどno name氏はほとんど害悪でしたが、そこだけは価値があったのかもしれません。


>数人の闇痴と公的機関(その実、公安w)しかアクセスしない貴女の
>ブログへの反証に熱くなるのは時間のムダとは知りつつも

さっすが愛誤!相変わらず、証拠のないことを決めつけていますね(笑)。

「公安しかアクセスがない」って【妄想サヨク】なんじゃないですか。

普通の人は【公安】なんて言葉使いませんよ。


まともな人の主張は、何か証拠があって「○○です。」となり

誰かの主張を引用した場合は「誰の主張を読んで私はこう考えた。」と

切り分けて説明します。

貴女の文章から国語力は大変低いようですが学習能力も無いようですね。



>『城ヶ島に生きる野良猫達』アタイのそれを公開しておりますの。

どうぞご自由に。

日本には信条の自由が保証されています。


>闇痴の皆さんをオヤツに楽しむブログを立ち上げ予定ですわ。

どうぞご自由に。

日本には信条の自由も保証されています。

貴方が恥をかくもの自由です(笑)。

私は、時間を無駄にしたくないのでほとんど行かないと思いますけどね(笑)。

楽しみですなぁ(笑)

>全く根拠もなく、「欧米では殺処分しません」「海外ではペットショップがありません」「ドイツでは50年以上定着している外来生物は法律で在来生物として見倣して駆除しない(全く根拠を示していませんね。法律であればなんという法律で何条で、原文を即提示できるでしょうが。それをしないのが妄想でしか主張できない愛誤の特徴です)」とか、全く荒唐無稽虚偽な架空の脳内妄想と現実とが区別できない愛誤ブログよりはずっとマシと自負しております。
私は私が書いたことには、必ず根拠がありソースをおつけしています。

ほら出た・・得意の類型化(ま、アタイもやってるがw)
アタイは上記の「 」のいずれも流布した事はないのだが f(^^;)
まあ猫糞某ぢゃないが、オバさんの書く私怨のこもったブログがいかに「真の」動物愛護や猫被害に対する純粋な怒りから逸脱しているか、読者の皆さんに判断して戴く、という事で。。
しかし素早いレスだねぇ。さすがに不労所得で飯喰ってる「有閑独身マダム」はちゃうねぇ。

>憲法がお好きなあなたに申し上げますが、憲法で保証されている表現の自由の範疇であれば、私はそのことについて申し上げることはありません。

あ、そっすか。ま、また閉鎖に追い込まれない様にね。すでにカラパイア並のとんでも記事とコメばっかりだしね。。
ところで仲市素子(チッチ)は最近どうした? コメントに書き込みに来ないばかりか、鳥取県動物ナントカのHPも閉鎖されちゃったしな。

>先に述べた通りです。
表現の自由の範囲であれば、私は何も申し上げることはありませんし、そちらにアクセスして反論する義務もありません。
興味もありません。
私の専スレが掲示板に複数立っているらしいですが、見もしませんしレスもしていません。

まあそう意固地になりなさんな(笑) お前さんの言い分にアタイも理解に勤めている部分もあんのよ。まあその他大半は一笑に付せるがな。

>それと最近、こちらは多い時は一日2千近くのアクセスがあります。
大変広い層の読者様がいらっしゃいます。
動物愛護に関するキーワードで検索すれば、私のブログが大概トップページでヒットするはずです。

禿しく同意。「デンマーク 猫 殺処分」や「野良猫 ドイツ 狩猟」でもトップが君のそれだったし・・学者や公官庁すら書かない、真偽不明のそれも知ってるって(笑) それとも學会や役所は「愛誤」の手先ばかりだから真実は書けない、ってか!?(笑)
まあネトウヨ属性の闇痴のコト、凶悪事件の容疑者が在日ならば在日=犯罪者と置き換えるネトウヨと同じく、「『愛誤』が不祥事を起こせば、すなわち愛誤=反社会的人間」と見てしまうのは致し方なし、だろうな。
このハナシ、アタイのフィールドワークなんで、今後実例を挙げつつ指摘していこうと思う。

あ、間違ってもアタイは闇痴の皆さんに更生・社会復帰を望んでいないから、誤解無く。

                  ふらんし〜ぬ

やあ。

>猫糞被害者@名古屋

アタイに関するスレ立て、どうした(笑) 早くしてね。楽しみにしているわん。

ところで△よ。削除された以前の楽天の記事、バックアップとってあるんだろ!?
fc2(ここ)に再upしないのかね? それともマズイ記述を誰かに指摘されたために出来ないのかね?
あと、その楽天版のコメントにて「私の○○に関する論文を、2ちゃんねるに掲載した」旨の事を書いていた気がするが・・君が学術等の分野でしっかりした見識のある立場なら、何故に「便所の落書き(2ch)」に書いたの!? 答えてちょんまげ(再度掲出してくれると、うれP)。

因みに「2ちゃんねる論文」の書き込みを読んだ時のアタイの反応↓

『2ちゃんwwwwwwwねるwwwwww論wwwwwww文wwwwwww』

PS △もお姉さんなんだし、猫糞の面倒(間違いの指摘)を見てあげなくちゃ♪

ところで

いま、ニュースで広島・呉で惨殺された20匹目の猫が発見されたそうだ。
地元住民は怯えた声でインタヴュウに応えていたよ。

闇痴ども、くれぐれも社会の迷惑になるなよな。社会のお荷物や鼻つまみ者になっても(笑)

どっかで聞いたことあるけど思い出せないや。
それなりにこの界隈にいるけど全く印象に無い。
「ふらんし〜ぬ」なんたらって誰ですか?

No title

>イギリスの犬猫殺処分数のこの統計数値は、自治体が行った公的殺処分数だけです。

全然違います。
お前が取り上げているデータはコレ
http://satooya.shichihuku.com/myweb2_006.htm

コレは、環境省の資料(P15)
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/arikata/h16_05/mat04.pdf

それぞれの項目で、ほぼ同じ数値。
環境省の資料にある通り、イギリスの引き取数と殺処分の数値は、【主な民間引取り施設の合計値】




なので、当然次の推計とやらは嘘って事になる。

>イギリスは日本の公的殺処分数の人口比で2倍以上の殺処分を行っているとの推計もあります。








ふらんし〜ぬの場合様
どうもありがとうございます。

No title

補足説明

環境省の資料(P15)
http://satooya.shichihuku.com/myweb2_006.htm のデータは、
イギリスの主な民間引取り施設であるRSPCA, DogsTrust, BattereeaDogsHome, WoodGreenAnimalShelters, CatProtection の合計値です。


RSPCAは、「英国王立動物虐待防止協会」
世界最大の動物福祉団体で、また最古とされている。英国の数ある慈善団体の中で最も大きなもののひとつ。
支店は英国内各地に存在。

DogsTrustは、英国最大の犬の愛護の慈善団体。

CatProtectionは、260以上のボランティアが支店を運営、29箇所の養子縁組センターがある。

等、
環境省の資料にある数値は、イギリス国内を代表する民間施設の合計の数値。
ここには出てこない小さな団体の殺処分数を合わせても、「日本の2倍」 は、絶対にありえない。

Re: Re: いやぁ、怪気炎を

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> ソースと原文をつけることによって、主張が本当か嘘かの判断材料となり、読者様が鵜呑みになること無く判断できると思います。つまり嘘をつけば恥をかきます。

私は基本的にはソースをそのまま紹介するという形をとっております。
ですから嘘もなにもありません。
もしわたしが嘘を書いているとおっしゃるならば、国の組織や最大手のメディアや学術組織が嘘を付いていたということになりますね。


> さっすが愛誤!相変わらず、証拠のないことを決めつけていますね(笑)。

根拠のないことを決めつけるのは愛誤です。
愛誤の粘着がに対する対応が面倒なので、純粋な海外文献紹介サイトにでもしようかと考えているところです。
偏向や誤訳はわたしはしていないと自負しています。
明らかな誤訳があれば、これだけ同社様がいらっしゃるわけですから指摘があるはずです。


> 「公安しかアクセスがない」って【妄想サヨク】なんじゃないですか。

私が知っている統合失調症患者さんそっくりなことを言いますね。


> まともな人の主張は、何か証拠があって「○○です。」となり
> 誰かの主張を引用した場合は「誰の主張を読んで私はこう考えた。」と

いわゆる愛誤や、最近こちらに粘着する方は、外国語以前に国語力が低すぎます。
私は上記のように記述しています。
事実の記述と私の主張とをです。
知能の低い方は、それも理解できません。

Re: 楽しみですなぁ(笑)

> >全く根拠もなく、「欧米では殺処分しません」「海外ではペットショップがありません」「ドイツでは50年以上定着している外来生物は法律で在来生物として見倣して駆除しない(全く根拠を示していませんね。法律であればなんという法律で何条で、原文を即提示できるでしょうが。それをしないのが妄想でしか主張できない愛誤の特徴です)」とか、全く荒唐無稽虚偽な架空の脳内妄想と現実とが区別できない愛誤ブログよりはずっとマシと自負しております。
> 私は私が書いたことには、必ず根拠がありソースをおつけしています。
>
> ほら出た・・得意の類型化(ま、アタイもやってるがw)

私は愛誤の一般的な特徴を述べただけであなたのことを指摘したとは書いていませんが?
私はあなたのご主張なんて興味もありませんし、記憶にもありません。
自意識過剰です。


> 禿しく同意。「デンマーク 猫 殺処分」や「野良猫 ドイツ 狩猟」でもトップが君のそれだったし・・学者や公官庁すら書かない、真偽不明のそれも知ってるって(笑) それとも學会や役所は「愛誤」の手先ばかりだから真実は書けない、ってか!?(笑)

学術的には動物愛護は日本ではマイナーで、研究する人なんてほぼ皆無なのです。
ですから海外の動物愛護事情なんて紹介する人なんてほぼゼロですし、それを良いことに愛誤は嘘を垂れ流し、
プロパガンダを流布しています。
ところでデンマークの殺処分のことなんて一回も書いたことはありませんよ。
ベルギーとデンマークを混同しているのですか。
中学の社会科からやり直しなさい。

Re: やあ。

ふらんしーぬの場合様

> 削除された以前の楽天の記事、バックアップとってあるんだろ!?

一部しかとっていません。
下書きして残っていたものだけです。


> あと、その楽天版のコメントにて「私の○○に関する論文を、2ちゃんねるに掲載した」旨の事を書いていた気がするが・・

全然記憶にありません。
誰が別人のコメントと勘違いされているのではないですか。

Re: あ

あ様、コメントありがとうございます。

> どっかで聞いたことあるけど思い出せないや。

三億流写真家がのさいとでコメントする人物でしょ。
三二一閣下さんは、三億流の別人格だと分析していますが。

Re: No title

nanasi様

あなたのようなキチガイは相手にしない、投稿禁止にしていますし、コメントも削除する方針でしたが、あなたの恥を晒すために今回は残しておきます。


> 全然違います。
> お前が取り上げているデータはコレ
> http://satooya.shichihuku.com/myweb2_006.htm
>
> コレは、環境省の資料(P15)
> http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/arikata/h16_05/mat04.pdf

続きの記事で取り上げるソース、Brits Love Their Pets - Or No thttp://www.science20.com/news_articles/brits_love_their_pets_or_not-88941 から引用します。

A new study estimates that more than 260,000 dogs and cats were sent to UK rescue shelters in 2009,
just kill 85 percent of the pets they 'rescue' but they don't.
英国では2009年には、26万の犬猫がレスキューシェルターに引き取られた。
レスキューシェルターはレスキューしたペットの85%を殺したのか、何とも言えない(85%を殺したとも推測できる)

とあります。


> それぞれの項目で、ほぼ同じ数値。

環境省の資料が引用した数値は多分少し古いものでしょう。
でも犬猫合計が28万頭です。
2009年は26万頭がです。
私が本記事で述べていることは、それらの民間施設で引き取られた犬猫が、民間施設で殺処分され、その数が公的な数値には反映されていないという事です。
26万頭×85%=22,1万頭で計算しています。

あなた、英語はもちろんのこと、国語の読解力は大丈夫ですか。
義務教育の時代は評価が1だったんじゃないですか。
もう一度、義務教育からやり直してください。

Re: No title

nanasi様

> 補足説明
>
> 環境省の資料(P15)
> http://satooya.shichihuku.com/myweb2_006.htm のデータは、
> イギリスの主な民間引取り施設であるRSPCA, DogsTrust, BattereeaDogsHome, WoodGreenAnimalShelters, CatProtection の合計値です。
>
>
> RSPCAは、「英国王立動物虐待防止協会」
> 世界最大の動物福祉団体で、また最古とされている。英国の数ある慈善団体の中で最も大きなもののひとつ。
> 支店は英国内各地に存在。
>
> DogsTrustは、英国最大の犬の愛護の慈善団体。
>
> CatProtectionは、260以上のボランティアが支店を運営、29箇所の養子縁組センターがある。
>
> 等、
> 環境省の資料にある数値は、イギリス国内を代表する民間施設の合計の数値。
> ここには出てこない小さな団体の殺処分数を合わせても、「日本の2倍」 は、絶対にありえない。

あなた、知能が正常ですか。
資料の読み込みもできないんですか。
環境省資料での英国の殺処分数は、上記のような民間団体に引き渡す前に自治体が殺処分した数です。
民間団体に引き渡したあとに、民間団体が殺処分した数は公的統計の数字に現れないということを本記事で述べているのです。
環境省のデータであれば、英国の公的発表の自治体が行った殺処分の数値であり、民間団体に引き取られた28万の犬猫が引き取られた後に、民間団体で殺処分された数は現れないのです。
その推計が85パー0セントであるというそーすがあるということを本記事では書いているのです。

つまり環境省がこの資料で用いた年度では、イギリスでは民間施設では28万×85%=23,8%が殺処分された可能性があるということです。

白痴の相手をするのは疲れます。
今回はコメントも削除せずにレスしました。
今後は白痴はコメントしないでください。

Re:Re: あ

ババアと同類にカテゴライズされたりする人ですね。
それにしては電波弱めでいまいちキャラが弱いと思いました。
そのうえ無理にキャラ作ってるから見てて寒いです。

Re: Re:Re: あ

名無し様、コメントありがとうございます。

> ババアと同類にカテゴライズされたりする人ですね。

いえいえ、かなりのデムパモンですぞ。

本記事の要旨

・本記事の要旨

1、英国が公的に発表している犬猫殺処分数は、自治体が公に行っているもののみである。

2、民間の動物レスキューシェルターは、相当数の犬猫殺処分を行っているがその数は、公の統計数字には現れない。

3、しかし民間研究機関による、民間動物レスキューシェルターが行っている殺処分数の推計値がある。

4、公的な統計には現れないが、民間での殺処分数は多い。だからイギリスでの殺処分数を論じるには、公的殺処分数だけを取り上げるのは誤りである。

私の文章って、そんなにわかりにくいですかね?
わかりやすく書いたつもりなんですけれど。
自信を無くします。

見てしまいました。

夜中にこのブログを見てました。
わたくしのコメント(誘引条件の排除ですか!)した後の名無し氏の罵詈雑言が酷いかったですね。 背筋が凍りそうでした。なのでさんかくたまご様が(愛誤の粘着に対する対応が面倒なので、純粋な海外文献紹介サイトにでもしようかと考えているところです)と書かれているのは 理解できますが さんかくたまご様と正常な読者様との 双方向性の意見のやり取りがよかったです。参考になり 色々学ばさせて頂きました。なので仕様変更しないでくださいませ。お願いいたします。変なのが 色々湧いてきますが めげずに 頑張ってくださいまし。
でも 本当 このブログにより愛誤様の心の闇の深さを知りました。人間は一つ方向性を間違えると坂を転げ落ちるように 変な方向に行ってしまいますね。

No title

>環境省資料での英国の殺処分数は、上記のような民間団体に引き渡す前に自治体が殺処分した数です。


http://satooya.shichihuku.com/myweb2_006.htm の、15ページの表の下の注意書きに、次のように書いてあります。

-----------------------------------------------------------------------------------
イギリス:引き取数及び殺処分数は、主な民間引取り施設である
RSPCA,DogsTrust,BattereeaDogsHome,WoodGreenAnimalShelters,CatProtectionの合計値。
従って、表中の数値以上であると思われる。
-----------------------------------------------------------------------------------

書いてある通り、環境省の表の数値は、【主な民間引取り施設の合計値】 です。







>民間団体に引き取られた28万の犬猫が引き取られた後に、民間団体で殺処分された数は現れないのです。

-----------------------------------------------------------------------------------
           飼育頭数   引取り数   殺処分頭数    殺処分割合

イギリス  犬     690    5以上    1以上     約2割以上
      猫     800    23以上    2以上     約1割以上

                    ※飼育頭数、殺処分頭数の単位は「万匹」
-----------------------------------------------------------------------------------

書いてある通り、民間団体で殺処分された数は、【2万匹(以上)】 です。


全て、【書いてある通り】 ですよ。

Re:No title

リンク先にそのような記述は見当たりません。
譫妄が酷いようなので薬を飲んで寝たほうがいいですよ?

Re:ところで

>いま、ニュースで広島・呉で惨殺された20匹目の猫が発見されたそうだ。

そうですか。
一般住民にとって気味の悪いことでしょう。
早く犯人が捕まるといいですね。

まあ、こういう人は特殊だと思います。

動物愛護精神は持っていないでしょうが、動物愛誤にたいする批判精神も持っていないように私は考えています。

手軽な攻撃対象があるからやっているのかもしれません。
だからこそ猫の外飼いや無責任な繁殖に反対するのです。

猫の惨殺から発展した酒鬼薔薇聖斗くんの事件も家庭で親から心の闇を背負わされて育った様です。

事件としては加害者ですが、子どもとしては親の犠牲者であり、当時は哀れに感じました。

彼は別の戸籍をもらって生きていますが、更生して大人になった彼が【人助け】できる人になっていたら良いなぁと思います。

それから私は【捨て猫が減るような啓発や教育活動】には賛成です。




Re: 見てしまいました。

ニャーニャー様、コメントありがとうございます。

> わたくしのコメント(誘引条件の排除ですか!)した後の名無し氏の罵詈雑言が酷いかったですね。 背筋が凍りそうでした。なのでさんかくたまご様が(愛誤の粘着に対する対応が面倒なので、純粋な海外文献紹介サイトにでもしようかと考えているところです)と書かれているのは 理解できますが さんかくたまご様と正常な読者様との 双方向性の意見のやり取りがよかったです。なので仕様変更しないでくださいませ。


純粋に海外文献サイトの紹介を行ったとしても、精神に異常をきたした人は曲解歪曲、一部を都合よく解釈するでしょう。
今回の記事でも全く趣旨が伝わっていません。

妄想とは、・根拠がない、・思い込みであるが、・その人が強く確信すること。
統合失調症の患者さんにいくら損妄想が根拠がないことを説明しても理解しませんし、堂々巡りになるから無駄です。
コメントで、私の海外の動物愛護事情を紹介した記事で「日本語で検索してもさんかくの記事だけだった。だから嘘である」とありました。
精神疾患患者の思考です。
例えば、ドイツ語で「日本は21万匹も犬猫を公的に殺している」なんて検索してもヒットはゼロです。
では、日本が21万匹の犬猫を殺処分していることが嘘になるのか、と言いたいです。


>愛誤様の心の闇の深さを知りました。

記事にしたいと思いますが、愛誤は極左、極右、カルトと根本的には同じです。
一見、崇高な理念があり、反社会行動を行います。
活動家自身もそのように自己暗示されています。
しかしただの反社会、テロ活動なのです。
私は多くの活動家の深層心理には、劣等感や社会にたいする恨み反発があるのだと思います。
家庭環境が悪かった、境的に成功せず底辺にいる鬱屈などです。

Re: No title

nanasi様、何度も同じことを繰り返さないでください。

> 書いてある通り、環境省の表の数値は、【主な民間引取り施設の合計値】 です。

その引き取った民間施設が行った殺処分数が統計に現れていないということを本記事は取り上げているのです。
引用した、Brits Love Their Pets - Or Notでは、その民間施設で85%の犬猫が殺処分されている可能性があることを指摘しています。

ああ、そうでしたね、あなたは日本語さえまともに読解力がないから、中学生並みの英文は全く理解できなかったんですね。
これ以上同じことを繰り返さないでください。
ほかの読者様のコメントが見づらyなります。
今後は同じことをコメントされても削除します。
あなたは精神薄弱か精神疾患と推測します。
ふさわしい施設で治療されることをお勧めします。

Re: Re:No title

名無しさん@13周年様

> 譫妄が酷いようなので薬を飲んで寝たほうがいいですよ?

全く同感です。
次々と公開プロキシを変えてアクセスしてきますが、その執着ぶりはやはり正常ではないですね。

Re: Re:ところで

猫糞被害者@名古屋様

> >いま、ニュースで広島・呉で惨殺された20匹目の猫が発見されたそうだ。
>こういう人は特殊だと思います。
> 動物愛護精神は持っていないでしょうが、動物愛誤にたいする批判精神も持っていないように私は考えています。

私も同感です。


> だからこそ猫の外飼いや無責任な繁殖に反対するのです。

ねこが大事に室内飼いされていれば、このような事件は起こるはずがありません。


> それから私は【捨て猫が減るような啓発や教育活動】には賛成です。

私も同感です。
それを防止するためには飼い猫の登録義務が必要です。
しかし捨て猫を防止すべきと主張している愛誤の中には、マイクロチップに頑なに反対している人たちが少なからずいるので理解できません。
本当は捨て猫が継続してあり、野良猫の存続を望んでいるとしか思えません。

RSPCAシエルター

ひさしぶりに拝読しました。 

 環境省の動物愛護審議会での資料は、英国の動物愛護団体が公表した資料にもとづいておりますが、もとデータはただしいのでしようか? RSPCAといえば、イギリスを代表する愛護団体と理解しておりますが、この団体が運営するシェルターでは、保護動物の半数を殺している。その中には健康な動物が3400匹も含まれているとの内部告発記事があります。


Revealed: RSPCA destroys HALF of the animals that it rescues - yet thousands are completely healthy

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2254729/RSPCA-destroys-HALF-animals-rescues--thousands-completely-healthy.html



No title

※ 環境省の資料のリンク先URLの指定に誤りがありました。
  このままでは話が繋がらないと思うので訂正させていただきます
  失礼しました


>環境省資料での英国の殺処分数は、上記のような民間団体に引き渡す前に自治体が殺処分した数です。

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/arikata/h16_05/mat04.pdf の、15ページの表の下の注意書きに、次のように書いてあります。

-----------------------------------------------------------------------------------
イギリス:引き取数及び殺処分数は、主な民間引取り施設である
RSPCA,DogsTrust,BattereeaDogsHome,WoodGreenAnimalShelters,CatProtectionの合計値。
従って、表中の数値以上であると思われる。
-----------------------------------------------------------------------------------

書いてある通り、環境省の表の数値は、【主な民間引取り施設の合計値】 です。

Re: RSPCAシエルター

読者A様、コメントありがとうございます。

>  環境省の動物愛護審議会での資料は、英国の動物愛護団体が公表した資料にもとづいておりますが、もとデータはただしいのでしようか? RSPCAといえば、イギリスを代表する愛護団体と理解しておりますが、この団体が運営するシェルターでは、保護動物の半数を射殺している。その中には健康な動物が3400匹も含まれているとの内部告発記事があります。

リンクありがとうございました。
拝見しました。
RSPCAでは、健康な犬を医学的な理由によらず、半数の健康な3,400頭を殺処分したと内部告発があったとこ記事ですね。
「収容する場所がない」という理由です。
イギリスが公に発表している殺処分数は、RSPCAのみならず、民間シェルターが水面下で殺処分している犬猫の数は統計には現れていません。
ですからイギリスが公にしている殺処分数(これは実態を表していませんから。公表されない殺処分数を含めればそれよりはるかに多い)をもとに、殺処分数の比較をしても意味がないですよ、が今回の記事の趣旨です。

リンクの記事は使わせていただきます。
ありがとうございました。

補足

↑の補足です。
RSPCAは、イギリスでも最も権威のある、民間の動物レスキューシェルターですが、リンクを頂いた記事では、健康な犬の半数を殺処分したとの内部告発の内容です。
また、その殺害の方法は「銃殺」です。
日本の二酸化炭素死を残酷と言えるでしょうか。
最も権威がある民間シェルターでもそうなのです。
信頼できるソースでは、イギリス内の民間シェルターでは、85%の犬猫を殺処分しているとの推測があります。

おおっ、

レスが一日でこんなにも(笑)

nanashiさま、お初です。

早速、とりあえず前回のアタイのレスの続き&△の数日前の記事より。



>動物愛護に関するキーワードで検索すれば、私のブログが大概トップページでヒットするはず

当たり前だ。闇痴の個人サイトなんて数は僅かだからな。君はその元締めみたいな存在だから、ヒットして当然。しかも更新履歴の多さからしても(笑)

ところで先日のエントリ内の
>アメリカ連邦政府は2009年に、猫のTNRを明確に否定しました。理由は「野良猫の数を減らすという成功例がひとつもなかった」、「野生動物への被害」、「感染症の拡大などの衛生被害」です。

これの原文ソースは提示されていないよな。米連邦政府(州政府でも保健局でもない)のそれを提示しなさいよ。

>アメリカでの無許可TNR活動は、自治体によっては刑事罰の対象となります。アメリカミズーリ州、カンザスシティで無許可TNRを行っている女性が検挙され

違います。件の女性はTNRが違法故に起訴されたのではありません。よく原文をお読みなさい。

>violating the municipal ordinance.

「地方行政の定めた法(条例)に違反した」とあるでしょう。何についての法かと云うと「飼い猫ではない多数(およそ20匹)の野良猫を自宅敷地内にて世話をし、多数の近隣住民からの苦情があったにも関わらず放置した」事が、迷惑行為の防止条例に触れた、というものです。いわば加藤一二三や荒川区のケースの米国版といえば分かりやすい。
米国には地域猫という概念は無く、また地方行政によるTNRの認可(許可)制度もありません。あるというなら、全米どこかのその条文を提示なさい。
尚、「野良猫の数を減らすという成功例がひとつもなかった」「野生動物への被害」「感染症の拡大などの衛生被害」は我が国でも批判派がよく触れるが、これにはおいおい反証させて戴く。

>ところで記事中にある”a public nuisance”を私は「公衆に迷惑をかける破廉恥罪」と訳しました。ニュアンスは伝わりにくいですが、例えば痴漢や露出狂、下着ドロ、のぞきなどの、凶悪犯罪ではないけれど、恥ずかしい軽犯罪といった意味です。

違います。a public nuisanceは単に「公共(公衆)への迷惑行為」の意です。「破廉恥」という訳はどうやっても出てきませんよ(笑) 多分、△は恣意的にそう訳したいだけなんだろうけどな。

ところでこのニュース、他のサイトにも背景がよく判るものがある。御参考まで(いずれもリンク切れ)。

>Missouri woman found guilty of illegally harboring cats - Examiner.com
5 Nov 2012

Annette Betancourt went on trial today in Liberty, Missouri. Last spring, Liberty police had cited Betancourt with violating a city ordinance, saying she was over the legal limit of pets allowed within city limits. But Betancourt says she was simply practicing trap-neuter-release of feralcats that were already in her neighborhood. Rather than move or rehome the animals, she chose to fight the city in court- asking for a jury trial. Betancourt was betting that a jury would not convict her.
Feral cat advocates and animal lovers from Kansas and Missouri were at the Clay County courthouse to show support for Betancourt and TNR. But Betancourt was found guilty in the trial that lasted less than a day. Interviewed after the verdict Betacourt was near tears and said she was "very upset". She will be sentenced tomorrow. Animal advocates say the ruling is frightening and worry that it may set a legal precedent where they, too, could be punished for simply helping to control the feral cat population. The city said it had received multiple complaints from neighbors concerning the number of cats at Betancourt's home. For her part, Betancourt says she does not "own" the cats and only feeds them. She said she is only helping control the feral cat population by trapping the cats then releasing them back into the woods once they are spayed or neutered and vaccinated. in media interviews she scoffed at suggestions that the felines carry disease, noting that all the cats are
vaccinated for rabies when they are altered.
Trap, Neuter, Release (TNR) advocates say it is a way that feral cats can continue to live in harmony with nature and in the community. Cats are trapped using humane traps and then taken to veterinarians to be spayed or neutered and vaccinated. The cats are then usually released back in the area in which they were trapped.
According to the website of Alley Cat Allies, a national advocacy organization, "feral cats are domestic cats. Like pet cats. The difference is that feral cats have had little or no contact with humans, and so they are fearful of us and cannot be adopted. They have a home?the outdoors.TNR ends reproduction, stabilizes feral cat populations, and improves individual cats’ lives. The behaviors and stresses associated with mating? pregnancy, yowling and fighting stops".
It is unknown if Betancourt will file an appeal.





おおっ、

>Clay County jury finds woman guilty - KCTV
5 Nov 2012

LIBERTY, MO (KCTV) - A Clay County jury Monday afternoon found Annette Betancourt guilty ofharboringferalcats.
"I'm very upset," said Betancourt. "I wished they'd understood what I'm doing is a good thing for the community. I'm preventing more homeless cats being born. I'm fixing them with my own money and providing a service to my neighbors too. Apparently the jury didn't see it that way."
Betancourt said she was being compassionate and using a program known as trap, neuter and release. She would trap the cats, take them to a vet to have them fixed and release them into a wooded area near her home.
Betancourt said the cats do not belong to her, and she is just helping out the cats and her community.
A neighbor of Betancourt's told jurors that Betancourt's feeding of the cats brings more cats to the neighborhood, saying up to a dozen feralcats can be seen lurking on the dead-end street daily.
But Betancourt said her home is close to a wooded area where many feralcats live. She feeds them and pays for them to be neutered but says she does not own the cats.
According to Liberty ordinances, residents are not allowed to feed or shelter an animal at the same location for three or more days, and are allowed four dogs or cats.
Many showed up Monday, some of whom have never met Betancourt, to show their support for trap-neuter-release. Supporters said they are worried that this will have a chilling effect on those who use the program.
"I have a backlog of calls of people in my neighborhood wanting this done, and it is not one of the worst neighborhoods at all," supporter Sharon Martin said.
Another supporter of TNR, Carolyn Tate, believes people should not be prosecuted for it.
"It should not be illegal to be proactive and compassionate in your community," Tate said.
Emily Conrad concurred.
"I mean this is a community problem and when a jury doesn't understand our cause, it's absolutely scary because this could happen to all of us," she said. The jury on Tuesday recommended that Betancourt not receive jail time. Instead, the judge fined her $200.
"I was relieved actually," she said Tuesday. "I thought they were going to go as far as throw me in jail for providing this valuable community service."
She said supporters of trap-neuter-release will now fear their neighbors watching their every move. Volunteers said they are going to take care of the dozen or so wild cats in the neighborhood.
"We are going to trap these cats from the feral colony that Ms. Betancourt has been feeding and help them be transported to barn homes where they can be sheltered," said Kitty Kat Konnection's Sharon Jones.
Liberty city officials said there is no exception to the ordinance. If you care for more than the allowed number of animals, you face legal troubles.
Betancourt's attorney said they will consider an appeal.
Monday night, Betancourt posted on KCTV5's Facebook page.
"Justice has certainly NOT been handed down. This is a temporary setback for the thousands of caring individuals who provide TNR and TLC to abandoned and neglected cats in Missouri and Kansas," she wrote.


>Liberty woman is convicted of keeping too many cats - KansasCity.com
6 Nov 2012

Liberty woman is convicted of keeping too many cats
November 6
BY GLENN E. RICE
The Kansas City Star
A Clay County jury on Monday convicted a Liberty woman of violating a municipal ordinance by harboring too many cats outside her home. Annette Betancourt was cited for creating a public nuisance in October 2011 after neighbors complained about a colony of feral cats under her care.
A sentencing hearing is scheduled for Tuesday. Jurors will decide whether to sentence Betancourt to 90 days in the county jail, levy a fine up to $500 or recommend both penalties.
“It was a tough case,” said defense attorney Edwin M. Soltz. “The ordinance was not clear, but it could have gone either way.”
Soltz said his client was disappointed with the verdict.
During the daylong trial on Monday, the courtroom was filled with about 30 supporters of Betancourt. Several said they perform the same trap, neuter and release method that Betancourt does. Betancourt and her allies said the effort is widely accepted and is designed to stem the population of feral cats.
Betancourt said she lives near a wooded area where many feral cats live. Over the years, Betancourt said, she has trapped about 20 feral cats and spent her own money to feed them and have them neutered. The cats were later released, she said.
“I took it upon myself to perform this community service,” Betancourt testified.
However, Liberty prohibits residents from owning more than four cats or dogs at a time. Neighbors complained to the city about the large number of cats outside Betancourt’s home.
Betancourt said that she owns four cats but that they are kept inside and are separate from the feral cats.
City prosecutor Thomas C. McGiffin said Betancourt created a public nuisance when she harbored up to a dozen cats at once. Local authorities made numerous attempts to resolve the issue but Betancourt refused to cooperate, McGiffin said.

・・・お読み戴けたとおり、この件は「多頭飼育」と認識されてしまった訳です。尚、君の言うとおりTNR活動家がアニマルホールダー扱いされる傾向が米国や欧州である様ですが、一般論としてのホールダーは「多頭収集」、すなわち家屋敷内に無数の動物を閉じ込め、適切な世話をせず且つその動物の心身共に苦痛を与えているケースを云います。当然、無限の繁殖と悪臭や鳴き声で近隣住民の苦情が絶えない訳です。

おおっ、

>キタキツネの場合不用意に触るとエキノコックスの感染の恐れもある。
>感染したキツネ類が公園で糞をし、それに人が感染するケースが考えられます。また野良猫に感染させる可能性も高いでしょう。野良猫が感染すれば野良猫は人により近いので、ヒトへのエキノコックス感染リスクはさらに高まります。

エキノコックスは北海道と千島・樺太周辺、ひいては北半球の寒冷地に見られる寄生虫で、経口でのみ感染します。だから基本対策は動物や土を触ったら(外から帰ってきたら)手を洗う、の習慣が必須(藤田博士の著書並びに厚生労働省の人畜共通感染症啓発文より)。感染症予防法4類(鳥インフルエンザ一般と同じ扱い)。
で、どうしたいのかね。終宿主である在来種の野生のキタキツネを駆除しようとでも!? 根本的な解決策はイヌ科動物の総駆除というトンデモ話にならざるを得ない。
知床あたりの河川では水に入るべからず、という人がいる。エキノが川の中にいるからだと…羆といい、もう怖くて道民は道内に住めないな(笑) こんな話にまともに付き合ってたら。
動物にせよ人にせよキタキツネに接触したら即感染、なら本当にヤバいが…「野良猫が感染すれば」って、兎に角猫を駆除に持ち込みたい魂胆がミエミエ(笑)
確かに道内の飼い犬の感染症例が増えているのは事実だそうだ。同じくキタキツネは60%。が、このかた30年間、抜本的な解決策はまるで無い。妙案があれば「2ちゃんねるに論文」でも発表すれば(笑)


>緊急ニュースです。NHK NEWSwebダニ媒介の感染症 新たに2人死亡2013年2月13日。もちろん猫はダニを運びます。アメリカ連邦漁業狩猟サービス庁も指摘しています。

このニュース、アタイもTVでリアルタイムに観たわ。「もちろん猫は」の一節が君の狙いを物語っているな(笑)
このダニは日本の屋外で普通種のマダニで、△の好きな野鳥も運びます(ついでに鶏インフルに代表される感染症も)。人への感染を根絶するには、人間以外の全ての野外の鳥獣の駆除が前提となる。極論では無く。

No title

>私は基本的にはソースをそのまま紹介するという形をとっております。 ですから嘘もなにもありません。 もしわたしが嘘を書いているとおっしゃるならば、国の組織や最大手のメディアや学術組織が嘘を付いていたということになりますね。

いいや、誤訳と誤解釈と捏造の宝庫やんけ(^O^)
いつぞやのトキソプラズマに関する感染率の高さを示す記事、産婦人科医のブログをリンクさせていたよな。
リンクにとんで読むと「妊婦10000人に対してトキソプラズマ症が疑われる患者の率は5〜6人(0.05〜0.06」とあった。
が、しかし、君の記事には分母が1000人だったのよ。
これは意図してやったとしか思えん(笑)
他にも枚挙に暇が無いので、おいおいw

>根拠のないことを決めつけるのは愛誤です。 愛誤の粘着がに対する対応が面倒なので、純粋な海外文献紹介サイトにでもしようかと考えているところです。 偏向や誤訳はわたしはしていないと自負しています。
明らかな誤訳があれば、これだけ同社様がいらっしゃるわけですから指摘があるはずです。

根拠のないことを決めつけるのが闇痴です
闇痴の無作法に対する対応が面倒なので、純粋な海外ニュース記事原文を御紹介差し上げている迄です
あなたは偏向や誤訳をなさっております
明らかな誤訳があっても、同志の皆さんはあなたの下僕(しもべ)なので指摘するワケがありません

>> 「公安しかアクセスがない」って【妄想サヨク】なんじゃないですか。

>私が知っている統合失調症患者さんそっくりなことを言いますね。

アタイはあなたをアスペルガー症候群の患者だと疑っております。ついでに猫糞クンは4流大学のウヨ学生さん でしょう。

> >まともな人の主張は、何か証拠があって「○○です。」となり 誰かの主張を引用した場合は「誰の主張を読んで私はこう考えた。」と

>いわゆる愛誤や、最近こちらに粘着する方は、外国語以前に国語力が低すぎます。 私は上記のように記述しています。 事実の記述と私の主張とをです。 知能の低い方は、それも理解できません。

△よ、ブーメランって知ってるか? 君は単に自分の牙城たるこのブログ上で、自身の主張に抗う人が現れるのが許せないんだよ。
アタイも君が教養人を「装って」いる風にしか見えないんだわ。自分が気に入らないと、相手を馬鹿呼ばわりするのは結構だが、それは君自身何も反論出来ていないに等しい。

ところで猫糞よ、『何か証拠があって「○○です。」となり 誰かの主張を引用した場合は「誰の主張を読んで私はこう考えた。」』とアタイはお前にも丁寧に話してあげているだろう。アタイにこき下ろされるのは、他人の話を自身のコトバで語らないお前の不徳の至りだ。

ふらんし〜ぬの場合様

Feral cat advocates and animal lovers from Kansas and Missouri were at the Clay County courthouse to show support for Betancourt and TNR.

が全てを物語っていると思われます。
有罪の根拠は、「違法な多頭飼育と周辺住民への迷惑行為」ですが、実質「無責任餌ヤリ」と「TNR」が問題なのでしょう。
日本同様、TNRなら餌ヤリOKとする野良猫擁護派=Feral cat advocates and animal loversが
TNRとベタンコート氏をサポートするため裁判所に集結した=at the Clay County courthouse to show support for Betancourt and TNR.
とありますからね。
「野良猫愛誤たち」は、ベタンコート氏の飼育形態=TNR野良猫への餌ヤリ、が有罪とされてしまっては、今後のTNR活動に支障をきたすと判断したんでしょう。
記事から読み取れるのは、以上のような背景です。

それにしても、
Betancourt says she does not "own" the cats and only feeds them. She said she is only helping control the feral cat population by trapping the cats then releasing them back into the woods once they are spayed or neutered and vaccinated.
ベタンコート氏は、猫を飼っているわけではなく(does not "own")、餌をやっているだけだ(only feed them)、野良猫の数をコントロールするために捕まえて避妊去勢しワクチン接種して森に返しただけです、
という言い訳は、日本の野良猫「愛誤」と全く同じですね。
ワクチン接種しているので、野良猫間のウイルス疾患の蔓延は防げるかもしれない分、日本の地域猫よりは「マシ」かもしれませんが。



「破廉恥罪」については、さんかくさんが、わざわざカッコ付きにされているわけですから、いいんじゃないでうしょうかね。キッツイ言い方だとは思いますが。

リンク切れの記事を引用するのは、どうなんでしょうね。
今回は信用して読みましたが、まあ、ふらんし〜ぬの場合さんが指摘されるほど、大したことは書かれていないようで。

no name氏にも指摘しましたが、コメントを入れるなら、当該記事のコメント欄で。
そして、長々と主張するなら、ブログなりサイトなりを立てて、そこで主張するのが適切かと思います。
「△」と呼び捨てにしたり、「糞猫」と呼び捨てにするのもいかがなものでしょうね。

No title

>私は愛誤の一般的な特徴を述べただけであなたのことを指摘したとは書いていませんが?
私はあなたのご主張なんて興味もありませんし、記憶にもありません。
自意識過剰です。

さいですか。それならばアタイの闇痴の類型化ももっと尊重して欲しいなぁ(*゚▽゚*)



>海外の動物愛護事情なんて紹介する人なんてほぼゼロですし、それを良いことに愛誤は嘘を垂れ流し、プロパガンダを流布しています。 ところでデンマークの殺処分のことなんて一回も書いたことはありませんよ。 ベルギーとデンマークを混同しているのですか。 中学の社会科からやり直しなさい。

ちょwwwwwおwwwww前wwwwwがwwwwwいうなwwwww

君のやっている事こそ立派なプロパガンダ(政治宣伝)だよ。情報ソースから、自身に都合のいい部分を抜き書きし又解釈を加えているに過ぎん。アタイの目は誤魔化せないわ。
君は確かにデンマークの100万匹駆除についてコメントで触れている。多分HDDの片隅にコピペが残っていた筈なんで、見つかったら(笑)

>バックアップは一部しかとっていません。 下書きして残っていたものだけです。

そいつは残念。楽天も罪なコトをしてくれたのう。。BUをとってたのは閣下の方か。奴も「BUをとっているからいつでも再掲出来るもんね〜」というのに・・事情アリか(笑)

>>あと、その楽天版のコメントにて「私の○○に関する論文を、2ちゃんねるに掲載した」旨の事を書いていた気がするが・・
>全然記憶にありません。 誰が別人のコメントと勘違いされているのではないですか。

人は自らの黒歴史を語りたがらない。もう忘却の彼方にあるものを蒸し返してスマソ。コピペを見つけたら読ませてあげる(^O^)

なんか頭のおかしな愛護がかみついてきてますね・・・

なんでそんなにTNRなどという実証結果も出ている無意味で迷惑な飼育方法に愛護がこだわるのか不明ですが、一応仮にもアメリカなんて先進国でダメ出しが出ているのだし猫の為にもならないのだから愛護を語るなら即刻やめるのが普通でしょ?

でもって他所の国の動物の殺処分を例に出すならまだしも、ここで必死になってソースも出てるのにちょっと違うよ~とか大騒ぎして何になんの?
愛護さんの出してるソースも間違ってるし呆れてものも言えないよ。

ど~でもいいが愛護というか愛猫家がしっかり猫を他人様の迷惑かけないように飼えば全ての問題は解決するんだけど何で迷惑飼育に固執すんの?

愛護を語るなら猫の為にもよくないから迷惑飼育の根絶に精を出せよ。
それとも路上で亡骸を晒す可哀想な猫を増やしたい訳?
保健所で死ぬ猫を増やしたいの?
なんかここで必死にアホな反論してる愛護みてると悲惨な猫を量産したいとしか思えないんだけど?
放し飼いは違法じゃないからおk?
その結果、可哀想な猫がいっぱいおる訳だろ?
いい加減にしろクソ虫愛護。

no name糾弾者さま

no nameさん、アンチのファンがいるんだ。羨ましい<切々

>有罪の根拠は、「違法な多頭飼育と周辺住民への迷惑行為」ですが、実質「無責任餌ヤリ」と「TNR」が問題なのでしょう〜ベタンコート氏の飼育形態=TNR野良猫への餌ヤリ、が有罪とされてしまっては、今後のTNR活動に支障をきたすと判断したんでしょう。 記事から読み取れるのは、以上のような背景です

お見事!と云いたいところですが、残念ながら違います。それが通るのなら、(迷惑のある無しに関わらず)条文に無い件での別件逮捕になってしまいます。「実質」と言いたい気持ちは分かりますが、米国に於ける法の運用は日本以上にシビアだからです。
そもそも「迷惑防止条例」の類いは苦肉の法令と言って差し支えないでしょう。何をもって「迷惑」なのか、その対象行為や白・黒の分水嶺を規定出来ませんしね。
何がしかの法整備が必要なのは事実ですが、実際都内を例にとると「歩きタバコ・ポイ捨て」に対する条例が出来、最初は係官が歩道の要所で見張って実際に罰金を徴収する努力を行っていたようですが、トラブル頻発・費用対効果・特定時間内だけの活動も相まって、今日では取締りは希な「ザル法」と化してしまいました。
話が脱線しましたが、条例にTNRや餌やりが謳われていない以上、その解釈は誤りですよ。
両州より活動家が集まったのは、正にそのTNRや餌やりに対する懸念を持った為に法廷に集結したのです。

>ベタンコート氏は、猫を飼っているわけではなく(does not "own")、餌をやっているだけだ(only feed them)、野良猫の数をコントロールするために捕まえて避妊去勢しワクチン接種して森に返しただけです、
という言い訳は、日本の野良猫「愛誤」と全く同じですね。

その通り。「愛誤」の一言は余計だが。

>「破廉恥罪」については、さんかくさんが、わざわざカッコ付きにされているわけですから、いいんじゃないでうしょうかね。キッツイ言い方だとは思いますが。

だから「△の勝手な解釈」だと言っているでしょうに(笑)

>リンク切れの記事を引用するのは、どうなんでしょうね。
今回は信用して読みましたが、まあ、ふらんし〜ぬの場合さんが指摘されるほど、大したことは書かれていないようで。

そうですか。もう昨秋の話題ですから当然かと。ググれば御紹介したサイトのさわりは読めるので、捏造とかではないですよ。アタイもあんな長文を偽装する暇はありませんw
ところで、
http://ameblo.jp/yukinko-cat/e
この↑ブログは最近の△の記事にリンクしてあったものなんですが・・何故かブログ削除で読めない(T ^ T) googleに保管してあったページを読むと結構長くやってたブログらしく、面白いw
何にせよ、偶然読めなかったらやはりあなたと同じ様に感じていたのかも知れませんね。

>no name氏にも指摘しましたが、コメントを入れるなら、当該記事のコメント欄で。

それは失念しておりました。横着なもので・・

>そして、長々と主張するなら、ブログなりサイトなりを立てて、そこで主張するのが適切かと思います。

それはいずれ、アタイのブログでたっぷりと。

>「△」と呼び捨てにしたり、「糞猫」と呼び捨てにするのもいかがなものでしょうね。

いえ、アタイは闇痴諸兄と議論している訳ではありません。単に彼等をからかい、時にこき下ろしているだけですのであしからず。
そもそも我々を精神異常者だのテロリストだの「愛誤」だのと宣う方に尊称や敬意など不要です。

PS △よ、別にアタイのスレを消してアク禁にするならそれでも構わん。以前の様にな。ただ、このカキコは総て保存しておくので今後も記録として使わせて貰うが。

RE:no name糾弾者さま

ふらんし〜ぬの場合様

>残念ながら違います

違法の根拠が法令違反の事実にあるのは当然ですが、問題となっているのはTNRと無責任餌ヤリであることが読み取れるとしたのですが。裁判でTNRそのものの可否が争われたわけではないでしょうけれど、TNR活動に伴う「迷惑行為」が問題になっているんですからね。何が違うんでしょうかね。前回コメントと同じことを説明しました。

>だから「△の勝手な解釈」だと言っているでしょうに(笑)

勝手な解釈であることを示すためにカッコ付で表現しているのですから、いいんじゃないですか?腹は立つでしょうけど。前回コメントと同じことを説明しました。

>何にせよ、偶然読めなかったらやはりあなたと同じ様に感じていたのかも知れませんね。

そうですね。ある意味、ネットの限界でしょうね。

>いえ、アタイは闇痴諸兄と議論している訳ではありません

そういうことなら、「迷惑です」としか言いようがありませんね。
迷惑行為を行うと宣言されているわけですから、排除されても仕方ないでしょうね。
実社会では、議論をする場に現れ「私は議論する気はありません」とやって自説「だけ」を延々垂れ流し、中止を求められても続けた場合、逮捕されても文句は言えませんからね。自粛されることを希望します。

人間だれしも共通点があるものです。あなたと僕にもあるでしょう。
お互いの共通点を大切にしつつ、異なる点にも理解または妥協を見出すために行うのが議論でしょう。
しかしながら、何度も何度も同じことを説明しなければならないようなケースでは、議論の対象者として不適と断じられても仕方ないでしょうけれどね。

さんかくさん、迷惑でしたでしょうか。
迷惑でしたら、このコメントごと削除で構いませんので、よろしくご対処くださいませ。

(^_^)/おはよー

no name糾弾者さま

>違法の根拠が法令違反の事実にあるのは当然ですが、問題となっているのはTNRと無責任餌ヤリであることが読み取れるとしたのですが。裁判でTNRそのものの可否が争われたわけではないでしょうけれpど、TNR活動に伴う「迷惑行為」が問題になっているんですからね。何
が違うんでしょうかね。前回コメントと同じことを説明しました。

その読み方はヘンでしょう。路上駐車した車で視界が悪くなっているところへ、その影から自転車が出てきて通りがかりの車と接触した。そこは狭いが駐車禁止では無い。さあ、果たして路駐したドライバーの落ち度は「罪」を問われるべきか、というたとえではどうでしょう(笑)
そもそも厳格主義的法治国家の米国で、△のいうTNRが違法な行為だとする地域があるならば、既にこんなニュース立てが行われるわけはないですよね。別にこの度の罰金刑(2万円程度)を受けた被告がこの絡みの初検挙者だった訳でも、またTNRの是非を巡る裁判だった訳でもなし(活動家=支援者達の心配は杞憂の様でヨカタ)。

>勝手な解釈であることを示すためにカッコ付で表現しているのですから、いいんじゃないですか?腹は立つでしょうけど。前回コメントと同じことを説明しました。

それを批判・あげつらうのも自由。日本には発言の自由が保証されて「いる事に」なってます。ねえ?闇痴の皆さん。

>何にせよ、偶然読めなかったらやはりあなたと同じ様に感じていたのかも知れませんね。

そうですね。ある意味、ネットの限界でしょうね。

>そういうことなら、「迷惑です」としか言いようがありませんね。
迷惑行為を行うと宣言されているわけですから、排除されても仕方ないでしょうね。
実社会では、議論をする場に現れ「私は議論する気はありません」とやって自説「だけ」を延々垂れ流し、中止を求められても続けた場合、逮捕されても文句は言えませんからね。自粛されることを希望します。

え?逮捕されるって物騒だなぁ。中国へ返還後の香港ぢゃあるまいし。どういったシチュエーションを想定されてらっしゃる?
まあ△にとっては迷惑行為に受け取ろうが受け取る側の腹一つですから。

>人間だれしも共通点があるものです。あなたと僕にもあるでしょう。
お互いの共通点を大切にしつつ、異なる点にも理解または妥協を見出すために行うのが議論でしょう。

模範的な発言ですね。あなたは他のアンチとは一線を画しているとアタイは思いますよ。過去にもイオネット氏やかりうど氏などにも感じたそれがあなたにはあります(両氏とは意見が平行線に終わったのは残念ですが)。

>しかしながら、何度も何度も同じことを説明しなければならないようなケースでは、議論の対象者として不適と断じられても仕方ないでしょうけれどね。

アタイも闇痴諸兄には同じ思いを抱いております。それは日頃やりあっているもう一つの相手たる「ネトウヨ」とも共通するものです。先日闇痴の「ネトウヨ属性」と申しましたが、その重要な要素に

『敵対する意見者へその説明責任を延々と要求するのに対して、自らの無謬は頑なに固執する』

事が挙げられます。△のアタイに対する受け答えを見よ。「説明した通り」「理解出来ないなら馬鹿」「(憲法で保証されている)表現の自由の範疇」・・・具体的にここがこう、という話をせずに逃げて回ってはる。
聡明な筈のあなたは、この事実をどう考えていらっしゃるのでしょうね。

Re: Re: おおっ、

> > レスが一日でこんなにも(笑)
> >
> >アメリカ連邦政府は2009年に、猫のTNRを明確に否定しました。理由は「野良猫の数を減らすという成功例がひとつもなかった」、「野生動物への被害」、「感染症の拡大などの衛生被害」です。
> >
> > これの原文ソースは提示されていないよな。米連邦政府(州政府でも保健局でもない)のそれを提示しなさいよ。
>
> 最近の記事を含めて今まで何度も引用していますが?
> http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-150.html
> 何度も同じことを繰り返す手間になりますにで、批判をされる場合はその人の過去記事をある程度調べるなどしてからにしてください。
>
>
> > >アメリカでの無許可TNR活動は、自治体によっては刑事罰の対象となります。アメリカミズーリ州、カンザスシティで無許可TNRを行っている女性が検挙され
> > 違います。件の女性はTNRが違法故に起訴されたのではありません。よく原文をお読みなさい。
>
> tnrが餌やりの正当化にならないということが趣旨です。
> この犯罪者はtnrをしていたのは事実です。


> > >ところで記事中にある”a public nuisance”を私は「公衆に迷惑をかける破廉恥罪」と訳しました。ニュアンスは伝わりにくいですが、例えば痴漢や露出狂、下着ドロ、のぞきなどの、凶悪犯罪ではないけれど、恥ずかしい軽犯罪といった意味です。
> > 違います。a public nuisanceは単に「公共(公衆)への迷惑行為」の意です。「破廉恥」という訳はどうやっても出てきませんよ(笑) 多分、

http://www.vacation-cottages.com/must/post_3.php
a public nuisanceはもともと「公衆に迷惑な犯罪」という意味でしたが、現代米語ではほぼ「痴漢」の意味です。
There is a public nuisance!と警察官にかけこめば、ほぼ「痴漢がいる」と理解されるでしょう。
米国に実際に在住したことのあるような現代英語に堪能な方にお聞きください。


> > ところでこのニュース、他のサイトにも背景がよく判るものがある。御参考まで(いずれもリンク切れ)。

リンク切れで原文が確認できないものはのものは全く考慮しません。

Re: おおっ、

> 動物にせよ人にせよキタキツネに接触したら即感染、なら本当にヤバいが…「野良猫が感染すれば」って、兎に角猫を駆除に持ち込みたい魂胆がミエミエ(笑)
> 確かに道内の飼い犬の感染症例が増えているのは事実だそうだ。同じくキタキツネは60%。が、このかた30年間、抜本的な解決策はまるで無い。

私は本記事では野良猫駆除のことはひとつも触れていません。
野良猫の餌やりが野生動物を人の居住地に誘引し、野生動物が持つ感染症を人にも感染させるリスクを高めるということを述べています。


> >緊急ニュースです。NHK NEWSwebダニ媒介の感染症 新たに2人死亡2013年2月13日。もちろん猫はダニを運びます。アメリカ連邦漁業狩猟サービス庁も指摘しています。
> このダニは日本の屋外で普通種のマダニで、△の好きな野鳥も運びます(ついでに鶏インフルに代表される感染症も)。人への感染を根絶するには、人間以外の全ての野外の鳥獣の駆除が前提となる。極論では無く。

野鳥は、野良猫と異なり、ヒトへの接触がはるかに低いです。

Re: No title

> いつぞやのトキソプラズマに関する感染率の高さを示す記事、産婦人科医のブログをリンクさせていたよな。
> リンクにとんで読むと「妊婦10000人に対してトキソプラズマ症が疑われる患者の率は5〜6人(0.05〜0.06」とあった。
> が、しかし、君の記事には分母が1000人だったのよ。

公衆衛生。疫学では1万人あたり罹患者数が用いられます。
私はそのような誤りをするとは思えませんが?
適時してくだされば今からでも訂正します。
ご提示がなければあなたの嘘です。


> 明らかな誤訳があっても、同志の皆さんはあなたの下僕(しもべ)なので指摘するワケがありません

ところで先ほどの a public nuisanceですが、原文はグーグルの自動翻訳では「痴漢」と訳します。
翻訳サイトはより新しいニュアンスで訳すと思います。
最近は、純アクセスで200読者様を超えることがありますが、それらの方が全て私のしもべとは失礼な言い方ですし、当然批判者もいるでしょう。
誤りについてはこ円といただくことがあります。
そのご指摘が正しいと私が判断した場合は訂正させていただいています。


>君は単に自分の牙城たるこのブログ上で、自身の主張に抗う人が現れるのが許せないんだよ。

私はコメント欄は公開していますし、できるだけ丁寧にお答えしています。
しかしあまりにも同じことを繰り返す方や意味不明なコメントを執拗にされる方はそれ以上のコメントを遠慮いただいています。

ところで素晴らしいサイトを作ったんでしょう?
こちらにわざわざこなくても、そちらでお仲間と盛り上がってくださいよ。
あなたのしもべを集めて。

なんか頭のおかしな闇痴がかみついてきてますね・・・

闇痴がおかしいのはいつ・・・ゲフンゲフン

>なんでそんなにTNRなどという実証結果も出ている無意味で迷惑な飼育方法に愛護がこだわるのか不明ですが、一応仮にもアメリカなんて先進国でダメ出しが出ているのだし猫の為にもならないのだから愛護を語るなら即刻やめるのが普通でしょ?

実証結果!? 初耳だなぁ。科学的な調査統計があるワケですね。猫ボラ嫌いサンの脳内には。提示していただけると「愛誤と地域猫」を一刀両断。宜しくねん。あ、間違っても「見解」ではダメだよ。科学的証拠にならんから。
ついでにTNR済の猫が殖える事はありえない。あったら生物学的常識を覆すハナシだ(笑) 一定地域内で地域猫が減らないと思うのなら、それは新たな流入猫か新たに棄てられた猫のどちらかだ。念のため。

先ほどAmerican Bird Conservancyなる、あなたがたが本来嫌いな動物(野鳥)愛護団体のHPの記事を読んだのだが、``Study Finds Free-Roaming Cats Pose Threat from "Serious Public Health Disease"と題された中で、外猫の狂犬病罹患率が犬のそれのおよそ4倍だとか(1988〜2008調査)。真偽はともかく、これが米国内の野生生物と(人間の)公衆衛生に深刻な影響を与えており、TNRがそれに寄与し又単に猫の数の飽和を招いただけだと云う。
この発言は同団体の副代表によるものなので、かねがね外猫のみならず野鳥の天敵になりうる動物に不快感を示してきた愛鳥家ならではのものと云えるだろうね。野鳥保護団体は動物保護団体ともかなりソリが悪いらしいしね。

脱線したが、「ダメ出しが出ているのだし猫の為にもならないのだから愛護を語るなら即刻やめるのが普通でしょ? 」って、ダメ出ししているのは上述のとおり、それが理にかなってると考えてる人達の間のみ。また猫の為にならない=殺処分が猫の為、というワケかい? 殺してくれてありがとう、って考える動物がいるのか?

ついでに人道的な処置としての殺処分、なんて考えも「人道」というとおり結局人間本位な考え方だろ? また人間>動物だというならば、そもそも欧州中世〜近世みたく、人間の脅威になりうる「『自然』は克服すべし」という考えを今も人類は持っていた筈なんだが。
何で自然保護とか動物愛護という思想や活動が21世紀の今、試行錯誤しながらも定着しているか君も考えなさい。
あ、また逸れちゃったな(笑)

>でもって他所の国の動物の殺処分を例に出すならまだしも、ここで必死になってソースも出てるのにちょっと違うよ~とか大騒ぎして何になんの? 愛護さんの出してるソースも間違ってるし呆れてものも言えないよ。

データの読みが違う、という事。
ついでにソース「も」間違って・・って、闇痴のそれは間違っているのか(呆

>ど~でもいいが愛護というか愛猫家がしっかり猫を他人様の迷惑かけないように飼えば全ての問題は解決するんだけど何で迷惑飼育に固執すんの?

家敷地内のそれについてはそのとおり。だが「飼い主のいない愛護動物」に関してはそう人ごとで片付けられては困る。

>愛護を語るなら猫の為にもよくないから迷惑飼育の根絶に精を出せよ。

あぁ、昨年の動愛管理法の改正に及ばずながら力添えしたし、ペットの遺棄の厳罰化にも効果は疑問だが賛成だわ。

>それとも路上で亡骸を晒す可哀想な猫を増やしたい訳? 保健所で死ぬ猫を増やしたいの? なんかここで必死にアホな反論してる愛護みてると悲惨な猫を量産したいとしか思えないんだけど?

何が言いたい。君は殺処分に賛成なんだろ? 相手に問題を丸投げして自身はそれに批判を加えるだけ。お手軽なもんだ。前スレでも述べたが、

『敵対する意見者へその説明責任を延々と要求するのに対して、自らの無謬には頑なに固執する』

の傾向が君にも当てはまるね。

>いい加減にしろクソ虫愛護。

感情に任せるのも大概にな。クソ闇痴。

Re: ふらんし〜ぬの場合様

no name糾弾者様、コメントありがとうございます。

> 有罪の根拠は、「違法な多頭飼育と周辺住民への迷惑行為」ですが、実質「無責任餌ヤリ」と「TNR」が問題なのでしょう。
> 「野良猫愛誤たち」は、ベタンコート氏の飼育形態=TNR野良猫への餌ヤリ、が有罪とされてしまっては、今後のTNR活動に支障をきたすと判断したんでしょう。
> 記事から読み取れるのは、以上のような背景です。

ご紹介と解説ありがとうございました。
日本の加藤九段(こちらは民事ですが)の裁判でも「集合住宅の管理規約に違反した特異なケース。餌やりを否定したものではない」と愛誤たちはやっきになっていました。
しかし判決文を読めば、損害賠償の根拠は民法718条(動物飼育者による特殊不法行為)および民法709条(一般不法行為)を援用しています。
また加藤被告は「地域猫であって公益活動だ(判決では全く否定しています)」と抗弁しています。


> それにしても、
> ベタンコート氏は、猫を飼っているわけではなく(does not "own")、餌をやっているだけだ(only feed them)、野良猫の数をコントロールするために捕まえて避妊去勢しワクチン接種して森に返しただけです、
> という言い訳は、日本の野良猫「愛誤」と全く同じですね。
> ワクチン接種しているので、野良猫間のウイルス疾患の蔓延は防げるかもしれない分、日本の地域猫よりは「マシ」かもしれませんが。

愛誤の屁理屈は万国共通のようです。
ほかにもいくつか餌やりの有罪判決があり、折々紹介しますが「私は野良猫に餌をやっていただけで飼い主ではない。だから責任はない」と抗弁した被告もほかにいます。


> コメントを入れるなら、当該記事のコメント欄で。
> そして、長々と主張するなら、ブログなりサイトなりを立てて、そこで主張するのが適切かと思います。

素晴らしいサイトを作ったらしいですから、ここにこなくてもそこで下僕と仲良く議論されたらよろしいのに。

ご指摘

ふらしーぬさん

私はさんかく様の記事でも何回か訂正の指摘をしておりますよ。

相変わらず思い込みが強いですね

かまって欲しくなったのかな?

そうだったら今日はお出かけなので私はかまってあげられません。

では!

Re: (^_^)/おはよー

> no name糾弾者さま

横です。

米国連邦政府、漁業狩猟サービス庁が明確にtnrを2009年に否定した後に、明らかにtnrを禁止した条例が複数制定されています。
これは折々紹介します。
ところで全米では、tnrを条例(Ordinance)で制度化した自治体が10程度あります。
嬢令で定めるということは=制度化でしょう。
ところでLA上級裁判所はLA市にtnrの停止を2009年に命じました。
市に停止を命じるということは、市が制度としてしていた証左ではないですか。
tnrは制度ではなく、市民が勝手にやっているものであるならば、裁判所が停止を命じることができないからです。


> それを批判・あげつらうのも自由。日本には発言の自由が保証されて「いる事に」なってます。ねえ?闇痴の皆さん。

批判と事実のであるかそうでないかは異なります。
「それは誤訳である」という指摘は事実の存否です。


> 迷惑行為を行うと宣言されているわけですから、排除されても仕方ないでしょうね。
> 実社会では、議論をする場に現れ「私は議論する気はありません」とやって自説「だけ」を延々垂れ流し、中止を求められても続けた場合、逮捕されても文句は言えませんからね。

天然麦藁人形くん2号w
私の管理するページは、私の自由裁量です。
いかなるコメントでもお答えしなければならない義務はありませんし、アクセス制限するのも自由です。
逆にほかのサイトの運営者もおなじです。

ところで私はそれほど愛誤ブログや掲示板にコメントしたり訪問はしていません。
何か勘違いされているようですが、私は自分のサイトの運営だけでもこれだけコメントが着ますし、記事も更新すているので手一杯です。

根拠のない被害妄想は怖いです。
統合失調症患者が、泌尿器科の医師を殺害しました。
「自分を実験台にして論文を書いた。体に変な器具を勝手に入れられた」という被害妄想です。
犯人が指摘した論文は、殺害された医師とは何の関係もありませんでした。
私はリアル氏ぞの方と何回か関わった事が有り、被害も受けているので、人一倍プ氏を嫌っているのです。
プ氏中田は、できるだけ外でお好きに議論していただきたいです。

かいつまんで

> 最近の記事を含めて今まで何度も引用していますが?
> http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-150.html
>何度も同じことを繰り返す手間になりますにで、批判をされる場合はその人の過去記事をある程度調べるなどしてからにしてください。

おお、糞エントリばかりなんで読み飛ばしてたわ。スマソ。
まあTNRを否定したところで有効な代案はないから、行政区画単位でこれを継続する事になるだろうね。

> tnrが餌やりの正当化にならないということが趣旨です。 この犯罪者はtnrをしていたのは事実です。

立件容疑は違いますね。だからその趣旨は牽強付会だと思うぞ。因みに「容疑者」と呼びなさい。出るトコ出たら瞬殺されるよ。

>a public nuisanceはもともと「公衆に迷惑な犯罪」という意味でしたが、現代米語ではほぼ「痴漢」の意味です。 There is a public nuisance!と警察官にかけこめば、ほぼ「痴漢がいる」と理解されるでしょう。 米国に実際に在住したことのあるような現代英語に堪能な方にお聞きください。

残念だけど、痴漢も数あるpublic nuisanceのひとつに過ぎないよ。法的には迷惑防止条例、でいずれも片付けられていますよね。

>リンク切れで原文が確認できないものはのものは全く考慮しません。

さいですか。自身の消されたブログも幸か不幸か「証拠隠滅=殺菌消毒」されたので考慮しません、てか(笑)

>私は本記事では野良猫駆除のことはひとつも触れていません。
野良猫の餌やりが野生動物を人の居住地に誘引し、野生動物が持つ感染症を人にも感染させるリスクを高めるということを述べています。

言い訳はいいから(笑) 常日頃からの君の主張に照らし合わせてそう感じた次第。これもアタイの好きなw憲法で保証された自由(爆

>野鳥は、野良猫と異なり、ヒトへの接触がはるかに低いです。

野鳥にだけは思い入れる君も立派な『愛誤』なんだが・・・よもや気付いてるよな(笑)

>公衆衛生。疫学では1万人あたり罹患者数が用いられます。 私はそのような誤りをするとは思えませんが? 適時してくだされば今からでも訂正します。 ご提示がなければあなたの嘘です。

もう殺菌消毒されてるから知らん、てかww 君は自信過剰と無謬からくる無責任さをもうちっと認識した方がいいよ。老婆心ながら。

>最近は、純アクセスで200読者様を超えることがありますが、それらの方が全て私のしもべとは失礼な言い方ですし、当然批判者もいるでしょう。 誤りについてはコメントいただくことがあります。 そのご指摘が正しいと私が判断した場合は訂正させていただいています。

身内からの指摘しか受け付けない、とは腐敗した言論空間だこと(呆

>私はコメント欄は公開していますし、できるだけ丁寧にお答えしています。 しかしあまりにも同じことを繰り返す方や意味不明なコメントを執拗にされる方はそれ以上のコメントを遠慮いただいています。

アタイもそうありたいねぇ。
nobo氏もそうだが、動愛家はいわば「左翼」に近いのかも。勿論、旧態思考の闇痴は「右翼」。
前者が理想に固執するなら、後者は即物・即効に固執する。そんな両者は世間一般から見れば正に「同じ穴の狢」。今にしてみれば↓の人の感覚は思いのほか正しいのかもな。

>ところで素晴らしいサイトを作ったんでしょう? こちらにわざわざこなくても、そちらでお仲間と盛り上がってくださいよ。 あなたのしもべを集めて。

鋭意準備中。
キミは性格のキツい女だね。リアルでは心開ける友達はいないのか?
それぢゃ。
んで、(↓の人)チッチとはどうした? 一昨年の初冬頃にはあれだけ同性の同志が出来たみたくはしゃいでたのにな。
割と最近のチッチのブログではキミの行為にうんざりしていたみたいだけどな。可哀想に。チッチが。

Re: なんか頭のおかしな闇痴がかみついてきてますね・・・

> 実証結果!? 初耳だなぁ。科学的な調査統計があるワケですね。

はい、いくつもあります。
大学の、広汎囲、かつ長期にわたって猫の増減をリサーチし、統計処理を行った学術研究があります。
各テーマが多すぎて、私の手が回らないんですよ。
折々記事にします。
正直言って、英語でいくらでもヒットします。


>一定地域内で地域猫が減らないと思うのなら、それは新たな流入猫か新たに棄てられた猫のどちらかだ。念のため。

流入猫捨て猫を防ぐことができず猫が減らないのも、減らないのであることは間違いなく、tnrの失敗です。
それを防止できないのであればtnrは失敗するということで最初からやるべきではありません。

> 外猫の狂犬病罹患率が犬のそれのおよそ4倍だとか(1988〜2008調査)。真偽はともかく、これが米国内の野生生物と(人間の)公衆衛生に深刻な影響を与えており、TNRがそれに寄与し又単に猫の数の飽和を招いただけだと云う。
> この発言は同団体の副代表によるものなので、かねがね外猫のみならず野鳥の天敵になりうる動物に不快感を示してきた愛鳥家ならではのものと云えるだろうね。野鳥保護団体は動物保護団体ともかなりソリが悪いらしいしね。

野鳥保護団体のみならず、統計的にも米国では狂犬病罹患ペットの発生は年、犬20~30頭であるのに対し、猫は200~300匹です。
また野鳥に限らず、在来の野生動物に深刻な被害を野良猫(tnrでも)があたえている事実を、アメリカ連邦政府が明確に指摘していますし、獣医学会や多くの自然科学系の学会も指摘しています。


>「ダメ出しが出ているのだし猫の為にもならないのだから愛護を語るなら即刻やめるのが普通でしょ? 」って、ダメ出ししているのは上述のとおり、それが理にかなってると考えてる人達の間のみ。また猫の為にならない=殺処分が猫の為、というワケかい? 殺してくれてありがとう、って考える動物がいるのか?

LA市に対して裁判所は、tnrの即時停止を命じましたがね。
条例レベルではtnrを禁止したものが2009年以降相次いでいます。
世界最大の動物愛護団体PETAは「tnrより安楽死の方が人道的で動物愛護に適う」と何度もHPで明言しています(私の過去記事にあります。勝手に探してください)。


>人道的な処置としての殺処分、なんて考えも「人道」というとおり結局人間本位な考え方だろ? 

私の主張ではありません。
アメリカの多くの団体が述べていることをそのまま紹介しているだけです。
猫糞被害者様も指摘されていますが、主張と事実を分けて考えてください。


> 家敷地内のそれについてはそのとおり。だが「飼い主のいない愛護動物」に関してはそう人ごとで片付けられては困る。

学説上、判例上、「飼い主のいない」ものでもあっても、給餌など行えば飼い主とみなされ飼い主としての責任が発生します。
アメリカでも日本でも、ドイツの条例でもそうです。
人が関わっている飼い主のない愛護動物は存在しません。
つまり餌やりや地域猫は不適正飼育者の飼い猫です。
不適正飼育は迷惑です。
不適正飼育をおやめなさい。


No title

>米国連邦政府、漁業狩猟サービス庁が明確にtnrを2009年に否定した後に、明らかにtnrを禁止した条例が複数制定されています。
これは折々紹介します。

面倒臭いので、不労所得生活者様、どうかヨロシ。その際は検証のみさせて戴きます。

>ところで全米では、tnrを条例(Ordinance)で制度化した自治体が10程度あります。条例で定めるということは=制度化でしょう。 ところでLA上級裁判所はLA市にtnrの停止を2009年に命じました。 市に停止を命じるということは、市が制度としてしていた証左ではないですか。
tnrは制度ではなく、市民が勝手にやっているものであるならば、裁判所が停止を命じることができないからです。

ニュースソースが無い事には何とも云えませんなぁ。リクエストするわ。

Re: ご指摘

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 私はさんかく様の記事でも何回か訂正の指摘をしておりますよ。
> 相変わらず思い込みが強いですね

この方は、これ以上相手ができませんので、しばらくアクセス禁止にします。

Re: かいつまんで

> まあTNRを否定したところで有効な代案はないから、行政区画単位でこれを継続する事になるだろうね。

あれ、tnrは制度としてはないとおっしゃっていたのはないですか。
アメリカでは、自治体が条例としてtnrと定めているの希です。
現在自治体条例では10程度しかありません。
それも廃止が潮流です。
むしろtnrを禁止する条例が相次いでいます。
ユタ州では、野良猫が増えそのコントロールのための州法改正で野良猫を狩猟駆除としました(2009年)。
tnrを制度化すべく、ロビー活動をしていたグループがありますが、tnrは議案にも盛り込まれませんでした。


> 立件容疑は違いますね。だからその趣旨は牽強付会だと思うぞ。因みに「容疑者」と呼びなさい。出るトコ出たら瞬殺されるよ。

有罪判決を受けていれば犯人、犯罪者です。


Re: No title

> >米国連邦政府、漁業狩猟サービス庁が明確にtnrを2009年に否定した後に、明らかにtnrを禁止した条例が複数制定されています。
> これは折々紹介します。
>
> 面倒臭いので、不労所得生活者様、どうかヨロシ。その際は検証のみさせて戴きます。
>
> >ところで全米では、tnrを条例(Ordinance)で制度化した自治体が10程度あります。条例で定めるということは=制度化でしょう。 ところでLA上級裁判所はLA市にtnrの停止を2009年に命じました。 市に停止を命じるということは、市が制度としてしていた証左ではないですか。
> tnrは制度ではなく、市民が勝手にやっているものであるならば、裁判所が停止を命じることができないからです。
>
> ニュースソースが無い事には何とも云えませんなぁ。リクエストするわ。

LA上級裁判所がLA市にtnrの即時停止を命令した裁判は、アメリカでは多くのニュースソースがありますし、判例集にも載っています。
私も過去記事で何度も取り上げていますし、アメリカ国内の大手メディア記事を多数引用しています。
わたしがコメントで申し上げたことは、折々記事にします。

あなたはしばらくコメント投稿禁止にします。
なぜならば、私が既に何度も過去記事で根拠を挙げている事柄に対して「根拠を示せ」と求めるからです。
私は根拠のないことは書きません。
これは常に述べていることです。
コメントする前に、ブログ内けいさくで確認して頂けませんか。
そうしなければ、何度も同じことを繰り返しますので時間の無駄ですし、ほかの投稿が見づらくなります。

すみません、もう一言だけコメントします

さんかくさん、もう少しふらんし〜ぬの場合さんにコメントします。
申し訳ありません。

>そこは狭いが駐車禁止では無い。さあ、果たして路駐したドライバーの落ち度は「罪」を問われるべきか、というたとえではどうでしょう

事故が頻発して、住民の多くが「駐車違反を問題視していた」のなら、構図としては同じでしょう。
罪に問われる根拠法令が「駐車違反」ではなくても危険地域での駐車違反が「社会的に」問題になるのですから。
ベタンコート氏の裁判も、構図は同じじゃないですか。米国では、トラブルが訴訟に至る率が日本より高いとしても、訴訟になるのは、やはり「迷惑行為に耐えかねて」という可能性が高いと思いますね。
つまり、裁判ではTNR行為そのものの犯罪性を問うてはいないのでしょうが、訴訟の関係者たちは「TNRが問題であり諸悪の根源である」と考えていた可能性が高いのだと理解しました。
ここまで解説しないと、ご理解いただけないんでしょうか。

>え?逮捕されるって物騒だなぁ。中国へ返還後の香港ぢゃあるまいし。どういったシチュエーションを想定されてらっしゃる?

「野良猫への迷惑餌付け行為を考えるシンポジウム」
のようなものが開催されている会場に入ってきて、ダラダラ自説を垂れ流し、
迷惑行為を指摘された後に、あなたのような発言「いえ、アタイは闇痴諸兄と議論している訳ではありません」をしたら110番されるでしょうね。
逮捕されるなら、軽犯罪法違反や迷惑防止条例違反、住居侵入罪などではないですか。
本当に分からないのですか?

>それは日頃やりあっているもう一つの相手たる「ネトウヨ」とも共通するものです

全くそうは思いませんね。むしろ「愛護」を前面に押し出す方々にその傾向があると思います。
ネトウヨもそうですが、事実に対する誤解と無知、そして自らに反対するものを全て排除しようとする非寛容性が、議論を阻み、互いの理解を阻むわけです。

>模範的な発言ですね。あなたは他のアンチとは一線を画しているとアタイは思いますよ。過去にもイオネット氏やかりうど氏などにも感じたそれがあなたにはあります(両氏とは意見が平行線に終わったのは残念ですが)

結局のところ、あなたの物言いが問題を拡大していますね。
「いえ、アタイは闇痴諸兄と議論している訳ではありません」
こんなことを堂々と書く人物の意見に耳を傾ける人は少数でしょう。
つまり、あなたが、互いの理解を得る機会を放棄しているのです。

野良猫への餌付け行為は、
1)猫自体への問題(健康を害す事故に遭うなど)
2)人に対する迷惑の問題
3)自然破壊の問題
の3つに集約されると思います。これは、さんかくさんも主張されていることです。

横のコメントになりますが、
なんか頭のおかしな闇痴がかみついてきてますね・・・にて、
>外猫の狂犬病罹患率が犬のそれのおよそ4倍だとか(1988〜2008調査)。真偽はともかく、これが米国内の野生生物と(人間の)公衆衛生に深刻な影響を与えており、TNRがそれに寄与し又単に猫の数の飽和を招いただけだと云う。

と引用していながら、さんかくさんを批判するのは理解できませんね。これは前記の2)に該当する事例でしょう。さんかくさんのブログには、まったく同じ趣旨で問題点を指摘した記事がありいますね。その通りだと思うのなら、共通認識として理解可能なのでは?
それとも、その引用元を信用されていないのでしょうか。

>『敵対する意見者へその説明責任を延々と要求するのに対して、自らの無謬には頑なに固執する』

あなたにこそ当てはまると思いました。
当該記事ではない記事のコメント欄にて「その説明責任を延々と要求」してますね、あなたは。
あなたの主張がいまひとつはっきりしないので、「自らの無謬には頑なに固執する」については、わかりませんけれど。

さんかくさん、ふらんし〜ぬの場合さんは、「アタイは闇痴諸兄と議論している訳ではありません。単に彼等をからかい、時にこき下ろしているだけですのであしからず」などと書き込んで、削除されないと考えているんでしょうかね。一般的に、問答無用で出入り禁止でしょう、こういう人は。
ソースは明らかではないが断片的に海外の事例など引用されているので、何も知らない「愛誤」とは異なる印象を持ちましたが。なにゆえ「迷惑」餌ヤリを「肯定」する立場から発言するのか、理解不能です。

Re: すみません、もう一言だけコメントします

> さんかくさん、もう少しふらんし〜ぬの場合さんにコメントします。

> >そこは狭いが駐車禁止では無い。さあ、果たして路駐したドライバーの落ち度は「罪」を問われるべきか、というたとえではどうでしょう
>
> 事故が頻発して、住民の多くが「駐車違反を問題視していた」のなら、構図としては同じでしょう。

横ですが。
ベタンコート氏の裁判は刑事裁判です。
刑事訴訟法においては、その犯罪の構成要件を満たしているか否かしか問われません。
多くの住民が迷惑していたとしても、駐車禁止でない場所ならば反則(広義の刑事罰ですが)に問われません。
ただ、迷惑があれば軽微な犯罪でも見逃されないという面はあります。
ただし、見逃されるのと、犯罪が成立していないのとは別問題です。


>え?逮捕されるって物騒だなぁ。中国へ返還後の香港ぢゃあるまいし。どういったシチュエーションを想定されてらっしゃる?

餌やりそのものが禁止されていなかったとしても、他人の土地に無断で入れば軽犯罪法や住居侵入、場合によっては廃棄物等処理法違反が成立します。
公園で「餌やり禁止」を明文化されていなくても、餌やりによって公園を毀損汚損すれば都市公園法、都市公園条例に違反します。
餌やりは禁止されていないからどのようにやっても罪に問われないと極論する方がいますが、論理の飛躍すり替えです。


> 野良猫への餌付け行為は、
> 1)猫自体への問題(健康を害す事故に遭うなど)
> 2)人に対する迷惑の問題
> 3)自然破壊の問題
> の3つに集約されると思います。これは、さんかくさんも主張されていることです。

はい。
私はずっと一貫して主張してます。
ですから猫は室内で適正飼育するべきだと。
私が主張し続けているのは、突き詰めて言えばそれだけす。

宣伝らしいので

『城ヶ島に生きる野良猫達』 とやらを見てみました。
以前も見たことがあるんですが、トップページの電波ぶりにドン引きして、それほどコンテンツには目を通さなかったサイトです。
相変わらず酷いレイアウトですね。どんなブラウザで見ても表示が崩れます。
これはもはや楽天ブログのデザインがどうこう言える次元じゃない思います。
そもそも外部リンクとコピペだらけで、メインコンテンツが何なのかすら分かりません。
コピペでネットテロを呼び掛けるサイトという理解でいいのでしょうか?
それにしたって、もう少し閲覧者の利便性や第一印象を考慮したレイアウトにした方が良いと思います。
あのコーディングや、テーマの一貫性の無さ、統合失調症患者のサイトを思わせる構成はSEO上もマイナスでしょう。
『城ヶ島に生きる野良猫達』のコメントと言われても一見ではどこだかサッパリですし。
で、ブログとやらを見てみれば、猫糞被害者@名古屋様がコメントされていましたが、楽天のアカウントが無いとコメント出来ない様子。
結構閉鎖的なんですね、なんか陽の当たる場所のマジョリティさんっぽくないです。
見た目と相まって、昔のアングラサイトを見ている感覚ですw
新規の素晴らしいブログとやらが、内輪のオナニーではない有意義なものになるといいですねw

飼い主のいない愛護動物って・・・・

ふらんし~ぬだかナナシだか知らんけど。
餌やってる人間が法的に飼い主だよ。

普通に考えて街中にうじゃうじゃいる野良猫が存続できるだけの餌なんてある訳ないでしょ。

ヴァカがちゃんと飼いもしないのに餌やんなきゃ問題になる程増えないし産まれてこないから結果的に殺処分も減るんだけど、そんな事もわからないのかね?

捨て猫だの流入だのと言い訳は聞き飽きたよ。
TNRだのと中途半端な飼育してないで飼うなら飼うで自宅で飼えばいいだけ、周囲に迷惑かけて延々屋外飼育すんな阿呆。

とにかく周囲に迷惑にならない様に自分の身の丈にあっただけのペット飼育すりゃいいんだよ、TNRだか地域猫だか知らないけど迷惑なのわかるか?

とにかくテメェの責任おえる範囲で飼育しろって言ってるだけだから、猫煎餅予備軍の猫を繁殖させんなクソ愛護。

まあ

あんな中身の無いコピペサイトに恥知らずにもアフィリエイトなんか貼れるんだから、普通人の感覚とは色々と違うんでしょう。
最も重要なコンテンツが置かれるべき場所にアフィリエイトが鎮座しているのには、サイト作成者にとって何が一番大切なのかが透けて見えるようで、なんだか哀れです。

Re 只野乙三様

只野乙三様、コメントありがとうございます。

うっかり只野様のコメントを消してしまいました。
粘着野郎のコメントの隣だったので。
けして悪気ではありません。

しかし例の粘着野郎は異常です。
公開プロキシと次々見つけて(かなりの手間だと思います)、規則ワードではねられてまでもコメントしてくるエネルギーの根源ってなんでしょうね?

ここしばらくの粘着プ氏には怖さを覚えます。
何か妄想があるんでしょうね。
掲示板?でこんな書き込みされたとか???
私は身に覚えはありません。
リアルでプ氏に妄想で粘着攻撃されたことがあるので本当に怖いです。

Re: 宣伝らしいので

名無しさん13周年様

> コピペでネットテロを呼び掛けるサイトという理解でいいのでしょうか?

ネットテロ拡散サイトと理解して良いでしょう。
兵庫県のアライグマ防除計画にネットテロを呼びかけた記事では「ドイツでは50年以上生息している外来生物は在来生物とみなす法律があり駆除しない」には吹き出しました。
ドイツにはその様な法律はありませんし、直近でも、ドイツはアライグマを4万9千匹駆除したとの政府統計があります。
なお、日本では1万5千頭です。


> 統合失調症患者のサイトを思わせる構成はSEO上もマイナスでしょう。

事実彼は氏ぞを疑います。
閣下さんが指摘したとおり、腐乱死犬は三億流の別人格でしょう。
三億流は、かつて私にスパム攻撃を仕掛けてきたので投稿制限をしました。
別ホストで腐乱死犬が最初に「テスト」とコメントを入れてきましたから。


> ブログとやらを見てみれば、猫糞被害者@名古屋様がコメントされていましたが、楽天のアカウントが無いとコメント出来ない様子。

そうだったんですか。
私は今は楽天のアカウントはないはずです。


> 新規の素晴らしいブログとやらが、内輪のオナニーではない有意義なものになるといいですねw

英語以前に、国語力ゼロの方とかとよろしくやってくださーいw

Re: 飼い主のいない愛護動物って・・・・

猫ボラ嫌い様、コメントありがとうございます。

> 餌やってる人間が法的に飼い主だよ。

はい、学説上でも判例でもそうです。
アメリカやドイツの条例の多くでは、給餌をするなどすれば飼い主とみなされます。
私が紹介した有罪となったtnrBBAも、直接の犯罪事実は飼い猫が無登録だったことです。


> 捨て猫だの流入だのと言い訳は聞き飽きたよ。

それでtnrが失敗したとしたら、失敗そのものでしょ。
捨て猫流入猫を防止できないのならばtnrは失敗が必至なのだからやるべきではないです。
なぜ失敗することがわかっていてやるのか、馬鹿なんでしょ。


> 周囲に迷惑にならない様に自分の身の丈にあっただけのペット飼育すりゃいいんだよ、TNRだか地域猫だか知らないけど迷惑なのわかるか?

要するに給餌とか不妊去勢手術をすれば飼い主なのです。
それを外飼いするのは不適正飼育そのものです。
「関わるならば最後まで責任持つ。責任持てないのならばかかわらない」。
ところで「野良猫問題は国民全てがかかわらなければならない」と腐乱死犬も、メインの人格も言っていますが馬鹿げたことを言うなと言いたいです。
野良猫よりホームレスの方がはるかに人道上でもプライオリティが高いはずです。
でもすべての国民がホームレス救済に参加しなけrrばならない義務なんてありません。
かの御仁が好きな憲法は信条の自由を保証しています。
すすべての国民は野良猫問題にかかわらなければならないなんて発想は基地害しか思いつかないでしょう。

Re: まあ

名無しさん13周年様

> あんな中身の無いコピペサイトに恥知らずにもアフィリエイトなんか貼れるんだから、普通人の感覚とは色々と違うんでしょう。

私も某掲示板では「コピペ豚」と書かれているようで(汗。
しかし海外文献を紹介するには、ある程度の引用は仕方ないですよね。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR