自称「猫ボラ」は衛生テロリストだ~エキノコックス感染拡大





 アメリカ連邦政府は2009年に、猫のTNRを明確に否定しました。理由は「野良猫の数を減らすという成功例がひとつもなかった」、「野生動物への被害」、「感染症の拡大などの衛生被害」です。それらは日本でもそのままあてはまります。


 エキノコックス症という感染症があります。これは、エキノコックスという寄生虫の感染が原因です。エキノコックス症は、キツネやイヌ・ネコ等の糞に混入したエキノコックスの卵胞を、ヒトが経口感染する事によって発生するとされる、人獣共通感染症です。寄生虫はおもに肝臓に寄生して、深刻な肝機能障害を引き起こすことが知られています。無治療であれば、5年後生存率は30%と言われています。毎年約20名の方が感染しています。
 比較的緯度の高い(北緯38度以上)地域にみられますが、感染は本州にも広がりつつあります。終宿主は、肉食動物ですが、中間宿主はヒトをはじめとするほぼ全ての哺乳類が感染します。エキノコックス症

 このエキノコックスですが、野良猫の餌やりが都市部にキツネ類を誘引し、感染拡大のリスクを高めているという指摘があります。
 読売新聞の医療サイト、ヨミドクター「寄生虫感染に要注意!札幌の公園にキツネ通勤?」2012年9月。から引用します。


キツネから重い寄生虫病のエキノコックス症に感染する危険性もあり、専門家は「かわいいからと近づかないで」と呼びかけている。
中島公園(同市中央区)を歩くキツネが目撃されるようになった。
残飯などのエサを求めて、公園に“通勤”している可能性もあるという。
「キツネにはエサを与えない」「ゴミは持ち帰りましょう!!」と記した看板を掲示して、注意を促している。



 札幌市の中島公園では、勝手地域猫などの野良猫への餌やりが横行しているようです。しばしば個人ブログでも「中島公園には野良猫が多い」という記述が見つかります。例えばこのようなブログがあります(既に削除されていますので、キャッシュコピーから引用します。ことらの方は、地域猫等の動物愛誤に批判的であり、また殺処分を容認する主張をされています。それと関係あるのでしょうか)。
 狐やヒグマに餌をあげちゃだめで野良猫はOK?2012年10月。
 以下の引用を読めば、中島公園で野良猫に餌をやる人がいて、その餌を求めてキタキツネが誘引されている様子が伺えます。


キタキツネの場合不用意に触るとエキノコックスの感染の恐れもある。
札幌でも出没する狐への餌やりをしないように盛んに呼びかけているけど、一方で中島公園の地域猫たちは餌付けをされているようだ。
その猫たちに与えられた餌を狙う狐のショットもある。



 北海道では、エキノコックスに感染したキツネ類は多いと言われています。感染したキツネ類が公園で糞をし、それに人が感染するケースが考えられます。また野良猫に感染させる可能性も高いでしょう。野良猫が感染すれば野良猫は人により近いので、ヒトへのエキノコックス感染リスクはさらに高まります。
 米国の研究者らが指摘したとおり、地域猫などの野良猫に餌を与える行為は、野良猫以外の野生動物も誘引します。それらの野生動物は、人畜感染症のリスク拡大をもたらし、その他にもいろいろな被害をもたらします。
 私は国・行政機関の方々に、野良猫の餌やり(もちろん認可無認可問わず地域猫も餌やりの一種です)の、これらを含めた弊害に対して認識をもっていただきたいと思います。無認可での野良猫えさやりの禁止はもちろんのこと、いわゆる地域猫の見直し、廃止も考慮していただきたいと思います。

 こちらも参考にしてください。~中島公園のニャンコたち~2009年11月。


(追記)
 緊急ニュースです。NHK NEWSwebダニ媒介の感染症 新たに2人死亡2013年2月13日。もちろん猫はダニを運びます。アメリカ連邦漁業狩猟サービス庁も指摘しています。


・画像は中島公園に掲示されたポスター。「猫が残した餌も(キツネが)食べるぞ」とあります。

20120929-624845-1-L.jpg


・画像は、餌やりをする馬鹿野良猫愛誤と、その餌を狙うキツネ。

20120929-624834-1-L.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白痴な猫ボラは

困り者で環境テロリスト以上に危険な存在ですね。

リンクのメタボな野良の餌付けの餌を横取りして生きるしか無い
都市の狐も野良猫愛誤の犠牲者ですね。

青函トンネルから本州に散らばれば当然日本全国にも拡散するだろうし
早急に野良猫餌付けの罰則化は必要ですね。
「てか、既に手遅れかも・・・」

Re: 白痴な猫ボラは

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> (愛誤は)困り者で環境テロリスト以上に危険な存在ですね。
> 青函トンネルから本州に散らばれば当然日本全国にも拡散するだろうし

青森でも患者さんがでています。
案外ペットが拡散させているケースが多いようです。
終宿主は目立った症状が出ないようですから、感染したことを気づかずに飼い主と共に移動するわけです。
それが猫で放し飼いだとしたら、感染はドンドン広がります。


> 早急に野良猫餌付けの罰則化は必要ですね。

今からでもするべきです。

余計なことをして感染症を拡める

北海道の公園で野良猫の餌やりなんて余計なことを・・・

そもそも北海道には猫は生息していなかったのでしょうから、生態系を破壊するためのテロ活動を行っているようなものです。
北海道の餌やりは、冬の夜間や降雪時に野良猫が猫アイスにならないよう、わざわざ自宅倉庫に猫をかくまったり、
発砲スチロール製猫ハウスを作って、使い捨てカイロまでいれて公園に配置したりするそうです。

その行為が、公園で遊ぶ子供たちや一般人を感染症の恐怖に巻き込むとは、愛誤は全く考えてないのでしょう。

北海道はエキノコックスの拡大防止のために、条例で野生動物(野良猫を含む)の餌やりを禁止する状況にあるといえるでしょう。
ウィキペディアによると既に飼い猫からエキノコックス虫卵がが発見されているとの事なので、感染済み野良猫はそれより高確率で必ずいると考えられます。

愛誤がエキノコックスに勝手に感染して肝障害で苦しむのは自業自得ですが、一般人や子供たちに被害が及ぶのはなんとしても避けねばなりません。

Re: 余計なことをして感染症を拡める

三二一閣下様、コメントありがとうございます。

> 北海道の公園で野良猫の餌やりなんて余計なことを・・・

引用した記事などは、札幌の中島公園ですが、ここではかなりの餌やりが行われているようです。
公園に隣接するホテルに二回ほど宿泊しましたが、札幌の中心地ですよね。
こんなところに狐が出るなんて、人工給餌が原因としか考えられません。


> 北海道の餌やりは、冬の夜間や降雪時に野良猫が猫アイスにならないよう、わざわざ自宅倉庫に猫をかくまったり、
> 発砲スチロール製猫ハウスを作って、使い捨てカイロまでいれて公園に配置したりするそうです。

余計なことをしなければ自然淘汰するものを・・・


> その行為が公園で遊ぶ子供たちや一般人を感染症の恐怖に巻き込むとは、愛誤は全く考えてないのでしょう。

愛誤は基本的に無知でバカです。
知能と知識と精神状態が正常であれば愛誤になりません。


> 北海道はエキノコックスの拡大防止のために、条例で野生動物(野良猫を含む)の餌やりを禁止する状況にあるといえるでしょう。

日本全国で、野良猫を含めて野生動物に給餌することを禁じるべきです。
奈良公園のシカなどの例外を抜いて(こちらも個体数増加が問題になっています)。
西宮市も神戸市に続いて、イノシシへの給餌が条例で禁止されました。
しかし野良猫の餌を放置して、それを猪がたべる光景は何度も目撃しています。


> ウィキペディアによると既に飼い猫からエキノコックス虫卵がが発見されているとの事なので、感染済み野良猫はそれより高確率で必ずいると考えられます。

「ゴキブリは一匹見たら100匹いると思え」といいますでしょ。
それと同じです。

餌やりのせいで最悪ですね

実際、野良猫に餌やりしていたから死刑という訳にはいかないので、動物は犠牲者だとわかっていても動物をどうにかするしかない。
いたたまれない気持ちになります。

結局、愛護は何をいっても理解しませんし犬同様に猫も一度全頭駆除するしかないのだと私は思います。

キャッシュに上がったHPでは救えるものは1匹でもとありますが、救えないから野良猫でいるのであって愛護が地域猫だのといって干渉して繁殖させている現状ではどうにもなりません。

愛護もそうですが日本人の恵まれた食生活が当たり前だと考えて、それを人以外の動物にあてはめる神経はどうにかしてほしいですね。

Re: 餌やりのせいで最悪ですね

猫ボラ嫌い様、コメントありがとうございます。

> 実際、動物は犠牲者だとわかっていても動物をどうにかするしかない。

私だって、動物が悪いのではなく、殺処分せざるを得ない状況に追い込んだのは人間で、犠牲になる動物は可愛そうだと思っています。
しかし人の生命財産、ひいては良好な生活環境を守るためには、駆除せざるを得ないのです。


> (猫も)犬同様に猫も一度全頭駆除するしかないのだと私は思います。

1970年には、犬だけで100万頭を殺処分していました。
そのおかげで野犬はほぼゼロになり、ほとんどの犬が適正飼育されています。
ですから犬に関しては、日本は国際的にも極めて殺処分数が少ないのです。


> 救えるものは1匹でもとありますが、救えないから野良猫でいるのであって愛護が地域猫だのといって干渉して繁殖させている現状ではどうにもなりません。

救えないから野良猫が存在するのです。
このブログでは、救い入れないものは殺処分止むなしとしていますが、現実はそうですし、その点については私は同意します。


人以外の動物にあてはめる神経はどうにかしてほしいですね。

動物と人とを同列に論じるのは、間違いの根本です。

アライグマまで‥

アライグマにまで 餌をやる人がいてたんですよね。呆れ果てました。┐('~`;)┌ 餌やりって殆どおばさんじゃないでしょうかね。 もうTNR仲間とかってリクレーションクラブみたいになってるんじゃないかと思えてなりません。おばさんは 母性本能をくすぐられ 変な正義感すらも持てますよね。TNRやってるわりには、猫は減らず 誕生した猫を保護して預かりさんやって その仲間とオフ会とかね。もう 猫の殺処分を減らすなんて大義名分を言って。猫をだしにして募金を求めたりとかね。自分達のエゴでやってるとしか思えないんです。 TNRも猫を生み出す為の手段としか思えないんです。里親募集には 繁殖制限の地で現れた猫を保護して募集してたりとかね。増えてはいけない所で猫は増えてますよね。おかしいな~減らずに増えているような~一番に迷惑餌やりを罰則をつけて牢屋に放り込むとかするのが 一番の解決策だと思えてなりませぬ。それと 老齢婆さんが 団地で多頭崩壊するまで猫を飼ったり 餌やりまくったり 平均寿命が伸びまくったせいで 老害問題も多くでてきてますね。
猫問題は元を正せば 人間問題にいきつきますね。

基地外の論理

基地外の論理だと、米国では連邦議会の承認が得られないと米国の方針であると表現できないらしいですね。

となると、日本ならば、国は国会での承認が得られないと、自治体ならばその自治体の議会での承認が得られないと方針とできないのですね。

ならば、各自治体が行っている地域猫やTNRへの補助は自治体の議会の採決を得ていない、首長の専決で実施しているのですが一体何なのでしょう?
首長の暴走ですかねwww

また、環境省が省令をだしていますが、これも国会の承認を得ていないので国としても方針ではないのですね。

基地外さんの脳内国家は連邦議会や国会に全て承認を得ないと何の施策も打ち出せない面倒な国だそうです。

Re: アライグマまで‥

にゃーニャー様、コメントありがとうございました。

> アライグマにまで 餌をやる人がいてたんですよね。

はい、甚大な被害を被っている家のお向かいの家です。
悪びれずに言います。
そのおばあさんは、野良猫にも餌をやっていて、外に置き餌します。
自治会で緊急に、アライグマを誘引する餌やり(野良猫の置き餌を含めて)は止めるよう緊急に回覧を回しましたが、餌やりは基地外で馬鹿ですから聞く耳持たないでしょうね。


>もうTNR仲間とかってリクレーションクラブみたいになってるんじゃないかと思えてなりません。

そう、まさに「餌やりクラブ」。
宝塚市の超迷惑な餌やりクラブは、共同募金の分け前よこせ、と言ってきたそうです。


>猫は減らず 誕生した猫を保護して預かりさんやって その仲間とオフ会とかね。もう 猫の殺処分を減らすなんて大義名分を言って。猫をだしにして募金を求めたりとかね。自分達のエゴでやってるとしか思えないんです。

趣味と実益のために、野良猫は永遠になくなっては困りますし、世間の同情を集めカネをせびる為に虐待事件も定期的に発生して欲しいのです。


>里親募集には 繁殖制限の地で現れた猫を保護して募集してたりとかね。

地域猫の○ちゃんが生んだ仔猫ですw


>迷惑餌やりを罰則をつけて牢屋に放り込むとかするのが 一番の解決策だと思えてなりませぬ。それと 老齢婆さんが 団地で多頭崩壊するまで猫を飼ったり 。
> 猫問題は元を正せば 人間問題にいきつきますね。

アメリカでは、実際に自称猫ボラで刑事罰を受けている人がいますから。
はっいりいって、あの人たちの馬鹿さでは、それ以外やめさせるのは無理でしょう。
それと民事訴訟で損害賠償を求めるとか。
また、動物愛護先進国欧米では、飼い猫登録と、飼育数制限を設けているところが多数あります。

Re: 基地外の論理

三二一閣下様

> 基地外の論理だと、米国では連邦議会の承認が得られないと米国の方針であると表現できないらしいですね。

かつて某掲示板スレでのやりとりで分かるように、プ氏は三権分立など社会の仕組みの基本がわかっていないのです。
私は連邦政府=行政がTNRを否定した、と行政府が、と書いています。
またLA上級裁判所は、司法でもTNRを否定しました(私が思うに、この判決はかなりTNR反対派原告に偏っています)。
司法判断では、その他野良猫保護団体が破綻して、愛誤有志がTNRで市街に放獣しようとしたところ住民が差し止め請求をして認められた判例があります(そのうち記事にします)。
NNJ州は、州法改正でTNRを廃止すると思われます。
ユタ州では、米国では珍しく州法で野良猫を保護する規定がありましたが、州法を改正して野良猫を自由に駆除できるようになりました(2009年。そのうち記事にします)。
ユタ州TNR派は、TNRを採用するようロビー活動をしましたがTNRは議題にも登りませんでした。
つまり米国では、行政、司法、立法全てでTNRを否定しました。


> 基地外さんの脳内国家は連邦議会や国会に全て承認を得ないと何の施策も打ち出せない面倒な国だそうです。

その割には、私のことを「西宮市のアライグマ防除計画に違反したから警察に何度も通報した」というのですからいやはや。
何れにしてもプ氏さんは、まともに相手をしてもキリがありません。
しかし徹夜で数分おきに私のサイトに張り付いて、昼間は西宮市や警察、兵庫県に粘着攻撃するとは、キチガイニートは幸せです。
普通の人は、財産や仕事やコミュニティーを守るため、そんな変なことをする暇はありません。

北海道では

警戒される感染症のひとつですね。

私は北海道に住んでいたら犬も飼いたくありません。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou18/dl/021225-01.pdf

また川の水を飲むとエキノコックスにかかると多くの人が信じています。

そういう主張をする獣医さんもいます。

http://heart-animal.com/case/57

まったく迷惑な話です。

Re: 北海道では

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> 川の水を飲むとエキノコックスにかかると多くの人が信じています。

北海道で登山する人には注意されますね。
北海道はあんなに自然が豊かで美しいのに、沢のみずも飲めないなんて残念です。
これだけキタキツネによるエキノコックスの危険が言われているのに、キツネに餌やり(猫の置き餌をすれば事実上キツネへの餌やりです)をする人の無神経ぶりには呆れます。

プ氏は

世間知らずな中年男性だと思われます。
当初は自分を「おじさん」、年齢も不明な他人を「小僧」と呼んでいましたし、カメラや車について知ったかするのも特徴です。
彼が猫写真をUPしたときに、手も大きく写り込んでいたものがありまして、某所で「オバサンの手」と評されましたが、私はそれにそっくりな手の中年男性を知っています。
四十後半でありながら精神疾患が有り、職歴の無いひきこもりでしたが、知人に請われてバイトで使いました。

手というのは顔と同じで常に露出していて、その外見や表情から他人になんらかの印象をあたえる部分です。
彼の手はまるで赤ん坊の手をそのまま醜く拡大したようで、知性も生活力も感じられませんでしたね。

それに、突出してコミュニケーションに障害があるタイプの愛誤は男性に多い気もします。
愛誤による刑事事件も、中年以降の男性に多いですし。
大阪のええかっこしいも相当な人格障害ですが、一応社会生活出来ていますし、内輪での人付き合いもあるようです。
ですが、現在こちらに粘着しているプ氏にはそれすらも出来ません。
自分に意見する者は、たとえ猫愛護にでも意味不明な屁理屈で食って掛かるので、彼には誰も味方が居ません。
この特徴はトキソの慢性感染者の男女の症状の違いにある通りに見えます。

まあ何にせよ、昼日中からこんなところで猫の写真を撮っているんだから、まともな人間ではありませんよ。
http://kie.nu/NJc
(彼自身がUPした餌やり場周辺の画像)

Re: プ氏は

名無しさん@13周年様

> 世間知らずな中年男性だと思われます。

中年男性だとしたら驚きです。
精神年齢の低さを感じるからです。
ですから私は20台前半までの社会経験のない男性、もしくは社会経験がない、30歳代までの引きこもり主婦(いまどきそんな主婦は離婚の憂き目にありますね)かと思いました。


> 当初は自分を「おじさん」、年齢も不明な他人を「小僧」と呼んでいましたし、カメラや車について知ったかするのも特徴です。

逆ネカマもいますし、女性でもカメラやクルマに詳しい方がいますが?


> 手というのは顔と同じで常に露出していて、その外見や表情から他人になんらかの印象をあたえる部分です。

それは知りませんでした。
手は性別や年齢、生活歴など割を反映します。


> 突出してコミュニケーションに障害があるタイプの愛誤は男性に多い気もします。

それは感じます。
病的猫愛誤でも、女性はコミュニケーション能力は比較的保たれており、同類のコミュニティを作ります(一般人とは隔絶したとしても)。
集団化により、凶暴性が増すという弊害はあります。


> この特徴はトキソの慢性感染者の男女の症状の違いにある通りに見えます。

トキソ慢性感染による人格変化で男女差があるのは興味深いです。
女性~社交的になる。
男性~反社会的、攻撃的、暴力的になる。
なぜ?

何れにしても、かのプ氏が中年以降の男性であれば驚きです。
ええ歳したオッサンがニートとはありえないというのは、私の予断かもしれません。

テスト

テストテストテストテストテスト

No title

さんかくたまご様

> 世間知らずな中年男性だと思われます。

>中年男性だとしたら驚きです。
>精神年齢の低さを感じるからです。

全く同意です。
異常なまでに我が強いかと思えば、愚直なまでに素直だったり。


> 当初は自分を「おじさん」、年齢も不明な他人を「小僧」と呼んでいましたし、カメラや車について知ったかするのも特徴です。

>逆ネカマもいますし、女性でもカメラやクルマに詳しい方がいますが?

尤もですが、「俺女」はありがちですが、「おじさん女」は女性心理としてどうなんでしょう。
それに趣味の延長とはいえ、シャッター付きの作業場と動力のコンプレッサーも用意して他人のベンツやポルシェを塗装している人間に延々と変な塗装の講釈を垂れるオバサンも考えにくいです。
コーティングのモース硬度どうこう言ったあげく、「猫の爪傷はホームセンターのコンパウンドで自分で補修すれば問題ない」だそうです。
磨きの肌目調整も知らないのには笑いましたw


>手は性別や年齢、生活歴など割を反映します。

特に学術的な根拠は無いんですが、普通の人でも顔には出さない思考が無意識に手を動かしたりしますからね。
自閉症に特有の手の使い方があったりもしますし。
私は面白い妄想であれば統合失調症の方とも進んで話をしたりもするので自宅にお呼ばれしたりもするんですが、観察していると手の表情や挙動はやはり特徴的なものがあります。

例のプ氏の手を見た印象は、生活感は希薄ですが、見かけのエイジングからしてもとても20代には見えませんでした。
そして男性ホルモンの影響する部位における中間毛以上の体毛の分布からして男性の可能性が高いと判断したと思います。
見苦しい画像だったので詳細は覚えていませんが。
一番印象に残っているのは、彼が猫を触っている手が子供がオモチャを弄っているように見えた事ですね。

Re: テスト

> テストテストテストテストテスト

管理人と同じHNwo使わないでください。

Re: No title

名無しさん@13周年様、コメントありがとうございます。

> 趣味の延長とはいえ、シャッター付きの作業場と動力のコンプレッサーも用意して他人のベンツやポルシェを塗装している人間に延々と変な塗装の講釈を垂れるオバサンも考えにくいです。

私はあまり多くのサイトまで見ていませんので知りませんでした。

オバサンでも、大工電動工具一式を揃えて、本職に近いリフォーム工事をする人もいますけれど。


> コーティングのモース硬度どうこう言ったあげく、「猫の爪傷はホームセンターのコンパウンドで自分で補修すれば問題ない」だそうです。

知ったかぶりでしょ。
メタリックのトップのクリア塗装はコンパウンドでは修復できません。


> 私は面白い妄想であれば統合失調症の方とも進んで話をしたりもするので自宅にお呼ばれしたりもするんですが、観察していると手の表情や挙動はやはり特徴的なものがあります。

私はリアル氏ぞの方とは関わりたくないです。
向精神薬の副作用で、アカシジアという反復行動を起こしたりはします。
これはかなり特徴的で、専門家が見れば一発でわかります。
まあ、氏ぞの向精神薬はドパミン代謝を遮断する作用がありますから、言わば人工的にパーキンソン症を発症させるようなものです。


> 例のプ氏の手を見た印象は、生活感は希薄ですが、見かけのエイジングからしてもとても20代には見えませんでした。
> そして男性ホルモンの影響する部位における中間毛以上の体毛の分布からして男性の可能性が高いと判断したと思います。

なるほど。
でも女性でも閉経後女性ホルモンの分泌が減ると、剛毛のヒゲやすね毛がちらほら生える人もいますよ。


> 一番印象に残っているのは、彼が猫を触っている手が子供がオモチャを弄っているように見えた事ですね。

何れにしても、例のプ氏の猫偏執は正常の範囲ではないと思うし、キモイ。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR