fc2ブログ

「欧米での犬猫の殺処分は獣医師による安楽死」~吸った息で嘘を吐く杉本彩氏






Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。  dreieckeier@yahoo.de

(Domestic/inländisch)

 まさに「吸った息で嘘を吐く」、今までに真実を一言でも述べたことがあるかという、杉本彩氏が代表の「公益財団法人動物環境・福祉協会Eva」。昨年も「動愛法改正のふりかえりと今後の課題」と題してシンポジウムを開催し、卒倒する大嘘を相変らず炸裂させています。このシンポジウムでは「欧米では犬猫の殺処分では二酸化炭素は用いていない」としています。しかしアメリカ合衆国とカナダのの多くの州では二酸化炭素、もしくは一酸化炭素による殺処分が合法で現在も行われています。その他の国でも二酸化炭素による殺処分が行われています。またイギリスでは犬猫の殺処分では銃殺が多用されています。


 サマリーで示した通り、「吸った息で嘘を吐く」杉本彩氏が代表の、「公益財団法人動物環境・福祉協会Eva」(以下、「Eva」と記述する)は、昨年7月5日に、「動愛法改正のふりかえりと今後の課題」と題してシンポジウムを開催しました。杉本彩氏は、「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」(以下、「殺処分ゼロ議員連」と記述する)の動物愛護法改正の専用のプロジェクトチーム(PT)のアドバイザー(笑い)を務めてきたという経緯があります。
 その総括としてのシンポジウムが開催されたのですが、相変らずの嘘デタラメぶりはあまりにもひどいです。例えば「殺処分には国際的動向を考慮する:1年内に施行」です。アドバイザー(笑い)の杉本彩氏をはじめ、殺処分ゼロ議員連もメンバーは、今までの発言等から「二酸化炭素での殺処分という残酷なことをしているのは日本だけ。欧米では二酸化炭素による殺処分は禁止されており、獣医師に良いる注射での安楽死である」という誤った認識をお持ちです。彼らは現在日本では犬猫用の安楽死用麻酔薬が入手が不可能になっている事態を全くご存じないようです。2年半の動物愛護法改正作業 私達の活動報告 2019/07/21から、該当する記述を引用します。


殺処分には国際的動向を考慮する:1年内に施行
今回の改正に「環境大臣は動物を殺す場合の方法について必要な事項を定めるに当たっては、国際的動向に十分配慮するよう努めなければならないこと」が加えられます。
欧米での犬猫の殺処分は獣医師による安楽死となっています。
これにより、日本での行政による健康な犬猫の炭酸ガスでの大量殺処分はなくなるといえるでしょう。



 前後の記述から、シンポジウム関係者は「炭酸ガス(二酸化炭素)死は安楽死ではない。欧米では健康な犬猫の炭酸ガスでの大量殺処分はない」と述べているのは明らかです。また、昨年に杉本彩氏が講師を務めた「殺処分ゼロ議員連」の勉強会でお勉強された串田誠一衆議院議員が国会質問で「欧米では犬猫の殺処分は麻酔薬による安楽死だけである。ガス室で殺処分は欧米では禁止されているので行っているのは日本だけ」と発言しています。
 このことからも、アドバイザー(笑い)である杉本彩氏が、「欧米では獣医師による麻酔薬での安楽死しか行われていない。ガス室での殺処分は欧米では禁止されているので日本だけだ」とご講義されていたのは間違いありません。串田誠一議員のこれらの国会質問に関しては、私は次のような記事を書いています。

欧米では犬猫の殺処分は注射による安楽死だけ。ガス室の殺処分は禁止されている~串田誠一議員の動物愛護管理法改正に関する赤恥国会質問
続・欧米では犬猫の殺処分は注射による安楽死だけ。ガス室の殺処分は禁止されている~串田誠一議員の動物愛護管理法改正に関する赤恥国会質問

 結論から言えば、アメリカ合衆国とカナダでは多くの州で二酸化炭素などによるガス室での犬猫の殺処分が合法で多く行われています。アメリカ合衆国で二酸化炭素による犬猫の殺処分が多くの州で合法であり、かつ多く行われていることは先にリンクした私の過去記事で出典を多く挙げています。
 カナダに関してですが、例えばオンタリオ州では、犬猫の殺処分で二酸化炭素を用いるのは完全に合法です。また処置を行うのは獣医師に限るとはしていません。オンタリオ州法、R.R.O. 1990, Reg. 23: POUNDS under Animals for Research Act, R.S.O. 1990, c. A.22(オンタリオ州法 現行法 なお、under Animals for Research Act とありますが、この法律の適用範囲はいわゆるアニマルシェルターに収容された犬猫です。この法律で、Poundとあるのは犬猫の収容施設です)から引用します。


22. (1) This section applies to euthanasia of dogs or cats by the use of chemicals.
5. Administration of carbon dioxide by inhalation.

22条 1項 本項において適用される犬または猫の安楽死に使用される化学物質
5号 吸入による二酸化炭素の投与。



(動画)

 Marche à Québec contre les usines à chiots et l'euthanasie par chambre à gaz.(フランス語) 2011年1月7日公開。カナダ、ケベック州における、犬猫のガス室殺処分とパピーミルによる子犬生産に対する抗議デモ。

 私はフランス語は全くわかりませんが、プラカードに書かれた、「750,000=75万」、「Gaz (chambre à gaz)=ガス(ガス室)」、「euthanasie=安楽死」、「chat=猫」、「chien=犬」、「Non=No」の単語ぐらいはわかります。ケベック州では年間75万もの犬猫が主にガス室で殺処分されているということです。
 これは少し古い動画ですが、ケベック州の犬猫の殺処分数は人口比で日本の289倍です。ケベック州はカナダの州の中でもとりわけ犬猫の殺処分数が多い州ですが。カナダ全土では、犬の殺処分数が150万頭という推計もあります。




(動画)

 Shelter Gas Chamber: Raw Footage 「アニマルシェルターのガス室での殺処分」 

 これはアメリカ合衆国ノースカロライナ州のアニマルシェルターでの犬の殺処分の動画です。この動画を切り貼り編集して、「日本のガス室での殺処分。こんな残酷なことをしているのは日本だけ」という内容に改ざんされた動画が複数拡散されています。




 以上のように、杉本彩氏と殺処分ゼロ議員連の、「欧米での犬猫の殺処分は獣医師による安楽死となっています。これにより、日本での行政による健康な犬猫の炭酸ガスでの大量殺処分はなくなるといえるでしょう(前後の記述から、この記述は「炭酸ガス(二酸化炭素)死は安楽死ではない。欧米では健康な犬猫の炭酸ガスでの大量殺処分はない」との意味であることは明らかです)の主張は、真っ赤な嘘であることがお分かりいただけたと思います。しかしこの主張が「真っ赤な嘘」であることとともに、さらに問題を含んでいます。
 その点については長くなりましたので、次回以降の記事で述べます。先に概要を述べておけば、現在日本では犬猫安楽死用の麻酔薬、ペントバルビタールの供給がストップしており、今後も供給の見通しが立っていないということです。驚くことに、その点について杉本彩氏も殺処分ゼロ議員連のメンバーも全く無知のようです。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

追記

先に書いておきますが、「ドイツでは犬猫の殺処分は法律で麻酔による安楽死と定められている」というデマが日本で流されている根拠は、ニセドイツ獣医師京子アルシャー氏の、既に削除されたブログです。
本人は必死で削除しているようですが、まるまる残しておいてくれている人がいますので(それも魚拓を取りましたが)こちらに貼っておきます。
https://ameblo.jp/e-miracle/entry-10908311846.html

結論から言えば、デタラメ語訳もいいところで、狂人の妄想レベルです。
このブログを根拠に、私がブログで書いていることがデマだと絡んできた人が過去に何人かいますが、脊椎動物は、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類全てを含みます。
ドイツでは、タラやニシンは自然死したものか、末期の傷病で麻酔薬で安楽死したものしか食べていないのですか。
今までドイツが麻酔薬で被毒して全滅しなかったものと感心します。
少し考えればこのようなぶったたげた訳が誤訳と分かりそうなものですが、私は日本人の知能の劣化が悲しい。

メモ

(メモ)

オランダ政府は猫から人への新型コロナウイルス感染の可能性について、大学に研究を促した。
2020年5月26日
https://ncoh.nl/news/ncoh-corona-research-in-companion-animals/


〉〉私は日本人の知能の劣化が悲しい。

自分は、シュナウザーが力が強いと言うのを主張するために、海外のウェイトプルの団体の記録やチャリティーの記事を見つけて、さんかくさんに和訳して頂きましたが・・何かを主張するときに、調べて根拠を探すと言うのを日本人はする人が少ない気がします。

日本のネットとか見てると何を参考にして、主張しているのか分からないものだらけな気がします。←そう言う輩に何を参考にしているか?を尋ねるとキレるんですけどね・・

自分の持論こそが根拠!と思っている人が日本人に多くそのせいで、愛護を含む様々な情報面に間違いが多い気がします。(杉本彩氏など、主張に根拠を付けなければ持論だと思います。)

正直複数のゲーム会社が日本語をコメント禁止にしたのも頷けると思いました。


Re: タイトルなし

犬好き 様、コメントありがとうございます。

> 何かを主張するときに、調べて根拠を探すと言うのを日本人はする人が少ない気がします。
>
> 日本のネットとか見てると何を参考にして、主張しているのか分からないものだらけな気がします。←そう言う輩に何を参考にしているか?を尋ねるとキレるんですけどね・・
>
> 自分の持論こそが根拠!と思っている人が日本人に多くそのせいで、愛護を含む様々な情報面に間違いが多い気がします。(杉本彩氏など、主張に根拠を付けなければ持論だと思います。)

同感いたします。
日本でも議論の仕方を教育カリキュラムで取り入れるべきでしょう。

http://www.ritsumei.ac.jp/ir/ir-navi/common/pdf/technic/technic_text_09_2019.pdf#search=%27%E4%B8%BB%E5%BC%B5+%E6%A0%B9%E6%8B%A0+%E8%A8%BC%E6%8B%A0%27
ディスカッションの方法

上記の資料の4ページの図が参考になります
例えば、主張「TNRはすべきではない」を例にします。

理由1、
野良猫を減らす効果はないから。
証拠1、
〇年発表の、アメリカ△大学による論文では、10年間の長期のスパンですべての活動地点で猫が減らない、むしろ増えたという結果が得られた(論文)。

理由2、
人畜共通感染症の危険を高める
証拠2、
アメリカCDCの論文では、「TNRは狂犬病をはじめ、人畜共通感染症のリスクを高めるとしている」
証拠2’
アメリカ、カリフォルニア州では、TNR猫により発疹チフス流行がおき、TNR団体は刑事訴追を受けた(ニュースソースや陪審員議事録)

理由3
TNRは猫の動物福祉に反する
証拠3
アメリカPETAの調査などでは、TNR猫は室内飼い猫よりも著しく平均寿命が短い、さらに罹患率が高いという結果が得られた(PETAのレポート)

愛誤は、「主張」、「理由」、「証拠」を混同している、さらに「主張」だけ、もしくは「主張」と「理由」のみしか上げない。
主張を議論の俎上に載せてるには、「主張」とともに、「理由」と「証拠」がなければ無意味で議論になりません。
その点をまったくわかっていない人が多すぎます。

今までも何度も経験しましたが、「証拠」(ソースを挙げてください、とコメントしてきた人に言っても堂々巡りで「主張」と「理由」を繰り返すばかりです。

ありがとうございます。

①シュナウザーは、力が強い(主張)

②ウェイトプルで優勝な成績をおさめた個体があり、チャリティーで、新記録を出し主催者に誉められた個体がいる。(理由)

③海外のウェイトプル団体のホームページにシュナウザーが優秀な成績をおさめた記録がある。ホームページのurl付き(証拠)

③チャリティーの記事で、新記録を出して主催者の方から誉められたとある。記事のurl付き

自分がシュナウザーが力が強いと主張した場合は、こう言う感じで大丈夫でしょうか?

パッと調べたら「世界のエリートが学んできた「自分で考える力」の授業と言う本に

根拠なしに批判することは、議論におけるルール違反と書かれいました。

また、根拠を言うこと、根拠を聞き出すことが大事らしく、意見と言うのは、根拠を持ち出すことによって、初めて一人前になるとも書かれていました。(Googleブックスのプレビューで見れました。)

Re: タイトルなし

犬好き様

> 自分がシュナウザーが力が強いと主張した場合は、こう言う感じで大丈夫でしょうか?

同じクラスで、他の犬種より優秀な成績を平均してシュナウザーがおさめていれば、他の犬種に比較して力が強いという証明にはなると思います。


> パッと調べたら「世界のエリートが学んできた「自分で考える力」の授業と言う本に
> 根拠なしに批判することは、議論におけるルール違反と書かれいました。
> また、根拠を言うこと、根拠を聞き出すことが大事らしく、意見と言うのは、根拠を持ち出すことによって、初めて一人前になるとも書かれていました。

その通りです。
「主張」は、「根拠」+それを裏付ける「証拠」がそろって、初めて議論の俎上に載せられるのです。
そもそも愛誤は、「主張」、「根拠」「証拠」を混同して区分していません。

そして「主張」はその人の主観ですが、「根拠」と「証拠」は客観的事実でなければなりません。
例えば愛誤の「地域猫を推進するべき」という「主張」ですが。

「主張」~地域猫を推進するべき
「地域猫は殺処分は悪いことですので(主観)、それを回避できるので良いからです」。

「殺処分が悪い」は客観的な事実ではありません。
たとえばアメリカのPETAは、「TNRより」安楽死の方がより動物福祉にかなってよい」としています。
殺処分が悪いという、明らかな証拠はありません。

ありがとうございます。

優秀な成績をおさめた個体がいると言う状況では、可能性を見いだせると言う状態何でしょうか?

すいません。

判断材料(優秀な成績をおさめた個体がいる。)がある犬種とない犬種とでは、ある犬種の方が優れていると判断することもできますか?(暫定的に)




Re: タイトルなし

犬好き様

> 優秀な成績をおさめた個体がいると言う状況では、可能性を見いだせると言う状態何でしょうか?

そう思います。

Re: タイトルなし

犬好き様

> 判断材料(優秀な成績をおさめた個体がいる。)がある犬種とない犬種とでは、ある犬種の方が優れていると判断することもできますか?(暫定的に)

その分野(例えばウエイトプル)でよい成績を収める個体が多くあれば、そうなると思います。

ありがとうございます。

断定的にこうだと言える物ではないですね。

主張するときに断定的に書いてしまうと、証明が求められる可能性がありますから注意しようとします。

自分の根拠では、「可能性が見いだせる」と言う物何ですね。

すいません。映像等も根拠になり得ますか?

Re: タイトルなし

犬好き様

> すいません。映像等も根拠になり得ますか?

もちろんなりますが、「根拠」というより「証拠」でしょう。

ありがとうございました。

また、よろしくお願いします
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR