fc2ブログ

スウェーデンの犬の去勢率はわずか1%~去勢の意識が低いヨーロッパ






Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de)
メールはこちらへお寄せください。  dreieckeier@yahoo.de

Sweden/Schweden
Dog castration


 記事、犬の去勢が法律で禁止されているノルウェー~去勢への意識が低いヨーロッパ、の続きです。 
 日本では「動物愛護先進国欧米では犬の不妊去勢に対する意識が高く、当然のように行われている」という情報が流布されています。アメリカ合衆国では犬の去勢(以下の記述では雌の不妊含む)の意識は高く、犬の飼主が飼犬の去勢を行うのは当然という意識はあると思います。しかしヨーロッパでは北欧やイギリス、ドイツなどではそうではありません。特に北欧ではそうです。スウェーデンでは1988年まで法律で犬猫の去勢が禁止されていて、現在も去勢は動物虐待とみなされてほとんど実施されていません。またドイツでは下級審(アルゼイ地方裁判所)で、「犬の去勢手術は動物保護法に違反する行為である」という判決が確定しています。そのために犬の去勢率の統計推計値はありません。ドイツも犬は去勢率は低いと思われます。



 サマリーで示した、日本で流布されている「動物愛護先進国の欧米では、犬猫の去勢を行うことが当然視されている。しかし日本ではそうではなく。日本は犬猫の不妊去勢の意識が低く実施率も低い」という情報ですが、このようなものがあります。いくつか例示します。


ちばわんは「不妊・去勢手術こそが、動物愛護の第一歩である」と考えます。⇒詳しく見る 2017年7月25日 

欧米先進国では、一般の飼い主の間でも不妊・去勢手術を施すのが当然のことと考えられているのに、日本ではまだまだそうなっていません。
日本が動物愛護に関して後進国と言われている理由は、それが最も大きな原因と言っても過言ではありません。
もちろん、ドイツでもノルウェーでも、不妊・去勢は動物愛護の観点から日常的に行われています。
法律で禁止などされてはいません。



避妊・去勢手術 桜ヶ丘ペットクリニック

動物愛護先進国である欧州(イギリス、ドイツ、北欧諸国)では、自分の犬猫に避妊・去勢手術を受けさせることは、当然のことと考えられています。


 今回記事では、スウェーデンでは犬の去勢(以下の記述では、雌の不妊手術も含む)率が極めて低いことを述べます。スウェーデンでは1988年まで、犬の去勢が禁止されていました。現在でも犬の去勢率は極めて低く、犬の去勢率はわずか1%です。それを裏付ける記事をいくつかあげます。


Why You Should Consider NOT Spaying or Neutering Your Dog 「なぜあなたはあなたの犬を不妊去勢しないことを考慮すべきなのでしょうか?」 2018年6月25日 

Some first-world countries view desexing to be inhumane
Despite the conventional wisdom that widespread early de-sexing is the only or at least best choice here in North America, this is not the norm in many European countries.
A survey of European countries reveals that Hungary has 57% intact dogs and the UK stands at 46% of intact dogs.
In some countries, spaying and neutering are considered to be inhumane and is even illegal.
In Sweden, 93% of females 99% of male dogs are left intact.
Under Norway's Animal Welfare Act, it is illegal to neuter your dog in Norway unless it was deemed medically necessary or for animal welfare reasons.

世界の先進国の何ヵ国では、(犬の)去勢(以下、不妊を含む)を非人道的であると考えています。
北米では広範囲にわたり、早期の犬の去勢が唯一または少なくとも最良の選択であるというのが従来の認識であるにもかかわらず、犬の去勢は多くのヨーロッパの国々では​​一般的ではありません。
ヨーロッパ諸国の調査によると、ハンガリーには無去勢の犬の57%がおり、イギリスでは46%です。
1部の国では、犬の避妊と去勢は非人道的であると見なされ、違法でさえあります。
スウェーデンでは、雌犬の93%、雄犬の99%が無去勢のままです。
ノルウェーの動物福祉法では、医学的に必要であると見なされない限り、動物福祉上の理由で犬を去勢するのは違法です。



Demographic Data of a Population of Insured Swedish Dogs Measured in a Questionnaire Study 「アンケート調査におけるスウェーデンの去勢済みの犬の数の統計データ」 2001年(若干古いですが学術論文ですので取り上げました)

Until 1988 it was only allowed to neuter dogs for medical reasons.
In the present study, the majority (99%) of the dogs was not neutered, which was even higher than the figures reported by, who found 96% of males and 93% of females to be intact.
These figures differ markedly from a survey made in Australia, where 8% and 43% of the females and males were intact, respectively.

現在の研究では、(スウェーデンでは)犬の大部分(99%)は去勢されていませんでした。
これは雄犬の96%と雌犬の93%が無去勢であると報告された数字よりもさらに高かったです。
(スウェーデンでは)1988年までは、獣医学上の理由がなければ犬を去勢することができませんでした。
現在の研究では、スウェーデンの犬の大部分(99%)は去勢されておらず、雄犬の96、雌犬の93%が無去勢という報告の数字よりもさらに高かったです。
これらの数値は、オーストラリアで行われた調査とは著しく異なり、オーストラリアでは雌犬の8%と雄犬の43%が無去勢でした。



 繰り返しますが、私は犬猫とも予期しない繁殖を防止するためには、去勢を行うことに賛成の立場です。ただあまりにも海外のデマ情報が蔓延しているので、それを正す記事を書いています。情報提供者は、公に情報を提供することに関してもっと責任と自覚を持っていただきたいです。
 次回記事では、アメリカ合衆国、オーストラリア、ヨーロッパ、日本の犬の去勢率を比較したいと思います。先に結論を述べれば、アメリカ合衆国(北米)及びオーストラリアではきわめて犬の去勢率が高く、ノルウェー、スウェーデンの北欧は著しく低いです。サマリーで述べた通り、ドイツでは下級審で「犬の去勢は動物保護法に違反する」との判決が確定しています。そのため犬の去勢率に関する統計値はありませんが、かなり低いと思われます。日本はその中間と言ったところでしょうが。したがって一部で流布されている「日本では不妊去勢率が欧米に比べて低い動物愛護後進国である」は、根拠がないデマです。


(動画)

 犬・猫で避妊手術や去勢手術ををする割合は? 2019年2月13日公開

犬猫67頭のうち、去勢している飼い主が51頭とのことです。母数が少なすぎるのと、犬と猫では、海外でも割合に大きな違いがありますので参考にはなりません。しかし日本は犬猫の不妊去勢に対する意識が比較的高い方と言えます。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

スウェーデンは逞しい犬達が多そう・・

去勢は反対ではないですが、早期去勢だけは止めといた方がいいかな?と思います。

犬が精神疾患になったら、恐らく誰も直せないと思いますし、飼い主が疲弊し殺処分に繋がると思います。

Re: タイトルなし

犬好き 様、コメントありがとうございます。

> スウェーデンは逞しい犬達が多そう・・

大型犬が多いというイメージですね、実際そうだと思います。


> 去勢は反対ではないですが、早期去勢だけは止めといた方がいいかな?と思います。

それは一理あるでしょう。
性ホルモンは生殖機能のみならず、骨や筋肉の成長にも関与しています。
十分成長した後の方が悪影響は少ないと思います。

しかし体の成長が終わる前に最初の発情が大概訪れます。
一度でも発情を経験すると、スプレー行為などの発情行動が去勢後も起きることがあり、そのためにアメリカなどでは去勢の早期化が進みました。
現在その弊害について、いろいろ議論が行われているのだと思います。
私はできるだけ中立な立場で、今後もそれらの情報を提供していきたいと思います。

愛誤のいつものおしつけ。

連中のいう動物愛護先進国の大半は基本的に過去に農耕よりも狩猟を食料確保の手段にしていた国が多い文化圏なので、はっきり言って連中の言うような動物愛護が提唱される余地はあまりないと思うんですけどね。

そして連中の念仏の様に唱える動物の権利とやらが全く理解できません、権利という思想は人間特特のものですが連中の大半は人間を嫌悪しますが権利という人間独特の思想は何故か動物にあてはめます。

二言目には動物の先住権を唱えて人が悪いと言いますが、おそらく連中の住んでいる地域は先人たちがド物の被害を排除してくれて安全を確保された地域であって、決してヒグマがうろつく様な北海道の山林や毒虫や毒草がおいしげるアマゾンの様な地域ではないでしょう。

文明は人間が築いたものであり、その文明の利を散々享受している奴等が二言目には人間を否定して他人の権利を踏みにじるのが愛誤というクズ共ですね。
ほんと反吐が出る。

動物愛護も他人の権利を侵害しないものであり自己完結するものであれば勝手にやってくれとも思いますが、動物愛護とやらの為に個人の権利が侵害され意味のわからない被害を受忍せよというのであればそんなもんクソです。

Re: 愛誤のいつものおしつけ。

猫ボラ滅びろ! 様、コメントありがとうございます。

> 連中のいう動物愛護先進国の大半は基本的に過去に農耕よりも狩猟を食料確保の手段にしていた国が多い文化圏なので、はっきり言って連中の言うような動物愛護が提唱される余地はあまりないと思うんですけどね。

同感です。
さらにキリスト教文化圏が多いです。
彼らにとっては人と動物は完全に一線を画すもので、動物は人に紙が与えたもので人が管理し利用するものです。


> 権利という思想は人間特特のものですが連中の大半は人間を嫌悪しますが権利という人間独特の思想は何故か動物にあてはめます。

権利とは、法学的には「法律で他者にある行為行わせること、または行わせないことを強制できる主体となる能力が法律により守られていること」です。
端的に言えば「裁判の当事者になれる」ことです。
動物は自己名義で不動産の登記もできませんし、銀行預金も持てません。
また契約の当事者にもなれませんし、相続することもできません。
例えば銀行預金を持つということは、銀行に対して預金の払い戻しや利息の支払いを求める契約であり、それは法律に守られています。
銀行が破産して預金が下せなくなった時には、預金債権の払い戻しを裁判で訴えることができます。
それが権利です。
動物に権利を認めた国は、私は1国も知りません。


> 文明は人間が築いたものであり、その文明の利を散々享受している奴等が二言目には人間を否定して他人の権利を踏みにじるのが愛誤というクズ共ですね。
> 連中のいう動物愛護先進国の大半は基本的に過去に農耕よりも狩猟を食料確保の手段にしていた国が多い文化圏なので、はっきり言って連中の言うような動物愛護が提唱される余地はあまりないと思うんですけどね。

近年はドイツなどの動物愛護先進国のデマが暴かれており、愛誤連中は今度はスウェーデンとはじめとする北欧諸国を「動物愛護先進国」と持ち上げています。
最近デマ嘘捏造がてんこ盛りの、殺処分ゼロ議員連の「動物愛護管理法での数値化要望書」を私は記事にしました。
この中では、スウェーデンの動物法が多く引用されています(しかし多くは捏造間違い)。

スウェーデンは動物法は比較的厳しい基準はありますが、ノルウェーやフィンランドはそうではありません。
ノルウェーは、犬ブリーダーの許認可や犬猫の飼養の数値基準すらありません。
それをひとくくりにして「動物愛護先進国北欧」とは呆れる。
スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークはそれぞれ文化も異なりますし、それに基づいた動物法もかなり異なります。
「北欧では」は、「欧米では」、「日本以外では」よりはましという気もしますが(笑い)。

なお私はノルウェーで犬の去勢が禁止されていても、余剰犬は撃ち殺すなどで対処していると想像します。
何しろ北欧3国間を自由に移動しているサーミ人は犬食文化があります。
北極圏でくらすサーミ人にとっては犬はそりを引く家畜であるとともに、肉用の家畜です。
アムンゼンは南極で世界で初めて到達しましたが、サーミ人と同じく犬橇を使い、帰路は弱った犬から食用にして荷を軽くして生還したのです。
そのような文化です。
なおサーミ人は、北米北極圏のイヌイットとは異なり、いわゆる白人で金髪碧眼が多いです。

去勢ですが。。。
明治に日本にやってきた欧米人が日本では去勢馬が少ないと驚いていたとか。
欧米では馬をより扱いやすくして使役するために牡の去勢が一般的だったそうですし、犬猫の去勢避妊もそのあたりから始まっているのでしょうからおよそ動物福祉とはいえないかと。人の都合を程よく動物福祉にごまかしているのでしょう。

確かに犬以上に猫の未避妊は厄介だと思います。が、対処の使用はあるので外に出さない限り私はどっちでも良いと思っています。
まあ確かに子宮蓄膿症などの病気の心配は無くなりますが、病気でもないのに手術は。。。

Re: タイトルなし

一尺八寸 様、コメントありがとうございます。

> 明治に日本にやってきた欧米人が日本では去勢馬が少ないと驚いていたとか。
> 欧米では馬をより扱いやすくして使役するために牡の去勢が一般的だったそうですし、犬猫の去勢避妊もそのあたりから始まっているのでしょうからおよそ動物福祉とはいえないかと。人の都合を程よく動物福祉にごまかしているのでしょう。

おそらくそうだと思います。
家畜の去勢は、麻酔が発見されるはるか以前から行われていました。
今でもヒツジや豚は無麻酔で去勢します。
牛の場合は扱いやすくするということと、雄の場合は肉質をよくすることも理由です。
その延長での犬猫の去勢だと思います。


> 対処の使用はあるので外に出さない限り私はどっちでも良いと思っています。

夜に鳴いたり、結構つらいことはありますけどね。


> 病気でもないのに手術は。。。

医療従事者の方には、その感覚はあるでしょう。
ドイツの文化はそれです。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR